■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪BILLY JOEL / Songs In The Attic♪


    songs in the attic 

          世界中に多くのファンを持つポップ・スター、ビリー・ジョエル
          ’71年にソロ・デビューし、’73年の『Piano Man』、’74年
          の『Streetlife Serenader』でゴールドディスクを獲得した
          ビリーは、’77年に発表した『Stranger 』で全米アルバム
          ・チャートで堂々の2位を獲得。その中からシングルカットされ
          た「Just The Way You Are(素顔のままで)」もグラミー
          賞二部門を受賞し、名実ともにトップ・アーティストの仲間入り
          を果たしました。

          その後’79年『52nd Street 』、’80年『Glass Houses
          を発表し、大成功を収めたビリーが、『Stranger』以前のフェ
          イバリットソングをライブバージョンで再収録したのが、’81年
          発表のSongs In The Attic です。

          「屋根裏部屋に置かれた歌」と彼自身が語る、このアルバムの
          収録曲は、大ヒットには至らなかったものの、ビリーの愛と情熱
          が注ぎ込まれた隠れた名曲たち。ライブ演奏によって新たな命
          を吹き込まれた彼の歌が、圧倒的かつ直情的な躍動感で体験
          できる名盤です。

                               【おすすめトラックはコチラ♪↓】

          ① Miami 2017
          ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンで行われたLIVE。
          ロックン・ローラーとしてのビリーを堪能できる傑作トラック。
          世界の終末を予言する歌詞の中で、NYの街の名前が登場
          する度にオーディエンスが熱狂。フルボリュームで聴くべしっ!

            

          ② Summer,Highland Falls
          キャパ50人程度の小さなクラブで演奏されたトラックです。
          1曲目とは趣の違う、「ピアノマン」としてのビリーが、流麗な
          ピアノと透き通ったヴォーカルを聴かせてくれます。彼の本来
          の魅力はこちら側にある気がしますね。心が洗われる名曲。

          ⑤ She's Got A Way
          ビリーの弾き語りの中でもトップクラスの佳曲。彼のナイーヴ
          さが率直に表れている歌詞と、それを乗せる美しく哀しいメロ
          ディは、聴き手の心の奥底へ優しく入り込んできます。彼も一
          時期人間不信で苦しんだけど、歌にとってはプラスだったかも。

             

          ⑦ Say Goodbye to Hollywood
          屋根裏から眩いスポットライトの下へ出世した曲。このアルバム
          からシングルカットされるや否や、あれよあれよという間にヒット
          チャートを駆け上り大ヒット。日本でも「さよならハリウッド」という
          タイトルで大ヒットとなりました。ビリーも「してやったり!」かな?

          ⑧ Captain Jack
          初期のLIVEでは定番中の定番だったナンバー。起承転結の
          あるドラマティックな名曲。コアなビリー・ファンにとっては、この
          曲を知っていることが優越感の一つだった訳ですが、このアル
          バムに収録されたことでその垣根は取り払われました。残念!

                           -------------------------------------

          …と、いうワケで。今回のレビューはおしまいです。

          ビリーはすでに「引退宣言」をしてしまって、新たな楽曲作りは
          行ってません。まだ50代なんだから、もっともっと歌って欲しい
          と思ってるのは私だけですかね?
          『Glass Houses 』以降は、声も極端に太く、ハスキーになっ
          てしまっていますから、昔の名曲に捉われずに、「今」のビリー
          の歌を作ってほしいものです。

          次回のCDレビューは RIPPINGTONS
          乞うご期待~♪(^0^)/

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆爆笑アニマル♪in YouTube◆


          今回はYou Tube で見つけた爆笑アニマル動画をお届けいた
          します。その野性の神秘と、人間顔負けの芸達者ぶりに脱帽
          &爆笑♪合わせて3本、Here We Go !

               ★★★★★★★★★★★★★★★

          まずは軽くジャブ。ご覧の通りパンダです。食事中の親パンダ
          の前に、オネムの子パンダがいますね。とっても平和な情景
          です。親子を映し出すカメラが捕らえたのは、ちょっとしたハプ
          ニング。一瞬の出来事ですが、思わず笑ってしまいます(^-^)

   

          お次はカンガルー。おそらく動物のドキュメンタリー番組か何か
          の撮影でしょう。レポーターの男性が大マジメで解説している
          バックで、まったく緊張感の無い様子のカンガルーたち。そして
          カメラが捕らえたのは……わはははは!真っ昼間だってば!

   

          最後はにゃんこです。合計4匹のにゃんこ達が登場しますが、
          なんとまあ芸達者なこと!4匹とも甲乙つけがたい芸(?)を
          見せてくれちゃってます。それにしても……プププッ!!
          あ~面白い!こんなコがいたら毎日楽しいだろうなぁ(^-^)♪

   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
            この動画を観て、思わず笑ってしまった!という方、
             ランキングへの1クリック投票にご協力ください!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪GEORGE BENSON & EARL KLUGH / Collaboration♪


    collaboration00.jpg 

          ’87年、フュージョン界において最もセンセーショナルな事件。
          それは、このアルバムCollaborationがリリースされた
          ことかもしれません。

          ジャズ・フュージョン界の大スター、ジョージ・ベンソンと、当時
          人気絶頂のギタリスト、アール・クルーが共作したこのアルバム
          は、話題性・芸術性といった要素だけでなく、商業的にも成功を
          収めた傑作であり、また、後に大きな潮流を作った、多くのスム
          ースジャズ・アーティスト達へ、お手本となる様々な材料を示し
          た教科書的作品でもありました。

          ブルージィなエレクトリック・ギターを得意とするジョージ・ベンソ
          ンと、洗練されたアコースティック・サウンドを身上とするアール・
          クルー。20年の月日が経っても色褪せない、世紀の「コラボレ
          ーション」をどうぞ。 

    collaboration01.jpg 

                         【おすすめトラックのレーはコチラ↓ 】

          ② Mimosa
          ベンソン作のスムージィなナンバー。グレッグ・フィリンゲインズ
          の光沢鮮やかなエレピ(シンセ)をバックに、ベンソンとアール
          のギターが感情タップリにソロを競います。隠し味となっている
          ポウリーニョ・ダ・コスタのパーカッションもムード満点。一押し!

            

          ③ Brazilian Stomp
          アールのオリジナル・ナンバー。ラテン調のリズムを刻むドラム
          はハーヴィ・メイソン。芯の通ったベースはマーカス・ミラーの
          グレイト・ジョブです。ベンソンとアールが奔放なインタープレイ
          を披露できるのも、このリズム隊のお蔭。あ。ポウリーニョも。

            

          ⑥ Collaboration
          ハーヴィ・メイソンとランディ・グッドラムの共作。その名の通り
          「コラボレーション(共同作業)」。ベンソンは歌い、アールは
          弾きまくり、ポール・ジャクソンはカッティングでスリリングさを
          演出。正にグルーヴ・オン・グルーヴ!LIVE感に酔うべし!

            

    collaboration02.jpg 

          さて、今回のレビューはいかがでしたか?
          このアルバムは、フュージョン作品としても、スムースジャズ
          作品としても一級品です。全体的にギターソロに比重が掛か
          っているのは、コンセプトと言うより、フュージョン時代の名残
          りですね。(当時のフュージョンはソロが長かったんです)
          また、アレンジの方向性としては、音の美しさや、シンセのプロ
          グラミングを非常に重視しており、現在のスムースジャズに見
          られる、洗練された爽快感を追求しています。
          この頃の音を知らないスムースジャズファンの皆さんも、違和
          感なく楽しめると思いますヨ!

          ちなみに、私のこの作品との出会いは………パチンコ屋さん。
          負けまくって、残り球で獲得したカセットテープです。(爆)
          あんまり気に入ったもんで即日アナログ盤を購入。10年後に
          CD購入。今でも愛聴盤ですね。
          もしあの時パチンコで大勝ちしていたら、この出会いは無かっ
          たかもしれません。(しかしカセットってどうよ…)

                                

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪MICHAEL McDONALD / Sweet Freedom♪


    sweet freedom

          80年代、ブルーアイドソウルのトップ・アーティストとして時代を
          リードしたMICHAEL McDONALD(マイケル・マクドナルド)
          甘い響きを漂わせるしわがれたヴォイスと、予測不能の展開を
          見せるメロディーラインは独創的で、多くのアーティストに多大
          な影響を与えました。

          ’74年、スティーリー・ダンのサポートメンバー時代にその才能
          を開眼させ、’75年にはドゥービー・ブラザースへ加入。ヴォー
          カリスト兼キーボーディストとして多くの楽曲を提供したマイクは
          、’78年発表のアルバム『Minute by Minute 』の中で、ケニ
          ー・ロギンスと共作した「What A Fool Believes」が全米1位
          を獲得し、この年のグラミー賞で二冠を達成しました。

          今回ご紹介するのは’86年にリリースされた彼のベスト・アル
          バムSweet Freedomです。

          いつもなら「レビューと試聴はコチラ!↓」……とするところなん
          ですが(笑)、今日はちょっと趣向を変えて、マイクの「スゴさ」の
          核心部分
に迫ってみようと思います。(できるのか?)

