■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪JAMES INGRAM / It's Real♪


    its real00 

          クインシー・ジョーンズの秘蔵っ子、ジェイムス・イングラム
          ’81年の大ヒット・ナンバー「愛のコリーダ」でヴォーカリスト
          として名乗りを上げたジェイムスは、同年発表の「ワン・ハンド
          レッド・ウェイズ」でいきなりグラミー賞を受賞。超大型の新人
          R&Bシンガーとしてその名を全米に轟かせ、以来20年以上
          の長きに渡り、ヒット曲を送り出し続けています。

          その歌声とソング・ライティング能力は、特にバラードとデュエッ
          ト曲において真価が発揮されており、80年代前半は、当時同じ
          デュエット曲で多くのヒットを飛ばしていたピーボ・ブライソンと並
          んで、「デュエット曲の帝王」的ポジションを確立していました。
          代表的なものを挙げると、マイケル・マクドナルドと共演した
          「Yah Mo B There 」や、リンダ・ロンシュタットとのデュエット
          曲「Somewhere Out There」などがあり、これらはジェイ
          ムスの代表曲であり、80年代を代表するデュエット作品です。

          今回ご紹介するのは、’89年にリリースされたオリジナル・アル
          バムIt's Real。80年代最高のバラディアーと言われたジェ
          イムスの、ハートフルなヴォーカリゼーションがタップリ詰め込
          まれた作品です。

    its real01

             ★★★★ おすすめトラックのレビュー&試聴は↓★★★★

          ⑤ Love Come Down
          このアルバムは、意識的にダンス・トラックとバラード・トラックを
          分けて収録していて、①~⑤はHard(ダンス)、⑥~⑪はSoft
          (バラード)になっています。この⑤はHardの最終トラック。イン
          トロの歌い出しからR&Bヴォーカル炸裂。カッコ良すぎっ!! 

          ⑧ Love 1 Day at A Time
          バラディアーたるジェイムスの面目躍如。楽曲は骨格がR&B
          で、テイストはAOR。ジェフ・ポーカロのドラム、ポウリーニョ・
          ダ・コスタのパーカッション、アーニー・ワッツのサックスが「巧」
          です。ヴォーカルは、濃いけどスタイリッシュ。きっと貴方も虜。 

          ⑨ I Don't Have The Heart
          全米No.1をもぎ取った最高のバラード。楽曲のメロディ、編曲
          そして歌詞の全てが見事に組み合わさった傑作。始めから終り
          までほとんど一人で歌いきるジェイムスの歌唱力は、何か特別
          な力によって突き動かされているよう。魂を揺さぶられます・・。

          

                 ★★★★★★★★★★★★★★

          さて、このアルバム。正直、ダンス・トラックは全体的にイマイチ
          です。楽曲の質が悪いという事ではなく、いわゆる「流行りモノ」
          の音(初期の打ち込みとか)が主体なため、どうしても時代を感
          じる部分があったりしますね。ジェイムスのヴォーカルもマッチ
          してないです。
          ただ、その分バラード・トラックの充実ぶりは素晴らしいです。
          バック・ミュージッシャンも最強クラスを揃えているし、オリジ
          ナル以外のカヴァー曲もGOOD!後半の6曲だけでも十分
          ペイできちゃいます。

          これから迎えるクリスマス・シーズン。大切な人と過ごす時間
          にピッタリのジェイムスのバラード。これを機会にチェックして
          みてはいかがですか?(^-^)/

                                

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

スポンサーサイト

テーマ : R&B/Doowap/Sweetsoul    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DIANE SCHUUR / Timeless♪


    timeless.jpg 

          【聖なる夜はスタンダード・ジャズで♪】

            盲目の歌姫、ダイアン・シューア。’53年ワシントン州生まれ、
            スタンダード、モダン、R&BからPOPSまでこなす天性の歌声
            と、類稀な音楽的才能を与えられたシンガーです。

            白人特有のクリアな発声とパワフルな声量、細かいニュアンス
            を拾い出せる情感豊かな表現力を持った歌声は、リスナーを
            陶然とさせる香気に満ちており、一度それを耳にしたら決して
            忘れられない魅力ある響きを持っています。

            また、ピアノの腕前も達者で、弾き語りも大得意。自身のコンサ
            ートや、ゲスト・ヴォーカルで参加したLIVEでも、たびたびその
            パフォーマンスを披露しています。

            今回ご紹介するのは、’86年発表のアルバムTimeless
            GRPレーベルのジャズメン達がこぞって参加したこの作品は、
            スウィング・ジャズの醍醐味を堪能できる洒落たアレンジと、
            ダイアンの変幻自在のヴォーカルが楽しめる、グラミー賞
            受賞アルバムです。

                             ★★★★★★★★★★★★★★

            いつもですと、ココから各曲のレビューに入るとことろですが、
            今回のアルバムはスタンダードばかりなんで、アルバムレビュ
            ーのみにいたします。(逃げたな?)

            まずはパーソネル。
            バックのフルバンドの中には、ダイアンを見出したスタン・ゲッツ
            を始め、トム・スコット(Sax)、デイヴ・グルーシン(Key)、リー・
            リトナー
(G)といったレーベルのトップ・ミュージッシャンたちが
            参加しています。ビリー・メイらのアレンジに乗って展開される
            スタンダード・ナンバーは、いずれも洗練された都会的な味わい
            でまとめられており、あくまで主役のダイアンを殺さない、抑えの
            効いた演奏に徹しています。

            ダイアンの歌声はまさに変幻自在。
            曲によって様々なテイストを、ごく自然に使い分けています。
            特筆すべきは、低音から高音へスライドしていく際の、滑らかさ
            と声量の配分(バランス?上手く表現でき~ん!)の加減の妙。
            曲調がテンパってくると、ナチュラルにハズれるところはご愛嬌
            としましょうか。ビブラートのワンパターンさ(失礼!)も、ヘタな
            テクニックの品評会みたいになってないので私は好きですね。

            個人的にこのアルバム、大切な人とのデートにいかが?という
            作品なんで、以下はおすすめトラックと、それに相応しいシチュ
            エーション(?)です。よろしかったらご活用くだされ。

                          Easy to Love               
                        ・・・車中のBGMに。
                         How About Me           
                                     ・・・夜景を観ながら。 
            I Can't Believe That You're in Love With Me 
                                ・・・②と同じ。車中のBGMに。
                                      Impossible      
                        ・・・プレゼントを渡すならこの曲をバックに。
                               Don't Like Goodbyes
                                 ・・・押し倒すならこの曲だ!

            ・・・アホな話はさておいて・・・。(^-^;)
            フルバンドを従えたスタンダードのアルバムは、他にカウント・
            ベイシー・オーケストラと共演したものがありますが、私はこの
            Timelessの方が好みです。
            もしこのレビューで興味をお持ちになりましたら、サンプル・ファ
            イルへのリンクを貼っておきますので、試聴してみて下さいね!

