■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪GERALD ALBRIGHT / GROOVOLOGY♪

grvlgy02.jpg

【晩夏のグルーヴいかがでしょう】

何かで一流の人というのは、何をやっても一流のようです。

現今、コンテンポラリージャズ・シーンにおいて、最もソウルフルなサックスを聴かせるプレーヤーの一人、ジェラルド・アルブライトさん。
パワフルなブロウ。ダイナミックなフレージング。ロマンティックな“泣き”のメロディ回し。溢れ出るファンクネス。彼のアルトサックスを愛する人であれば、その魅力を語るのに一晩二晩では到底足りないでしょう。
いや、まァ当たり前ですかね。一流のサックスプレーヤーですから。聴けば聴くほど新たな発見があるなんてのも珍しからずで。



2002年リリースのアルバム"GROOVOLOGY"に収録されたファンキー・チューン、"Ain't No Stoppin'"。ドーデスカ。たまらんでしょう?このキレッキレのアルトサックス。ジェラルドさんお得意の、エキサイティングでパンチのあるフラジオ連射も組み込まれており、あまりのカッコ良さに鼻血が出そうです。ワタクシ、実は発売から13年も経った今年・2015年にこの作品を入手したワケですが、改めてジェラルドさんのクールなプレイにコーフンしちゃいましたね。

…で、ですよ。

ジェラルドさんのファンキーなサックスもさることながら、バックでグルーヴを生み出しているスラップベース。これがキモになっているな、と。ヴィンテージなトーンも楽曲の熱量を上げていて素晴らしいじゃないか、と。「ベーシストは誰さん??」と思って調べてみたワケです。そしてビックリですワ。クレジットにはなんと…

"Gerald Albright tenor saxophone, saxophone section, bass guitar"

0-446.jpg

最新作のジャケ写の意味がやっと解りました(今更)。

ジェラルドさん、一流なのはサックスだけでなく、ベースもそうだったんですね。
この作品もそうですが、私のすでに持っているアルバムでも、何曲もクールなベースプレイを披露しておられました。今頃知ったなんて情けねえ。アマチュアへっぽこべ〜シストであり、永遠の初心者サクソフォニストである私としたことが…。

そんなワケで本作(も)、ジェラルドさんのスーパーなサックスとベースを堪能できるクールな楽曲がいっぱい。夏の喧騒と秋の静寂が行き交うこの季節にもピッタリな作品となっています。
(今更ながら)私、ヤセがパワープッシュいたしますよッと。


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


GERALD ALBRIGHT
/ GROOVOLOGY(2002)


01.OLD SCHOOL JAM
02.GROOVOLOGY
03.BRING A LI'L LOVE
04.AIN'T NO STOPPIN'
05.CHANGE THE WORLD
06.I WILL ALWAYS LOVE YOU
07.THE NEXT LEVEL
08.I NEED YOU
09.DON'T HOLD BACK
10.WE FALL DOWN




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ついでに下のボタンをクリックしていただくと、
管理人が一方的に幸せになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DAVE KOZ and FRIENDS / summer horns♪

sh00.jpg

【ビアガーデンに海の家!】

ハイ、ビアガーデンに海の家。プールにアイスにところてん。
日傘、サンダル、日焼け止め。水着、ポロシャツ、半ズボン!
そう、夏です。今年も暑い夏がやって来そうです。

暑い夏を乗り切るためには、上に挙げたような場所・モノを利用して、いわゆる“暑気払い”をするのが有効ですが、逆に、上に挙げた場所・モノを商売のタネにしている人達にとっては、むしろ暑い夏こそウェルカム&カモン。そんな方たちは、商売繁盛の祈りを込めて、暑気払いではなく“暑気寄せ”を行ったりするのです。ご存じでしたか?

例えば、某氷菓メーカーでは、暑気寄せの団結パーティーとして、あえてバーベキュー大会を催したり(暑いわ~)、また別の企業では、サウナ耐久レース(めっちゃ暑いわ~~)とか、火渡り(死んでまうわ)といった、暑気と一緒に死神をも招きそうな盛大な“暑気寄せ”を行うそうです。(【メンズファーコート】メンズシルバーFOXファーロング 毛皮コート3003

そんなワケで今回は、暑い夏をさらに暑くする“暑気寄せ”アルバムをご紹介。
まずは公式PVを観るべし!(の再生ボタンをクリックするのだ!



ど~ですか。ホットでしょう?
“暑気寄せ”でしょう??

