■BoneyFrog Blog■

 

 

♪PIECES OF A DREAM / Acquainted with the Night♪


    1208919172.jpg 

           【スタイリッシュにキメたい夜に!】 

          結成以来30年間、クワイエット・ストームの潮流を受け継ぐ、正
          統派スムースジャズ・バンドとして活躍するピーセズ・オブ・ア・
          ドリーム
。その楽曲の完成度、メンバーの技量、知名度は、リッ
          ピントンズやスパイロ・ジャイラと並び、また、R&Bを基調とした
          新しいアーバン・スタイルの楽曲を確立したバンドとして、現在も
          多くのアーティスト達からリスペクトされているスムースジャズ界
          の重鎮です。

    1208919284.jpg 

          本日ご紹介する作品は、2001年、結成25周年を迎えた彼ら
          の節目のアルバムAcquainted with the Night
          ヘッズ・アップ(レーベル)へと移籍し、さらにソフィスティケイト
          されたスタイリッシュなトラックが魅力的な快作です。

          スペイシーなアレンジの中で、ネオンのキラメキを思わせるジェ
          ームス・ロイドのピアノが秀逸な①“ Ru Ready 。黄昏後の
          ブルー・モーメントに似合う②“ Night Vision 。以後のサウ
          ンドの方向性を示した⑥“ Brand Nu Start 。ドラムスのカ
          ーティス・ハーモン、アルト・サックスのエディ・バッカス・Jr. が
          主役の⑨“ Saxitude 。アコースティックでスインギーなサウ
          ンドが特色の最終トラックSilver Dreams 他、収録された
          全12曲には、ベテラン・バンドとしての風格と、25周年という節目
          における、リスタートへの強い決意の表われを感じます。

    1208919380.jpg

          個人的にパワープッシュしたいトラックは、6曲目に配置されて
          いるBrand Nu Start 。キャッチーな美メロ、程よく抑え
          たアンサンブル、スタイリッシュなアレンジが印象的なナンバー
          です。今の季節(夏)なら午後4時くらい、陽が傾いて、夕焼けが
          始まりそうなタイミングで聴くとハマるかもしれません。コチラ↓

   

          日本では今ひとつ地味(じゃないスか?)な存在の彼らですが、
          “スムースジャズの父”と言われている、あのグローヴァー・ワシ
          ントン・Jr.をして、「私の志を継ぐ者達」と言わしめた音楽集団
          ですから、その才能と実力は折り紙つき。もし未聴の方がいら
          っしゃったら、この機会にぜひチェックしてみてください!

                         ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                       Ru Ready
                                   ② Night Vision
                                  ③ On That Note
                                  ④ Upside Down
                                  ⑤ Off The Hook
                                ⑥ Brand Nu Start
                       ⑦ Acquainted with the Night
                        ⑧ Theme From Mahogany
                                     ⑨
Saxitude
                                       ⑩ Trance
                                   ⑪ Picture This
                                 ⑫
Silver Dreams

   
1208919532.jpg 

                                  


                            ★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★夏の流星群シーズン到来!2007★


    1198763441.jpg 

            2007年夏の流星群観測シーズン、そのオープニングに登場
           する、みずがめ座δ(デルタ)流星群が、本日7月29日、極大
           (ピーク)を迎えています。

           画像中央の赤っぽい円の辺りを輻射点に、1時間に20~30
           個程度の流星が観測されると予測されており、やぎ座流星群
           みずがめ座ι(イオタ)流星群が、それぞれ7月30日・8月2日
           に極大を迎えることから、今日から始まる数日間は、運が良け
           れば1時間に50個を超える流星を見ることができるかもしれま
           せん。

           近くに明るい月(30日に満月)があって、観測条件は決して良く
           はありませんが、天気が良好な地方の皆さんは、夜半から明け
           方にかけて、南南東の空を中心に星空をご覧になってはいかが
           でしょうか?

           ちなみに当地神奈川、ただ今の天気は…

     雷雨
です…(T-T)
           ツイてないなァ…。

                           ★★★★★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
            この記事を読んで、流れ星を見た~い!と思った方、
                ランキングへの1クリック投票をお願いします

                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                      人気blogランキング


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪MICHAEL BUBLE / Call Me Irresponsible♪


    1208920270.jpg

       【JAZZYに過ごす夏休み♪】

             本日ご紹介するのは、今夏イチオシのアルバム、マイケル・
             ブーブレのCall Me Irresponsible です。

             ご存じですか?マイケル・ブーブレ。
             ' 03年のデビュー以来、1stMichael Buble で400
             万枚、2ndアルバムIt's Time で450万枚超という、
             新人離れしたセールスを記録し続けるカナダ出身の伊達男。
             フランク・シナトラを彷彿とさせるトラディショナルで甘いヴォ
             ーカル、スイング感満点の楽曲で、今、全世界から熱い注目
             を浴びているヴォーカリストです。

             先日発売された3作目、Call Me Irresponsible  も
             また、スタンダード基調のトラックに、POPなメロディ・センス
             が香るオリジナルナンバーをプラスした極上の逸品。シングル
             カットされたEverything は、爽快ほのぼの系(?)ラブ
             ・ソングの快作です。
             今年の夏休み。思い出作りのBGMに迷っているなら、マイケ
             ルのCall Me Irresponsible  をイチオシ!大切な夏
             のひとときをJAZZYに演出してくれるでしょう。

                     ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                           The Best Is Yet To Come
             ② It Had Better Be Tonight ( Meglio Stasera)
                               ③ Me And Mrs. Jones
                                   ④ I'm Your Man
          ⑤ Comin' Home Baby ( duet with Boyz II Men)
                                         ⑥
Lost
                            ⑦ Call Me Irresponsible
            ⑧ Wonderful Tonight ( duet with Ivan Lins) 
                                   ⑨ Everything
                    ⑩ I've Got The World On A String
                           ⑪
Always On My Mind
                                   ⑫ That's Life
                                      ⑬ Dream


                   ♪試聴はコチラ↓

   

   

   

                          


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NAJEE / Share My World♪


    1208932465.jpg

                【ブルー・モーメントに似合う一枚】

           太陽が沈み、夕暮れから夜へと向かう時刻、空と地上の景色
           が青色一色に染まるひとときをブルー・モーメントといいます。

           もともと北欧や北米で見られる白夜を指して言うこの現象を、
           日本で見られるのは、良く晴れた日の日没後、わずか数十分
           という限られた時間。普段時間に追われている人は、この時間
           を狙って迎えるのは困難かもしれませんが、忙しい人達にこそ
           この幻想的な“青いひととき”で日常の疲れを癒していただきた
           いものです。

    1208933317.jpg 

           ちなみに上の画像は、神奈川県でもトップ・クラスの“ブルー・
           モーメント”を味わえるスポット、チェックメイトCCからの景色。
           私・ヤセガエルの一押しヒーリング・スポットです。
           本日は、こんな“ブルー・モーメント”にマッチするナジーのアル
           バム、Share My World をご紹介。夏バテ気味の皆様、
           たまにはボーッと景色を見ながら、ボーッと音楽でも聴いてみて
           はいかがでしょうか?

