■BoneyFrog Blog■

 

 

♪JEFF LORBER / West Side Stories♪


    west side stories 00 

        【“爽快系”スムースジャズの極み!】

          本日は、私の敬愛する(ジェフ)ローバーさんが、’94年に発表
          したアルバムWest Side Storiesをご紹介します。
          以前、当ブログの記事において、ローバーさんを敬愛するあま
          りに、“キーボードオタク”という屈辱的(笑)な称号を贈呈してし
          まったことを反省しつつ、今回は、彼がただのオタクではないこ
          とを、事実を挙げて証明していきたいと思っております。
          それでは早速、レビュー&試聴へレッツ・ゴ~♪(^0^)/

                              ★★★★★★★★★★★★

                  Grasshopper
          一曲目はリズミカルでタイトなナンバーです。メインはローバー
          さんのピアノとミニムーグ。隠し味的に使われているバッキング
          のB3がムードを演出していますネ。タイトルは“バッタ”。成る程
          野原でバッタが飛び跳ねる様子が浮かびま・・・・・・・・すかね?

         

            Point Venus
          非常にゼイタクなトラックです。人使いが。リズム・ギターなんか
          左のチャンネルにポール・ジャクソン・Jr、右にマイク・ランドー
          というスペシャル配置。ソプラノサックスのゲイリー・ミークもチョ
          イ役です。絢爛豪華なバックの中でローバーさんも大満足♪♪

            Iguassu Falls
          …ヘンだな。世界三大瀑布の随一、最大落差80mを誇り、“悪
          魔の喉笛”と呼ばれる滝壺を持つイグアスの滝がテーマなのに、
          安めぐみに匹敵する和み系です。…パーソネルもヘンです。
          ローバーさん、ナゼかベース弾いてる。細かい所こだわるナ~。

          Let The River Run
          出ました!ウーリッツァー!今だにこのレアなキーボードを使っ
          ているのは、おそらくローバーさんだけでしょう。こだわるナ~。
          タイトルもまた謎です。『川を走らせる』?。中南米に生息する
          バシリスクというトカゲなら可能ですネ(水面を走るんです)。

             Say Love
          ケニー・Gやデイヴ・コズ、キャリン・ホワイトといった、後に開花
          する才能を見抜く眼力を持つローバーさん。このトラックでリード
          ヴォーカルを取るのは、後にR&Bの新星となるエリック・ベネイ
          (女優ハル・ベリーの旦那さん)です。青田買いが好きだナ~。

            Road Song
          ナゼなんでしょう。リズム・ギターにポールとマイクの二人を起用
          しておいて、ナゼかワウ・ギターだけはローバーさんが演奏して
          います。このコダワリは一体?( ̄^ ̄;)?非常にムーディーで
          カッケー曲なのに、そのコダワリがオタク感を増幅。うむむむ。

                   No Regret
          ローバーさんのスタンウェイ・ピアノをバックに、ヒュバート・ロウ
          ズのフルートが寂しげな旋律を奏でる佳曲。リズムはスロウに
          “ど~んぶらこっこ、ど~んぶらこ”です。『No Regret (悔いは
          無いサ) 』というワリには、またズイブン俯き加減な曲調でんな。

            Tour's End
          “旅の終わり”というタイトル。コレは…シャレにならないかもしれ
          ません…。フィーチュアリングされているソプラノ・サックス奏者、
          アート・ポーターは、翌々年(’96年)、湖でボート遊びの最中に
          溺死、人生という旅を終えました。まるで上杉氏の長尾政景

             Tuva
          ネイティブ・アフリカンの宗教的儀式に出てきそうな、個性的な
          ヴォーカルが楽しいトラック。声の主は“こんがー・うーる・おん
          だーる”さん(上手く読めないよ)。ローバーさんのアルバムに
          は、たいていこういう『趣味のトラック』が一曲入っていますネ。

       Don't Forget The Love
          この時期、ブラコンのプロデュース業でも多忙だったローバー
          さん。このナンバーなんかはそれが思いッきり反映しています
          ネ。女性ヴォーカリスト、シー・シー・ペニストンがフィーチュアリ
          ングされてます。しかし、ペニ…ペニストンですか。そうですか。

          Toad's Place
          リズムもメロディもテクニカルなトラックです。コロコロと変わる
          コード上で、タメとキメが交錯してフュージョンチック…なのは
          良いのですが、タイトルの『ヒキガエルの場所』ってナニ???
          アルバムの最終トラックに『ヒキガエルの場所』ってどうなん?

    west side stories 01 

                                ★★★★★★★★★★★★

          さて、今回のレビューはいかがでしたか?
          えーっと…、いかがも何も、また全然レビューになってないや。
          せっかくローバーさんの良さを証明しようと思っていたのに、ま
          た“オタク”って言っちゃってるし…。
          でもしょうがない。私はそんなローバーさんの熱烈なファンなん
          だもの。(イジメたくなるのもファン心理!)

          こんなレビューで、このアルバムを聴いてみたいと思っちゃった
          奇特な方は、どうぞAmazonでチェックしてみて下さいませ!

                                   

                    ★★★★★★★★★★★★★★★★

              ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)


こんばんは。
ヤセガエルさんの音楽記事の視聴はじめて
「リスン!」しましたが、相当音源が良い!!
ですね~。ビックリしましたちょ。
この音源はCDなどにコピーして、
普通に車の中とかで聴けません?

投稿 UP係 | 2007.04.04 20:28


To UP係さん
こんにちは!(^-^)/
コメントありがとうございます!

ローバーさんの楽曲は、メロディ、アレンジ、ミキシングの
三本柱がしっかりしているので、耳に優しくスムースですね。
ドライブのBGMにもピッタリだと思います。

アーティスト応援のためにもCD購入してくださいね~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.04.05 13:50


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEVEL 42 / Guaranteed♪


    guaranteed.jpg 

          ’80年代、ジャズ・ファンクにヴォーカルを組み込んだ、独自の
          ポップ・フュージョン・サウンドを確立し、英・米のヒット・チャート
          を賑わせたブリティッシュ・バンド、レベル42
          ’89年にベスト・アルバムをリリースし、’80年代の総括とした
          後、所属レーベルと契約を終了。一年の充電期間を経て’91
          年に新レーベルからリリースした作品が、本日ご紹介するアル
          バムGuaranteed です。

          この作品のキモとなっているのは、リーダー兼リード・ボーカル
          兼ベーシストであるマーク・キングによるポップな楽曲群。
          従来から定評のあった、ジャズ・ファンク出身者らしい鬼のよう
          なテクニックとメロディアスなサウンドは、よりスタイリッシュに
          洗練され、バンドのアンサンブルもより強固になっています。

