■BoneyFrog Blog■

 

 

♪BONEY JAMES / Sweet Thing♪


    1210169601.jpg

         【甘く、COOL な衝撃】

         ’98年に発表されたBONEY JAMES(ボニー・ジェイムス)
         4thアルバム、Sweet Thing が今回ご紹介する作品です。

         3rdアルバムSeduction で自らのスタイルを確立したボニー
         が、その溢れ出る才能・自信・余裕を存分に反映させたのが、この
         Sweet Thing。メイン・プロデューサー、ポール・ブラウンと
         のタッグも相性バツグンで、収録された全9曲(新バージョンは10
         曲)は、ポールの上質なサウンドクリエイトと、ボニーの緩急自在
         なサックス・プレイが見事にマッチングしています。

    1210169774.jpg 

           参加しているバック・ミュージッシャンは、ポール・ジャクソンJr.
           (G)、レニー・カストロ(Per)、ジェリー・ヘイ(Horn)、デイヴィッ
           ド・トルカノスキ
(Key)、アレックス・アル(B)、ピーター・ホワイト
           (G)といった、スムースジャズ界でも特にスムース(ツボを心得
           たムダのない)演奏を売りとしているイキなメンバーで、パートと
           して楽曲の特徴を形作るだけでなく、主役のボニーを鮮やかに
           引き立てる、熟達した“脇役”プレイを随所に発揮しています。

           楽曲に投影されていると思われるイメージは、それまでの三作
           以上に豊富で、朝もやが漂う明け方を思わせるナンバーに始
           まり、ナイト・ドライブを盛り上げるトラック、シーサイドに映える
           もの、都会の息吹を感じさせるものなど実に多彩。さらに、一人
           で聴く時はクールに、パートナーと聴く時はスイートに耳を刺激
           する旋律は、ボニーのフロート感覚に満ちたサックス・プレイで
           しか味わえない、奥深さと多面性をリスナーに示しています。

    1210169922.jpg 

           捨て曲の無いアルバムなので、おすすめトラックをピックアップ
           するのは困難ですが、あえてプッシュするなら、夜明け間近の
           海岸線を思わせるEast Bay 。都会のハイウェイ・クルー
           ジングにピッタリなNothin' But Love 。夏の太陽が照り
           つけるリゾートにフィットしそうなSweet Thing 。高原を
           吹き抜ける涼風のように爽やかなInnocence の4曲。
           『ボニーといえば夜』という定説的なイメージを華麗に覆す④⑦
          
などは特にオススメです。

           今回、その④⑦の試聴ファイルを上げたかったのですが、CD
           が悪いのか、あるいはPCのドライブがへっぽこなのか、どうに
           も読み込んでくれない!(泣)・・・そんなワケで、代わりに30秒
           サンプルへのリンクを貼っておきますので、サワリの部分だけ
           でも聴いてみてください!

           それではまた!m(_ _)m

    1210170018.jpg 

                     ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                        East Bay
                                  ② Nothin' But Love 
                                ③ Words (Unspoken)
                                     ④ Sweet Thing
 
                              It's All Good
                                   ⑥ After the Rain 
                                       ⑦ Innocence 
                                     ⑧ I Still Dream 
                                      ⑨ Ivory Coast

                     ♪試聴はコチラ↓ 

           

                            


                    ★★★★★★★★★★★★★★★★
              
                       ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


コメント(転載)

こんにちは元「田舎者」現「五郎兵衛 風来坊」です。このアルバムはBoneyのWarner時代の最高傑作ではないかと言われていますよね。いつになくsopranoのイメージが強い作品だけど、結構週末の朝に聞くアルバムなんですよね。

また、よろしくお願いします。
僕のサイトいたずらが多いので楽天以外は書き込めないけど、「よく行くページ」に登録させていただきます。
 これからもよろしくお願いします。

投稿 五郎兵衛 風来坊 | 2007.06.27 13:28


To 五郎兵衛 風来坊さん
お久しぶりです!
ご訪問+コメントありがとうございます♪

五郎兵衛 風来坊さんのおっしゃる通り、この作品、他の
ボニー作品と違って、デイ・タイムに聴きたくなるナンバーが
多いですよね。そして楽曲のイメージが変わっても、常に高い
クオリティとボニー・テイストをキープしているところが“巧”だと
思います。まさに傑作ですよネ!