             【マイク・メロディーのヒミツ】

          結論から言うと、マイクの楽曲の核心は「不一致の美」と、「リフ
          レインの美」
です。

          多くのキーボード奏者は、楽曲を創作する場合、コード進行の
          完成後、それに沿った歌のメロディーラインを乗せていきます。
          また、歌のメロディーラインが先に浮かんだ場合は、そのライン
          に沿ったコードをかぶせます。
          この場合、オケ(伴奏)だけを聴いても、歌だけを聴いても、楽曲
          の輪郭がハッキリと現れることになります。

          良い例を挙げてみましょう。
          同じ80年代のアーティスト、ボビー・コールドウェルの作品。
          『Real Thing 』↓ 

           

          次の楽曲は90年代ですが、デヴィッド・フォスターの作品。
          『Beauty And The Beast 』↓

           

          いかがですか?歌のメロディーラインとコードが一致していて、
          楽曲の輪郭と美しさは、歌だけでも、オケだけでも伝わります
          よね。

          そしてもう一点。上の2曲の曲構成は、イントロ、Aメロ、Bメロ、
          サビがハッキリ分かれていて、そのコントラストが美しく、楽曲
          の中でのアクセントもメリハリが効いています。

          さて。では、マイクはどうなのか。上記2点を踏まえた上で聴い
          てみてください。
          『What A Fool Believes↓ 

   

          どうですか?
          歌とオケにはほとんど接点がありません。
          Bメロのベースライン以外は「不一致」です。
          歌メロだけを抜き出して誰かに歌ってみてください。きっとこう
          言われるでしょう。

          「…オマエ、オンチだな~」

          オケだけを抜き出して誰かに聴かせても、やっぱりこんな風に
          言われるでしょう。

          「……?……??……曲になってなくない?」

          当然の反応ですね。イントロも、Aメロも、サビも、ほとんど同じ
          フレーズの繰り返し、つまり「リフレイン」なんですから。

          でも、歌とオケのアンサンブルとして聴いてみてください。
          素晴らしい「歌」であり「オケ」ではないですか?
          単体では成立しないメロディーとコードを巧みに織り交ぜて、
          同じリフレインの中で劇的に展開させてゆく。これがマイクの
          ソングライティングの核心部分ではないでしょうか。

          この「不一致」と「リフレイン」を絶妙にブレンドできるのは、
          マイケル・マクドナルドの他、そう多くは見当たりません。
          今回プッシュするSweet Freedomは、そんな彼の「美」
          を選りすぐったアルバムです。持ってる方はもう一度、そうで
          ない方はゼヒ入手して聴いてみてください。
          きっと、その魅力のヒミツを理解していただけると思います。

                          【おすすめトラックは以下の通り!】

                               ① Sweet Freedom
                               ③ Yah Mo B There
                                   ④ I Gotta Try
                                    ⑥ Our Love
                           ⑪ What A Fool Believes


          いずれも「不一致」&「リフレイン」の美の極み。ゼヒともチェック
          してくださいませ!
          (注:これらの曲をオケ無しで歌うことのないように。「オンチ」と
          いう屈辱的な称号を得ることになりますヨ!)

          それではまた♪ (^-^)/

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JEFF KASHIWA / Another Door Opens♪


    another door opens 00

     【紅葉をバックに聴きたい1枚♪ 】

          今回ご紹介するアルバムは、JEFF KASHIWA(ジェフ・
          カシワ)
Another Door Opens
          リッピントンズから離れ、最初のリーダー作となった本作は、
          リッピントンズ時代の(正確に言うとそれ以前からの)盟友・
          デイブ・コチャンスキー、シンセ&ギターのジェフ・ローバー
          べーシストのブライアン・ブロンバーグらを中心メンバーに
          据えて製作されたスムースジャズ・アルバムです。

          アルバムの特色は、とにかくPOPでスムージィなメロディ。
          爽やかな涼風のように耳に流れ込んでくるジェフのSax は、
          日常のストレスや疲労を、快く運び去ってくれるでしょう。

    another door opens 01

                             【収録曲のレビューはコチラ↓】

          ① Hyde Park ( The"Ah,Oooh"Song )
          私、ヤセガエルのプッシュその①。コチャンスキー作のミディ
          アム・テンポの佳作。アメリカのスムース・ジャズ系FM局で
          チャートNo.1に輝き、発表から6年経った今でも流れ続ける
          オバケ(?)トラック。ジェフの自立を万人が認めた出世作。

            

          ② Every Now & Then

          こちらはジェフ・ローバーとの「ジェフ・ジェフコンビ」共同作品。
          湖に反射する太陽の光を連想する、キラキラ&ピカピカ光る
          演奏をバックに、ジェフのサックスが自由自在に歌っています。
          優しげで心地よい音は、ジェフの確かな演奏技術の賜物です。

          ③ Because of You
          プッシュその②。前二曲とガラッと変わってムーディなバラード
          です。エレピが非常に雰囲気のあるコードで攻めてきますね。
          ジェフのサックスは思い入れタップリ。この曲を恋人と二人で
          聴いてはいけません。「実は私…」なんてコトになりそうッす。

            

          ④ The Power of Midnight
          題名の通り、深夜に横たわる微かなパワーをイメージさせる、
          アンニュイでアヴァンギャルドなナンバー。カシワくんの作品
          の中では異質な味わいですね。エコーの効いたテナー・サッ
          クスはメロディックで退廃的。しかし…うまい!テクニカル!

          ⑤ Back to Love
          プッシュその③はこの曲!ジェフのサックスはキャッチーで
          印象的なフレーズ連発。コチャンスキーのローズは美メロと
          空間作りに活躍。そして出色はギター(ジェフ・ローバー?)
          のバッキング。こんな音、このヒト達じゃなきゃ出せません!

            

          ⑥ Around The World
          朝焼け。水平線から昇る太陽。そんなイメージが浮かぶ曲。
          「優等生的」と思われがちなジェフのサックスですが、この曲
          を聴けば、ジェフがいかに楽曲の持つアウトラインを大事に
          しているかが判然とします。紛れもないカシワ・クオリティー。

          ⑦ Introduction
          次のトラックへと続く、美しいプレリュードです。

          ⑧ Another Door Opens
          ジェフの手によるアルバムのタイトル・チューン。静寂に始まり
          壮大な終末を迎えるスケールの大きなナンバーです。変拍子
          を混じえたリズムに乗って、始め囁くように、やがて高らかに
          歌い上げるサックスは見事!新たな船出への決意がヒシヒシ。

          ⑨ It's up to You
          「着実に進んでいこう!」そんな前向きな気持ちにさせる曲。
          それにしても…。同じフレーズをリフレインしていて、なんで
          こんなに飽きがこないのかフシギ。これ、カシワ・マジック?
          いや…注意して聴くと…エライ凝ってるワ。サビもソロも。

          ⑩ Dream Within A Dream
          知らなかった…。ジェフくん、フルートも吹けるんだ。イントロ
          にはビックリしたッす。この曲はジェフくんの「ちょっとだけ」
          ジャパニーズな世界が顔を覗かせています。白昼夢の中で
          自分の原体験が浮かんできたかのようなフシギ系ナンバー。

          ⑪ Best of Times
          アルバム最後のナンバーはHAPPY系。仲間でワイワイやっ
          てたら、いつの間にかできちゃった感じの曲。(おいおい)
          各メンバーがそれぞれ小技を繰り出しつつ、楽しみつつ進行
          していくさまは、肩肘張らないリラックス・ムードに溢れてマス。

    another door opens 02

          さて、今回のアルバムはいかがでしたか?
          「思い出とともに焼き付く」というアルバムではなく、「一緒に
          いる人や景色を引き立てる」
アルバムですから、 これから
          迎える紅葉シーズンに向けて、ドライブのお供にゼヒとも
          加えてみてください。楽しいひと時を、更にグレードUPして
          くれますヨ♪

          それではまた次回。 (^-^)/

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                   人気blogランキング


コメント(転載)


こんばんは。このアルバム大好きです。
こちらで見れて嬉しいです。
1、2曲目が素晴らしい。というか、
いい曲ばかりですね。爽やかでスムース。
ほんとこれからの季節にいいですよね。

投稿 apriori | 2006.10.26 00:17


To aprioriさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます!m(__)m

そうですよね!2曲目もジェフくんのカラーが良く出ていて、
聴いているとイイ気分になります♪

彼は、自身の演奏技術も素晴らしいし、バックの楽器を引き
立てるセンスも抜群ですね。アルバムを通して感じる心地よ
さは、このへんのバランス感覚の良さが大きなポイントにな
っているのかもしれません。