          特筆されるべきは、歌メロ、コーラス・アレンジ、歌詞といった、
          “歌”に関連する要素の充実度で、各トラックのサビ部分のメロ
          ディなどは、どれも非常に丁寧に作られており印象的です。
          当ブログでは便宜上“ジャズ・フュージョン”カテゴリーにカテゴ
          ライズしていますが、中身は上質のポップスですので、そのメロ
          ディの“歌心”を感じていただきたいと思います。

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★
 
                      Guaranteed
                      ② Overtime

                       Her Big Day
                      ④ Seven Years
                        ⑤ Set Me Up
                        ⑥ The Ape
                  ⑦
My Father's Shoes
                       ⑧
A Kinder Eye
                           ⑨
She Can't Help Herself
                               ⑩ If You Were Mine

                       Lasso The Moon
                              ⑫
With A Little Love
                                  ⑬ All She Wants


                                     
♪試聴はコチラ↓

            

          

          さて、本日のアルバムはいかがでしたか?今回は彼らの“歌モ
          ノ”作品を取り上げましたが、インストで鬼のテクニックを披露し
          ている動画も見ものですので、当ブログの過去記事“ザ・ベーシ
          スト in YouTube” もゼヒご覧ください!

          それではまた次回♪ (^0^)/

                   ★★★★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆仰天アニマル in YouTube(2)◆


        皆様ご機嫌いかがですか?本日のYouTube ピックアップ動画
        は、“仰天アニマル”の第二弾をお送りします♪
        健気で芸達者な動物たちのスーパープレーをお楽しみあれ!

                 ★★★★★★★★★★★★★★★

        まずはコチラのインコから。ご主人様の指示に従って多彩な
        芸を披露します。最後の方はちょっと判りづらいんですが、ご
        主人様の命令を復唱しています。お利巧さん!ハナマル!!
         ◆どうやって教えたのか教えてほしくなる動画はコチラ↓ ◆

   

        着インコのシロちゃんです。…プププ~~~~~!!(≧m≦)
        だ…だめだっ!面白すぎてオナカがっ!わははははははは!
        どーしてこういう風に覚えちゃったんだろう?素晴らしすぎる!
        ◆“コココ”に“ももも”!ああ、らぶりーな昔話はコチラから↓ ◆

   

        前回ご紹介した、ピアノを弾くネコ“ノラ”ちゃん。なんと!テレビ
        番組で賞までもらっちゃいました♪よかったねぇ、ノラちゃん!
        今回の映像でもシッカリ演奏していますネ。おめでとう!(^0^)/
        ◆でも、もうちっとマシな像をプレゼントしよう!動画はコチラ↓ ◆

   

                      ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします! 
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
youtube 動画 [youtube 動画]
youtubeの動画が全般について書いたブログです。youtubeに乗り遅れた人はこれを参考にしてくださいね。
[続きを読む]

受信: 2007.03.22 23:00


»
国内YouTubeユーザー、史上最速1000万人突破  [芸能☆極秘☆ニュース]
2ちゃんの6倍!ヤフーの4倍のスピード YouTubeの国内UUが、オープンから14カ月で1000万UUを突破。2000年に調査を始めて以来最速という。Yahoo!JAPANの約4倍、2ちゃんねるの約6倍のスピードだった。  ネットレイティングスは3月22日、動画共有サイト「YouTube」の2月の月間ユニークユーザー数(UU・国内家庭からのアクセス)が1017万人となり、初めて1000...
[続きを読む]

受信: 2007.03.23 00:08


»
YouTubeが一部で日本語に対応 [youtuveを活用するためのYouTubeブロッグ]
「YouTube」が、多言語対応を進めているようです。
[続きを読む]

受信: 2007.03.23 00:48


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪BRIAN BROMBERG / Brian Bromberg♪


    brian bromberg 00 

      【達人の技!+粋人の美メロ♪ 】

          突然ですが、今回は初めに言っておきますね。

          このアルバム、必聴ですヨ!!(゚∀゚)
          スムースジャズ・ファンの方、フュージョン命の方、ベーシストの
          皆さんへ、私・ヤセガエルが自信を持ってオススメします!

          オススメのポイント①は、このブライアン・ブロンバーグという
          プレイヤーの凄まじい技。同じ(元)ベーシストの私でも想像すら
          つかない、とんでもねーテクニックがモリモリ入ってます。
          その②は、そのとんでもねーテクニックを、楽曲に超カッコ良く
          反映しているところ。メロディとリズムを繋げるベーシストならで
          はの、エッジの効いたソング・ライティングも聴き所です!

          と、いうワケで、おすすめトラックのレビューと試聴へGO♪ ↓

    brian bromberg 01 

          ① Summer Afternoon
          ブライアンのピッコロ・ベースと、カーク・ウェイラムのテナー・サ
          ックスが、ダブルで主旋律を取るファンキーでクールなトラック。
          キーボードのバッキングは(ジェフ)ローバーさんです。これぞ
          スムースジャズ!っていう美しいフレージングにメロメロざんす。

          
 
          ③ Bass Face
          超絶クールなダンス・トラック!ブライアンのテナー・ベースと、
          エヴァレット・ハープのテナー・サックスに、ポール・ジャクソン・
          Jrのスーパー・カッティング・ギターが絡みまくりッ。そこへ(ジェ
          フ)ローバーさんも参戦だ!頑張れ負けるなローバーさん!!

          
 
          ⑤ Tunnel Vision(For Miles)
          おそろしくファンキーなリード・ギターだと思ってクレジットを見た
          ら、パーソネルにギタリストは無し。良く見てみると、ブライアン
          のオーバー・ドライブド・ピッコロベースでした。早弾きにタッピン
          グ奏法、和音まで!ギャー!!マイルスばりのペットもグッド!

          ⑦ Intimadagé

          コチラはトワイライトに映えるボサ・ノヴァ・チューン。ムードを盛
          り上げるのはリー・リトナーのギターと、イヴァン・リンスのヴォー
          カルです。主旋律とソロはギターじゃなくて、ナイロン弦のピッコ
          ロ・ベース。たまらなくスウィートな夜に向けて、こんなん如何?  