話は変わりますが、先ほど五郎兵衛 風来坊さんのブログへ
おジャマさせていただきました♪(・∀・)/
スムースジャズへの深く熱い想いを感じましたヨ!
拙ブログのような“だらだら~”ではなく(苦笑)、キレ味鋭い
“スパッ!”とした簡潔な記事に感服いたしました。m(__)m
敬意を込めて、こちらからもリンクさせていただきたく存じます
ので、よろしくお願い申し上げます!

またのご訪問をお待ちしております♪

投稿 ヤセガエル | 2007.06.27 22:55


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆癒しの“手つなぎラッコ”動画♪◆


           本日のYouTube ピックアップ動画は単発ネタ。以前から話題
           になっていた“手つなぎラッコ”の動画をご紹介します。
           ちょっと“今更感”もありますが・・・・・・・ププププ(≧m≦)♪♪
           なんで手を取り合うのかナ~。何回見ても心が温かくなっちゃい
           ますネ~( ̄ω ̄)

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪Smooth Jazz in YouTube(4)♪


          スムースジャズ・ファンの皆様、お元気ですか?(・∀・)/
          本日は、“Smooth Jazz in YouTubeの第4弾♪ 暑さも
          忘れる爽快ナンバーを厳選してお届けいたします!Let’s enjoy♪

                                 ★★★★★★★★★★★★

   “GERALD ALBRIGHT / Walker's Theme”
          オープニングはウキウキHappy系のWalker's Theme
          主役はベテラン・サクソフォニスト、ジェラルド・アルブライトさん
          です。バックにはワタシの大好きな(ジェフ)ローバーさんがっ。
          見た目はジャイアンだけど演奏はスムージィ!動画コチラ↓

   

        “JEFF LORBER / Anthem for a New America”
          ハイ、お次はローバーさん!新作He had a Hat から、美
          メロの洪水ナンバーAnthem for a New America を。
          隣には“低音の達人”ブライアン・ブロンバーグ大先生がっっ!
          永遠に聴いていたくなる癒しの美メロ。動画はコチラから↓

   

     “EARL KLUGH / Mount Airy Road”
          ラストはアコースティック・ギターの名手、アール・クルーの演奏
          で締めでございます。この曲はジョージ・ベンソンと共作した名盤
          Collaboration のオープニング曲。室温も5度は下降 ♪
          ニュー・アレンジで涼しさUP!!高原ドライブにハマる曲↓

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                          ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOBBY CALDWELL / Heart Of Mine♪


    1210171342.jpg 

           【ボビーが世に送り出した10個の宝石】

           AORというジャンルが輝きを失い、多くのAOR出身アーティス
           トの活動も終息しつつあった1987年、後に『AOR史上最もロ
           マンティックなアルバム』と謳われ、同時に『ミスターAOR』とい
           う称号をボビーへもたらした記念碑的作品が発表されました。

           そこに収録された楽曲は、ボズ・スキャッグスの復活作となる
           “ Heart Of Mine。ピーター・セテラとエイミー・グラントの
           デュエットで、全米No.1を獲得したNext Time( I Fall )
           アル・ジャロウのソロ・アルバムHeart's Holizon のオー
           プニングを飾ったAll Or Nothing At All。日本映画“竹取
           物語”の主題歌となったStay With Meなどのセルフカバ
           ーを含む全10曲。Heart Of Mineと題されたアルバムが
           それです。

           本作で最も魅力的なのは、胸が苦しくなるほど切なくて美しいメ
           ロディと、風のように優しいボビーのヴォーカル。提供先のオリ
           ジナル曲をリファインし、自ら再構築したヴォーカルラインは、
           ボビー独特の甘美なトーンを際立たせ、透明度の高いアレンジ
           の中で立体的な存在感を示しています。
           また、このアルバム用に新たに書き起こされた楽曲も、印象的
           なメロディ・ラインを纏う佳曲ばかりで、全10曲中、どれを採っ
           てもシングルカットに耐えるクオリティを持っています。

