■BoneyFrog Blog■

 

 

♪PAUL JACKSON Jr. / Lay It Back♪

lay it back 00

【名脇役の底力!】

ジャズ、フュージョン、ロックにポップス。さらに、ソウル、R&B にヒップホップ。懐かしいところでは、日本のニューミュージックに歌謡曲。
…は?…いえいえ、音楽ジャンルの講釈ではありません。

マイケル・ジャクソンの"Thriller"、ジョージ・ベンソンの"20/20"、マドンナの"True Blue"、さらに、鈴木雅之の"Martini Duet"
はいはい、これまた私のフェイバリット作品の羅列ではございません。

ハイ、上記のキーワードは、本日ピックアップしたセッション・ギタリスト、PAUL JACKSON Jr.(ポール・ジャクソン・ジュニア)の参加した音楽ジャンルおよびアルバム作品の中のほんの一部。全米ヒットチャート・ランキングTOP100アルバムの作品群から、ポールの関わった作品を取り除くと、“TOP100” が“TOP40” に縮小してしまうとまで言われた、当代最強のセッション・ギタリストが残した、足跡のほんの一部です。



2008年にドロップされたポールさんの作品、"Lay It Back"は、彼の残した膨大な足跡を自ら俯瞰したような、ハイブリッドで自由な発想を散りばめた魅力的なアルバムとなっており、また、普段の脇役プレイとは大きく趣の異なる、個性派ソロイストとしての一面を表出させた作品。身体とギターがパーフェクトに同期したマジカルなカッティング・ギターと、メロディの立ったリズミカルなリードギターを同時に堪能できる快作です。

lay it back 01


このアルバムの意義深い部分は、ポールさんのギタリストとしての実力を示したという部分だけに止まりません。すなわち、現在形成されている主要なジャンル形態において、ギターという楽器が『どれだけ主役としての役割を果たせるのか』という可能性を、一枚のアルバム作品で見事に表現・披歴してみせたという部分にも着目すべきですね。

試聴ファイル中の、ファンク系インストゥルメンタル"The Workout"、往年のフュージョン色を纏うスムーストラック"2 for 10,000"、スティービー・ワンダーのカバー曲"Don't You Worry Bout A Thing"、ネオ・ソウルのジャムなビートが熱い"Swing It"、ハウス系の打ち込みサウンドがCool な"Hit It"など、それぞれ全くカラーの異なる楽曲を、ほとんど音色を変えないまま、何の違和感も無く歌わせるポールさんのギターワークは圧巻。「ギターがあれば何でも出来る!!」という事実を、衝撃と共に知らされた心地がします。(アントニオ猪木特製カレー

lay it back 02

ジャケ写真は思いッきり(また)サマ~なカンジではございますが、オールシーズン対応の極上スムース作品ですので、これから帰省される方は、移動・渋滞(渋滞かよ)のお供にご用意してみてはいかがでしょうか。

あ。ちなみにポールさん、明日30日で還暦を迎えます。おめでとう~!405これからも、超かっちょええギターをいっぱい聴かせてくださいね。250


★★
★★ 収録曲はコラ ↓ ★★★★


01.The Workout
02.Lay It Back
03.Don't You Worry Bout A Thing
04.To Be Like Him
05.2 For 10,000(Featuring Bobby Lyle)
0
6.Ballad for Uncle Ronnie
07.Can This Be Real(Featuring James Reese)
08.Lucy The Cat

09.Bay Shore Drive
10.Hind's Feet
11.Easy Like Sunday Morning
12.Swing It
13.Hit It
14.Fourteen 'Till



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
いよいよ2009年も終わりですね。
年越しの準備が済んだ方から

下のリンクをポチポチしていってつかあさい。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAUL JACKSON JR. / Never Alone-Duets♪


    1207454325.jpg 

         【完全無欠の“セッション”アルバム】

          本日のおすすめアルバムは、世界で最も多忙なセッション・ギ
          タリスト、ポール・ジャクソン・ジュニアが ’95年にリリースした
          リーダー作、Never Alone-Duets です。

          このアルバムは、タイトルにもある通り“Duets”がコンセプト。
          収録された10曲全てにおいて、ポールと誰かがデュエットする
          という形式で製作されています。

          …で、“誰か”ってダレ?