          ⑪ The Blessing
          コレはある意味たまらんトラックです。もうバリバリのジャパニー
          ズ・フュージョン・サウンド (゚∀゚)♪カシオペアとかYou(分かるか
          ナ~?)の世界ですネ。ピンポイントでのキメや、オープン・ハイ
          ハットで前のめりに来られるとタマラン(笑)!よいぞよいぞ♪♪

    brian bromberg 02 

           さて、今回のアルバムはいかがでしたか?
          上に挙げた以外にも、ちょっと寂しげな美メロ満載の、映画
          のサウンド・トラックに使われそうななんかもオススメです。

          最近ではコントラバスの限界に挑戦している(?)ブライアンで
          すが、このアルバムのリリースされた’93年の頃は、エレクトリ
          ック・ベースの可能性を追求しているようです。それも思いッき
          り楽しみながら。ワタシ的には、今のジャズメン・キャラよりも、
          こっちのスムースジャズ系の方が好みですね。

          このアルバムに興味が湧いた!という方はAmazonへGO!
          それではまた次回~(^0^)/♪

                    ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BILLY JOEL / The Nylon Curtain♪


    the nylon curtain 

          “現代の吟遊詩人”、“ピアノマン”、“ポップ・スター”とよばれて
          愛されてきたビリーが、それまでの実績を自らリセットして世に
          問うた問題作、それがこのThe Nylon Curtain” です。

          この作品には、当時(’82年)のアメリカの世相と、ビリーの私
          的心情が色濃く投影されています。
          時は米ソ冷戦時代の末期。アメリカを旗頭とする西側資本主義
          と、ソ連を頂点に戴く東側社会主義がせめぎ合い、世界各国で
          米ソの代理戦争が行われているという暗い世相。とりわけベト
          ナム戦争以降、慢性的な不況に陥ったアメリカ国内では、経済
          の停滞、失業者の増加、頻発する凶悪犯罪への不安感が澱ん
          でおり、80年代に入ってもその影響は解消されていない状況
          でした。

          一方、これまで、都会の人情の機微や、純粋な人間物語を丁寧
          に表現してきたビリーもまた、この時期人生の荒波に飲み込ま
          れていました。
          仕事上でのトラブル、バイク事故による負傷、結婚生活の破綻
          といった様々な障害に襲われたビリーは、持って行き場の無い
          負の感情と向き合いながら苦悩していたのです。

          そうした時代背景と個人的背景が、音楽作品として結びついた
          のは、ビリーにとっては自然な成り行きだったかもしれません。
          工業都市の憂鬱を歌うAllentown は、斜陽に浮かぶ町
          並みを描いたジャケットとシンクロしており、Lauraのビー
          トルズ的なアプローチは、不安定なビリーの精神状態を切なく
          伝えてきます。
          現代人の抑圧をストレートにシャウトするPressure
          半のクライマックスGoodnight Saigon では、ベトナム
          戦争の帰還兵を苛む、癒えることのない心の傷を、壮大なアレ
          ンジで見事に描いています。
          後半はやや“ビリーらしい”曲調に回帰しつつも、自らも含め、
          “歩んできた道は間違いだったのでは?”という悲しい疑問と、
          絶望の寸前であがき耐える人々を、怜悧に浮かび上がらせて
          います。

          発売当初から賛否両論渦巻いた作品でしたが、私は、ビリー・
          ジョエルが、単なる“ポップ・スター”から真の意味での“アーテ
          ィスト”へと脱皮した、記念碑的アルバムだと認識しています。
          “時代の代弁者”たる気概と、ある種の虚無感をもって、アメリ
          カの抱える未解決問題へ迫ったこの作品は、他のビリー作品
          と比較すると極めて異質でした。しかしそこに描かれていたの
          は、これまでと同じ圧倒的な現実感を伴う“人間ドラマ”であり、
          その視点と、その先にある根本的なテーマは、紛れも無くビリ
          ーが追求してきたものだったのです。

          これまでこの作品を敬遠していたビリー・ファンの方、一聴した
          だけで封印してしまった方は、もう一度紐解いてみてください。
          21世紀にも通じる重要なメッセージが、時を越えて切々と伝わ
          ってくるでしょう。

                     ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                        ① Allentown
                                          
Laura
                        ③ Pressure
                    ④ Goodnight Saigon

                               She's Right On Time
                    ⑥ A Room Of Our Own
                          ⑦ Surprises
                    ⑧ Scandinavian Skies
                 ⑨ Where's The Orchestra?

                                試聴はコチラ↓

          

                           


                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
ビリー・ジョエル [ビリー・ジョエル]
ビリー・ジョエルを先日テレビで見ました。久しぶりに見たビリー・ジョエルは、私の記憶の中の彼自身の姿から随分変わっていました。もう一度、彼のことが知りたいと思い、書店や図書館を回りましたが彼に関する情報は簡単には見つからず、非常に苦労しました。他にもそんな方がいるかもしれないと思い、サイトを作りました。 ...
[続きを読む]

受信: 2007.03.31 13:46


コメント(転載)


おひさでございます。ソレフォトの蓬堂です。ただ今Ac度数20%位です。ビリーの歌声は、なんともお酒に合いますなぁ…3月も終盤にさしかかり、残業の全体像が見えてきたところで、ひさびさにグラス片手のネットサーフィンに興じております。
ご紹介の「ナイロンカーテン」は、A面をよく聞いた一枚でした。「グッドナイトサイゴン」は、どうしても映画「グッドモーニングベトナム」(ロビンウィリアムズ主演)と重なってしまいます。なんとなく政治色が強いなぁ…って、現代社会が苦手だった一高校生にもわかりました。受験を控えていた私には、どちらかというと…「プレッシャー」の方が、リアルだったように、記憶しています。また、聞きに入ります。それではまた(^.^)/~~~
最近、ルパン3世のサントラにも飽きてきたので、そろそろビリーに切り替えようかなぁと考え始めている蓬堂より。

投稿 蓬堂 | 2007.03.23 00:50


To 蓬堂さん
おひさしぶりです!
コメントありがとうございます♪

フォッフォッフォッ。
蓬堂さん、A面って言っちゃいましたね!(^-^)実は私も
“A面”ばかりよく聴いてたクチです。…というよりB面まで
体力が続かなかったというべきでしょうか。
当時の私には、ちょっとテーマも音も重かったんですね。
A面最後(でしたっけ?)の“Goodnight Saigon”を聴き終わ
る頃には力尽きてしまっていたような(笑)。

映画“グッドモーニング~”は、観ようと思っていて観そびれ
ている映画のひとつです。今度レンタルしてみようかな?

