■BoneyFrog Blog■

 

 

♪CHICAGO / Chicago 16♪


    1210954738.jpg 

        【あの日、あの時、あの場所で】

            どうしてちゃんと言えなかったのかな。
            「もっとキミと一緒にいたい」って・・・。

            ・・・・・・・・・・

            ・・・なーんて、ちょっと後ろ向き口調で始まる今回のレビュー。
            ピックアップするのは、1982年に発表された、後にシカゴの
            “復活作”と呼ばれるアルバムChicago 16 です。

            実はこの年、1982年は、私の中で、今でも思い出に残ってい
            る印象深い出来事が、数多くあった年でもありました。
            500円硬貨が発行され始め、中曽根内閣が成立し、レコードに
            代わる新たな音楽ソースとしてCDが発売され、ビリー・ジョエル
            の52nd Street が世界初のCDタイトルとなった1982年。
            この年私は16歳。夢多き高校1年生でした。

            新たな友人達とともにバンドを始めたのも、初めて死ぬほど人
            を好きになったのも、イヤになるほど人を傷つけたり、傷つけら
            れたりしたのもこの年。あれからすでに四半世紀も過ぎたという
            のに、このChicago 16 を聴くと、あの頃の出来事が次々
            と蘇ってくるのです。

            最も懐かしく思い出されるのは、この年、同級生達と自主制作
            の恋愛映画を作ったこと。どういう間違いが起きたのか、“女の
            コに大人気のモテ男くん”役を演ずるハメになった私は、夏休み
            の間中、学校へと足を運び、映画制作に取り組んでいました。

            撮影の合間、窓を開け放した教室に、風と共に入ってくるグラウ
            ンドの掛け声や、その時偶然二人きりになった、ヒロイン役の女
            のコとの会話、その時に飲んでいた飲み物(最近、再発売され
            たマウンテンデュー!)まで思い出せますネ。

            この映画のテーマソングに選ばれたのは、当時、日本でも大ヒ
            ットとなっていた、シカゴのHard To Say I'm Sorry
            “ Chicago 16 からシングル・カットされたバラードでした。

            「“悪かった”なんて言えない。でも僕にはキミが必要なんだ」


            そんな男の見栄と頼りなさを表現した歌詞から付けられたであ
            ろう“素直になれなくて” という邦題は、当時、支離滅裂だった
            洋楽の日本語化タイトルとしては、かなり至当だったのではな
            いかと記憶しています(たとえばレイ・パーカー・JrのI Still 
            というタイトルは、“愛してる” という邦題だったorz)。

            デビッド・フォスターがプロデュースし、ピーター・セテラという叙
            情派ヴォーカリストの歌うHard To Say I'm Sorry は、
            発表当初からバラードの傑作として賞賛を浴びており、その切
            ないメロディーは、当時高校生だった私たちにとっても、恋愛の
            テーマソングだったのです。

                        試聴はコチラ↓

          


            この曲といい、邦題といい、胸にグッと来るものがありますね。
            私自身、この一年は色んなことがありましたから。
            後悔していることも、たくさんあるワケです。

            当時私が「死ぬほど好きだった」のは、そのヒロイン役だった
            女のコでした。
            彼女とは他の場所でも接点があったのですが、同じ時間を堂々
            と共有できるようになったのは、この映画作りに入ってから。
            二人の距離が急速に縮まっていったのもこの時からでした。

            でも・・・ついに言えなかったんです。
            決定的な一言を。

            どうしてちゃんと言えなかったのかな。
            「もっとキミと一緒にいたい」って・・・。

            ・・・・・・・・・・

            実はわかっていたんです。
            あの夏休みの教室で、二人きりになったのは偶然じゃなかった
            ということを。

            彼女が死ぬほど好きで。
            彼女もそのことを知っていて。

            彼女の方から、わざわざ一人でいる私のところへ、何度も来て
            くれていたんです。

            彼女の気持ちも・・・わかっていたのに。

            それでも恐くて言えなかった。
            「もっとキミと一緒にいたい」って。

            その一言が、今の二人の関係を壊してしまうかもしれない、そう
            思うと言えなかった。

            恐かったんです。

            ・・・・・・・・・・

            あの頃の私は、時として必要以上に強がったりするクセに、反
            面、必要以上に臆病になったりもしていたんですね。

            余裕が無くて、キズつくのが恐くて、素直になれない。
            それを、“若さ”というのかもしれません。

            この後、彼女とは、微妙な距離のまま“付き合う”ことになった
            のですが、あの時私が決定的な意思表示をしなかったことが
            尾を引いて(苦笑)、辛い別れを経験することになります(コチラ
            へ続く)。きっと彼女もキズついたんじゃないかと思いますね。

