■BoneyFrog Blog■

 

 

◆仰天アニマル in YouTube◆


          今回のYouTube動画セレクションは“仰天アニマル”!芸達者
          な動物たちのオンパレードです。
          思わずビックリなアンビリバボー動画を2本!Let's Go♪

                           ★★★★★★★★★★★★★★★

          ピアノを教える先生の家で飼われている、アメショーの“Nora”。
          自宅の教室でレッスンを見ているうちに、こんな驚くべき芸を
          身に付けてしまいました。必見!間違いなく“演奏”してます!
         ◆“Nora(野良)”じゃないのヨ!華麗なリサイタルはコチラ↓ ◆

   

          お次はヨウムくん。スゴイです。喋る、踊る、音を真似る、さらに
          はジョークまで言っちゃうんだもんなァ…(^-^;)。3歳児と同じ
          くらいの知能を持っているって本当みたいですね~~~!!
          ◆おねーさんとのコンビも抜群!圧巻の名人芸はコチラ↓ ◆

   

                    ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                          ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング

スポンサーサイト

テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪JOE SAMPLE / Roles♪


    roles.jpg 

            明確なタッチと、力強くファンキーなピアノプレイが特色の
            ジョー・サンプル。クルセイダーズのメンバーとして活躍し、
            同グループの解散後はソロ・アーティストへ転向、クセ者
            揃いのジャズ・フュージョン界で、40年以上のキャリアを
            誇る大御所ピアニストです。

            1987年に発表されたアルバムRoles ”  は、ジョーの
            持ち味である鮮やかで透明感溢れる音色と、生音の響きに
            こだわったアコースティックな楽曲が楽しめる秀作で、収録
            された全8曲は、オーソドックスなフュージョン楽曲だけでな
            く、ジャズ調ありラテン調あり、さらにはマンボ調ありと多種
            多彩。ジャンルの枠内に固執しない自由な精神を感じ取る
            ことができます。

            また、この作品におけるジョーの演奏は、一貫してLIVE感
            に満たされており、あざとい計算や、予定調和といった形式
            的な編曲を排した、極めてストレートなプレイに終始してい
            ます。
            2曲目のGifted ”  などはその好例で、とりわけソロの
            部分は正しくジャズのインプロそのもの。始めから終わりま
            で、快い緊張感とパッションに満ちた“LIVE感”を演出してい
            ます。

    roles 01

                ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★
 
             Woman You're Driving Me Mad
                         ② Gifted
                    ③ Friends and Lovers
                    ④ Ego Mania Mambo
                       ⑤ Gentle Men
                     ⑥ Fortune Hunter
                     ⑦ Ship of Fools
                       ⑧ Passionist


           

                     ★★
★★★★★★★★★★

            これは余談ですが、このアルバムの“LIVE感”の立役者の一人
            ソニー・エモリー(Ds.)は、当時まだ無名に近い若手でありなが
            ら、そのパワフルなドラミングと、ベテランも瞠目するプレイの
            幅広さを存分に見せ付け、ジョーとの相性も素晴らしいものが
            ありました。
            このRoles がキッカケとなったのか定かではありませんが、
            このアルバムがリリースされて間もなく、彼は、あのEW&Fの
            リーダー、モーリス・ホワイトの目に留まり、初めEW&Fのツアー
            ・メンバー、後に正式メンバーとしてグループに加入することと
            なりました。
            来日公演では、その凄まじいドラム・ソロ、キレ味鋭いダンス、
            ヘタクソなラップ(ごめん)を度々披露しています。

                         ★★★★★★★★★★★★

              ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆驚愕映像!in YouTube◆


        本日のYou Tube セレクションは“驚愕映像”
        何が“驚愕”かって?はいはい。見ていただければ解ります。
        合計4本!Here We Go(^0^)/

                          ★★★★★★★★★★★★★★★

        唖然、ボーゼン!凄まじいトリックショットの嵐!一体この人、
        何モンだぁ!?ここまで極めると、もはやスポーツではなく立派
        な芸術です。も一回。唖然、ボーゼン!トリックショットの嵐!!
        ◆この中の一つでも出来ればヒーローになれそうな動画↓ ◆

   

        これは滅多に見られない映像です。スペースシャトルのSRB
        (補助ブースター)に取り付けられたカメラが映し出す、シャトル
        から切り離されて海上に着水するまでの自由落下ストーリー!
      ◆リアルGoogle Earth!スカイダイバー垂涎の動画はコチラ↓ ◆

   