お仕事お忙しそうですが、お体に気をつけて頑張ってください!
(飲みすぎ注意ですよ~♪^0^)

投稿 ヤセガエル | 2007.03.23 08:13


テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAMELA WILLIAMS / Eight Days Of Ecstasy♪


    eight days of ecstasy 00 

          アーティストは時として、レーベル側の予測をはるかに上回る
          スピードで、大きな飛躍を遂げることがあります。

          その代表的要因は、アーティスト自身の才能に依存するもの、
          セールスのタイミングによるもの、市場とのマッチングによる
          ものと様々ですが、今回ご紹介するパメラ・ウィリアムスは、
          それらの要因が幾重にも重なって、大きな飛躍を遂げた、
          極めて幸運なアーティストの一人です。

          パティ・ラベルのバック・ミュージッシャンとしてキャリアを積み、
          プリンスやベイビーフェイスらと同じステージを踏んだ実力派の
          パメラが、キャンディ・ダルファーが先鞭を付けた、“才色兼備
          の女性プレイヤーによるジャズ”に追随するという、いささか安
          易な戦略に引っ張り出されて、アルバムSaxtress でデビュ
          ーを飾ったのは’96年。レーベル側の思惑では、パメラにとって
          は屈辱的であろう、ほとんどヌードに近いジャケ裏写真が最大
          のトピック・・・・・・・・・・になるハズでした。

          ところがこのSaxtress は、発表されて間も無く爆発的な
          セールスを記録し、ビルボード誌のコンテンポラリー・ジャズ・
          チャートでもトップテンにランクインするという快挙を成し遂げ、
          以下の賛辞と共に一躍パメラをスターの座に押し上げました。

    eight days of ecstasy 01 

     『96年度最高の、実力新人女性サクソフォニスト』

          そう、そこにはジャケ裏写真の話題はおろか、“Sexy”の
          四文字さえも見当たらない、至極真っ当な評価が下されて
          いたのです。

          レーベル側としては、爆発的なセールスも、マーケットでの
          評価も想定外だったかもしれません。しかし、’90年代に入
          っても衰えることなく市場を拡大してきたスムースジャズ・シ
          ーンで、さらなる才能と実績を備えたニュー・スターを求める
          リスナーが、彼女を見誤るはずはなく、同じ女性サクソフォニ
          ストであるキャンディ・ダルファーとは対照的な、堅実でスム
          ージィなサックス・プレイを見せるパメラに対して、賛辞を惜し
          まなかったのも当然といえば当然の帰結でした。
          またその後のパメラも、ステージを中心に目覚しい活躍を見
          せ、リッピントンズやスパイロ・ジャイラ、ピーセズ・オブ・ア・
          ドリームらと共演し、彼らから絶賛されるなど、“実力派”の
          評価を実証するパフォーマンスを見せました。

          そして’98年、2ndアルバム"Eight Days Of Ecstasy"
          がリリースされ、前作にもましてソフィスティケイトされた楽曲
          と、官能度のアップした艶やかなサックスを耳にした時、私達
          リスナーは、彼女の飛躍が、さらなる高みへと通じていること
          を確信することとなったのです。

    eight days of ecstasy 02 

                     ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                        ① Scarlet
                                   ② Still In Love
                           ③ Love In The Afternoon
  
                I've Got Love On My Mind
                             ⑤ Escape To Paradise
   
                    Pump Up The Heat
                            ⑦ I'll Be There For You
                                    ⑧ Saxy-ness
                            ⑨ Eight Days Of Ecstasy
                                ⑩ One Of The Cats

                              ♪試聴はコチラ↓

          


    eight days of ecstasy 03 

          さて、今回のアルバムはいかがでしたか?
          「最も影響を受けたのはグローヴァー」と彼女自身が語るように、
          パメラのサックスはスムージィでナイーヴです。
          このEight Days Of Ecstasy のジャケもまた、彼女の
          キャラとはかけ離れた路線ですね。(キライではありませんが…)
          まあ、レーベル側も、三作目からはエロキャラ路線を変更し、今
          では実力派に相応しいオトナのジャケになっています。市場の評
          価にレーベル側が認識を(高く)改めた珍しい例かもしれません。

          でも…このアルバムの邦題“ザ・サクスタシー”ってのは、いかにも
          魂胆ミエミエでイヤラシイぞ。また3秒で決めたな?
          …悔い改めていただきたいものです。(--♯)

                                   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


トラックバック(転載)


» キャンディ・ダルファー [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00766 キャンディ・ダルファーのベストアルバム『ベスト・オブ〜』 【C】(裏)「金髪の美女とサックス」この組み合わせだけを考えると本場アメリカの雑誌『プレイボーイ』のグラビアの様でありますが、実際にいました!その組み合わせの妙が受けて.......
[続きを読む]

受信: 2007.03.19 10:41


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪EARTH,WIND&FIRE / Millennium♪


    millennium 00 

          過去EW&Fの作品には、彼らの音楽性が極めて鮮明に表現さ
          れている、パワースポット的作品が複数存在します。
          ’74年発表のOpen Our Eyes、’77年のAll'n'All
          ’79年のI AM、’87年のTouch The World
          これらの作品は、発表時における彼らのベストパフォーマンスと、
          その作品へ至るまでの音楽活動の“総括”とも言うべき濃密な内
          容を備えています。

          ’93年にリリースされたMillennium も、それらの作品と
          同じく集大成的な意味合いを色濃く持つアルバムです。
          強力なファンク色、スピリチュアルな世界観、比類無きグルーヴ
          とインパクト、それらを集約・開放し、壮大な一つの宇宙を作り
          上げたEW&Fワールドが、そこに存在しています。

          セールス的には決して成功したとは言えないアルバムですが、
          EW&Fの世界観が直感的に伝わる作品なので、往年のファン
          は言わずもがな、これからアースを聴こう!という入門者の方
          にもオススメです。

    millennium 01 

                     ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                               Even If You Wonder
                                 ② Sunday Morning
                                  ③
Blood Brothers
         
                  
Kalimba Interlude
                                ⑤
Spend The Night
                                        ⑥
Divine
                                    ⑦ Two Hearts 
                               ⑧ Honor The Magic
                       ⑨ Love Is The Greatest Story
    
                        
The“ L”Word
                        ⑪
Just Another Lonely Night
                                    ⑫ Super Hero
                ⑬ Wouldn't Change A Thing About You
                           ⑭ Love Across The Wire
                        ⑮
Chicago(Chi-Town)Blues
      
               
Kalimba Blues

                              ♪試聴はコチラ↓

         

         

                           


    millennium 02 

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


トラックバック(転載)


» 【Earth,Wind & Fire】 Millennium [Funky Sensation]
先日の記事でKool & The Gangのセレクションをしてみたが、Koolの曲を振り返り聴き続けていると、何となく私の中では対抗馬的な存在になっているEarth,Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイヤー)を聴きたくなった。 (あ...
[続きを読む]

受信: 2007.03.16 01:14


コメント(転載)


こんばんは。
連続コメントします!
「アース」は自分も10年?
くらい前ですが、ライブ行ってきました!
確か横浜か川崎にクラブ「チッタ」?
(↑こんなライブハウスありませんでしたっけ?だいぶ昔なので記憶が定かでなくてすみません!)
私も実は「ファンク」は大ファンです!
「パフォーマンス」最高ですもんね~!

