■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪期待の新譜・6~7月!♪

紫陽花が咲き競う水無月の半ば。音楽を愛する皆々様、ご機嫌いかがお過ごしでしょうか?
急激な湿気のお蔭で愛器(安ベース)のネックが日に日に歪んでいくのを恐怖と共に見守っているアマチュアへっぽこベ~シストのヤセガエルでございます。

さて、本日は、梅雨のジメジメ&真夏のギラギラ対策になりそうな、スムースジャズの期待の新作をピックアップいたします。ファンの人もそうでない人も、ぜひチェックしてね!

★★★★★★★★★★★★★★★

rb.jpg

kw.jpg

nb.jpg

一発目はビッグなコラボ作品から。

画像の3人、すなわち、ベテラントランペッターのRICK BRAUN(リック・ブラウン)、ボブ爺の愛弟子であるサクソフォニストのKIRK WHALUM(カーク・ウェイラム)、『ベンソンさん命』のギターリストNORMAN BROWN (ノーマン・ブラウン)で構成されるユニット、あの“BWB”が再始動!嬉しいじゃないですか♪

前二作も佳作でしたが、今回は…ううう…なんとマイコーのカヴァーですよ。たまらん。
タイトルは"Human Nature"。リリースはもうすぐ!6月18日!外せませんね。

kw_20130612234130.jpg

お次はコチラのお方『キム兄ィ』のKIM WATERS(キム・ウォーターズ)

新作発売!!という情報を入手して、ウキウキしつつキム兄ィのオフィシャルサイトを覗きに行ったら、アルバムの情報はゼンゼン無し。代わりに「ボクの使っているサックスが買えるようになったよ!」というお知らせが。
でも、貼ってあるリンク先には兄ィのサックス無かったよ。どうなってんだろ。

ちなみに、アルバムタイトルは"My Loves"。また"Love"が付きましたね。安心です。
リリースは6月25日!待ち遠しいですね。

ek.jpg

最後は大御所のEARL KLUGH(アール・クルー)さんです。キましたね!

オフィシャルサイトやツイッターにはまだ新作の詳細は無いものの、カヴァー・ジャケットの写真は決定しているようです。「この写真でいきますよ!どう思う?」って書いてあります。…返事に困ります。困るけど久々の新作なので楽しみですね。

注目のリリース日は7月9日!タイトルは"Hand Picked"
入手したらレビューしますねー♪

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
今年のスムースジャズも元気です!
しかし管理人の経済はそれ程でもありません!
最後に、老いも若きもクリックお願いプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪KIRK WHALUM / UNCONDITIONAL♪

uncndtnl00.jpg

【紅葉を・バックに聴きたい・サクソフォン】

久々の五七五です。ご来訪の皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

いや、しかし早いなぁ…時の流れ。季節の移ろい。
つい一ヶ月くらい前までは『スーパー残暑』とか言って、セミさんもワシャワシャ大合唱していたのに、もう11月ですよ。晩秋ですよ。早いなぁ…。

『時の流れるスピードは年齢を重ねるほど速く感じる』という定説がありますが、それを痛感しますね。こうも速いと。自分の年齢も。

「もう晩秋だ。紅葉狩り行かなきゃな~」とか、やたらと草花の時季に敏感になったりしているところも、考えようによってはかなりジジむさい。
スカルプにしようかサクセスにしようか迷っているのもかなりジジむさい。
同じ職場で働く平成生まれの女のコから、ケータイ番号の交換と、食事のお誘いを受けても、喜ぶより先に、「何かウラがあるんじゃないか?」とか、「どこからどう見ても援交だ」とか考えてしまったり、仮にそのコと楽し~い時間を過ごせたとしても、そのコを送っていった先で待っているであろう、娘を心配する自分と同い年のお父上の姿を想像してしまい、据え膳イートインどころか、「お父さんが心配するぞ!」と説教した自分もジジむさい。