ちなみにaprioriさんのブログ、アドレスが分からなくなって見
失っておりました…。のちほどおジャマいたします♪

投稿 ヤセガエル | 2006.10.26 01:21


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CHICK COREA AKOUSTIC BAND♪


    chick corea akoustic band

          ジャズ・フュージョン界の鬼才、チック・コリア
          ’60年代初頭からピアニストとしてのキャリアをスタートさせた
          チックは、マイルス・デイビス、スタン・ゲッツらのグループで活
          躍、次第にそのラテン感覚溢れる演奏と、確かな技術を武器
          に頭角を現し始め、’72年、後のフュージョン・ブームを生む
          きっかけとなった伝説的グループ、リターン・トゥ・フォーエヴァー
          を結成する頃には、誰もが認めるジャズ界の新星として、多く
          のジャズ・ファンから認知されていました。

          フリー・ジャズの終息とともに、閉塞的状況を迎えていた当時の
          ジャズ界に、新風を吹き込んだチック率いるリターン・トゥ・フォ
          ーエヴァーは、デビュー・アルバムReturn to Forever
          ミリオンセラーを記録。ジャンルの垣根を越えて多くの聴衆から
          支持を得ることとなり、「ジャズは“形式”ではなく“意思”である」
          ことを多くのリスナーへ投げかけたのです。

          同グループの解散後、ソロ・アーティストとして活躍し、再びバン
          ドを立ち上げたのは’86年の事。リターン・トゥ・フォーエヴァー
          の系譜を受け継ぐチック・コリア・エレクトリックバンドで新たな
          創作活動を開始したチックは、3年後、このバンドと対をなす
          チック・コリア・アコースティックバンドを立ち上げました。

          今日ご紹介するのは、このアコースティックバンドの初作品、
          『CHICK COREA  AKOUSTIC BANDです。

                          -----------------------------------

          突然ですがココでおことわりを。

          ハッキリ言ってこのアルバム、おススメは一曲しかありません。
          グラミー賞を2部門で受賞していますが、きっとこの曲だけに
          与えられたものでしょう(笑)。

          それは何か。

          ⑩ Spain
          リターン・トゥ・フォーエヴァーの2作目Light as A Feather
          に収録されているナンバーです。鬼気迫るピアノ、ぶっとくウネ
          るコントラバス、負けじと自己主張するドラム。曲の始めから
          終わりまで、タイトロープを渡るような激しい緊張感がみなぎっ
          ており、曲中でのアンサンブルは和合ではなく「戦い」。各パー
          トの緩急は、まるで自己の個性を際立たせる為に立てられた
          ギリギリの戦略に感じられます。そしてそれは鮮やかなコント
          ラストを伴った大波となって、聴くものを圧倒してきます。
          間違いなく傑作!この一曲でじゅうぶん!

                      -------------------------------------------

          …ところがです。

          この『Spain 』の「戦い」が、他の曲ではぜ~んぶ悪い方に
          作用しちゃってるんです。
とほほ。

          ギラギラカリカリなピアノ。ばたばたフィルインしまくるドラム。
          「オマエら自己チューだなぁ」とか言いながら、自分も思いっ
          きり自己チューなコントラバス。
          『Spain 』のデキが秀逸なだけに、悔やまれるところです。

          そんなワケで、私もこのアルバムは『Spain 』だけ録って、
          誰かに上げちゃったので手元に音源はありません。サンプル
          もショートヴァージョンしか上げられませんので悪しからず・・・ 
          m(_ _)m

          

          次回(こそ)はきっちりレビューしようと思いますので、今回は
          このへんで。ではまた・・・。(おいおい)

                               

                       ★★★★★★★★★★★★★★★★

                    ご訪問ありがとうございました!
              このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                   人気blogランキング 


トラックバック(転載)


» ピアニスト:西村由紀江 [ピアノ音楽アーティスト〜西村由紀江のピアノ]
西村由紀江さんは、ニューエイジ・ミュージック(ヒーリング・ミュージック、イージーリスニング)の担い手として、国内外で活躍するピアニスト(音楽家)です。
[続きを読む]

受信: 2006.10.30 07:00


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FOURPLAY / 4♪


    4 00

          スムースジャズ界に君臨する巨頭・FOURPLAY
          ボブ・ジェームス、リー・リトナー、ネイサン・イースト、ハーヴィ・
          メイソンの4人が’91年にスタートさせたユニットです。

          結成当時、すでに個人アーティストとして、十分スタイルを確立
          したビッグ・ネーム同士がバンドを立ち上げたという事もトピック
          でしたが、反面、それぞれが多忙を極める彼らが、本当にバン
          ドを続けられるのか?といった冷ややかな意見もありました。

          そんな中、デビュー作FOURPLAYは、発表されるや否や
          興味津々で待っていたスムースジャズ・ファンを虜にし、あっと
          いう間に売り切れ続出。ビルボード誌におけるコンテンポラリー
          ジャズ・チャートでも堂々1位を獲得し、以後33週に渡って、そ
          の座を譲りませんでした。

          その後2作品を発表し、4作目の製作にかかろうとした時点で、
          リー・リトナーがスケジューリングの都合で脱退。バンド存続の
          危機にさらされた3人が白羽の矢を立てたのは、リーに唯一比
          肩し得る名ギタリスト、ラリー・カールトンでした。
          「ラリーがフォープレイに参加!」その結成時に勝るとも劣らな
          いビッグ・ニュースから約半年後の’98年6月、ファン待望の
          4作目、4がリリースされたのです。

    4 01

                      【おすすめトラックのレビューはコチラ↓♪ 】

          ① Still The One
          新生フォープレイの方向性を想像するに足る、スローテンポの
          味わい深いナンバー。落ち着いたムードの中に、メンバー達、
          とりわけラリー・カールトンの叙情的なプレイが光を放っていま
          す。派手さは皆無。聴けば聴くほど味が出る、極上スルメイカ。

          

    4 02 

          Vest Pocket
          酸いも甘いも知り尽くしたオトナのサウンド。ドラムは刻々と動き
          続ける月のように、ベースは吹いては駆け抜ける風のよう。ピア
          ノは地上で瞬く夜露の儚さ、歌い上げるギターは束の間の溜息
          ……それはまさしくオトナの詩の世界。かくいう私も詩の世界。

          

    4 03

          さて、今回のレビュー(?)はいかがでしたか?
          リー・リトナーの明快・爽快なギタープレイに対して、ラリー・
          カールトンのそれは詩的で叙情的。デビュー時のフォープレイ
          が、新たなチャレンジ精神を前面に掲げていたとすれば、現在
          の彼らは、一歩下がって「ゆとり」と「含み」を持たせた楽曲を
          創造しています。
          最近はその傾向が強くなりすぎて、やや元気が無くなってきた
          感もなくはないのですが、依然LIVE活動にも精力的な彼らで
          すから、これからも私達が「アッ!」と驚くニュースを提供して
          くれるかもしれませんね。
          期待しつつ、見守っていきましょう。

    4 04

                                

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪YouTubeで懐メロ三昧~ジャズ・フュージョン編♪


           今回のYou Tube特集は、懐メロ・ジャズ&フュージョン編
           現在のスムースジャズのムーヴメントへと繋がる、魅力的な
           楽曲を発信し続けた先駆者たちの映像をお届けします。
           80年代、そして90年代、ウカツに触れるとヤケドしそうな、
           熱い魂のLIVEをドーゾ!!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

           CASIOPEA / Galactic Funk
           一発目は、日本を代表するフュージョンバンド、カシオペア
           の登場です。映像は(たぶん)’89年にリリースされた『パー
           フェクトライブ』
のもの。LIVEで最も人気のあったこの曲で
           は、観客も一緒になって「HEY!」って叫んだもんです。つ
           い先日、彼らの活動休止の発表があって、残念に思ってい
           る方も多いでしょうね。惜しみつつ観るべし!

    

          PAT METHENY GROUP
                           / Have You Heard

          お次はジャズ界の異端児(?)PAT METHENY GROUP
          映像は’95年の日本公演の模様。LIVEで十八番となってい
          るこの曲は、パットの凄まじいギタープレイと、独特のメロディ・
          メイクがギュギュッ!と詰まった傑作ナンバー。文句ナシッ!
          リズム隊のキメ細かさ、ライル・メイズのピアノも文句ナシッ!
          唯一の文句は、いつも一緒のパット着用縞々Tシャツのみ!

    

          STANLEY JORDAN 
                             / Autumn Leaves
          お待たせいたしました!知ってる方は知っている、あのスタン
          リー・ジョーダン
です。知らない?では知らない方にご説明を。
          このヒト、ギターという楽器の弾き方を間違えて覚えちゃった
          ヒトです。きっと友達に指摘されるまで知らなかったんでしょう。
          ま、本当のところはピアノが欲しかったらしいですね。納得!
          まだ未遭遇な方、必見ですヨ。ブッ飛びますヨ!!Ready?

