■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪COLOR ME BADD / Now & Forever♪


    now  forever 

         ’90年代、ボーイズバンド・ブームの火付け役となったグループ
         COLOR ME BADD(カラー・ミー・バッド)
         ハイスクール時代の同級生だった、ブライアン・エイブラムス
         マーク・カルデロンサム・ワッターズケヴィン・ソントンの4人
         によって結成されたヴォーカル・グループです。

         その抜群の歌唱力を武器に、弱冠20歳で、ヒューイ・ルイス&
         ザ・ニュース、ボン・ジョヴィといったビッグ・アーティストのオープ
         ニング・アクトとして活躍し始めた彼らは、’91年(21歳)、当時
         ようやく市民権を得つつあったヒップホップを取り入れたデビュー
         ・シングルI Wanna Sex You Upでいきなり大ブレイク。
         全米R&Bチャートを制覇し、同曲を収録したアルバム"C.M.B."
         も、800万枚という驚異的なセールスを記録しました。

         今回ご紹介するNow & Forever は、’96年に発表された
         彼らの3rd アルバムであり、デビュー以来5年を経過した時点で
         の、成果と試行錯誤が窺える良作です。
         『 I Wanna Sex You Up に代表される軽快なサウンドを残し
         つつ、大人の色気を持つ楽曲をメインに据えた「大人のC.M.B.」
         をどうぞ。

                     ★★★★★★★★

                    Sexual Capacity
                      ②
Ooh Tonight
                    ③ 
The Earth, the Sun, the Rain
                                ④ Last to Know
                           ⑤ For All Eternity
                       From the Back
                ⑦ Ain't Nobody Goin' Home
                       ⑧
On My Mind
                       ⑨
Soft N' Easy
                      ⑩ Tonite, Tonite


                     ♪試聴はコチラ↓

         

                          


                         ★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                    清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング

スポンサーサイト

テーマ : R&B/Doowap/Sweetsoul    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★グリーン・フラッシュに逢いたい★


    ensm00.jpg 

          ↑ 先日、葉山へドライブした帰りに撮った写真です。
          場所は小動岬近くの国道134号線。夕陽をバックにした江ノ島
          と、穏やかに輝く海がキレイでした。

    ensm01.jpg 

          ↑ さらに江ノ島に近付いてもう一枚。
          島の真ん中に見える突起は展望台です。海抜100m超の建物
          なんで眺望抜群♪ 屋外の展望デッキは開放感満点!

          ・・・なんて、お国自慢はさておいて。記事タイトルの「グリーン・
          フラッシュ」
について。

          私、上の画像のようなキレイな夕陽を見るたびに、ど~しても
          「死ぬまでに見てみたい!」と思う自然現象があるのです。
          それは、日没直前、または日の出直後に、太陽から放たれる
          緑色の閃光すなわち「グリーン・フラッシュ」
          非常に空気の澄んだ高山や、広い水平線・地平線を望める
          場所でごく稀に発生する、超レアな自然現象です。

    green flash 

          ↑ コレですコレ(ウィキペディアから抜粋)。

          太陽から放射される光は7色(虹の7色)。
          太陽が水平線・地平線に近い時は、青や紫色の光が厚い大気
          の中で散ってしまうため、届くのは直進性の高い赤やオレンジ
          色の光です。夕陽や朝日が赤いのはこのためですね。
          ところが、前述の条件の中で、更にいくつもの幸運が重なった
          時、沈む(または昇る)太陽から、普段は届きにくい緑色の光が
          見えることがあるらしいのです。
          発光時間の長さは、パッ!と光る短いものから、2~3秒に渡る
          ものまであるとのこと。いずれにしても一瞬の輝きですネ。

          日本では、富士山とか日本アルプス、北海道などで見られるん
          だそうです。父島近海などは頻発スポットだとか!
          ・・・江ノ島じゃムリだろうな~~~(^-^;)

          さて、こういった珍しい現象には伝説がつきものです。
          グリーン・フラッシュにも当然ありますよ。言い伝え。

          このグリーン・フラッシュを見た人は、真実の愛を掴むことが
          出来る
・・・らしいです♪ (゚∀゚)
          カップルで見ると、その二人は結ばれるんだそうですヨ!
          私はすでに結ばれてるんで、「真実の愛」を目指して頑張り
          たいですネ。

