■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪CHIELI MINUCCI / Got It Goin' on !♪


    got it goin on 00

    【“スムースジャズ”と呼ばないで!】 

    人にはコダワリというモノが存在します。

    10人居れば10のコダワリ。100人居れば100のコダワリ。それぞれが、
    「コレはこういうモノだ!」という確たる信念の下、あえて他人の価値観を
    度外視して保持し続ける、その人の生き方を表す“スタイル”ですね。

    たとえば、“ビートたけし”時代の北野たけしが、たけし軍団の面々に向か
    って、「オレを師匠と呼ぶな!!殿と呼べ!!」と強制したのは有名な話。
    某映画の主人公、マーティ・マクフライは、「僕を“チキン”と呼ぶな!!!
    (クリント・イーストウッドと呼べ!)」と言っていたし、かく申す私・ヤセガエ
    ルも、「オレの必殺技を、スラップ・ベースだなんて小洒落た呼び方をす
    るな!“ズビズバ・チョッパー”と呼べ!」と他人に強制したものでした。

    他人の感覚では、「そんなコトにこだわらなくても」という些細な事柄であ
    っても、当人には、それが絶対に譲れない“コダワリ”だったりするのです。

    got it goin on 01 

    そしてこの方↑ 、ギタリスト・CHIELI MINUCCI(キエリ・ミヌッチ)
   
さんのコダワリ。キエリさんのソレは、本日ご紹介する作品の楽曲群と、
    そのライナーノーツに滲み出ています。
    結論から言ってしまうとキエリさん、どうやら自分の音楽を“スムースジャ
    ズ”にカテゴライズして欲しくないようなのです。すなわち、
   
    「スムースジャズと呼ぶな!“フュージョン”と呼べ!!」

    …というニュアンスが伝わってくるんですね。

    彼が世に出た時代、スムースジャズという音楽ジャンルは、ほとんど形を
    成していなかったし、また自分達の音楽が、インターネットやラジオ局で
    BGM としてエアプレイされることも想定していなかったようなのです。
    もちろん、自分達がスムースジャズとしてカテゴライズされることも。
   
    キエリさんが目指してきたのは、ストレート・アヘッドなジャズ、ブルース、
    フラメンコ、フォーク、プログレッシヴ・ロック等をコンバインし、融合させた
    ドラマティックでセンセーショナルな音楽。すなわちフュージョン。それが、
    こともあろうにBGMとして扱われる。ナゼだ??納得いかねぇ。一生懸命
    作ったのに262 みたいな。ちゃんと聴いてもらいたいのにッ!みたいな。

    ライナーノーツには、『フュージョン・ミュージックは、貴方へリッチな音楽
    体験をもたらすことでしょう』とズバリ記載しているし、アルバムに収録され
    ている、トラック5."Chic" や、7."Destiny" 、9."Denial"  などは、
    「ネットラジオで掛けられるもんなら掛けてみろ!」くらいな、非スムースな
    アプローチですからね。もちろん聴き応えもタップリですし、「ああ、そういう
    コダワリなのね」と納得できる“濃い”作品となっています。

    でもキエリさん。ごめんなさいね。
    私も、キエリさんの主張を容れて、フュージョン作品として聴いてあげたい
    ところなんですけど、私が最も「キエリっぽい」と感じ、最も「お気に入り」に
    なったツボ・ナンバーは、↓の"Good Times Ahead" だったんですワ。
    “コダワリ”って、他人にはなかなか理解されないとゆーコトで。

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★   

                                
1.Stars in Your Eyes       
                                   
2.Got It Goin' on                
                               3.Good Times Ahead           
                             4.Love Is Always Young
                                           5.Chic    
                               
6.Deeper Than Deep                 
                                        7.Destiny    
                                      
8.The Juice
              
                                         9.Denial              
                                    10.Still Waiting     

    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                      ご訪問ありがとうございました!
              
       「世間では、こういう音楽をスムースジャズと呼ぶのでは?」
                 という、私と同様のツッコミを入れたい方は、
               下のボタンをクリックするべし。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪浦島太郎な出来事。♪


    01 bass comp

    本日のBGMは↓ ウキウキ系ナンバーで!(再生ボタンをクリックしてね♪ )

             

    ---------------

    世の中というものは、知らず知らずのうちに進歩しているようです。

    画像の品物は、20年前、プロのミュージッシャンを夢見ていたワタシが
    使っていたエフェクター(楽器の音を調整する機械)。最近になって再び
    楽器をいじり始めた関係で、屋根裏から引っ張り出してきたレトロ・マシ
    ンのうちの一つです。

    "BASS COMP" とは、読んで字のごとくベース用のコンプレッサー。
    弾いた音のボリュームを均一化し、どんなヘタクソな人間が弾いた音も
    一定のボリュームで整えてくれるという、“ヘタクソ隠し”マシンですね。
    お値段は、当時の相場で約1万円といったところでしょうか。