        お次は自然の脅威。のどかな少年サッカーの試合会場は、
        この突然の自然現象によって修羅場へと一変。怪我人は
        出なかったとのことでラッキーでしたね。ニュース映像から。
      ◆その正体は竜巻!発生段階から撮影された貴重な動画↓ ◆

   

        え~…最後はおバカな動画をひとつ。……ププププ(^m^)!
        イイ歳ぶっこいて何をやってるんだか・・・。ある意味、こんな
        くだらないネタを一生懸命やるところが“驚愕”です。ププッ!
        ◆微妙にヘタクソなところがヨイ。ハナマルあげたい動画↓ ◆

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


コメント(転載)


こんばんわ!
↑後で見させていただきます!
私の姉妹ブログ「Listenin’」で
お勧めアルバムの記事を募集させていただいて
おります!
「Listenin’」
http://listenin.blog82.fc2.com/
よろしければ今度参加してみてください~!
私ごとで、恐縮です!一応連絡です。

投稿 masuda323 | 2007.02.19 22:03


To masuda323さん
こんばんは★
コメントありがとうございます♪

参加型のブログですね!次回訪問させていただいて、
おすすめアルバムを厳選して投稿させていただこうかと
思っております!
その際には宜しくお願い申し上げます(^-^)/

投稿 ヤセガエル | 2007.02.20 01:47


こんばんわ。
「おバカ」動画見ましたよ~!
ん~ヤセガエルさんの目はホント
「狂いない」ですね~!
ホントに「最高でした」。
この動画「必見」でした。
し、私はこの動画を何度となく
今後リピートしてみるように思います!
(これは皆さま絶対みなきゃ損です!)
よく考えましたよね~
こんな~「ダンス」?
(SeeYou~♪)←印鑑押しておきます。

投稿 masuda323 | 2007.02.24 20:29


To masuda323さん
コメントありがとうございます♪

どうも…おホメいただいて痛み入ります(^-^;)
他人様の投稿動画を紹介しているので、カンペキに「ヒトの
ふんどしで相撲」なワケですが、気に入っていただいて大変
ウレシイです!

今後もププッ♪(^m^)♪…な動画を、見つけ次第ご紹介して
いこうかと思います。また遊びに来てください~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.02.25 00:00


すみません・・。
この「おバカ」動画がやっぱり気になり、
2度目見ちゃいました。
これ、最高ですよ~!(ホント)
一緒に踊りたいっ!
おそらく、ヤセガエルさんの最新記事を見た後、
この動画をおそらく見て帰ることとなりそうです!(ハマってしましました・・・、
これホントです!)

投稿 UP係 | 2007.03.08 21:39


To UP係さん
どうもです~♪

ハマってしまいましたネ(^m^)
ご愁傷さまでございます。

ご存じかも知れませんが、この動画は“OK GO”というバンドの
プロモーションビデオです。彼らは、コレ以外にも個性的なPVを
リリースしているので、You Tubeにアクセスしたらバンド名で
検索してみてくださいね~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.03.08 22:22


こんばんは。
さすがヤセガエルさんですね!
やはりこの映像が「OK GO」っていうバンドって知っていらっしゃったみたいですね・・・。
このレス見るのすみません忘れてましたわ~。
実はわたくしmasuda323がUP係りを務めてます「Listenin’(わたくし達のおすすめアルバム)」でバンド「OK GO」としてこの映像も勝手に(すみません!!)1アルバムとしてご紹介させていただきました。あとこれも勝ってにで大変恐縮ですが、ヤセガエルさんの「ヤセガエルの独唱」もごリンクさせていただいてます!連絡が遅くなり申し訳ありません!
どうかよろしくお願いいたします!

投稿 UP係 | 2007.04.25 20:25


To UP係さん
ご無沙汰しておりますぅ(^-^;)
ご訪問&コメントありがとうございます♪

実は私も、知っていたのはバンド名と曲名だけで、彼らの
詳しいプロフィールとかは知らなかったんですよね。
UP係さんの“Listenin'”にお邪魔するまで、若者に影響力
のあるすごいバンドだなんて知りませんでした(汗)。
いや~勉強不足でしたね~( ̄∀ ̄;)

リンクの件、了解でございます!
今後とも宜しくお願い申し上げます♪

投稿 ヤセガエル | 2007.04.25 23:03


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

■BACK TO THE FUTURE■


    back to the future 

          「無人島に一本だけ持っていけるとしたら、どれを持っていく?」
          と問われた時、それが音楽CDだったら悩みに悩むでしょうが、
          映画だったら話は簡単です。
          私の答えは、この映画が公開された’85年から22年間、ただ
          の一度も変わった事がありません。