投稿 UP係 | 2007.03.13 22:12


To UP係さん
ご訪問&コメントありがとうございます!

むむ!?UP係さん、「アース」を「アース」とよぶあたり、
かなりの強者とお見受けいたしました。(^-^)

クラブ・チッタは川崎のライブハウスですね。…となると、
あのモーリス様(様?)にズイブンお近付きになったのでは?

私は’94年の代々木体育館のLIVEを観ました。距離はかな
り離れていましたが、オーラはビンビン伝わってきましたね。
オープニングがイキナリ“September”で失神しそうになった
ことを憶えています(笑)。

またモーリス様(様!?)と一緒に来日してほしいですね。

投稿 ヤセガエル | 2007.03.14 12:25


こんばんは!
レスありがとうございます!
「アース」は「セプテンバー」でおなじみでしたね!
(私はThe Essentialというアルバム持ってます!)
最高です!(この曲もホントノリノリです。)
川崎「クラブチッタ」はどうやら、
「スライ&ザ・ファミリーストーン」の
ライブだったと思い出し、
実は勘違いしてしまいコメントしてしましました・・・。(スミマセン)
「モーリス」(アースのリーダー)さんにも
お近づいてみたかったです!
どうやら2004年の来日公演が最後で、
今パーキンソン病をわずらわっているとのことです!(←さっきウィキで調べました。)

投稿 UP係 | 2007.03.15 19:21


To UP係さん
こんばんは!
コメントありがとうございます!

そうなんですよね。
私の尊崇するモーリス様は、今も難病と戦っているのです。
2005年にグループに復帰して、アルバムを一枚製作して
いるのですが、その後の病状はまた思わしくないみたいで…。
なんとか元気になってほしいものです。

ちなみに、15日に投稿したアースのLIVEは、’90年の
日本公演の映像です。よろしかったらご覧下さいませ♪

投稿 ヤセガエル | 2007.03.15 23:51


はじめまして!
Oh!
横尾忠則さんのジャケも含めて僕も大好きなアルバムです^^
⑦と⑬のフィリップ節に痺れます!

TB失礼します。

投稿 bally | 2007.03.16 01:11


To ballyさん
はじめまして。
コメント&TBありがとうございます♪

私もこのジャケ気に入っております。(^-^)
以前の長岡秀星氏のジャケも素晴らしいと思いますが、
横尾氏の、正邪混濁している(?)世界観も、アルバム
タイトルとリンクしているようで興味深いですね。

ballyさんのおっしゃる通り、フィリップがリードを取る楽曲も
非常に魅力的なので、捨て曲は一曲もナシ!アース会心の
一枚ではないでしょうか。

今後も、アースだけでなく、ブラック・ミュージック全般を
取り上げてまいりますので、またお気軽にお越しください♪
(^0^)/

投稿 ヤセガエル | 2007.03.16 02:01


テーマ : R&B/Doowap/Sweetsoul    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆エアな人々 in YouTube◆


          エアボーカルにエアドラム、エアギターにエアピアノ。本日は
          そんな“エアな人々”の特集です♪ Let’s enjoy ♪♪ (^0^)/

                  ★★★★★★★★★★★★★★★

          一発目はメイド・イン・ジャパン!佐賀大野球部のメンバー達に
          よるエアバンドが、クイーンの"Don't Stop Me Now"を熱演。
          テレビ番組『学校へ行こう』の企画で頂点に輝いた名演です。
          ◆素晴らしい!野球はやめてコレで食ってけ!動画はコチラ↓ ◆

   

          お次は“エアボの殿堂(?)”嘉手納外語塾の作品。派手さは
          無いけど、観れば観るほど味が出る佳作です。これ以外にも
          彼らの作品は多数。いずれもレベル高し!新作にも期待大♪
          ◆素晴らしい!ちゃんと勉強してる?…な動画はコチラ↓ ◆

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


コメント(転載)


The Lee Evans Trio
↑2番目最高です!
見なきゃ「そん」です!
これホントの話!
「のり」の良い音楽と
「大の大人」&「真剣なパフォーマンス」
は個人的に大好きです!

投稿 UP係 | 2007.03.13 22:07


To UP係さん
こんにちは!(^0^)/
コメントありがとうございます!

リー・エヴァンスさん、最高ですよね♪
アイディアといい、メリハリの付け方といい、最後の下ネタと
いい、完全に私のツボでございました。(^0^)

ホントに見なきゃ「そん」ですよね!

投稿 ヤセガエル | 2007.03.14 11:59


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪BOBBY CALDWELL / Carry On♪


    carry on 

     「楽しい時に一緒にいたいのはあなただけど、
     寂しい時に一緒にいたいのはあなたじゃない」

                                            ・・・・・・・・・・

          人には、どれだけ心の奥底にしまいこんでも、決して消えない
          苦い記憶があるものです。
          それはたいていの場合、楽しかった記憶、幸せだった記憶より
          はるかに大きかったり、はるかに鮮明だったりします。

          人間の記憶回路は、常時使用するものは高速で容量も大きい
          らしいのですが、使用しない、あるいは古い記憶回路は次々に
          更新されるとのこと。それが事実なら、私が16歳の時に彼女
          から頂戴した別れのセリフ、そろそろ都合よく更新してほしいん
          だけどなぁ・・・(苦笑)。

     「楽しい時に一緒にいたいのはあなただけど、
     寂しい時に一緒にいたいのはあなたじゃない」

          ところが・・・・『捨てる神あらば拾う神あり』。一生忘れられない
          大ダメージを受けたセリフと、同じくらい心の奥底まで響く言葉
          を、私は同じ日に、行きつけのレンタル・レコード(当時はレコ
          ード!)ショップで受け取ることになったのです。

          私はその日悔しさのあまり、普段から仲の良いバイトのおねー
          さんに、彼女のことを洗いざらいブチまけていました。

          「オレが何したっつーの。ひどくないスか?」
          「うーん・・・確かにね・・・」
          「解り合ってると思ってたのに、完全に裏切られたっすよ」
          「・・・なるほどねぇ」

