■BoneyFrog Blog■

 

 

♪THE SAX PACK / Power Of 3♪

po300.jpg

【パーティー継続中♪】

引き続き開催中でした!世界一スムースなサックス・パーティー♪

昨年の10月、拙ブログの記事における、『2009年の2ndアルバムで終了?そんなぁ…』という悲観的な声を受け取ってくれたかどうかは別として、今年、2015年の4月、ついに待望の3rdアルバム"Power Of 3"がドロップされました!『パーティー継続中♪』というコトで。

はい、ナニはともあれ、シャナキーの公式PVを観て、聴いてくだされ。世界で最もスムースなサクソフォニスト3人衆の、キープ・コンセプトな快演が楽しめます。



ドーデスカ。この、「日本ノ皆サンノ、GWノ、タメニ、用意シマシター」的なパーティー・チューン。ロマンティックなキム兄ィ(アルト)、テクニカルなカシワさん(テナー)、歌心が止まらないコールさん(テナー)。6年経っても変わらないスムースさ。3人で仲良くハンドクラップしちゃったりして(皆OVER40)楽しいんだからあ♪(幸せなら手をたたこう

本アルバムも1st、2nd同様、王道のスムースジャズを爽やかに突き進む好作。“第4のサックスマン”デヴィッド・マン氏も引き続き手腕も発揮し、3人の緊急時の代役としてステージを任された、“躍るサックスマン”マーカス・アンダーソンもフィーチュアリングされ、そのパーティにファンキーな存在感を誇示しています。

po301.jpg

でピックアップした以外にも、往年のダンスフロアを想起させるDisco Here、ジェリー・ジョンソンのリズムギターがグルーヴをリードするShine On、カシワさん大活躍のLike Old Times、超絶ファンキーなアルバムタイトル・チューンのPower Of 3、3人+マーカス・アンダーソンのヒートアップしたソロ合戦が聴きモノのWhat's The Time、「逆リックロールかw」と思っていたらホントにリック・アストリーのカヴァーだったNever Gonna Give You Up等々、捨て曲ナシの充実したアルバムとなっています。

急げば間に合う(?)ゴールデンウィークのBGMにもゼヒ。


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


THE SAX PACK
/ Power Of 3(2015)


01.Sooner Or Later
02.Back In Style
03.Disco Here
04.Shine On
05.Like Old Times
06.In To You
07.Power Of 3
08.When Morning Comes
09.What's The Time?
10.Never Gonna Give You Up




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
リックも好きだ!(いっぱい釣られた)管理人へ
アナタの清き1クリックをプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪決して数えてはならない…♪

mi13.jpg

そう、その投資額を数えちゃならんのです。我々アマチュアプレイヤーは。
経済的には一文の得にもなってないワケですから。

楽器道という終わりなき道へ迷い込んでしまって早や幾年、大掃除をしてみたら、押入れの中から出て来るわ出て来るわ、ムダな投資の数々が。「その間違いを記憶から消したい」…けど捨てるのは悔しい(お金払っちゃったから)。そんな愛し………くもなんともない品物の数々を本日は晒し上げ。BGMは春っぽくスティーヴ・コールさんで。再生してスクロールGO♪



----------

mi03.jpg

さて、一発目はコレ。20年以上のブランクを経て、再びエレキベースをいじくりだした頃に購入した、ZOOM社のマルチエフェクター、B1

「コンプにEQ、歪み系やモジュレーション系、おまけにチューナーまで付いてる!スゲェ!」

と喜んで買ったまでは良かったけど、コンプはアタックの調節が効かず、EQは3バンドのみ、歪み・モジュレーション系は良く考えたら使わないし、チューナーの精度はかなり大雑把で「違った…」感全開。押入れ行き第一号になった名機です。当然のことながら、コンプ、EQ、チューナーは全て単体で買い直しです。数えちゃいけない…金額は。

mi06.jpg

本格的にベース弾きを復活させよう!と決意し、その後ロクなリサーチもせずに衝動買いした6弦ベースに使われていた弦、のセット、の残骸。

…そもそも4弦ベースでさえキチンとミュートできないへっぽこな腕前なのに、6弦ベースなど弾きこなせるハズも無く、悪戦苦闘の挙句、購入後わずか半年足らずで、買ったショップに買い取ってもらった、その残骸でございますことよ。

「ええッ!?もう手放すんですか!?全然使ってないじゃないですか!」と言って驚いていた店員さんの、その驚きは買取値に全く反映されず、返って来た金額は購入金額の2割以下。…数えちゃいけない…。

mi09.jpg

4弦のベースに回帰してからの試行錯誤も、押入れの中にありました。

左、ダダリオのニッケル製スーパーライトゲージ。
ややブーミーな当時の愛器のトーンを考慮し、細めの弦を買い求めてはみたものの、どうやら細すぎたらしく1弦が2時間もしないうちに切れるという現象が頻発。3回切った時点で

#(ノ゜皿゜)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵ ドンガラガッシャーン!!