        BACK TO THE FUTURE

          製作総指揮・スティーブン・スピルバーグ、監督・ロバート・ゼメ
          キス、主演・マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド。
          言わずと知れたSFコメディ不朽の名作です。

    01 marty doc 

          公開直前、テレビのエンタメ情報みたいな番組で、試写会を
          観たという映画評論家が「絶対観なさい!もしつまらなかっ
          たら私が料金立て替えます!(新宿二丁目調)」
とまでプッシュ
          していたこともあり、騙されたと思って劇場に足を運んだのが、
          私とこの映画の出会いでした。

          20年以上経った今でも鮮明なのは、映画が終わった直後の
          (渋谷の)劇場内の記憶ですね。
          エンディングのスタッフ・ロールが流れ始めた瞬間、場内の
          あちこちから、拍手と「BRAVO!」の声が飛び交ったのです。
          かなり感動しましたネ。映画でそんな光景が見られたのは、
          後にも先にもこの時だけだったと思います。

    02 d 

          「BRAVO!」の気持ちは良く理解できます。
          とにかくシナリオとストーリーが秀逸。ゼメキス監督が、極上の
          ワインを育てるように長期間練りこんだ脚本は、セリフのひとつ
          ひとつが後のストーリー展開で爆笑をもたらす巧妙な鍵となって
          おり、また、画面で映し出される登場人物の行動から、ほんの
          一瞬だけ映る小物に至るまで、その全てが計算された伏線の
          役割を果たしています。
          その伏線は、何度観ても、その度ごとに新しく発見できるほどの
          膨大さ。かく言う私も、最近また新しい伏線を発見。

    00 doc 

          「オープニングで映し出される時計の中にドクが!」

    03 pps 

          「マーティの部屋のベッドに“ペプシフリー”が!」

          目ざとい方はとうにご承知のネタですかネ。
          私は「また見つけちった・・・( ̄ー ̄)」ってな具合。

          公開された’85年が、「過去へのタイムスリップ先」として十分
          使えるネタになった現在。映画に登場する「’80年代グッズ」が
          かなり懐かしいです。例えば…

    04 vh 

          「地球上の誰に言われてもダンス・パーティーには行かない!」
          ダダをこねるジョージを攻撃した「現代グッズ」は、AIWA製の
          ヘッドホン・ステレオ
。中にはヴァン・ヘイレンのカセットが。

    05 db 

          「マーイ・ネーム・イーズ……ダァァァス・ベイダァー!」
          卿に言われたら行くしかないでしょう。ダンス・パーティー。
          ちなみに右手に隠し持っているのはドライヤー。このネタも
          最近になって気付いた小ネタです。

    07 tyt 

          マイケル・J・フォックス演じるマーティが憧れるクルマは、トヨタ
          のピックアップ・トラック。当時の日本はバブル全盛、若者の憧
          れの車はソアラでした(苦笑)。

          ゼメキス監督が特典映像で語っていた、「’80年代の価値観は
          物質的豊かさ」
というのは、当時の日本にもあてはまる価値観
          ですね。映画の中のマーティも、「いつかこんな車を手に入れて
          やるぞ」という物質的目標を持っています。
          良い大学、良い会社へ入り、良い服を身に着け、良い家に住み
          、良いものに囲まれて暮らす。日米ともにそんな唯物的価値観
          がスタンダードだったのかもしれません。
          そしてその価値観が「良いことではない」と覆された時、今度は
          目も当てられない「格差社会」の登場。orz

    06 jbg  

          プレスリーも裸足で逃げ出すLIVEパフォーマンスを演じて見せ
          たマイケルも、現在パーキンソン病という難病と戦っています。
          「格差社会」も「闘病生活」も、当然20年前からは、予測不能の
          遠い「未来」のこと。作品中におけるドクの『未来は自分の手で
          作るもの』
という名ゼリフは、「未来は希望に満ちている」という
          意味よりも、「未来に責を負うのは私たちだ」という自戒と警告
          の意味が感じ取れて、マイケルの病気はともかく、私たちが20
          年間作ってきた社会の、大きな歪みと欠陥を突きつけられるよ
          うな重みに満ちている気がして仕方ありません。

          あと8年経てば時代はBACK TO THE FUTURE part 2” 
          の舞台である2015年。映画では車が空を行き交い、家庭には
          テレビ電話が普及し、会社員はネクタイを二本締める(笑)時代
          です。あなたは今、「未来は希望に満ちている」事を感じながら
          日々を送っていますか?それとも「未来に責を負う」という重みを
          感じながら毎日を過ごしていますか?