          皆さんにも、伝説の真偽を確かめられるような「奇跡」が訪れ
          ますように・・・って、今回はキャラが違うヤセガエルでした。

                      ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                          ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


トラックバック(転載)


» 【裏】作曲の王道 サム・ドナヒュー / FOR YOUNG MODERNS IN LOV [(裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー]
New! ●第22回-ジャズ サム・ドナヒュー / FOR YOUNG MODERNS IN LOVE ~僕としては、デートの時のバックミュージックはこれ~
[続きを読む]

受信: 2007.01.25 00:32


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪オフィシャルサイト・リンク集~Smooth Jazz 編♪


    今回はタイトル通り、スムースジャズ・シーンで活躍している
    アーティストの、オフィシャルサイトをまとめてみました。
    いずれも高音質の試聴が可能で、最新情報もGETできます。
    スムースジャズ初心者の方、新規のアーティストを開拓したい
    方にもオススメ♪   (画像をクリックするとリンク先へ飛びます。
    リンク先での行動は自己責任でお願いします!)

    ----------------------------------------------

    【Groups】

    fourplay.jpg 
    
    spyro gyra 
 
    ripps.jpg 

    yellowjackets.jpg 

    ----------------------------------------------
  【Guitarists】

    chuck loeb 

    chieli minucci 

    joyce cooling 

    lee ritenour 

    pat metheny 

    paul jackson jr 

    peter white 

    ----------------------------------------------
  【Saxophonists】

    boney james 

   
dave koz 

   
kenny g 

   
najee.jpg 

   
steve cole 

   
----------------------------------------------
  【Trumpeters】

    chris botti 

   
rick braun 

   
----------------------------------------------
  【Keyboardists】

    brian simpson 

   
david benoit 

   
gregg karukas 

   
jeff lorber 

   
----------------------------------------------
  【Bassists】

    brian bromberg 


    marcus miller 

   
wayman tisdale 

   
----------------------------------------------

    …というワケで、お送りしたリンク集はいかがでしたか? 
   新たなお気に入りアーティストは見つかりそうですか? 
   お気の済むまで試聴し倒してくださいね! 

   それではまた次回♪(^-^)/


                    
★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                  人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CASIOPEA / Photographs♪


    photographs.jpg 

           カシオペアが、玄人ウケする職人集団からメジャー路線へと
           方向転換をはかり、そのポップなメロディ・センスで、多くの
           新規ファンを獲得するキッカケとなったのが、今回ご紹介する
           ’83年発表のアルバムPhotographs です。

           本作の気合の入り方は格別で、製作に先立って4人のバンド・
           メンバーがそれぞれ音楽修行の旅に出ています。
           野呂一生(G)はインドへ、向谷実(Key)は欧州、桜井哲夫(B)
           は南米、神保彰(Ds)はアフリカ(?アメリカだったっけ?)という
           具合。そして4人の持ち寄ったインスピレーションを素材に作ら
           れた楽曲は、いずれもポジティブで上昇志向。音楽修行の旅の
           楽しい思い出成果を物語る素晴らしいものとなりました。

           カシオペア黄金期の扉を開けたPhotographs
           円熟のテクニック、放射されるチャレンジャー魂、色彩豊かな
           メロディ、その全てを兼ね備えた傑作です。

                  ★★★★ おすすめトラックのレビューは↓★★★★

           ① Looking Up
           カシオペアとしては大変貴重な8ビートのナンバー。シンプル
           なフレーズを繰り返しながら、サビからピアノソロへと続く展開
           は流麗でドラマティック。交流の深かったシャカタクのメンバー
           が絶賛した野呂一生の快作です。ギターのコードも超美メロ。

           

           ② Dazzling 

           ファンキーなスキャットと、随所に埋め込まれたキメが命のダン
           ス・トラックです。リリース直後よりも、数年経った頃にLIVEで
           演奏され始めた変り種。LIVE会場では、男性よりも女性ウケ
           してた記憶がありますね。ワンレン(死語)のオネェチャンとか。

           ④ Strasse
           ほのぼの系の楽曲が多い向谷実が書き起こした、シリアス系
           の佳曲。音楽修行の楽しい思い出成果が垣間見えます。「ヨー
           ロッパって、こんなんだゼ」みたいな。雰囲気は正に夕霧を走る
           TGV(あっちの新幹線ね)。スタイリッシュなアレンジがマル!