右。ならばいっそ、と、太めで強いギラギラのスティール弦を購入したら、今度は弾いている指が1時間もしないうちに削れ始め、やがては痛みと出血に襲われるハメに。「ベースを弾くのってこんな大変なコトか?」と悩んだ果てに行き着いたのは

mi11.jpg

御大のシグネチャー・モデルの弦。

あ、コレは「買ってよかった」の方ですから。音も弾き心地も、耐久性も◎です。ココに行き着くまでの出費ときたら、それはもォ… …いや、数えはせん!!数えはせんぞー!!エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO ドズル・ザビ

mi07.jpg

ちなみに、その後に手を出した(また出したのか)5弦ベースの替弦はコレです。可もなく不可もない、そしてハズレがそこそこ混ざっているビミョーなブツだったりするので、コレに替わる35インチセット無いスかねぇ…。

mi01_20150214153901535.jpg

あまりに安いと、それがどんなに素晴らしいものであっても、有難味に欠けてかえって重宝されない、の典型。ベリンガー社のベースドライバー、BDI21

…重宝されないどころか、パッケージから出されてさえいない状態です。

数年前に某楽器店で、『ベリンガー感謝祭!サンキュー価格でご提供!』なんつー催しがありまして、そこで値段もそのまんま¥999(サンキュー)で入手した物なのです。つーか、コレ、普段はいくらで売ってるものなんですかね?ホントにお得だったんか??

mi02_201502141540061f2.jpg

ペダルが増えてくると発生してくる電池代の悩み。それを、手持ちのAC電源一個と、電池5個程度の価格のコレ(画像のブツ)があれば、将来ずっと気にしなくて良い…と、店員さんに言われて買ったマルチ電源コードです。




言ったよね。


言ったよね?





「ペダル5個までいけますよ」って。





…とんでもないハナシです。
繋げられるのはせいぜい2個。

5個も繋いだら、アンプから排水パイプの故障したトイレの洗浄音が出ます。全然電力不足。「ぷぎゃー!びろびろ~ぶぶぶ~!」みたいな。(ニューラバーカップ 大(Φ15.4cm)

そして、一度夢見た電池レスの甘い生活は、そのマルチ便器…じゃねえ、マルチ電源コードの何倍もお高いパワーサプライがやって来るまでお預け。…ああ、そうさ。数えはせんさ。

mi10.jpg

平成20年購入のソプラノサックスの保証書、および、そのお手入れキットです。

それまでサックスを吹くコトはおろか触ったことすら無かった私が、3万円という破格の安値と、美人販売員の絶妙なセールストークに後押しされ購入に踏み切ったソプラノサックス。…そうですか。あれから7年近くになるのですか。

うん。吹いてない。

吹いた時間の総計は、7年間で7時間くらいだと思う。

曲はいくつか残した。元データは去年フッ飛んだけど。

…3万円ね…3万円…。(カシオ カラフル電卓 ミニジャストタイプ 10桁  シトラスグリーン

mi00_20150214154227c64.jpg

ある楽曲の、ギターのパートのためだけに購入したVOXのワウペダル、V845

オート・ワウではどーしても出せないニュアンスを、足元で自由にコントロールしようと思い購入…したものの、本来ギター弾きではない(手元すら自由でない)自分が、弾きながら足を自由に操れるハズもなく、アッサリ押入れへと直行した逸品。稼働時間の合計はおよそ70分。耳をすますと、この商品の設計者や制作者の嘆きが聞こえてきます。

mi04.jpg

ギターの弦も、ベースのそれに負けず劣らずやっちまってます。

ブルース、ジャズ、ロックをやらないのにも関わらず、ブルース、ジャズ、ロック用の弦を、ご丁寧に3セットパックで買っちゃってます。

実際にギターへ張ってみたら、コレがキョーレツに太い!硬い!痛い!ビブラートは罰ゲームのごとく、チョーキングに至ってはほとんど拷問です。

「ギター弾くのってそんな大変なコトか?」と悩みました。(【HUGE MAN】ヒュージマン増大ボクサーパンツ

mi12.jpg

最後はコレです。ヤマハのリズムマシン、RX17

20年以上の休止期間に入る直前に購入したブツですね。当時、バンドで作ったオリジナル曲のドラムパターンがそのままメモリーされてましたよ。その一曲でバンドは解散したけどねぇ。それを作るために買ったものだし役には立ったかな。それ以来一度も電源入れてない。

要するに…その一曲分しか使っていない。

…投資額は数えませんから!

