■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

◆競馬・伝説のレース in YouTube◆


          本日のYouTube 特集は『競馬・伝説のレース』
          熱狂・感動・そして伝説へ。取ったヒトも、スッたヒトも、みんなが
          喝采した名馬たちのドラマを、一挙に3本、ドドッとご紹介!

                     ★★★★★★★★★★★★★★★

           『’96年 阪神大賞典
                 ナリタブライアン VS マヤノトップガン』


          過去、GⅡレースでこれほど観客を熱くさせたレースは無いで
          しょう。それは’96年の阪神大賞典。’94年度の年度代表馬・
          ナリタブライアンと、’95年度の年度代表馬・マヤノトップガン
          が繰り広げたデッド・ヒートは、競馬史に残る名勝負として、今
          なお語り継がれています。JRAのCMにも使われてましたね。
         ◆騎手と馬、意地とプライドが火花を散らす動画はコチラ!↓ ◆

   

             『’93年 有馬記念
                                      トウカイテイオー・ラストラン』


          ’92年の有馬記念を、11着で完敗した前年のクラシック二冠
          馬・トウカイテイオー。翌’93年の休養中に、三度目の骨折を
          起こしたテイオーは、公然と語られだした限界・引退説の中、
          364日ぶりの復帰レースに挑みました。それは、前年11着で
          沈んだあの有馬記念。ゼッケン「4」の起こした奇跡を見よッ!
          ◆田原、涙のインタビューに、じ~ん(T^T)な動画はコチラ◆

   

          『’90年 有馬記念
                                        オグリキャップ・ラストラン』

          日本の競馬史上最も愛された馬・オグリキャップ。地方競馬
          出身ながら、中央競馬のGⅠレースで活躍したアイドルホース
          です。度重なるケガや、無茶な出走ローテーションで、その体
          をボロボロにしながら惨敗を重ねた’90年。決断された引退。
          最後のレース、「無事にゴールを」と願うファンへ、オグリが…
         ◆…オグリが見せてくれたのは奇跡のラストラン!コチラ!↓ ◆

   

                    ★★★★★★★★★★★★★★★★

          そんなワケで、今回は『競馬・伝説のレース』をお送りいたしま
          したが如何だったでしょうか?ちょっとベタだったかな?

          ディープインパクトも引退しちゃうし、来年の競馬界は寂しい
          ことになりそうですね。というか、ヒデ、新庄、最後にディープ。
          2006年は「引退」がキーワードだったような…。
          2007年。各界の展望は明るいのかなぁ~~?(^-^;)

                     ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                          ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                     人気blogランキング
スポンサーサイト

テーマ : 競馬    ジャンル : スポーツ

 

 


 

 

♪ジャズでゆく年送りましょう♪


          今回のYouTube 特集はJAZZ三昧♪
          レコ大、紅白もイイけれど、今年の年末はJAZZでも聴きながら
          、去り行く2006年を振り返ってみてはいかがでしょう。
          ピックアップしたのは三人のジャズ・ピアニスト。どれも貴重な
          保存版級の映像ばかり。ジャズ・ファンでない方もドーゾ!

                ★★★★★★★★★★★★★★★

          KEITH JARRETT TRIO / My Funny Valentine
          基本的にイスの要らない(ほとんど中腰で演奏する)ジャズ・
          ピアニスト、キース・ジャレットです。ノッてくると演奏中に歌い
          まくったり、吼えたり、笑ったりとワイルド系(?)のキースが、
          この動画ではしんみり演奏。これなら他のメンバーも安心(笑)
          ♪ワイルド系へあと一歩!で、何とか抑えてる動画はコチラ↓

   

          OSCAR PETERSON QUARTET / Sushi
          ’87年の日本公演で演奏された『Sushi(寿司)』の動画です。
          オスカー・ピーターソン(P)の脇を固めるのは、デイヴィッド・ヤ
          ング(B)、マーティン・ドリュー(Ds)、そしてビ・バップ・ギターの
          名手ジョー・パス。後半のオスカー&ジョーのソロ対決がGoo♪

          ♪今はもう実現不可能な夢のLIVE。観るべし語り継ぐべし!↓ ♪

   

          BILL EVANS TRIO / My Romance
          白人ジャズ・ピアニストの巨人、ビル・エヴァンスの演奏です。
          クレジットを見ると、ベースがマーク・ジョンソン、ドラムスが
          ジョー・ラバーバラ。年は’79年です。翌’80年9月15日、
          ビルは天に召されました。有終の、優美な演奏をご覧あれ。
             ♪トリオ最後のメンバーとの共演。動画はコチラ!↓ ♪

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆伝説完結!ディープインパクト◆


          2006年12月24日、中山競馬場で最後の「飛翔」を見せつけ
          たディープインパクト。凱旋門賞の屈辱から、ジャパンカップの
          雪辱を経て、ついに完結した伝説の引退レースが、早くも動画
          サイトにUPされました。
          今回ご紹介するのは、このラストランの他、ディープインパクト
          のレース動画のセレクション。その「飛翔」を目撃せよッ!