痛感しますね。自分の年齢を。(『13歳のハゲ男』 (1WeekDVD)

uncndtnl01.jpg



…なんかヘンだな。

…!そうそう、年齢のハナシじゃなくて紅葉のハナシですってば。晩秋のこの時期に聴いていただきたいミュ~ジックのハナシでした。

上↑ のプレーヤーを再生されているならば、もう説明は不要でしょうか。
聴いていらっしゃいますか?このソウルフルなサクソフォンの音色を。

流れているのは、スムースジャズ・サクソフォニスト、KIRK WHALUM(カーク・ウェイラム)のアルバム作品 "Unconditional"の4曲目、"Unconditional"。コレをかけながら紅に染まる峠のワインディング・ロードを軽やかにドライブすれば、助手席の平成生まれもロマンティックな気分になっちゃう(かもしれない)スムース・トラックです。

このアルバムのトピックは、やはりカーくんのジェントルなテナーサックスと、そのハートフルな音楽世界を美しく拡大させたポール・ブラウンのプロデュース。グレッグ・フィリンゲインズ(Key)、ポール・ジャクソン・Jr.(G)、アレックス・アル(B)、リル・ジョン・ロバーツ(Ds.)、ルイス・コンテ(Per.)といったウルトラ・スムース布陣で作り上げた楽曲群は、生え際の引き潮に苦悩する運転席の昭和生まれも蘇るマイナスイオンでイッパイです。『薄毛・脱毛・細毛・養毛ヘアケアでお悩みの方へ 育毛来夢』

uncndtnl02.jpg

ちなみに最近のカーくんについて。

デイヴ・コーズさんのランデブー(レーベル)に移籍してからは、ゴスペルやR&Bのカバーに走ってしまっていて、定評のあった高いソングライティング能力を発揮したアルバム作品が少なくなってますね。ファンとしては「少々物足りないな~」といったところでしょうか。

個人的には、'97年から'00年あたりの『いかにもスムース』なカンジの作品が好みですので、またこの路線を復活してほしいと思っております。復活したら、平成生まれのお誘いに乗ろうかな。紅葉マーク背負って。


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

KIRK WHALUM / UNCONDITIONAL (2000) 

 1. Now 'Till Forever 
 2. Groverworked & Underpaid
 
 3. God Must Have Spent A Little More Time On You 
 4. Unconditional 
 5. Can't Stop The Rain 
 6. Song For Evan 
 7. I Try 
 8. Playing With Fire 
 9. Real Love (featuring Wendy Moten) 
 10.Waltz For David
 



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「あの素晴らしい毛根をもう一度!」…という、
昭和ボ~イを応援してくださる皆様、
そのお気持ちは↓のボタンにて謹んでお受けします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOB JAMES+KIRK WHALUM / Joined at The Hip♪


    1205589528.jpg 

       【ボブ爺の実験的秀作 for FOURPLAY】

          本日のピックアップ作品は、’96年、ボブ・ジェームスとカーク・
          ウェイラムが共同製作したJoined at The Hip です。

          サブタイトルにある“実験的”というキーワードは、このアルバム
          の持っているテイストと、“96年”というリリース年から連想した
          私的見解です。もし、ボブ爺やカーくんが、ライナー・ノーツか何
          かで全然違うことを述べていたならゴメンナサイ。「そういう感じ
          方もあるのか」という程度に読んでいただければ幸いです。

                                 ★★★★★★★★★★

          さて、その ’96年です。
          ’96年といえば、ボブ爺率いる大御所バンド、FOURPLAY が、
          リー・リトナー脱退後のギタリスト探しに奔走していた時期と重
          なります。結論から言ってしまうと、この時期すでに、「後釜は
          ラリー・カールトンで」という構想があったのではないかと思うん
          ですね。リーと同じだけのキャリア、実力、知名度を持っている
          ギタリストは当時ラリー・カールトンただ一人。彼に白羽の矢が
          立ったのは当然といえば当然の帰結だったでしょう。