          私は…株価情報に一喜一憂するような現在と、「地上げ屋」が
          闊歩した20年前がオーバーラップしてしょうがないですね。
          いきなりパーン!といかなきゃイイけど。

          ありゃりゃりゃ?なんか話が妙な方向へそれたなぁ…。

                     ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                  人気blogランキング

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画    ジャンル : 映画

 

 


 

 

●スーパーセーブ!in YouTube●


          サッカー動画セレクション!前回の“スーパーゴール集”に続い
          て今回お送りするのは“スーパーセーブ集”。そう、本日の主役
          はゴールキーパーです。
          最も大きな責任を背負いながら、その大きさほどは報われない
          悲しい職業、ゴールキーパー。彼らの気高さ、美しさを見よッ!

                 ★★★★★★★★★★★★★★★

          元来人間の反射神経は、向かってくる物体に対して無意識に
          「避ける」動きをするようにできています。ところが彼らゴールキ
          ーパーは、そんな人間の本能とは相反する「向かっていく」動き
          を、その肉体と精神の力で獲得しました。正に求道者。必見!
                ●人間ワザとは思えないスーパープレーはコチラ!↓ ●

   

          お次はゴールキーパーの爆笑プレー集。ワンミスが死を招く
          ポジションとはいえ、彼らだって生身の人間。笑って許してあげ
          ましょうヨ。「あッ!待てッ!待ってくれッ!」・・・・そんな彼らの
          絶叫が聞こえてきそうなナイス動画!・・・・プププ♪(^m^)♪
              ●プロとは思えない情けないプレーはコチラ♪ ↓ ●

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                   記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                  人気blogランキング


コメント(転載)


ゴールキーパー珍プレー集みました。
最後のゴールがなんとも・・・ウケました(笑)
この間のワールドカップでも
あの「川口」選手この映像に
加わりそうな「ウケてしまった」
シーンありましたけど
YOUTUBEの「おもしろ映像」は
「ウケ」ます!

投稿 masuda323 | 2007.02.14 12:01


To masuda323さん
ようこそおいでくださいました。
コメントありがとうございます♪

あ~…ありましたねェ、ドイツでも。
クロアチア戦でしたっけ?
あれがゴールになっちゃってたら、こんな風に伝説化
しちゃってたかもしれませんね。(^-^;)

ただ、この珍プレーのコンピレーション、ヨシカツくんの
プレーは選外でしたが、代わりに南(雄太)の自陣ゴール
へのスローインが、「世界の珍プレー」として選ばれちゃっ
てます…orz
ああ…哀れナリ(T-T)

投稿 ヤセガエル | 2007.02.14 20:32


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪JEVETTA STEELE / Here It Is♪


     here it is 00 

          JEVETTA STEELE(ジェベッタ・スティール)
          アメリカ、ミネアポリス出身のゴスペル・グループ、J.D.スティー
          ル・シンガーズの一員で、本職のゴスペル以外にも、ブロードウ
          ェイ・ミュージカルや映画音楽(’89年公開「バグダッドカフェ」)
          でも実績を残している実力派シンガーです。

          今回ピックアップする’93年リリースのアルバム"Here It Is"
          は、ジェヴェッタ初のソロ・ワークなのですが、召集されている
          メンバーが「超」のつく大物ばかり。
          プロデューサー陣には、コンテンポラリー・ジャズ界の大御所
          トミー・リピューマ、ジェベッタと同郷のプリンスEW&Fファミリー
          からモーリス・ホワイトビル・メイヤーズ
          さらにクレジットされているミュージッシャンは、スムースジャズ
          界からカーク・ウェイラムレニー・カストロヴィニー・カリウタ
          リッキー・ピーターソンらが。POPS界からはマイケル・ランドー
          ロビー・ブキャナンといった一流ドコロが集結しており、ジェベッ
          タの実力と、その求心力の強さを想像させます。