          今思えば、いくら顔見知りとはいえ、そのおねーさんも子供の
          失恋話を長々と聞かされて、さぞ迷惑だったんじゃないかと
          思います。でも黙って聞いてくれましたね。

          言いたいことをほとんど言い尽くして、少し気持ちがラクに
          なった頃、私が、何か気持ちが晴れるような元気なアルバム
          を借りたいというと、そのおねーさんは笑いながら、

          「ダメダメ。落ち込んだ時は、とことん落ち込むヤツにしなさい」

          そう言ってすすめてくれたのがこのアルバムでした。
          BOBBY CALDWELL / Carry On
          初めて聞くアーティストの名前。気乗りしない様子の私へ、おね
          ーさんは、さらにこんな励ましをしてくれたのです。

          「落ち込んだら、底の底まで落ち込んでみな。滅多に無い事だ
          と思って、落ち込むことを楽しんじゃえ!
・・もっとも、キミみたい
          な男のコは、周りの女のコがスグに引き上げちゃうだろうけど」

          彼女からの別れのセリフも効きましたが、おねーさんの励まし
          も負けないくらい響きましたね。

          ・・・・・・・・・・

          その日の深夜、家族が寝静まった頃。
          私はボビーの歌声を初めて聴いたのです。 
                                    
          
 

                                   "All of My Love"
        
                          ♪So when you're feeling down
                             And when you're feeling low
                              You can reach out for me

                           You've got somewhere to go

                                         君が辛いとき
                           気力を失ったときは
                      僕に助けを求めてもいいんだ
                          君の居場所は僕が用意しているから

                                     ♪All of my love
                                   Baby you've got it
                                      All of my love
                               You can't do without it
                                   Just say the word
                             And darlin' I will be there

                          僕の愛はすべて
                            君のもの
                   「僕の愛なしでは生きていけない」
                                    そう言ってくれたら
                           今スグにだって飛んでいくのに


                           ・・・・・・・・・・

          「この曲・・・今のオレの気持ちそのままだ・・・」
          おねーさん、本当にとんでもなくタイムリーなアルバムを薦めて
          くれたもんです。

          私は、この曲を聴いて、その日初めて大声で泣いたのでした。

          ・・・・・・・・・・

          翌日借りたレコードを返しに行くと、例のおねーさんが、私の
          目元を見ながらニヤニヤ笑っていました。

          「ソレ、どうだった?」
          「・・・どうって?」
          「とことん落ち込んだァ?」
          「・・・おねーさん、趣味悪いよ」
          「ふふふ。よしよし」
          「“よしよし”じゃねーよ!死にたくなったらどーすんの!」
          「そしたらまた相談に乗るわよん♪ 」
          「え・・遠慮しとく」

          それから二ヶ月余り、おねーさんは大学(だったかな?)を卒業
          して、アルバイトも退職していきました。
          おねーさんが予言したように、“周りの女のコが引き上げてくれ
          る”ことはありませんでしたが(笑)、一度とことん落ち込んだこと
          で、自分を改めて見つめなおす機会も得られました。

          おねーさんとは、その後一度も会っていません。
          でも、ボビーの歌声を聴くたびに、その“励ましの言葉”を思い
          出すのです。別れの言葉とともに。

          おねーさん、今、どこで何をしてますか?
          肝心なことを言うチャンスが無かったから、この場を借りて
          言わせてもらいます。

          ・・・・・・・・・・

          ありがとう。

                               


                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!

                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                      
人気blogランキング


テーマ : 思い出の音楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆踊る人々 in YouTube◆


          皆様ご機嫌よう!本日のYou Tube セレクションは、いつもと
          少し趣向を変えて“踊る人々”を特集してみました。
          思わずプププ♪と笑えるコミカルなダンスから、うをををを!な
          本格的ダンスまで合計3本!Here We Go~♪

                  ★★★★★★★★★★★★★★★

          プププーッ!コレは楽しい♪ プレスリーの時代から現在に至る
          までの“ダンスの進化”を、巧みな滑稽味を交えて見事に表現
          しています。オーディエンスの盛り上がりもよいぞよいぞ♪♪
           ◆半世紀に渡るダンスの歴史を6分で!動画はコチラ↓ ◆

   

          この方、ハッキリ言って同じ人類とは思えません!どこの関節
          をどう使えばこんなキモイ動きができるワケ?途中でコマ送り
          になるトコなんか、観客も悲鳴を上げてます。ギャ~~~!!
         ◆ほとんど機械!電源落とせ!ギャ~~!な動画はコチラ↓ ◆

   

          うをををををー!この方もトンデモナイ方です!どこの筋肉を
          どう使えばこんな無重力状態でいられるワケ?途中で体が
          浮きっぱなしになるトコなんか、観客半分引いちゃってます!
        ◆このヒトの周りだけ月面!・・としか思えない動画はコチラ↓ ◆

   

                     ★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


コメント(転載)


これ見ました!
上記2ムービー見ました。
普通のおじさんと青年なんだけど、
ダンスは真剣でそれでいて、
うまい!
こういう庶民的なステージ大好きです!
(フルハウスこんなのばっか)

投稿 UP係 | 2007.03.08 21:34


To UP係さん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪

そうですね。一本目なんかほとんど公民館ってカンジで、
ノリも『新年会の余興』みたいですもんね~。
でもダンスは本格的!観客のリアクションも素晴らしいです。
たった6分間の映像ですが、パフォーマーとオーディエンスの
一体感にも思わず唸っちゃいましたね。

ところで、『フルハウス』って教育テレビでやってるドラマの
ことですよね?ノーチェックだったから、今度観てみようかな?

投稿 ヤセガエル | 2007.03.08 22:12


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪NAJEE / Just An Illusion♪


    just an illusion 00 

          スムースジャズ界における代表的なサクソフォニストの一人、
          NAJEE ( ナジー )。ブラック・コンテンポラリーを取り入れた、
          新しいアーバン・ジャズ・スタイルと、上品かつ甘美なサックス・
          プレイで、現在のスムースジャズ・シーンに多くの影響をもたら
          した、才能溢れるアーティストです。

          1992年に発表されたアルバムJust An Illusion は、
          当時のスムースジャズ系ミュージッシャンと、ブラコン系アー
          ティストのコラボレーションによって作り上げられた作品であり、
          現在最も活況を呈しているR&B系スムースジャズ(ボニー・ジ
          ェイムス、エリック・ダリアス、パメラ・ウィリアムス等々・・・)の
          雛形となる意欲作です。

          クレジットされている名前は、御大ジョージ・デュークを皮切りに
          ポール・ジャクソンJr.マーカス・ミラーエイブ・ラボリエル
          ヴォーカリストもまた豪華で、フレディー・ジャクソンに始まり、
          ウィル・ダウニングジェフリー・オズボーンフィル・ペリーとい
          った第一級のアーティストばかりです。
          そんな豪華なメンバーの中でリードを取るナジーはというと・・・
          これが非常に几帳面で、あくまで生真面目なプレイを貫いてい
          るんですね。

    just an illusion 01 

          「私、ナジーと申します。よろしくお願いいたします」みたいな(笑)。

          ところが、曲が盛り上がってきたり、グルーヴが最高潮に達した
          時、まるで人変わりしたかのように、饒舌なソロ・プレイを見せる
          のが聴き所だったりすワケです。

          そのフレージングの特徴は理論的で爽やか。例えて言うなら、
          恐ろしく講義の上手い大学のカリスマ教授。あるいは、大学で
          弁論大会のレクチャーをする敏腕弁護士。そんなカンジです。
          (どんなカンジだ??)