           

                            ★★
★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ザ・ベーシスト in YouTube♪

          本日のYouTube 特集は、一流ミュージッシャンによる超絶
          プレイ2連発!今回は個性派ベーシストをご紹介!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

          まずはLEVEL 42マーク・キング。泣く子も黙るチョッパー
          魔人。しかも歌も歌う、曲も書く、リーダーもやる。多芸ナリ。
          プレイの特徴は超高速スラップ。この動画は、ソロじゃなくて
          曲のハズだけど、他のパートはタダのオマケになってます。
         ♪オレの親指についてこれるか?って具合の動画はコチラ↓ ♪

   

          元祖・変態ベーシストのジャコ・パストリアスです。その経歴も
          今更語るまでもない「天才」アーティストですね。動画は大変
          短いものですが、独特のフレージング、ハーモニクスによる
          アンサンブル、ディレイを用いたオーバーダブ。全部アリ!!
            ♪エレキ・ベースの革命家、ノリノリ・ソロプレイはコチラ↓ ♪

   

            ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          今回は3本で終了でございます。
          最近ちょっと忙しくなってきたんで、ボリュームが減っちゃって
          申し訳ありません・・・。ご勘弁を~ m(_ _)m

            ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                    清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


トラックバック(転載)


» とても面白いブログですね [拾得ブログ]
とても面白いブログですね、お気に入り登録させてもらいました、面白い動画を取り上げてるんで良かったら私のブログもみてくださいね♪
[続きを読む]

受信: 2006.11.27 14:23


» you tube [you tube で動画を楽しむ]
you tube 視聴者
[続きを読む]

受信: 2006.11.28 13:05


» youtube アニメモ [youtube アニメモ]
youtubeのアニメ、おもしろ動画を紹介していきます
[続きを読む]

受信: 2006.12.07 21:53


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪AIRPLAY / Airplay♪


    airplay.jpg

          ジェイ・グレイドン(G)、デビッド・フォスター(Key)、トミー・ファ
          ンダーバーク(Vo)によって結成されたユニット・AIRPLAY
          彼らが残した唯一の作品Airplay(邦題:ロマンティック)』は、
          リリース後26年を経た現在でも、「AORの金字塔」としてファン
          の心の中で輝きを発し続けています。

          面白いのはバンドの辿った軌跡ですかね。
          当時、売れっ子プロデューサー兼ミュージシャンだった、ジェイ
          とデビッドの間で、最初はバンドというより、楽曲の共作をした
          のが AIRPLAY 発生のキッカケ。
          こんなカンジ(脚色アリ)。↓

          「ジェイ。いいバラードが出来そうなんだ」
          「ほうほう、どんなの?」
          「どんなの?って、こんなカンジかな。♪♪ ~~~~♪♪ 」
          「イイじゃんか!素晴らしい!」
          「イイかな?」
          「デビッド、明日時間ある?」
          「へ?明日?」
          「せっかくだから仕上げようぜ」
          「それはまた早いね」
          「奥さんに歌詞作ってもらえよ。歌はオレ担当な♪ 」

          こんな会話がなされたかどうかは別として、これに近い経緯で
          『Should We Carry onがまず完成。当初はこの曲、こ
          れまでがそうだったように、他のアーティストに提供されるはず
          でした。ところが、提供先のアーティスト周辺でゴタゴタがあっ
          てこの曲はお蔵入り。これ以外にもポツポツと共作が出来つつ
          あったジェイとデビッドは、「いっそのこと自分らでメンバー集め
          て、アルバム作ったろか」って話に発展していったとか。

          一度そういう話になると、LAにシマを持つ彼らの弟分たちが
          黙ってません。「ジェイ兄貴とデビ兄貴が一旗挙げるらしいぞ」
          と伝わるや否や、彼らのもとに腕利きたちがゾロゾロと集結。
          TOTOからはポーカロ兄弟を始め、スティーヴ・ルカサーデイ
          ヴィッド・ハンゲイト
が、ソウル畑からはレイ・パーカーJr.ジェ
          リー・ヘイ
率いるホーン・セクションが、さらに「マブダチ」ビル・
          チャンプリン
らも参加。
          さらに、リード・ヴォーカリストとして、「フィリップ・ベイリーのファ
          ルセット・ボイス(裏声)を地声で歌う」トミー・ファンダーバーク
          合流し、緻密な楽曲作りとレコーディングが開始されたのです。

                     ★ レビュー&試聴はコチラから↓ 

          ① Stranded
          アルバム1曲目はトミー・ファンダーバークの見せ場です。
          作詞とバック・ボーカルを担当したトム・ケリーとのハイトーン・
          コーラスは、正にLAポップ・ロックの王道。イントロ部分の歌い
          出しから、ドラムのフィル・インまでの17秒間はすでに伝説。

         

          ② Cryin' All Night

          曲の中心となるピアノとシンセ、鮮やかに奏でられるツインギ
          ター・ソロ、AIRPLAY の「らしさ」が美しく表れたナンバーです。
          この曲の影響力はかなり大。様々なアーティストがこの曲の
          フレーズをパクってます。日本ではハウンド・ドッグとか(@_@;)

          ③ It Will Be Alright
          リード、バックともにヴォーカルはトミー・ファンダーバークです。
          作詞のアリー・ウィリスは、このトミーを、ジェイとデビッドに引き
          合わせた功労者。アリーが居なければこの曲もAIRPLAY
          無かったかもしれません。非の打ち所が無い珠玉のバラード。

          ④ Nothin' You Can Do About It
          マンハッタン・トランスファーのアルバムにも収められた名曲。
          デビッドの作品だが、ジェイもお気に入り。’94年に日本で催さ
          れた「JT・スーパー・プロデューサー」イベントで、デビッドとジェ
          イが同じステージに立ち、「AIRPLAYの曲」として演奏。感涙。

          ⑤ Should We Carry on
          冒頭にもあるように、AIRPLAY 始まりの曲であり、ファースト・
          シングルです。デビッドの奥さんが作った歌詞を歌うのはジェイ
          その人(笑)。ヴォーカリストとしても抜きん出ていますね。当時
          のAORの教科書的サウンドです。ボズが歌っても似合いそう。

         

          ⑥ Leave Me Alone

          面白いです、歌詞が。一聴すると、「オマエは自分で思ってる程
          イイ女じゃねーよ」とか「ウザイから消えてくれ」とか非常に強気
          です。でもよ~く聴いてると・・・・・「独り言」のようです。コレは。
          つまり心の中の「叫び」ですね。ハッキリ言えばイイのに・・・・。

          ⑦ Sweet Body
          個人的な話題でアレですが、この曲、友人達とモメる原因に
          なった曲です。このアルバム、曲ごとのパーソネルが不明なん
          ですね。アルバム単位でしか書かれてないんです。で、この曲
          のギターは誰だ、と。ジェイだ!いやルカサーだ!と。懐かし…

          ⑧ Bix
          トミー・ファンダーバークとビル・チャンプリンが交互に、あるい
          はコーラスで迫るナンバー。トミーの抜けのよいハイ・トーンと、
          ビルのハスキー・ヴォイスのコントラストが秀逸。トム・ケリーも
          参加している(かもしれません)。ホーン・セクションも大迫力!

          ⑨ She Waits for Me
          ナゼか日本でのシングル・カット第1号。記憶違いでなければ、
          リボン・オレンジだかシトロンだかのCMで使われてたような?
          ’77年にジェイが作曲したポップ・チューンです。アルバムの中
          では最も「わかりやすい」タイプの楽曲ですね。スシで言うトロ。

          ⑩ After The Love Is Gone
          全米チャート2位を獲得したナンバー(EW&Fバージョン)で
          あり、デビッドの代表曲。セルフ・カバー版は、原曲バージョン
          よりもメリハリが効いていて、ギターが前面に出ていますネ。
          コーラスもパンチが効いてます。こういうのもアリかなと。  

         

             ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          さて、この AIRPLAY。アルバムAirplayが完成後、まる
          で何事も無かったかのように解散してしまいます。
          その作品の完成度の高さ、先進性を見せつけられた私たちの
          感動・賛辞、続編への期待など意にも介さずに。

          いや「解散」という表現も適当ではないかもしれません。
          そもそも彼らに「自分達はAIRPLAYというグループだ」という
          意識があったかどうかも疑問。常時、複数のレコーディングと
          プロデューサー業で超多忙だった当時の彼らが、バンド活動
          など出来る筈はないし、Airplayという「作品」が完成すれ
          ば、それで満足だったのかもしれません。

