■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪FOURPLAY / Silver♪

slvr00.jpg

【キラッキラの銀!】

それはもう光り輝く銀です。
フォープレイの結成25周年記念アルバム"Silver"は。

前々回のエントリーにおいて、『入魂の作品になること間違いナシ!』と、聴く前からブチ上げましたが、まさしくその通りの仕上がり。示唆に富むボブ爺のピアノ。音と拍を美しく結合させるネイザン兄さんのベース、メロウでスリリングなチャックさんのギター、そしてグループ全体に多彩な表現力とグルーヴを生み出すハーヴィさんのドラム。手元に届いてから2週間、何度聴いても鮮度の落ちることの無いキラッキラのアルバムです。

とりあえず………チャックさんのペンによるオープニングの"QUICKSILVER"をお聴きあれ。「コレが答えだ!」とも言うべき、25年目のフォープレイの“真実”がそこに存在してますので。(別のページへ飛びます)

FOURPLAY / QUICKSILVER

ハイ、いかがでしょう。お聴きになってますか?
25年目の真実が見えますか?

本アルバムでは、フォープレイの歴代のギターリスト、すなわちリーさん、ラリーさんが駆けつけたり、ボブ爺の愛弟子であるカー君(カーク・ウェイラム)の参加がトピックとなってはいますが、それは飽くまでサブの部分。刮目して聴くべき“本体”部分は、過去にドロップされたアルバム作品"FOURPLAY"(リーさん時代)、"YES,PLEASE"(ラリーさん時代)で到達した、メンバー同士の阿吽のアンサンブルであると私は理解しています。

slvr01.jpg

チャックさん加入後のアルバム二作(直近二作)では、同氏のギターリストとしての力量や、そのソング・ライティング能力、既存メンバーとのフィッティングのスムースさをパーフェクトな形で体現したものでした。しかしながら楽曲単位で見てみると、チャックさんの楽曲ではチャックさんだけが浮いてしまっていたり、そうでない楽曲ではチャックさんだけが消えてしまう印象もあったりしたんですよね。フォープレイ最大の魅力である“神域のアンサンブル”まであと数歩、みたいな感じで。

ところが、です。本作はついにそこへキター!!みたいな感じなのです。
ハマったーー!!みたいな。言葉で表すのは難しいんですけどね。
二人のギターリストを経て熟成されたフォープレイのアイデンティティーを、チャックさんのギターが完璧に咀嚼・昇華させたと私は感じましたね。そしてハマったー!と。

収録曲全10曲。1曲だけ「???」なのがありますが、「やっぱりフォープレイだろ!」という説得力に満ちた楽曲が詰め込まれています。リスナーとしてそのメロディに身を委ねるのは無論のこと、楽器を嗜む御仁であれば、メンバーそれぞれが発する優雅な音のメッセージと、交わされる華麗な音のコミュニケーションを感受してほしい作品です。
ちなみに私はアマチュアへっぽこべ〜シストですが、姉さん兄さんのオシャレなフレージングに1ラウンドKOです。本当にありがとうございました。


収録曲はコチラ↓


FOURPLAY
/ Silver(2015)


01.QUICKSILVER
02.HORACE
03.STERLING
04.SILVER LINING
05.SILVERADO
06.MINE
07.SILVER STREAK
08.PRECIOUS METAL
09.ANIVERSARIO
10.
WINDMILL




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ついでに下のボタンをクリックしていただくと、
管理人が一方的に幸せになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

 

 


 

 

♪CHUCK LOEB / The Love Song Collection♪

tlsc00.jpg

【もしもギターが弾けたなら】

…弾けたなら…おそらく彼のようなギターリストを目指して、私は努力したことでしょう。

ジャジーでモダン。クールでエモーショナル。ジェントルでハード。
高度なインテリジェンスと鋭敏なインスピレーションを駆使して紡ぎ出されるそのメロディは芳醇かつ鮮烈。そうです。スムースジャズ界の重鎮、チャック・ローブ氏のような。

まぁ…もっとも、向上心が乏しい上に諦めも早い私。バイエルの上下をマスターして天狗になっていた小学生時代は、『ラ・カンパネラ』を弾く同級生が出現した途端私のピアノへの情熱は失われたし、リトルリーグでは初めて投げたカーブを股間に打ち返された時点でユニホームを脱ぎ、心機一転とばかりに入部した水泳部で「ストップウォッチが速く進みすぎる(実際は自分が遅いだけ)」と顧問に指摘されてからは女子部員との親睦に余念が無くなったワケで、その後アコースティックギターを入手しても、"F"と"Fm7"を押さえるたびに発生する著しい濁音と激しい出血に、演奏も所有も2ヶ月で断念した私が、ローブ氏のようなギターリストには当然なれやせんのです。(もうあきらめた