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
数えませんから!クリックおながい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE SAX PACK / the pack is back♪

tsp00_20141001204826e01.jpg

【進撃のトリオ・ザ・スムース!】

10月になりました。秋たけなわですね。

柔らかい陽射し。高く青い空。澄み渡った空気。
さァ、梨狩りだ!ぶどう狩りだ!!紅葉狩りへドライブGO!!…という、シチュエーションで猛プッシュしたいのがコレ、THE SAX PACKの2ndアルバム、“The Pack is Back”

キム・ウォーターズ、ジェフ・カシワ、スティーブ・コールという、スムースジャズ・シーンでもとりわけスムースな3人が、タッグを組んで爽やかに攻め込んでくる好作です。

とりあえずコレ聴いてみてみて。



ドーデスカ。この押し売りしないスムースさ。王道でしょう?

ピックアップしたナンバーはオープニングを飾る"Wanna Get Closer"。ロマンティックなキム兄ィ。テクニカルなカシワさん。そして歌心の溢れるコールさん。短い曲中にあっても、三者三様のキャラが際立っていて、相互にスポイルされることなくブレンドされていますね。このあたりのサジ加減はさすがシャナキー・レーベルといったところでしょうか。

アルバム全体の印象としては、1st作品の持っていた“パーティーっぽさ”を若干控えめにして、の楽曲に象徴される“スムースさ”をより重視しているようです。
キム兄ィのロマンティシズムがグルーヴィに展開するCan't Help Myself、3人のソロ回しがエキサイティングなAre You Ready?、センチメンタルなテーマと、萌えなブリッジが交互に展開されてクセになるHere to Stayなどは必聴です。

tsp01_20141001210650b48.jpg

この3人のユニット、1st→2ndと順調にリリースされたからすぐに3rdが来るかと思っていたのに、2009年の本作を最後にその後の集結はナシ。継続してほしいんだけどな~。
ヴィンセント君とか引き込んで、『THE SAX PACK +1』とかドーデスカ?


★★★★収録曲コチラ↓★★★★


THE SAX PACK
/ the pack is back(2009)


01.Wanna Get Closer
02.Can't Help Myself
03.This Time Around
04.Smooth as Silk
05.Are You Ready
06.The Pack is Back
07.All That I Am
08.Here to Stay
09.All at Once
10.Fallin' For You




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
セクスィーなJESSYちゃんでもおK!
同意の方は応援クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪STEVE COLE / stay awhile♪

sa00_20120713204905.jpg

【ジメジメ梅雨空サヨウナラ!】  

「サヨウナラ!!」って言ってんのに3日連チャンのグズグズお天気。
30分かけて必死でフワフワにしたヘアスタイルがわずか7分で崩壊し、その湿度の凄まじさと、1年間使い続けた育毛剤が全く自分に合っていなかったことを思い知ったヤセガエルです。ご機嫌よう。(『うちのお父さん』)  

いや、あきらめませんよ。勝つまでは。育毛には新アイテムを投入するし、清涼剤にはPOPでCOOLなスムースジャズを充填するつもりですから。
そんなワケで本日は、前回および前々回の記事とコンセプトを同じくする『夏対策アルバム』を皆様にご紹介!コレさえあれば、重~くのしかかる空気もサラリと激変!頭上にハゲ…じゃねぇ、ハレ渡る夏の青空を頂いたかのような心地良い気分にさせてくれることでしょう。・・・と、だけでは判断不能ですかね。とりあえずの動画を再生して曲を聴くべし!



ど~ですか。この心地良さ。この清涼感。爽やかでしょう?