           ⑥ Misty Lady
           「ベーシストたるもの、これくらいは弾けないとナ」と言える日を
           夢見てひたすら練習しましたね。この曲は。コレが弾けたら女
           の子にモテるだろうと。そしてついに完全コピー!でも・・・・・・
           「おー!スゲーなオマエ!」って男性の人気者になったとです。

             

                          ★★
★★★★★★★★★★★★★★

           そんな甘酢っぺー辛い楽しい思い出と共に、今でも愛聴盤と
           なっているこのPhotographs。個人的にはこのアルバム
           がカシオペアの頂点だと思っています。その後はテレビ番組
           やCMに出演するなど人気もピークへと向かい、Halle
           リリース以降は徐々に精彩を欠いていきました。

           現在カシオペアは活動休止中です。復活のメドは立っていま
           せんし、復活したとしても、あの頃の瑞々しさが蘇るかどうか
           は微妙なところです。
           ただ、バンド結成以来30年近くも走り続けてきた彼らですし、
           ファンとしては温かい目で、ゆったりと彼らの活動再会を待つ
           のが良いかもしれませんネ。
           これから何年後かに、どこかのLIVE会場で、すっかりオバチ
           ャン化したワンレン(死語)の彼女達と一緒に、Dazzling
          
を踊るのも悪くないかもしれません。

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★

                 ご訪問ありがとうございました!
              このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

●サッカー爆笑映像集!●


         今回のYou Tube特集は『サッカー爆笑映像集!』。あり得ない
         爆笑必至のハプニング映像をお届け♪ 本日は2本!Go Go ♪

                   ★★★★★★★★★★★★★★★

         シューターがズドン!と打つ。ネットにザザン!と突き刺さる。
         そういう美しいゴールは、決められた方もある意味爽快です。
         しかしこういう「意図していなかった」ゴールは、ダメージもデカ
         イでしょうね。観ている側は…プッ!ですが。動画はコチラ ↓

   

         華麗なる…オウンゴールのコンピレーションです。orz orz
         「自陣ゴール前はシンプルに」って、あれだけ言われているの
         に、あ~あ~怒ってる怒ってる。キーパーが怒ってるぞ~。
         でも、すっごいファイン・ゴールもあり!プッ!動画はコチラ ↓

   

                      ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                  人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪PHILIP BAILEY / Chinese Wall♪


    chinese wall 

           伸びのあるファルセット・ヴォーカルと、明るく誠実な人柄で、
           アース・ウインド&ファイアーのアイドル的存在として活躍する
           PHILIP BAILEY(フィリップ・ベイリー)。アースの代表曲
           「Reasons」や「Fantasy」ではリード・ヴォーカルを担当し、
           リーダーのモーリス・ホワイトと人気を二分する、アースのイメ
           ージ・リーダーです。

           ’83年、アースのアルバム『Electric Universe 』発表以後、
           活動停止状態に追い込まれていたグループの中で、最も早く、
           もっとも精力的に動き始めたのはフィリップでした。
           ’85年、当時ポップス・シーンで飛ぶ鳥落とす勢いで活躍して
           いたフィル・コリンズをプロデューサーに迎え、そのポップ・ロッ
           ク・テイストを取り入れたソロ・アルバムChinese Wall 
           発表。多くのファンから驚きと喜びをもって迎え入れられました。

           ★★★★ おすすめトラックはコチラ↓★★★★

           ① Photogenic Memory
           エッジの効いたリズムとギター・アレンジに、フィリップの地声
           ヴォーカルが押しまくるロック・チューン。バックでドライブ感を
           演出するカウベルとシェイカーは、当時流行りだした打ち込み
           サウンドの定石です。スネアの音はまんまジェネシス(ニヤリ)。

           ⑤ Go
           コレは隠れた名曲だと思います。サウンドのアプローチは西
           海岸系のAOR。フィリップのヴォーカルは、得意のファルセット
           ・ヴォイスあり、囁くようなヴォーカルありで表情豊か。ブラス隊
           がアクセントを付けてたりして、かなり洗練されてますネ。GJ!