           ボビーの復帰作(約5年ぶりのアルバム)であり、最高傑作で
           あり、AOR史に残る名盤となったHeart Of Mine
           未聴の方は、この機会にぜひチェックしてください。

               ★★★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★★★

                                     ① Heart of Mine 
                               Real Thing

                          Next Time ( I Fall) 
                              ④ All or Nothing at All
                                  ⑤ Saying It's Over
                              ⑥ In the Name of Love 
                                      ⑦ Even Now
                                      ⑧ First Time
                                   ⑨ Stay With Me
                                  China

                                         ♪試聴はコチラ↓

             


         

           

                                    

                          ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                     ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんにちは!
「Heart of Mine」はAOR史を語るうえで欠かせない名盤ですね。

メロウ(死語かな?)って言葉は、このアルバムの為にあるのでは?と思うほどメロディーの綺麗な楽曲が詰まっていて、ボビーの才能の豊かさを感じます。

投稿 ライム | 2007.06.23 14:02


To ライムさん
こんばんは!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

本当にこのアルバム、メロディがキレイなんですよねぇ。
加えて、(米国の知人曰く)歌詞とのフィッティングも絶妙
なんだそうです。アメリカ人に生まれていたら、その辺りの
微妙なニュアンスを楽しめたかもしれませんネ。

今度、ライムさんの妹さんにも聴いていただだいて、ぜひ
とも感想など聞かせてもらいたいです。(^-^)

…というワケで、昨夜、シーツとシーツの間にパンツが
挟まっていたヤセガエルでございました。

投稿 ヤセガエル | 2007.06.23 18:57


テーマ : 洋楽CDレビュー    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪RIPPINGTONS Live in L.A. '92♪


          スムースジャズ・ファンの皆様、ご機嫌いかがですか?
          本日は、’95年にVHSで発売されたリッピントンズのLIVE映像
          を YouTube からご紹介します♪
          現在では入手困難!貴重な映像なので、削除される前にゼヒ
          ご覧下さいませ~!ゲストのデビット・ベノワさんにもご注目ッ!

                                ★★★★★★★★★★★★

                         ♪Indian Summer♪

   

                  ♪Aspen♪

   

                ♪Curves Ahead♪

   


      ♪One Summer Night in Brazil♪

   

                                                                                 ♪Highroller♪

   

         ♪Tourist in Paradise♪


   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆無茶な人々 in YouTube◆


          皆様ご機嫌よう!ヤセガエルでございます。(・∀・)/
          本日のYouTube 動画ピックアップは“無茶な人々”!!フツー
          のヒトにはできない無茶を、平然とやってのける人々の映像を
          特集しちゃいます。間違ってもマネしないよーにっ!

                            ★★★★★★★★★★★★★★★

          うををを!なんと身軽な若者たちなんでしょう!!・・っつーか、
          危ないってばホントに!宙返りにバックフリップは良しとしても、
          そんな高い所から飛び降りてケガでもしたら、親御さん泣くぞ!
          ◆将来ドロボーになれば役に立つ?華麗なトリックはコチラ↓◆

   

          さて、コチラは「失敗しちゃったワ」な映像。まったくぅ・・アナタは
          「失敗しちゃったワ」で済むかもしれないけど、周りの方たちは
          アナタのお蔭で大変な迷惑が掛かってるんだからねっ!めっ!
          ◆一人に一つずつ。大切な命!親は泣いてるゾ!な動画↓◆

   

          最後は恒例のおバカ動画で締め!・・・ププププ~♪(≧m≦)
          もうサイコーです!ドラマ仕立てになってて、ちゃ~んと物語が
          出来上がってます♪しかし街中でナニやってんだか・・・プッ♪
          ◆でも、続き観てぇ~~~!パート3が待ち遠しい動画!↓◆

   

                                ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : YouTube    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪BILL EVANS / Escape♪


       1210173893.jpg

             【ストリート系HIP HOP JAZZ!】

          本日ピックアップするアーティストはビル・エヴァンス。・・・といっ
          ても、ジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスではありません。
          ’80年代にマイルス・デイヴィスのサイドメンとして活躍したジャ
          ズ・サクソフォニストのビル・エヴァンスです。