    

          EARL KLUGH / Private Affair
          ココでちょっと一休み。スタンリーのプレイでギターという楽器
          の本質を見失った方へ、アコースティック・ギターの模範プレ
          イヤー、アール・クルーに登場してもらいましょう。この曲は
          発表が’99年ですから、まだ「懐メロ」というには日が浅いか
          もしれませんネ。アールは80年代に入る前から活躍している
          息の長いアーティストです。このスムースさが人気継続の元。

    

          FOURPLAY / Bali Run
          最後は大御所バンド、フォープレイで締めでございます。この
          『Bali Runは、ギターがリー・リトナーだった頃の名曲。LIVE
          では必ずと言っていいほど演奏される、彼らのスタンダード・
          ナンバーです。ギタリストがラリー・カールトンに代わった現在
          でも、変わらずに演奏されているようですネ。よいぞよいぞ。
          しっかし、憎いくらい余裕シャクシャクだぁね。プレイも懐もサ。

    

          …というワケで、今回の懐メロセレクションはいかがでしたか?
          え?新しいのが混ざってる?ままま…カタイことはおっしゃらず
          に、細かいところはスルーでお願いします。 m(_ _)m

          次回のYou Tube懐メロ特集は・・・・・
          ・・・・・まだ未定ですが、良さげなモノが集まりましたら、また
          企画してみたいと思っております。
          それではまた! (^-^)/

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                     ご訪問ありがとうございました!
                 10歳~20歳若返ったかも!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

●中田英寿 in YouTube●


          今回は、You Tubeで見つけたヒデの映像をお届けします。

          彼が最も輝いていた’97年から’02年の、日本代表、セリエA
          におけるゴールシーンを中心に、最も臨場感のある、実況や
          歓声が収録されているものを集めてみました。

          当時の興奮が蘇る「HIDE’S IMPACT」をお楽しみください!

             ★★★★★★★★★★★★★★★

          【イタリア・セリエA衝撃デビュー!】
          ’98年、ベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)から、イタリア
          のトップリーグ、セリエA・ペルージャへ移籍したヒデ。「ジャポ
          ネーゼ(日本人)がジョカトーレ(選手)になれるのか?」という
          懐疑的な評判は、このデビュー戦で粉々に吹き飛びました。
          「NAKATA」の名を、その衝撃とともに世界のサッカーファン
          へ知らしめた2ゴールを実況・絶叫付きダイジェストでどうぞ!

   

          【ヒデゴールDIGEST】
          こちらは、ペルージャ、ローマ、パルマでのゴール・シーンを
          集めたダイジェストムービー。デビュー戦の2ゴールを始め、
          上の画像にある、ピアチェンツァ戦での伝説のオーバーヘッド
          キックや、ローマ時代、ユーベとの首位攻防戦で決めたロング
          シュートなどが収録されています。あらためて観ると、PKを決
          めているシーンも多数。監督からの信頼の厚さが窺えますね。

    

          【’01年コンフェデレーションズカップ
             日本VSオーストラリア】

          決勝進出をかけて戦ったオーストラリア戦。前半43分、ゴール
          前でフリーキックを決めたシーンです。降りしきる雨の中、ヒデ
          の蹴った低い弾道のシュートは、オーストラリアDF陣のカベを
          割ってゴールネットを揺らしました。この時、それまで代表では
          あまり表さなかったゴールの喜びを、体全体で表現したのが
          印象的でした。ココに来るまでいろいろあったもんな~…。

    

          さて、今回の『中田英寿 in You Tube 』はいかがでしたか?
          なんせYou Tubeですから、画像の粗さはどうしようもない
          レベルですが、ヒデのゴールゲッターとしての才能を、再確認
          させられる動画でしたね。
          今後も、懐かしい動画を見つけたら、順次UPしていきたいと
          思ってます。

          それではまた。 m(_ _)m

                      ★★★★★★★★★★★★★★★★

                         ご訪問ありがとうございました!
                     ヒデに未練のある方、ランキング投票へ
                       清き1クリック投票をお願いします!
                          ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                       人気blogランキング 


トラックバック(転載)


» 中田英寿ユニホームデザイン [上野樹里【上野樹里画像・動画・のだめカンタービレ】]
【湘南ベルマーレユース】詳細はコチラ→
[続きを読む]

受信: 2006.10.22 00:17


»
サッカーすごいです! [フリースタイルフットボールを魅せる!]
サッカーの楽しみかたもいろいろです。兵庫県もりあがってる? 愛知県サッカーもりあがってる? ファンタジーを研究室で研究してます。テクニックはこれをみろ!みてください。 高校サッカーは掲示板があつい!高校ではどこが2006年王者になるか? 静岡県はどこにあ...
[続きを読む]

受信: 2006.10.27 08:57


»
フットサル [フリースタイルフットボールを魅せる!]
フットサルで用品がある大会です。コートがあるシューズ を買う。 ルール を守る。フットサルチーム をつくるユニフォーム を着るフットサル場にいく。 動画 をみたい銀座 で行うミズノ でフットサル 関西 で行う テクニック がある クラブが東京にある フットサル大阪...
[続きを読む]

受信: 2006.10.28 01:15


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

 

 


 

 

♪PAT METHENY GROUP / Still Life ( Talking )


    still life 00

          ジャズ・フュージョン界で独自の王国を持つPAT METHENY
          (パット・メセニー)
。ジャンルの条件や形式に捉われない彼ら
          の音楽は、卓越したテクニックと、インディヴィジュアリズムに
          満ちたメロディによって、多くのファンから熱烈な支持を受けて
          います。

          ’78年のグループ結成以来、「誰も耳にした事のない音楽」を
          次々に発表し、今なお「新しいジャズ」を創造し続けている彼ら
          の楽曲は、独特の浮遊感を持つリリカルなもの。とりわけ私達
          日本人にとっては、どこか懐かしい、郷愁を誘われるような響
          きを持っており、「この人、ホントにアメリカ人?」と疑いたくなる
          程、親近感のあるメロディーを聴かせてくれます。

          ’87年にリリースされたStill Life ( Talking )は、そんな
          彼らの特色が非常に顕著になった作品。一度耳にしたら忘れ
          られない美しいメロディと、ドラマティックな展開に溢れる、正に
          彼らの真骨頂を堪能できる作品です。

    still life 01

                              【おすすめトラックはコチラ↓♪】

          ① Minuano ( Six Eight )
          ブラジル南部の季節風の名を持つこの曲は、3/4拍子で進行
          する大作です。さざ波のようなライル・メイズのピアノがスタート
          してから、エンディングまでの約9分間、まるで一本の映画を
          観ているような、深い感動を与えてくれます。傑作中の傑作! 

          ③ Last Train Home
          題名も楽曲も、正しく「故郷へ向かう列車」。ポール・ワーティコ
          のブラシを使ったドラミングに、パットのエレクトリック・シタール
          が美しい旋律を奏でます。その旋律・・・・・・・これは何というか、
          「赤とんぼ」です。山田耕作氏です。パットのルーツって?? 

          ⑤ Third Wind
          LIVEでも度々演奏されているアップ・テンポのナンバー。パット
          お得意の劇的な展開と、耳に残り続ける印象的なメロディが
          特色。この時期再燃した評論家たちの「パットの音楽はジャズ
          か否か」という論争に、強引に終止符を打たせる迫力の演奏。

          

    still life 02

          さて!今回のアルバムはいかがでしたか?
          ジャズ・フュージョン界広しといえども、彼らほどの個性と才能
          の持ち主は稀ではないでしょうか。Amazonへのリンクを貼って
          おきますので、その名演をゼヒ試聴してくださいネ♪

          それではまた次回。 m(_ _)m

                                  

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪YouTubeで懐メロ三昧~デュエット編Ⅱ♪


          前々回に引き続き、YouTube で見つけた懐かしい音楽クリッ
          プ・デュエット編をお送りいたします。
          イベント以外ではめったにお目にかかれない、貴重なコラボレ
          ーションや、ビッグ・アーティスト同士の夢の共演がイッパイ!
          全部で3曲!Here We Go Again !

                ★★★★★★★★★★★★★★★

        ♪At The Begining
      by RICHARD MARX & DONNA LEWIS

          ’97年に公開されたアニメ映画『アナスタシア』の主題歌です。
          この映画、私、ず~っとディズニーだとカン違いしてました。
          主題歌も、クリップを観るまでマイケル・ジャクソンとシンディ・
          ローパーが歌ってるモンだと思ってました(恥)。ドナごめん。

   

        ♪Between The Sheets
        by FOURPLAY featuring CHAKA KHAN 

          お次はシックにいきましょう。正確に言うとデュエットではない
          のですが、チャカ・カーンネイサン・イーストが、ジャジーな
          ヴォーカルを披露しています。バック・ヴォーカルにはフィル・
          ペリー&フィリップ・ベイリー。豪華なオトナの時間をドーゾ。

   

        ♪Next Time I Fall 
          by AMY GRANT & PETER CETERA 

          ボビー・コールドウェルの傑作ナンバーを、ピーター・セテラ
          エイミー・グラントがドラマティックに歌い上げています。映像
          はプロモーション・ビデオのもの。歌の輝きは永遠ですが、
          映像は過ぎ去った20年の月日を痛感。皆様ひどい格好(笑)

    

          さて!デュエット編の第二弾はいかがでしたか?
          次回のYou Tube 懐メロ・セレクションは、脱線ソング
          お届けする予定です。期待して待っててくださいね~~!

