FC2ブログ

■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

★夜景でいこう♪~笛吹川フルーツ公園②~★

otydnng00.jpg

【夜景とジャズとお料理と】

夜景とジャズとお料理を、いっぺんに楽しめる場所に行ってまいりました。

山梨県笛吹川フルーツ公園。

福岡県の皿倉山、奈良県の若草山と共に、新日本三大夜景のひとつに数えられている全国でも屈指の夜景スポットです。

本日は、その夜景と、同所にあるレストラン『大戸屋ダイニング』、さらにオマケで、頂いたお料理についてレポしちゃいますよ。

----------

さて、まずは上の画像。コレはその『大戸屋ダイニング』に設置されているオーディオです。
「おおッ!?」と反応された方は、おそらく相当なオーディオ通の方。それも“マニア”の域に達した強者でしょう。
私などは無知なもんだから、「やたらとイイ音がするな~。この電球みたいなの何だべ??」とか言いながら無遠慮に手を触れて参りましたが、後になって「手を伸ばしたオイラを止めてくださいって!!」というクラスの高級機だったことが判明してビックリ。

下から、McIntosh社のパワーアンプ、お値段…ろ…68万円!(;゜д゜)
二段目、同McIntosh社のプリアンプ、お値段…きゅ…90万円!((;゜д゜))
最上段はTHORENS社のレコードプレーヤーで、お値段は…に…200万円!(((;゜Д゜)))
さらに…↓

otydnng01.jpg

『幻のスピーカー』と言われている(らしい)、JBL社製のスピーカーシステム『パラゴン』。
お値段…さ…300万円!!(((((;゜Д゜)))))

どうりでやたらとイイ音が出るわけだわさ。
こんなんウッカリ壊してしまったら弁償インポッシボー。オイラを止めてくださいって。

----------

ちなみに、この日店内で流れていたのは、この御方のCD。↓



はい、デューク・エリントンさん。

なんつーか、その、「そこでエリントンさんがピアノ弾いてる!?」と思うくらいの、音だけでなく空気感まで伝わってくるような超高音質でしたね。
オイラはふだん高級オーディオなんぞ眼中に無い(正確に言うと弁償インポッシボーなくらいにおカネは無い)のですけど、これを聴いた時にはサスガに衝撃を受けましたよ。状態の良いアナログ盤であれば、その臨場感はさらにアップするでしょうね。

otydnng02.jpg

↑いただいたお料理。
名前は忘れちゃいましたが、お味は忘れられない美味。

「他の大戸屋でも同じものを食べられるのでは?」と仰るなかれ。
同じ大戸屋でも、“ダイニング”の名の付く大戸屋は全国でただ一店舗のみ。テーブルが違う。ソファが違う。器が違う。外は日本屈指の夜景。中はマニア垂涎の超高級オーディオ。そしてジャズの名演。相乗効果でそのお味も忘れられない程アップ。(お料理の名前は忘れた)

fefkgwfrtprk00.jpg

↑夜を待つフルーツ公園。

名前に“フルーツ”が付くだけあって園内には果樹園がイッパイ。そしてお花もイッパイ。
画像中央の、白いバードケージのような建物に上記の『大戸屋ダイニング』が入ってます。
遠方に広がるのは甲府盆地ですね。「夜になったらどうなるか??」と期待が膨らみます。

fefkgwfrtprk01.jpg

↑園内に併設されている『フルーツパーク富士屋ホテル』。
南欧風のリゾートホテルで、その佇まいはたいそうロマンティックです。

噴水が写っているのをご覧いただけますかね?
この噴水もまた、全国有数のワインどころ・山梨を象徴するかのように、ワイングラスの形をしています。そして夜になると・・・・・。

fefkgwfrtprk02.jpg

↑…あ~~~判りづらい写真になっちゃった。
なっちゃったけど察してください。ムーディに光るんです。夜になると。

----------

そうそう、夜ですよ夜。
なんと言っても夜がメインですから。

新日本三大夜景にして、全国123か所を数える『恋人の聖地』のひとつ。その夜景!








fefkgwfrtprk05.jpg

ど~ですか。素晴らしいでしょう。美しいでしょう?(画像をクリックすると拡大されます)

甲府市内の夜景を妨げずにライトアップされる園内も雰囲気抜群。山の傾斜に沿って段丘状に整備された公園ですから、園内のほぼ全ての場所が夜景のビュー・スポットになっています。

ハイ、ちょっと視点を右に向けた画像。↓↓↓

fefkgwfrtprk03.jpg

今度は、バードケージな大戸屋さん。↓↓↓

fefkgwfrtprk04.jpg

ちなみに、このフルーツ公園。ジャズと夜景とお料理に加えて、なんと温泉も楽しめます。

園内に足湯、日帰り温泉施設も併設されており、同公園内を通ってさらに山を登っていくと、『夜景と星空を楽しめる温泉』として人気の高い、『ほったらかし温泉』があります。
都心から中央自動車道経由で約2時間。「あ~、リフレッシュしてえ~」という日頃お疲れな方、あるいは「あ~、そろそろ押し倒してえ~」というパートナーへ野望を抱く方にオススメしたいスポットですね。今度の週末にいかが?

