■BoneyFrog Blog■

 

 

MAURICE WHITE / Maurice White

mw_20160210212638c73.jpg

【再評価されるべきポップソウルの傑作】

(2006年11月3日のエントリーに加筆・再掲します)
ブラック・ミュージックの巨星・アース・ウインド&ファイアーを率いるモーリス・ホワイト。'85年に発表したソロ・アルバム"Maurice White"は、彼の音楽人生において、ひとつのターニング・ポイントとなった意欲作です。

この作品が世に出る2年前、すなわち1983年は、モーリスにとって苦難の一年でした。
この年に発表されたEW&Fのアルバム作品"Electric Universe"は、それまでアース・サウンドの中核を担ってきたホーン・セクションを廃し、シンセサイザーを大胆にフィーチュアした革新性の高い作品だったものの、モーリスの目指したその大転換は多くのアース信奉者の期待を裏切る形となり、その革新性は理解されず、セールス的にも大不振を招いたことで、結果的にモーリスの求心力を低下させ、鉄の結束を誇っていたグループも活動停止を余儀なくされていたのです。

その’83年、’84年と年が変わり、活動再開のメドも立たないまま迎えた翌’85年。モーリスの打った一手は、誰も予想していなかったものでした。

 『モーリスがソロ・デビュー!』

 そのニュースを聞いたファンの大多数が、EW&Fの終焉と、モーリスの孤独な船出を予感しました。そしてその作品の製作陣が、あの"Electric Universe"を手がけたスタッフだと判明した時、私たちファンはほとんど絶望したものでした。

しかしその絶望は、アルバムがリリースされ、オープニング・トラックである"Switch on Your Radio"が流れ出した途端、木っ端微塵に吹き飛ばされました。

誰もが驚いてしまったのです。そのサウンドの深さ、迫力に。
再生ボタンクリック後、10秒くらいでフェードインしてきます)



驚いたのはサウンドの進化だけではありません。あの"Electric Universe"から2年、リスナーである私達の“耳”もまた大きく進化していたのです。
デジタル楽器が急速に普及し始めたこの2年間に、シンセサイザーは各ジャンルで浸透し、EW&Fが君臨していたブラック・コンテンポラリーもまた、その洗礼を受けていました。当然リスナーも、知らず知らずのうちにその洗礼を受けているということに気付かされたのです。
この事実は、モーリスの先見性を肯定するとともに、『失敗作』と言われたアルバムのスタッフを、あえて再起用した彼のプライドを見せ付けるものとなりました。

モーリスが自身のフィロソフィーを提示し、EW&F復活の端緒となった意欲作、"Maurice White"。再評価されてしかるべき傑作だと私は考えます。


★★★★推薦トラックはコチラ★★★★


Stand By Me


I Need You



★★★★収録曲はコチラ★★★★

MAURICE WHITE
/ Maurice White(1985)


01.Switch on Your Radio
02.Jamboree
03.Stand By Me
04.Sea Of Glass
05.I Need You
06.Believe In Magic
07.Lady Is Love
08.Invitation
09.Sleeping Flame
10.Children Of Africa
11.Alfa Dance


 

★★★★★★★★★★★
スポンサーサイト

テーマ : R&B/Doowap/Sweetsoul    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪萌えソング from 80s♪

snstbch.jpg

桜の花びらがアスファルトの上に桃色の絨毯を広げる卯月。冬枯れの木々に新緑が萌え、同時にココロもカラダも萌え立つ季節だから、引っ張り出してきましたよ"萌えソング"。

ハイ、本日の特集は黄金期の80s AOR。「2015年は第3次AORブームが来る!!」と、全く根拠の無い予測を立てている私・ヤセガエルの選んだ5曲をアナタにも。

★★★★★★★★★★

DICK ST. NICKLAUS / Bye Bye Baby
ディック・セント・ニクラウスと言えば、’70年代末期、日本全国のディスコでヘビロテだった"Magic"が有名ですが、個人的なフェイバリットはコチラ、"Bye Bye Baby"。当時のPOPS界を席巻していたマイク(マクドナルド)節を取り入れたメロディが素敵~。



BILLY KATT / One Night
ある時はサーファー、またある時は教師でスーパーヒーロー(胸に『中』)。そしてアクターであり、シンガー・ソングライターのビリー(ウイリアム)・カットさんです。様々な顔を持つカットさんの歌は、それはもォ、ド直球のAOR。隠れた名曲お聴きあれ。



RUPERT HOLMES / Him
恋人の部屋にある灰皿に、知らないブランドのタバコを発見した男の心情を歌った名曲です。「ここに居たのは誰?君の心を奪った男は誰??」。心情的には、一人暮らしのカノジョの家の『トイレの便座が上がってた』のと同じ状況だけど、歌になれば美しいというコトで。



ROBBIE DUPREE / Free Fallin'
前述の『マイク(マクドナルド)節』を、おおっぴらにパクった元祖はこの方だったような。ロビー・デュプリーさん。とは言え、この方のメロディ感覚やハイトーン・ヴォイスはとても魅力的でしたね。今回のピックアップは、あえてマイナーな"Free Fallin'"で。



DEBARGE / Who's Holding Donna Now
AOR系の重要人物、ランディ・グッドラムがペンを執り、ブラック・コンテポラリーの新鋭、デバージが世に送り出した傑作。エルのクリスタル・ヴォイスが胸を打ちますね~。後年、デヴィッド・フォスターがインストでカヴァーしてますが、それもジ~ンです。



---------------

と、いうワケで本日のピックアップはいかがでしたか?萌えました?
次回は(たぶん)アルバムレビューで。ではでは。

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
以下のボタンをクリックすると、
管理人が一方的に喜びます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★アイソン彗星消滅せず!?★

ison alive

今度は『消滅せず』のニュースが飛び込んでまいりました!!