                          ★★★★★★★★★★★★★★★

          2005年のダービー。クラシック一冠目の皐月賞を圧勝で飾り
          、その勢いをそのまま府中に持ち込んだ武&ディープコンビ。
          「強い」とか「速い」とかっていうレベルじゃねーぞ!ってな訳で、
          「飛ぶ」と表現されたその走り。最後の直線、飛んでます!
         ◆ゴール前200m、他の馬は止まって見える動画はコチラ↓ ◆

   

          凱旋門賞での敗北が、単なる「事故」だったことを証明した完璧
          なレース。ゴール後の武豊騎手のガッツポーズと、観客を巻き
          込んだバンザイが印象的でしたね。3コーナーからの追い込み
          はディープのお家芸。そしてゴール前、また空を飛んでます!
          ◆雪辱のジャパンカップ!すげえ!空飛ぶ動画はコチラ↓ ◆

   

          2006年12月24日。おそらく唯一、この武とディープだけは、
          他のジョッキーや馬とは違う世界を見ていたに違いありません。
          私たちが目撃したのは、最後の直線を華麗に飛翔していった
          その姿。そしてそれは伝説となりました。ありがとう!ディープ!
          ◆ラストランというより「ラスト・フライト」!動画はコチラ!↓ ◆

   

                       ★★★★★★★★★★★★

          というワケで、今回は珍しく競馬にSPOTを当ててみました。
          ギャンブルとしての競馬は縁遠いのですが、スポーツとしての
          競馬は結構チェックしてたりするので、この先ディープを越える
          スターホースが出現するかどうかも何気に注目しています。
          今回の記事が好評でしたら、個人的に「おおッ!」と感動した
          レースの動画もご紹介したいと思ってますので、お気軽にコメ
          ント付けていってくださいネ♪

          ・・・それと。
          同じく12月24日、当ブログのアクセス数が一万を超えました。
          拙い記事を読んでくださる皆様、あたたかいコメントをくださった
          方々、本当にありがとうございます!!!m(_ _)m
          これからも、なるべく(笑)頑張って更新いたしますので、宜しく
          お願いいたします!!

          遅くなりましたが・・・・

          メリー・クリスマス♪ (^0^)/

                               ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : 競馬    ジャンル : スポーツ

 

 


 

 

★夜景でいこう♪~湘南平②★


    shnndir00.jpg 

          以前、夜景のオススメSPOTでご紹介した湘南平へ、久しぶり
          にドライブしてきました♪ 今回は夜景ではなくて、昼間の景色の
          ご紹介です。

          エルニーニョの影響なんですかね。紅葉が一ヶ月ほど遅れてい
          るようで、湘南平周辺の紅葉も、まだ結構楽しめます。
          上の画像は、レストハウスから江ノ島方向へ向けて撮った画像
          です。例年だと、この時期は空気もキンキンに冷えて、江ノ島も
          ハッキリ見えるところが、今年はまだまだ空気が湿ってるようで
          すねぇ・・・。今が紅葉真っ盛りの木も見えます。

    shnndir01.jpg 

          伊勢原・秦野方面の景色です。ココからさらに右手の厚木方面
          にかけては、夜、いちばん光量の多い方向ですね。
          画像真ん中、左右に伸びているのは新幹線。夜になると光の帯
          が走る様子が見えます。とってもキレイ♪

    shnndir02.jpg 

          南に目を転じると大磯市街。その先は太平洋です。
          この日は天気も良好で、太陽が海に反射してキラキラ輝いて
          ました。ケータイでも結構キレイに撮れるもんだ♪

    shnndir03.jpg

          南西方向は国府津・小田原方面。海の向こう側に伸びているの
          は伊豆半島です。こちら側の夜景は比較的おとなしいですね。
          でも、夜、星がキレイなのはこっちです♪

          しかし・・・手前の山も紅葉真っ盛りだったりして・・・。
          エルニーニョじゃなくて、温暖化のせいじゃなかろうか・・。
          大丈夫なんだろうか・・・地球・・・。(-.-;)

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
               夜景を観たくなった!と思った方、
          ランキング投票への1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング

テーマ : 神奈川    ジャンル : 地域情報

 

 


 

 

♪MAXUS / Maxus♪


    maxus.jpg 

          MAXUS(マクサス)という名前を聞いて、ピーンときた諸兄は
          おそらくかなりのAOR通。たった一枚のアルバムを残して解散
          した、幻のグループです。

          時は70年代末期から80年代初期。アメリカ西海岸を中心に
          勃興した数々のスタジオ・ミュージッシャン系のグループの中で
          、ボズ・スキャッグスのバック・バンドだったTOTOや、彼らの師
          とも言えるデヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドンらが結成した
          AIRPLAY と並び、大きな注目を集めたユニットがありました。

          リーダー、ピアノ、リード・ヴォーカルを兼任するジェイ・グラスカ
          を核として、シンセサイザー担当のロビー・ブキャナン、ギターの
          マイケル・ランドーに、ベースのマーク・レナードとドラム担当の
          ドーン・ペリーを加えたテクニック集団、MAXUS がそれです。

          ’81年に発表された彼らのデビュー・アルバムMAXUSは、
          スタジオ出身のプレイヤーらしい、テクニカルでキャッチーな
          フレーズと、斜に構えたようなクールなアレンジでその独自性
          をアピールし、先行していたTOTOAIRPLAYの作品と同
          等、あるいはそれを凌ぐクオリティを持つ作品として評価される
          ことになりました。
          CD化された現在でも入手困難な作品ですが、彼らの楽曲を
          聴く機会が無かったAORファンの方は、何とか頑張って入手
          してください!入手するための努力を決して裏切らない、極上
          のAORがアナタを待っていますよ!