            ・・・・・・・・・・

            この曲は、出来上がった映画のオープニングと、クライマックス
            で使われました。残念ながら私の手元にその映像は残ってい
            ませんが、その場面は今でもハッキリと覚えています。
            まァ、手元にあったとしても、それを観る機会は無かっただろう
            と思うし、25年も前の自分を正視する精神力も無いかな(笑)。

            あの夏休みの教室で、同じ時間を共有していた彼女の“今”は
            不明です。
            仕事をしているのか、結婚しているのか、どこで暮らしているの
            かもわかりません。
            でも、この年、1982年に出会った多くの友人たちは、生涯の
            友人となり、今でも音信を交し合っています。
            ある友人は仕事命で海外を飛び回り、ある友人は三児の父。
            “勉強してぇ!”と言いながら資格取得に燃える友人もいれば、
            “リセットしてぇ!”と言いながら不惑を迎えた友人もいます。
            そして25年後の2032年、2007年(髪が減りつつある)時点
            での写真を眺めながら、「あの頃は若かった」とか言うのかもし
            れません。

            願わくばその時、「2007年は、印象深い(良い)出来事が数多
            くあった」と述懐したいもんですね。
            そして今音信が途絶えている“25年前”のヒロインが、その時
            私をはるかに上回る幸せを掴んでいるなら、いや、そうであって
            ほしいと、心から願って止みません。

                    ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★
 
                   What You're Missing
                           ② Waiting for You to Decide
                                       ③ Bad Advice
                                           ④ Chains
                              ⑤ Hard to Say I'm Sorry
                                        ⑥ Follow Me
                                ⑦ Sonny Think Twice
                                   ⑧ What Can I Say
                                      ⑨ Rescue You
                                ⑩ Love Me Tomorrow

                                    


                     ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
          今回はゼンゼン“レビュー”になりませんでしたが、
                   このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


トラックバック(転載)

» 高校生純愛 はじめて彼の家に行く [かばこの恋愛相談室]
高校生恋愛 笑い話し高校生のRちゃん、初めて彼の家に行くんだって、嬉しいんだねー。「結構ワクワクするねー!」なんて、もりあげてたんだ!!私もあおって、何きていくの~?なんて、服装のことなんかもアドバイスしたりしてた訳ね。で、彼にとっても、ちょっと女らしいセクシーまでいかなくても、ちょっと女を感じさせる服がいいかって思うけど、お母さんがいる場合、清楚なほうがいいに決まってるでしょう?ここは�...
[続きを読む]

受信: 2007.06.04 14:23


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんばんは(^^)

今回の「シカゴ16」のレビュー、ずっと楽しみにしておりました。

シカゴ16はヤセガエルさんにとっても、思い出深い1枚だったのですね。僕もこの作品には過去の恋愛に纏わる苦い思い出、楽しい思い出がいっぱい詰まっています。

こういう思いで深い作品は、やはり宝物ですよね。もちろん、聴いていると傷が疼く時もあるのですが(^^;

投稿 ライム | 2007.05.30 01:01


To ライムさん
こんばんは!(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

このアルバムに思い入れのある方って、やっぱり多いみたい
ですね。他のブロガーさんの記事を読んでも、思い入れタップリ
というカンジですし。(^-^)

・・・そうですか。傷が疼きますか。
おそらくライムさんにとっては、“ついこの間の思い出”なんだ
ろうなぁ・・・。(ワタシは四半世紀前 orz)

でも、恋愛で受けたダメージって、次の恋愛では大きな武器に
変わってたりしません??
「あの時してあげられなかった事を、今度付き合うコには!」
みたいなカンジで(笑)余計に頑張ったりしてね。
ダメージを受ければ受ける程、男はカッコ良くなっていくもん
だと、私は勝手に解釈しております。(ドMだ…)orz

そんなワケで(どんなワケ?)、辛い思い出も、あのメロディと
ともに大切にしまっておきましょう。
それはきっと“宝物”ですから。

投稿 ヤセガエル | 2007.05.30 02:08


スポンサーサイト

テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆空耳アワー in YouTube(2)◆


           洋楽ファンの皆様、ご機嫌いかがですか?
           本日は、“タモリ倶楽部”でお馴染み、“空耳アワー”の傑作選を
           再びお届け!「言われてみれば確かに聞こえる」爆笑の名作を
           ドーゾ♪(ちなみに第一弾はコチラ!)