アイソン彗星!


崩壊・蒸発・消滅という衝撃のニュースから一転。今度は『まだ生きている』と!

NASAの発表によると、分裂した彗星核の一部分は残存し、太陽を周りきったとのこと。
太陽監視衛星SOHOの映像では、確かに、輝きながら太陽を“抜けてくる”彗星核の一部らしきものが撮影されています。(↓の動画を再生せよ!)



観ると、事前に予測された軌道からは外れたようなので、地球に接近するのかどうか定かではないし、また、太陽の近傍から離脱しないうちに再び消滅する可能性も無くはないのですが、一度は『消滅…』と諦めたイベントが復活したのは嬉しい限り。

果たして生きるか死ぬか!?…っつーワケで。本日の音楽動画はコレ!↓↓



…いや…オイラが書くと、また終了の危機か??悲観したままスルーしとこかな。

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました。
「いったいどっちやねん!」…というヤキモキ感は、
下のボタンをクリックしても解消しませんかね?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 宇宙・科学・技術    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪悪戦苦闘中ですが…♪

mm_20131102221101e9c.jpg ji_201311022211285ad.jpg

悪戦苦闘中ですが、カヴァー曲がようやく完成度95%まで辿り着きました。

本日は、プレ・イベントとして原曲のPVをご紹介。レコーディングした劣化カヴァーは近日中に晒し上げ予定ですので、今しばらくお待ちください…って、別に待ってないスか。

いや、それにつけても楽器演奏のムズカシイことといったら。
楽曲のチョイスに無理があったかのう…。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
本当は楽曲のせいではなくテクのせい。
そんなヘタレなワタクシに叱咤激励クリックを。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / RIT/2♪

rt200.jpg

【ナツにはナツのAOR】

ハイ、夏のAORアルバムのご紹介です。

発売当時(1982年)は、傑作アルバム"RIT"の『二番煎じだ』とか、ジャズ・ギタリストのリトナーさんが『POPSに魂を売った作品』だとか、『エリック・タッグ(Vo.)のソロ作品』だとか、それはもう散々ブッ叩かれた作品ですが、その本質は、『リーさんが西海岸の精鋭を集めて本気でリラクシング・サウンドを追求した』正しくAORの金字塔です。"RIT/2"

どの辺が“本気”なのかと言うと、とにかく招集したそのメンツ。
キーボード、シンセサイザーにドン・グルーシン、グレッグ・フィリンゲインズ。
ベースにネイザン・イースト、エイブラハム・ラボリエル。
ドラムスにハーヴィ・メイソン、ジェフ・ポーカロ。
さらには、バック・ヴォーカルにビル・チャンプリン、リチャード・ペイジら。
パーカッションにはパウリーニョ・ダ・コスタ、ホーン・セクションにはジェリー・ヘイ。
他にもトム・スコット(Sax)、グレッグ・マティソン(Rhodes)。アレックス・アクーニャ(Ds.)、デヴィッド・フォスター(GSI)と豪華にも程がある(笑)。

その超豪華なメンツを惜しげもなく“ピース”として使い、自分(リーさん)と、リードヴォーカルのエリック・タッグを主役として際立たせ、ジャンルの枠組みにも、自分が掲げてきた看板にも囚われる事なく、『今やるべき音楽』として、リーさんが目指したリラクシング・ミュージックがコレなのです。…と、いうワケで能書きよりを聴いてみて。



ど~ですか。この清涼感溢れるサウンド。
ステキでしょう?リラクシンでしょう?夏向きでしょう?

お聴きいただいているのは、リーさん、エリック君、ハーヴィさんの共作"Keep It Alive"。エリック君のエモーショナルなヴォーカルと、リーさんのスムースなギターが好対照ですね。
使われている楽器のほとんどがナマ楽器であるせいか、80年代に流行したやや深めの残響の中でも存在感があってとてもヴィヴィッド。今ではこういうアナログな涼感は貴重かな。

他にも、アースのアレを連想するイントロが物議を醸したCross My Heart、上に挙げた楽曲と甲乙付け難い涼感ソングDreamwalkin'、アルバム発表当時のリーさんの愛器・アイバニーズLR-10の、甘く艶のあるオーバードライブ・サウンドが切ないA Fantasy、3分46秒という短い時間の中で様々な表情を見せる万華鏡的な佳曲Road Runner、後のアルバムで『拡大版』ともいうべきカヴァーが作られた名曲Malibu。全10曲、捨て曲ナシです。

ハイ、オススメのリスニング・シーズンは今。夏です!熱中症対策にどうぞ♪

rt201.jpg

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

LEE RITENOUR
/ RIT/2(1982)


01.CROSS MY HEART
02.PROMISES, PROMISES
03.DREAMWALKIN'
04.KEEP IT ALIVE
05.A FANTASY
06.TIED UP
07.VOICES
08.ON THE BOARDWALK
09.ROAD RUNNER
10.MALIBU




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「体感温度が下がった~」という素直な貴方は、
おそらく素直にポチッとするかもしれないな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 04 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.