            ★★★★ おすすめトラックのレビューはコチラ↓★★★★

          ① The Higher You Rise
          マイケル・ランドーのギターが主役のオープニング・トラック。
          リード、バッキング、ソロ、全てが高次元。音色がまたクール
          で渋い!バックヴォーカルには、AIRPLAYの主役の一人
          トミー・ファンダーバークが参加しています。超ゴージャス。

           

          ② Nobody's Business

          一度聴いたら耳に焼き付く、切ないサビが特徴のナンバー。
          この曲の主役はリーダーのジェイ・グラスカと、キーボードの
          ロビー・ブキャナン。隠し味にポウリーニョ・ダ・コスタのパー
          カッション。コーラスにビル・チャンプリンも登場。ゴージャス!

          

           ⑥ They Danced
           ロック系には用いにくい三連符で、ハード&タイトにまとめた
           秀作。黒子に徹したリズム隊に乗って、マイケル・ランドーの
           ツイン(オーバーダブ)ギターがハモり、ジェイのヴォーカル、
           ロビーのシンセが歌います。演奏の難易度高し。カッケー!

           ⑦ Part of  You
           ジェイが主役の傑作バラード。イントロダクションからエンディ
           ングまでの、美しいコード進行と転調の妙が特筆モノ。また、
           曲自体に与えられた物語性がリスナーの心を揺さぶります。
           短いギター・ソロのメロディ・ラインには脱帽&号泣!グスン…

           ⑨ Where Were You
           プロデューサー兼バック・ミュージッシャンの、マイケル・オマー
           ティアンが見え隠れするエンディング・トラックです。ロックかと
           思えばフュージョン、フュージョンかと思えばプログレ、そして
           またロックへと激しく展開・収縮するスリリングさが秀逸!!

           ・・というワケで、このMAXUS。その1st アルバムは、
           AORのファン、ロック・フュージョンのファンを唸らせ、リリース
           直後から次回作を期待する声が高まりました。
           ところが彼らは、その後バンドのことなど何も無かったかのよう
           に、それぞれのレコーディングへと帰ってゆき、いつの間にか
           グループは消滅。二度と集結することなく現在に至っています。

           伝わっている解散の原因は、アルバム製作中から明らかにな
           ったミュージッシャン同士の音楽性の相違や、グループの属す
           るカテゴリーが音楽業界でもマイノリティーだったこと、(つまり
           「食えないジャンル」だったこと)など、後で聞くとガッカリするよ
           うな話もあります。
           しかしながら、彼らの残した作品は、たとえセールスに結びつ
           かなくても、当時のファンにとっては「名盤」として記憶され、今
           に語り継がれているのです。

           ココで改めて述べましょう。もしアナタがAORファンで、今まで
           『MAXUSと係わり合いが無いままココまで来ているなら、
           ぜひこのアルバムを入手してください。そして聴いてみてくだ
           さい!きっとその世界の虜になることでしょう。

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
              このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
やっぱりコレ! [MUSIC8089]
今日、実家へ行く用事があり、実家の押入れやらをゴソゴソしていると・・・。またまた、カセット・テープが出てきました。面白そうなのもあったのでおいおい紹介していきますね。。。 David Roberts を毎日聴いていてその良さを実感してるのですが、ついつい思い出されるのが、Maxus です。                    前の記事 レコードは持っていますが、プレーヤーがないので長い間聴くことができませんでした。しかし、このカセット・テープが出てきたことによって久...
[続きを読む]

受信: 2006.12.22 20:40


»
この人たちを探しています・・・ [MUSIC8089]
探しています、下記3枚。何度か記事に書いている面々です。。。 Muxus 「Muxus (デビュー!)」 (1981年) マイケル・ランドウ (ギター)、ジェイ・グラスカ (ボーカル&キーボード)、ロビー・ブキャナン (キーボード)ら名うてのスタジオ・ミュージシャンがメンバーのこのバンド。レコードは持っていますが、1998年リリースのCDのことは去年まで知りませんでした。。。 ‘The Higher You Rise’ ‘Nobody's Business’ ‘Wh...
[続きを読む]

受信: 2006.12.22 20:41


コメント(転載)


マクカスきましたか♪このアルバム、レアですよね。AORのオムニバスに「Keep A Light On」が収録されていたので、マクカスMusicには触れたことがあるものの、このアルバム自体は持っていません(^^;羨ましいです、、。

投稿 ライム | 2006.12.21 02:55


To ライムさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪

実はですネ…私もCDは持ってないんス。(^-^;)
Amazonでも品切れ中で、アルバム紹介のところでも
試聴ファイルが上がってません。
そんなワケで、今回は「音無し」の記事になっちゃい
ました…。(泣)

おそらくライムさんの趣味にもフィットすると思うんで、
発見したら速攻で買ってください!きっと満足して
いただけると思いますよ♪

投稿 ヤセガエル | 2006.12.21 21:00


テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Portrait♪


    portrait.jpg 

            フュージョン界の30年選手、リー・リトナー。ジャズに始まり、
            AOR、ブラジル音楽、スムースジャズといった様々なジャンル
            へ進出し、その高い芸術性を評価されるとともに、商業的にも
            成功を収めている名ギタリストです。