          出来上がったアルバムは、正統派R&Bをベースに、ゴスペル、
          ソウルといったジェヴェッタのルーツを生かす楽曲と、ハウス、
          ファンクといった’90年代の潮流を取り入れた楽曲がミックス
          されたバラエティーに富んだ内容です。
          またジェヴェッタの、ゴスペル出身者らしい豊かな表現力と、
          ゴスペル出身者らしくないソフィスティケイトされたテイストを
          持つヴォーカルは、前述の一流ミュージッシャンらと対等に
          渡り合っているだけでなく、時にはそれらを大きく凌ぐオーラ
          を発散しています。

    here it is 01

                    ★★★★ 試聴はコチラ↓ ★★★★

                                      All In Time
                                         ② Hold Me
                         ③ Where Do We Go From Here
                                       ④
Good Foot
                                      ⑤
Calling You
                              ⑥
Love Is A Losing Game
                                      ⑦
Here It Is
                                 ⑧
Baby Are You
                              ⑨
If You Want My Lovin'
                                      ⑩
Open Book
                         ⑪ Say A Little Prayer For You
                                  ⑫ Love Will Follow


                        ♪試聴はコチラ↓

          

          


                   ★★★★★★★★★★★★

          さて、今回ご紹介した作品はいかがでしたか?

          実はジェベッタ、これだけ見事なソロ・アルバムを製作しておき
          ながら、その後の動向が「???」なんですよですねェ・・・・・。
          というか彼女は一体どこへ行ってしまったんでしょうか?
          個人的にジェヴェッタは、アニタ・ベイカーや、ホイットニー級の
          スターになっていてもおかしくないと思ってるんだけど・・・。

          彼女の現在をご存じの方。もしよろしかったらゼヒ教えていただ
          きたいと思っております。(^-^;)

                         ★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
          このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


トラックバック(転載)

» お騒がせ?You Tube [お騒がせ?You Tube]
何かと物議をかもしだしているYouTube あなたは利用したことありますか?
[続きを読む]

受信: 2007.02.12 07:59


»
ユーチューブ [ユーチューブ ユーチューブ動画]
ユーチューブ動画、ガキの使い
[続きを読む]

受信: 2007.02.12 14:14


テーマ : 女性アーティスト    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

●スーパーゴール!in YouTube●


          今回のYou Tube セレクションは“スーパーゴール”動画!
          かなり前からUPされている動画ですが、古今東西の歴史的な
          ゴールを集めた動画をご紹介します。英雄マラドーナを始め、
          ベルカンプ、カントナ、バッジオ、ジダンといった伝説的スター
          選手や、ロナウド、ベッカム、オーウェン、ロナウジーニョといっ
          た現役選手のスーパーゴールが計50本!興奮必至!!
                ●驚天動地のスーパーゴール集はコチラから!↓ ●

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                  人気blogランキング


コメント(転載)


こんにちは!
人気ブログランキング「ジャズカテゴリー」
に参加させていただいております
「JAZZと家とサッカー」のmasuda323です。
このゴール映像見させていただきました。
ん~しびれちゃいましたよ・・。
ところで、
この「ジャズカテゴリー」だと「サッカー」
ファンは「ヤセガエル」さんかな?なんて
思って書き込みさせていただきました。
また、できたら自分のブログからリンクさせて
いただけないでしょうか?
一緒に「サッカー」応援したいです~!
「ALL FOR 2010~!」

投稿 masuda323 | 2007.02.11 12:09


To masuda323さん
はじめまして!
コメントありがとうございます♪

リンクの件、大歓迎です(^-^)/♪一緒に南アフリカへの戦いを
熱く応援いたしましょう!!あ…北京も。

のちほどmasuda323さんのブログへおジャマいたしますので、
よろしくお願い申し上げます!
「ALL FOR 2010~!」

投稿 ヤセガエル | 2007.02.11 13:30


快く受け入れていただき感謝しております!
先ほど私の「JAZZと家~」ブログにこちらの「ヤセガエルの独唱」さんの紹介文章を書かせていただきました。(拙くて大変恐縮です)
もし文章に変更等ございましたら、ご遠慮せずおっしゃってください。宜しくどうぞ~!