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラから↓ ★★★★

                                        My Angel
                                      ② Laid Back
                           ③ Now That I've Found You
                                  Joy
                                   ⑤ I Didn't Know
                                 ⑥ Secret Admirer
                                      ⑦
(G) Street
                                ⑧ Broken Promises
                                 ⑨ Heart Like Mine
                              ⑩ Saleemah's Dream
                                ⑪ Share My World
              
I Didn't Know ( Instrumental ) Reprise

                       ♪試聴はコチラ↓

   


   

   

                                  

                    
★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                           人気blogランキング


コメント(転載)

無題
過去ログからコメントさせてもらいます。もしかしたら旧ブログのときにもれたかも?

ファンの方には申し訳ないけど、彼は何となく、ネルソン・ランジェルとマリオン・メドゥースあたりと一括りにして見てしまうことが多いです。お三方はなんとなく近い音楽性を持っているような気がしまして。また日本内で過小評価されているようにも・・・。
どの方もソングライティング能力は高いと思うのですがね、これという、秀でた特色と言うのが私には見出すことが出来なくて・・・

DENTA
URL 2007/12/28(Fri)01:23:
編集


To DENTAさん
“秀でた特色”ですか。
言葉で説明するのはチョット難しいのですが、
ナジーさんの特徴的な部分を挙げるとすれば、

・スペイシー
・上品
・饒舌

といった部分でしょうか。
さらに言うなら、彼のパーソナリティが顕著に
なるのはソロにおけるフレージングのメリハリ
ですね。
導入部でしっとりと始まり、中盤でタメを作っ
て、後半で美しく激しく、なおかつ上品にたた
みかける。この辺りのメリハリはナジーさんの
定番パターンです。

フレージングの特徴としては、このポストの試聴
ファイル“My Angel”の開始30秒にある、一気
に駆け上がって、また降下してくる独特のメロデ
ィーライン(指使い)です。
このフレーズを楔として随所に盛り込むことによ
って、楽曲内での緊張感を適度に持続させ、楔の
前後に展開するソロの鮮度を保っていますね。
こういったプレイはナジーさんだけのものです。

………と、こんな具合なワケですが、「わから
ん……」という部分はスルーしていただいて、
「おおッ!」という音楽(アーティスト)にハマ
リ込む方が本来の楽しみ方だと思います。
DENTAさんも、「おおッ、コレは!」というアー
ティストをどんどん追求していってください。

ヤセガエル
2007/12/28(Fri)02:15:
編集


無題
確かに彼には品格の良さがあり、ボニー・ジェイムスとは違う艶がある感じがします。
しかしながら、他のレヴューを見ていてもヤセガエルさんは細かく解析できていてすごいですね。

DENTA
URL 2007/12/30(Sun)15:06:
編集


To DENTAさん
こんばんは!お返事遅くなってしまい申し訳あ
りません。 m(_ _)m

ナジーさんの魅力は、やはりDENTAさんの仰る
ところの品格の高さでしょうか。

ボニー君は“イブニング・ドレスを脱がせたく
なるような”艶っぽいテナー。
かたやナジーさんは、“おそろしく雄弁な大学
教授の講義のような”上品なソプラノ。
同じサックスでも、持ち味が全然異なりますね。
でも私はどっちも大ファンでございます。

お褒めに預かり恐縮ですが、来年はもうちっと
“わかりやすく”そして“簡潔な”文章を書ける
ように(ツレに「クドイ」言われたし…)努力し
ようと思ってます。

コメントありがとうございました!

ヤセガエル
2007/12/31(Mon)23:23

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NORMAN BROWN / After The Storm♪


        今回ピックアップする作品は、スムースジャズ・ギタリスト、ノー
        マン・ブラウンのAfter The Storm。’94年にリリースさ
        れたノーマンの2ndアルバムです。

        セミアコ(ギター)をジャジーに弾きこなし、西海岸系の爽やかさ
        と、ソウルフルなグルーヴィ・サウンドを前面に押し出した楽曲
        は、ノーマンが最も影響を受けたジャズ・ギタリスト、ジョージ・
        ベンソン(そのまんま)のテイストを感じます。
        おそらく、その指グセや音色、フレージング等、ありとあらゆる
        ベンソン・スタイルを我が物とし、その延長線上にあるものを探
        求しているであろうノーマン。口の悪いベンソン・ファンからは、
        『偽ベンソン』と陰口を叩かれるほどですが、その作り出される
        楽曲の洗練度、フレージングのダイナミックさ、スリリングさは
        元祖のベンソンに勝るとも劣らず、明確なピッキング、機智に
        富んだギター・ソロは、元祖を凌駕していると言っても過言では
        ありません。

        そんなノーマンくん。
        面白いのは、その影響の受け方が、サウンドだけでなくアーティ
        ストとしての志向にまで及んでいる(らしい)ところです。

        たとえば、アルバム・ジャケット。
        ジョージ・ベンソンは自分自身を露出させるのが大変好きな方
        で、そのアルバム・ジャケットには、必ずと言っていい程、自分
        のアップの写真を使用しています。

        たとえばこんな。↓

    1208936296.jpg 

        あるいはこんな。↓

    1208936553.jpg 

        コレなんか、ナニ気分?みたいな。↓

    1208936765.jpg 

           「今夜はギターよりもキミを奏でたい」

        …そんな大カン違いセリフが飛び出しそうな流し目ですね。
        とても著名なギタリストとは思えない写真ですが、本人のコンセ
        プトがこういうナルシスト系なんだから仕方ありません。

        そして、よせばイイのに、このベンソンさんを“師”と仰ぐノーマン
        くんも、この路線を突き進んでいるようなのです。

        デビュー・アルバムはまだマシでした。俯き加減のノーマンくん
        を、遠慮がちに上から見下ろしたジャケ写真。↓

    1202460835_20080916211257.jpg 

        しかし、「コレではダメだ!ベンソンさんは正面勝負だった!」
        とかなんとか考えたのかもしれません。2ndアルバムは正面
        からガッツリ撮ることに。

        ・・・・・・・・・・

        フツー、ベンソンさんに限らず、ナルシスト系アーティストが正面
        を向いたジャケ写真を撮る場合、バストショット(胸から上)くらい
        の写真を撮るのが相場です。

        たとえばこんなん。↓

    1208937175.jpg 

        さらに接近してもこの程度。↓

    1208937346.jpg 

        隠れナルシスト系で名高い(?)御大ジョージ・デュークでさえ、
        このくらいのアップが限界です。↓

    1208937559.jpg 

        …しかし、ノーマンくんはやってしまいました。

        どうせ正面勝負なんだから、「やるなら究極まで!」という考え
        だったんでしょうか。

        おそらくジャケ史上に残るであろう究極の…。



















    1208937692.jpg 


        ドアップ写真。


        顔チェキ用じゃないんだから…。

        ・・・・・・・・・・

     「ドモ。ボク、の~まんイイマス。ヨロシコネ」

        ・・・・・・・・・・

        …まったく、誰か止めましょうよ。

        冗談抜きで、これ以上顔に接近したジャケを私は知りません。
        中身を疑われることにもなりかねないじゃ~ございませんか。
        ただでさえSmooth Jazz 界は若手ギタリストが少ないん
        だから、ちゃんと育ててあげないとネ。(心配しなくても育って
        ますか)

        ちなみに、3作目以降はこういう悪ノリは無くなりました。

        ・・・・・・・・・・

        さて、このAfter The Storm 、中身は非常にクオリティ
        の高いスムースジャズ・アルバムです。ブライアン・シンプソン
        のキーボードが美しいTake Me There に始まり、シン
        グル・カットされたThat's The Way Love Goes 、’07
        年現在でも、ネットラジオでヘビー・ローテーションされている
        ④ Any Love 、EW&Fの強力ホーン・セクションが参加
        したTrashman  、ノーマンのソフィスティケイトされた
        ギター・プレイが堪能できるLet's Come Together 
       
他、全12曲。現在第一線で活躍しているノーマン・ブラウンの、
        真価を示したAfter The Storm 。夏のドライブのBGM
        としても最適ですので、ゼヒどうぞ!

