■BoneyFrog Blog■

 

 

■お知らせ■


    torazi01.jpg

    いつもご訪問いただき誠にありがとうございます。

    以前のエントリーでも述べました通り、私・ヤセガエル、ただいま(リアル)
    お引越しの準備を行っておりまして、かなりバタバタしております。
    更新を楽しみにされている方(いますかねぇ…  ̄▽ ̄;)には恐縮でござ
    いますが、本日より一週間~10日程、記事更新とコメント返信をお休みさ
    せていただきますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    …って、ただのお知らせだとツマンナイから、ビリーの歌をドゾ。
    また来月にお会いいたしましょう!(・∀・)/ ♪ See you next month !

           

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

            「とっとと再開しなさい!」という叱咤激励は、
                下の応援クリックでプリ~ズ!

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : お知らせ    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in imeem ~JOURNEY~♪


    journey.jpg

    ROCKを愛する全ての皆様、ご機嫌いかがでしょうか。押し掛けコンピレ
    ーターのヤセガエルでございます。(・ω・)

    本日ピックアップする“グレイテスト・アーティスト”は、2008年に新ヴォー
    カリスト、アーネル・ピネダを擁して劇的な復活を遂げたJOURNEY
    「もうガチガチの鉄板じゃ~~ん♪」と皆様納得のスタンダード・ナンバーと、
    アーネルの奇跡のヴォーカルが炸裂する新曲をミックスした、スペシャル
    ・ベストをお送りします!全部で9曲!Let's Ronk 'n' Roll ♪ (・∀・)/

           

    ※JOURNEY の新作"Revelation" のレビュー記事はコチラからドゾ!

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
 
                       ご訪問ありがとうございました!
          
                 「やっぱりJOURNEYは最高だ!」と、
                    マウスでリズムを刻んだ諸兄。
                 下↓ の赤い部分にポインタを置いて、
             もう一度コンピを聴きなおしていただいても可です

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪EARTH,WIND&FIRE / I AM♪


    i am 

          ’79年にリリースされたI AM(邦題:黙示録)』
          当時ブラック・ミュージックの頂点に君臨していたアース・ウイン
          ド&ファイアーが、ソウル、ロック、ファンク、POPSの有機的
          融合を目指し、見事それを成功させた傑作です。

          作品のレベルの高さ、セールスともに、アースの頂点と言われ
          ているこのアルバムの聴き所は・・・・・・・・・・・・・・・・全部!!
          いや、冗談でもなんでもなく、本当に全部です。
          バンド・メンバーの技術的・精神的充実度、楽曲の完成度、レコ
          ーディングの臨場感、何もかもがパーフェクト!

          ジャンルと人種の垣根を越えて、世界中のリスナーを熱狂させ
          た魂のアルバムを貴方に!

             ★★★★★★ レビューと試聴はコチラ♪↓ ★★★★★★

          ① In The Stone
          アースらしい壮大な世界観を持ったナンバー。石に刻まれた
          真実と、人類の経験と歴史を辿るという歌詞は、アルバム・
          ジャケットに象徴される「生」への賛歌であり、全人類への「愛」
          がテーマです。LIVEのオープニングとしてもお馴染みですね。 

          ② Can't Let Go
          私の人生で(今のところ)もっとも衝撃を受けたナンバーです。
          当時中学生になったばかりのヤセガエルが、その迫力とグル
          ーヴ感の虜となり、ブラコン、洋楽に突っ走るキッカケとなった
          のがこのナンバーでしたね。私の人生を変えた一曲です。

          

          ③ After The  Love Has Gone
          デビッド・フォスターがプロデュースし、全米2位を記録した不滅
          のバラード。このアルバムが成功した大きなファクターの一つと
          して、デビッドの参加が挙げられることは誰もが認めるところ。
          人種間(黒人・白人)のボーダーを越えて咲いた大輪の花です。

          

          ④ Let Your Feelings Show
          LIVEでもたびたび演奏されているファンキーなナンバー。リズ
          ム隊のキメと、ホーン・セクションのアレンジがキモ。アル・マッ
          ケイの「カミソリ」カッティング・ギターも神。生演奏で一番ノリノリ
          なのはベースのヴァーダインかな。この頃のアースはキレキレ。

          ⑤ Boogie Wonderland
          超強力ディスコ・ヒット・ナンバー。「コレ踊らないと帰れないゼ」
          と言われていたディスコ・ブーム時代の定番中の定番ソングだ
          そうです。私は当時、まだお子様だったから良くは知りません
          ケド。ゲストの女性コーラスグループ、エモーションズがGoo !