          ジェイとデビッドから何気なく始まった共作活動は、LAの俊英
          たちとのスタジオ・ワークへとつながり、そこで紡がれた才能と
          職人技は「AORの金字塔」となる楽曲を生み出しました。
          昨年、ジェイ自らによるリマスター版がリイシューされ、ファン
          から熱烈歓迎されましたが、ジェイが語るように、ベースとドラ
          ムの中低音域の再現は未完のままです。マスターテープは
          彼らの近くに現存しているようなんで、次はリミックスまで踏み
          込んだ「完全版」をリリースして欲しいですね。

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆空耳アワー in YouTube◆


          本日のYou Tube 特集は、深夜枠の長寿番組「タモリ倶楽部」
          の人気コーナー、『空耳アワー』の傑作選。
          「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる」
          甲乙つけがたい抱腹絶倒の8作品!一気にGO♪

               ★★★★★★★★★★★★★★★

    【ELP の空耳♪ 】

   

    【プリンスの空耳♪ 】

   

    【ルイ・アームストロングの空耳♪ 】

   

    【ジプシーキングスの空耳♪ 】

   

    【アット・ザ・ドライヴインの空耳♪ 】

   

    【タイガーの空耳♪ 】

   

    【コーマンさんの空耳♪ 】

   

    【マイケル・ジャクソンの空耳♪ 】

   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                     ご訪問ありがとうございました!
            この動画を観て、思わず笑ってしまった!という方、
             ランキングへの1クリック投票にご協力ください!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Earth Run♪


    earth run

          今回ご紹介するアルバムは、’86年にリー・リトナーが発表
          したEarth Runです。

          この作品は・・・・・・ファンの間でも評価が真ッ二つに分かれて
          います(笑)。分かれてしまった原因は、ジャケットに象徴される
          リーのメイン・ギター、正確に言うとギター型のシンセサイザー
          「Synthaxe(シンタックス)」のせい。
          このシンタックスのサウンドを「新しい・面白い」と感じた人は
          このアルバムを歓迎し、「ギター違うやん・シンセやん」と思っ
          た人は敬遠したというワケです。

          ちょっと記憶が曖昧で恐縮ですが、このシンタックス、確か量産
          化の計画があって、その量産化直前、何人かのアーティストに
          モニターを依頼したんじゃなかったかな?
          その中にはパット・メセニーアラン・ホールズワースゲイリー
          ・ムーア
なんかが居て、リーもそのうちの一人。
          …で、曲も何曲か作ってみたよ!というのがEarth Run
          さてさて、果たしてそのデキは如何に?

           ★★★★★★★★ レビューはコチラ↓ ★★★★★★★★

          ① Soaring
          一曲の中で、これほど展開が豊富な楽曲も珍しいんじゃない
          でしょうか。イントロからサビまで曲調がコロコロ変わります。
          リズム・アレンジもスゴイ。特にカルロス・ヴェガのドラミング。
          シンタックスは七変化。コード進行も美しい!私は好きです。

          ② Earth Run
          アコースティックギターがメインのナンバー。ラテン調のAメロ
          からサビへの展開、サビ部分のシンタックスが美メロでGO!
          多彩な音色を得たことで、リーのメロディ・センスも昇華された
          んじゃないかと思いますね。ギターの本質は見失ってません。

          ③ If  I'm Dreaming( Don't Wake Me )
          「寝てる時は起こすんじゃねぇ!」ですね、直訳すると。しかし
          乱暴なタイトルからは想像不可能なほど、美メロが満載です。
          個人的には、名曲「Is It You?」にも勝るヴォーカルナンバー
          だと思いますね。コード進行が神。予測を美しく裏切られます。

          ④ Water Colors
          「ハーレクイン」の流れを汲むアコースティック・トラックです。
          夕暮れ時のビーチにピッタリ。リーのギターはエモーショナル
          でチョット寂しげ。サビのリズム・アレンジは変拍子でタイト。
          空気感と透明感に満たされたレコーディングもグッド・ジョブ!

          ⑤ Sauce
          アルバムにアクセントを与えるロック・チューン。ディストー
          ションの効いたギタープレイがハードです。弾きまくってます。
          …で。③④⑤はシンタックス使ってませんね。使ってたとして
          もバッキングのキーボードと聴き分け不能。シンタックスって…

          ⑥ Butterfly
          原曲はハーヴィ・ハンコック。ナイロン弦の響きが暖かくて
          癒されます。この曲も展開が豊富でリスナーを飽きさせま
          せん。裏方のジミー・ジョンソン(B)と、カルロス・ヴェガ(Ds)
          が、目立たないところでイイ仕事してますヨ。グレイト・ジョブ!

          ⑦ Hero
          ミドル・テンポのお祭りナンバーでございます。LIVE なんかで
          各パートがソロをぶっ放すのに適してますね。まあ、演奏され
          たという話はあまり聞きませんが・・・。アルバムの完成度から
          するとオマケトラックです。…シンタックス、使われないなァ…。

          ⑧ Sanctuary
          無機質なシンセベースが都会的なムードを醸し出し、アコース
          ティック・ギターとピアノの乾いた響きがかぶさります。バックで
          ホーン系のシンセサイザーが主旋律をサポートしていますが、
          おそらくこれはシンタックスでしょう。単音だと存在感は希薄。

          ⑨ Water From The Moon
          アルバムの締めに相応しいドラマティックなナンバー。後半は
          シンタックスを使ったソロがたっぷり。ホーン系の音源を使用
          して、楽曲中の花形となっています。ただ…難しいですねぇ。
          フレーズは紛れも無くリトナー。でも音はシンセ。判別困難。

          "Water From The Moon" から "Earth Run" へと
          続くライブ演奏の試聴はコチラからどうぞ♪ ↓↓↓↓

          

               ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          さて、このアルバム。私は支持派でございます。
          どのへんを支持するのかというと、リーが、このシンタックスと
          いう楽器を手に入れたことによって、シンセサイザーに対する
          識見と、楽曲作りにおける「ツボ」を再構築したという点におい
          てです。

          リー・リトナーほどのアーティストであれば、シンタックスという
          デジタル・デバイスを自在に操ることによって、自分の中での
          シンセ・サウンドの位置付け、あるいは楽曲への関連付けを、
          「自分のもの」として咀嚼できただろうと思われます。
          このアルバムの持つ爽快感や華やかさは、そうした「新たに
          獲得したツボ」がもたらしたものと言えるでしょう。

          以後、リーの作品は、生音を重視したオーソドックスな音色に
          戻っている反面、その楽曲の持つ爽快感や華やかさは、この
          『Earth Runで得られたツボの継承であると私は考えます。

          シンタックスは量産化されませんでした。当然と言えば当然の
          結果かもしれません。ギタリストがギタリストでなくなってしまう
          「悪魔の楽器」でしたから。しかし、リーがこの楽器にインスパ
          イアされたものは決して少なくなかったのではないかと、私は
          思っています。

                                

                     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング
    


コメント(転載)


初めまして。
「空耳」の動画も笑わせてもらいました。

このリトナー作品ですが、私も20年ほど前に貸しレコード屋で借り、90分テープの片面に録音してよく聴いていました。
もう片面は、パット・メセニーの「First Circle」。ギターシンセの使い手でカップリングしたわけです。
このあと私はパット・メセニーにのめりこんでしまったんですが、好みの問題でしょうね。そういえば、このアルバムに参加していたサックスのアーニー・ワッツはパット・メセニーのグループでその後ライブアンダーに参加していましたね。

投稿 Miopapa | 2006.11.20 12:39


To Miopapaさん
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!

