■BoneyFrog Blog■

 

 

DAVID BENOIT & RUSS FREEMAN / THE Benoit/Freeman PROJECT

tbfp00.jpg

【20年後の音楽ファンへ】

・2月  リレハンメル五輪開催
・5月  ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ大統領に就任
・6月  松本サリン事件発生
・7月  シューメーカー・レヴィ彗星が木星へ衝突
・11月 ナリタブライアンが日本競馬史上5頭目の三冠馬に

日本のサッカーファンの誰もが、「初出場!!と思ったのに…」という気持ちで観戦したFIFAワールドカップ・アメリカ大会。アイルトン・セナがサンマリノGPで天に召され、わずか一年の間に細川・羽田・村山と三つの内閣が登場したかと思えば、『お立ち台』で一世を風靡したジュリアナ東京が閉店。日本中がバブルの終焉を認識させられたこの年、すなわち1994年。
はい、古いハナシですよ、すべては。20年前に起きた出来事ですから。

ワイドテレビ、初代プレステ、携帯用MDプレーヤー、高機能スーツ(男子大歓迎)、透けない白い水着(男子猛反発)。そんな、時の流れと共に輝きを失ってしまったモノたちの中にあって、この年に発表された一枚のアルバム作品は、20年前と同じ美しさでキラキラと輝きを放ちながら、多くのリスナーを魅了し続けています。
デヴィッド・ベノワとラス・フリーマンの共作、"The Benoit/Freeman Project"



どーですか。美しいでしょう?キラキラでございましょう?

お聴きいただいているのは、ケニー・ロギンスのシルキーなヴォーカルをフィーチュアしたナンバー、"When She Believed in Me"。エレガントなベノワさんのピアノと、リリカルなラスさんのナイロンギターが紡ぐ夢の音空間!ハートをグワッ!と掴まれるでしょう?

思うに、このグワッ!と来る要因。これはやはり、演奏者の生身のリアリティと申しましょうか、歌、ピアノ、ギターが相互作用しながら生きたメロディーを創造する際に発する高まりの伝播ですね。打ち込みでは得られないヴィヴィッドな波動が伝わって来るのです。

いや、それもそのハズ。ベノワさん、ラスさんのW主演を支えるのは、世界一のスタジオ録音歴を誇るドラマー、ジョン・ロビンソン(マイケル・ジャクソンやリチ男さん、ベンソン氏、クラプトン氏らを支えたドラマー)、同じく世界のファーストコール・ベーシスト、ネイザン・イースト兄貴。さらに、ラスさんが主催するリッピントンズ・ファミリーのスティーヴ・ライド、マイク・ベアードら。ホーン・セクションにはジェリー・ヘイがリーダーシップを執っているかと思えば、孤児院から歌一本で世界を制したフィル・ペリーが参加するという、まさしく超強力布陣。尋常でない波動が伝わってくるのも頷けるでしょう。

tbfp01.jpg

おすすめナンバーは「全曲です!」と言いたいところですが、あえてピックアップするなら、ラスさんのオーバードライブ・ギターがドラマティックなReunion、上の動画で挙げたWhen She Believed in Me、フィル・ペリーとヴェスタのデュエットがロマンティックなAfter The Love Has Gone、ベノワさんのジャジーでスウィンギーなピアノが楽しめるSmartypants、ラスさんとベノワさんのメロディメーカーとしての相性の良さがハッキリと証明されたIt's The Thought That Counts、リッピントンズのファースト・アルバムからの同名カヴァー曲Mirageなどがオススメです。

ココでハッキリ念押ししましょうかね。

この作品がドロップされてから20年。時は流れても、この作品の発する輝きはそのままです。おそらく20年後も変わらないと断言できます。
20年後のワタクシは完全なじーちゃんになっているか、ヘタをすると自分の名前も判らなくなっていたり、アッチ側の世界で釜茹でになっている可能性も排除できませんが、生きておればこの作品を楽しんでいることでしょう。