          ただ悩みどころだったのは、ラリーのプレイ・スタイルです。
          リーの洗練されたジャジーなギターと比較すると、ラリーのギタ
          ーはエモーショナルでブルージー。’95年に先行リリースされて
          いた作品Larry&Lee で、ギタリスト同士抜群のフィッティ
          ングを見せていたとはいえ、 FOURPLAY とフィットするかどうか
          は別問題。さらにバンドのコンセプト、アルバム・セールス、スケ
          ジューリングの確保等々……。数々の悩みにボブ爺の頭髪の
          後退も加速していたことでしょう。

    1205589624.jpg 

          さあ、そこで登場したのがこのJoined at The Hip
          カーくんには悪いけど、彼のソウルフル&ブルージーなサックス
          は、どーにも“仮想ラリー”のような気がしてならないのです。
          例えばボブ爺作の2曲目Kickin' Back なんかは、カー
          くん以外のオケはまるっきり FOUPLAY です。ベースのクリス・
          ウォーカーのプレイはネイサン・イーストのそれだし、ドラムスの
          ビリー・キルソンの淡々としたリズム・メイクはハーヴィ・メイソン
          の特徴的なプレイをコピーしたかのようです。

   

          で。結果はどうだったか。

          言うまでもなくこれは大成功でした。
          ボブ爺の品の良いバンド・サウンドと、カーくんのエモーション溢
          れるメロディが見事に融合しています。ボブ爺もかなりの手応え
          を感じたんじゃないでしょうか。
          またソレとは別に、ギタリストとして参加しているジェフ・ゴーラブ
          のプレイも、ある意味“仮想ラリー”ですね。彼の得意としている
          ブルージーなギターは、後のFOURPLAYサウンドの雛形を見
          るような気がします。

                                 ★★★★★★★★★★

          かくして翌年の ’97年、ラリー・カールトンをギタリストに迎えた
          新生FOURPLAYが結成され、さらに翌’98年、4thアルバム
          のリリースへと繋がっていきます。
          カーくんにはホント申し訳ナイけど、このアルバムは、ボブ爺が
          “FOURPLAYの存続”という主題を意識して行われた“実験”
          の意味合いが強いように思われます。もちろん、カーくんの側
          にとっても非常な刺激になったことは間違いないのですが。
          (カーくんの作風、このアルバムの前後で大きく違いますもん)

          他にも、全体的に“遊び”のファクターも顕著だったり、楽曲の
          演奏時間を長めに取ってソロを楽しんだり、聴き所はかなり多
          いアルバムなので、未聴の方はぜひチェックしていただきたい
          ですね。季節的にも今がベスト・マッチ。秋の夜長のお供に♪

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                         ① Soweto
                                    ② Kickin' Back
                                 ③ Out of The Cold
                                      ④ Deja Blue
                             ⑤ Midnight at The Oasis
                          ⑥ Tell Me Something Nice
                                 ⑦ Tour de Fourths
                                     ⑧ The Ghetto
                                     ⑨ The Prayer

                                  


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
      「それはなかなか的を射た意見かもしれん!」と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

お邪魔します。
成るほど!実に興味深いお話ですね。
このアルバムは聴いた事が有りませんが、レヴューを読むと何となく音が想像出来そうですネ。
フォープレイ好きな私としても実に気になるアルバムです。

投稿 FUSION | 2007.09.03 21:30


To FUSIONさん
こんばんは!(⌒∀⌒)/
ご訪問&コメントありがとうございます♪

このアルバムは、便宜上スムースジャズにカテゴライズ
しましたが、根っこはフュージョンです。FUSIONさんも
きっとお気に召されると思います~!