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  10歳~20歳若返ったかも!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                      人気blogランキング 


トラックバック(転載)


» イルマーレ [映画 DVD 気ままなブログ]
リメイクしたファンタジー・ラブストーリー。湖の家 の郵便ポストが取り持つ不思議な恋の行方。静かな湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。ここに住む女医のケイトはシカゴの病院に勤めることになり、愛着のあるこの家から引っ越すことに。彼女は次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。一方、建築家のアレックスは子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた�...
[続きを読む]

受信: 2006.10.16 00:17


コメント(転載)


第二弾も聴き応え見応えありで、大満足でした!
希望を叶えて下さって、ありがとうございます!
なかなか時間の制約があって、お邪魔できませんが、
いつも楽しみにしてますよん!

投稿 ウサママ | 2006.10.19 22:04


To ウサママさん
コメントありがとうございます!(^-^)/

お気に召されたようで安堵いたしました(笑)。
今後もYouTubeネタは続けて参りますので、
ご訪問の際には「おすすめサイト」もしくは
「音楽」カテゴリでご覧くださいませ♪

またお時間のある時に、お気軽に遊びにいら
してくださいネ!

投稿 ヤセガエル | 2006.10.19 22:31


テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JOE McBRIDE / A Gift For Tomorrow♪


    a gift for tomorrow 00

          視覚障害というハンディキャップを持ちながら、明確なタッチの
          ピアノと、ハートウォーミングなヴォーカルでリスナーを魅了する
          JOE McBRIDE(ジョー・マクブライド)
          日本での知名度はほとんどゼロに近いアーティストですが、
          米スムースジャズ界では、すでにベテラン・ミュージッシャン
          として活躍し、多くのファンを獲得しています。

          ジョーの楽曲の特色は、ひとことで言うと「ボーダレス」
          幼少期に大きな影響を受けたゴスペル、80年代に傾倒した
          モータウン・サウンド、さらにジャズ、ソウル、ブルースに至る
          まで、ありとあらゆるブラック・ミュージックの「良心」が反映
          されたFunny&Sunnyな出来栄えです。

          ’94年にリリースされたA Gift For Tomorrowは、そ
          んな彼のボーダレスな精神が、きらびやかに薫る佳曲ぞろい。
          未体験の方はゼヒゼヒ。

    a gift for tomorrow 01

          【知らないなんてもったいない!オススメナンバーはコチラ↓】

          ② Secrets
          アメリカのスムースジャズ系ラジオでは、現在でもヘヴィ・
          ローテーションのナンバー。哀愁を帯びたピアノにかぶさる
          のはラリー・カールトンのブルージィなギター。イケてます。
          ジョーのピアノはジャジーでドライ。ミスタッチはご愛嬌♪

          

          ③ Never Be Lonely
          個人的にイチオシの曲。小難しいテクも、ひねった展開も
          全く使わず、ただ心の内を、ストレートに魂込めて歌い上
          げたハートフルなナンバー。シビレるわぁ~。ボーカルに
          掛け合うサックスはカーク・ウェイラム。シビレるわぁ~。

            

          ⑤ A Gift for Tomorrow
          メロウ&ムーディなナンバー。恋人達が海岸線に沈む夕陽
          を眺めながら見つめ合う…または、大切なものを失って、
          東尋坊の断崖でハズレ馬券を握りしめる男の姿が浮かび
          ます。ダイブに拍車をかけるデイヴ・コーズのSaxがマル!

            

          ♪ その他のトラック試聴はAmazonでドーゾ♪

    a gift for tomorrow 02

          さて!今回ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
          スムースジャズにあまり馴染みのない方でも、コレなら抵抗無く
          楽しめるんじゃないかな?と思います。

          惜しむらくは、この当時(デビューから数年という段階)での、
          レコーディングやアレンジ面のチープさですかね。
          たとえばリズム隊の打ち込みが凡庸であったり、音場が平坦
          すぎるミキシングなど、「もったいナイ~!」という部分も多い
          ですから。
          しかし、この作品でアーティストとしての認知度を高めてからは
          、作品をリリースするごとにそのクオリティも上がっています。
          最新作は’05年のTexas Hold'em。今年のリリースは
          まだですが、今後も目が離せないアーティストの一人ですネ。

                                

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪YouTubeで懐メロ三昧~デュエット編♪


          今日は表題の通り、You Tubeで見つけた懐かしい音楽映像
          をご紹介いたします。

          今回特集したのはデュエット・ソング。いかにも「ありそう」な
          顔合わせから、「ウソッ!」と思うようなビッグ・アーティスト
          同士のコラボまで、全部で6曲!Here We Go!

              ★★★★★★★★★★★★★★★

          Yah Mo B There
               by JAMES INGRAM & MICHAEL McDONALD

         全米TOP20入りした’85年のナンバー。ブラコン界のヒット
         メーカー、ジェイムス・イングラムと、ブルー・アイド・ソウルの
         第一人者、マイケル・マクドナルドのコラボです。ご紹介する
         映像は、おそらくMTVのチャリティー・イベント(?)のライブ。
         バック・ミュージッシャンには、リー・リトナー、フィル・ペリー、
         エイブラハム・ラボリエルなど超豪華メンバー。カッコ良すぎ。

   

          Seperate Lives
     by PHIL COLLINS & MARILYN MARTIN

       ’85年に公開された映画『ホワイトナイツ』の挿入歌。フィル・
       コリンズ
マリリン・マーティンによる、バラードの秀作です。
       PVにカットインされる映画のシーンでは、主演の二人(旧ソ連
       の亡命バレエダンサー、ミハイル・バリシニコフと、57歳とい
       う若さでこの世を去ったタップの名人、グレゴリー・ハインズ)
       が登場。映画も傑作!プロモも感動的!グレゴリーに合掌。

    

          Easy Lover
          by PHIL COLLINS & PHILIP BAILEY

       大物同士の意外な共演!’84年にソロ・アルバムを製作した
       アースのフィリップ・ベイリーが、コラボを依頼したのは、当時
       飛ぶ鳥落とす勢いでブイブイ言わせていたフィル・コリンズ
       ジャンルもスタイルも全く違う二人の共演は、当時大変なトピ
       ックとなりました。PVでは、二人の音合わせやリハの様子が
       収められていて、それがユーモアいっぱいで大爆笑!必見。

    

          The Best Of Me
        by DAVID FOSTER & OLIVIA NEWTON-JOHN

       ’86年発表のラブ・バラード。デビット・フォスターが、「デュエ
       ットするなら絶対このヒト!」と指名したのが、彼のアイドル、
       オリビア・ニュートンジョン。映像はプロモーション・ビデオです
       が、初めは遠慮がちに歌っているものの、曲が盛り上がって
       いくうちに距離が縮まって、しまいにはチューしたり、ハンモッ
       クで添い寝したりしています。よかったねぇデビさん。役得!

    

          Feels Like Heaven
       by CHAKA KAHN & PETER CETERA

       ピーター・セテラ’92年発表のWorld Falling Downから
       シングル・カットされたチャカ・カーンとのデュエットです。
       この時期ピートは、私生活や仕事の環境で非常に苦悩して
       いて、アルバム製作も容易ではなかったようですね。この曲
       はさほどでもありませんが、他の収録曲はなかなかHeavyな
       歌詞が多いです。でも名曲って不幸な時ほど出来るのよね。

    

          Back To You
            by BOBBY CALDWELL & MARILYN SCOTT

       最後はボビー・コールドウェルで締めでございます。
       ’91年発表のSolid Ground に収録されているデュエット
       曲ですね。マリリン・スコットの(ギターの)ナイロン弦を思わせ
       る響きと、ボビーの甘いヴォーカルが、極上のAORを作り上
       げています。映像はどうやら’91年の日本公演の模様。同じ
       投稿者から、他の名曲も多数投稿されてます。Gooood!
         ※動画が削除されたためPVバージョンに変更しました!