            リーのギタープレイの魅力である、ソフィスティケイトされたフレ
            ージングや、アンサンブル重視のインタープレイが、強力な独自
            性を見せ始めたのは80年代中頃のこと。名盤と呼ばれている
            「Harlequin」で、デイヴ・グルーシンとラテン感覚溢れる色彩
            豊かなメロディを共有したリーは、先鋭的なシンセ・サウンドを
            取り入れた「Earth Run」を経て、’87年、そのギタープレイの
            魅力を凝縮した一枚のアルバムをリリースしました。

            その作品の名はPortrait。ブラジル音楽のフレーバーを
            取り入れたメロディアスな楽曲群は、それまでのフュージョンに
            ありがちだった、テクニック主導のメロディ・メイクや、冗長なソロ
            ・プレイを排除した、シンプルでエンタテインメント性の高いもの
            ばかり。バックを固めるミュージッシャンも、当時の精鋭がズラリ。
            見事なアンサンブルを実現しています。
            後のリトナー・サウンドの確立へとつながる快作Portrait
            この機会にゼヒ注目してください。

               ★★★★★★ レビューはコチラ↓ ★★★★★★

            ① Asa
            ラテン・フレーバーが香るポルトガル語のヴォーカル・ナンバー
            です。歌うはDJAVAN(ジャヴァン)。 「Harlequin」で、同じ
            くポルトガル語のヴォーカルを披露したイヴァン・リンスよりも、
            透明度が高く、青い声音ですね。切なげな旋律に胸がググッ。

             

            Turn The Heat Up
            「Rit 」、「Rit2」で一躍有名になったボーカリスト、エリック・
            タッグが三たび登場。う~ん・・・なんと言いますか・・・う~ん。
            悲しいかな、過ぎ去った5年の月日は重かったですね。この
            時点で、リーの音楽性とは合ってません!イイ曲なんだけど。

            ③ Windmill
            夕映えの丘を越えてゆくそよ風のようなイメージ。リーの奏でる
            ガット・ギターのメロディーと、その残響の余韻が快く鼓膜を撫
            でて通り過ぎます。後にFOURPLAY で合流する、 ネイサン・
            イーストとハーヴィ・メイソンがムーディな演奏で強力後押し。

            ④ White Water
            リーならではの、光沢のあるメロディー満載のナンバー。当時
            はあまり主流でなかった打ち込みを、非常に効果的に使用し
            ています。Aメロではアコースティック・ギターが中心で、サビ
            ではエレクトリック・ギターが主役。「泣き」多用のソロがキモ。

            ⑤ Portrait
            グレッグ・フィリンゲインズの、水面に投射された光のような
            キラキラ・キーボード・プレイが印象的なトラック。リーのアコ
            ースティック・ギターとのバランスが絶妙。バランス。コレ、と
            っても重要ですね。このアルバムのバランス感覚は至妙です。

            

            G-Rit
            お祭りトラックですよヨ!フュージョン界の(当時の)新星、ケニ
            ー・Gとのコラボレーションが実現。タイトル名「G-Rit 」の「G」
            はケニー・Gの「G」です。このトラックでは、リーのエレクトリック
            ・ギターの迫力にタジタジ(?)。ケニーの位負けですかね。

            ⑦ Shades in The Shades
            コレはもう、リー・リトナーというアーティストを知っている人なら、
            誰がどう聴いてもリーの楽曲ですね。マイナーとメジャーを巧み
            に入れ替えながら進行するコード。コントラストの鮮やかな曲
            構成。直感的でシンプルな美メロ。これぞリトナー・クオリティ。

            ⑧ Children's Game( Double Rainbow )
            ’83年にリリースされた「On The Line 」の頃に戻ったかのよ
            うな楽曲です。アルバム中でもっとも落ち着きのあるナンバー
            ですが、ちょっと落ち着きすぎかな?まあ・・・ココまで結構飛ば
            してきたもんね(笑)。ホッと一息入れてみよう、みたいな曲。

            ⑨ Runaway
            ④と同じく打ち込みを効果的に取り入れたトラック。昔からリー
            は進取の精神に富んでます。前作「Earth Run」での成功と
            失敗に鑑みて、おそらくかなり緻密なアレンジを施したであろ
            う本作の、代表的な工夫がよく表れているトラックですね。

            ⑩ Route 17
            アナログ盤では収録されなかったボーナス・トラック。メイン・フ
            レーズのアウトラインが混濁した印象がありますネ。アレンジ面
            でどうにか工夫できなかったんでしょうか。「らしくない」中途ハン
            パなナンバーです。ま、あくまでオマケというコトで。(おいおい)

                       ★★★★★★★★★★

            さて、このアルバム。もし興味をお持ちでしたら、Amazon
            ぜひ試聴してみてください。FOURPLAY を離れる’96年まで
            の、リーのメロディの「核心部分」がこの作品で確立しています。
            今は、自分のレーベルでのプロデュース業がメインになりつつ
            あるリーですが、後続のギタリストがイマイチ育っていない状況
            で、隠居みたいな感じになってきてるのは自分的に不満(爆)。
            このPortrait リリース時のフレッシュさで、再びフュージョン・
            シーンを華やかに盛り上げてほしいものです。