        ・・・・・・・・・・

        あ・・・顔チェキで思い出した。

        ネット上で、顔チェキっぽい【顔写真分析~あなたは有名人で
        いうと誰似?】
というサイトがあったので、ノーマン君のドアップ
        写真を分析してみました。

        その結果↓

    1208938538.jpg 

        内藤剛志氏以下の芸能人は知ってるけど、それ以外の大半を
        占める“山本シュウ”さんってダレ?山本シュウ??

        ・・・・・・・・・・。

        調べてみたところ、かなり有名なDJの方らしく、すぐに判明。↓














        山本シュウさん↓↓↓↓↓↓↓↓↓

           1208938798.jpg

        …だから言わんこっちゃない。

        ノーマンくん。キミの顔の67パーセントはシュウさんだってさ。
        裏ジャケのこっちをオモテ面にした方が良かったんでは…。↓

    1208938916.jpg 

                    ★★★★ 収録曲&試聴はコチラ↓ ★★★★

                                   ① Take Me There
                                ② After the Storm
                       ③ That's the Way Love Goes
                                      ④ Any Love
                                        ⑤ Lydian
                             ⑥ For the Love of You
                                     ⑦ Trashman
                                 ⑧ It Costs to Love
                            ⑨ Let's Come Together
                                    
Acoustic Time
                                    ⑪ El Dulce Sol
                                         ⑫ Family

                               ♪試聴はコチラ↓

   

                           


                              ★★★★★★★★★★★★★★        
             
                      ご訪問ありがとうございました!
             このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!
以前からちょくちょく拝見させて頂いております。
今回の「ノーマン」君の記事で思わず笑ってしまいまして(笑)、コメントさせて頂きました。
顔のアップ・・・いわゆるナルシスト系は黒人アーティストに多いみたいですね。
白人ロック系ではあまりこういうタイプのジャケットは見ませんし。
でも中身はいいんですよねー。
彼の作品は何だかんだ言って全部持ってます。
新作も顔ジャケに近い感じですけど、中身は裏切らない極上のスムース・ジャズでした。
また遊びにきますね!!

投稿 Musicman | 2007.07.21 23:07


To Musicmanさん
はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます♪
以前からご来訪いただいていたとの事で、大変嬉しく
存じます。m(__)m

ノーマンくんですが、ワタクシこの方、今後のスムース
ジャズ・シーンにおけるキー・パーソンの一人だと思って
おりまして、非常な期待を込めて注目しておるんですね。
全アルバム制覇(すごい!)のMusicmanさんも、きっと
同様の期待をお持ちなんじゃないかと想像しております。

ご指摘があって初めて気付いたんですが、なるほど白人
ロック系のアルバムには、ナルシスト系少ないですネ。
ジャンルの傾向なのか、それとも他に理由があるのか、
ちょっと興味深いです。

後ほどMusicmanさんのブログへもおジャマさせていただ
きますね。またお気軽にコメントつけていって下さいませ!
(・∀・)/♪

投稿 ヤセガエル | 2007.07.21 23:40


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪KENNY LOGGINS / Leap of Faith♪


    1208941850.jpg 

                     【懐かしいメロディとの再会】

           ’84年に映画Footloose のテーマ曲で全米No.1を獲得
           して以降、“ロック・スター”という身にそぐわない称号と、不本意
           な音楽活動を強いられていたケニーが、原点に立ち返って自ら
           を問い、見つめ直し、その“答え”として世に送り出したのがこの
           ’91年発表のアルバムLeap of Faithです。
           「契約や営利面に捉われずに作りたいものを作った」とライナー
           ノーツに記しているように、その繊細でハートフルなメロディと、
           ケニーの普遍的なテーマである“愛”を温かく描いた詞の世界
           には、ケニーの尽きることの無い優しさ、折れることのない強い
           信念が込められています。

           収録曲全12作品の中には、アルバムのタイトル・チューンとなる
           Leap of Faith を始め、アメリカの環境保護番組に提供さ
           れたConviction of the Heart、デヴィッド・フォスター
           との共作Real Thing  他、質の高い楽曲が目白押しです。
           中でも特に素晴らしいのは、7曲目にトラッキングされている
           Sweet Reunion 。作られた“ロック・スター”ではなく、80
           年代最高のソングライターだったケニーと、再びめぐり会えたよう
           な、懐かしさと喜びを感じるナンバーです。

           ’83年のHigh Adventure 以前の作品、あるいはロギンス
           &メッシーナ時代のケニー作品が好きな方は、間違いなく心に響
           くアルバムです。AORファンの方にもパワープッシュしたいこの
           作品、もし未聴でしたら、ゼヒこの機会にどうぞ。

    1208942118.jpg

                       ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                  ① Will of the Wind
                                  ② Leap of Faith
                                    ③ Real Thing
                          ④ Conviction of the Heart 
                                  ⑤ If You Believe
                            ⑥ I Would Do Anything
                                ⑦ Sweet Reunion

                          Now or Never
                             ⑨ My Father's House
                                   ⑩ Cody's Song
                         ⑪ Will of the Wind (Reprise)
                            ⑫ Too Early for the Sun
                                     
                               ♪試聴はコチラ↓

   

                           


                            ★★★★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


テーマ : 洋楽CDレビュー    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BRIAN CULBERTSON / Secrets♪


    1208942712.jpg 

       【10年後のスムースジャズ界の中心人物

          ’94年、弱冠21歳でファースト・アルバムをリリースし、高齢化
          が懸念(?)されていたスムースジャズ・シーンに新風を吹き込
          んだブライアン・カルバートソン
          アコースティックピアノ、キーボード、フリューゲル・ホルンなど、
          複数の楽器をこなし、プレイヤーとして、ソング・ライターとして、
          近年はプロデューサーとしても非凡な才能を発揮している若手
          No.1スムースジャズ・アーティストです。

          今回ご紹介する作品は、’97年、ブライアンが24歳の時にリリ
          ースした4thアルバムSecrets。大々的にブレイクする少し
          前の作品ですが、一流アーティストに不可欠な、ピュアな姿勢
          と強い意思が明確に反映された良作です。

    1208942774.jpg 

          私がこのアルバムで最も魅力を感じたのは、ブライアンのメイ
          ン楽器であるアコースティック・ピアノへのコダワリですね。

          収録されている9曲は、ジャズ調、R&B調、ブルージィなもの、
          ラジオのエアプレイを想定したもの等、それぞれタイプの異なる
          トラックで構成されていますが、主役となる楽器は例外無くアコ
          ースティック・ピアノ。シンセサイザーやフリューゲル・ホーンは
          用いず、あくまでピアニストとしての立場を貫いています。