           ↓ アース・ウインド&ファイアーの空耳♪

   

           ↓ ラムステインの空耳♪

   

           ↓ ジューダス・プリーストの空耳♪

   

           ↓ マッドハニーの空耳♪

   

           ↓ ハロウィンの空耳♪

   

           ↓ エドゥ・ロボの空耳♪

   

           ↓ シャギーの空耳♪

   

           ↓ メタリカの空耳♪

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪泣きたくなったら聴くバラッド♪


           今宵はちょっとセンチメンタルにバラッドを特集します。
           悲しいとき、寂しいとき、誰かが恋しくなったとき、身を委ねてし
           まいたくなる名曲をアナタに。

                 ★★★★★★★★★★★★

        “ Michiel Borstlap & Gino Vannelli /Gipsy Days”
           オランダのジャズ・ピアニスト、ミケル・ボルストラップと、カナダ
           のシンガー・ソングライター、ジノ・ヴァネリの共演です。湖に降
           る雪のような優しいピアノ、語りかける熱いヴォーカル。名演!

   

   “ Mariah Carey & Brian Mcknight / Whenever you call”   
           マライア・キャリーとブライアン・マックナイト。バラッドを得意と
           する二人の夢のような共演。『明日はきっと道が開ける!』そん
           な前向きな気持ちになれそうな、美しく力強いデュエットです。

   

        “ Celine Dion & Peabo Bryson / Beauty And The Beast”
           ラストもデュエットで。セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンに
           よるラブ・バラードの大傑作Beauty And The Beast
          
です。ガマンはカラダに毒。涙は明日へのクスリ!ガンバレ!!

   

                      ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング


トラックバック(転載)

» セリーヌのアクセサリー [セリーヌ]
セリーヌというと、ブランドではバックとかで有名なんですけれども知っていますか? トラバさせてもらいました。
[続きを読む]

受信: 2007.05.24 02:54


»
セリーヌ・マリー・クローデット・ディオンに幸あれ! [永遠のセリーヌディオン]
魅力の秘密を探ります
[続きを読む]

受信: 2007.05.26 10:57


テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪スーパードラマー in YouTube♪


        皆様ご機嫌麗しゅう♪m(_ _)m
        本日のYouTube 動画特集は“スーパードラマー”!驚天動地
        のドラムソロにスポットを当ててみました。
        ドラマー必見!音楽ファン仰天の動画を合計3本!チェキラ!

                   ★★★★★★★★★★★★

        しょっぱなからヘビーなヤツをいきますヨ!デイヴ・ウェックル、
        ヴィニー・カリウタ、スティーブ・ガッドのドラム(のみ)・トリオに
        よる、スーパー・ソロ・バトル!9分間に渡る戦いを見よッ!↓

   

        お次は、ジャズファンク界の爆撃ドラマー、デニス・チェンバース
        の登場。ナイアシンのLIVEで披露したドラム・ソロの動画です。
        ・・・やっぱトンデモねー!ドラムセットがブチ壊れそうですワ!↓

   

        ラストはこの方、ラッシュのドラマー、ニール・パート。オヤジに
        なってもパワフルなドラミングは健在!強い・重い・速い!!
        三拍子そろった熟練のプレイに、観客も熱狂の坩堝!! ↓

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                          ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


トラックバック(転載)

» ドラムセット [ドラムセット]
ドラムセットについてのブログです。いろいろなドラムセットについて紹介していきます。
[続きを読む]

受信: 2007.05.19 12:22


»
ヤフー動画 と YouTube 比較! [ヤフー動画 と YouTube 比較!]
ヤフー動画 と YouTube 比較しました!
[続きを読む]

受信: 2007.06.02 14:01


テーマ : ドラム    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAUL HARDCASTLE / Hardcastle 3♪


    hardcastle3.jpg 

       【夢へのトビラを開くカギ】

        ちょっと大ゲサなサブタイトルでお送りする今回のCDレビュー。
        ピックアップするのは、イギリスのキーボーディスト兼コンポーザ
        ー兼サウンドクリエイター、ポール・ハードキャッスルの3rd アル
        バムHardcastle 3です。

        アルバムレビューの前に、ポール・ハードキャッスルのプロフを
        少々。知らない方も多いと思うので。

        さて、このポールさん。元々はオーディオ店の店員だったという
        ユニークな経歴を持っています。
        ’70年代の後半、21歳の時。自己流でシンセサイザーを始め
        たことがキッカケとなり、ミュージッシャンとしてのキャリアをスタ
        ートさせたポールは、83年にインディーズ・レーベルからデビュ
        ー・アルバムをリリースすると、そこからシングルカットした2曲
        がイキナリ全英チャートのトップ50へランクイン。新鋭のアーテ
        ィストして国内外から注目を集めます。