                                

                            ★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆爆笑アニマル♪in YouTube②◆


          今回のYouTube 特集は、爆笑アニマル特集第二弾!
          第一弾に引き続き、芸達者な動物たちの動画をお届けいたし
          ます。お食事しながら見てる方は吹き出さないように注意!!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

          空耳ではありませんね。確かにしゃべってます。プププッ!
          無理矢理しゃべらされているコも居るし、自分の意志でしゃべ
          っているコも居ます。個人的には、4匹目のオリに入ってる猫
          がツボでございました。いや~なんでしゃべるかなぁ?ププッ!
              ◆必死にしゃべる超キュートなヤツラはコチラ!!↓ ◆

   

          パグ君です。名前はローディーです。大勢の観客に見つめられ
          て緊張したんでしょうか、それとも、もともとそういう喋り方なん
          でしょうか。・・・ププーッ!わはははは!そうですか。そうきまし
          たか。飼い主の女性、まさかイジメてないよねぇ?切実だぞ?
          ◆とにかく言うコト聞かなきゃ。ってカンジの動画はコチラ↓ ◆

   

          こちらは、人間の思惑なんてゼンゼン気にしない動物たちの
          動画。TVカメラの前だろうが、撮影中だろうが、ゼ~ンゼン
          おかまいなしです。というか、コレが本来の動物の姿でござい
          ます。オススメはウサぴょんの映像。何に見えたんだろう??
          ◆放送できない四文字連呼に、ピー連発動画はコチラ!↓ ◆

   

                           ★★★★★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
            この動画を観て、思わず笑ってしまった!という方、
              ランキングへの1クリック投票にご協力ください!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング


トラックバック(転載)


» ぴったりサイズの洋服をお届けします。 [犬の服 WanこClub]
首周りに合わすと胸がブカブカ!!胸周りに合わすと肩からずり落ちる!!そんな悩みをお持ちのフレンチブル、パグを愛する方、ぜひご相談下さい。キットご満足いただけます。
[続きを読む]

受信: 2006.12.18 10:44


テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAT METHENY / Secret Story♪


    secret story 00 

          ’92年7月。ジャズ・フュージョン界の巨人、パット・メセニーが、
          構想に5年、製作に5ヶ月、参加したミュージッシャンは約80名
          という壮大な「個人史」的アルバムをリリースしました。
          アルバムの名はSecret Story。それまでパットの歩んで
          きた道のりを、自ら回顧・俯瞰し、そこから見えてくる成果を、改
          めて一枚のアルバムの中に再構築した叙情詩的作品・・・と、パ
          ット本人は語っています。

          ・・・・が。正直なところ、作品の製作された経緯や、規模の大小、
          意図といった補足説明は、この作品においては無意味。なぜなら、
          一聴するだけでその素晴らしさと、明確なメッセージを感じ取るこ
          とが出来るから。それだけのオーラを持っている作品だからです。

          パットの希望は、オープニングの「Above The Treetops
          に始まって、エンディングの「Not to Be Forgotten 」に至る
          約70分をノンストップで聴くこと。その意味では、アルバムの中
          からオススメ曲を抽出するのは邪道かもしれませんネ。でもピッ
          クアップしちゃおう。試聴してみてください!

    secret story 01 

           ★★★★ オススメ曲のレビュー&試聴はコチラ↓ ★★★★

          ⑥ Sunlight
          木々の間からこぼれる朝陽を連想するトラック。パットのアコー
          スティック・ギターの優しい響きが、リスナーの穏やかな精神と
          柔らかく共振します。パットの音楽を「難解だ」と感じている方に
          特に聴いていただきたいですね。解説も不必要な佳曲です。

          

          ⑨ See The World
          グループで熟成された音楽スタイルを、自信をもってリプレイス
          メントした傑作トラック。アルバムを通して貫いているコンポー
          ザーとしての役割よりも、ギタリストとしてのキャラクターが前面
          に表れたナンバーです。緩急自在の超絶ギターソロにウットリ。

          

    secret story 02  

        この作品は「個人史」という極めて私的な作品であるがゆえに、 
        普段は演奏者のパーソナリティに任せているようなフレージン 
        グの細部も、パット自身がイニシアチブを取り、作り上げ、練り 
        込んでいます。 
        極限まで追求された音楽世界は、パット本人も納得する出来 
        栄え。そのこだわりは楽曲のみならず、アルバム・ジャケットに 
        使用されるたった一枚の写真にまで反映しており、「妥協」とい 
        う文字はどこにも見当たりません。 

        約70分の一大叙情詩。広大で光に満ちた精神世界を、深い 
        愉悦とともに堪能できる、このSecret Story。この機会に 
        ぜひ味わっていただきたいと思います。 

                            

                  ★★★★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします! 
                         ↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
 
                             人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
今も私たちの心の中に生きてる2pacの魅力を紹介!! [2pac その魅力!]
銃弾に倒れてから今年で丸10年。今も私たちの心の中に生きている2pacの魅力を紹介!!
[続きを読む]