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「それで君はどっちの方?」という質問は
“酷”というもの。いぢめないでね。
「不憫な…」と思われるならクリックおながい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 山梨    ジャンル : 地域情報

 

 


 

 

GEORGE DUKE

gd.jpg

2013年8月5日、ジョージ・デュークが天界に召されました。

“巨人”、“天才”、“開拓者”と、様々な呼び名で語られる伝説のミュージシャンでしたが、私にとっては“魔術師”かな。とても残念です…。

RIP GEORGE........



テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆呼んだのは誰!?◆

ymnk00.jpg

気付いたらココへ転がり込んでおりました。

年齢も場所柄もわきまえず、アゲアゲ状態で写真を撮りまくっていたのがいけなかったのか、あるいは、そこへ至る過程で脚力を消耗していたせいなのか、まるで見えない力に引っ張られるかのように、この場所へ滑り落ちてしまったのです。

ymnk01.jpg

振り返って仰ぎ見れば、同行者が呆れた顔でコチラを見ています。
「何をやってんだか…」という顔です。

ちなみに私も同感です。底がツルツルのドレスシューズで山歩きをしようという時点で失格。ちょっと呼ばれでもしたらバランスを崩すのも当たり前で滑り落ちるのも当たり前です。
目の前には高さ約2m、傾斜角50°以上の壁。足元注意。猛省です。…が、呼んだのは誰?

ymnk02.jpg

ハイ、スベった場所はココ、静岡県三島市にある山中城。戦国時代末期、全国統一を進める豊臣秀吉と、関東の覇者・北条氏が激突した古城です。

今回は、お城にちなんで、チック・コリアとゲイリー・バートンの"Love Castle"をバックに、本ブログ初の“城攻め”(?)レポートをお届け。「読んでやってもよいぞ」という方は、の再生ボタンを押して画面を下へスクロールしてね。



さて、その山中城。正確に言うと現在は『山中城跡』です。

北条氏の滅亡と共に廃城となっていましたが、三島市によって発掘・復元され、今では北条氏の築城ポリシーを確認できる非常に見応えのある城址となっています。

ymnk03.jpg

実はワタクシ、ゆる~い“城まにあ”なのです(ゆるすぎて“マニア”とは名乗れない)。ですから、上のような鳥瞰図を見ると、ゆる~くテンションが上がります。

いや、それはともかくこの山中城、図の通りなかなか複雑・広大です。
国道1号線を挟んで右側が本丸。左側が岱崎出丸と呼ばれていた防御施設です。
ハイ、“岱崎出丸”と聞いてピン!!と来た方は、おそらく歴史にお詳しい方でしょう。そう、あの“槍の勘兵衛”こと渡辺勘兵衛が単騎で突入し、豊臣軍大勝利のキッカケを作ったのがこの岱崎出丸。今から、え~っと…423年前の話です。

ymnk04.jpg

いざ、城攻めぢゃー!!

三ノ丸の脇にある階段を100mほど上がり、二ノ丸へと向かいます。テンションは激高です。しかし体力はこの100mですでにガタ落ちです。山歩きですから。しかもドレスシューズですから。(濡れてるときはツルツルすべる―世界中に散らばる不特定多数の自分自身へ

ymnk05.jpg

城攻めぢゃ~。

西ノ丸の手前まで来ました。
だんだん元気が無くなってきていますがテンションはプチ高です。

右側の赤い矢印が元西櫓、左側が西ノ丸ですね。両所を隔てるV字型の切れ込みは人工的に穿たれた堀です。すなわちこのお城は、天然の山を城塞化した山城。重機も何もない戦国時代に、ナゼこんな大工事が出来たのか、ゆるい“まにあ”には想像もつきません。

ymnk06.jpg

展望を左方へ移すと、再びテンションのアガる光景が広がっていました!
山中城最大の名物である畝堀(うねぼり)です!