ご覧いただいているのは、スムースジャズ界の伊達男、DAVE KOZ(デイヴ・コーズ)さんの最新作、"Summer Horns"のセカンド・トラック、"Got To Get You Into My Life"。言わずと知れたビートルズの楽曲であり、多くのアーティスト(EW&Fなど)がカヴァーしたことでも有名なナンバーですね。

で、今回これほどホットになってしまったのは、アルバムの名義となっている"DAVE KOZ and FRIENDS"でお判りのように、一人でも充分に熱いプレーヤーが4人も集まったせい。

すなわち、コーズさんと、大黒様似のジェラルド・アルブライトさん、丸~いお顔がトレードマークのリチャード・エリオットさん、丸~いオッパ…じゃねぇ、トーンがトレードマークのミンディ・エイベアさんの4人。
この4人が、それぞれ出たり引っ込んだり…ではなく、皆で呼吸を合わせてパーティーさながらのアゲモードで吹きまくるんだから堪らない。レコーディングもさぞ熱かった事でしょう。

sh01.jpg

動画の楽曲以外にも、インコグニートのヴァージョンでも有名なAlways There、マイク・マクドナルドのブ熱いヴォーカルをフィーチュアしたSo Very Hard To Go、コーズさんら4人に、ブライアン(カルバートソン)王子のトロンボーンを加えたブ暑いホーン・サウンドが漲るHot Fun In The Summertime、日本においては『長い夜』のタイトル名で良く知られているシカゴの大ヒットナンバー26 or 6 to 4、「げろっぱ」のJBで、もォ死ぬほど暑いI Got You(I Feel Good)、リック・ブラウンさんのラッパがすでに充分「げろっぱ」なのに、さらにジョナサン・バトラーさんのヴォーカルが加わって体感温度が急上昇しちゃったYou Haven't Done Nothin'、極めつけは、濃ゆいブラコン勢の中でも最も濃ゆい男・ジェフリー・オズボーンさんがフィーチュアされたGod Bless The Childと、遠慮も無ければ容赦も無し。「暑くなければ夏じゃない!」そんなアナタのためのアルバムです。

ビアガーデンに海の家。みんなで一緒に盛り上がりたいのなら、デイヴ・コーズ&フレンズの"Summer Horns"をゼヒどうぞ♪

★★★★★★★★★★★★★★★

DAVE KOZ and FRIENDS
/ summer horns(2013)


01.always there
02.got to get you into my life
03.rise
04.so very hard to go
05.hot fun in the summer time
06.take five
07.25 or 6 to 4
08.reasons
09.i got you(i feel good)
10.you haven't done nothing
11.god bless the child
12.
summer horns




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ちなみに、ラストのボートラは“暑気払い”系!
さすがはコーズさん(&ポール・ブラウン)!
最後に、老いも若きもクリックお願いプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪超豪華クァルテット発進!!♪

dk.jpgga.jpgma.jpgre.jpg

DAVE KOZ(デイヴ・コーズ)
GERALD ALBRIGHT(ジェラルド・アルブライト)
MINDI ABAIR(ミンディ・エイベア)
RICHARD ELLIOT(リチャード・エリオット)


スムースジャズ・シーンの中心で強力なエンジンとなっているサクソフォニスト4人。
この4人が、なんとクァルテットを結成!"summer horns"というユニット(タイトル名?)でアルバムをドロップすることになりました!

いや、ほんとに超豪華。世紀のクァルテットですよ、コレ。
同じくサクソフォニストのキム兄ィ、カシワ君、コールさんらによる、"THE SAX PACK"も悶絶のデキでしたけど、コレはそれに輪を掛けた作品に仕上がること間違いなし!

しかも、コーズさん、ミンディちゃんはヤマハ(サックス)勢!ヤマハ万歳!(そしてジェラルドさんはキャノンボールで、リチャエリさんはダコタ。セルマー無しっつうのは狙いか?)

注目の発売日は6月11日!!入手したらレビューしますね~

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
今年も勢い盛んなスムース勢バンザイ!! 
でもオイラの財布はそんな勢いありませんから!
…という好景気レスな管理人へ
叱咤激励のクリックをお願いプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪GERALD ALBRIGHT / NEW BEGINNINGS♪

nb00.jpg

【再出発!!】


あらゆる意味で“忍耐”を強いられた2011年も残り僅か。寒~い年の瀬、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。押し掛けミュージック・ナビゲータ~& へっぽこアマチュア・ベ~シストのヤセガエルでございます。