          そのピアノの音使いはとてもユニーク。僅かなリバーブを効か
          せただけの極めてナチュラルな音色を、全てのトラックで意図
          的に同じ場所・同じバランスで配置しています。
          このやり方は一歩間違えると、アルバム全体が平坦なものにな
          ってしまうのですが、ブライアンは、楽曲に合わせて鮮やかにス
          タイルを変えることにより、それぞれの楽曲の個性を引き出す
          ことに成功しています。これは、ブライアンが“ピアノをいかに聴
          かせるか”というテーマを、自分なりのコダワリで表現している
          部分であり、かつ魅力的な部分と言えるでしょう。
          ある時はデヴィッド・ベノワのように優雅に、またある時はジョー
          ・サンプルのようにファンキーに。そのコダワリがもたらした表情
          豊かな演奏は、24歳とは思えない引き出しの多さを感じます。

          “ピアニスト”ブライアンの、誠実でセンシティブな演奏が堪能で
          きる作品Secrets。この機会にゼヒCheckしてください!

    1208942830.jpg 

                      ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                         ① So Good
                                     ② On My Mind
                                     ③ Backstreet
                             ④ Straight to The Heart
                                       ⑤ Secrets
                                ⑥ You'll Never Find

                            One More Day
                                 ⑧ You're The One
                     ⑨ At The Backroom

                               ♪試聴はコチラ↓

   

                           


                     ★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんばんは!

この作品は僕も大好きで、よく夜中に聴いております。
カルバートソンは、ソングライティング能力、メロディーへの感受性が非常に高いアーティストだと思っていたのですが、ヤセガエルさんの仰る通り、楽器へのこだわりもヒシヒシと感じますね。

このアーティストは将来、プロデューサーとしても活躍しそうな気がします。

投稿 ライム | 2007.07.13 01:52


To ライムさん
こんばんは!いらっしゃいませ(・ω・)/♪
ご訪問+コメントありがとうございます!

“鍵盤王子”ブライアン(私が勝手に命名!)のアルバムに
ついては、ライムさんも、ブログ上でオススメピックアップされ
てましたね。(^-^)
私もライムさんと同意見でして、彼には今後、プロデューサー
としても頑張ってもらいたいなぁ、と思っています。現在のボブ・ジェームスや、(ジェフ)ローバーさんみたいな、ファンタスティックなプロデュース能力を持っているワケですから。

そうだ。フォープレイが高齢化したら(もうしてるけど…)、ボブの後釜にブライアンを据えてみてはどうでしょう(オイオイ)!
ラリーの後釜はどうしましょうね?…って、なんかモー娘。みたいになってきたなァ…(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.07.13 18:25


鍵盤王子って、ブライアンのイメージにぴったりですね(笑)

フォープレイにブライアンが加入するするなら、
ギタリストはPeterWhite??

・・・・・・・なんかイマイチですね~。

やっぱり、ラス・フリーマンあたりが適当かなぁ。
でも、ギターがラスなら、ピアノはべノアさんがいいですな(^^)

投稿 ライム | 2007.07.13 20:09


To ライムさん
“フォープレイ若返りプラン”(笑)。ギターはピーター・ホワイト
ですか。なるほどなるほど(^-^)。ラス君が入ってベノワさん
がキーボードって、RIPになっちゃったぞ♪と(^0^)。

私は思い切ってノーマン・ブラウン(次々回レビュー登場予定)
あたりを登用したら面白いかも…なんて考えてました。
ネイサン・イーストと一緒に“ダブル・ユニゾン・スキャット”とか
盛り上がりそうじゃないですか!

おっとっと……現メンバーがバリバリ演奏しているというのに、
ちょっと不適切だったっスかねェ…(・ω・)

投稿 ヤセガエル | 2007.07.13 20:46


「第4作目にしてスタイルが完成されている」ということでしょうか。僕はまだこの作品は持っていませんが、iTunes Storeでも販売が開始されたようなのでダウンロードしてみます。この作品も正統派Brianのようですね。
Brianの経歴の中で2003年のCome On Upが一番異色作かなあ。(これだけ超ファンキーじゃないですか?)

投稿 五郎兵衛 風来坊 | 2007.07.13 22:48


To 五郎兵衛 風来坊さん
こんばんは!ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪

“Come On Up”は確かに異色ですね。私の大好きなアースの“Serpentine Fire ”とかカバーされてますし。なんかこう、
「優等生なんてもうイヤだぁ!」みたいなハジケっぷり(?)が
爽快です(笑)。こういうファンキーなアルバムをサクッと作れ
ちゃうところも、ブライアンの非凡さの表れではないでしょうか。

“Secrets”に関しては、五郎兵衛 風来坊さんご指摘の通り、
ブライアンのアーティスト・スタイルの“根っこ”になる部分が
本作で確立しているように思えます。また、アルバム製作に
際して、非常に誠実に取り組んでいるという印象を受けました。

“Come On Up”は、ある意味“生真面目なピアニスト”という
世評を、自分自身でスクラップ&ビルドした結果、生まれた
作品なのかもしれませんね。

…おおっと、また長くなってしまいました…。(^-^;)
またお気軽に遊びにいらしてください♪

投稿 ヤセガエル | 2007.07.14 01:40


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DAVID FOSTER / David Foster♪


    1208943217.jpg 

             【カナダが生んだ現代の大作曲家】

           本日ご紹介する作品は、DAVID FOSTER デヴィッド・フォ
           スター)
が’86年に発表したファースト・ソロ・アルバムです。

           “ファースト”とはいえ、この時点ですでに“スーパー・プロデュー
           サー”の肩書きを持っていたデヴィッドの作品。その内容の充実
           度は凄まじく、グラミー賞にノミネートされた“セント・エルモス・フ
           ァイアー”のLove Theme を含む映画のサウンド・トラックが3曲。
           デュエット・ナンバーの傑作Best of Me 。おそらくこの楽曲
           を聴いた殆んどの人が鳥肌を立てたであろう、裏メニュー(?)最
           強の作品 Flight of the Snowbirds などが収録された計
           10曲。そこに収められている洗練されたメロディと、奥行きを感じ
           させる立体的なアレンジは、デヴィッドがメロディ・メーカーとして
           の力量は無論のこと、アレンジャー、コンポーザーとしても突出し
           たセンスを有していることを雄弁に物語っています。

           現在に至るまで、手がけた楽曲がグラミー賞に輝くこと14回。映
           画音楽ではアカデミー賞を3度受賞し、オリンピックの公式テーマ
           曲を3曲書き下ろしたカナダの誇る大作曲家、デヴィッド・フォスタ
           ー。その偉大な軌跡の出発点となったこの作品を、ぜひ皆さんも
           再確認してみてください。

                  ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                    Love Theme from St. Elmo's Fire
                 
Theme from The Color Purple
                           ③
Flight of the Snowbirds
                       ④
All That My Heart Can Hold
                                    ⑤ Best of Me
 
                                    ⑥ Tapdance
                   ⑦
Who's Gonna Love You Tonight
                                     ⑧
Elizabeth
                              ⑨ Playing With Fire
                                        ⑩ Saje


                              ♪試聴はコチラ↓

   

                           


                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


テーマ : 洋楽CDレビュー    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★1万2千年後の七夕伝説★


    1198934364.jpg 

          今日は7月7日、七夕ですね!
          当地・神奈川は、今年も見事な(?)曇り空。年に一度の願い事
          も、どの方向へ向かってお願いすれば良いのやら・・・・。皆さん
          がお住まいの地域はいかがでしょうか?