    00 graphic eq

    コチラは、音色にこだわる私が重宝したPEARL 社製グラフィック・イコラ
    イザー。ズッシリ重い低音も、トンガッた高音もコレ一台で思いのまま。
    ツマミの外れたスライダーや、剥げた塗装がステージでの活躍を物語る
    一品。ちなみに、音色にはこだわっても、演奏のテクにはあまりこだわっ
    てなかった事はナイショです。お値段約1万3千円。

    02 chorus

    倍音を付加することでコーラス効果をもたらす、その名も“コーラス”。
    楽曲に音の厚みを加えたい時や、フィルインで注目を集めたい時(笑)に
    部分的に用いると効果的。ベーシストは普段フロントマンの陰に隠されが
    ちなので、こういうモノで地味に自己主張してみたりするワケです。多用
    するとバンドのサウンドが腰砕けになるので要注意の一品。お値段は…
    友人から借りているものなので不明。たぶん1万円くらいでしょうか。
    ちなみにこのブツ、友人に「ちょっとの間借りるね」と言いつつ、22年間も
    借りっぱなしだというコトはナイショです。(犯罪かな)

    03 sonic distortion

    コチラはギター用。Maxon 社製の、その名も“ソニック・ディストーション”。
    何をもって“ソニック”なのかイマイチ判然としない中途半端な歪みが味わ
    い深い一品(笑)。私の場合、作曲はギターで行うことが多かったのでコレ
    を使っておりました。
    ホントは“ズギャーーン!”と歪ませたいのに、“びじゃーーん!”ってなっ
    ちゃうんです。“びじゃーーん!”て。なんでだろ?(´・ω・`)
    ちなみにお値段は…わかりませんです。アレなもんで…。(犯罪かな)

    04 rx17

    コレは作曲と練習用に購入したリズムマシンです。YAMAHA の RX17。
    12ビットのサンプリング音源搭載で、通常のドラムセットの音源に加えて
    コンガやボンゴ、シェイカーやハンド・クラップも付いたゴージャスな一品。
    「こんなんあったら、オレ居なくてイイじゃん?」とドラム担当を不機嫌に
    させた優れモノ。お値段(たぶん)3万円くらい?コレは自前です(笑)。

    05 spx90

    マルチ・エフェクターの先駆的名機、YAMAHA  SPX90 。歪み系エフェク
    ターを除くほぼ全てのエフェクターを一台に集約した、ラック・マウント型
    デジタル・エフェクターです。赤とグリーンの液晶が織り成す、美しい外観
    も印象的ですね。お値段は実に4万9800円!ただし、ベーシストである
    私にはハッキリ言って無用の長物。ステージではただのノイズ・ゲートと
    化してしまいました(苦笑)。スタジオでは重宝したんだけど。

    ----------------

    …って、ココまでお読みになった現役プレイヤーの方々はお気づきでしょ
    うが、いずれも「うおーーー!?」とか「むはははは~ww」ってなカンジの
    ヴィンテージ・マシンなワケです。全部。
    20年振りに引っ張り出してきて音出ししたら、もう考えられない音がする
    ワケです。“びじゃーん!!ブリブリブリ!”って、もうノイズの雨・あられ。
    聴けたもんじゃありません。音色にこだわる私が(腕にはこだわっていな
    いけど)総額10万円オーバーの機材でブリブリいわせてなるものか。
    「ヨシ!時代はもう平成だし(笑)最新の機材の進歩の程を見てやろう!」
    そんな意気で、久々に行って参りましたよ。楽器屋さんに。

    ----------------

    「あの~、ベース用のエフェクターを探しているんですが…」
    「ハイ、いらっしゃいませ。どのようなお品物でしょうか?」
    「あのですね。非常にワガママな要求なのですが」
    「ハイハイ、ワガママ(笑)。どうぞどうぞ」
    「3万円くらいで、コンプも、コーラスも、イコライザーも、ノイズ・ゲートも、
    ディレイも、メトロノーム機能も付いてて、それぞれのエフェクトをミックス
    できるマルチ・エフェクターあります?(無いよね?)」
    「ハイハイ。ありますよ」
    「えッ!?ある!?(;゜д゜)」
    「ありますよ。え~っと、コチラならゴマン…」
    「ゴマ…いやいや5万円は予算オーバーかなぁ…ハハハ…」
    「??いえいえ。コチラならご満足いただけるかと」
    「ほえ??」
    「コチラでしたら、さきほどお客様の仰ったエフェクトに加えて、歪み系、
    リズムマシン、ピッチ・シフター、ベース・シンセ等が入ってますよ」

    06 b1

    「(何?この、旧型プレステのパチもんコントローラみたいなヤツ…)」
    「お値段は5千900円ですが」
    「ハァ!?(;゜д゜)!?5千900円??」
   
    ---------------

    そして、噛み合わない問答を続けた後、買いました。この5千900円を。
    大幅に予算を下回る値段だったし、コンプとイコライザーだけでもマトモ
    ならOK というコトで。

    そして、持ち帰って音を出したらひっくり返ってしまいましたよ。
    20年の月日は、10万円のセットをただのガラクタに変えちゃいました。
    コレ、さらにクロマチック・チューナー、アンプ・シミュレーター、サンプラー
    まで付いたトンデモねーシロモノでした。