          ハイハイ、よくぞ訊いてくださいました。
          もうスゴイですよ。超一流の方々でございますよ。

           ・ハーヴィ・メイソン(現フォープレイ。DsではなくVibeで参加)
           ・アール・クルー(Acoustic Guitar)
           ・ジェラルド・アルブライト(Tenor Sax)
           ・ナジー(Soprano Sax)
           ・トム・スコット(Alto Sax)
           ・レイ・パーカー・ジュニア(Guitar)
           ・カーク・ウェイラム(Tenor Sax)
           ・ウィルトン・フェルダー(元クルセイダーズ。Tenor Sax)
           ・ジョー・サンプル(Piano)
           ・ジョージ・デューク(Clavinet)
           ・ジェフ・ローバー(Mini Moog)

          …って書き連ねていっても、これで全部というワケじゃありませ
          ん。さながら“スムースジャズ祭り”の様相ですネ。
          しかもコンセプトは“デュエット”ですから、彼らはいわゆるバッ
          ク・ミュージッシャンとしてではなく、一人一人が主役としてこの
          アルバムに参加しています。並みのプレイヤーだったら、彼ら
          に埋もれてしまって、個人のリーダー・アルバムとして成立させ
          ることなど不可能でしょう。

          しかしそれを可能にしてしまうところがポール・ジャクソンJr.。
          共演者を際立たせる絶妙なバッキングと、さり気なくパーソナリ
          ティを主張する独特のサウンドを駆使しながら、紛れもなくポー
          ルの仕事だと思わせる、完璧なハーモナイズを体現させたの
          が、本作Never Alone-Duetsなのです。

    1207454419.jpg 

              ★★★★ おすすめトラックと試聴はコチラ↓  ★★★★

          ① Da Boardwalk
          ポールの、ハリとコシとツヤのある独特のギター、そしてデュエ
          ットのお相手・ハーヴィ・メイソンのヴァイブが主役のオープニン
          グ・トラックです。打ち込み主体のリズムの上で、二人の有機的
          なソロ・ワークが冴え渡る佳作。ミキシングの音の振り方も◎!

          ② Reunited
          ピーシズ・アンド・ハーブが ’79年にヒットさせた同名ナンバー
          をカヴァーしています。デュエットのパートナーは、アコースティ
          ック・ギターの名手、アール・クルー。あのですネ。もうピッタシで
          ござんすヨ。二人のギターが語り合ってます。愛を。(おいおい)

   

          ⑦ Where is The Love
          軽快なテンポでスムージィに展開するこのトラックでは、ハワー
          ド・ヒューイットとジャスミンのヴォーカルがフィーチュアリングさ
          れています。バックでムードを盛り上げる陰の主役は、キーボ
          ーディストのグレッグ・フィリンゲインズ。あれ?ポールどこ??

          ⑨ End to a Perfect Day
          ズバリ!似合うシチュエーションは海沿いのカフェ。午後3時。
          気の置けない仲間と過ごすひとときに。ちなみにデュエットの
          お相手はナジー。得意のフルートを披露していますネ。要所を
          締めるのはローバーさんの鍵盤です。ポール、ソロ弾きまくり!

   

                        ★★★★★★★★★★★★

          上に挙げた以外では、なんかも捨て難いですネ。という
          か、捨て曲ナシ。全曲素晴らしいです。
          全体的に爽快感重視(?)のスムースなトラックが多いので、夏
          の終わりのリゾートでもフィットしますよ!

          晩夏のひととき、リラックス・タイムを過ごすなら、ポールのデュ
          エット・アルバムNever Alone-Duets をお手元にどうぞ!