受信: 2006.12.13 02:36


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CHIELI MINUCCI / Renaissance♪


    renaissance.jpg  

            スムースジャズ・グループ、SPECIAL EFX のギタリストで、 
            近年はソロ活動も精力的なキエリ・ミヌッチ。エレクトリック・ 
            ギターとアコースティック・ギターの二刀流で、歌心のある 
            クリアなフレーズを聴かせてくれるアーティストです。 
            日本では、SPECIAL EFX とともに馴染みが薄い、というか 
            過小評価されている不遇(?)なギタリストの一人。このヒト、 
            アメリカではスゴイんですよネ。現在ではトップ・ギタリストの 
            一人といっても過言ではありません。プロデュースの腕前も 
            達者です。 

            特徴的なのは、その楽曲の爽やかさ。 
            たとえば、リラクゼーション的なBGVや、環境ソフトのバック
            にハマりそうなスムースさが魅力。とにかく気持ちイイんです。 
            ’96年にリリースされたこのRenaissanceも、心穏や
            かに過ごしたいひとときや、青空の下でリラックスしたい時に
            ピッタリの、爽やかなナンバーでイッパイ。オススメですよ~♪

            ★★★★ おすすめトラックのレビュー&試聴は↓★★★★

            ② Renaissance 
            SPECIAL EFX の延長線上にある、ブリーズ感タップリのアコ
            ースティック・トラック。メインはアコースティック・ギターですが、
            意外な箇所で、エレクトリック・ギターが見事なバッキングを繰り
            広げています。ソロの早弾きはスムースかつ圧巻!キエリ節!  

            ④ Come As You Are
            トワイライトに映える、雰囲気抜群のナンバー。今度はエレクト
            リック・ギターのオクターブ奏法を駆使しています。海に面した
            都会に似合いそう。ホノルルとかホノルルなんか(他に思い付
            かないから…)。派手さを排したアレンジがマル。キエリ節っ!  

            ⑥ Shine
            今度は、サンサンとふりそそぐ太陽の光!なんてイメージの曲
            ですね。ウキウキ系です。海辺のリゾートをオープンカーで走っ
            たら似合いそうなナンバーです。・・・・・ホ・・・ホノルル・・・とか。
            また、デビッド・マン君のサックス・ソロが最高にイケてます♪

           

            さて、このキエリ君。どーして日本でブレイクしないのか解る気
            がしませんか?試聴された方、いかがです?
            特徴が無いっつーか、アッサリしすぎというか、頭の中で留まら
            ないフレーズが多いですよね。私も初めは左耳から右耳へ抜け
            てっちゃいましたから。

            でも、実は、この「抜けていく」がポイントだったりするんですよ。
            何度か聴いていくと解ってくるんですね。この「抜ける」気持ち良
            さが。なかなか飽きがこないというのも特徴です。
            初めに聴いて「・・・?」って感じの方!もう一度聴いてみてくださ
            い。ちょっとだけイメージ変わると思いますヨ。

            で。ここのところのキエリ君。SPECIAL EFX の呪縛から抜け
            出したのか、楽曲の方向性がかなり変化してきています。
            「抜けていく」ポイントに、アグレッシブさが加わっています。
            特に2000年に入ってからの楽曲は、パッションを感じるナンバ
            ーが多いです。SPECIAL EFX の相棒、ジョージ・ジンダの死が
            影響したのかもしれませんね。(嘆)

            ともかく!キエリ・ミヌッチ君。
            今後日本でブレイクする可能性もあるし、アメリカでは大御所化
            するかもしれません。それだけの実力の持ち主ですから、ぜひ
            注目してほしいと思います。

                                 

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
              ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング


コメント(転載)


こんばんは♪♪このアーティストの作品は持っていないのですが、試聴してみたところツボでした。確かにホノルルですね(笑)こういった感じの青空サウンドは大好きです。
また1人、お気に入りのアーティストが増えたようです。ありがとうございます☆

投稿 ライム | 2006.12.10 01:33


To ライムさん
こんばんは!
コメントありがとうございます♪

気に入っていただけて嬉しいです。(^-^)
季節的には初夏にマッチングしそうなアルバムでしたね。
最近、こっちもかなり寒くなってきたもんで、気分だけでも
南国しようかと思ってセレクトしてみました。

いずれ・・・キエリ君のCDも、ライムさんちの下駄箱に収まる
んでしょーか。下駄箱の容量は大丈夫なんだろーか??
…とか心配だったりして(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2006.12.10 01:59


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪EARTH,WIND&FIRE / I AM♪


    i am 

          ’79年にリリースされたI AM(邦題:黙示録)』
          当時ブラック・ミュージックの頂点に君臨していたアース・ウイン
          ド&ファイアーが、ソウル、ロック、ファンク、POPSの有機的
          融合を目指し、見事それを成功させた傑作です。

          作品のレベルの高さ、セールスともに、アースの頂点と言われ
          ているこのアルバムの聴き所は・・・・・・・・・・・・・・・・全部!!
          いや、冗談でもなんでもなく、本当に全部です。
          バンド・メンバーの技術的・精神的充実度、楽曲の完成度、レコ
          ーディングの臨場感、何もかもがパーフェクト!

          ジャンルと人種の垣根を越えて、世界中のリスナーを熱狂させ
          た魂のアルバムを貴方に!