ちなみに私、このアルバムは、フォープレイの“4”ならぬ、
“3.5”と解釈しておりますです。

では、これからFUSIONさんのブログへ参りますね!(・ω・)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.03 23:00


こんにちは。猫ケーキです。遊びにまいりました。

私、カークウエイラムってほとんど(意識的には)聞いた事なかったのですが、一年ほど前にボブジェームスのライブDVD(1985)で彼の姿を見てぶっ飛びました。すごく熱いヒトですねえ! 感動的でした。(ウェザーリポートの再結成映像でも、そういえばカークの吹く姿を見ました、もう10年以上前でしたか。)

もっとウェイラムの演奏を聞いてみたいです。もちろんこのアルバムも。

また寄らせて頂きますね。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.05 21:43


To 猫ケーキさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪

さすが猫ケーキさん。かなり昔の映像もチェック
されてますね。
カーくんはボブ爺の“愛弟子”的存在ですから、
昔から結構同じステージで演奏しているらしいで
す。今ではコラボレーションのパートナー!出世
しましたねー(笑)(・∀・)b♪

20年前は“熱かった”カーくんも、現在は叙情派
サクソフォニストの代表選手ですね。個人的にイチ
オシなのは、’97年発表の“Colors”という作品。
夕暮れ時に聴くと「じ~ん」とする楽曲がイッパイ
収録されています。ゼヒ聴いてみてください!

またお気軽に遊びにいらしてくださいませ♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.05 23:04


ええと、このコメントは幾つ目だろう?

「実験的」というのは面白い見聞ですね。
しかしながら、ボブもカークも好きですけど、
なんかこのアルバムは印象が薄め。
気になっていたMidnight at The Oasisも
ちょいと線が薄い気がするし・・・
まあ、師弟感が深まったアルバムと解釈しておきましょうか。

投稿 でんた | 2007.10.17 14:40


To でんたさん
こんばんは!(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

でんたさんの仰る“印象が薄い”という感想は、このアルバムを
聴いたリスナーの多数派意見でしょうね。
イイ意味でも悪い意味でもサウンドにアクが無いし、ボブ爺も、
アール・クルーと共演した時のような音楽的化学反応を起こし
てませんね。
どちらかというと、楽しみつつ実験しつつ、“自然体で作り上げた
”共同アルバムという印象でしょうか。
ただLIVEで共演すると、二人とも“熱く”なっちゃうトコロが面白
かったりします。
観たいなあ・・・ボブ爺のLIVE・・・。ハゲ切らないウチに(笑)。

投稿 ヤセガエル | 2007.11.14 23:20


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★一年間ありがとうございました!★


    1207396099.jpg 

   

          本日8月17日、おかげ様で当ブログ■ヤセガエルの独唱■
          満一歳を迎えることができました。

          “継続は不可能ナリ”が座右の銘である、スペシャル三日坊主
          の私が、一年もの間、なんとかブログを続けていくことができた
          のは、ひとえに読者の皆様から頂いた温かいご支援のおかげ
          です。本当にありがとうございました。

                               ★★★★★★★★★★★★

          一番最初にコメントを下さったウサママさん
          ブログの継続自体「やっぱ無理だ~」と思い始めていた時期に
          コメントをいただきましたので大変嬉しかったです。ありがとうご
          ざいました。

          初期の頃からご訪問いただいているライムさん
          ライムさんの温かいコメントとブログの存在が、当ブログ継続の
          最大のモチベーションになりました。ライムさんがいなかったら
          冒頭の“座右の銘”が日々私を苛んだことでしょう(笑)。ご支援
          ありがとうございました。

          サッカー日本代表を応援する同志、masuda323
          masuda323さんの前向きコメントが無かったら、サッカー関連記
          事の多くはグチになっていたかもしれません(笑)。当ブログの
          ポリシー(悪口は言わないゾ!)が維持できたのはmasuda323
          さんのおかげです。ありがとうございました。