そう、忍耐。本当にロクでもない一年でしたね。
天災。人災。事故。事件…。不条理で理不尽な試練ばかりが降りかかり、年が改まろうという現在に至っても解決しない問題が山積しています。被災された皆様には改めてお見舞い申し上げる次第です。

しかし今年は、来年からの再出発に大きなチカラを与えてくれる出来事もゼロでは無かったですね。
なでしこジャパンが女子サッカー・ワールドカップで優勝したり、 なでしこシャパンが世界一になったり、なでしこジャ…(『 ひとつだけ…』 [DVD] )まぁ、ひとつだけではありませんが、元気をいただいた事もありました。

そう。再出発。コレが本日と来年のキーワード!ご紹介するのは、サクソフォニスト、GERALD ALBRIGHT(ジェラルド・アルブライト)さんがドロップした作品"NEW BEGINNINGS"。ブルージィで上質なアルトサックス(テナーやバリトンも!)が耳に心地良い2006年の快作です。

nb01.jpg

聴きどころは、やはりその“ブルージィ”なサックス。現今スムースジャズ・シーンで活躍しているサクソフォニストの中では、最もストレートで、かつ『R&Bな』音を聴かせてくれる方ではないでしょうか。アルブライトさんは。
↓ は同アルバムのタイトルトラック・ナンバー、"New Biginnings"



いかがですか?この、抑えても抑えきれないブルージィなトーン。そしてそれだけではない、洗練されたスムージィなフレージング。このふたつの要素が縦糸・横糸となって編み出されるソウルフルな音のタペストリー。これこそがアルブライトさんのサックスの真骨頂ですね。シビレます。

nb02.jpg

上に挙げた楽曲以外にも、(ジェフ)ローバーさんお得意のファンキー・チューン、We Got the Groove 、 濃密なテナーが歌いまくりのDeep Into My Soul 、豪快なソロに思わず合いの手を入れたくなるGeorgia On My Mind、美しく鮮やかな転調がドキドキ感を演出するYou Are My Love と秀作揃い。サックスのみならず、フルート、キーボード、ベースもこなすアルブライトさんの多芸ぶりにも着目したいところです。

そう、"New Beginnings" ですからね。“新しい門出”!!2012年は、強い絆を基に協力し合い、困難に立ち向かい、笑って年末を迎えられるように皆で頑張りましょう!!さよーなら!!2011年!!


★★★★★★★★★★★★★★★


GERALD ALBRIGHT
/ NEW BEGINNINGS(2006)

01.We Got the Groove
02.New Beginnings
03.Deep Into My Soul
04.And The Beat Goes On
05.Georgia On My Mind
06.Take Your Time
07.I Want Somebody
08.You Are My Love
09.Last But Not Least
10.I Need You
11.Big Shoes
12.Georgia On My Mind(Reprise)



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「とっとと年明け希望!!」という皆様、
最後に下の応援クリックもよろしくプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~ふたご座流星群・2011~★

gemini2011360.jpg

【ふたご座さんヨロシクね。】

(※2012年度版はコチラ
ヨロシクね!・・・・・でございますよ。

今夏のペルセウス座流星群から始まって、 秋の10月りゅう座流星群、さらに、オリオン座流星群、しし座流星群と、当地神奈川は狙ったような雨か曇り。もォ本当に頼みますよ。ですから『ふたご座さんヨロシクね』。

というワケで本日は、 GERALD ALBRIGHT(ジェラルド・アルブライト)さんのハートフルなサクソフォンをバックに、冬の流星群の大ボス、ふたご座流星群の情報をお送りします。



さて、今年のふたご座流星群。極大予想は12月14日の午後10時頃。上の画像は、その午後10時の横浜の夜空です(シミュレーション画像。クリックすると拡大します)。

注目点が二つ。ひとつは画像中央の光点。これは流星の放射点です。そしてもうひとつ。ふたご座の下方にある、かに座付近の明るい光点。実はこれが非常にやっかいなんですね。「またか」というカンジですが月です。それもかなり明るい。・・・う~ん。
 今年も例年通り、1時間に50~60個の流星を見せてくれるという予想が出ているだけに、なんともタイミングの悪いコトですね。ホントにも~。

いや、ボヤいてばかりもいられない。観測を試みる皆さんへは、放射点に向かって・・・・・・ではなく、放射点を背にして観測を試みるようご提案させていただきます。私もそうして観測をします。ガンバリましょう!!
あとはアレだ。・・・お天気(笑)!てるてるぼうず作りましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「てるてるぼうず作るぞ!」というガッツさん、
その熱い思いで↓クリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。