             ★★★★★★ レビューと試聴はコチラ♪↓ ★★★★★★

          ① In The Stone
          アースらしい壮大な世界観を持ったナンバー。石に刻まれた
          真実と、人類の経験と歴史を辿るという歌詞は、アルバム・
          ジャケットに象徴される「生」への賛歌であり、全人類への「愛」
          がテーマです。LIVEのオープニングとしてもお馴染みですね。 

          ② Can't Let Go
          私の人生で(今のところ)もっとも衝撃を受けたナンバーです。
          当時中学生になったばかりのヤセガエルが、その迫力とグル
          ーヴ感の虜となり、ブラコン、洋楽に突っ走るキッカケとなった
          のがこのナンバーでしたね。私の人生を変えた一曲です。

          

          ③ After The  Love Has Gone
          デビッド・フォスターがプロデュースし、全米2位を記録した不滅
          のバラード。このアルバムが成功した大きなファクターの一つと
          して、デビッドの参加が挙げられることは誰もが認めるところ。
          人種間(黒人・白人)のボーダーを越えて咲いた大輪の花です。

          

          ④ Let Your Feelings Show
          LIVEでもたびたび演奏されているファンキーなナンバー。リズ
          ム隊のキメと、ホーン・セクションのアレンジがキモ。アル・マッ
          ケイの「カミソリ」カッティング・ギターも神。生演奏で一番ノリノリ
          なのはベースのヴァーダインかな。この頃のアースはキレキレ。

          ⑤ Boogie Wonderland
          超強力ディスコ・ヒット・ナンバー。「コレ踊らないと帰れないゼ」
          と言われていたディスコ・ブーム時代の定番中の定番ソングだ
          そうです。私は当時、まだお子様だったから良くは知りません
          ケド。ゲストの女性コーラスグループ、エモーションズがGoo !

          

          ⑥ Star
          フィリップ・ベイリーがリード・ヴォーカルを取るナンバーです。
          日本ではシングル・カットもされました。通常、アルバムの中の
          2~3曲はフィリップがリードを取るんですが、この「I AM」では
          「Star」だけですね。音域が広くて、声のハリがすげぇ。神です。

          ⑦ Wait
          分厚いアンサンブルが聴き物。ギターとベース以外は生音だけ
          で録音されており、それぞれのパートの息遣いまでもが聴こえ
          てきそうな臨場感があります。チェンバロ風のピアノが曲のカラ
          ーを作っており、ホーンがアースのカラーを固持。カッケー!!

          ⑧ Rock That !
          ホーン炸裂のインスト・トラック。タイトルからして「Rock」です
          からね。ギターなんかディストーションでギュンギュンいってます
          し、ドラムなんか8ビートでズバズバいってますし、それはもう
          ロッケンローるです。バックのシンセは当時としては画期的。

          ⑨ You And I
          アースの懐の深さを実感するトラックです。リーダーであるモー
          リス・ホワイトの、卓越したソング・ライティング能力が生み出す
          奥深いサウンドがキラリ。この曲の根底にあるサウンドのコア
          はJAZZ。ホーン・アレンジは正にスウィング・ジャズ。すげぇ!

                 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

          このアルバムは冒頭にも述べたように、アース史上における
          「頂点の作品」と言われています(中には『 All'N'All 』という
          ヒトもいますかね)。また、アメリカの音楽史においては、人種
          やジャンルによるテリトリーを超越した稀有の作品として認知
          されています。その後80年代に訪れた、クインシー・ジョーン
          ズやマイケル・ジャクソンの大ブレイクも、アースの偉業が無
          ければあり得なかったでしょう。

          もしこのアルバムを持っているのならもう一度、持っていない
          方はゼヒ入手して聴いてみてください。現在の作品には失われ
          ている「ナマ音の迫力」も楽しめますよ!

                                

                      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                     人気blogランキング

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BONEY JAMES / Backbone♪


    backbone00.jpg 

         今、スムースジャズ・シーンでもっとも脂がのっているサクソフォ
         ニスト、BONEY JAMES(ボニー・ジェイムス)
         R&B、ソウル、ファンクに根差した艶やかなサックス・プレイは、
        同業アーティストが激しくせめぎあう業界の中にあっても個性的
        でスタンドアローン。’97年以降、リリースしたアルバムは5作連
        続でチャートNo.1を獲得、グラミー賞にノミネートされること2回、
        今年リリースされた「Shine」も、コンテンポラリージャズ・チャート、
        R&Bチャートの上位を席捲中です。

        さて、そんな「大スター」ボニー君にも、当然ホヤホヤのデビュー
        時期があるワケですが、今回ご紹介するのは、そのデビュー時期
        の「ホヤホヤ感」と、「ボクの進む道はコレかな?」という独自性の
        発露が交錯するアルバムBackbone。’94年に発表されたセ
        カンド・アルバムです。

    backbone02.jpg 

                   ★★★★ レビュー&試聴はコチラ♪  ★★★★

        Backbone
        タイトル・チューンが一曲目。楽曲はファンキー&ブルージー。
        かなり気合の入ったポール・ブラウン節がウネっております・・・
        が、ボニー君が埋もれちゃってる・・。これだけアレンジがチャカ
        ついてると、ボニー君の起伏のあるソロが活きませんね。

        ② Bleecker Street
        コレですよコレ!コレがボニー君のスタイルです。テナー・サッ
        クスとソプラノ・サックスがハモる主旋律に、緩急自在のソロを
        絡ませていてSEXY&SWEETY。楽曲自体は平凡なのに、ボ
        ニー君のサックス一本でエモーショナルに変身。サムアップ!