ハイ、そんなワケで未聴の皆さん!まだ間に合います!お聴きあれ。
永遠の輝きは下のamazonのリンクから!(宣伝か)


 収録曲コチラ↓ 


DAVID BENOIT & RUSS FREEMAN
/ THE Benoit/Freeman PROJECT(1994)


01.Reunion
02.When She Believed in Me
03.Mediterranean Nights
04.Swept Away
05.The End of Our Season
06.After the Love Has Gone
07.Smartypants
08.It's the Thought That Counts
09.Mirage
10.That's All I Could Say




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
20年前より輝いているのは頭部だけ!
そんなミラージュなワタクシに、
叱咤激励のクリックおながいします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~4月こと座流星群・2013~★

lyra600.jpg

【星降る夜に春の風。4月こと座流星群!】

星空を愛する皆々様、ごきげんいかがお過ごしでしょうか。呼ばれなくてもやって来る、押し掛け星空ナビゲータ~のヤセガエルでございます。

桜の後の新緑も眩しい春。その春の流星群の一番手は4月こと座流星群です。
本日は、スムースジャズの重鎮・THE RIPPINGTONSのナンバーの乗せて、その4月こと座流星群のウォッチングガイドをお送りします。(の再生ボタンをクリックしてね!)



さて、その4月こと座流星群。今年・2013年の極大予想は4月22日の午後9時頃となっており、条件が整えば1時間当たり数個~10個程度の流星が見られそうとのことです。

冒頭の画像は、4月23日午前0時の横浜の夜空(シミュレーション画像。クリックすると拡大します)。画像のヴェガの近くの黄色い光点が流星の放射点です。
この日ポイントとなりそうなのは、明け方まで沈まない大きな月と、そしてお天気ですかね。月は夜空を明るくしてしまいますし、4月の後半はお天気が不安定ですから。極大は午後9時頃ですが、未明から朝方にかけて狙いを定めて、パンスターズ彗星とセットで観測してみても良いかもしれません。突発出現にも期待したいですね。

ちなみにこの後、26日の部分月食(西日本)、5月6日のみずがめ座η流星群と天文イベントが続きます。気温も上がってきますから、ウキウキしながら観測ができるかも!?願い事も用意しておきましょう!!(私はいつものアレです。宝クジ1等当選!)

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「で、当たった?」なんて訊かないでくださいってば。
当たってたら願掛けとかしませんから!
そんなクジ運レスな管理人へ
叱咤激励のクリックをお願いプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

★星空でいこう♪~オリオン座流星群・2012~★

orion 2012 360 

【条件良好!オリオン座流星群】
  

ハイ、早速の結論。今年の観測条件は良好ですよ! 

近年活発な活動を見せていたオリオン座流星群。ピークは過ぎたものの、比較的活動の期間が長く、速く明るい印象的な流星を見せてくれる流星群ですから、やはり毎年チェックしたくなりますよね。

今回は、スムースジャズの重鎮、デヴィッド・ベノワさんとラス・フリーマンさんのコラボレーション作品からBGMをチョイス。ヴォーカルに『天使の声を持つ男』ケニー・ロギンス氏をフィーチュアした ナンバーでお楽しみ下さい。



さて、そのオリオン座流星群。2012年の極大は10月21日13時頃です。トップの画像は、同日午前1時の横浜の夜空(シミュレーション画像。クリックで拡大します)。画像上部の黄色い点が流星の放射点です。

今年、2012年は、夜半過ぎに月が沈むため観測条件は良好。明かりの少ない場所であれば、(一晩で数個程度になりそうですが)オリオン座群の特徴である速さと明るさが印象的な流星を観ることができそうです。