『First Circle』は名盤ですね!私のパット入門アルバム
だったりします。友人に薦められて購入して、1曲目を聴いた
時は「ハメられた」と思いましたが(笑)、その後の美メロの嵐
に完全にK.Oされました。今でも愛聴盤です。

ライブアンダー、Miopapaさんはナマでご覧になったのですか?
だとしたら羨ましいです。私は当時、イーストの会場まで1時間
圏内に住んでいたのに、「いつか行こう」と言いながら、一度も
観に行かないままイベント自体が無くなっちゃいました…。
後悔先に立たず…(泣)。

おっと…泣き言失礼いたしました。
またお気軽に遊びにいらしてくださいネ♪

投稿 ヤセガエル | 2006.11.20 15:24


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOZ SCAGGS / Middle Man♪


    Middle Man

          キング・オブ・AORの称号を持つボズ・スキャッグス
          タラレバの話をすると、このアーティストが居なかったら、AOR
          というジャンルは成立していなかったかもしれません。

          ボズのルーツは、ハイスクール時代から続けていたブルースと
          ロック。’71年に発表されたアルバム『 Moments 』は、彼の
          ルーツがそのまま形となって現れた泥臭いものでした。しかし
          ’72年『My Time』、’74年『Slow Dancer』とアルバム・
          リリースを重ねていくうちに、その洗練の度合いを高めていき、
          ロスの有望なスタジオミュージッシャンをメインに据えた’76年
          発表のアルバム『Silk Degrees』では、これまで誰も成立さ
          せていなかった「大人のためのロック」という新ジャンルを完成
          させたのです。

          今回ご紹介する作品Middle Manは、『Silk Degrees
          を製作したスタッフに、デビッド・フォスターというロスのスタジオ
          ミュージッシャンの大ボスを加えた最強布陣。「中年」と名付け 
          られたタイトルとは裏腹に、ハチ切れるビートや、きらびやかな
          シンセ・サウンドがフィーチュアされた楽曲も多く、洗練された
          バラードとの鮮やかな対比が楽しめます。 
          (2012年6月15日、通りすがり氏より、Middle Man は仲買人
          を指すとのご指摘をいただいたため、打消し線を挿入しました)

             ★★★ おすすめトラックのレビュー&試聴はコチラ↓★★

          ① Jojo
          ボズのヴォーカルの非凡さが発揮された秀作。オープニングの
          退廃的な歌い出しと、サビ部分の感情豊かなハイトーンヴォー
          カルが二重丸。典型的なロック・バンドの編成に、ストリングス、
          ブラスをMIXした形は、後のAORサウンドのスタンダードに。

          ③ Simone
          「洗練された」という言葉に尽きる名曲。バックの各パートが
          奏でるメロディは、優れたテクニックに裏付けされた名演。
          ボズの歌と寄り添うように演奏されるアコーディオンがムード
          を盛り上げています。このスタイリッシュな音作りこそAOR! 

          ④ You Can Have Me Anytime
          「ボズのバラードを一曲挙げろ」と言われた時、この曲をピック
          アップする人は多いでしょうね。彼の代表曲であり、傑作です。
          楽曲の素晴らしさはモチロンのこと、そのレコーディングのクオ
          リティもまた傑出しています。ギターソロのインパクトも話題に。

          

          ⑦ Angel You
          ボズには珍しいデュエット曲です。曲調はアップテンポで激し
          く、ボズとローズマリー・バトラー(だっけ?)のヴォーカルが掛け
          合う様は、従来の「デュエット曲」の概念を覆す迫力。面白いの
          はAメロとサビのチグハグさ。でも破綻しないのは編曲の勝利。

          ⑧ Isn't It Time
          全体的にロック色が強いアルバム中で、フッと肩の力が抜ける
          落ち着いたムードをもったトラックです。ボズのキャラかどうか
          は別として、こういう「微笑ましい系」ナンバーは貴重。女性コー
          ラスの雰囲気作りといい、バックの演奏といい、イキですねぇ。 

                ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          今回のアルバムはいかがでしたか?
          あまりにもメジャーな作品なんで、「今更言われんでも!」って
          カンジだったかもしれませんネ。

          ボズは、このMiddle Manをリリース後、その音楽活動を
          停止し、なんと実業家に転身!その輝かしいAORの軌跡も
          伝説になってしまうのかと思われました。
          しかしボズのAORの系譜は、その「ボズ・スタイル」を創造した
          バック・ミュージッシャンたちへ受け継がれ、やがてその系譜は
          TOTO というバンドの成立によって、形を変えて大輪の花を咲
          かせることになります。

          ’88年に一時的に復活したボズは、AORのもう一人の雄・
          ボビー・コールドウェルから『Heart of Mine 』を提供されて、
          これをヒットさせるなど、大きな話題を呼びました。
          こちらのアルバムも、いつかレビューしたいと思っています。

          それではまた次回!

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪80年代PV in YouTube♪


          今回は、YouTubeで見つけた80年代の音楽PVをお届け
          します。いずれも懐かしくて味のある秀作揃い。思い出と共
          に蘇るあの懐メロをアナタに♪

               ★★★★★★★★★★★★★★★

        『ALAN PERSONS PROJECT / Don't Answer Me
          アメコミ調のアニメーションが鮮烈だった、アラン・パーソンズ・
          プロジェクトの「Don't Answer Me」。吹き出しのセリフも
          平易で、単純明快なストーリーだから、みんな納得&喝采。
          アーティストの露出が殆んど無く、当時では珍種のPVでした。
                    ♪ 恋は剣よりも強し!スッキリPVはコチラ↓ ♪

   

          『SWING OUT SISTER / Breakout
          当時、その色使いの鮮やかさと、センスの良さで注目された
          PVです。アーティストとしての彼ら(彼女ら)の潜在的影響力は
          かなり大。日本では、ドリカムなんかが大きな影響を受けてま
          すネ。この「Breakout 」、楽曲のアレンジも素晴らしいです!
                    ♪ 思わず心がウキウキしてくるPVはコチラ↓ ♪

   

          『VAN HALEN / Panama
          当時のギター小僧のヒーロー、ヴァン・ヘイレン。歌うは、世紀
          の軟体シンガー、デイヴ・リー・ロスです。このPVでも、その驚く
          べき軟体ワザを披露。空を飛んだり、警官に捕まったり忙しい
          ですね。LIVE映像を取り入れたプロモ映像のスタンダード。
                         ♪ストレスぶッ飛びそーなPVはコチラ↓ ♪

   

          『THE POLICE / Syncronicity Ⅱ
          孤高の天才・スティング率いるザ・ポリス。彼らの残した数々の
          楽曲は、ロック史に聳え立つ巨塔となって、今尚、多くのアーテ
          ィストから尊崇され続けています。このシンクロニシティー(アル
          バム)は、彼らのラスト・アルバム。鬼気迫る魂の叫びを聴け!
                ♪天才達のオーラが見え隠れする(?)PVはコチラ↓ ♪

   


          さて、今回のYou Tube 懐メロ特集はいかがでしたか?
          ちょっと選曲にバラツキが出たかな?