        ③ Just Between Us
        恋人同士が愛を囁き合うように、ソプラノ・サックスとテナー・サ
        ックスが交互に歌います。「私達の間にあるものって・・・何?」
        ってカンジすかね。現実にコレを言われてピシリとキメ台詞を返
        せる男ならいっちょまえ。答える代わりに押し倒す男は半人前。

        ④ Trinidad
        移籍後の初作品ということもあり、様々な角度からボニーのアイ
        デンティティを模索しています。この「Trinidad」は、グローヴァ
        ー・ワシントンJr.風。カリビアンなレニー・カストロのパーカッシ
        ョンがボニーのサックスをナビゲート。こういうのもアリかなと。

        ⑤ Blue
        キキ・エブスンのキーボードをバックに、ボニー君のテナー・サッ
        クスがしっとりと歌い上げるバラード。わずか2分40秒の短い
        時間に、ボニー・ジェイムスというアーティストの、豊かな表現力
        とポテンシャルがキラめいています。聴くべし、惚れるべし。

        Love You All My Lifetime
        ボニー君の個性的なブロウが活きるR&B基調のナンバー。
        アプローチ的にも、ボニー君のルーツからいっても、こういう
        ナンバーがスタンダードですかね。この頃はまだまだスタイル
        は確立してませんが、ボニー君のカラーはしっかり出てます。 

        ⑦ Happy Home
        ブリジット・ブライアントのヴォーカルがフィーチュアされたナン
        バー。あのですね。決してボニー君のカラーではないんですが
        かなりイイです。ケニー・Gみたいなソプラノ・サックスも、ブリジ
        ットと絡むと浮遊感バツグンでGOOD。こういうのもイイな~♪ 

        ⑧ One Autumn Night
        全編に渡ってテナー・サックスの見せ場です。こういうナンバー
        が一番難しいですね。プレイヤーにとって。引き出しの少ない
        プレイヤーだったら2分ともちませんが、そこは後の「大スター」
        ボニー。次から次へと美フレーズを展開。聴かせるな~・・・。

          

        ⑨ The Night I Fell in Love

        ルーサー・ヴァンドロスとマーカス・ミラーによるコラボ作品を、
        リ・アレンジしたナンバー。とってもストレートなR&Bテイストで、
        これがまた超ハマってたりして。ボニー君のサックス・ソロも水を
        得た魚。ボニーのインディビジュアリズムを体現したナンバー。

    backbone01.jpg 

        さてこのアルバム。Amazonの作品紹介(CDジャーナル寸評)
        で、こんなことが書かれています。

        「ボビー・コールドウェルのツアー・バンドで注目を浴びたサッ
        クス奏者の日本デビュー作。最近のフュージョン・サックス界
        はスターが続出しているが,没個性だ。ボニーはブルージー
        一歩手前の微妙なタメがいい。リスナーにクセがつけばブレ
        イクするかも。」


        「リスナーにクセがつけば」って(笑)。なんつー評価でしょ。
        この頃に台頭してきたサックス奏者といえば、デイヴ・コーズを
        筆頭に、カーク・ウェイラム、アート・ポーター、リチャード・エリオ
        ットあたりですね。「没個性」とか言われつつも、アート・ポーター
        を除いて全員大成しちゃったワケで、めでたいことです。
        これは、彼らが互いに切磋琢磨して、過酷なセールス競争を繰
        り返して個性を磨いた結果ですね。ボニー君もモチロンその中
        の一人です。

        このアルバムはボニー君にとって、「没個性」からの脱却を成し
        遂げた作品であり、R&B、ソウル、ファンクというボニーの根幹
        部分の重要性を浮き彫りにさせたアルバムと言えるでしょう。
        これから後の活躍を予感させる佳曲も揃っているし、現在の
        作品では見られないアプローチも多々アリというわけで、聴き
        応えタップリです。スムースジャズ・ファンなら必携ですヨ!!

        それではまた♪ (^0^)/

                                 

                            ★★★★★★★★★★★

                     ご訪問ありがとうございました!
               このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                     ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                    人気blogランキング


コメント(転載)


初めましてBoney ファンの田舎者です。
この作品、僕はBoney初期の傑作であると思うんですね。
今と違いちょっとフュージョン調だけど1作目の「Trust」
よりアレンジなどはうまく、この路線の最高傑作なのでは
ないでしょうか。Peter Whiteと共演したOne Autum Night
が僕のBest Trackです。

そういえば1月にBoneyのライブありますよね。今から
楽しみです。

よろしくお願いします。

田舎者

投稿 田舎者 | 2006.12.02 22:11


To 田舎者さん
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます!

「楽しみです」とおっしゃるところを推察いたしますと、ブルー
ノート東京のLIVEにいらっしゃるんですね!イイなぁ…。(^^;)
私は諸事情により今回は見送りでございまして…。(泣)

ちなみに、私のベスト・トラックも、田舎者さんに激しく同意で
『One Autumn Night』です。今度の公演で演奏してくれると
イイですね♪LIVEの感想もお待ちしております!

またお気軽にお越しくださいませ。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2006.12.03 00:27


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 12 2006 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。