あとは・・・・・そう、お天気ですよね。
昨年の当地・神奈川、秋・冬の流星群は雨と曇りででしたからねぇ…。 今年はてるてる君のサイズを倍にしようかな。
      

★★★
★★★★★★★★★★★★ 

ご来訪ありがとうございました!
朝・晩はめっきり涼しくなりましたね。
防寒にはステテコ・ハラマキがオススメです。
「同感だ!」という皆様は下記ボタンをクリックぷり~ず。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪THE RIPPINGTONS featuring RUSS FREEMAN / KILIMANJARO♪

klmnjr00.jpg 

【美メロ爆発!80s RIPPS!】 

今回のレビューは『奥歯に物が挟まったような』・・・がキーワードです。

いえいえ、このアルバムについてだけを言うのならば、声を大にしてハッキリ言えます。「美メロ爆発!迷わず聴いてね!」。サブタイトルにある通り。拙ブログにご来訪される方へ自信を持って推薦いたします。

じゃァ、『奥歯に物が挟まってる』って、何じゃい??というコトですよね。
・・・ハイ・・・つまり・・・その・・・アレです。・・・・・もごもごもご。

一応ですね、拙ブログには筆者なりのポリシーがあるワケです。すなわち、『称賛はしますが批判はしません』。 ワタクシは音楽家でも専門家でもないですから、常に一般人のファン目線で文章を書くべきだと。 自分が大好きな作品は取り上げるけど、そうでない作品はスルーしていこうと。

・・・しかしですね。中にはスルーするにはあまりにツライ作品があったりして悩んだりすることもあるワケです。それが大好きなアーティストだったり、期待値の高い新作であれば余計に。ポリシーなどかなぐり捨ててブッ叩いてしまおうかと思うこともありますから。

まァ、グダグダと書きましたが、今回も一歩手前で踏みとどまります。
でも・・・・・察してください。行間も読んでください。RIPPSファンの皆様。 
"KILIMANJARO" は素晴らしい作品です。あっちではなく、こっちを取り上げた背景も察してくだちい。・・・と、いうワケでを再生プリ~ズ。(画質変更ボタンを押して360p以上を選ぶと音質がUPします)



お聴きいただいてますか?いかがですか??
懐かしいでしょう。美しいでしょう。ドラマティックでしょう?

正確無比・変幻自在のラスさんのギター。
歌心と情感豊かなコーズさんのサキソフォン。
メロディックでテクニカルなジミー・ジョンソンのベース。
パワフルでドライヴ感が迸るヴィニー・カリウタのドラムス。
要所要所で強力なアクセントを添えるトニー・モラレスのシンバル。
随所で様々なグルーヴを形成するスティーヴ・ライドのパーカッション。 

静と動。計算された構成美。人と人とが織りなす緻密なアンサンブル。起承転結の中に隠された劇的なクライマックス。イントロからアウトロへ一気に疾走するスリル感と美メロの爆発!これこそがラスさんの音!!これこそが唯一無二のRIPPSサウンドではないでしょうか。
・・・もごもごもご。

メランコリックなガットギターが聴きモノのNothern Lights、 ブランドン・フィールズのアルトサックスが“語りかける”Katrina's Song、スティーヴ・ライドのジャングルサウンドが面目躍如Kilimanjaro、『ギター・マイスター』としてのラスさんのプレイが、最高に贅沢な時間を運んできてくれるラスト・トラックOceansong 。ビバ!80s RIPPS!! 

やはりですね。総括してみると『マンパワー』ですね。RIPPSは。
ラスさんの天才的なクリエイティビティーに、バンド・メンバー(ゲスト含む)の個の才能が加わって相乗的に昇華するマンパワーです。この頃のRIPPSは、そのマンパワーが力強く美しく発揮されていて、魂を揺さぶられる思いがしますね。
・・・もごもごもご。

次の作品は1年後か、もうちょっと先でしょうか。私は期待して待ちますよ。だって・・・ラスさんとRIPPSを愛してますから!(そこはキッパリ言う!)