          次回はSmooth Jazz 系を特集したいと思ってます!
          それではまた!(^0^)/♪

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                 10歳~20歳若返ったかも!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング 


トラックバック(転載)


» ユーチューブとは? [ユーチューブで動画を楽しむ!you tubu.show]
ユーチューブ!「You Tube」は今一番注目の動画共有サイトです。一度ユーチューブを体験すると必ずはまります。わたしも最近このユーチューブの動画をipodに入れて、
[続きを読む]

受信: 2006.11.12 03:32


コメント(転載)


80年代PV特集、楽しく拝見いたしました。
どれもかなりのインパクトですね(^_^;
特に「Huey Lewis」。みんなで添い寝しているシーンにはぷぷっと笑ってしまいました。80年代のPVはこういう感じの物が多いのでしょうか??
時代を感じるのは確かですが、このころの音楽産業は勢いがあったのだな~とPVを見てしみじみ思いました。
次回のYouTube特集も楽しみにしています★

投稿 ライム | 2006.11.13 22:11


To ライムさん
ようこそおいで下さいました。
コメントありがとうございます!(^0^)/

そうですね。この頃は、PVが単なるプロモーションから
「映像作品」へ転換し始めた時期で、各アーティストが
必死でPVの製作を行っていましたね。
「勢い」という意味では、確かにこの頃のパワーはスゴ
かったかも。今観るとイタイものがありますが…(^-^;)

あ。「次回はSmooth Jazz系」と書いたんですが…コレが
なかなかUPされてないという現状に今頃気付きまして…。
ライムさん…どーしよう…(@@;)

投稿 ヤセガエル | 2006.11.14 02:24


Smooth Jazz 系はなかなかありませんよね。。
ちょっと調べてみたのですが、どれもUPするにはちょっと・・という物が多いです。

チェック済みの物がほとんどだとは思いますが、使えそうなものを幾つか載せておきます。

nils :Dave Koz : Peter White & Dave Koz :
Fourplay &Boney James, Rick Braun :
Michael Lington :Acoustic Alchemy :

あまりお役に立てなくてすみません(^^;

投稿 ライム | 2006.11.14 18:26


To ライムさん

お忙しい所、貴重な情報をくださいまして、本当に感謝感激して
おります。ありがとうございました!!

本当にありがとーーーーです!m(__)m★
オススメいただいた動画のうち、NILS、DAVE KOZ、
MICHAEL LINGTON を次の投稿でUPさせていただきます!
自力で探したものとミックスして、次回はヤセガエル&ライム
さんPresentsというコトで。

投稿 ヤセガエル | 2006.11.14 23:08


テーマ : プロモーションビデオ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CASIOPEA / Mint Jams♪

mint jams

ジャパニーズ・フュージョンを語る上で絶対に外せないバンド、CASIOPEA(カシオペア)
'82年に発売されたLIVEアルバムMint Jamsは、カシオペア初期の作品中、もっとも完成度の高い作品として、多くのファンから「名盤指定」されています。

ジャケットのPOPさや、タイトルの付け方の(四人のメンバーのイニシャルをシャッフルした)オサレ加減は、それまで「通好み」のイメージが強かったカシオペアが、自ら肩の力を抜いてみせたという印象を受けます。(演奏は鬼ですケド・・・)

さて、このアルバム。
私にとっては「名盤」というよりも「テキスト」でした。
高校時代、バンドでベース担当だった私が、心血注いで(?)コピーに励み、スラップ・ベースの基礎と応用を学んだのがこのMint Jamsだったのです。個人の技術、バンド・アンサンブルのキモ、そしてカシオペアの奥深さを学んだ一枚ですね。

★★★★レビューはコチラ↓★★★★

Take Me
キーボードの向谷実氏がメイン。このトラックでは抑えの効いた音色と演奏ですね。以後メイン機器となるDXやKX系の仰々しいデジタル音源よりも、こっちの方が味があるかな。向谷氏のプレイを引き立てるギターのバッキングも秀逸。いと麗し。



Asayake
カシオペアの代表曲。というよりも同義語。LIVEでコレを演奏しなかったら暴動モノ。なんたって、サビの部分で「Hey!」を連呼するのが私達の生き甲斐だったんですから。当然バンドでコピーしましたね。難易度的に私は楽勝、ギターは地獄。(笑)



Midnight Rendezvous
カシオペアの美メロ、テク、渋さ、カッコ良さが凝縮された傑作。およそジャズ・ファンクに求められる全ての要素を満たした一曲です。キモは桜井哲夫師、神保彰氏のリズム隊によるタメ。リードを取るギターを際立たせてます。ユニゾンの早弾きには降参。

Time Limit
凄まじいグルーヴの嵐!野呂一生氏のギターが弾きまくり&吼えまくり。タイトなドラム、スリリングなベース、多彩な音と技でメリハリを演出するキーボード。それぞれが「鬼」のテクを披露。私はこの曲、ギブでござんす。音拾えないし。(譜面読めない)

Domino Line
ワタシ的には、この楽曲がカシオペアのNo.1だと思ってます。彼らがただのテクニック集団ではないことの証左。本当~~にメロディが美しいです。涙出ます。ハナミズも一緒に出ます。バンドでコピーしましたね。難易度的に私楽勝、ドラムは地獄。

Tears of The Star
バラード・チューンのナンバー。初めしっとり終わりはバーン!て感じの起承転結が特徴的。我がバンドのキーボード担当がコピーを提案して、取り掛かった数日後、ギター担当が泣きながらギブ。いわく「指10本じゃ弾けね~ヨ~」。じゃ野呂氏は?

Swear
LIVEでお馴染み、ミドル・テンポのウキウキHAPPY系(?)ナンバーです。神保氏のドラムが「ドドドドド!」とロールした後の、向谷氏のキーボード・ソロが名物。クリスマス・ライブでは決まってソコは「真っ赤なおハナの~♪ 」でした。(涙)

-------

そんなワケで、思い出イッパイ、こぼれ話マンサイのアルバムMint Jams。今改めて聴いても、当時のことが蘇ってきて客観的なレビューは困難ですね(笑)。ただ、ファンの「名盤指定」には私も諸手を挙げて賛成します。

Photographs』発表のあたりから、一気にメジャー路線へ突き進んだカシオペアも、メンバー・チェンジなどの様々な紆余曲折を経て、今年活動を休止しました。リーダー・野呂氏の意向とのことですが、昨今アメリカで起きているスムースジャズのブームや、そこで活躍する彼と同世代のアーティストを見るにつけ、カシオペアという音楽集団が選択した決断には寂しさを禁じえませんね。いつの日か、彼らが鮮やかな復活を遂げて、それに歓呼を送る瞬間が訪れることを、私は期待しています。

★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

人気blogランキング


コメント(転載)


ヤセガエルさん,コメントありがとうございます♪
ヤセガエルさんの最愛聴トラック,カシオペアの『ミント・ジャムス』の【ドミノ・ライン】批評を喜んでいただきうれしく思います。
コメントするのは初めてですが,JAZZランキングのライバル(冗談)ですので? ちょくちょくブログ読ませていただいておりました。ヤセガエルさんのカシオペアのレビュー,熱いですよね。

【ドミノ・ライン】の聴き所。ご指摘のドラム・ソロ後のギター・ソロ! 勿論素敵です。
さて,カシオペア復活のアカツキには(ナルチョに罪はありませんが)野呂,向谷,桜井,神保の4人しかあり得ません。
カシオペアのオリジナルCDは全部買い続けてきましたが,私にとってのカシオペアは『ユーフォニー』で終わりました。

TBさせていただきます。これからもどうぞよろしくお願いします。ランキングのライバルはやめて仲良くしてくださいね。

投稿 セラビー | 2007.08.31 00:54


To セラビーさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)/

セラビーさんのような先輩の方から“ライバル”
と言われたら「うわわ…失礼しましたっ(白旗)」
ってカンジですが、カシオペアを愛する同志と
いうコトで、今後とも末永くご好誼賜りたいと
希望しております。m(__)m

さて、セラビーさんのおっしゃる「復活はあの
4人で!」という意見は、私も含めたファンの
最大公約数的意見ではないかと思います。
実は私もセラビーさんと同様、“EUPHONY”で
区切りを付けたクチですし。
ナルチョはナルチョでモチロン好きだったワケ
ですが、カシオペアはあの4人だからこそカシ
オペアたり得たと思うんですよね。
「復活はあの4人で!…出来れば近々に!」と
いうのが私の願いです。