          

          ⑥ Star
          フィリップ・ベイリーがリード・ヴォーカルを取るナンバーです。
          日本ではシングル・カットもされました。通常、アルバムの中の
          2~3曲はフィリップがリードを取るんですが、この「I AM」では
          「Star」だけですね。音域が広くて、声のハリがすげぇ。神です。

          ⑦ Wait
          分厚いアンサンブルが聴き物。ギターとベース以外は生音だけ
          で録音されており、それぞれのパートの息遣いまでもが聴こえ
          てきそうな臨場感があります。チェンバロ風のピアノが曲のカラ
          ーを作っており、ホーンがアースのカラーを固持。カッケー!!

          ⑧ Rock That !
          ホーン炸裂のインスト・トラック。タイトルからして「Rock」です
          からね。ギターなんかディストーションでギュンギュンいってます
          し、ドラムなんか8ビートでズバズバいってますし、それはもう
          ロッケンローるです。バックのシンセは当時としては画期的。

          ⑨ You And I
          アースの懐の深さを実感するトラックです。リーダーであるモー
          リス・ホワイトの、卓越したソング・ライティング能力が生み出す
          奥深いサウンドがキラリ。この曲の根底にあるサウンドのコア
          はJAZZ。ホーン・アレンジは正にスウィング・ジャズ。すげぇ!

                 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          このアルバムは冒頭にも述べたように、アース史上における
          「頂点の作品」と言われています(中には『 All'N'All 』という
          ヒトもいますかね)。また、アメリカの音楽史においては、人種
          やジャンルによるテリトリーを超越した稀有の作品として認知
          されています。その後80年代に訪れた、クインシー・ジョーン
          ズやマイケル・ジャクソンの大ブレイクも、アースの偉業が無
          ければあり得なかったでしょう。

          もしこのアルバムを持っているのならもう一度、持っていない
          方はゼヒ入手して聴いてみてください。現在の作品には失われ
          ている「ナマ音の迫力」も楽しめますよ!

                                

                      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOZ SCAGGS / Middle Man♪


    Middle Man

          キング・オブ・AORの称号を持つボズ・スキャッグス
          タラレバの話をすると、このアーティストが居なかったら、AOR
          というジャンルは成立していなかったかもしれません。

          ボズのルーツは、ハイスクール時代から続けていたブルースと
          ロック。’71年に発表されたアルバム『 Moments 』は、彼の
          ルーツがそのまま形となって現れた泥臭いものでした。しかし
          ’72年『My Time』、’74年『Slow Dancer』とアルバム・
          リリースを重ねていくうちに、その洗練の度合いを高めていき、
          ロスの有望なスタジオミュージッシャンをメインに据えた’76年
          発表のアルバム『Silk Degrees』では、これまで誰も成立さ
          せていなかった「大人のためのロック」という新ジャンルを完成
          させたのです。

          今回ご紹介する作品Middle Manは、『Silk Degrees
          を製作したスタッフに、デビッド・フォスターというロスのスタジオ
          ミュージッシャンの大ボスを加えた最強布陣。「中年」と名付け 
          られたタイトルとは裏腹に、ハチ切れるビートや、きらびやかな
          シンセ・サウンドがフィーチュアされた楽曲も多く、洗練された
          バラードとの鮮やかな対比が楽しめます。 
          (2012年6月15日、通りすがり氏より、Middle Man は仲買人
          を指すとのご指摘をいただいたため、打消し線を挿入しました)

             ★★★ おすすめトラックのレビュー&試聴はコチラ↓★★

          ① Jojo
          ボズのヴォーカルの非凡さが発揮された秀作。オープニングの
          退廃的な歌い出しと、サビ部分の感情豊かなハイトーンヴォー
          カルが二重丸。典型的なロック・バンドの編成に、ストリングス、
          ブラスをMIXした形は、後のAORサウンドのスタンダードに。

          ③ Simone
          「洗練された」という言葉に尽きる名曲。バックの各パートが
          奏でるメロディは、優れたテクニックに裏付けされた名演。
          ボズの歌と寄り添うように演奏されるアコーディオンがムード
          を盛り上げています。このスタイリッシュな音作りこそAOR! 

