■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

弦プレ。

20140201210649029_20160624095840997.jpg

『近日中にお会いしましょう!』と書いておきながら、それから一ヶ月も放置していた大ウソツキのヤセですごきげんよう。

ハイ、本日はベース弦のおハナシ。

どのような弦であれ、テキトーに張っておけばそれなりに音は出るものの、コダワリだしたらなかなか着地点の見つからないのが弦。
ラウンドかフラットか。太めか細めか。材質、手触り、テンションの強弱、寿命、価格等々。そこにベース本体との相性も関わってくるのだから、プレイヤーにとっては非常に悩ましい問題でもありますね。

冒頭の画像はDR社の"FAT BEAMS"で、御大マーカス・ミラーのシグネチャー弦。ジャズベに張って、設定ドンシャリで弾けば、御大のようにクールな音が出るだろうと思いきや、実際に張ってみたら、自分の腕前がマーカス・ミラーではなくマーカチュ・ミリャーである事を再認識せざるを得ない情けない出音になった為、そっと外された高級弦です。

んで、その後。本題。

"FAT BEAMS"を外した後、様々な弦を試してみて、「コレは良いのでは?」と感じた弦のインプレッション、すなわち“弦プレ”を述べてみたいと思います。皆様のお役に立てれば幸甚。

ddrofs00.jpg

D'addario(ダダリオ)社のEFX170-5SL。

材質はステンレス、形態はラウンドワウンドのスーパーロング。
太さは1弦から5弦まで、45・65・80・100・130。

パッケージの画像で判る通り、スラップでの出音を意識したモデルですね。

ddrofs01.jpg

裏パケに躍る文字を要訳すると、『めっちゃブライトな音で、パンチもあって、スラップと指弾きに最適だぜ。さらに寿命も長いし、今までに無いソフトな手触りだぜ』みたいな。

コレを張った私のベースの形態は、メイプルトップ+マホガニーバック、ローズ指板、2ハムのアクティブ・ベースですが、歌い文句ほぼそのままの印象が、張ってから半年経過しても変わることなく継続しています。

音は非常に煌びやかで、指弾きでも“鈴が鳴るような”キレイな倍音が出ます。音の輪郭もハッキリしていてピッチが取りやすいですね。微妙にLowが足りない印象もありますが、EQを少々イジるだけで解消できます。

テンションはそれまでのダダリオのステンレス弦より低め。脱力スラッパー(マーカスさんとは逆のタイプのスラッパー)にとってはツボでしょう。ただし手触りは、ニッケル弦に慣れている人からは違和感があるかも。結構ザラつきを感じますね。

rcc00.jpg

こちらも同じくステンレス弦。R.Cocco(リチャード・ココ)のRC4F。ラウンドワウンドのロングスケール。サイズは1弦から4弦まで、45・65・80・100。

いや、コレは…素晴らしいです。

張ったのはアルダーボディとローズ指板のアクティブ・ジャズベ。コレも装着後半年経過しましたが、張りたてのトーンがほぼそのまま継続しています。
音は明るく芯があって、さらに艶もある、と言うことナシ。手触りも、ラウンドのステンレス弦とは思えないほどのスムースさ。ニッケル弦から張り替えても違和感無いでしょう。

スラップのエッジーな出音、指弾きのディープなトーン、ピック弾きのワイルドなサウンド、全て高いレベルで安定しています。多くのプレイヤーが絶賛するのも納得。

---------------------

そんなワケで誠に簡略ながら、二品の弦プレいかがだったでしょうか。

あとは、その、価格がね。もうちょっとね。
安ければ良いのだけれど。

音屋さん、しくよろw

★★★★★★★★★★

ご来訪誠にありがとうございました!
「使ってみようか?」という素直な方は、
下のボタンをポチしてくれるかもしんない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

ベースが主役!

YAMAHA BX-1 00

前回のエントリーで『近日中にうぷします』と言いながら、2週間以上も経過させてしまった大ウソつきのヤセです御機嫌よう。

サラッとベースの音だけ録るつもりが、「あれも入れよう!これも入れよう!」となったら止まらなくなってしまい、その勢いで録りまくったカヴァー曲はあまりベースが目立ってないというシビれる結果となりましたw

ハイ、それでは晒し上げ。お題はThe Rippingtonsの"Welcome To The St. James Club"。通常のベースパートの他、主旋律とソロも画像の変態ベースの音です。聴いてケロケロ。



ちなみに今回の収穫は、フルホロウのエレキギターにコンデンサーマイクを取り付けたらそれなりにアコギの音で録れた事と、サックスのマウスピースを強く噛み過ぎて出来た口内炎に良く効く塗り薬を発見した事です。

つーワケで、また近日中にお会いしましょう!頑張れ熊本!