あ~…話題がカシオペアになると、どーしても
長文になってしまいますね…( ̄∀ ̄;)
これからも、どうぞお気軽に遊びにいらしてく
ださいませ♪ (・ω・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.08.31 02:16



テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JOE PASS / Whitestone♪


    whitestone.jpg 

          ジャズ・ギターの「遅咲きの巨匠」JOE PASS(ジョー・パス)
          10代の頃からプロ・ミュージッシャンとして活動し、類稀な才能
          を有しながらも、様々なトラブルや薬物依存症との闘いで、アル
          バム・デビューまでおよそ20年の月日を要したことが、「遅咲き
          の巨匠」とよばれる所以です。

          ジョーのスタイルは、いわゆるオーソドックス・スタイル。コードを
          基調としたアルペジオ、それを発展させたソロ・プレイは、「ビ・バ
          ップ・ギターの教科書」と称えられています。
          彼の代表作といえば、『For Django』や『Virtuoso』シリーズ
          が挙げられますが、ココはあえてそういった直球の名盤ではなく、
          魔球なみの変化球(?)作品Whitestoneをご紹介します。

                  ★★★★★おすすめトラックはコチラ↓★★★★

          ① Light in Your Eyes
          このアルバムを知らないジョー・パス信者は、この曲が始まっ
          た途端「あれッ?かけるアルバム違ってない?」と仰ることで
          しょう。そのくらいプレイ・スタイルが異なっています。というか、
          完全にフュージョンですから。チョーキングとかしてるし(笑)。 

          ⑥ Lovin' Eyes
          コチラはヴォーカル・ナンバーです。ゲスト・ヴォーカリストの
          アルマンド・コンピーンが、なかなか雰囲気のある物憂げな
          トーンを聴かせてくれます。ジョーのギターは完全に脇役に
          なってますが、要所要所で小粋なソロを披露。しっぶ~い♪

             

          ⑦ Amanacer

          曲調は「南の島」。でもジョーのギターはしっかりジャズギタ
          ーです。芸達者ですね。「ビ・バップの大統領」であるジョー
          のプレイは「うおー…」。このトラックのプレイは「ムフ♪」です。
          このアルバムのコンセプトは、この「ムフ♪」にあるとみた。 

          …というワケで、今回のアルバムはいかがだったでしょうか。

          ’85年のこの作品は、早い話、ジャズではなくフュージョン
          作品です。パーソネルの面々も、ドン・グルーシン、エイブ
          ラハム・ラボリエル、ネイサン・イースト、ハーヴィ・メイソン
          などのフュージョン畑のミュージッシャン。彼らは当時の第
          一線とはいえ、ジョーから見れば、まだ頭に殻の付いている
          ヒヨっ子に見えたかもしれませんネ。
          そのヒヨっ子たちと和気藹々、楽しげにプレイしています。
          もしかしたらジョーはこのアルバムで、「求道者なんて窮屈
          だからネ」とか言いたかったのかもしれません。

          自らを「芸人」と評していたジョー。『Virtuoso』が彼のライ
          フワークだとするなら、Whitestoneは、彼の「芸人」と
          しての「遊びゴコロ」が表れた作品と言えるでしょう。

          ’94年、癌のためにこの世を去った偉大な「芸人」に合掌。

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■沈黙の戦艦■


     under siege

          今回は、ヤセガエルおすすめの映画を紹介したいと思います。
          作品は’92年公開の『沈黙の戦艦(Under Siege)』
          スティーブン・セガール主演のアクション映画です。

          これまで、世界で製作されたアクション映画は、それこそ星の
          数ほどあるでしょうが、これほど主人公が強い作品は他に無い
          でしょう。おそらく人類史上最強。無敵!

    sgl00.jpg

                  ↑ 【無敵のセガールさん】

          タダの「うどん食い」かと思ってたら、合気道七段で、空手、柔術、
          中国拳法、果ては大阪弁までマスターしている「うどん食い」なの
          でした。
          共演するスタントマン達から、「あのヒト、手加減しないからイヤだ」
          と恐れられている無法者。

          さて。その無敵のセガール演じる主人公の名はライバック。
          かつて米軍特殊部隊SEALで「BEST」だった男。率いる部隊を
          失ったことで一兵卒に落とされたその男は、彼の元上官だった
          戦艦ミズーリ号艦長の温情で、艦のチーフ・コックとして勤務し
          ています。

          事件はその戦艦ミズーリの航海中に突如発生します。
          艦長の誕生パーティーのさ中、バンドマンに変装して艦に紛れ
          込んだテロリストと、それに加担する副長が反乱。乗組員を人
          質に取って艦を制圧してしまいます。
          テロリストの目的は、戦艦ミズーリに搭載されている核ミサイル
          の強奪。無敵の男・ライバックは、この事態をどう解決していく
          のか??…という物語です。

          この映画。見所その①はキャスティング。
          テロリストのボスを演じるのは、最近宇宙人であることをカミン
          グ・アウトした(?)オスカー俳優、トミー・リー・ジョーンズ
          CIAの戦術指導をしていたスゴ腕の工作員という役柄を、独特
          のクセのある演技で見事にこなしています。
          頭がキレるんだか、キレているんだか判らない、ボスのハチャ
          メチャなキャラクターは、セガール演じるライバックの冷静沈着
          なキャラと好対照。

    tmljns.jpg

                ↑ 【宇宙人ジョーンズさん】

          帽子をかぶっていると、まだ地球人に見えますね。
          オスカー史上、地球人以外の受賞者はジョーンズさんだけ。
          最近は、日本で運送業やカラオケ産業に従事する姿が目撃さ
          れています。
          彼の働く地域の方々から、「壊したドアを直さないからイヤだ」
          恐れられれている無法者。

          ガセはともかく、見所その②は格闘アクション。
          セガールのアクションは超早業です。「あッ!」と思った瞬間、
          その勝負は決まっています。もちろんセガールの勝ちです。
          作品の中で見せる体術は、上にもある通り、数々の武道を
          ミックスした合理的で実戦的なもの。これまでのアクション映画
          にあった派手な演出や虚飾は一切省かれています。その分
          「実際の戦闘はさもあらん」と思わせるリアリティに脱帽。

          見所その③はストーリー展開。
          事件が起きてからの展開は簡潔でスピーディー。脚本の良さ
          や役者の演技力もあるでしょうが、「なにが、どーして、どーな
          ったか」を表現するのが大変巧みです。
          セガール演じるライバックが、テロリスト達を徐々に追い詰め
          ていく様は、同じ艦内でそれを目撃しているような錯覚に陥り
          ます。

          見所その④はマニアックなリアルさ。
          電子レンジでインスタント時限爆弾を作ったり、砲弾を解体して
          みたり、衛星通信の回線を確保するシーンは、「元SEAL」とい
          う肩書きを納得させる演出。ガンの構え方も堂に入ってます。
          つーか、ほとんどプロです。映画とはいえ、様々なトラップに引
          っかかって命を落としていくテロリストたちが可哀相に思えたり
          もします。

    sgl01.jpg

      「キッチンでは無敵だぜ」

          と、続編でのたまったチーフ・ライバックですが、キッチンの外
          でも人類最強。対抗し得るのは、おそらく宇宙人・ジョーンズ
          ただひとり。果たしてどちらが勝つのか、それは映画を見ての
          お楽しみ。

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                    この映画を観てみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                      人気blogランキング


トラックバック(転載)


» 日本拳法:突きが真っ直ぐ伸びていく。 [どーでも動画【youtube】]
日本拳法の公式試合動画。K−1など見慣れたせいか、不思議な感じです。 wikiより [波動拳] 日本拳法の直突きの威力は他の流派にもあまねく知られており…
[続きを読む]

受信: 2006.11.26 14:49


テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

 

 


 

 