          さて、この七夕の“お願い事”。元来は、天の川に隔てられた
          織姫彦星が、年に一度だけ逢うことを許されている7月7日、
          二人が無事に逢えるように晴天を“お祈り”するのが起源です。
          (この日雨が降ってしまうと、天の川の水かさが増して、織姫
          川を渡れなくなってしまうから。→起源については諸説アリ)

          ちなみに織姫は上の画像中央上部、こと座Vega(ベガ)

                                          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                                1208943765.jpg

          対して彦星は、こと座の右下、天の川を隔てたわし座のクビ部
          分に位置するAltair(アルタイル)のことです。

                                          ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                                 1208943846.jpg 

          二つの星の距離は実に14.8光年。ま~・・・ものの見事に引き
          離されちゃってます(苦笑)。
          引き離した張本人はほかでもない、織姫のお父さんである天帝
          (北極星)
さん。天球の中心にある星とはいえ、我が娘に対して
          あんまりな仕打ちじゃございませんか。娘は泣いてるぞ!

          織姫がどのくらい悲しんでいるかというと、それはもう、のたうち
          回るくらい悲しんでいます。どの位“のたうち回って”いるかとい
          うと、自転周期12時間という凄まじいスピードで“のたうち回っ
          て”いるのです(ちなみに太陽の自転周期は27日)。
          ウィキによると、この自転スピードは、自壊する自転スピードの
          リミットギリギリの94%!可哀相じゃあないですか。
          彦星君だって織姫を上回る自転周期10時間(秒速200km)、
          これまた目もあてられない自壊モードです。

          ところが・・・・。

          この“悲劇”は永遠のものではないのです。
          この記事のタイトルにある“1万2千年後”の未来、この伝説に
          はハッピーエンドが待っているかもしれません。

          下の図をご覧下さい。(AstroArtsより)

    1208944099.jpg 

          これは、地球の自転軸がコマのように円運動をしている様子
          を表した図です。
          この自転軸の円運動は、一周するのに約2万6千年。この運動
          を歳差運動といいます。

          自転軸が円運動するということは、当然自転軸の中心も円運動
          しているということ。すなわち中心軸の延長線上にある天帝さん
          (北極星)
は、たまたま中心にいるということになるのです。

          紀元前2800年頃は、りゅう座にあるトゥバンが、同じく紀元前
          1100年頃は、こぐま座にあるコカブが中心にありました。今の
          北極星が最も天の中心に近づくのは、西暦2100年頃。つまり
          その時点が天帝さんのピークです。

          そして1万2千年後の未来。北の空、自転軸の延長線上にある
          天の中心はどの星か。もうお分かりですね?

          それは・・・・。














                                1208943765.jpg

          「ホーホホホ!私の時代よ!お父様!!(゜∀゜)」


          ・・・そうです。それはVega。織姫なのです。



          1万2千年後の未来、天帝さんは天帝でなくなり、織姫が天帝
          に取って代わるワケです。
          このとき、おそらく織姫と彦星の悲劇の伝説は、誰もがうらやむ
          壮大なハッピーエンドを迎えるに違いありません。かつて二人
          を隔てた天の川も、14.8光年の遠距離恋愛も、“新”天帝とな
          った織姫のパワーで、大きく様変わりすることになるでしょう。
          (ホントか?)

          ただし織姫さん。その時、“元”天帝のお父さんを、あまり邪険に
          しないほうがイイですね。・・・また・・ぐるっと一周するワケだし。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          さて、そんな伝説の展開も、夜空の推移も、私たち人類が存続
          していないと見続けることはできません。古代人が、天の中心
          として仰いだであろうドゥバンとコカブ、そして我々の見ている
          北極星。この先、天の中心となる星(明るい星)は、ケフェウス
          座のエライ→アルフィルク→アルデラミン→はくちょう座のデネ
          ブへと移行していきます。

          織姫が天帝となるのは、さらにその3500年後の西暦14000
          年頃。人類がその時を迎えることができるかどうか、それは、
          今を生きる私たち次第。織姫の高笑いを聞くためにも、なんと
          か頑張ろうじゃないですか!
          私はとりあえず・・・・・エアコンの設定温度2度上げますです。
          (小せぇ~)

                    ★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
               オイラも設定温度を上げよう!と思われた方、
        ランキングへ、清き1クリック投票をお願いします!
                       ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                 人気blogランキング


コメント(転載)

西暦14000年の地球でも、このブログが見られているかもしれません。1万年以上も前にこんなことを心配していた地球のヒトがいたなんて…なんて、なんかロマンを感じます。
北海道のヒトは不思議とお盆近く(8月7日)に、七夕を祝う習慣があるので、7月7日はどうもピンとこないでいます。
おとといが新月だったので、天の川を探して、小1時間ほど、星空ドライブに出かけました。ネット&オープンエアで、雲の切れ間を探してドライブでしたが、あいにくの曇天で、白い天の川は、白い雲のベールに包まれたままでした。天頂付近のベガ様とアルタイル様には、なんとかお会いすることができました。
来月のペルセウスに期待します。また、カキコします。おひさしぶりの蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.07.16 08:36


To 蓬堂さん
こんばんは!いらっしゃいませっ!
ご訪問+コメントありがとうございます♪

いや~…西暦14000年に拙ブログが残っていたら、それは
大変名誉なことですねぇ。ううむ…でも、そうなると、もう少し
中身のある記事を書かないといけませんね…(・ω・;)

さて、七夕に地域差があるのは存じておりましたが、北海道の
方は8月がメインなんですね。初めて知りました。
こちらも、晴天が期待できる8月にすればいいのに…とか思い
ます。もっとも、こちらの場合は“光害”のせいで、天の川を観るチャンスもほとんど無いんですけどね。(^-^;)
私が最後に天の川を観たのは、たぶん15年以上前。山梨県の
清里へドライブに出かけた時です。また機会があれば行ってみたいですね~。( ̄ω ̄)

とりあえず来月の流星群目指して、天体望遠鏡の購入を考えているヤセガエルでした。
また遊びにいらしてください~♪

投稿 ヤセガエル | 2007.07.17 02:13


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪ハートに響くメロディ in YouTube♪


          音楽を愛する皆様、ご機嫌いかがでしょうか?(・∀・)/
          本日は、“ハートに響くメロディ”と題しまして、一度聴いたら決し
          て忘れられない印象的なサビを持つ楽曲を、YouTube  から
          ジャンルを問わず抽出いたしました。
          見終わっても心に残り続ける、極上のメロディをドーゾ♪

                                   ★★★★★★★★★★

        GIPSY KINGS/Djobi Djoba
          一発目は、あのジプシー・キングスの名曲“ジョビ・ジョバ”です。
          「日ごと夜ごとにスキになる。キミをもっとスキになる」・・歌詞も
          情熱的なラテン・ナンバーの傑作!ホットなLIVE版でドーゾ!