        ’85年にリリースしたシングルRainforest は、全米R&B
        チャートでトップ10入り。さらに、ベトナム戦争をテーマに製作し
        たダンス・ナンバー19 は、イギリスを始め世界各国のチャー
        トでNo.1に輝き、ポール・ハードキャッスルの名を世界へ知らし
        めることになりました。

        ’80年代の後半は、主としてダンス系の楽曲を中心に製作しな
        がら活動。’90年代に入ると、新ユニット、KISS THE SKY
        THE JAZZMASTERS を始動させ、主にスムースジャズ系の
        楽曲を製作するようになります。
        今回ご紹介するアルバムは、この THE JAZZMASTERS
        フィーチュアリングしたスムースジャズ作品で、夏の黄昏時や、
        ドライブのBGMにフィットする、洗練された優美な演奏が特色
        の良作です。

        サブタイトルにある、“夢へのトビラを開くカギ”という表現が大ゲ
        サかどうか、試聴して確かめてみてくださいネ!(・∀・)/♪

                      ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                           Rainforest(Smooth Jazz)
                         ② I Believe In You
                                    ③ Runnin' Back
                                     ④ Zen Warrior
                                ⑤ Celestial Rhythm
                                        ⑥ Desire
                                      ⑦ Sunshine
                                     ⑧ First Light
                                        ⑨ Walkin'
                                     ⑩ The Source
                                       ⑪ Sanctity
                                  ⑫ Nomads Flight
                             ⑬ Kingdom Of Dreams
                                      ⑭ Horizons

                         ♪試聴はコチラ↓

           

                               ★★★★★★★★★★★★

        さて、今回のアルバム・レビューはいかがでしたか?
        ・・・って、もしかしてほとんどレビューになってない?

        ・・・いや、あのですネ。実はその~、ワタクシですね。
        このアルバム、あまりにも優美すぎて、聴いている途中で“夢へ
        のトビラ”に立ってしまうのです。そしてそのまま夢の世界へ行っ
        てしまうんですね(要は“眠くなる”っつうことなんですが)。
        そんなワケで、レビューも結構難しかったりします。さきほどは、
        『ドライブのBGMに』って述べましたが、撤回したほうがヨイかも
        しれません。事故でも起こされたらコトですし・・・。

        それではまた次回っ!(中途ハンパでスンマセン)m(_ _)m

                                 

                   ★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
             このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆驚愕映像!in YouTube(3)◆


        皆様、御機嫌いかがですか?
        本日のYouTube 特集は“驚愕映像”の第三弾!今回の主役
        は自然でもモノでもなく、ズバリ“人間”!とくとご覧あれっ!

                               ★★★★★★★★★★★★

        ジャグリングです。でもタダのジャグリングではありません!
        なんつーか、もォ凄すぎて、開いた口がヘソの辺りまで落っこ
        ちてしまいました。詳細は動画にてお確かめくだされ~(・∀・)

   

        コチラもかなりの有名人、フルート奏者のGREG PATILLO
        さん。例によってタダのフルート奏者ではありません!すげぇ!
        演奏とビート・ボックスを同時にこなすツワモノ!参りました!

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                  人気blogランキング

テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR LARRY CARLTON / Larry & Lee♪


    larry  lee 00 

   
      【実はソックリな二人♪】

          ジャズを基調に、洗練されたフレージングと、爽快感溢れるギタ
          ープレイを得意とするリー・リトナー
          ブルージーなテイストとエモーショナルなサウンド、情感溢れる
          ギタープレイが身上のラリー・カールトン
          そのルーツ、プレイスタイル、作り出される楽曲、何もかもが対
          照的な二人。ジャズ・フュージョン界のリーディング・ギタリストと
          して相互に独自路線を開拓していた彼らが、’94年に突如発表
          したコラボレート・アルバム製作のニュースは、非常な驚きをも
          ってリスナーの間に伝えられました。

          同じ’94年に先行リリースされていた、パット・メセニーとジョン・
          スコフィールドのコラボレート・アルバムも大変なトピックでした
          が、リリース前のLarry & Lee  への興味はそれ以上。
          また、一部のファンにとっては非常に意地の悪い興味をそそら
          れるアルバムでもあったのです。
          というのも、パットとジョンはともかく、リーとラリーの相性は最悪
          だろうと考えているファンが多かったんですね。