          ・・・まあ、ヘタな比喩はともかく、論より証拠!試聴ファイルを
          UPしますのでゼヒ聴いてみてください♪

             ★★★★ 収録曲とおすすめトラックの試聴は↓★★★★

                                Touch Of Heaven
                                 ②
I Adore Mi Amor
                                 ③ Just An Illusion
                                        ④
Breezy
                                   ⑤ All I Ever Ask
                                     ⑥ Noah's Ark
     
                ⑦
Loving Every Moment
                                      ⑧ Burn It Up
                                        ⑨ Skyline
                          ⑩ Deep Inside Your Love
                                    ⑪
Here We Go
                      
Until We Meet Again
                   
Whenever We're Together

                              ♪試聴はコチラ↓

          

   
just an illusion 02 

                          


                  ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


トラックバック(転載)


»
次のデスチャ??? [MYMYブログ]
音楽紹介をテーマにブログをやっております。ヒロヒゲヒーローと申しますTB不愉快でしたら申し訳ないです… 削除の方お願いします。今回紹介するのは、【Cherish】個人的に、正直お勧めするというわけではないのですが、、、 ポスト デスチャの呼び声もあるとの事、試聴してみるも個人的にあまり楽曲が好きでないのでもう少しアップテンポの曲だったりすると聴きやすいかなと… まぁ人それぞれですからね、�...
[続きを読む]

受信: 2007.03.08 18:44


コメント(転載)


どうもです!
この記事「Listenin’」にコピーして
良いでしょうか?
アルバム画像はこちらでご用意させて
いただきます!
「ご快諾」お願いいたします!

投稿 UP係 | 2007.03.05 20:05


To UP係さん
コメントありがとうございます!

えーっと…イキナリなんですが…すみません…。
ご要望の件に関しては、ちょっと二の足踏んでしまいますぅ…。
m(__;)m

と申しますのも、自身のブログ上の記事については責任を負え
ますが、同じ記事が、人様のブログで思いがけないトラブルに
なったりしたらどうしよう!?と思ったりするワケです。
もし拙記事が炎上の火種になったりしたら大変なご迷惑をお掛
けしてしまいますし。

そんなワケで申し訳ないです…。m(__;)m
できれば別の作品、別の記事で投稿させていただき、ご要望の
代わりにしたいと考えておりますので、今後ともご好誼宜しくお
願い申し上げます!

投稿 ヤセガエル | 2007.03.05 21:34


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆爆笑CM in YouTube◆


          皆さんコンバンハ♪
          花粉の飛び交う暖かい週末、いかがお過ごしですか?
          本日のYouTube セレクションは“爆笑CM”!沈んだ気分をUP
          させてくれるおバカな動画をどーぞ♪ ・・・・・・・・・・へっぷしっ!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

          まずは一気に4本!海外ならではの下ネタもありますね。最後
          のCMに出てくるイタズラは、実は私も似たような事をやったよ
          うな記憶が・・・・・・。あとで見てビックリしただろうなァ。(^-^;)
                ◆日本じゃ何かと物議を醸しそうな動画はコチラ↓ ◆

   

          レッドサーモン。すなわち紅鮭のCMです。産卵の為に、必死で
          故郷の川に戻ってきた彼らを狙うのはクマ。さらにそのクマの
          獲物を横取りするなんて、人間という生き物は罪深いですねぇ。
         ◆最近のクマはパワーだけじゃない!・・・かもしれない動画↓ ◆

   

          ラストはグッドイヤー社のCM3連発+1本。F1でもお馴染み
          の世界的企業なのに、CMはかなりブラック。こんな事になら
          ないうちに当社のタイヤを!ってことスか?恐いけど・・プッ!
             ◆日本じゃ絶対放送禁止になりそうなCMはコチラ↓ ◆

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                 人気blogランキング


コメント(転載)


おひさしぶりです!最近コメントが出来ていませんでしたが、毎回見ていますよ(^^)

今回のCM集、爆笑モノでした。

二本目のバカさ加減といい、三本目の皮肉っぷりといい、欧米人の発想はぶっ飛んでますね。彼らの底知れないパワーを感じました。

こういうのがお茶の間で普通に流れているのだから、海外は凄いところですよね♪

投稿 ライム | 2007.03.06 11:29


To ライムさん
こちらこそご無沙汰しておりまして…(^-^;)
コメントありがとうございます♪

おっしゃる通り、こういうCMを見ていると、文化の違い云々
より、パワーの違いを実感しますね。有無を言わさない強引さ
が逆に爽快です。

私も、ほぼ毎日ライムさんのブログ見てますヨ~♪
こちらからもコメントしに行きますねー(^0^)/

投稿 ヤセガエル | 2007.03.06 18:08


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪JEFF LORBER / Midnight♪


    midnight 00 

          十年単位で活躍を続ける息の長いアーティストは、たいてい
          その活躍ぶりに相応しい称号と共にその名をよばれます。
          たとえば「名手」「巨匠」「大御所」等々…。
          スムースジャズ・シーンにおいては、ボブ・ジェームス(Key)
          やデイヴィッド・サンボーン(Sax)、リー・リトナー(G)といった
          アーティスト達が、そういった称号を冠せらてその名を語られ
          ていますね。

          今回ご紹介するジェフ・ローバーも、プロとしてのキャリアは約
          30年。55歳で第一線。プレイヤー、コンポーザー、プロデュー
          サーとして活躍し、どの仕事も超一流。押しも押されぬアーティ
          ストのはずなんですが…。

                           jl00.jpg

                           【↑ ローバーさん】


          1952年米国生まれ。


          フィラデルフィア出身。


          キーボーディスト。



          …え~っと、ローバーさんごめんなさい。

          ・・・・・・・・・・。

          素晴らしいアーティストのはずなんですが、ごめんなさい。

          ・・・・・・・・・・。

          個人的な見解ですが、アナタには「名手」「巨匠」「大御所」


     
似合わないと思うんです。





                           jl01.jpg 

        「えッ!?



