■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in YouTube ~THE DOOBIE BROTHERS~♪

ROCK をこよなく愛する皆様、ご機嫌麗しう。頼まれもしないのにやって来る、押し掛けミュージック・ナビゲータ~のヤセガエルです。

本日のエントリーは、久々の“グレイテスト・アーティスト”シリーズ!!!(そーいうシリーズがあったんですよ。新規の皆様)・・・・・と、いうワケで、私の大好きなアメリカン・ロックの雄、ドゥービー・ブラザースをピック!以前、同じシリーズでマイケル・マクドナルドを取り上げておりますので、今回は敢えて『マイク抜き』のドゥービーズをお送りします。

元動画はcottonbuds2005さん。合計5本!Listen to the music !

★★★★★★★★★★★★★★★

"China Grove"
'73年リリースのアルバム"The Captain and Me" に収められた、傑作ナンバー。イントロのトムのギターが(♪ じゃーじゃん!ちゃかちゃか・じゃーじゃん!ちゃかちゃか♪ )とやれば、そこはもうリアル・アメリカ!!



"Long Train Runnin'"
これも同じく"The Captain and Me" から。疾走感は言わずもがな、アンサンブルやコーラスもグレイトです。トムのシャウトが最高にクール!オイラもシャウトの似合うオヤジになりたいっすわ。(by ただのオヤジ)



"Another Park, Another Sunday"
お次は、4作目の"What Were Once Vices Are Now Habits"から。こういうアコースティックなナンバーをサラリと決める所もドゥービーズのスゴさ。ゲスト参加のマーク・ルッソ(Sax)もイキでやんすよ。



"Takin' It to The Streets"
この曲がこのLive のハイライトでしょうか。'76年発表の同名アルバムから"Takin' It to The Streets" 。ソング・ライティングはマイケル・マクドナルドですが、あの歌はこのバンドがあってこその歌だと思いけり。



"Listen to The Music"
ドゥービーズを“世界のドゥービーズ”に押し上げた、セカンド・アルバム"Toulouse Street" から、ドゥービーズの代名詞とも言えるヒット曲、"Listen to The Music" 。そのものズバリ!彼らの魂を聴けッ!!



★★★★★★★★★★★★★★★


そんなワケで本日のDOOBIES特集、いかがだったでしょうか?

後にAOR史上の巨人となるマイク・マクドナルドが在籍していた頃のドゥービーズも勿論素晴らしいのですが、それ以前の、偉大なアメリカン・ロックバンドであるドゥービーズもまた、唯一無二の魅力を備えています。その魅力、お伝えすることができましたかね?(人様の動画頼りだけど)もし「堪能した!」と思われましたら、さらに↓へGO!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「堪能した!」…な方は下記リンクへ!
ポチッとしていただけると、
ブログ主が一方的にウレシイです。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


スポンサーサイト

テーマ : YouTube Music Video    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BILLY JOEL / The Stranger♪


    the stranger 

          一介のシンガー・ソングライターだったビリー・ジョエルを、世界
          屈指のポップ・スターへと押し上げたアルバムが、今回ご紹介
          するThe Strangerです。
          ’77年のリリース以来、30年を経過した現在でもセールスを伸
          ばし続けており、’03年には、アナログ盤・カセット・CDの累計
          売上が1000万枚を突破。ダイヤモンド・ディスクにも認定され、
          ビリー本人のみならず、米ポップスを代表する名作として、多く
          のファンから愛されています。

          フランク・シナトラを始め、ポール・サイモン、ボブ・ディランなど
          の作品を世に送り出したフィル・ラモーンによってプロデュース
          されたThe Strangerの楽曲群は、いずれも繊細で洒脱。
          それまでやや神経質に感じられたビリーの鋭敏な感性は、フィ
          ルとのコラボレーションによって闊達な精神を加えています。

          ビリーの作品中、No.1との呼び声高いThe Stranger
          この機会にもう一度、その魅力を感じ取っていただきたいです。


                  ★★★★ おすすめトラックはコチラ↓ ★★★★

          Movin' Out ( Anthony's Song )
          ビリーのストーリー・テラーとしてのセンスと、フィル・ラモーンの
          プロデュースがマッチングした象徴的なトラック。単語数の多い
          ビリーの歌詞が、フィルの用意したバンド・サウンドと結合し、
          類稀な説得力を持つ楽曲に仕上がっています。効果音もマル。

         Stranger
         それまでフォーク寄りのシンガー・ソングライターと認識されて
         いたビリーのイメージを覆した、画期的かつ衝撃的なロック・
         チューン。イントロの口笛は都会の孤独を、ドライなアレンジは
         退廃的な人間関係を象徴しています。その洗練度は凡に非ず。 

         Just The Way You Are
         これほど純粋で、飾り気の無い、温かいラブ・ソングが作られた
         ことにまず感動。そしてこの曲が大勢の人に支持され、グラミー
         賞を受賞したことにも感動ですネ。もしアナタが女性で、彼氏が
         この曲を聴かせてくれたら大丈夫。一生尽くしてくれるでしょう。

          

                     ★★★★★★★★★★★★★★★

         さて、このアルバム。他にもオススメ曲がてんこ盛りです。
         ビリーの繊細さが美しく表れたVienna や、まるで映画の
         物語のようなScenes From An Italian Restaurant
         秀逸。Amazonへのリンクを貼っておきますので、ぜひ試聴して
         みて下さいませ。

         それではまた♪(^-^)/

                                 

                         ★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
             このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)


遅ればせながら、あけましておめでとうございます☆今年もよろしくお願いします。

このアルバム「The Stranger」は、ほんと素晴しい作品ですよね。小学生の時に耳にしてから、ずっと愛聴しております。

 


投稿 ライム | 2007.01.13 00:41


To ライムさん
こちらこそご挨拶が遅れまして…(^-^;)
本年もよろしくお願い申し上げます♪

それにしても小学生でビリー・ジョエルとは!さすがライム氏。
ちなみに私は中学生の時ですね。当時は洋楽にドップリ浸か
りだした時期でして、お小遣いはほとんどレコード屋さんに
直行していましたね。その中でも特に聴き込んだのが、この
「Stranger」でした。
このアルバムを聴くと、今でも当時のことを思い出します…。
遥か昔のことですが。(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.01.13 18:00


TO ヤセガエルさん
今、ひと仕事を終え、試聴の「ストレンジャー」を聞きながら、コメントを書いています。本当に懐かしいですね…私はと言うと、中~高校って感じでしょうか…。当時の友達がよく聞いていましてね。(「ピアノマン」とか好きでした。)私はと言うと、当時アンチメジャー体質だったので、反抗的にプログレッシブな方向に進もうとしていた時だったと思います。どういうわけか、キングクリムゾンとか、イエスとか、聞いていました。最近また、マイクオールドフィールドとか、車の中で聞いています。また、試聴させてくださいね。今年もよろよろ~(^_^)y-゚゚゚゚゚ 蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.01.17 19:06


To 蓬堂さん
あけましておめでとうございます♪
本年もよろしくお願いします!m(__)m

プログレ!蓬堂さん、硬派っすね。(^-^)
私の周りにも結構プログレ派は多かったです。
キンクリ、イエス、エイジア、カンサス、ラッシュあたりでしょうか。
私はドイツのバンド、タンジェリン・ドリームがお気に入りでした。
懐かしいナ~。( ̄ー ̄)

でもプログレって、女のコに理解されないんですよネ(笑)。
マイク・オールドフィールド…。一緒に聴いてらっしゃるであろう
奥さんが、ドン引きしてるんじゃないかと心配したりして。
(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.01.17 21:31


テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。