   

        TAKE 6/Over The Hill is Home
          お次はTAKE 6のマジカルなコーラスでお楽しみください。ご紹
          介するのは私のフェイバリットOver The Hill is Home
          映像はソウルで行われたジャズ・フェスティバルの模様。必見!

   

     JEFF LORBER  featuring 
      
MICHAEL JEFFRIES & KARYN WHITE /
                                            
Back in Love
        個人的にパワー・プッシュするのがこのナンバー。1987年に
        (ジェフ)ローバーさんが手がけたデュエットソングの傑作です。
        歌うはマイケル・ジェフリーズとキャリン・ホワイト。イチオシ!

   
        
                    ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                 記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


トラックバック(転載)

» You Tube [YouTube情報局]
YouTube情報局は動画共有サイトで見れるアニメ・ドラマ・映画まとめ、リスト化したサイトです。
[続きを読む]

受信: 2007.07.16 23:25


テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆江ノ島にゃんこ物語~トラジのお見合い候補~◆


          江ノ島で再会した、ヤセガエルと猫のトラジの物語。
          (※ちなみに、第一話“トラジの悲劇”はコチラから) 

          「・・・お、いたいた。お~いトラジ!」

       1208948011.jpg 

          「・・・な~・・・??」
          「オレだオレ。久しぶりだなぁ」
          「・・・・・・・・・・・」
          「あれ?忘れたのか?オレだオレ」
          「・・・・・・・・・・・」
          「ほら!マリンちゃんの件で」
          「・・・・・・・・あぁ」
          「思い出したか?」
          「・・・あの時のサエない君だね・・・」
          「いきなり“サエない君”はキツイな」
          「何か用?キミとは関わりたくないんだけど」
          「そう言うなって。マリンちゃんの件はオレが悪かったよ」
          「カンタンに謝ってほしくない」
          「いや・・・わかる!わかるぞ!失恋の痛手は尾を引くもんだ」
          「わかったようなコトを言ってほしくない」
          「そんなにとんがるなって~」

       1208948087.jpg 

          「いったい何の用?・・・ていうか、よくボクの前に姿を現せるね」
          「まあまあ。こないだはオレも事情が解らなかったということで」
          「キミの口車に乗ったボクも浅はかだったけどさ」
          「そう言わずさ~、機嫌直してくださいよ~、トラジく~ん」
          「まったく・・・キミのそういう軽~いノリがたまらなくイヤなんだ。
          あのねぇ、ボクはあの後本当に大変だったんだよ。仲間からは
          バカにされるし、マリンちゃんの旦那さんとはバトルになっちゃう
          し。キミのせいで散々だったんだから」
          「ほうほう」
          「ココなんか見てよ。マリンちゃんの旦那さんに噛まれた痕」
          「噛まれた!?ほうほうほう」
          「“今度言い寄ったら殺す!”とか言われてさ。最低だったよ」
          「ほうほうほうほう。・・・で、バトルには勝ったのか?」
          「・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・もしもし?」
          「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」




          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




   「負けたワケね」


          「勝ち負けなんか問題じゃないよ!」
          「ほほ~う」
          「人妻に手を出した上に、ケンカで旦那さんに勝ったりしたら、
          それこそ二重の非常識じゃないか」
          「そうか?晴れてマリンちゃんをモノにできるかも」
          「それじゃならず者だよ」
          「人間の世界じゃよくあるコトなんだが」
          「・・・・・・・・・・人間てケダモノなんだね」
          「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

       1208948011.jpg 

          「・・・で、何か用?キミとは関わりたくないんだけど」
          「二度言われるとヘコむな」
          「三度言われたい?」
          「待て待て。今日はイイ話を持ってきたんだって!」
          「・・・・・・・・・」
          「こないだは迷惑かけたからさ、だから今回はトラジのチカラ
          になりたいと思ってイイ話を持ってきたんだよ」
          「・・・・・・・・・」
          「トラジ、今フリーだよな」
          「・・・・・・だったらナニ?」
          「オマエもさ、マリンちゃんのことは忘れて前に進みたいだろ?」
          「・・・・・・・・・」
          「こないだも言った通り、女のコは他にもいっぱい居るワケよ」
          「・・・・・・・・・」
          「それでだ。オレがトラジのお見合いをセッティングしてやろうと
          思ってさ、ホレホレ、見てみ!見てみ!この写真!」
          「・・・・・・・・・」
          「どーよ、このコなんか!ヨットハーバーで一番イイ女なんだ・・・
          ・・・ってのはサスガに知ってるか!ハハハハ」
          「・・・・・・・・・」
          「オマエもそろそろ結婚したい・・・年齢・・・」
          「・・・・・・・・・」
          「・・年齢・・・」
          「・・・・・・・・・」

       1208948087.jpg 

          「・・・・・・・・・」
          「・・・トラジくん、キミ何歳?」
          「そういう大事なことは先に調べない?普通」
          「わははは。うっかりしてた」
          「6歳」
          「はい?」
          「6歳」
          「それは・・・あ~・・・人間で言うと何歳?」
          「あのね、それを換算するのはキミの仕事!立場を逆にしてみ
          なよ。その質問がどんだけスットコドッコイなのかわかるから」
          「また美しい日本語をご存じで」
          「その写真のコは確かにヨットハーバーで一番の美女だけど」
          「“美しい日本語”はスルーですか」
          「ヨットハーバーで一番リッチなオトコのカノジョだよ」
          「・・・猫の世界にもリッチとプアがあるのか・・・」
          「ボクみたいに縄張りも狭い、狩りもヘタクソな・・・」
          「野良ネコじゃ勝てないぞと」
          「野良は余計だよ」
          「じゃあこのコはどうよ!?オレ的にはナンバーワンだな」

       1208948011.jpg 

          「そのコもダメだね」
          「ナゼに一刀両断なん?また人妻とか」
          「違うよ。そのコは教祖様」
          「きょ・・・なんだって?」
          「教祖様。最近コッキング苑の辺りで流行りだした新興宗教の
          代表だよ。その美貌でオスを勧誘してるんだ。おことわりだね」
          「・・・猫の世界にもインチキ宗教があるのか・・・」
          「キミってさ、表面的な美しさしか見えないタイプ?」
          「失敬な。そんなコトはないぞ」
          「だってキミが選んだコは、江ノ島でも一、二を争う性悪女なん
          だもの。彼女達、顔は綺麗だけど中身はパッパラパァ~だよ」
          「俺は確かに面食いだが、中身はより大事だと思ってます!」
          「“パッパラパァ~”はスルーなんだね」
          「そんなコト言うなら、これが最後だっ!とっておきのコ!」