でもね。思いますよ。
「もしもギターが弾けたなら」、と。



どーですか。この楽曲、このトーン。
ジャジーでモダン、クールでエモーショナルでしょう?
こんなギターが弾けたなら…と思っちゃいますよね。

上の楽曲以外にも、BOYZ Ⅱ MENのヒット曲のカヴァー、Water Runs Dryに始まり、ジェイムス・テイラーの名曲Don't Let Me Be Lonely Tonight、自身のヒット・アルバム"eBop"から抽出したランディ・ブレッカーとのコラボナンバーStained Glass、アンディ・スニッツァー(Sax.)との掛け合いがエレガントなShine On、ローブ氏のクラシカルな側面が美しく表現されたBells、濁音とも出血とも無縁な清々しいメロディーが鼓膜に心地よいGolden Heartなど合計10曲、捨て曲ゼロのデラックスなベスト盤となっています。

この先、また暑さが戻って来るようですが、涼やかなローブ氏のギターを体内に流し込めば、やって来る8月を軽快に乗り切れるコト間違い無し。この機会にゼヒどうぞ♪

tlsc01.jpg

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

CHUCK LOEB
/ The Love Song Collection(2007)


01.Water Runs Dry
02.Breathe Again
03.New Life
04.Don't Let Me Be Lonely Tonight
05.Blue Kiss
06.Stained Glass
07.Spanish Nights
08.Shine On
09.Bells
10.Golden Heart




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「流し込むぞ!」という素直な貴方は、
素直にポチッとするかもしれない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FOURPLAY / ESPRIT DE FOUR♪

edf00.jpg   

【もはやレビュー不能】
     

“絆”。 
 

フォープレイの新作アルバム、"Esprit De Four"のジャケットを初めて手に取って見た時、まず頭に浮かんだ単語はそれでした。

日本が大災害に見舞われた2011年のあの日以来、事ある毎に日本へエールを送り続けて来てくれた彼ら4人。直接被災地を訪れ、ライブを行い、私達の為に楽曲を書き下ろし、新たなスタートとなる2012年を日本のファンと共に、日本で迎えた彼らの信念が伝わって来たのです。 

アルバムの音楽的な内容については、もはやレビュー不能です。
聴き始めて10日あまりで、そう断定しちゃいました。ごめんなさい。

だって、いかなる賛辞をもってしても足りない程の大傑作なんだもの。
従って、もォ「買って、聴いて!」と言うしかありません。

とりあえず早速つべに上げられたファイルをとくとご賞味あれ。たぶんトリハダがザワ~っ!てなって、その後カラダが熱くなると思いますので、防寒具と消火剤は必須です。
の再生ボタンをクリックしてね!)   

 

新作の制作発表とほぼ同時に、曲の一部が動画で公開されたナンバー、"Firefly"です。
もう一度確認しますが、防寒具と消火剤は用意した?

ハイ、レビューは不能ですから、聴いた時の様子の報告だけ。
私はコレを朝の246号の渋滞の車中で初めて聴いた時点でこんなです。

♪♪♪♪♪~ヘ(T∀Tヘ) (ノT∀T)ノ ヘ (T∀Tヘ) (ノT∀T)ノ~ ♪♪♪♪♪ 

ピタリと動かない車の大集団の中で、ただ一台だけが激しく揺れ動いているという、周りから誤解を持たれかねない状態です。「ココで?」みたいな。 

いや、とにもかくにも聴いてもらえれば、何が“絆”なのか、ジャケ画の象徴するものは何なのか、 タイトルに込められた“信念” とは何なのか、はたまた、ラリーさんの後任ギターリストに何故チャック(ローブ)さんが選ばれたのか、それら全てに対する答えが圧倒的な実感を伴って感得できることでしょう。

2012年の、おそらく頂点に輝くであろう最強の一枚。ぜひどうぞ。 

edf01.jpg
    


★★★★★★★★★★★★★★★ 


FOURPLAY 
/ ESPRIT DE FOUR(2012) 

01.DECEMBER DREAM 
02.FIREFLY 
03.VENUS
04.SONNYMOON 
05.PUT OUR HEARTS TOGETHER 
06.ALL I WANNA DO 
07.LOGIC OF LOVE 
08.ESPRIT DE FOUR 
09.SUGOI
10.PUT OUR HEARTS TOGETHER 
     (VOCAL TRACK)
 



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「レビューできてないのはいつものコトでは?」
というツッコミは、しないで苛めないで。
優しいアナタはいつものクリックお願いね。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FOURPLAYの新曲がタマラナイ件♪

frply_20120703224411.jpg

先月末、スムースジャズのトップバンド、FOURPLAY(フォープレイ)の新曲らしい楽曲がYouTubeにアップされました。おそらく来月発売予定のアルバムに収録されるであろう、"Firefly" 。動画は短縮版ですが、もうご覧になった方も多くいらっしゃるでしょう。

いや~もぉね、ヤバイですって。新作はタマラン仕上がりになる予感大。相変わらずテクニカルでファンタスティック。メロディはあくまで美しく、アンサンブルは神の領域。アルバムタイトルも"ESPRIT DE FOUR" に決定し、後は発売を待つばかり!楽しみですよね~。