♪KENNY LOGGINS / High Adventure♪


    High Adventure 

          今回ご紹介するCDは、ケニー・ロギンスが’82年にリリース
          したアルバムHigh Adventureです。
          ケニーの魅力である、感情豊かなハイトーン・ヴォーカル、メロ
          ディアスな楽曲、万人に伝わる簡潔なメッセージ、これらを高い
          次元でまとめ上げたこの作品は、ファンは勿論、同時代の多く
          のアーティストからも熱烈な支持を集めた名作として、高く評価
          されています。

                                 【レビュー&試聴はコチラ↓】

          ① Don't Fight It
          オープニングに相応しい、元気いっぱいのロック調トラック。
          当時、インダストリアル・ロックでチャートの常連だったジャー
          ニーのヴォーカル、スティーヴ・ペリーとの豪華デュエット曲
          です。邦題は「サンライズ・パーティー」(!)。・・・とほほ~。 

          ② Heartlight
          アコースティック・ギターをメインにおいた、ケニーらしいナン
          バー。ロギンス&メッシーナ時代のスタンスで作曲・編曲され
          ています。楽曲としてはやや地味な味付けですが、ケニーの
          ヴォーカルの持つ表現力の豊かさを実感させられる曲です。

          ③ I Gotta Try
          マイケル・マクドナルドとのコラボレーションによって産まれた
          佳曲。「What A Fool Believes」以来、二作目となるこの
          コラボ作品は、同時にマイクのソロ・アルバムにもマイク・バ
          ージョンとして収録されました。編曲はケニー版の勝ち!!

          ④ Swear Your Love
          オーバー・ドライブさせたエレクトリック・ギターがキモチイイ、
          またまた元気いっぱいのトラック。当時、スタジオ作品と同等
          もしくはそれ以上に重視していたLIVE向けのナンバー(だそう
          です)。この静と動のメリハリが、ケニー作品の魅力なのです。

          ⑤ More We Try
          これは「静」のナンバーの傑作。アコースティック・ギターでの
          弾き語りに、バックから壮大なオーケストラがかぶさります。
          「ケニー・ワールド」の奥深さと誠実さが最も顕著となった作品
          です。泣いてしまいたい時は、この曲で思う存分泣きなされ。

          ⑥ Heart to Heart
          先にも登場したマイケル・マクドナルドと、デビット・フォスター、
          ケニーの三者による共作。当時の最強メロディー・メーカーが
          三人も揃っちゃったら、名曲になるのは必然ですネ。このアル
          バムの白眉です。アダルト・コンテンポラリー史上に残る名曲。

            

          ⑦ If It's Not What You're Looking for
          ケニー・ロギンスのロック・ヴォーカリストとしての力量がわかる
          ハードなナンバーです。その抑揚の付け方、ナチュラルなシャ
          ウト、輪郭の整ったファルセット・ヴォイスは、「声が細くったって
          ロックンロールは出来る!」と証明しています。佐野元春氏も。

          ⑧ It Must be Imagination
          雷鳴と雨音から始まる、風景画を思わせるトラック。呟くような、
          独白するような歌い出しと、バックでムードを整えるシンセサイ
          ザーは、これまでのケニー・サウンドには無かった新機軸。
          アルバムの中でアクセントを付ける存在となっています。

          ⑨ Only A Miracle
          さながら映画のサウンドトラックのような、スケールの大きい
          ナンバー。こういう作品を聴くにつけ、ケニーのジャンルレス
          な才能を再認識しますね。後にこの才能は、「フットルース」や
          「トップガン」といった映画音楽への扉を開く事になりました。

                        ----------------------------------------

          さて、今回のアルバムレビューはいかがでしたか?

          ケニーはこのアルバムを境に、シンガー・ソングライターから
          ロック・スターへと変貌していきます。
          レビューでも述べたように、映画音楽への進出や、TV界への
          進出、環境保護などの社会活動へ多くの時間を費やしていく
          こととなり、純粋な意味でのピークはこのアルバムだったのか
          もしれません。

          もし、「トップガン」以降のケニーしか知らないのであれば、この
          『High Adventureをぜひ入手して聴いてみてください。
          彼のシンガー・ソングライターとしての天稟を実感することが
          できると思いますヨ。

                                 

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


コメント(転載)


お久しぶりです!!
ケニー・ロギンスは僕もお気に入りのアーティストです。
この人、メタルのようなキンキンした楽曲によく合いそうな声ですが、彼の人柄から滲み出てくる様な優しげな歌唱が素晴しく、聴いていて癒されます。
なんたって愛を信じる男ですからね。

このアルバムでは、そんな彼の特徴がよく現れている「Only a miracle」が一番のお気に入りですが、名曲「Heart To Heart」も捨てがたいです。

投稿 Lime flavor | 2006.11.07 13:25


To ライムさん
無事にご帰還されたようですネ(^-^)
コメントありがとうございます!

おっしゃる通り、ケニーの歌は、人を想う気持ちや、人間そのもの
に対する深い愛情に満ちていて、いつ聴いても心が洗われます
よね。私も「Only a Miracle」は、「Heart to Heart」と並ぶ、このア
ルバムの双璧だと思います。

最近、彼のベスト盤をよく聴いてますが、やっぱバラードが染みま
すねぇ。特別何があったというワケでもないんですが…(^^;)

のちほどライムさんのブログへおジャマさせていただきますね♪
ご訪問ありがとうございました!m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2006.11.07 19:07


テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAT METHENY GROUP / First Circle♪


    first circle00 

          今回のおすすめCDレビューは、パット・メセニー・グループ
          ’84年に発表したアルバムFirst Circleです。

          ユニットの中核である、パット・メセニー(G)、ライル・メイズ
          (Key)、スティーヴ・ロドビー(B)に加えて、新たに加入した
          ポール・ワーティコ(Ds)、ペドロ・アズナール(Per,Vo)の新
          編成で臨んだこのアルバムは、これまでのカラーをベースに、
          グループの新たな可能性を追及した名作です。

          特に、ポール・ワーティコのスピーディーで繊細なドラミングと、
          ペドロ・アズナールの美しいヴォーカルは、従来のメセニー・
          サウンドへ新たな息吹を注入し、その叙情的な世界を大きく
          発展させる役割を果たしています。
          また、この後、良い意味でメジャー路線へと移行していくきっ
          かけとなった、記念碑的アルバムとも言えそうです。

          それではレビュー&試聴をどうぞ!

          ① Forward March
          ある意味ブッ飛んだ「迷曲」です。ライル・メイズが(吹けない)
          トランペットをムリに吹いたり、意識的にチューニングをズラ
          してみたり、リズムもグダグダ。要するにマジメに作った楽曲
          ではありません!意味不明で意図不明。天才の思考は難解。

          ② Yolanda,You Learn
          オープニングのショックを吹き飛ばす軽快なナンバー。爽快
          なドラミングに乗って、パットのギターとペドロ君のヴォーカル
          が、浮遊感溢れるユニゾンで歌い上げています。ピアノも
          キレキレでGOOD!オープニングはこっちの方がいくない?

            

          ③ The First Circle
          LIVE でも度々演奏される壮大なナンバー。強く印象に残る
          主旋律、5拍子と6拍子が交互に入れ替わる複雑なリズム、
          バレエの舞台のようなドラマ性。正にメセニー・ワールド!
          主役はライル・メイズ。ピアノ・ソロはもォ圧巻のひとこと!