    「トンデモねー」と思う私が浦島だったということでしょうか…。( ̄∀ ̄;)

    ---------------

    そんなワケで、音は格段に向上したので、ただ今テクの向上に邁進中。
    来年はオヤジバンドを結成しようかな。昔の仲間と。そして借りっぱなしの
    エフェクターを返そう。(もうガラクタになっちゃってる。犯罪かな)

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

                    「それはヒドイ!」と感じた方、
                   お叱り・激励はコチラのクリックにて!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CHIELI MINUCCI / Renaissance♪


    renaissance.jpg  

            スムースジャズ・グループ、SPECIAL EFX のギタリストで、 
            近年はソロ活動も精力的なキエリ・ミヌッチ。エレクトリック・ 
            ギターとアコースティック・ギターの二刀流で、歌心のある 
            クリアなフレーズを聴かせてくれるアーティストです。 
            日本では、SPECIAL EFX とともに馴染みが薄い、というか 
            過小評価されている不遇(?)なギタリストの一人。このヒト、 
            アメリカではスゴイんですよネ。現在ではトップ・ギタリストの 
            一人といっても過言ではありません。プロデュースの腕前も 
            達者です。 

            特徴的なのは、その楽曲の爽やかさ。 
            たとえば、リラクゼーション的なBGVや、環境ソフトのバック
            にハマりそうなスムースさが魅力。とにかく気持ちイイんです。 
            ’96年にリリースされたこのRenaissanceも、心穏や
            かに過ごしたいひとときや、青空の下でリラックスしたい時に
            ピッタリの、爽やかなナンバーでイッパイ。オススメですよ~♪

            ★★★★ おすすめトラックのレビュー&試聴は↓★★★★

            ② Renaissance 
            SPECIAL EFX の延長線上にある、ブリーズ感タップリのアコ
            ースティック・トラック。メインはアコースティック・ギターですが、
            意外な箇所で、エレクトリック・ギターが見事なバッキングを繰り
            広げています。ソロの早弾きはスムースかつ圧巻!キエリ節!  

            ④ Come As You Are
            トワイライトに映える、雰囲気抜群のナンバー。今度はエレクト
            リック・ギターのオクターブ奏法を駆使しています。海に面した
            都会に似合いそう。ホノルルとかホノルルなんか(他に思い付
            かないから…)。派手さを排したアレンジがマル。キエリ節っ!  

            ⑥ Shine
            今度は、サンサンとふりそそぐ太陽の光!なんてイメージの曲
            ですね。ウキウキ系です。海辺のリゾートをオープンカーで走っ
            たら似合いそうなナンバーです。・・・・・ホ・・・ホノルル・・・とか。
            また、デビッド・マン君のサックス・ソロが最高にイケてます♪

           

            さて、このキエリ君。どーして日本でブレイクしないのか解る気
            がしませんか?試聴された方、いかがです?
            特徴が無いっつーか、アッサリしすぎというか、頭の中で留まら
            ないフレーズが多いですよね。私も初めは左耳から右耳へ抜け
            てっちゃいましたから。

            でも、実は、この「抜けていく」がポイントだったりするんですよ。
            何度か聴いていくと解ってくるんですね。この「抜ける」気持ち良
            さが。なかなか飽きがこないというのも特徴です。
            初めに聴いて「・・・?」って感じの方!もう一度聴いてみてくださ
            い。ちょっとだけイメージ変わると思いますヨ。

            で。ここのところのキエリ君。SPECIAL EFX の呪縛から抜け
            出したのか、楽曲の方向性がかなり変化してきています。
            「抜けていく」ポイントに、アグレッシブさが加わっています。
            特に2000年に入ってからの楽曲は、パッションを感じるナンバ
            ーが多いです。SPECIAL EFX の相棒、ジョージ・ジンダの死が
            影響したのかもしれませんね。(嘆)

            ともかく!キエリ・ミヌッチ君。
            今後日本でブレイクする可能性もあるし、アメリカでは大御所化
            するかもしれません。それだけの実力の持ち主ですから、ぜひ
            注目してほしいと思います。

                                 

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング


コメント(転載)


こんばんは♪♪このアーティストの作品は持っていないのですが、試聴してみたところツボでした。確かにホノルルですね(笑)こういった感じの青空サウンドは大好きです。
また1人、お気に入りのアーティストが増えたようです。ありがとうございます☆

投稿 ライム | 2006.12.10 01:33


To ライムさん
こんばんは!
コメントありがとうございます♪

気に入っていただけて嬉しいです。(^-^)
季節的には初夏にマッチングしそうなアルバムでしたね。
最近、こっちもかなり寒くなってきたもんで、気分だけでも
南国しようかと思ってセレクトしてみました。

いずれ・・・キエリ君のCDも、ライムさんちの下駄箱に収まる
んでしょーか。下駄箱の容量は大丈夫なんだろーか??
…とか心配だったりして(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2006.12.10 01:59


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。