    

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                10歳~20歳若返ったかも!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
アンコール(DVD付) |イル・ディーヴォ [芸能 娯楽 【音楽ヒットチャート】]
クラシック曲やマライア・キャリー、エリック・カルメンなどのナンバーもカヴァーしている豪華....
[続きを読む]

受信: 2006.10.16 13:36


コメント(転載)


いつも楽しく拝見しています。
デュエットソングどの曲も素敵な曲ばかりで、映像と一緒に堪能できましたぁ~。
音楽は、日々の平凡な生活にウルオイとハリを与えてくれるので、私にとってはなくてはならない物になってます。
ヤセガエルさんにお願いがあるのですが、是非第二弾のデュエットを特集してくださ~い。
楽しみにしていますぅ~。

投稿 ウサママ | 2006.10.13 20:17


To ウサママさん
コメントありがとうございます!
気に入っていただけてとても嬉しいです (^・^)♪

おっしゃる通り、音楽の効能・効用は絶大ですネ。
今ではオフィスでBGMを流している会社もあるんだとか。
脳がリラックスして仕事もはかどるらしいですヨ。

ではリクエストにお応えして、ウサママさんのリラクゼー
ションのためにも、第二弾をやっちゃいましょうか!(笑)
今回の8曲が粒ぞろいだっただけに、ちょっと探すのに
手間取るかもしれませんが、気長に待っててくださいネ。

また遊びに来てくださいませ♪

投稿 ヤセガエル | 2006.10.13 22:25


テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪EARTH,WIND&FIRE / Touch The World♪


    touch the world

          これまで好き勝手に語ってきたアルバムレビュー。しかしこの
          伝説のグループを、私ごとき一般シヴィリアンが語ってよいも
          のかどうか……大変悩みました。

          でも、やっぱり語っちゃいます。
          だって好きなんだもの。

          EARTH,WIND&FIRE(アース・ウインド&ファイアー)
          モーリス・ホワイト率いるブラック・ミュージック史上最大の
          スーパー・グループです。

          「Fantasy」、「September」、
          「After The Love Has Gone」、
          「Boogie Wonderland」に「Let's Groove」。

          数え上げればキリが無いメガヒット・ナンバー。そして、人種差別
          が色濃く残っていた70年代のアメリカにおいて、初めて人種の
          枠を超えて支持された偉大なグループです。

           ewf.jpg

          ’83年に発売された『Electric Universe 』以後、事実上解
          散状態となっていたEW&F が、4年の沈黙を破って突如発表
          したTouch The Worldは、多くのファンを狂喜させました。

          ’84年に、メイン・メンバーの一人フィリップ・ベイリーが、ソロ
          アルバム『Chinese Wall』発表時に、インタビューの中で
          語っていた、

          「このままソロ・アーティストになるのかだって?冗談だろ?
          僕はEW&Fのメンバーだよ。モーリスから話があれば、全て
          の仕事を放り出してスグに駆けつけるさ。他のメンバーもね」


          という前向きな発言を頼りに、復活を信じてきた私にとっても、
          このアルバムのリリースには大興奮でしたね。

                    【おすすめナンバーの試聴&レビューは↓↓↓】

          ③ Thinking of You
          エレクトリック・カリンバで始まるグルーヴィなナンバー。シンセ
          サイザーとの融合も熟成されて、紛れもないアース・サウンド
          の復活です。エモーションズを思い出させるファンキーな女性
          コーラスもマル。モーリスのパワフルなヴォーカルにジ~ン。

            

          ⑧ Here Today And Gone Tomorrow
          こちらはフィリップ・ベイリーのバラード。ひときわエモーショナル
          なファルセット・ヴォイスが泣かせます。やっぱフィリップさん!
          駆けつけてくれましたね!あなたはフィル・コリンズと遊んでる
          より、こっちの方が断然ヨイですよ。あぁ・・・・・・染みるなぁ~。

            

          ⑨ Victim of Modern Heart
          素晴らしい。「Electric Universe」で、モーリスが目指していた
          サウンドはコレだったんだと思いますね。シンセサイザーも
          デジタル化され、音の厚みも表現力も、同アルバムの比では
          ありません。彼の目指した音の、正当性を証明するナンバー。

             

                   maurice white

                 verdine white

           philip bailey

          さて、今回のアルバムはいかがでしたか?

          書き終えて思うのは、全然レビューになってないという事(笑)。
          いや、だって、私がもっとも尊敬するグループであり、ミュージ
          ッシャンである彼らですから、なかなか難しいのです。(^-^;)

          パーキンソン病を発症したモーリス・ホワイトは、2004年に
          グループを引退しましたが、この難病と戦いながら、なんと翌
          '05年に復活!同年発売のIlluminationでも製作に参加
          しています。LIVEでの勇姿は見られなくなったとはいえ、彼が
          健在な限り、アースの前進が止むことは無いでしょう。

          懐かしい思い出といえば、’94年の代々木体育館でのツアー。
          初めての生アース。オープニングは「September」。
          生モーリスから、「Do you feel alright!?」なんて言われた
          時には、わたしゃ絶叫しましたね。
          「イエー!」でも「ヒューヒュー!」でもなく「うおおおおーー!!」
          ですよ「うおおおおーー!!」
          私の席の左前で、私より数段ハデに盛り上がってる2人組が、
          ドリカムの2人(本物)だったのには笑いましたが。

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
               ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOBBY CALDWELL / Where Is Love♪


    where is love 00

          「“AOR”と聞いて思い浮かぶアーティストは?」と質問された
          10人の内、おそらく半数は彼の名を挙げるでしょう。そう、
          BOBBY CALDWELL (ボビー・コールドウェル)。

          AOR全盛の80年代初頭は、彼の楽曲をBGMに女性を口説
          いたヒト、男性に口説かれた方も多いかもしれません。また、
          ボビーの歌声には、そんな『恋するチカラ』を増幅してくれる、
          不思議なパワーが備わっていたのです。

          ’93年に発表されたWhere Is Loveは、デビュー以来
          一貫して製作していたアダルト・コンテンポラリー作品としては
          最終章とも言えるもの。その後、スタンダード・ジャズへと大き
          くシフトされる作品群との分水嶺的アルバムとなっています。

          いわゆる「名盤」として認知されているとは言いがたい作品で
          すが、それぞれの楽曲は、ボビーのAORに対する惜別の想い
          や、ジャズ・シンガーとしての再出発を自ら祝福するような、大
          きな期待感に溢れています。

                          【おすすめナンバーレビューは↓↓↓】

          ③ Love Lite
          ボビーと、スムースジャズ界のサックス・プレイヤー・Najee
          (ナジー)の共作。一聴してそれと判る甘美なボビー節が、曲
          中のあちこちに散りばめられた佳曲。情熱的なサックスソロ
          はナジーではなくボニー・ジェイムス!今とキャラが全然違う!

            

          ⑧ Rina
          この曲…なんでかな…胸がギュ~ッてなります。ギュ~ッて。
          ホント原因不明。名曲「Jamaica」に通じる寂寥感と、直球の
          歌詞のせいかな。「Rina」って誰?奥さんスかね。奥さん日本
          人(だった)スからね。このアルバムのベスト・トラックです。

            

          ⑨ I Get A Kick Out of You
          こちらはオススメというより「問題提起」。…な・ん・で・こうなる
          かなぁ??いくらパパになったからって、この変貌ぶりは極端
          じゃございません?まあ…私はスウィングジャズも好きだし、
          ボビーも楽しそうだからたまにはイイんだけど。違うよなぁ…。

           

         ♪他のトラックの試聴はAmazonでどうぞ♪

    where is love 01

          というワケで、今回のアルバムはいかがでしたか?
          この作品以降、ボビーはジャズ・シンガーへの道を一直線に
          突っ走っていきます。
          ミュージッシャンにとって「進化」はつきもの。ボビーもまた、
          この時期、進化の必要性を感じていたのでしょうか。
          日本では(特に80年代は)大きなムーヴメントだったAORが、
          母国アメリカでは非常に小さなマーケットしか持っていなかった
          事や、彼の私生活における環境の変化が、この進化をもたら
          したのかもしれません。
          私達ファンの望んでいた形ではなかったのですが…。

          ところが'05年。突如発表されたPerfect Island Nights
          は、「ミスターAOR」としてのボビーが見事復活(らしい)。
          そしていつの間にか日本人の奥さんと別れて、新しい女性と
          結婚しちゃってた(らしい)。

          でもって私の「らしい」連発は、実際に確認してないから。
          だって、もしPerfect Island Nightsが、新しい奥さんの
          影響で、今度はオペラになってたりしたら、もう絶対立ち直れま
          せんからっ!

          もし同アルバムをお持ちの方がいらしたら、どんなデキなのか
          そっとコメントしていただけると嬉しいです。

                                  

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                 このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
               ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング 


コメント(転載)


こんばんは★楽しく拝見させていただきました。
「Rina」いい曲ですね♪
僕はこの作品は持っていないのですが、
今度買ってみようと思っています。
そうそう。。ボビーって、日本人の方と結婚されていたのですね。
知りませんでした。しかも別れたとは。。
新作、「Perfect Island Night」には、
故坂本九の「上を向いて歩いていこう」が収録されています。
『上を向いて歩こう。涙がこぼれないように..』
ボビーは、日本人の元奥さんに未練たらたらで、
毎日枕を濡らしているかもしれませんよ(笑)

投稿 ライム | 2006.10.09 22:07


To ライムさん
コメントありがとうございます!(^^)/

ボビーさん、去年再婚されて現在はラスベガス在住だそうです。
もともと親日家の彼のことですし、日本に多少の未練はあるかも
しれませんネ。

そうですか。坂本九さんの『SUKIYAKI』ですか。これは何かの
メッセージだったりして(元奥さんへの)。どうやら新作はオペラで
はないようですし(笑)、今度聴いてみようかナ。

情報ありがとうございました!
また遊びにいらしてください♪

投稿 ヤセガエル | 2006.10.10 01:54


テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NIACIN / High Bias♪


    high bias 00

          ビリー・シーン、ジョン・ノヴェロ、デニス・チェンバースの3人で
          構成されるNIACIN』(ナイアシン)
          Mr.BIGのメンバーとして、数々の音楽誌でロック・ベーシスト
          のアワードを総ナメにしたビリー・シーン。コンテンポラリー・
          ジャズ界にあって、名器ハモンドB3を武器に異能を発揮する
          ジョン・ノヴェロ。「ヤツと組んだら必ず食われる」と恐れられた
          ジャズ・ファンクの爆撃ドラマー、デニス・チェンバース。