            

          ④ If I Could
          パットのアコースティック・ギターが美しいバラード。以前の
          記事で、「パットのメロディーは、日本の山田耕作ワールド」
          と表現しましたが、コレもその「山田耕作ワールド」です。
          知らず知らず郷愁と温もりに包まれてしまいます。溜息…。

          ⑤ Tell It All
          ④とは打って変わって、パットの激しいギタープレイがフィー
          チュアされたスピード感溢れるナンバー。とにかくのっけから
          弾きまくりっ!早い・上手い・センス良い。そしてまたしても
          頭に残り続けるフレーズ。展開が変わる度に鳥肌立ちます。 

          ⑥ End of The Game
          出ました!シンクラビア!(笑)。当時、このバカ高い値段の
          ギターシンセを使いこなせたのは、正直パットだけですね。
          他にも加山雄三氏なんかが所有されてましたが、使いこな
          していたかというと疑問。今ではパット・サウンドの代名詞。

          ⑦ Mas Alia ( Beyond )
          映画音楽を思わせる美しいライル・メイズのピアノに乗せて、
          ペドロ・アズナールのラテン・テイストなヴォーカルが染みる
          ロマンティックなトラック。歌詞はポルトガル語かな?この
          時期、フュージョン界とラテンの接近は一種の流行でした。

          ⑧ Praise
          アルバム最後のナンバーは、なんだか妙に前向きです。
          「夜明け」とか「START!」ってカンジですかね。一歩間違え
          ると①の脱線ナンバー路線です。新メンバーが揃って、何か
          自信とか期待感を得られたんでしょうか。良かったねぇ(^-^)


    first circle01

          …というワケで、今回のレビューはオシマイです。

          このアルバムは、以前、能登へ旅行した時にBGMにしていた
          せいか、曲を聴くとその風景が浮かびます。
          金沢、羽咋、七尾、恋路海岸…。

          千里浜で出会ったあのコ、元気かなぁ…。

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆これマジ!?映像 in YouTube◆


          今回は、You Tube で見つけた衝撃映像をお届けします。
          思わず目を疑うような動画の数々!とくとご覧あれ!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

          今はなきWTCビル。ヘリで観光中、女性が異様な飛行物体を
          発見します。ビル近辺から姿を現したその物体は、高速でビル
          から移動して滞空。次の瞬間、猛スピードでヘリに接近した後、
          空へと消え去っていきます。日本のTVでも紹介された映像!
              ◆米政府に没収されてもおかしくない動画はコチラ↓ ◆

   

          TOYOTAです。世界一の自動車メーカーです。何が世界一か
          っつうと販売力じゃなくて、その安全性です。なんせこんな不測
          の事故にあってもビクともしないらしいですから。クルマの事故
          が起きるのは地上だけじゃなかったのね。皆さんご注意を!
                ◆日本ならACへクレームもんの動画はコチラ↓ ◆

   

          一見すると水上スキーですね。楽しそうです。よく見ると……
          んん??引っ張られている方、サーフィン・ボードに乗ってる
          んじゃないスか?それって新しいウォーター・スポーツすか?
          いやいや、映像を見れば判ります。ホントやめなさいって!
                 ◆スマトラの方はきっと見たくない動画はコチラ↓ ◆

   

          今回は以上で終了です。
          また面白い動画を発見したら、ご紹介いたしますネ!

          それではまた。(^-^)/♪

                     ★★★★★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  動画がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                   人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
You Tube アニメ [You Tube アニメ 動画 You Tubeのアニメ動画はここからスタート]
You Tubeでのドラゴンボールの動画についての日記
[続きを読む]

受信: 2006.11.04 17:06


テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪THE RIPPINGTONS / Weekend In Monaco♪


    weekend in monaco 00

          今回ご紹介するアルバムは、 THE RIPPINGTONS 
          ’92年に発表したWeekend In Monacoです。
          通算6作目となる本作は、リーダー、ラス・フリーマンの、頭に
          湧き出してどうにも止まらないメロディを、その才能とマンパワ
          ーでスタイリッシュにまとめ上げた快作。勤勉で緻密、美しくて
          POP、妥協を廃して編み出された全9曲は、フレーズの端々に
          ラスの芸術家としての理念が込められています。
          Smooth Jazz ファン必携の一作、ゼヒお試しあれ!!

                          【論より証拠!試聴&レビューはコチラ↓】

          ① Weekend In Monaco
          当時、これだけ多種多彩な音色を、破綻する事なく鮮やかに
          アレンジできるアーティストはラス以外に無いでしょう。ラスは
          ギター×2種、キーボードを担当していますが、他のどの楽器
          とも潰し合うことなくアンサンブルを完結させてます。お見事!

          

          ② St.Tropez
          静と動が美しく交錯するメロディアスなナンバー。ジェフ・カシワ
          のテクニカルなSaxがメインです。シンセはベースラインが細か
          く動く時は伸びやかに。ランニングする時はリズミカルに躍動。
          曲中の透明感が持続するのは、この非凡なアレンジの賜物。

            

          ③ Vienna
          ラスのアコースティック・ギターが、時に感傷的に、時に軽快に、
          文字通り「歌い上げる」ナンバー。RIPの曲としては音色は少な
          めで、各メンバーの気の利いたオカズPLAYが、心地よく耳を
          刺激します。フレットレス・ベースも、もっと歌って欲しかった!

          ④ Indian Summer
          誰が聴いても「RIPだ!」と判るRIP節サク裂(笑)。歯切れの
          良いリムショットに乗って、踊るように弾むギター。流れ星の
          ようにキラめくシーケンサー・サウンド。サビでドライブしまくる
          Sax。も一回。誰が聴いても「RIPだ!」と判るRIP節サク裂!

            

          ⑤ A Place for Lovers
          「恋人たちの場所」ですね、直訳すると。とてもとてもセンチメン
          タルなナンバーです。「決して結ばれない二人が、約束の場所
          で愛を語り合う」みたいな感じです。途中アップテンポになる所
          なんか、駆け落ちっぽいです。ラス君…辛いコトでもあったん?

          ⑥ Carnival !
          「カーニバル!」ですね、直訳すると。とてもとてもお祭り騒ぎな
          ナンバーです。「決してネガティブにならない男が、祭の広場で
          腰をフリまくる」みたいな感じです。途中スローテンポになる所
          なんか、躁病っぽいです。ラス君……いいコトでもあったん?

          ⑦ Moka Java
          午後はカリブ風モカ・ジャバタイム。ジャマイカンなリズムと、オ
          ルガン・テイストのシンセが雰囲気出してますね。ラスのアコー
          スティック・ギターも、ちょっとダルいカンジが粋です。でも本当
          の主役はスティーヴ・ライドのパーカッション。気分は南の島♪

          ⑧ Highroller
          打ち込みでバンバン攻めまくるナンバー。いやスゴイです。
          アルバム中で最もメロディが充満している楽曲ですが、洪水
          みたいにならない秘密は、相互の音の周波数と、録音時の
          位相を絶妙に噛み合わせているせい。正にアレンジの権化。

          ⑨ Where The Road Will Lead Us
          アルバムの最後を飾るのは、アコースティック系楽器が主役の
          メロウなナンバーです。おそらく100人中95人は、美しい夕陽
          や、風にそよぐヤシの葉、瞬きだした星なんかを思い浮かべる
          でしょう。一番大切なヒトと一緒に聴きたいナンバーですネ。

    weekend in monaco 01

          さて!今回のレビューはいかがでしたか?

          リッピントンズは、音色の拾い出しから、バンド・アンサンブル、
          スタジオでのミキシングに至るまで、曲作りには吟味に吟味を
          重ねることで有名です。個々人のプレイヤーとしてのスキルも
          相当なモンですし、さらにLIVEでの再現度もかなり高いときて
          るんで、彼らのセンスには絶句してしまいますネ。

          今年は20周年記念アルバムをリリースしたRIP。来年からは
          彼らも新しいスタートとなります。スムースジャズ界のリーダー
          でもあるリッピントンズの、今後の動向に注目しましょう!

                                

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング

 

 


 
« 11 2006 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。