          「史上最低のコラボになるかも」
          「いや、すごいギターバトルになるに違いない」
          「“共演”じゃなくて“競演”か?」

          実際、パット・メセニーとジョン・スコフィールドのコラボレーション
          アルバム“I Can See Your House from Here” も、相互
          の個性がぶつかり合う、ある意味非常にタフな内容でした。比較
          的マッチングしそうなパットとジョンでさえ“競演”になるんだから、
          リーとラリーはさらにカゲキに・・・?
          気の早いリーのファン、あるいはラリーのファンは、リリース前
          からそれぞれの贔屓するアーティストに肩入れし始め、「どっち
          がNo.1ギタリストか!?」などと論戦にも花が咲きましたね。

    larry  lee 01 

          ところがLarry & Lee が発売されて数日も経たないうちに、
          そんな論争はピタリと無くなってしまいました。

          「思ってたのと全然違くね?」
          「っつーか、バトルなんかどこにも無ぇ~」
          「すっげー楽しそう!」
          「誰だよ。二人が仲悪いっつったの」

          そうなんです。二人の演奏は、一聴してそれと判るほど極めて
          個性的な演奏であるにも関わらず、互いの長所をツブシ合うこ
          と無く、極めて絶妙にマッチングしていたのです。
          ジャジーなリーと、ブルージーなラリー。互いの良さを確認しつ
          つ、存在を意識しつつ作られた、それは紛れもないコラボレー
          ション(共同作業)作品。当初、妙な肩入れをしていたファンも、
          文字通り“肩透かし”を喰らってしまいました。

          どの辺りが“絶妙にマッチング”しているのかを文章で表現する
          のは大変難しいのですが、強いて言うなら、楽曲の中での二人
          の“呼吸”なんかが絶妙です。

          たとえば、曲が始まって、「この部分まではこんな調子で……」
          という所における、“こんな調子”に対するお互いのイメージが
          近い。あるいは、引く部分、押す部分、噛み合う部分に対する
          イメージが近いんですね。
          その根底には、楽曲に対して共通のイメージを描くことが出来
          るということ、つまり“シンパシーが存在する”ということと、互い
          に同じギタリストとしての敬愛と尊重の意識が見えるということ
          なんですね。

          まぁ…私のヘタクソなレビューよりも、試聴した方が早いかな?
          っつーワケで試聴へGO(笑)!

    larry  lee 02 

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                  ① Crosstown Kids
                         Low Steppin'
                                  ③ L.A.Underground
                                  ④ Closed Door Jam
                                    ⑤ After The Rain
                                 ⑥ Remembering J.P.

                        Fun In The Dark
                                ⑧ Lots About Nothin'
                                      ⑨ Take That
                                   ⑩ Up And Adam
                       ⑪ Reflection Of A Guitar Player

                              ♪試聴はコチラ↓

         

         

    larry  lee 03 

                               ★★★★★★★★★★★★

          さて、今回ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
          記事タイトルの
“実はソックリな二人♪ ” という意味がお解りいた
          だけましたでしょうか(そう思えるのは私だけ?)。

          この後リーは、ボブ・ジェームス、ネイサン・イースト、ハーヴィ・
          メイソンらとFOURPLAY を結成します。また、リーのバンド離
          脱時に、後釜としてラリーが加入したのは皆様ご承知の通り。
          他のFOURPLAY の面々も、リーとラリーに共通項を見出した
          からこそ、彼らをバンド・メンバーとして招集したのではないでし
          ょうか。このアルバム
Larry & Lee を改めて聴いていると、
          そんな風に実感するのです。


                                  


                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ANITA BAKER / Rapture♪


    rapture.jpg 

            【'80年代最強の“勝負”アルバム】

          恋愛の途上で、「今日こそは思いを遂げる!」と決意した時、人
          は、男女を問わず様々な勝負アイテムを用意するものです。
          アウターは適当か?シャツとどう組み合わせる?靴はちゃんと
          磨いてあるか?下着はSexyなものを選んだか?そしてムード
          を盛り上げるBGMに抜かりは無いか?

          今日ご紹介するアニタ・ベイカーのRapture は、おそらく
          80年代に恋愛適齢期を迎えていた世代にとって、かなり貢献度
          の高い“勝負”アルバムだったのではないでしょうか。
          かくいう私も、このアルバムのリリースされた’86年は大学生活
          真っ只中の恋愛適齢期。思い出深いアルバムなワケです(笑)。

          印象深いのはこのアルバムとの出会いですかね。
          当時私はイタメシ系レストランでウェイターのアルバイトをしてい
          たんですが、お店の有線で定期的に流れる、ある楽曲について
          のお客(特に女性)の反応が異様に大きかったんです。

          「ねェ○○クン、この曲ダレが歌ってるかわかる?」
          「はい。アニタ・ベイカーでございます」
          「へえ~・・・なんて曲?」
          「はい。スウィート・ラブでございます」