お聴きいただいているのは、 本アルバム作品"Stay Awhile"の2曲目に収録されている楽曲"Say It Again"。直訳すると「もう一回言って」ですね。何か嬉しくなっちゃう事を言われたんですかね。曲調からすると。「新しい産毛発見!!」とか言われたんでしょうか。(『若草の萌えるころ』

ご存じの方はご存じでしょう。この作品は正しくコールさんの若草時代に作られた記念すべきデビュー作。プロデュースは同世代のブライアン王子ですからクールで爽やかなハズですね。 
上の曲以外にも、独特の艶っぽさとクールネスが同居する、It's Gonna Be Alright。 近作ではあまり出番が無いソプラノサックスが甘く美しいナンバーStay Awhile。コールさんの表情豊かなアルトサックスと王子のスムースネスに、ポール・ジャクソン・Jr.(G) の神カッティングが彩りを添えるWhen I Think Of You。 「やっぱりボクはテナーさ!」と宣言しているかのような、優しく、懐の深いパフォーマンスが感動的なOur Love などが私・ヤセのオススメです。

最新作はスムースジャズから距離を置いてしまったコールさん。きっとファンのみんなはスムース畑で待ってるぞ。カムバック!コールさん!カムバック!毛根!でもジメジメ梅雨空はサヨウナラッ!!

sa01_20120713205011.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★  


STEVE COLE 
/ stay awhile(1998)
 


01.It's Gonna Be Alright 
02.Say It Again 
03.Stay Awhile 
04.When I Think Of You 
05.Think About It 
06.Interlude 
07.Where The Night Begins 
08.Intimacy 
09.Intro - Our Love 
10.Our Love 
11.Devotion




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
リア●プやめてスカ●プDだ!
それでダメならお医者さん!?
「哀れだ」と思われた方は下記の同情クリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE SAX PACK / THE SAX PACK♪

tsp00.jpg

【THE SAX PACK のお通りだ!】
 

大変な蒸し暑さの中、ようこそご来訪くださいました。呼ばれもしないのにやって来る、押しかけミュージック・サプライヤ~のヤセガエルです。

いや、ホント暑いですよね~。気温は30℃に届こうかという勢いに加え、湿度は80%超え。計算式に従って不快指数を求めると・・・・・・・・・・。
0.81Td(気温)+0.01H(湿度)(0.99Td -14.3)+46.3 という式に、あ~ …29℃の気温を当てはめ~… 80パ~セントの湿度をカッコの中に挿入して…0.81を掛けて、0.01を足す…のではなく?先に湿度の80を掛け…いや、その前に0.99掛ける29℃から?14.3を引いた数値を?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 










(ノ`д´)ノ 彡 ┻┻   暑いッ!

余計にイライラしてまいりましたッ!・・・・・・・というワケで、本日は、その不快指数を一気に下げる爽快サウンドをアナタに。の動画へGO!



あぁ…なんという心地よさ。爽やかな風が吹いてくるようでしょう?

流れているナンバーは、THE SAX PACK(ザ・サックスパック)のデビュー・アルバム"THE SAX PACK" に収録されている"Fallin' For You"。リッピントンズのサクソフォニスト、ジェフ・カシワ、ナヨ系のスウィート・ソプラノが売りのキム・ウォーターズ、春風テナーが鼓膜に爽やかなスティーヴ・コール、三者三様のサクソフォンが一度に楽しめる、贅沢かつ爽快なスムースジャズの佳曲です。

称賛すべきはこのユニットを企画・プロモートしたShanachie(レーベル)ですかね。カシワくんと キム兄ィは 元々シャナキー組(当時)だったから別として、残りの一人に別枠のコールさんが招集されたのは、天の配剤というより企画力の賜物ではないでしょうか。素晴らしい組み合わせです。
POP+SWEET+GENTLE = COMFORTABLE!ってカンジですかね。不快指数の計算式よりもよほどシンプルで解りやすいんではないかと。『パパ教えて 苦手な算数』

に挙げた以外にも、夕暮れ時に大切な人と聴きたいメロウ・チューンAll I Really Want 、暑い夏こそ飲まば飲め飲め!Tequila 、“第4のSaxpacker”デヴィッド・マンのクールでグルーヴィなアレンジが秀逸なA Little Bit Closer もオススメ。ゲスト・ミュージッシャンにクリス・BIG DOG・デイヴィスさんや、ジェフ・ゴラブさんらが名を連ね、さァ!THE SAX PACKのお通りだ!サヨウナラ!梅雨前線!

tsp01.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★
 

THE SAX PACK 
/ THE SAX PACK(2008)

01.Fallin' For You
02.The Sax Pack
03.All Really Want
04.The World Is A Ghetto
05.Tequila
06.You Are My Starship
07.Alittle Bit Closer
08.Maceo
09.Goin' Home




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
そんなコト言われたって、パパも算数は苦手なのさ。
「哀れだ」と思われた方は下記の同情クリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 08 2017 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.