          「主旋律を取ってるのがハモンドB3だから、ビタミンB3に引っ
          掛けて、バンド名は『ナイアシン』でイイや」

          そんな緊張感のカケラも無いネーミングとは裏腹に、作り出さ
          れた楽曲は壮絶。ロックとジャズとファンクを、なんの調味料も
          使わずに同じナベで、しかも強火で焦がしちゃったような、力ず
          くの強烈さ。
          「すいません。コレを生で食べろとおっしゃるので?せめて・・・・
          もう少し冷めてから頂いてもイイですか?」
          そんなヤワな感性の持ち主でしたら、今回の試聴はご遠慮くだ
          さいませ。

    high bias 01

                     【驚天動地の変態プレイのレビュはコチラ↓】

          ① High Bias
          この曲を初めて聴いた時のショックは今でも忘れません。あれ
          は渋谷のHMV。何となく目に入った、いかにもジャズコーナー
          に相応しくない稲光のジャケット。試聴機のボタンを押して数秒
          ・・・脳天ズガーーーン!落雷だ落雷だ!ヤラれましたホント。

            

          ② Birdland
          マンハッタン・トランスファーの代表曲。というより、スタンダード
          ナンバーといった方が適当でしょうか。原曲は4人のコーラス
          の美しいPOPなテイスト。ところがナイアシンの手にかかると、
          ・・・ナベだ。闇鍋だ。やっぱり生で食べろとおっしゃるので?

            

          ③ Slapped Silly
          ①②と聴かされてオナカいっぱいになったと思いきや、やはり
          彼らは許してくれません。題名を見て悪い予感がしていたら、
          案の定やってくれました。アタマからスラップ・ベースの乱打。
          ・・・イタイ。・・・でも気持ちイイ。開発されたわ女王サマ・・・。

          

    high bias 02

          さて、今回のアルバムはいかがでしたか?
          試聴されましたか?お体の調子はいかがですか?
          痛いとか、カユイとか、気持ちイイとかないですか?
          そうですか。だから気をつけてと言ったのに(笑)。

          しかし・・・またメチャクチャなレビューになってしまった・・・。
          彼らの変態サウンド、初期のレヴェル42とか、ラッシュのよう
          な荒削りな強引さを感じますね。
          詳しくは判りませんが、彼らのレコーディングはあまり時間を
          掛けていないでしょう。おそらく1~3テイクで完了してるんじゃ
          ないでしょうか。そういう一発勝負的な迫力がありますね。

          間違ってクセになってしまった方、ご愁傷様でございます。

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
                キング投票に清き1クリックをお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆江ノ島にゃんこ物語~トラジの悲劇~◆

 
    江ノ島デートで見かけた、にゃんこの物語。

    「ねえねえ、見て見て。あのネコ面白い」
    「ん?どれどれ?」
    「ほら、あのコあのコ」
    「あ~・・・あはは。わはははは」

    1208948087.jpg

    「わははははははは!こりゃこりゃ、そこのにゃんこ」
    「・・・・・・フ~~~~~~~・・・・・・」
    「キミだキミ。なんちゅうカッコしてんだ」
    「・・・う~~~~~~」
    「にゃんこクンってば」
    「・・・トラジ」
    「ん?」
    「ボクの名前はトラジ」

    1208948011.jpg

    「トラジ!」
    「わかったわかった。で、そのトラジ君は何してるの?」
    「う~~~~~~」
    「“う~”じゃわかんないぞ」
    「うるさいな~。見ればわかるでしょ~。う~~~」
    「“わかるでしょう?”と言われても。おりゃ生まれてこの方、
    ははは。キミみたいなけったいなカッコのネコは初めてだぞ」

    1208948087.jpg

    「わはははは!わかった!」
    「・・・・・・」
    「罰ゲームだろ。賭けに負けたな?」
    「・・・・・・違うよ」
    「わかった!見たまんま。筋トレだ」
    「・・・ネコは筋トレなんかしないよ」
    「・・・・・・・・わかった!!」
    「もういいよ!」

    1208948011.jpg

    「かゆいんだよ~~~~オナカが~~~」
    「ほほう?」
    「う~~~~どーしてこんなにカユイかな~」
    「蚊に刺されたんじゃないのか?」
    「・・・蚊はこんなに長くカユくないよ・・・」
    「じゃ、ノミだ」
    「・・・失礼なヒトだなァ。ボクは毎日毛づくろいしてるし、日向ぼ
    っこだってちゃんとしてるよ」
    「誰かに移されたのかもしれないぞ?」
    「・・・そうなのかなァ・・・う~~~」
    「トラジ」
    「・・・なに?」
    「このスケベ」
    「・・・な~?」
    「誰かとイチャイチャしたな?」
    「・・・どうしてそう、屈折してるかな」
    「違うの?」
    「・・・そんなことしてないよ。・・・・・・・・・・・・あ」

    1208948011.jpg

    「きっとアイツだ」
    「それみろ。スケベ」
    「違うよ!一週間くらい前に、ちゃたろーとケンカした」
    「ちゃた・・・ナニ?」
    「ちゃたろー。ボクの大嫌いな女たらし
    「古風な言葉をご存じで」
    「アイツにうつされたんだ。きっと」
    「“古風”はスルーですか」
    「アイツ、いっつもボリボリ掻いてるし」
    「ふーん」
    「・・・う~~~~カユイ~」
    「・・・で。ケンカには勝ったのか?」
    「・・・・・・・・」
    「もしもし?」
    「・・・・・・・・」

    1208948087.jpg

    「負けたな」

    「勝ち負けなんてどうでもいいよ!」
    「ほほう?」
    「・・・だいたいアイツがさ」
    「ソレだよソレ。ケンカの原因は何なんだ?メシか?カネか?」
    「・・・ネコにカネのトラブルなんかないよ」
    「じゃあ女か?」
    「・・・・・・・・・・・」
    「もしもし?」
    「・・・・・・・・・・・」
    「・・・・・・・・・・・」
    「・・・・・・・・・・・」












 「女だな」


    「・・・・・・・・うん」
    「面白くなってまいりました!」
    「・・・・・キミ、屈折してるなァ・・・・・」
    「相談なら乗るぞ?ん?」

    1208948011.jpg

    「ホント?」
    「疑うワケ?」
    「相談に乗ってくれるの?」
    「任せなさい。そういうのはオレの得意分野だ」
    「あそこのヒト、キミの彼女?」
    「そうだよ」
    「キレイなヒトだね」
    「オレの自慢の彼女だからな」
    「キミはサエないけどね」
    「うるさいよ」

    1208948087.jpg

    「ちゃたろーのヤツが、マリンちゃんにチョッカイかけるんだ」
    「マリンちゃんね」
    「毎日だよ?それ見るとイライラするよ」
    「ほうほう。そりゃトラジも彼氏として放っておけないわな」
    「・・・・・・・・」
    「あれ?」
    「・・・・・・・・」
    「オレ、変なコト言ったか?」
    「・・・・マリンちゃんはきっと、ボクの存在すら知らないかも」
    「あららら?トラジの彼女じゃなかったのか」
    「マリンちゃんは島のみんなのアイドルなんだ。1ヶ月くらい前
    にココに移ってきたばかりなんだけど、スゴイ美人で、みんな
    声かけたくてもかけられないくらいなのに・・・」
    「ちゃたろーが空気読めないと」
    「うん。イライラしたらまたカユくなってきたよ・・・」

    1208948087.jpg

    「トラジ」
    「う~~~」
    「とっとと告白しろよ」
    「・・・・・・・」
    「なにもアクション起こさなきゃ、なにも始まらないぞ?」
    「・・・カンタンに言わないでよ・・・ボクなんか何の取り柄もない
    ただの・・・」
    「野良ネコか」
    「野良は余計だよ」
    「あのな。マリンちゃんとお近付きになりたいんだろ?」
    「古風な表現だね」
    「恋愛がスタートするのに必要なモノは二つだけだ」
    「“古風”はスルーなんだね」
    「ひとつは相手への気持ち。もうひとつはそれが伝わること」
    「ふ~ん」
    「マリンちゃんへの想いは確かか?」

    1208948011.jpg

    「う・・・うん」
    「誰よりも強いか?」
    「・・・・負けてないと・・・・思うけど」
    「じゃあ、ひとつはクリアだな」
    「・・・・うん・・・・」
    「今マリンちゃんにとって、トラジはその他大勢の中の一人だ」
    「・・・・うん・・・・」
    「ただの野良ネコだな」
    「野良は余計だよ!」
    「“ボクと付き合ってください”それだけ言えば、その他大勢から
    簡単にランクアップ出来るんだよ」
    「・・・・・・」
    「一回断られたからって諦めんなよ。想いを伝えれば伝える程
    オマエはマリンちゃんにとって特別な存在になるんだから」
    「・・・・・・そうかなァ」
    「いいかトラジ。女のコってのはな、自分が好きな男より、自分
    を好きになってくれる男を選ぶ確率の方が高いんだぞ」
    「そうなの?」
    「そうさ。女のコは自分を幸せにしてくれる男を選ぶってこと」