ど~ですか!このタイトなグルーヴ!たまりませんよねぇ。
私は、姉さん東のピューター色のBBに目が釘付けです。欲しいなぁ…。

と、いうワケで発売日は8月28日・・・・・・・・・・・って、RIPPSのアルバムと同時発売じゃないですか!めでたい!…けど、お財布には優しくない…。

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
やはり今年は“当たり年”!おかげで家計は火の車!
「哀れだ」と思われた方は下記の同情クリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CHUCK LOEB / THE MUSIC INSIDE♪

tmi00.jpg

【ジェントル&スムース・ジャイアント!】


『ジェントル・ジャイアント(優しい巨人)』。

三代目のギタリストとしてチャックを呼んだフォープレイのメンバー達は、彼の人となりをそんな風に表現しています。『ジェントル・ジャイアント』。

今月号(2月号かな??)のジャズライフ誌には、昨年、新作を手土産に来日を果たしたフォープレイのインタビュー記事が掲載されており、バンドの近況や新作の聴きどころ、そして、フォープレイの新ギターリストとして迎えられたチャックさんについての話題が多く語られていて、非常に興味をそそられる内容でした。お読みになった方も多いかもしれませんね。

「メンバーの皆さんは、なぜチャックさんを選んだのですか?」という質問に対して、「他の候補者たちがみんな忙しくて、チャックしかスケジュールが空いてなかったんだ」とか、「チャック君は14番目の候補者だよ」とか、他のメンバー達からさんざんイジられてるところが面白い。それに対してチャックさんが、「それで13番目の候補者はバークリーの学生で、課題が忙しくて断られたって言うんだろう?」なんて返してる所も素敵です。(ちなみにチャックさんはバークリー中退組。意外ね)

まぁ、実際は14番目どころか、元々ラリーさん在籍時代、緊急の代役を引き受けていたり(実際は実現せず)、また、新ギターリストの必要条件として『アンサンブルを大切にし、トップレベルのソング・ライティング能力とプロデュース能力を有する、リーやラリーに匹敵するスキルとミュージシャン・シップを持ったギタリスト』という無茶苦茶なバンドの要求を満たした、ほとんど唯一のギターリストだったワケで、チャックさん加入の後、「やっぱりチャックで正解だったね!」と大満足のメンバーたちが語ったチャック評が、その『ジェントル・ジャイアント』だったのです。セオリーを重視した堅実なギタープレイや、他のメンバーとの距離感に心を配る、チャックさんの『ジェントルな』姿勢を評価したものでしょう。

tmi01.jpg

かたや『スムース・ジャイアント』。

これはフォープレイのメンバー評ではなく、おそらく多くのスムースジャズ・ファンが下しておられるであろうチャック評。キモの部分ですね。
すなわち、R&Bのモードを基調とし、ジャズの手法に則った表現と、明解な起承転結を有する楽曲を創造する能力。この能力が洗練・熟練されていればいる程、作品はより『スムース』になっていくワケで、その度合の極まった最前線で(生真面目にw)活躍しているのがチャックさんなのです。

で、この『スムース』な部分は、フォープレイの前任者であるラリーさんや、前々任者であるリーさんの個性とも異なる種類のものであり、次世代へと向かうフォープレイに最も求められたサウンドでもあったワケです。
で、やっと結論ですが(笑)、そのチャックさんのスムース・サウンドが確立したのが、本日ご紹介するアルバム"The Music Inside"なのではないかと、私・ヤセガエルは感じております。完全な主観ではありますが。



上のプレーヤーをクリックされた方は納得していただけるでしょうか。
『R&Bのモードを基調とし、ジャズの手法に則った表現と、明解な起承転結を有する楽曲』でしょう?加えて言うなら、音数が多いにも関わらずソリッドで3Dでしょう?そしてギターはセオリー重視でクラシカル。それ以前の作品では、こういった『スムースな』楽曲は少数派で、どちらかと言うと、バークリーで師事したパット・メセニーさんの影響を感じさせる大作志向、あるいはボーダレス志向が強く表れていたのですが、この"The Music Inside"から後は、より方向性が集約された『スムース』な(試聴曲のような)楽曲が数多く登場、作品のリリースを重ねるたびに洗練度も増し、シェイプアップされていきます。

温故知新。現在のチャック・ローブを知る、あるいは新生フォープレイを知るという意味では、その原点ともなりうる本作。この機会に触れてみてはいかがでしょうか?(…というマジメなレビューは久しぶりかもしれん)

tmi02.jpg


★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★  

CHUCK LOEB
THE MUSIC INSIDE(1996)
 
1.  THE MUSIC INSIDE
2.  CRUZIN' SOUTH
3.  LA SIESTA
4.  EQUAL TIME
5.  BREATHE AGAIN
6.  STEFFI'S STRUT
7.  SHANGHAI
8.  BELLS
9.  NEVER TWO MUCH
10.MONT PELÉE




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
しかし…もしPJさんが「ウン」と言っていたら、
チャックさんではなかったかも…というハナシは封印。
いつもの応援クリックはコチラからドゾ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。