■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Rhythm Sessions♪

rtnssns00.jpg

【ド直球のリット・ワールド!】

カリスマ・シェフが、最高の素材を揃え、最高の腕を振るい、自らも「ウ~ム、ウマし…♪」と言いながら創作したお料理のようです。リー・リトナーさんの"Rhythm Sessions"
彼が足跡を残し、吸収してきた様々な音楽、すなわちジャズ、コンテンポラリー・ジャズ、フュージョン、ブラジリアン・ミュージック、スムースジャズといった多くのジャンルの旨味とセオリーが濃縮されており、リーさんの洗練かつ円熟の極みに達したギタープレイを、それはもォ「お腹いっぱい!」楽しめる快作となっています。

…と、大プッシュするのは他でもない。

なにせ前作はと言えば、リーさん名義の作品でありながら、本人以外の参加ギタリストが総勢20名。ベンソンさんやジョンスコさんはまァ良いとしても、畑違いのスティーブ・ルカサーやニール・ショーン、変態パコパコギター奏者のアンディー・マッキーさんや、モノマネの対象としてはギターリスト随一の布袋寅泰氏までもが登場する闇鍋アルバム。主役であるリーさんを探すのに、何故か神経戦を強いられる“迷作”でしたからね。本作のストレートさも際立つというものです。(ウォーリーをさがせ! 大人用コスチューム (S/M)



再生していただいてますかね?

故ジョージ・デューク氏が奏でるモーグと、リーさん爪弾くL-5の静かなる掛け合いが印象的なオープニングナンバー、"The Village"です。熱量豊富なアコースティックベースを操るのはスタンリー・クラーク。要となるリズム・セクションにはデイヴ・ウェックルとマニャンゴ・ジャクソンという技巧派の布陣。三連符の持つ、“漂流する歩行感覚”とでも申しましょうか、二つの異なるグルーヴが融け合う感覚が心地よい楽曲ですよね。

いや、実はそのグルーヴ、というかリズム。
本作のキーワードはどうやらソレです。

アルバムの楽曲毎に見てみると、その三連符の他に、4/4拍子、5/8拍子、6/8、3/4、5+3…と、それはもう、演奏中に自分の位置をロストしそうな複雑なリズムだらけ。よせばイイのに何曲か試しに(ベースで)コピーすれば、募るのは“乗り切れない”気持ち悪さだけ。それをですね、いとも気持ち良さげに演奏するのです。リーさん達は。もちろん聴けば夢気分ですよ。
"Rhythm Sessions"とは言い得て妙なるタイトルだと思いますね。

と、いうワケで本作。前々作の"Smoke 'n' Mirrors"がツボだった方を始め、ベンソンさんやジョンスコさんは単体で聴きたいという方、ホテイさんは単体でも聴きたくないという諸兄にパワープッシュいたします。
ちなみに日本版はボートラが3曲収録されていて、それがオマケにするには勿体ない程のクオリティだそうですので、そちらの方もチェックされたし。そっち買えば良かったかなぁ…。

rtnssns01.jpg


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★


LEE RITENOUR
/ Rhythm Sessions(2012)


01.THE VILLAGE
02.RIVER MAN
03.FAT ALBERT ROTUNDA
04.800 STREETS BY FEET
05.CHILDREN'S SONG #1
06.LA BY BIKE
07.MAYBE TOMORROW
08.SPAM-BOO-LIMBO
09.JULY
10.ROSE PEDALS
11.DOLPHINS DON'T DANCE
12.PUNTA DEL SOUL




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
まだ梅雨明け前だというのにこの暑さ。
すでに夏バテメーター全開のワタクシに、
叱咤激励のクリックおながいします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / RIT/2♪

rt200.jpg

【ナツにはナツのAOR】

ハイ、夏のAORアルバムのご紹介です。

発売当時(1982年)は、傑作アルバム"RIT"の『二番煎じだ』とか、ジャズ・ギタリストのリトナーさんが『POPSに魂を売った作品』だとか、『エリック・タッグ(Vo.)のソロ作品』だとか、それはもう散々ブッ叩かれた作品ですが、その本質は、『リーさんが西海岸の精鋭を集めて本気でリラクシング・サウンドを追求した』正しくAORの金字塔です。"RIT/2"

どの辺が“本気”なのかと言うと、とにかく招集したそのメンツ。
キーボード、シンセサイザーにドン・グルーシン、グレッグ・フィリンゲインズ。
ベースにネイザン・イースト、エイブラハム・ラボリエル。
ドラムスにハーヴィ・メイソン、ジェフ・ポーカロ。
さらには、バック・ヴォーカルにビル・チャンプリン、リチャード・ペイジら。
パーカッションにはパウリーニョ・ダ・コスタ、ホーン・セクションにはジェリー・ヘイ。
他にもトム・スコット(Sax)、グレッグ・マティソン(Rhodes)。アレックス・アクーニャ(Ds.)、デヴィッド・フォスター(GSI)と豪華にも程がある(笑)。

その超豪華なメンツを惜しげもなく“ピース”として使い、自分(リーさん)と、リードヴォーカルのエリック・タッグを主役として際立たせ、ジャンルの枠組みにも、自分が掲げてきた看板にも囚われる事なく、『今やるべき音楽』として、リーさんが目指したリラクシング・ミュージックがコレなのです。…と、いうワケで能書きよりを聴いてみて。



ど~ですか。この清涼感溢れるサウンド。
ステキでしょう?リラクシンでしょう?夏向きでしょう?