★★★★★★★★★★

ご来訪誠にありがとうございました!
「聴いてやった!」という方は、
ついでに下記にて応援してくだちい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

30年物。

 YAMAHA BX-1 BASS 00

購入からついに30年が経ちました。

ヤマハのエレキベース、『BX-1』

現在、コイツが主役の楽曲をレコーディング中。近日中に(たぶん)うぷします。

YAMAHA BX-1 BASS 01

YAMAHA BX-1 BASS 02

ネックが“多重反り”しているような気がしないでもないけど、頑張って弾きますよ、と。

乞うご期待!

★★★★★★★★★★

ご来訪誠にありがとうございました!
「聴いてやる!」という方は下記にて応援してくだちい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

PETER WHITE / HERE WE GO

hwg.jpg

【行くゼ!新年度!】

4月です。春です。新年度です!

新しい学校。新しい職場。そして新しい生活へと踏み出した皆様へ、「おめでとう」の気持ちを込めて、ピーター・ホワイトさんの爽やかなギターアルバム、"HERE WE GO"をレコメンドいたします。

まずは論より証拠。オープニングの爽やかな楽曲をGO!



ハイ、いかがでござんしょ。
私が“超”を連発したのもナットクでございましょう?サワヤカでしょう?
新年度に走り出したくなりますでしょう??

ホワイトさんの専売特許である、憂いを帯びたCoolなギターが本作でも見事に歌ってますね。
バックでカラフルな3D感を演出するピアノとキーボードは、知る人ぞ知る名プレイヤー、フィリップ・セスさん。エモーショナルなギターとのコントラストが美しすぎて鼻血が出そう。

に挙げた以外にも、そのセスさんの『らしい』メロディがホワイト氏のギターを引き立てるTIME NEVER SLEEPS、デヴィッド・サンボーン氏のアルトサックスとの掛け合いが楽しいHERE WE GO、ゴスペルのエッセンスが薫るカーク・ウェイラムさんのテナーサックスと共に歌い上げるOUR DANCE、「ただ今、マドリード南下中!」的なクルージング感満点のJOYRIDEなどが推し曲ですね。

4月です。春です。新年度です!
ホワイトさんのギターのように、サワヤカに参りましょう~♪


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★

PETER WHITE
/ HERE WE GO(2012)


01.NIGHT AFTER NIGHT
02.TIME NEVER  SLEEPS
03.HERE WE GO
04.IF EVER...
05.OUR DANCE
06.DESERT NIGHT
07.JOYRIDE
08.COSTA RICA
09.MY LUCKY DAY
10.REQUIEM FOR A PRINCESS
11.REUNION




★★★★★★★★★★

ご来訪誠にありがとうございました!
それにしても、このアルバムのプロデューサーの
"DC"さんて、いったい誰さんだぜ??
「知ってる!」という方は下記にて。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

パンツ工場を売却します!

APHEX Punch FACTORY 1404 00

(注:コチラのペダルは先日買い手がつきました。ありがとうございます。4月3日)

前回の記事で予告いたしました通り、手持ちのコンプを売却いたします。

APHEX Punch FACTORY Model1404


光学式コンプレッサーの名機として名高い先代モデル(生産完了品)。…なんてコトは説明せずともご存じの方ならご存じでしょうかね。諸事情により手放すことにいたしました。

つきましては、以下の情報を熟読していただいた上で、「買うぞ!」と決意された方は最下段のバナーからご注文ください。中古品1点モノですが是非ご検討くださいませ。

★★★★★★★★★★

【モデル名】Punch FACTORY Model1404
【メーカー】APHEX
【状態】中古(完全動作品)・外箱・取扱説明書あり
【購入年】2010年7月に新品状態で購入
【使用時間】総合計で約1時間(あまり活躍させてない)
【価格】下記参照願います
【配送方法】レターパックプラス便(予定)

★★★★★★★★★★

販売はamazonのマーケットプレイス経由で行います。価格は18,000円からスタートしますが、オクではないので、様子を見ながら価格を少しずつ下げていきます。どのタイミングで売れるか勿論私にも判りません。「ココだ」という価格で是非ポチして下さい。

以下は本品の色んな角度から撮影した画像。ご参考までに。

★★★★★★★★★★

APHEX Punch FACTORY 1404 01

APHEX Punch FACTORY 1404 02

APHEX Punch FACTORY 1404 03

APHEX Punch FACTORY 1404 04

APHEX Punch FACTORY 1404 05

APHEX Punch FACTORY 1404 06

APHEX Punch FACTORY 1404 07

APHEX Punch FACTORY 1404 08

APHEX Punch FACTORY 1404 09

APHEX Punch FACTORY 1404 10

APHEX Punch FACTORY 1404 12

APHEX Punch FACTORY 1404 13

★★★★★★★★★★

ご注文はコチラから(出品者:boney_flogで)



テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 08 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。