       1208948087.jpg 

          「ふう・・・じゃあ、あんまり期待してないけど一応写真見せてよ」
          「待て待て。イキナリ全てを明かしちゃったら面白くないだろ?
          小出しに情報出すから当ててみな。クイズ!クイズ!な?な?」
          「ウザイな~。キミのそういう軽~いノリがたまらなくイヤなんだ」
          「見事正解したらペディグリーチャム一ヶ月分プレゼント~!」
          「それはドッグフードだよ」
          「このコはな、ちゃ~んと事前にリサーチしてるぞ。彼氏は居な
          いし、人妻でも教祖様でもない。今、カレシ募集中だ!」
          「ボクのリサーチはいい加減だったクセに」
          「歳は4歳。あ~・・・・人間に換算すると~」
          「換算しなくてイイよ。ボクにとっては無意味だから」
          「ちなみに体毛はオマエと同じトラ柄だ。親近感湧くだろ」
          「・・まあね」
          「周囲の評判もなかなかだ。控え目なタイプで料理も上手」
          「・・ふうん」
          「ちっとは興味が湧いたか?」
          「・・まあね」
          「誰のコトだかわかる?」
          「それだけじゃなァ・・・・・」

       1208948011.jpg 

          「そのコさ、縄張りはどの辺り?」
          「お?食いついてきたな!エノスパ近辺だ」
          「エノスパ・・・そんなコいたかなァ?」
          「いるんだなコレが。顔は、そうだな・・・まあまあブサカワイイ」
          「意味わかんないよ」
          「普段はシャイだけど、オトコにはちょっと大胆系?」
          「意味わかんないよ。どこがオススメなのかも」
          「いいかトラジ、このコな、見てると結構危なっかしいんだよ。
          オマエみたいな誠実で堅実なオトコが付いてて、バシッとリード
          してあげれば安心ってもんさ。亭主関白っぽいのはどうよ?」
          「まあ・・・引っ張り回されるよりはイイかなァ・・・」
          「放っておくと、オマエの嫌いな“ちゃたろー”あたりに、パカッと
          おマタを開いちゃうかもしれないんだぜ?許せるか?」
          「・・・それは許せないね」
          「今だったら、彼女のおマタはトラジにパカッと開くわな」
          「おマタが最重要なのかい?キミってケダモノだね」
          「っつーか、このコお買い得!大チャンスだと思うぞ」
          「・・・う~~~~~ん・・・」
          「お見合いしてみっか?」

       1208948087.jpg

          「・・・う~~~~~~~ん・・・」
          「あのなトラジ。イイ男ってのはな、ピンチの時にはジックリと、
          チャンスの時には機敏に行動するもんだぞ」
          「・・・・・・・・・・」
          「今回はどうよ。機敏に行動すべきだと思わないか?」
          「・・・・・・・・・・」
          「オマエがそうやって腹筋してる間に、俺がお見合いの段取り
          をしてやろうってんだ。ヒトの好意は素直に受けるもんだぞ」
          「・・・腹筋してるワケじゃないけど・・・現実味を帯びてきたら急
          に緊張してきちゃった・・・」
          「じゃあ、もう情報の小出しはナシ!写真見せるからなっ!」
          「えっ?ちょ、ちょっと待ってよ・・・・」
          「ペディグリーチャムに未練でも?」
          「ドッグフードに興味は無いよ」
          「だったら、ハラぁくくってとくと拝みやがれ~い」
          「・・・ど・・・どんなコなんだろう・・・」
          「ハイッ!ジャジャンッ!」
          「・・・・・・・・・!!」

       1208948011.jpg 

          「本日のお買い得!エノスパの“サンゴちゃん”でござ~い!」
          「・・・・・・・・・・」
          「ブサカワでトラ柄!おとなしいけど夜はダイタン!」
          「・・・・・・・・・・」
          「お料理上手で床上手!」
          「・・・・・・・・・・」
          「早くしないと売れちゃうぞ!さあ、どーだ!」
          「・・・・・・・・・・」
          「お見合いするだろ?“ウン”って言うよな?」
          「・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・」
          「・・・・・・・・・・・・・・」

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       1208948087.jpg 

          「なんだよトラジぃ。リアクションに乏しいぞ」
          「・・・・リアクションのしようがないよ」
          「好みのタイプじゃなかったのか?」
          「そういう問題じゃない」
          「年上が好みとか」
          「関係ない」
          「やっぱりブサイクはダメか?」
          「・・・なんだって?」
          「ブサイクなコはダメか?」
          「ブサイク?」
          「・・・なんだよ、突っかかるなぁ」
          「夜はダイタンとか言ってたよね」
          「言ったかもしれん。キャッチ・コピーで」
          「床上手だって?」
          「それもまぁ、そうだろうと」
          「気を付けてあげないと、おマタをパカ~ッと開くって?」
          「相手がトラジなら問題無いだろ?」
          「・・・・・・・・・・・あるよ」
          「なんで」
          「あるからあるんだよ」
          「だーーーーー!!だからドコが問題だっての!!」

















     「サンゴはボクのだからだよ!」

              -完-
  

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★ 

     (※よろしければ第三話【トラジのLOVE STORY】へおいでませ)

                             ★★★
★★★★★★★★★★★★★ 

                       ご訪問ありがとうございました!
           こんなバカバカしいフィクションを支持される奇特な方、
           ランキングへ清き1クリック投票をお願いいたします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

          人気blogランキング

テーマ : ショートショート    ジャンル : 小説・文学

 

 


 

 

♪KEITH WASHINGTON / Make Time For Love♪


    1208948866.jpg 

           【ジャケが全てを物語る】

          目的も無くCDショップでぶらぶらしている最中、「おっ?」と思わ
          ず手に取ったCDを、購入するか否か迷うことがありますよね。
          今はほとんどのショップに試聴機があるし、試聴ができないア
          ルバムだったとしても、手に取ったCDのアーティストが既知の
          アーティストであれば、その音や作品の傾向を、ある程度想像
          することが可能です。
          最悪そのアーティストを知らなくても、プロデューサーや、バック
          ミュージッシャン、レーベルなどの情報を総合的に判断すれば、
          なんとなく作品の輪郭が見えてくるものです。

          ところが、私がこのキース・ワシントンという人物のアルバム、
          “ Make Time For Love を見つけたのは、ドライブデート
          を翌日に控えて、BGM用のロマンティック系R&Bアルバムを
          物色していた古本屋チェーン店。私の脳内データベースにアー
          ティストのデータは無く、プロデューサーの名前もヒットせず。
          レーベルは大所帯すぎ(ワーナー・ブロス)で音の傾向は絞りき
          れない。古本屋だから試聴機も無い。でもせっかく来たんだから
          一枚は買って帰りたい。手に取ったアルバムはとても気になる!
          さぁ、どうする??・・・・・・・そんな状況だったワケです。

          どうするも何も、もう残ってる情報はジャケットのみ。あとは長年
          のカンというか、失敗の連続(昔は試聴機無かったからねぇ・・)
          から学んだ、己のインスピレーションに頼るしかありません。

          ジャケットの写真はどうだ?収録されているナンバーのタイトル
          は?だんだんと感覚が研ぎ澄まされていきます。

    1208948866.jpg 

          「スーツ姿にオールバックのヘア・スタイル。ポケットに手を入れ
          て流し目かぁ・・・。昔、ピーボ・ブライソンのアルバムでこんなん
          あった気がするぞ。・・・おおっと?・・・10曲中4曲のタイトルに
          “LOVE”の単語が。うんうん・・・・・バラディアーだなこのヒトは」