堀を仕切る畝の高さは2m。堀底から画像右手の西ノ丸へは9mの崖です。
今でこそ保護のための芝や植木が植えられていますが、戦国時代はむき出しの土。しかもこの土は、いわゆる関東ローム層の粘性の高い赤土ですから、ドレスシューズでなくてもツルツル滑ってどうしようもなかったことでしょう。もし私が当時の足軽だったとしたら、いかに大将から「登れ!」と命令されても、「ムリです!」がFAです。ゼッタイに登れっこないもの。
ダメ部下を再生させる上司の技術

ymnk07.jpg

さらに歩道を進んでいくと、これもまた珍しい障子堀(しょうじぼり)が登場。その先には富士山が。テンションはさらにUP

ymnk08.jpg

西櫓から、これまで登って来た道を振り返ったところです。腿が痛いです大将。

ymnk09.jpg

同じく西櫓から。水が溜まっているのがお判りになるでしょうかね。

この障子堀、一部は水堀と用水池を兼ねていて、溜まっているのは湧水です。このような形式の堀は戦国の山城としては極めて珍しく、北条氏の城郭としても特異なものらしいです。

…しかしながら私、ココでふと思ったのです。

「よく考えると、堀の中にこんな畝を作ってしまったら、堀の中の自由は利かなくても、畝を伝って敵兵が渡ってしまうのでは?」…と。

一見すると畝は通路にも見えるし、いかにも「どうぞこの上を歩いてきてね」と言っているようにも見えます。「これじゃ意味ないじゃ~ん」と“まにあ”な私は考えました。すると…。

ymnk10.jpg

『(畝の)頂部の幅は約0.6メートルで丸みを帯びている』

ハイ、そこで私は想像してみます。
ツルッツルの赤土でできた、幅60cmの丸みを帯びた畝の上を、動きの不自由な重さ5~6kgの兵装をして、両手に数メートルの槍をつかんで走ったら・・・・・走ったら・・・・・。

・・・走ったら堀に落ちるわ、コレ。

しかも解説を読み進めていくと、

『もし人間が堀に落ちれば、脱出することは不可能だったと推定できる』

って、不可能ですか。そうですか。
さも渡れるかのように誘っておいて、いざ渡り始めたら即落下・脱出不可能とは、なんというえげつないトラップ。北条流築城術恐るべし。

そして、「ふむふむ。なるほど…」と足を延ばしていたら、呼ばれてズルッといきました。
そしてそのまま落下。呼んだのダレ!?

ymnk11.jpg

もう一度お見せしますが、目の前は高さ2m、傾斜角50°の壁です。

脱出不可能!?(;°д°)

ymnk00.jpg

左手を見上げると西櫓なのですが、角度が急すぎて見えもしないし登れもしない。

ymnk12.jpg

…しかし、この上部から弓や鉄砲で狙われたら、間違いなくあの世行きです。

当時の日本人の平均身長は156~157cmくらいと言われていますから、182(-10)cmの私よりも高く感じたハズ。しかも当時はツルンツルンの赤土。この場所で無念の死を遂げた足軽さん達が何人いたことか。

-------------------------------------------

結局、堀の端から端まで猛ダッシュして、這い上がりました。
落下したのが一番広い区画のこの堀じゃなかったら、助走もできないし、大変なことになっていたかもしれません。てか、私を呼んだのダレ!?ツレは「呼んでない」とのコトだけど。

ymnk15.jpg

無事脱出の後に訪れた北ノ丸跡です。

奥の方に見える御三方はお城整備の方々。この日、この時間は、一般見学の私ら三人と、この御三方の計6人だけがお城の住人(住人?)。静かなものです。
小田原戦役の時には、4千人の守兵が立て籠もり、そこへ7万2千人もの豊臣軍が殺到したとは思えない静かな佇まいですね。「この時代に生まれて良かった」と思わないとなぁ…。

ちなみにこの山中城。半日足らずで豊臣軍に攻め落とされてしまいました。
要するに、脱出不可能の堀に『人が満杯になるくらい』の人数が攻め込んだ結果です。

その後、本城の小田原城も開城。早雲公以来の関東の覇者・北条氏は歴史の中から永久に姿を消すことになりました。栄枯盛衰は世の習い。今、トピック頻りのお笑い国家も、季節外れな花火大会などに注力せず、和合の精神で歩むべきだと考えますが皆様は如何に?

ymnk18.jpg

最後に、西ノ丸の物見台より望む富士・愛鷹の山容です。

今回の“城攻め”レポート、いかがでしたか?
これから気候が良くなってまいりますので、機会があればあちこち城攻めに行こうかと計画中(“城まにあ”ですから)。そのうちまたレポートしようと思います。

それでは皆様お元気で!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「最後まで読んでやった」という奇特なアナタは、
応援クリックもしてくれるかもしんない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 城めぐり    ジャンル : 旅行

 

 


 

 

★星空でいこう♪~金環日食・2012~♪

solar filter

【国内では25年ぶりの天文ショー】

2012年5月21日、国内では25年ぶり、そして東京では173年ぶり(!)となる大変珍しい天文現象が見られます。そう、金環日食!!