           ⑥ Easy Lover
           プロデューサーのフィル・コリンズ自身が、「やっぱオレにも歌わ
           せてくれー!」って言ったとか言わないとかで、世紀のデュエット
           曲が出来上がりましたヨ。ほんとに出たがりなんだからぁ(笑)。
           シンプルなアレンジが二人のハーモニーを引き立ててますね。

          

           ⑦ Show You the Way to Love
           フィリップのヴォーカルが最も輝くのは、やっぱりバラード!
           楽曲の雰囲気がアースっぽいこともあって、どこかにモーリス
           ・ホワイトが居そうな錯覚を覚えますね。ゴスペルで鍛えまくっ
           たファルセット・ヴォイスに思わず胸が熱くなってしまいます。

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★

           以前の記事にも書いた通り、このChinese Wall の発表
           後、おそらくこの作品に触発されたであろう、モーリス・ホワイト
           のソロアルバム『Maurice White 』がリリースされ、その後
           の劇的なアース復活へとつながっていきます。
           このChinese Wallが世に出なければ、現在へと続くアー
           スの音楽活動も無かったかもしれません。その意味では、フィ
           リップのポジティブな精神とアーティスト魂、それを高次元な音
           楽作品として体現させたフィル・コリンズの仕事は、アースにと
           っても大きな贈り物だったと言えるでしょう。

           他にもオススメ曲はタクサン!興味を持たれた方はAmazon
           試聴してみてくださいネ♪(^0^)/

                                  

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
             このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


トラックバック(転載)


» モーリスホワイトのこと [アースウィンドアンドファイアーで踊りまくれ!]
モーリスホワイトのことや、関連する情報を紹介しています。
[続きを読む]

受信: 2007.06.01 18:14


テーマ : R&B/Doowap/Sweetsoul    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BILLY JOEL / The Stranger♪


    the stranger 

          一介のシンガー・ソングライターだったビリー・ジョエルを、世界
          屈指のポップ・スターへと押し上げたアルバムが、今回ご紹介
          するThe Strangerです。
          ’77年のリリース以来、30年を経過した現在でもセールスを伸
          ばし続けており、’03年には、アナログ盤・カセット・CDの累計
          売上が1000万枚を突破。ダイヤモンド・ディスクにも認定され、
          ビリー本人のみならず、米ポップスを代表する名作として、多く
          のファンから愛されています。

          フランク・シナトラを始め、ポール・サイモン、ボブ・ディランなど
          の作品を世に送り出したフィル・ラモーンによってプロデュース
          されたThe Strangerの楽曲群は、いずれも繊細で洒脱。
          それまでやや神経質に感じられたビリーの鋭敏な感性は、フィ
          ルとのコラボレーションによって闊達な精神を加えています。

          ビリーの作品中、No.1との呼び声高いThe Stranger
          この機会にもう一度、その魅力を感じ取っていただきたいです。


                  ★★★★ おすすめトラックはコチラ↓ ★★★★

          Movin' Out ( Anthony's Song )
          ビリーのストーリー・テラーとしてのセンスと、フィル・ラモーンの
          プロデュースがマッチングした象徴的なトラック。単語数の多い
          ビリーの歌詞が、フィルの用意したバンド・サウンドと結合し、
          類稀な説得力を持つ楽曲に仕上がっています。効果音もマル。

         Stranger
         それまでフォーク寄りのシンガー・ソングライターと認識されて
         いたビリーのイメージを覆した、画期的かつ衝撃的なロック・
         チューン。イントロの口笛は都会の孤独を、ドライなアレンジは
         退廃的な人間関係を象徴しています。その洗練度は凡に非ず。 

         Just The Way You Are
         これほど純粋で、飾り気の無い、温かいラブ・ソングが作られた
         ことにまず感動。そしてこの曲が大勢の人に支持され、グラミー
         賞を受賞したことにも感動ですネ。もしアナタが女性で、彼氏が
         この曲を聴かせてくれたら大丈夫。一生尽くしてくれるでしょう。

          

                     ★★★★★★★★★★★★★★★

         さて、このアルバム。他にもオススメ曲がてんこ盛りです。
         ビリーの繊細さが美しく表れたVienna や、まるで映画の
         物語のようなScenes From An Italian Restaurant
         秀逸。Amazonへのリンクを貼っておきますので、ぜひ試聴して
         みて下さいませ。