          スムースジャズを愛する同志、五郎兵衛 風来坊
          五郎兵衛 風来坊さんの(私には真似できない)簡潔な記事と
          アルバム評は、私の知らなかった新しいアーティストとの出会い
          をもたらしてくれました。ありがとうございました。

          星空を愛する“どさんこ”ブロガー蓬堂さん
          蓬堂さんのアクティブさとバイタリティーを羨ましく思いつつ(笑)
          、どの記事で蓬堂さんが「釣れるのか!?」と楽しみつつ投稿
          してまいりました。ありがとうございました。

          おそらく同年代のpoohさん
          私の若かりし頃のアイドル、カシオペアの記事にご訪問とコメン
          トをくださいましてありがとうございました。poohさんのブログは
          私の知らない“新しい世界”です。いつも楽しみにしています。

          ヒデチェイサー&ケンゴチェイサー(?)のakiさん
          サッカー記事への温かいコメントありがとうございました。余談
          ですが、最近、ケンゴと私が同じ誕生日だったということを知り
          ました。これからもヒデとケンゴを追っかけましょう!

          AORとメロウ・ミュージックのサプライヤー、Musicmanさん
          Musicmanさんのアーティストや楽曲への造詣の深さに、私は全
          く及びませんが、Musicmanさんのブログは一読者として楽しま
          せていただいております。ありがとうございました。

          そのほか、コメントをくださったnokiさん自由時間さん、■温泉
          旅館の経営者が教える旅館えらび■の松田さん
apriori
          sfさんこいちゃん39RUUさんdaikubo335さんアクセス
          さん
素町人さんMiopapaさんballyさん、この場を借りてお礼
          申し上げます。ありがとうございました。

          またブックマークしていただいている読者の方々、現在ご覧い
          ただいている皆様、本当にありがとうございます。今後とも出来
          る限り継続更新してまいりたいと考えておりますので、よろしく
          お願い申し上げます。m(_ _)m
 
          ちなみに本記事の画像は箱根・芦ノ湖の風景写真、試聴ファイ
          ルへはカーク・ウェイラムのPeaceful Hideaway
          私ヤセガエルからのお礼も兼ねた残暑お見舞いでございます。
          それでは、また!(・∀・)/

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
            今後も当ブログを応援していただける皆様、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

一周年おめでとうございます!!
ブログを始めた当初はなかなかコメントも来なくて「辞めちゃおうか・・・」とも思ったんですが、初めてコメントが来ると「この人の為だけでも!」と頑張れますよね。
私のブログを見ていただいて下さるだけでも光栄なのにこうして紹介までして頂けるなんて恐れ多いです(恥)。
こちらのブログは音楽好きにはたまらない内容ですよー。
視点が面白いし、毎回楽しみにしています。
これからも5年、10年と音楽ファンを唸らせる日記で楽しませてくださいね。
こちらこそ今後とも末永くお付き合いを!!

※「Matt Dusk」は私も注目しているアーティスト。
来月東京にライブを見に行きますよー☆

投稿 Musicman | 2007.08.17 23:27


To Musicmanさん
こんばんは!いらっしゃいませ♪(・∀・)/
コメントありがとうございます!

Musicmanさんから「光栄」と言われること自体
大変光栄です。(^-^;)
もともと好きで始めた音楽ブログ(のつもり)だ
ったんですが、始めてスグに自分の文章力と
センスの無さにガク然とし、「コレはとんでもない
コトを始めてしまった!」と後悔したり、コメントを
いただいて「ああ、伝わってる!」と感動したりで、
非常に有意義な一年でした。
Musicmanさんのおっしゃるように、5年、10年と
続けられたらイイな~と、今では思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみにMATTくんのレビューは、え~っと・・・
10分後に!それではまた(・∀・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.08.17 23:54


ヤセガエルさん
1周年おめでとうございます!