173年前というと、東京は“東京”ではなく“江戸”。当時の日本のトップは江戸幕府第12代将軍・徳川家慶公。江戸時代ですよ江戸時代!…というワケで、その珍現象に備えて画像のブツを購入いたしました。

今回の日食は、北は北海道から南は沖縄まで、日本のほぼ全域で観測可能なだけでなく、関東・東海・近畿地方の大部分では、太陽の外周部を少しだけ残して月がスッポリと収まる金環食となるのです(こんな感じ↓↓)。

2011_5_21_eclipse_yokohama.jpg

上の画像は、同日7時36分の横浜の朝の太陽(シミュレーション画像)。
どーですか。スッポリでしょう?この瞬間はきっと「朝なのに真っ暗」!!さながら『真夜中の太陽』といった具合。Very幻想的じゃ~ないですか?

ちなみに、この金環食の最大食の時刻は地域によって変わりますので、詳細は国立天文台のホームページでご確認くださいませ。

★★★★★★★★★★★★★★★

では最後に、本記事のおすすめミュージック!(音楽ブログだからね)。『真夜中の太陽』というコトで、クインシー・ジョーンズの名曲を動画で。"The Midnight Sun Will Never Set" をドゾ。(まんまかい!)



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ですので私の職場の皆さま。その日ワタシは、
急病もしくは知人の結婚式になると思います。
「怪しからん!」と思った皆様は、
下の“お叱り”クリックなさるべし。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪JAVA JAZZ行こうぜ!♪

jjf2012.jpg

外は冷蔵庫さながらの冷えっぷり。真に怪しからん寒さでございますね。皆さんお変わりございませんか?押し掛け音楽ブロガ~のヤセです。

本日は、この寒波で縮こまったカラダをホットにしてくれる、暑~い場所で行われる、熱~いライブ映像をアナタに!そう、アジア最大のジャズフェスとして知られる"JAVA JAZZ FESTIVAL" をピックアップいたします。

「寒いよ~」とお嘆きの貴兄、観るべし・聴くべし・語るべし!合計5本!!

★★★★★★★★★★★★★★★

①GINO VANNELLI / People Gotta Move
かーっちょええー!!もォ、それしか出てきません!2007年のジノさんの映像!JAVA JAZZ の良い所はジャズ以外のアーティストも多数参加しているところ。こんなんオープニングに持ってこられたら私ゃ即死です。



②FOURPLAY / Westchester Lady
新生フォープレイの遊び放題やり放題!もォスゴすぎます!見どころは多々ありますが、4人のアドリブ合戦からドミノ倒しに移るまでの熱~い展開にヒー!サスガはコンテンポラリー・ジャズのトップグループ!!!



③IVAN LINS /  A Gente Merece Ser Feliz
ああ・・・素晴らしや・・・。いつ、どこで聴いても南国に連れて行ってくれるイヴァン・リンスさんです。曲のアタマとお尻に他の曲がくっついてますが、そんなのどーでもイイです。ギターとソプラノサックスのユニゾンも◎!



④BRIAN SIMPSON / It's All Good
スムースジャズ組から一曲♪ コーズさん率いるランデヴーの面々による陽気でオシャレなピアノ曲です。主役は、『最も脇役の似合う紳士(?)』・ブライアン・シンプソンさん(笑)。コーズさんもカーくんも、どいてどいて!

 

⑤TOM SCOTT / ???
最後はしっとりと参りましょう。ジャズ、フュージョン界に「その人在り」と言われた名サクソフォニスト、トム・スコットさんの名演です。・・・・ああ、なんて素敵なアルトサックス。泣きそうですわい。曲名は・・・・何???



★★★★★★★★★★★★★★★

というワケで本日の動画セレクション、いかがでしたか?熱くなりました?
ちなみにこのJAVA JAZZ FESTIVAL 。次回の開催は来月の2,3,4日。例年と同様、100組近いアーティスト達が熱~いライブを繰り広げます。開催場所はインドネシアの首都ジャカルタ。個人で弾丸ツアーを組むも良し。オフィシャルツアーに参加するも良し。ツアーのお値段は・・・・
・・・お値段は・・・・・・にじゅうよんマンはっセン・・・。
・・・あら。締め切りは2月3日とな。ああ・・・ツアー行けないじゃ~ん。

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
…行けない本当の理由はお金が無いからさ。
そんな私を憐れと思召す皆様、
激励のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 06 2019 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。