         それではまた♪(^-^)/

                                 

                         ★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
             このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)


遅ればせながら、あけましておめでとうございます☆今年もよろしくお願いします。

このアルバム「The Stranger」は、ほんと素晴しい作品ですよね。小学生の時に耳にしてから、ずっと愛聴しております。

 


投稿 ライム | 2007.01.13 00:41


To ライムさん
こちらこそご挨拶が遅れまして…(^-^;)
本年もよろしくお願い申し上げます♪

それにしても小学生でビリー・ジョエルとは!さすがライム氏。
ちなみに私は中学生の時ですね。当時は洋楽にドップリ浸か
りだした時期でして、お小遣いはほとんどレコード屋さんに
直行していましたね。その中でも特に聴き込んだのが、この
「Stranger」でした。
このアルバムを聴くと、今でも当時のことを思い出します…。
遥か昔のことですが。(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.01.13 18:00


TO ヤセガエルさん
今、ひと仕事を終え、試聴の「ストレンジャー」を聞きながら、コメントを書いています。本当に懐かしいですね…私はと言うと、中~高校って感じでしょうか…。当時の友達がよく聞いていましてね。(「ピアノマン」とか好きでした。)私はと言うと、当時アンチメジャー体質だったので、反抗的にプログレッシブな方向に進もうとしていた時だったと思います。どういうわけか、キングクリムゾンとか、イエスとか、聞いていました。最近また、マイクオールドフィールドとか、車の中で聞いています。また、試聴させてくださいね。今年もよろよろ~(^_^)y-゚゚゚゚゚ 蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.01.17 19:06


To 蓬堂さん
あけましておめでとうございます♪
本年もよろしくお願いします!m(__)m

プログレ!蓬堂さん、硬派っすね。(^-^)
私の周りにも結構プログレ派は多かったです。
キンクリ、イエス、エイジア、カンサス、ラッシュあたりでしょうか。
私はドイツのバンド、タンジェリン・ドリームがお気に入りでした。
懐かしいナ~。( ̄ー ̄)

でもプログレって、女のコに理解されないんですよネ(笑)。
マイク・オールドフィールド…。一緒に聴いてらっしゃるであろう
奥さんが、ドン引きしてるんじゃないかと心配したりして。
(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.01.17 21:31


テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆CUTIE DOGS in YouTube◆


          本日のYou Tube 特集は『CUTIE DOGS』!ワンコ好きの
          皆様に、思わず目尻の下がるキュートな動画をお届けいたし
          ます。全部で3本!ご覧あれ~♪ (^0^)/

                           ★★★★★★★★★★★★★★★

          一本目はウェルシュ・コーギーのパピーくん(ちゃん?)です。
          チャーム・ポイントは、白いソックスを履いたような短~い足。
          ひとたび歩き始めると・・・。ひゃ~~~~~カワイイっすぅ♪
               ◆ハフハフするところもキュートな動画はコチラ!↓ ◆

   


          二本目のワンコ。犬種不詳ですが、反則じゃないか!っつう
          くらいカワイイです。そうですか。眠いですか。・・・うひゃ~♪
          最後に「はッ!」てカンジで起き上がるトコが、またなんとも。
            ◆絶妙なカメラアングルもグッジョブな動画はコチラ↓ ◆

   


          ラストは「おしゃべり犬」の総集編。一部、以前にご紹介した
          動画と重複している所はご容赦を。個人的にツボなのは、
          「I want it !」と喋るコかなぁ。プププッ!芸達者ざんす♪
             ◆無理矢理な部分も見える健気な動画はコチラ↓ ◆

   


                       ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪ANTHOLOGY OF GROVER WASHINGTON JR.♪


    anthology of grover washington jr 

          「スムースジャズの父」と称される偉大なサックス・プレイヤー、
          グローヴァー・ワシントン・ジュニア
          フュージョン界にソフト&メロウなクワイエット・ストームの概念を
          持ち込み、R&Bやソウルを主軸とした独自の音楽形態を確立
          して、後のスムースジャズの礎を築いたパイオニアです。