知識が豊富で、わかりやすく、そして面白い、
このブログが、僕は大好きです。

これからも、よろしくお願いしますね♪

投稿 ライム | 2007.08.18 16:35


To ライムさん

ライムさんには、初期の頃から本当にお世話に
なっております。m(__)m
冗談抜きで、ライムさんの存在が無かったら、
私のブログは成立していなかったでしょう。
本当に感謝の気持ちでイッパイです。

今後も、(出来るかどうかは別として)わかりやすく、
面白いブログを目指して、楽しんで継続していこう
と考えております。(・ω・)

また“コラボ記事”もやりましょーね!(^0^)
今後ともよろしくお願いします!それでは♪

ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.18 18:55


こんばんはー!
1周年おめでとです!!
自分もサッカーだけでなく、
ヤセガエルさんの「スムースジャズ」は実はとても楽しみにしてます!(個人的にあまりよく判ってない状況でして・・・)
ヤセガエルさんの「男と女」のミュージック?
はいつも実はウケながら聴いてます!(笑)
今後とも良きブログ生活一緒にさせて
くださいませ~!!

投稿 masuda323 | 2007.08.18 22:44


To masuda323さん
いらっしゃいませ!こんばんは♪(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

この一年、たくさんのコメントをいただきまして
本当にありがとうございました!m(__)m
同じ神奈川県人、同じサッカーファン、同じ音楽
ファンとして交流させていただいたことは、私に
とって貴重な財産となっています。

特にサッカー関連では、代表のゲーム日程は
ほとんど『JAZZと家とサッカー』でチェックして
いましたので、今後もお世話になると思います(笑)。

これからも末永くよろしくお願いいたします!
え~…ちなみに…。私も『スムースジャズって
なんですか?』と訊かれたら答えられませんです。
(・ω・;)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.18 23:27


どーもー、北海道の蓬堂です。
\(^o^)≪★祝☆CONGRATULATIONS☆祝★≫(^o^)/ヤセガエルさんのブログが1周年だったなんて知りませんでした。アクセス数を見て、勝手に2~3周年位だろうと決めつけていました。
個人的には、星空の話が好きで、ちょくちょくお邪魔させてもらっていますが、なんか年齢的にも近い気がしていて、音楽的にもいろいろと勉強させてもらっています。
のんびり、スーパースローで人生をまったり楽しみたいです。また、これからもよろしくお願いします。蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.08.21 20:13


To 蓬堂さん
ようこそお越しくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

この一年、ブログ上でお付き合いさせていただき
ありがとうございました!m(__)m
そっちの方にいたら、モノポリー大会にも参加し
たかったんですケド…いかんせん北海道は遠いッ
す。ザンネン…。(ビンボー暇無し)(・ω・;)
でも機会があったら行ってみたいですね。北海道
の星空も見てみたいです。

でも蓬堂さんがもしコチラにお寄りの際は、ランドマ
ークの“シリウス”で歓待しまっせ(・∀・)b♪
あ…ワタクシはオレンジ・ジュースで!

今後ともヨロシクお願いいたします!ではでは!

投稿 ヤセガエル | 2007.08.21 22:58


シッシッシリウスですか…あわわ。
生演奏聞きながら、お酒と夜景をまた楽しみたいです。\(◎∠◎)/その前に、僕もお金ためなきゃ~!蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.08.22 18:23


To 蓬堂さん
どもども!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

…よく考えたら…シリウスって男同士で行く
スポットではないような?下はホテルだし、
怪しげなカンケイに見られるかも…( ̄О ̄;)
ギャー!再考せねばっ。

投稿 ヤセガエル | 2007.08.22 19:48


ふふふっ…ところが、意外と「男2人シリウス」ってかっこいんだなぁ、これが。ちょっとおされなスーツ着て、安い酒をちびちびやるのも、結構乙なんですよ。ちとおしゃれ~な蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.08.24 22:57


To 蓬堂さん
おされスーツ!( ゜∀゜)♪
そうですか。そういうコトでしたら、ワタクシは
秘蔵の“マルマーニ”(アルマーニではない)
のスーツでキメてみせましょう。ビシッ!と。
…で、オレンジジュース…と。