          「アニタ・ベイカーでございます」っつう返答も妙ちくりんですが、
          本当に何人もの女性から訊かれたんで、とても鮮明に憶えてる
          んですね(普通はBGMの曲名なんか訊かれないんで)。
          当時はユーロビート全盛で、デッド・オア・アライブなんかが打ち
          込みでガリガリやってたから、アニタ・ベイカーの人間臭い歌と、
          生音の演奏が余計に新鮮に響いたのかも知れません。

          「これだけ反応が大きいというコトは・・・」
          当然“使える!”というコトです。勝負する時に。
          ゴハン食べながらでも「あら?」と思わせる力を持っている楽曲
          なら、「まさにココだ!」という瞬間には大きな武器になるんじゃ
          ないかと思うのも当然。ソウル・R&Bにちょっとうるさかった私
          はモチロンのこと、普段はソウルなど見向きもしないバイト仲間
          も、同じ目的でタワレコに駆け込んだもんです。

          実際に購入してみると、コレが捨て曲のいっさい無い大傑作!
          くだんのSweet Loveをオープニング・トラックに配置し、
          最終トラックのWatch Your Step まで流れるように聴か
          せる全8曲は、全てが上質でムーディー。ジャジー&エモーショ
          ナルにアレンジされた楽曲の上で、軽やかに、時に熱く歌い上げ
          るアニタのヴォーカルは、天空から都会の夜景を見渡すような
          夢心地にさせてくれたものです。

          「上手くいった!あのアルバム最高だな」
          「なかなか落ちなかったコがついに!」
          「最強だな、最強」

          ミッション成功の報告と、絶賛の嵐が吹き荒れる頃、当然傍観者
          に甘んじているハズがない私も、ついにその勝負の日を迎えまし
          た。
          当時、友達とも彼女とも言えないビミョーなラインで、「もう、そろ
          そろ食っちゃうか?」と狙っていたN美ちゃん(仮名)を、うまうまと
          湘南ドライブに誘った帰り。BGMはTOTOからボズ・スキャッグス
          へ、ボズからボビー・コールドウェル、そしてボビーから…。

          暮れなずむ海岸線、光を増してゆく灯台、夕凪と潮騒と…。
          いつもは明るくハシャぐN美ちゃんも、ウットリと夕暮れの海岸へ
          視線を向けています。
          やがてその潤んだ視線は私へと向かい、私も“その時”が来た
          ことを確信した瞬間、その曲が流れたのです。

          アニタのSweet Love・・・。

           

          高鳴る鼓動、手に汗を握り、間近に視線を絡ませたその時、N美
          ちゃんは言いました。

          「ね、○○クン」
          「ん?」
          「コレ、ダレの歌?」
          「はい。アニタ・ベイカーでございます」
          「・・・プッ!なにソレ!アハハハ」
          「(・・・し、しまった!つい条件反射で・・・)」
          「○○クンて本当に面白いね~!アハハハ!」
          「・・・だろ?・・・わはははは~・・・(T-T)」

          ・・・・・・・・・・

          その後私の中では、アニタのSweet Love は“勝負ソン
          グ”から“惨敗ソング”へとランクダウンしてしまいました。
          まァ、自ら地雷を踏んでしまった私自身が悪いんだけどぉ…。

          そんなワケで、ホロ苦くも懐かしい思い出とともに輝いている
          このRapture 。未だに聴いたことがない!という恋愛適齢
          期の方々には、ゼヒともオススメの作品です。デートのBGMに
          していただきたいですネ。
         でも、「これ、ダレの歌?」って訊かれた時の準備も忘れずに。

                 ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓★★★★★★

                                       ① Sweet Love
                                  ② You Bring Me Joy
                           ③ Caught up in the Rapture
                                     ④ Been So Long
                                         ⑤ Mystery
                               ⑥ No One in the World
                                    ⑦ Same Ole Love
                                  ⑧ Watch Your Step

                                  


                          ★★★★★★★★★★★★

                ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


トラックバック(転載)

» 【Anita Baker】 Rupture [Funky Sensation]
気がつけば日付変更線を越えていた。41歳になった。 1年前、(ついに40代かぁ)と思った時とは比較にならないくらいの焦りを感じる。 50歳までのカウントダウンがスタートしたような(笑・・・・・・・えない)何...
[続きを読む]

受信: 2007.05.20 02:59


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんばんは!恋愛適齢期真っ只中のライムです。

このアルバムを含め、アニタ・ベイカーの作品は、まだ1枚も聴いたことがなかったのですが、ヤセガエルさんの記事を読んで、今少し後悔しております。
「Sweet Love」さえあればもう少しスムーズにコトが運んだか.......と(^^;

しかし、レモンは大のジャニーズ好き。彼女に「Sweet Love」の魅力は通用するかは疑問でありますが、購入してみようと思います。

長文&私事ばかりですみませんでしたm(-_-)m

投稿 ライム | 2007.05.14 00:05


To ライムさん
こんばんは!(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます♪
…ていうか、この記事でライムさんが釣れる(?)とは
思いませんでした(笑)。

すでにレモンさんとラブラブのライムさんに、アニタの
アルバムがフィットするシチュエーションは…。
…う~ん。やっぱりスペシャルな日ですかね。誕生日
とか記念日。ケンカの後の仲直りの時にも有効かな?