                     ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                     ① Da Boardwalk
                                        ② Reunited
                         ③ Wind Beneath My Strings
                                     ④ Soulful Strut
                                ⑤ People Get Ready
                                      ⑥ Knighttime
                               ⑦ Where is The Love
                                 ⑧ Let's Start Again
                              ⑨ End to a Perfect Day
                                   ⑩ Short And Suite

                                   


                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

私もこのアルバム好きですね~。
デビュー・アルバムからずっと追いかけています。
デビュー作はきっと廃盤なんでしょうけど、これは色んなところでちょくちょく見かけますね。
当時はまだ“Smooth Jazz”じゃなくて“ブラコン・フュージョン”なんて呼ばれてましたっけ。
イマこの面子を集めると・・・そうとうお金がかかりそうですね(笑)。

投稿 Musicman | 2007.08.22 21:51


To Musicmanさん
こんばんは★(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます♪

ポールのデビュー・アルバムは’88年発表の
“I Came to Play”でしたね。今となっては激レア
級の作品。私はカセットの音源があるのみです。
(カセット…ってどうなんでしょ~)

このアルバム、Musicmanさんが言及されている
ように、とってもお金のかかる(ハズの)メンバー
が揃ってますよね。当時のコンテンポラリー・ジャズ
界の“We are The World”みたいな風情で。

ちなみに私の周りでは、この頃のスムースジャズは
“黒フュージョン”とよばれていました。(神奈川県の
非常に狭い地域限定!)(´・ω・`)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.22 23:11


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAUL JACKSON Jr. / The Power of The String♪


    the power of the string 00

          ミスター・カッティングギターの異名を持つ、偉大なバック・ギタ
          リスト、PAUL JACKSON Jr.(ポール・ジャクソンJr.)
          クインシー・ジョーンズを始め、マイケル・ジャクソン、リー・リト
          ナー、アル・ジャロウ、マドンナ、ホイットニー・ヒューストンらの
          アルバムやツアーに参加し、さらに松任谷由美、杏里、神保彰
          (カシオペア)のレコーディングに参加するなど、日本でも馴染
          み深いギタリストです。

          全米TOP100の楽曲の内、彼以外のバック・ギターを探す方
          が難しいとまで言われている売れっ子。そのプレイは正確無比
          なカッティングと、主役の良さを決して打ち消さない、抑制の効
          いたイブシ銀の渋さが持ち味です。

          そんな超多忙な彼が、’01年にブルーノート・レーベルからリリ
          ースしたのが、このThe Power of The String
          数々のグレイト・ミュージッシャンと化学反応を繰り返してきた、
          ポールのファンキーなギターを思う存分楽しめます。

    the power of the string 01

                           おすすめナンバーレビューはコチラ

          ① On Eagle's Wings
          オクターブ奏法の嵐!これだけ早く、美しく、正確にピッキング
          出来るのは、おそらくポールだけでしょう。さすがは「ミスター・
          カッティング」!特注のレスポール(ギター)が奏でる音色は、
          骨太かつマイルド。ギターソロはメロディアスでホレボレ。

           

          ④ Rock Steady

          BABYFACE によるTHE WHISPERS のヒット・ナンバーを、
          さらにモダナイズしたカバー曲。言っちゃうと・・このポール版
          の方が原曲を上回ってますね。原曲の持っていたチョイ野暮
          な雰囲気は、ポールの手によって洗練されてスマートに変身。

           

          ⑤ You Always Satisfy

          デニス・ウィリアムスのハスキーなヴォーカルがフィーチャー
          された、バラードの佳作。アコースティック色を前面に出した 
          アレンジは、R&Bベースのアルバムの中にあって、月明か
          りに照らされるさざ波のように流麗で多弁。聴かせます。

           

    the power of the string 02

          というワケで、今回のレビューはいかがでしたか?
          普段はバッキングに徹しているポールも、リーダー作では、
          持ち前のカッティングだけではなく、ジョージ・ベンソン顔負け
          の艶っぽいソロを惜しみなく聴かせてくれます。
          Amazonにリンクを貼っておきましたので、彼の引き出しの多さ
          を実感するこの秀作を、ゼヒ試聴してみてください!

                                  

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方は、
                         1クリックにご協力ください!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 04 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.