          今回ご紹介するのは、’85年にリリースされた彼のベスト盤、
          『ANTHOLOGY OF GROVER WASHINGTON JR.
          心と体をオフにして、グローヴァーの柔らかく艶やかなサックス
          に身を委ねれば、その扇情的で官能的な大人のメロディが、慌
          ただしい日常を忘れさせてくれるでしょう。

                 ★★★★ おすすめトラックはコチラ↓★★★★

          ⑥ Just The Two Of Us
          ’80年発表のアルバム「Winelight 」からシングルカットされ、
          全米POPSチャートで2位、R&Bチャート3位を記録。翌年の
          グラミー賞・最優秀ジャズ・フュージョン賞を獲得した名曲です。
          ビル・ウィザースの脱力ヴォーカルがシッブ~イです。

          

           ⑧ Little Black Samba
           タイトルが示す通り、サンバがベースのお祭りトラック・・・とは
           いえ、熱血にならないブリージーなグローヴァー節にニヤリ。
           得意のビブラートの効いたローズと、スティール・ドラムの相性
           が面白いですネ。後半のサックス・ソロのみは気合バリバリ。 

           ⑩ Let It Flow
           スムースジャズの創始者たるグローヴァーの真骨頂、正にココ
           にアリといった感じ。ジャズがルーツのフュージョンでは絶対に
           辿り着かないサウンドです。R&B、ソウルの香りが馥郁と香気
           を放つナンバー。ひたすらSEXY なサックスに酔いましょう・・・。

                 ★★★★★★★★★★★★★★★

           さて、今回のアルバムはいかがでしたか?
           音楽界に、スムースジャズという素晴らしい贈り物をプレゼント
           してくれたグローヴァーも、’99年、56歳という若さでこの世を
           去りました。その饒舌でエモーショナルなサックスを、生で聴く
           機会は永遠に失われてしまいましたが、彼の遺した数多くの
           楽曲と、その音楽活動は、現在のスムースジャズ・シーンの
           アーティスト達に確実に受け継がれています。

           彼の功績と、その遺志にリスペクトを表しつつ、合掌・・・。

                                

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


トラックバック(転載)


» アルトサックスの情報局 [アルトサックスの情報局]
アルトサックスに精通している方のためのサイトです。初心者の方もどうぞ
[続きを読む]

受信: 2007.01.15 15:18


 

 


 

 

♪80s メロディメーカー in YouTube♪


          2007年最初のYou Tube 特集は『80s メロディメーカー』
          美しい声と歌、宝石のように輝く旋律で、音楽シーンを彩った
          80年代のアーティストをピックアップします。
          それでは全3曲、Here We Go ! (・∀・)

                 ★★★★★★★★★★★★★★★

          KENNY LOGGINS / Sweet Reunion
          80年代を代表するポップ・スターであり、メロディメーカーである
          ケニー・ロギンス。映像は’91年のグランド・キャニオン・ライヴ
          から。画像がちょっと粗いのが難ですが、楽曲の美メロが最強
          クラスなんでオススメします!この頃のケニーは自然体ですネ。
            ♪ジャンルを超越したケニー・ワールド!動画はコチラ↓ ♪

   

       CHRISTOPHER CROSS / Think of Laura
          「天使の歌声」と称されたハイトーン・ヴォーカルと、人間味溢れ
          る繊細な楽曲で多くのファンを持つクリストファー・クロス。デビュ
          ー当時は、その美しい音と、彼の外見のギャップも話題になりま
          した(笑)。動画のナンバーは彼の代表曲のひとつ。いと美し。
             ♪AOR史上最も美しいと言われた美声!動画はコチラ↓ ♪

   

         GINO VANNELLIBrother to Brother
          最後は、めくるめく“変態”ジノ・ワールド。楽曲はトリハダもんの
          カッコ良さなのに、ステージングの世界観が・・・・・・?(;゚Д゚)?
          メンバーのセンスも衣装もバラバラ。ノリもバラバラ。そして一番
          の問題は、ジノ・ダンス!!うわああ~~…でも観客大喜び!
            ♪アイタタタ~でもクセになる!そんなLIVE動画はコチラ↓ ♪

   

                        ★★★★★★★★★★★★

          というワケで始まった2007年!今年も音楽ネタを中心に、皆
          様に楽しんでいただこうと思っております。
          本年も、どうぞよろしくお願いいたします!!(^-^)/♪

                        ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                     人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 01 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。