・・・・・。 (・∀・;)

楽しみにしております~♪(・∀・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.08.24 23:50


遅まきながら・・・m(__)m
一周年おめでとうございます。
PC界に入る時は必ずお邪魔させて頂いてます。
多趣味さに感動しています。
これからも楽しみにさせて頂きますので宜しく♪

え、ケンゴくんと同じ!?「年」は違いますよね?
ワォ~(意味不明・・・)
今日もU17の試合があるし、広く応援したいと思っています。
(昔は的が絞られすぎてました笑)
ケンゴくんはじめ、サッカー部門も宜しくお願いします(笑)

投稿 aki | 2007.08.25 14:00


To akiさん
こんばんは!いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

え~っと、誕生日はケンゴと同じですが、年は…
…………………キング・カズと同じです!(爆)
まァ…性格がオッパッピーなもんで、周りからは
そういう年だとは思われてないようですが…。

ここのところ、ようやくアジア杯の“4位ショック”
から脱出できそうなので、サッカー記事も気合を
入れて投稿しようと思っております。
とりあえず今日の(U-17)フランス戦も応援し
ませんとネ!

…というワケでakiさん。今後ともヨロシクお願い
申し上げます。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.08.25 19:45


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪KIRK WHALUM / Colors♪


    colors 00

          夏の喧騒が少しだけ名残惜しい初秋。大切な人とリラックスした
          時間を過ごしたい貴方へ、ハートフルなこちらの一枚をオススメ
          します!軽快なドライブと、ステキな会話を引き立ててくれますヨ♪

      KIRK WHALUM(カーク・ウェイラム
    『COLORS


          Smooth Jazzシーンでは、すでに20年のキャリアを持つサッ
          クス奏者・カーク・ウェイラム。今年の春には、デイブ・コーズ率
          いるランデブー・エンタテインメントの一員として、来日公演も果
          たしました。

          日本での知名度はイマイチですが、クインシー・ジョーンズや、
          ボブ・ジェームスといった大物ミュージッシャン達と競演したり、
          ホイットニー・ヒューストンのI Will Always Love You
          (エンダァ~~~~♪ってヤツ)で印象的なソロ・プレイを披露
          するなど、輝かしい演奏歴を持っています。

          R&Bやゴスペルをルーツとする彼の楽曲は、ソウルフルかつ
          ハートウォーミング。そのサックスプレイは、彼の豊かな人間性
          を物語る、包み込むような愛情溢れる響きが特徴です。
          同じサックス奏者のケニー・Gが「吐息型」、デイヴィッド・サンボ
          ーンが「熱唱型」とするならば、カーク・ウェイラムは・・・・・・・・・・
          「平井堅型」(ホントか?)。未経験の方はゼヒ!

          というコトで、オススメのトラックを紹介ィ~!

    colors 01

          Daddy Loves You
          タイトルから想像するに、彼の愛息カイル君に捧げられた曲の
          ようですネ。限りなく優しく、メロウな旋律は、彼の普段のパパ
          ぶりを微笑ましく想像させます。某熱血野球マンガの「ちゃぶ台
          返し」とは対極に位置する父性愛。良かったね。カイル君!

             

          ④ Strength in You
          このアルバムでイチオシの曲はコレ!ジャケットのデザインの
          イメージはこの曲では?と思わせるナンバー。夕暮れの草原で
          優しく、熱い想いを歌い上げるカークの姿が目に浮かびます。
          そう。目に・・・・・・平井堅のヒゲヅラが浮かんだりして。

             

          この二曲以外にも秀作がズラリ。Amazonへのリンクを貼って
          おきますので、ゼヒ試聴してくださいネ♪

                                 

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
              このアルバムを聴いてみたい!と思った方は、
                          1クリックにご協力ください!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。