あとは…そうだなぁ…たとえばレモンさんへ何か重大な
“決意”を表明する時にも効力を発揮するかもしれません!
(ちょっと気が早い??)

ソレはさておき、“Sweet Love”は、ライムさんにとっても
強力なリーサルウェポンになると思いますので、ゼヒ活用
してくださいね~!(^0^)

投稿 ヤセガエル | 2007.05.14 01:22


テーマ : ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

●中田英寿動画集!●


          ヒデファンの皆様、ご機嫌いかがですか?
          ここのところヒデクンに関する目立ったニュースが無いせいか、
          ヒデチェイサーの方々はヤキモキされているようですネ。

          今回は私も最新情報はお届けできませんが、YouTube 巡回
          中に見つけたヒデ関連動画をまとめてみましたので、よろしけ
          ればご覧くださいませ。

                ★★★★★★★★★★★★★★★★

          一本目は“やべっちFC”の引退特集から。ベルマーレ時代から
          ドイツW杯のブラジル戦まで、ヒデの軌跡を追った映像集です。
          もうチョイ画像が鮮明だと良かったんだけどナ~…(^-^;)


   

          二本目は、セリエA’98-’99年のダイジェストです。デビュー・
          シーズンでの活躍と奮闘を記録したこの映像では、印象的なゴ
          ールと「これぞヒデのプレー!」というキラーパスを多数収録!

   

                       ★★★★★★★★★★★★

          さて、今回のピックアップ動画はいかがだったでしょうか?
          ヒデの最近のmailを読むと、いよいよ“プロの旅人”(?)になっ
          ちゃった観がありますネ。
          以前TV番組でチラッと漏らしていた、「サッカー界に関わるとす
          れば…」というビジョンも、ビジョンのままのようです。

          最近、拙ブログの、ヒデ関連記事へのアクセスが増加しており
          ます。みんな情報欲しいんだろうなぁ…。
          ヒデクン!お願いだから、もうちょっとmailの本数増やしてネ!

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                       清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


コメント(転載)


情報の無さにも慣れてきてしまったこの頃(T_T)
ヤセガエルさんのやさしさに感謝!!

投稿 aki | 2007.05.14 17:53


To akiさん
ご訪問&コメントありがとうございます♪
おそらく、数多くのヒデファンが、akiさんと同じように、
「このまんまフェードアウトしちゃうワケ~…?(T-T)」と、
心配しているに違いありません。私もそうですからぁ…。

今年もそろそろキリンカップが行われますが、今回は去年
と違って、海外組も合流するようですネ。
去年は、国内組のあまりの不甲斐無さに「ヒデを呼ばんか
~い!(ー0ー♯)」とか言ってたような気がします。

今回は、イナや浩二が代表に復帰するし、akiさんご贔屓の
憲剛もキレてるし、久々にキリンカップを制覇するかもしれま
せんネ!共に熱く応援いたしましょ~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.05.14 18:27


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

 

 


 

 

♪THE SUPER FUSION♪


    the super fusion 

          皆様こんばんは(・∀・)♪
          本日は、1989年8月8日に開催された伝説の音楽イベント、
          “THE  SUPER  FUSION”の動画をYouTube からお届け!
          当時人気絶頂だった二大フュージョンバンド、CASIOPEA
          T-SQUARE のジョイント・ライブをピックアップしました!
          両バンドのリーダー、野呂一生と安藤まさひろに、是方博邦が
          加わって結成されたOTTOTTRIO(オットットリオ)も必見!!

          “THE SUPER FUSION Part ① ~CASIOPEA~”
          “THE SUPER FUSION Part ② ~CASIOPEA~”
          “THE SUPER FUSION Part ③ ~CASIOPEA~”
          “THE SUPER FUSION Part ④ ~T-SQUARE~”
          “THE SUPER FUSION Part ⑤ ~T-SQUARE~”
          “THE SUPER FUSION Part ⑥ ~OTTOTTRIO~”
          “THE SUPER FUSION Part ⑦ ~OTTOTTRIO~”
          “THE SUPER FUSION Part ⑧ ~ジョイント・ライブ~”
          “THE SUPER FUSION Part ⑨ ~ジョイント・ライブ~”

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆驚愕映像!in YouTube(2)◆


          皆様ご機嫌いかがですか?
          本日のYouTube ピックアップ動画は、“驚愕映像 in YouTube”
          の第二弾!思わず「うわぁぁぁぁ!」と叫んじゃう動画をド~ゾ♪

                    ★★★★★★★★★★★★★★★

          一発目はBMWのCMから。オランダの芸術家、テオ・ヤンセン
          氏をフィーチュアした、ある意味「ギャーー!」なCM映像です。
          昆虫系・甲殻類系の動物にアレルギーのある方、視聴厳禁!