          この方、なかなか面白い方なんですヨ。
          マイルス・デイヴィスという超大物の毒気にあてられたのか、音
          楽に対する考え方やアプローチが非常に独創的なんです。

          「アーティストは前進していくもの。同じものは作りたくない」

          後のインタビューで語った通り、’84年にマイルス・バンドを脱
          退した後、新たなる道を求めてジョン・マクラフリン、アンディ・サ
          マーズ、ハービー・ハンコックのバンドをゲストメンバーとして渡
          り歩き、ジャズ・サクソフォニストでありながら、ロック、ファンク、
          ヒップホップのプロジェクトへも精力的に参加。その独創性を醸
          成させた’90年代初頭には、再びジャズ・フュージョン・シーン
          へ回帰するという、武者修行的な経歴を持つプレイヤーです。

                          ★★★★★★★★★★★★★★★

          今回ご紹介する’96年発表のアルバムEscape も、「ソコ
          にその音が入るかぁ!?」と思わず感嘆する、サプライズ要素
          に溢れる独創的な楽曲がドドッと詰め込まれています。
          最も独創的なのはラップの導入で、ジャズ・フュージョン界から
          見れば異世界のアーティストである MC 900 FT JESUS や、
          AHMED BEST といったラッパー達が、ビルの楽曲と結合し、
          従来ではあり得なかった新たなサウンドを作り出しています。

          根幹部分となるバック・ミュージッシャンにはリー・リトナー、マー
          カス・ミラー、マーク・イーガン、ウォレス・ルーニーら、錚々たる
          ジャズ・フュージョン系の重鎮たち。さらに打ち込みあり、ヴォー
          カルありで、下手をすると闇ナベ状態になりそうな所を鮮やか
          にまとめ上げたのは、プロデューサーのジム・ベアード。彼の
          尋常ならざる手腕は、このアルバムの個性を導き出し、作品と
          して完結させた最大の要因として注目すべきでしょう。

          そして肝心のビルのパフォーマンスはというと、コレがまたキマ
          ッてるんですヨ。特にソプラノ・サックスが。
          クールに、キモチ良さげに唄う旋律は例えようもなくスペイシー
          でスピリチュアル。そしてその存在感は圧倒的です。
          “武者修行”時代に培われたであろう独特の音楽観は、この時
          点では既に完成の域。そこには、あらゆるジャンルを消化吸収
          したビルの自由な精神世界が広がっています。
 
                   ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                      Swing Hop
                                       ② Escape
                                        ③
Reality
                                ④
The Sunday After
                                     ⑤ Rattletrap
                             ⑥ Flash In Dreamland

                          Coravilas
                                        ⑧ Easilee
                                    ⑨
Undercover
                                       ⑩
La Di Da
                                   ⑪ Armsakimbo

                                     ⑫ Aftermath
        ⑬
Undercover(Remix-Marcus'mad Flav)

                              ♪試聴はコチラ↓

          

                           


                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
          このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


トラックバック(転載)

» 芸能人も御用達 [ナンバーナイン? なんばないん?]
ストリート系と呼ばれようなデザイン
[続きを読む]

受信: 2007.06.20 22:01


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪お熱いJAZZ でGO!(2)♪


         JAZZを愛する皆様、ご機嫌いかがですか?
         本日は“お熱いJAZZでGO!”の第二弾!YouTube からピッ
         クアップした、怒涛のジャズ・パフォーマンスをお届けします。
         身も心もアツくなる、灼熱の動画を合計3本、Here We Go!