klmnjr01.jpg 


★★★★★★★★★★★★★★★


THE RIPPINGTONS 
featuring RUSS FREEMAN
 
/ KILIMANJARO(1988) 

01.MOROCCO
02.NORTHERN LIGHTS 
03.DREAM OF THE SIRENS
04.KATRINA'S DANCE 
05.KILIMANJARO 
06.BACKSTABBERS 
07.LOVE NOTES 
08.LOS  CABOS 
09.OCEANSONG
  



★★★
★★★★★★★★★★★★ 

ご来訪ありがとうございました!
次作はなるべく早くリリースしてね!
今後のRIPPSに大きく期待される方は、
最後にクリックぷり~ず。
↓↓↓↓↓↓↓
                
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ RUSS FREEMAN & THE RIPPINGTONS / Brave New World♪

bnw00.jpg

【歌モノRIPPSいかがでしょう】


気の早い台風が日本列島を縦断している本日、皆様いかがお過ごしでしょうか?押し掛け音楽ブロガ~のヤセガエルでございます。

8月28日に、新作"Built To Last"の発売を控えたリッピントンズ。「待ちきれない!!!」なファンの方々もおそらく多いことでしょう。かく言う私も、前作"CÔTE D'AZUR"発売から1年半、毎夏のドライブ必須アイテムとなるRIPPSの新作を、「今か今か」と待ち望んでいたワケで、リリース日が28日なら、「夏のドライブ用じゃなくて秋のドライブ用にしようかな??」とか、「RIPPSならインスト嫌いのツレもOKかな??」とか、「てか、いつになったらスムースジャズの良さを理解してくれるのかな?」などと、想像と希望の翼を広げていたら外は風速15mの台風です。(『恋愛台風 (エタニティブックス・赤)』:十和田眞著

・・・何のハナシだったんだべか。

そうそう、『歌モノRIPPS』のハナシですよ。
とりあえず下のYouTubeの動画からリスニングしてください。私が何を語りたいかご理解いただけるかと思いますので。



いかがですか?この洒脱でエモーショナルなサウンド。素敵でしょう?

歌声を聴いて「アッー!」と思ったアナタは、フュージョンもしくはR&B系アーティストに一家言お持ちの方でしょう。すなわち、リード・ヴォーカルの一方はフィル・ペリー、もう一方はウィスパーズのスコット兄弟。そして原曲はアイズレー・ブラザース。そこに天才ラスさんのサウンドクリエイトが加わったのだから、洒脱でエモーショナルになるのは必然ですね。

…ハイ、で、何が言いたいのかというと、ワタクシ、周りを見渡して思うに、「スムースジャズは歌が無いから」という理由で敬遠している方のなんと多いことか。 歌詞が無いぶんハートに響きにくいという側面は確かにあるんだけれども、それだけの理由でシャットアウトしてしまうのは、あまりにもったいナイと思うのです。歌詞を持たないリード楽器だって、こんなに「歌うんだ」ということを理解してもらうために、『歌モノのスムースジャズ』から入門していただこうと。こんなんいかが?とご提案をしたいのです。

ちなみに私のインストへの入門は、歌ものフュージョンの金字塔であるリー・リトナーさんの"RIT"。そういう入り方も“アリ”ということですので、今年こそイイ加減スムースジャズ入門してくだちいマイ・ディア~。 『リラックマスタンプ TSP-011 おねがいします』

bnw01.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★


RUSS FREEMAN & THE RIPPINGTONS 
/ Brave New World (1996)
 

01.Brave New World 
02.Urban Wanderer 
03.Key to the Forbidden City 
04.Hideaway 
05.Caravan of Love 
06.Faith 
07.First Time I Saw Her 
08.Cicada  
09.While My Guitar Gently Weeps 
10.Ain't No Stoppin' Us Now 
11.Virtual Reality




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「新作ゼッタイ買うぞ!」な方、
ついでにオイラの応援クリックもよろしうに。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 04 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.