          ・・・・・・・・・・

          清水國明氏による店舗案内が高らかに流れる店内で、¥250
          の値札の付いたCDを、これでもかとチェックする自分の姿は、
          さぞ浅ましく映るに違いないと思います。しかしこれは、値段と
          の戦いなどではなく、己の音楽センスと美的センス、それまで
          に蓄積してきた知識と、アルバム製作者との戦いなのです!
          やはり勝負するからには勝ちたいじゃ~~ございませんか。

          周知の通り、ジャケ写真は楽曲以上に楽曲を象徴しています。
          デートに相応しい、エッチでロマンチックなR&Bアルバムなら、



















    1208949592.jpg 

           ↑ こんなジャケであるハズがなく、ましてや・・・
















    1208949667.jpg 

           ↑ こんなジャケであろうはずがありません。







          やはり、こんなカンジでしょう。↓

    1208949727.jpg 

          「グラスが空になったのかい?
            それなら、次の乾杯は最上階のスイートで」

          そんな甘ったるい口説き文句が聞こえてきそうなカメラ目線。
          トワイライトをイメージさせるオレンジ色の照明といい、バラード
          の王道を行くストレートな楽曲タイトルといい、コレは間違いなく
          明日のドライブに似合うアルバムに違いない!裏ジャケ(↑)を
          見ながら私は強く確信しました。

          ・・・・・・・・・・

          「スイマセン、コレください」
          「ハイ。お会計、250円になりま~す!」
          「・・・・・(お、大きい声で言うなって~)」
      「カードお持ちですか?」
          「ハイ。・・・あ、コレも使います・・・」
          「ハイ。では150円割引で、お会計100円
        
になりま~す!」

          「・・・・・(声が大きいっての~)」

          ・・・・・・・・・・

          さて、駄菓子屋並みの安価なお会計の後は、帰りの車の中で
          緊張のリスニング・タイムです。果たしてアルバムのデキは?

          ・・・・・・・・・・。

          「お~・・・コレはっ!」

          一曲目からバラードでグイグイきます。
          二曲目以降も、尻上がりにテンションを上げていくタイプのベタ
          なブラコン満載!アタリだ!さすがオレ!ナイス鑑定眼♪

          後で分かったことですが、100円で入手したこのアルバムは、
          全米R&Bチャート(シングル)で1位を獲得した楽曲を含む、
          キースさん’91年リリースのデビュー・アルバムなのでした。

          キースさん本人は、同じR&Bシンガーのフレディー・ジャクソン
          に楽曲を提供したり、来日してLIVEを行うほどの人気アーティ
          ストだったんですね。これ以外にもアルバムを一枚リリースして
          いて、そこそこ評価も高かったようです。

          今回は試聴ファイルを一つ上げておきますので、ジャケのイメ
          ージを裏切らない、ベタベタの(笑)ブラコン・ナンバーをお楽し
          みいただこうと思います。
          歌のカンジは、ジェームス・イングラム+ジェフリー・オズボーン
          +フレディー・ジャクソン÷6みたいな雰囲気です(どんなや!)

          そんなワケで、収録曲と試聴はコチラからドーゾ♪↓

                       ★★★★★★★★★★★★

                                          ① All Night
                                ② Make Time For Love
                                      ③ Kissing You
                        ④ Are You Still In Love With Me 
                         ⑤ When You Love Somebody

                       Ready,Willing And Able
                                      ⑦ I'll Be There
                            ⑧ When It Comes To You
                                  ⑨ Lovers After All
                                           ⑩ Closer

                                 ♪試聴はコチラ↓

    

                             


                          ★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                            人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんばんは!
次回レビュー予定欄に、このアルバムのジャケを見つけてからずっと心待ちにしておりました。

いや、驚きましたよ。このアルバムの入手までの経過が僕と殆ど一緒です(^^)

ブ○クオフで250円、アーティストに関する予備知識が無く、また破格の値段に少々戸惑いを感じつつ購入。聴いてビックリ大当たり(≧-≦*)
ちなみに僕がこのアルバムを手に入れたのはドライブデートの最中でした。

このアルバム、250円で売られるにはもったいない内容ですよね。お気に入りの1枚です。

投稿 ライム | 2007.07.01 23:30


To ライムさん
こんばんはっ!(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

ふっふっふっ…。さすがはライムさん。このアルバムを見逃し
ませんでしたネ。
それにしても、入手までの(今読み返すと情けない)経緯まで
同じとはっっ(笑)。もしかしてライムさんも、レモンさんから、
「も~…迷ってないで買えばぁ?どうせ安いんだから……」
なんて言われませんでした?(私は言われました・・・ orz)
まぁ、なんと言われようと、買ったアルバムが“当たり”なら
満足なんですけどね。(^-^)

このアルバムに関しては、ジャケも含め多少ベタな部分も
ありますが、ライムさんのおっしゃる通り、¥250で売られ
るような作品ではないですよね。ナイト・ドライブにはピッタリ
じゃないでしょうか。(・∀・)b~♪

今後もブッ○オフ掘り出し物ネタを用意しますので、また遊び
にいらしてくださいませ!

投稿 ヤセガエル | 2007.07.02 00:20


またまたコメントさせていただきます (´ー`)

そんなに悩むなら買ったら???この言葉よく言われますよ(笑)
鶴の一声とはちょっとニュアンスが違いますが、彼女に後押しされると、今まで悩やんでいたのが嘘のように、すんなり買ってしまうのですね(^^;

で、僕の場合は彼女のお許しがでると、「じゃあ、これと、これも・・・・・」となってしまうので、「1枚だけにしなさい。」と言われるのがいつものパターンなのですが(T_T)

やっぱり、女性は強い・・・・。

投稿 ライム | 2007.07.02 20:14


To ライムさん
プププ…(^m^)♪
まとめ買いを禁止したり、ファンキーなヘア・スタイルを断念
させたり、レモンさんの影響力は甚大ですね。

私の場合、連れと一緒に“まとめ買い”に走るケースが多くて、
後になって「コレ…すでに持ってた…(T-T)」なんてコトがよく
あります。ストッパーは必要ですよネ。

私もどちらかというと、…いや…かなり…連れにイニシアチブ
を握られておりますので…『女性は強い』には同意でござんす。
お互いほどほどに頑張りましょう!(なにを??)

投稿 ヤセガエル | 2007.07.02 21:16


おはようございます。
とても、ファンキーでノリのよい曲ですね。
安く買って大当たりだと、ホント得した気分で最高ですよね。
ドライブデートはうまくいったのかしらー?

投稿 pooh | 2007.07.05 08:16


To poohさん
いらっしゃいませっ!(・∀・)/
ご訪問&コメントありがとうございます♪

お蔭様でドライブデートは大成功…のはずだったんですがぁ…。
このソウルフルな歌声をバックに、二人で仕事のグチを言い出した
らナゼか止まらなくなってしまいまして…。(・ω・;)
ロマンティックというより、ストレス解消モード満載のドライブデート
となりました。(それはそれでアリ?)

それはさておき、今回のように“アタリ”CDを引くと、正に最高の
気分になりますよね。最近また発掘意欲が再燃してまして、夜な
夜な地元の中古ショップを徘徊しております。
CASIOPEAのアルバムもたま~に見かけますヨ。この間は
“EUPHONY ”が¥750円で売られてました。タッチの差で
誰かに買われてしまいましたが…(T-T)

また遊びにいらしてくださいね~(・∀・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.07.05 18:39


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 07 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.