   「そ…そんな…」









          じゃあ「天才」という称号ならどうでしょう?
          4歳でクラシック・ピアノを、9歳でジャズ・ピアノを演奏し始めた
          という経歴は、立派に「天才」で通りそうなものですが…。

          …いや。違いますね。
          その後、音楽の名門バークリーに入学し、卒業後チック・コリア
          に師事しています。「天才」とよべる程のカリスマは感じません。

          それなら「職人」では名匠」とかどうでしょう。
          古今の鍵盤の名器を操り、あらゆる音源と音色に精通したプロ
          フェッショナル。その作品は「匠のワザ」となるはずですが…。

          …これも違いますね。
          ジャズに始まり、フュージョン、スムースジャズ、時期によっては
          テクノポップまで作曲しています。「職人」たり得る一貫性に欠
          けていますね。

                           jl00.jpg

        「では・・・」


    「私は・・・」



    「私は何者だと?」





             ★★★★ その答えはアルバムレビューで↓★★★★

          ① Midnight
          アルバムのタイトルチューンですね。ローバーさんの担当は
          言わずもがなのキーボード。主旋律を取っているのは名器
          フェンダー・ローズです。左右に揺らぐビブラートはこの楽器
          のデフォルト機能。ホロ酔い気分の“Midnight”ってカンジ。

            

          ② The Simple Life
          この楽曲は、楽器の半分以上がローバーさんの手によるもの
          です。「職人ギタリスト」マイケル・ランドーを差し置いて、自ら
          リードギターとバックギターを演奏していますね。名器その②
          のウォーリッツァーも演奏。ローバーさんて出たがり屋さんネ♪

          ③ Down Low
          “最低よりさらに下”という意味深なタイトルです。どういうイミ
          なんでしょう。溶けたパラソルチョコを義理チョコで頂くような
          状態のことを指すんでしょうか。こんなものを頂いたらホワイト
          デーに何をお返しすれば良かとです?(あ…レビュー忘れた)

          ④ I Ain't Thinkin' About You
          Chelseaなる女性ボーカルがフィーチュアされた、スムースな
          ボーカル・トラック。アルバムタイトルに非常にマッチしてます。
          「アナタのことなんか気にしてないワ」。言われたのが若い娘な
          らガンバレ!脈アリだ!言われたのが奥さんなら…。…終了。

          ⑤ Watcing The Sun Set
          生ピアノの繊細なタッチが美しいバラード調ナンバー。本当に
          何種類ものキーボードがこの一曲に使われています。各楽器
          のリバーブの深さがまた絶妙なバランスです。これだけ多音色
          にも関わらず音がちゃんと抜けているのも驚異。さすがです♪ 

    midnight 01 

          Dear Prudence
          ジョン・レノン&ポール・マッカートニーのナンバーをカバーした
          楽曲です。主旋律は名器その③ハモンドB3。オーバーダブの
          ベースとヴォコーダーもローバーさんの仕事です。コレはハッキ
          リ言って、ローバーさんの“趣味の世界”ですね。楽しそうです。


          The Wild East
          ゲイリー・ミークのフルートに合わせて、ファンキーなローズが
          キモチイイですネ。体裁はセッション形式を採っていますが、
          細かいパートのコダワリはかなりのものです。リズム・ギター
          だけはローバーさんが担当。変なトコにこだわるナ~( ̄^ ̄)

          Never
          再び登場のChelseaが歌います。そして一部のギター・パート
          以外は全てローバーさんが担当です。作曲も編曲もローバー
          さんです。ほとんどローバーさんなんです。レビューをご覧の
          皆さん、ローバーさんの実体が掴めてきたんじゃないですか?


          Perugia
          このタイトルを見て「ピクッ」としたあなたは、おそらくサッカー
          ファンでは?そう。そのイタリアのペルージャですね。奇しくも
          このアルバムがリリースされたのは’98年。ヒデがペルージャ
          に移籍した年です。イタリアの古い城下町を思わせる佳曲。


          
 

          Feelin' It
          最後は究極です。ドラムスのジョン・ロビンソン君以外は全て
          ローバーさんです。ソロの掛け合いも、アンサンブルも、勿論
          録音も全部ローバーさん。プレイするのも勿論ローバーさん。
          “感じてくれ”と題された曲です。感じましたとも。感想は後程!

    midnight 02 

          さて。今回のアルバムMidnight はいかがだったでしょうか。
          この作品は、前3作のヴァーヴ(JAZZレーベル)から離れて
          日本のエイベックスと手を組んだ異色作でもあります。
          エイベックスと契約したことは当時かなりのトピックでしたが、
          出来上がった作品は、実は非常に
ローバーさんっぽい作り
          で、スムースジャズの王道を行くものとして評価されました。

          そしてこの
「ローバーさんっぽい」というポイントこそが、私が
          彼に与えたい称号へと繋がるのです。
          つまり…。

          4つのポイント

          「こだわるタイプ」
          「名器の収集が好き」
          「新しいモノはスグ試したい」
          「出来るだけ一人でやってみる」


          それは…。

                           jl00.jpg

 
         「それは・・・」




          そう。ローバーさん。
          あなたに相応しい称号は…。

          ・・・・・・・・・・。















          『キーボードオタク』!!

                           jl01.jpg


          ・・・・ orz



          あるいは『永遠のMTR小僧』。

          でも、
ローバーさん
          そんな称号を恥じることはありません。
          あなたの作った楽曲は、私達を楽しませ、癒し、幸せな気分
          にさせるのですから。

          これからもそんな姿勢を崩さずに、永遠の「オタク」であってほし
          いと私は願っているのです。
          レビューも結局こんなに長くなっちゃって、要するに彼のファンで
          あることがバレバレな私、ヤセガエルがお送りいたしました。

          ではまた次回♪

                                


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★

             ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


トラックバック(転載)


» イタリアのサッカー [イタリアのサッカー]
イタリアが正しいのか、イタリヤが正しいのか。
[続きを読む]

受信: 2007.03.03 21:51

» ホワイトデー お返し ランキング [ホワイトデー お返し ランキング]
ホワイトデーのお返しに人気なプレゼント・ギフトをランキングで紹介してます!特にアクセサリ,ブランド,香水!!
[続きを読む]

受信: 2007.03.04 01:45


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 03 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.