お聴きいただいているのは、リーさん、エリック君、ハーヴィさんの共作"Keep It Alive"。エリック君のエモーショナルなヴォーカルと、リーさんのスムースなギターが好対照ですね。
使われている楽器のほとんどがナマ楽器であるせいか、80年代に流行したやや深めの残響の中でも存在感があってとてもヴィヴィッド。今ではこういうアナログな涼感は貴重かな。

他にも、アースのアレを連想するイントロが物議を醸したCross My Heart、上に挙げた楽曲と甲乙付け難い涼感ソングDreamwalkin'、アルバム発表当時のリーさんの愛器・アイバニーズLR-10の、甘く艶のあるオーバードライブ・サウンドが切ないA Fantasy、3分46秒という短い時間の中で様々な表情を見せる万華鏡的な佳曲Road Runner、後のアルバムで『拡大版』ともいうべきカヴァーが作られた名曲Malibu。全10曲、捨て曲ナシです。

ハイ、オススメのリスニング・シーズンは今。夏です!熱中症対策にどうぞ♪

rt201.jpg

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

LEE RITENOUR
/ RIT/2(1982)


01.CROSS MY HEART
02.PROMISES, PROMISES
03.DREAMWALKIN'
04.KEEP IT ALIVE
05.A FANTASY
06.TIED UP
07.VOICES
08.ON THE BOARDWALK
09.ROAD RUNNER
10.MALIBU




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「体感温度が下がった~」という素直な貴方は、
おそらく素直にポチッとするかもしれないな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / wes bound♪

wb00.jpg

【来年はこんな風に↓】

弾きまくります。ジャズギターを。

そして、ウェス・モンゴメリー氏の系譜を継ぐギターリスト、リー・リトナー氏の系譜を継ぐギターリストとなって、素晴らしいペケペケ・サウンド・ジャズをお届けいたします。

ハイ、これは『予定』とか『意気込み』ではありません。マニフェストです。
2012年に幕を下ろした史上最笑の与党がやらかしたような、「約束したつもりはない」とか、「そんな約束忘れちゃった」的な自爆マニフェストに非ず、一旦やると言った以上必ずやる。そういうコトです。(『なかったコトに! 』ダイエットサプリメント 99粒

音楽理論も勉強します(楽譜すら読めませんが)。いや、初見の楽譜でサクサク弾けるくらいにはなります(指板のどこを押さえると何の音階が出るか考えたこともないのですが)。それと併せて、弾き語りも必須だと考えます(家で歌っていたら家族から「大きな声で独り言を言うな」と言われましたが)。やると言ったらやるのです。ジャズギターを。

一年後には、おそらくのような素晴らしい楽曲が出来上がっているハズです。



いかがですか。このギブソンL-5・ウェス・モンゴメリー・モデルの音!
こんなゴージャスな音をですね。出せるようになりたいもんですよ。

芳醇にして繊細、快活にして重厚。“名手”リー・リトナーさんの、モンゴメリー氏への慕情が美しく放射されていますよね。
いや、それもそのハズですよ。この動画で演奏されている楽曲"A Little Bumpin'"は、リーさんがモンゴメリー氏へのトリビュート作品として制作したアルバム、"wes bound"に収められている楽曲なのですから。使用するギターはもとより、その奏法、紡ぎ出されるトーン、イントネーションの端々に至るまで、リーさんからモンゴメリー氏への“回答”となるパフォーマンスなのですから。それは美しくて当然ですよね。

上に挙げたA Little Bumpin'以外にも、それと軌を一にするコンセプトを持つオリジナル・ナンバーWes BoundOcean Ave.、サドウスキーのエレガットがスウィート&スムースな響きを耳に伝えるA New Day、モンゴメリー氏のペンによる楽曲を部分復古+モダナイズした4 On 6Goin' On To Detroitなどが私・ヤセの猛プッシュです。

wb01.jpg

さて、その2012年も残り一日。2013年になれば日本は変わるでしょう。
奇しくもリーさんのこの作品がリリースされた20年前は、自民党が結党以来初となる野党への転落を経験し、やはり『日本が変わった』年でした。来年はゼヒとも“良い方”に変わってほしいものです。・・・つーワケで衆院選の時のマニフェスト忘れないでね。自民党さん。

・・・はい?・・・ワタシのマニフェスト・・・?