                            ★★★★★★★★★★★★★★★

      MICHEL CAMILO / On Fire
         カリビアン・ジャズピアニストの猛者、ミシェル・カミロです。ドラ
         ム・ソロから始まるトリオのパフォーマンスは、まさしく燃え盛る
         火炎のように熱く激しく躍動。猛々しく美しい競演を観るべし!
         ♪腱鞘炎への特急券!?カミロさんの指が心配になる動画♪

    1210175668.jpg 

        CHICK COREA & GONZALO RUBALCABA / Spain
         「また“スペイン”?」って言われるかもしれませんが、またスペ
         インです(笑)。チック・コリアとゴンザロ・ルバルカーバ。二人の
         天才が織り成す5分間のドラマ。見事な起承転結に唖然呆然!
         ♪ピアノを使った“舌戦”はやがて大団円へ!動画はコチラ↓

   

     STAN GETZ / Seven Steps To Heaven
         演奏中は無表情なゲッツさん。でもああ見えて彼は、ちゃんと
         演奏を楽しんでいるのです。顔は見ずに音を聴きましょう(動画
         の意味ナイじゃん)。楽しんでるのがお分かりいただけるかと。
         ♪・・・でも他のメンバーもあまり楽しくなさそうな動画はコチラ↓

      

                            ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                    人気blogランキング


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★夜景でいこう♪~ランドマークタワー②★


    1210603936.jpg 

            先日、久々に横浜ランドマークタワーに行ってきました♪
            以前、拙ブログで取り上げたのは夜景についてですが、今回は
            初体験の昼間の景色をレポ(夜景の記事はコチラ)。上の画像
            は、69階にあるスカイガーデンから見下ろした、コスモワールド
            方面の眺望。雨天にもかかわらず、素晴らしい眺めでしたヨ!
            横浜でデートの予定のある方、参考にしてください!

    1210604143.jpg 

            こちらは西の方向。手前の緑は掃部山(かもんやま)公園。好
            天であれば、遠く伊豆半島や富士山を望めます。
            こちら側の景色は住宅地が中心で、夜景も比較的大人しめ。
            ほのぼのとした郊外型の夜景を楽しめます。

    1210604212.jpg 

            東側は横浜駅方面。かなり霞んじゃってますが、辛うじて秩父
            の山々が見えているような…。新宿のビル群や、都庁なんかが
            見えるのはこちら側です。
            夜になると、遠くまで光の絨毯が広がって、と~ってもキレイ。

    1210604295.jpg 

            こちら側は、横浜のシンボルとも言うべき名所が集中している
            エリアですネ。
            赤レンガ倉庫、大桟橋。山下公園に氷川丸。ベイブリッジなん
            かも見ることができます。
            この方向の夜景は、ベイエリア特有のメリハリの効いた美しさ。
            光量も光の種類も豊富で、と~ってもキレイです。

            しかーし!昼の景色を見に行くなら、(私のような)高所恐怖症
            の方は要注意!決して真下を覗いてはいけません!

    1210604354.jpg 

                               ( ゜д゜;) ヒィ~~~~~~~!!

                       ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                   記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                     人気blogランキング


コメント(転載)

ランドマーク大好きです!!
最上階のバー「シリウス」で、生演奏を聴きながら、気の合う仲間と美味しいお酒を飲む…最高の贅沢ですよね。また、機会があったらいってみたいなぁと思う今日この頃でした。
あの頃は、よくかっこつけて、バーボンだの、ラムだの、グビグビやっていました。最近はすっかり、自宅で珈琲焼酎をチビチビやっています。
また、お邪魔しますね。お久しぶりの蓬堂でした。

稿 蓬堂 | 2007.06.06 23:12


To 蓬堂さん
こんばんは!
ようこそおいでくださいました♪

“シリウス”をご存じとは!…っていうか、蓬堂さんて
元々は関東の方でしたっけ???(・∀・;)???
私はずっと、生粋の“どさん子”サンだと思ってました…。

“シリウス”は、横浜でも有名な勝負スポットですが、
高所とアルコールに滅法弱い私は、いまだ利用した
ことがありません。
高所の方はさておき、アルコールは「なんとか飲める
ようにならんかナ~?」とか思ってはいるんです。
コーヒーは大好きなんで、蓬堂さん得意の“珈琲焼酎”
ならイケルかも…と、カルーアミルクで気を失ったヤセガ
エルは期待を込めて考え中です。

おおっと!情けないハナシはこのへんで…。
またのお越しをお待ちしております(^0^)/♪

投稿 ヤセガエル | 2007.06.06 23:34


テーマ : 神奈川    ジャンル : 地域情報

 

 


 
« 06 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.