投稿 masuda323 | 2007.02.11 15:25


To masuda323さん

こちらこそよろしくお願いします。m(__)m
さきほどmasuda323さんのブログへおジャマさせていただきました。
私の気まぐれブログを、あのようなキチッとした形でご紹介いただいて、
嬉しいやら面映いやら・・・汗顔の至りです。
今後とも宜しくお引き回しくださいませ♪(^-^)/

投稿 ヤセガエル | 2007.02.11 21:55


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

 

 


 

 

♪CASIOPEA / HALLE♪


         halle.jpg  

           

         カシオペアがカシオペアであるために必要な三つの条件、すな
         わちメンバーの卓越した演奏技術、キャッチーなメロディ、緻密
         なバンド・アンサンブル、それらを全て兼ね備えた作品が、
         ’85年に発表されたアルバムHALLE です。

         メンバー4人の初共作となる"Halle" に始まり、最終トラックの
        "Paradox March" に至る全11曲(アナログ盤は全10曲)は、
         当時絶頂期だったカシオペアの、「美味しいトコロ」を絶妙な
         バランスで盛り込んだ逸品ばかり。その躍動感溢れるパフォ
         ーマンスとストレートなサウンドは、既成のフュージョンからは
         一歩も二歩も抜きん出た先進性を内包していました。

         カシオペアのアイデンティティーと言っても良い、野呂一生の
         オーバードライヴ・ギターを中心に展開する Halle
         向谷実の光沢感が冴えるシンセをバックに、フレットレスギター
         が優しく歌うHoshi-Zora
         Street PerformerTouch The Rainbow は、
         神保彰のPOPなメロディ・センスが曲全編に渡って散りばめら
         れており、喪失感と渋さが特徴的な櫻井哲夫のFreesia
         は、アルバムにキュッとした緊張をもたらすアクセントの役割を
         担っています。
         また、リーダー・野呂一生の、初の単独プロデュース作品として
         も意義深いアルバムです。

                     ★★★★ 収録曲 ★★★★

                                           Halle
                                      ②
Hoshi-Zora
                                 ③
Street Performer
                                 ④
The Turning Bell
                                      ⑤ North Sea
                                 ⑥
Matsuri-Bayashi
                             ⑦
Touch The Rainbow
                                    ⑧
After School
                                        ⑨ Freesia
                                     ⑩
Marine Blue
                                  ⑪ Paradox March


                     ★★★★★★★★★★★★

         この作品以降、カシオペアの音楽性は、従来のジャズ・ファンク
         路線から、ロック・フュージョン的色彩が顕著となっていき、その
         ため、古参のファンと新規ファンが二分化していきました。
         そして鉄壁のチームワークを誇っていたはずのカシオペア本体
         もまた分裂し、メジャー&拡大路線の野呂・向谷組と、職人&
         実力派を固持したい櫻井・神保組に分かれ、前者は新生カシ
         オペアとして、後者は新ユニット・JIMSAKU(ジンサク)として
         リ・スタートすることになったのです。

         以前Photographs のレビューでも述べたように、現在カシ
         オペアは活動休止となっています。再開を視野に入れての休止
         だとは思いますが、復活するなら、私はどうしてもこの時代の
         メンバーで復活してほしいと思っています。
         何年かかっても構わないから、あの輝いていたカシオペアを、
         もう一度立ち上げてほしい。そんな風に今考えています。

                                 

                         ★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FREDDIE JACKSON / Time For Love♪


    time for love 00 

       ’85年、デビュー・アルバムRock Me Tonight のスマッシュ・
       ヒットで、一躍スターの仲間入りを果たしたR&Bシンガー、フレディ・
       ジャクソン。その後も情感タップリな独特のヴォーカルで数々のバラ
       ードの佳曲を発表し、’80年代から’90年代にかけて、故ルーサー・
       ヴァンドロスや、ジェフリー・オズボーンらと共にブラック・ミュージック
       の中心的存在として活躍しました。

       今回ご紹介するのは、彼の5thアルバムTime For Love
       1st アルバムから踏襲されている、バラードとミディアム・テンポのナ
       ンバーに力点をおいた秀作です。特にアルバムのオープニング・トラ
       ックであるI Could Use A Little Love(Right Now) や、
       デュエット・ナンバーのLive My Life Without You は、フ
       レディの発表した全楽曲中でも屈指のバラード。バレンタインのバッ
       ク・ミュージックにもうってつけですヨ♪ 

    time for love 01 

                   ★★★★ 試聴はコチラ↓ ★★★★

         I Could Use a Little Love (Right Now)
                   
Time for Love Tonight
                        ③
Chivalry
                       ④ Trouble
                    ⑤ Can I Touch You
                     ⑥ All I'll Ever Ask
                   ⑦ Will You Be There
                  ⑧
Come With Me Tonight
                                   ⑨
Can We Try
                              ⑩ Me and Mrs. Jones
                        ⑪ Live My Life Without You


                        ♪試聴はコチラ↓

         

                           


                        ★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
             このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング

テーマ : R&B/Doowap/Sweetsoul    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 02 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.