          ④ You Can Have Me Anytime
          「ボズのバラードを一曲挙げろ」と言われた時、この曲をピック
          アップする人は多いでしょうね。彼の代表曲であり、傑作です。
          楽曲の素晴らしさはモチロンのこと、そのレコーディングのクオ
          リティもまた傑出しています。ギターソロのインパクトも話題に。

          

          ⑦ Angel You
          ボズには珍しいデュエット曲です。曲調はアップテンポで激し
          く、ボズとローズマリー・バトラー(だっけ?)のヴォーカルが掛け
          合う様は、従来の「デュエット曲」の概念を覆す迫力。面白いの
          はAメロとサビのチグハグさ。でも破綻しないのは編曲の勝利。

          ⑧ Isn't It Time
          全体的にロック色が強いアルバム中で、フッと肩の力が抜ける
          落ち着いたムードをもったトラックです。ボズのキャラかどうか
          は別として、こういう「微笑ましい系」ナンバーは貴重。女性コー
          ラスの雰囲気作りといい、バックの演奏といい、イキですねぇ。 

                ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          今回のアルバムはいかがでしたか?
          あまりにもメジャーな作品なんで、「今更言われんでも!」って
          カンジだったかもしれませんネ。

          ボズは、このMiddle Manをリリース後、その音楽活動を
          停止し、なんと実業家に転身!その輝かしいAORの軌跡も
          伝説になってしまうのかと思われました。
          しかしボズのAORの系譜は、その「ボズ・スタイル」を創造した
          バック・ミュージッシャンたちへ受け継がれ、やがてその系譜は
          TOTO というバンドの成立によって、形を変えて大輪の花を咲
          かせることになります。

          ’88年に一時的に復活したボズは、AORのもう一人の雄・
          ボビー・コールドウェルから『Heart of Mine 』を提供されて、
          これをヒットさせるなど、大きな話題を呼びました。
          こちらのアルバムも、いつかレビューしたいと思っています。

          それではまた次回!

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE BLISS BAND / Neon Smiles♪


    neon smiles 00

          今回はAORの名盤、THE BLISS BANDブリス・バンド)
          「Neon Smiles(ネオン・スマイルズ)」をご紹介します。

          前回の投稿記事で、「’80sの名盤」と書きましたが、よ~く見
          てみたら’79年の作品でしたね。(^-^;)

          さて。このブリス・バンド
          イギリス出身のポール・ブリスが結成したユニットです。
          バンド名は、ハッキリ言ってそれほど有名ではありません。
          しかし彼らの楽曲は、当時のPOPS・ROCK界で活躍していた
          様々なアーティストに提供され、それぞれが高い評価を得てお
          り、セールス的にも成功を収めました。

          ’01年にCD盤で再発売されたこのアルバムは、AORにおける
          傑作として名高いセカンドアルバムです。ギターがギュンギュン
          いってるロック調ナンバーあり、ヨーロピアンなPOPSあり、また
          バラードあり、インストありと多種多彩。彼らのジャンルを超越
          したハイセンスな楽曲を、ゼヒご賞味あれ!

    neon smiles 01

                         おすすめトラックのレビュー&試聴↓↓↓♪

          ② How Do I Survive ?
          ’80年にエイミー・ホランドがカヴァーし、全米22位を記録した
          ポップ・チューン。日本ではノーランズのバージョンの方が有名
          かも知れませんね。コカ・コーラのCMソングになるはずが、選
          に漏れてしまい大変お嘆きになったとか。解るなぁ、その気持。

             

          ④ Someone Else's Eyes
          憂いを帯びたピアノから始まるバラード。「バラードは書きたく
          ないんだ」と言っていたポールの趣旨変えが、見事に結実(笑)
          してしまった名曲。間奏に入るミュートをかけたトランペットや、
          ホーンセクションがJAZZYです。意地張らなくて正解です。

             

          ⑩ That's The Way That It Is
          スティーリー・ダンを思わせる劇的なロック・チューン。’81年に
          発表されたグラハム・ボネット(ハードロック・ヴォーカリスト)の
          バージョンが有名です。しかし、アレンジの深さ、音色のバリエ
          ーション、その仕上がりは原曲の方が上。7分に及ぶ大作!

           

          ・・・というワケで、今回のレビューはいかがでしたか?
          ちなみに、彼らの1stアルバムも昨年リイシューされて、往年の
          AORファンを狂喜させました。こちらの方も、いつかご紹介でき
          たら、と思ってます!

          それでは、また次回!

                                   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
              このアルバムを聴いてみたい!と思った方は、
                         1クリックにご協力ください!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 08 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.