なんだったかな・・・。

★★★★★★★★★★★★★★★

LEE RITENOUR
/ wes bound(1993)


01.Wes Bound
02.Boss City
03.4 On 6
04.A Little Bumpin'
05.Waiting In Vain
06.Goin' On To Detroit
07.A New Day
08.Ocean Ave.
09.Road Song
10.West Coast Blues




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
今年も一年ありがとうございました!
「来年も付き合ってやるか」という奇特な皆さま、
今年最後の応援クリックよろしくプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン 

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / FESTIVAL♪

fstvl00.jpg

【エキゾチックなアコギの名作!】

2012年も残り一か月あまり。寒さも厳しくなってまいりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。『朝起きた時に寒くないように』と、エアコンのおはようタイマーをセットして寝たはずが、間違って“冷房”で設定したために極寒の朝を迎えたヤセですご機嫌よう。
酒屋うっかり八兵衛

いや、ホント、もう冬が始まりますね。
街中には冴え冴えとしたイルミネーションやツリーが飾られ、ショッピングモールではクリスマスソングがエンドレスで流される時季です。キラキラです。そして冷え冷えです。
そんなワケで本日は、この時期にピッタリのキラキラ冷え冷えのアルバム・・・・ではなく、あえて真逆の、ホットでエキゾチックな作品をご紹介(だってさー、寒いの苦手っすから)。
ギターリスト、LEE RITENOUR(リー・リトナー)さんが、N.Y.とL.A.、さらにブラジルのミュージッシャンを招集して創り上げたアコースティックギターの名作、"Festival"です。



いかがですか?このカロリー豊富なサウンド!熱くなるでしょう?

お聴きいただいているのは、トラック②の"Latin Lovers"。ブラジルのシンガー、ジョアン・ボスコの情熱的なヴォーカルと、リーさんのガットギターが紡ぎ出す端正なトーンが交錯する佳曲です。男と男の激しくも熱いテクニックの応酬です。それは美しい絡み合いです。(バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)

お気づきの方はお気づきだとは思いますが、この曲、無駄な部分が何一つありません。
楽器の構成、フレーズ、アレンジ、エフェクトも含めた全てのファクターをストイックなまでに単純化し、ジョアンさんのヴォーカルとリーさんのギターへ集約させています。必要なものを全て揃え、無駄なものを全て削ぎ落とした見事な楽曲です。『洗練されたサウンド』とは、まさにこのようなサウンドを指すのではないでしょうか。

また、この『洗練されたサウンド』は、上の楽曲に限らずアルバム全ての楽曲に共通しており、リーさんのサウンドプロデュース能力の非凡さを物語ると共に、同氏がアルバム"RIO"以来追求してきたJAZZとLATINの親和的融合を達成した完成形を示したと言えるでしょう。

fstvl01.jpg 

マーカス・ミラーの筋肉質なスラップ・ベースがメロディ・パートの美しさを強調するNight Rhythms、イヴァン・リンスのペンによるHumana、ヤマハのガットギターとタカミネのアコギ・シンセサイザーを駆使して語られるWaiting For You、ジョアンと同じブラジルのスターであるカエターノ・ヴェローソが奇跡の美声でリスナーを魅了するLindaなどが、私・ヤセのレコメンド・トラックです。

時は今、冬の入口・・・ではありますが、「すでにクリスマスソングは聞き飽きた」という方は、一気に季節を反転できる極上のエキゾチック・アルバム、"Festival"をゼヒどうぞ。

★★★★★★★★★★★★★★★

LEE RITENOUR
/ FESTIVAL(1988)

01.NIGHT RHYTHMS
02.LATIN LOVERS
03.HUMANA
04.RIO SOL
05.WAITING FOR YOU
06.ODILE, ODILA
07.LINDA
08.NEW YORK / BRAZIL
09.THE INNER LOOK




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「ナゼに今ラテン??」とか言わないで訊かないで。
最後にクリックしてくれるとブログ主が一方的にウレシイです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪スムースジャズの今後の新作はもう来年に延期してほしい件♪

lee-big-smile.jpg

「新作が多すぎて購入しきれません!」って何度も悲鳴を上げているのに、この御方までもが新作を用意しているコトが判明いたしました。

先のエントリーでもご紹介したトップ・ギターリストのリー・リトナーさん。
前作"6 String Theory" のリリースから約2年を経て、来る2012年9月25日、新作"Rhythm Sessions" をリリースするとのことです!

いや、もォ、今作はですね。期待大でございますよ。
なんと言ってもジャケの中央を飾るギターが、リーさんの最強ウェポンたるギブソン L-5 ウェス・モンゴメリー・モデル(画像のギターがソレです)。リーさんの“美味しいトコロ”を120%引き出してくれるこのL-5が主役だと判ったからには、これはスルーするワケにはまいりません。期待大です。

それにしても本年、2012年のスムースジャズ、コンテンポラリージャズの新作フィーバーぶりはなんぞ。アーティストの皆さんが揃いも揃ってマヤの予言とか信じてらっしゃるワケでもないのでしょうが、「ココを先途!」とばかりに今年に新作を突っ込んできてます。そんなにお金無いんだけど…無いんだけど・・・・・・・・・買っちゃうんだろ~なァ…。

★★★
★★★★★★★★★★★★ 

ご来訪ありがとうございました!
そういうワケですので、アーティストの皆様、
9月以降の新作は、今の世界が崩壊した来年で。
読者の皆様はいつもの応援クリックぷり~ず。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 06 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。