   

          “風で動く”と言えば竜巻。映像は、一般人と思われる方が、ト
          ルネード・ハンターよろしく竜巻を追跡していくもの。……しかし
          追っていた竜巻が突然コースを変えて追跡者の方へ(;゜◇゜)

   

          竜巻の次は、自然現象つながりで火山噴火を。8000フィートの
          高さと、美しい円錐状の山容を誇るセント・ヘレンズ山が、’80
          年5月18日に噴火!山の四分の一がケシ飛んだ瞬間映像!

   

          最後は例によっておバカ映像を。コレは噴火つながりで、“コー
          クとメントスで大噴火”の発展版。大量のコークとメントスを使い
          マジメにアートしちゃったヒトたちの動画です。バチ当たり??

   

                       ★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                    清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪GINO VANNELLI / Brother To Brother♪


    brother to brother 

           【華麗に花開いたジノ・ワールド!】

          ’70年代後半、一部のコアなロック・ファンにしか認知されてい
          なかったジノ・ヴァネリという名を、世界中の音楽ファンに知らし
          めたのがこのBrother To Brother という作品です。

          このアルバムがリリースされるまでのジノの評価は、今風に言う
          と非常に『ビミョー』でした。
          メロディ重視のドラマティックな楽曲作りを得意とし、キーボード
          を始め、ギターやパーカッションをこなす才人。その特徴的な熱
          いヴォーカルや、ジャンルに固執しない革新的な音楽性は高い
          評価を得ていたものの、ジャケットやLIVEで見せる胸毛全開の
          容姿や、サイケデリックなステージ、悪夢のようなジノ・ダンスは
          前述の高評価を相殺するに十分なマイナス要素となっていたの
          です(そのお下品さがスキ!というヒトもいた→…私…とか…)。

    the best of gv 

          ↑ (゚Д゚) うわああぁぁぁ…!

    storm at sunup 

          ↑ (;゚Д゚) ヒイイイイィィィ…!

                 ★★★★★★★★★★★★★★★

          そんなジノが’78年、それまでの濃いキャラクターがフェイクだ
          ったのかと思わせるような、スタイリッシュなアルバムを発表。
          ジャズ、フュージョン、ロック、ポップスのエッセンスを独自の
          解釈でブレンドし、シンプルなバンド構成でソリッドに仕上げた
          傑作。それがこのBrother To Brother だったのです。

          ジョー・ヴァネリ&ロス・ヴァネリの“ヴァネリ・ブラザース”を核と
          して、ギターのカルロス・リオス、ベースのジミー・ヘイスリップ、
          ドラムスのマーク・クレイニーというテクニシャンの面々が放つ
          演奏は、キレと粘りを併せ持つジノの楽曲の魅力を完璧に体
          現。過去、ともすればカオスに陥りがちだったジノ・サウンドに、
          爽やかな新風を吹き込みました。

          ブラ・コン風のコード進行がクールなAppaloosa や、AOR
          屈指の名曲と言われている③  I Just Wanna Stop 、メンバ
          ー達のソロが躍動する⑥  Brother to Brother  、ジノ・サウ
          ンドの真髄を味わえるEvil Eye  など、オープニング・トラ
          ックからエンディング・トラックに至るまでの全9曲は、いずれも
          甲乙付け難い珠玉の楽曲群です。

          AORファン必携の一枚ではありますが、「あのサイケな世界が
          どーにも…」ってなカンジで敬遠していた方!まだ間に合います
          ヨ!今回はLIVE版の音源をリンクしましたので、この機会を逃
          さずチェックしてください!(・∀・)/

               ★★★★ 収録曲&試聴はコチラ↓ ★★★★

                       Appaloosa
     
              ②
River Must Flow
                   ③ I Just Wanna Stop
               
Love and Emotion
                                 ⑤
Feel Like Flying
                               
Brother to Brother
                                  ⑦
Wheels of Life
                                       ⑧ Evil Eye
                  
People I Belong To

                      ♪試聴はコチラ↓

          

                          


                  
★★★★★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
              このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 05 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.