    1208948011.jpg

    「ボクにもチャンスあるかな・・・」
    「そういうコトだ」
    「そんな単純なもの?」
    「そうさ。オレだって最初は彼女に見向きもされなかったん
    だぜ?でも粘って粘って粘りまくって、今こうして付き合ってる」
    「キミ、サエないもんね」
    「うるさいよ」
    「・・・・頑張ってみようかな」
    「お?」
    「ちゃたろーとケンカしたって、何も始まらないもんね」
    「面白くなってまいりました!」

    1208948087.jpg

    「・・・・よし」
    「その気になったか?」
    「なった」
    「で、マリンちゃんはどのコなん?」
    「あそこの、ヨットの横にいる・・」
    「オッパイの大きいコか?」
    「・・・・そんな目で彼女を見ないでよ」
    「じゃあ行ってきな」
    「え?」
    「早く行ってこいよ」
    「今、行くの?」
    「じゃ、いつ行くの」
    「・・・・いつって・・・」
    「だーーーー!じれったい!今マリンちゃんがトラジをどういう
    風に見てるか教えてやろうか?」
    「・・・う・・・うん」
    「罰ゲームで腹筋させられてるヤツ」
    「・・・最低だよ」
    「最低だな」
    「そんなのイヤだ」
    「もう一度さっきの画像出そうか?」
    「もういいよ!」
    「だったら行って来い!ホネは拾ってやる!」
    「・・・・よし。頑張ってみるよ」

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    ・・・・・・・・・・・・。

    ・・・・・・・。


















    「どうだった?」
    「・・・・・・・・・・」
    「ちゃんと、付き合ってくれって言えたか?」
    「・・・・・・・・・・・・・言った・・・・」
    「マリンちゃん何て返事した??」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・?」

    1208948087.jpg

    「こら、トラジ」
    「・・・・・・・・・・・・・・ダメだよ」
    「あ?」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱりダメだ」
    「なんだそれ」
    「・・・・・ダメなものはダメだよ・・・・・・・・・・」
    「一回フられたくらいでもうリタイアかよ。情けない」
    「・・・・・そういう問題じゃないんだ」
    「だーーー!じれったい!ナニが問題だっての!」




















    「マリンちゃん・・・人妻だった・・・」

    「えッ!?」
    「・・・・・旦那さまがいるんだって」
    「あららららら・・・」
    「・・・・・もうすぐ子供も産まれるんだって」
    「だからオッパイ大きかったんだ」
    「オッパイなんてどうだっていいよ!」
    「・・・・残念だったな。トラジ・・・」
    「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
    「さすがに・・・・人妻じゃあなぁ・・・」
    「・・・・・・・・・・・」
    「しかし、そのテの情報くらい仕入れられそうなもんだけどな」
    「・・・・・・」
    「あ・・・新顔だったっけか、マリンちゃんは」
    「・・・」
    「まあ、アレだ。世の中、他にも女のコはいっぱいいるから!」
    「・・・・・・・・・・鳴った」
    「なに?」
    「・・・・キミのケータイ、今鳴ったよ・・・・」
    「そうか?どれどれ」
    「・・・・」
    「彼女からメールだ。はは・・ちょっと待っててな」
















  『私は一人で帰ります。

  どうぞ気が済むまで、

  ずーーーーーーーっと

  ネコと遊んでれば??

  ・・・・・・・・・・・バカ!』


    ・・・・・・・・。

    「トラジ・・・・。どうしよう・・・」
    「・・・・・キミってサエないね」

                                           -完- 

                           ★★★★★★★★★★★★★★★★

                     ご訪問ありがとうございました!
           こんなバカバカしいフィクションを支持される奇特な方、
            ランキングへ清き1クリック投票をお願いいたします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                      人気blogランキング


コメント(転載)


これ面白いですね~♪

・・・・・って、笑い事ではありませんね。。
関係は、元通りになりましたか??
僕も、同じような経験したことありますが、
「しーん。」と気まずい空気がながれました。

なにがともあれ、楽しく拝見させていただきました☆

投稿 Lime flavor | 2006.10.07 16:35


To Lime flavorさん
どーもです!ようこそお越しくださいました!

実は、トラジくんがカメラに収められたのは2004年9月。
あれから2年も経っちゃったんですね。お蔭様でその後も
なんとか(?)仲良しを保っております。
Limeさんも日々ご油断なきように。(^^;)

先日久々に江ノ島に行ってきました。でもトラジくんには
会えませんでしたね。元気だとイイなぁ…。

またゼヒ遊びに来てくださいね♪

投稿 ヤセガエル | 2006.10.07 23:15


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪BONEY JAMES / Ride♪


    ride 00

         スムーズジャズ・シーンにおける現役トップ・アーチストの一人、
         ボニー・ジェイムス。初めはモーリス・デイのキーボーディストと
         して活躍し、80年代後半頃からは、サックス・プレイヤーとして
         一気にその才能を開花させたマルチ・プレイヤーです。

         カリフォルニア出身で、本名はジェイムス・オッペンハイム。
         ランディ・クリフォードのバック・ミュージッシャンだった頃、地元
         カリフォルニアと、ツアーでまわった東海岸の、ギャランティと
         物価の落差に驚き、「これじゃ食べていけない!ヤセちゃうよ」
         とコボしていたことから、ボニー(おヤセの)・ジェイムスとよば
         れるようになったとか。

         そんなボニー君も、今ではシーンを代表する稼ぎ頭。
         今回ご紹介する、2001年に発表されたRideではグラミー
         賞にノミネートされるまでになりました。
         このアルバムは、彼の初期の音楽活動で重きをなしたソウル、
         ファンク、R&Bのカラーが色濃く表れており、ラジオ・フレンド
         リーなだけのスムースジャズとは一線を画する、大人の色気を
         まとった上質な作品となっています。

    ride 01

                              【おすすめナンバーレビューは↓↓↓】

          ② Grand Central
          まるで詩人の吟遊のようなサックスが耳に心地よい秀作。
          ミドルテンポの曲中にあって、繊細なブローを響かせるテナー
          サックス。さりげなくLIVE感を演出するジェリー・ヘイのホーン・
          アレンジ。ポール・ブラウンのワウ・ギター。全てがアダルト。

             

          ③ Rpm
          コイツはカッコイイ!COOL!ボニーの楽曲としては珍しい、
          ストリート・ライクなドライブ感が特徴。いや、よくよく考えたら
          ボニーはストリート・ファンクがベースにあるんだったっけ?
          多音色になりがちなスムースジャズ界に、一石を投じる作品。

             

          ④ Something Inside
          デイヴ・ホリスターのヴォーカルをフィーチュアした、これまた
          しっぶ~いナンバー。この品の良さ、垢抜け方はボニー以外
          では出せない味ですね。R&Bのチャートでやたらと評価され
          ているのも、下世話な感じがしないクールさがウケてるのかも。

             

    ride 02

          というワケで、今回ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
          ボニーのサックス・プレイは上品でテクニカル、旋律はSEXY。
          それでいて競演者にゴリ押しするとことが無いので、多数の
          ミュージッシャンのアルバムに「お呼ばれ」されてますね。
          きっとみんなから可愛がられてるんだろうな~なんて思って
          しまいます。だって「おヤセのジェイムスくん」だもの。(笑)

                      

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                 このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                      人気blogランキング


コメント(転載)

こんにちは★
「おヤセのジェイムスくん」の記事。いやいやアルバム紹介、楽しく見させてもらいました♪
Boney Jamesは聴いたことが無かったので、試聴してみたのですが、粋なサックスですね★
いや。はまりそうです。。。。
前回、コメントした際、言い忘れていたのですが、僕もSmooth Jazz系の音楽紹介ブログを開設しています。よろしければおこしください☆

投稿 Lime flavor | 2006.10.05 12:17


はじめまして!
sfといいます。
Smoothjazzを中心としたブログを書いてます。
お時間があるときに、お立ち寄り下さい。

Boney Jamesさんいいですね。
最新アルバムのShineは圧巻!
また、顔出させていただきますね。

投稿 sf | 2006.10.05 12:41


To Lime flavorさん
コメントありがとうございます!m(_ _)m
そっか…「粋」という表現がありましたね。なんかそっちの
表現の方が、よりシックリはまる気がします。(^-^;)

Lime flavorさんのブログ、探し出して訪問させて頂きます!
また遊びにきてくださいね♪

…あ。アドレスあった。(^-^;

投稿 ヤセガエル | 2006.10.05 18:37


To sfさん
初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!

「Shine」はやっぱり良いデキみたいですね。
「Body Language」と、どっちを買おうか迷ってましたが、
「Shine」にしようかな(^-^)

sfさんもブロガーさんでしたか!
のちほどオジャマさせていただきます♪

またお気軽にお越しください。m(_ _)m

投稿 ヤセガエル | 2006.10.05 18:56


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2006 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。