■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪PAUL BROWN / Up Front♪


    1207398279.jpg 

     【ギタリストが嫉妬する華麗なミュージシャン・シップ】

          「昔リピューマ、今ブラウン」。
          現在のスムースジャズ・シーンにおいて、最も質の高い作品を
          手がけているプロデューサーと言えば、まずはこの人物、ポー
          ル・ブラウン
の名が挙がるでしょう。

          ジョージ・ベンソンやアル・ジャロウといったベテラン・アーティス
          トから、ピーター・ホワイトやリチャード・エリオットといった現在
          第一線で活躍するアーティストまで、幅広く、セールス面におい
          ても確実な仕事を成し遂げてきたブラウン氏。また一方で、新
          人時代のボニー・ジェイムスを見出すなど、人材発掘にもその
          才を発揮し、ジャンルそのものの発展においても多大な功績を
          残している人物です。

          ちなみにこのプロデューサー業、大変な激務らしいですね。
          私がまだピチピチの少年だった頃、当時憧れていたフュージョ
          ン・バンドのメインプロデューサーだったM氏とお会いした時、
          彼に「僕らでも、目指せばプロデューサーになれますか?」
          いう愚にもつかない質問をしたところ、「なれますよ。ダレでも。
          一日
20時間働く体力があれば」というトンデモ回答が返ってき
          たくらいですからね。まあ、裏を返せば、その20時間を半分に
          したければ、その分の才能と並々ならぬ努力が必要だという事
          なんでしょう。少年時代の私の未来予想図から、“プロデューサ
          ー”という職業が消えて無くなったのは言うまでありません。

    1207398373.jpg 

          さて、そんな当時のM氏より、おそらく多忙であろうブラウン氏
          が、2004年、なんと“ギタリスト”としてデビューを飾り、ファー
          スト・アルバムUp Front をリリース。多くのスムースジャ
          ズ・ファンに衝撃を与えました。

          「同姓同名の新人じゃなかったの?」
          「ほんとにギター弾けるの?」

          リリース前の懐疑的な評判もなんのその。セルフ・プロデュース
          によるデビュー・アルバムは、“ギタリスト”ポール・ブラウンの
          センスとテクニック、そして抜群のサウンド・プロデュースが相互
          に作用し合う、極上のスムースジャズを提供していました。
          控え目ながらもキラリと光るフレージングの妙、余力を残したソ
          ロ・ワーク、共演者とのコントラストを自在に操るバランス感覚。
          「そこまでやられたら敵わん!」本職のギタリストが思わず嫉妬
          する程の名演が、そこに収められていたのです。

          収録曲は、オリジナル楽曲、スタンダード、ポップスのカバー等
          「やりたかった事を色々やってみました」的なミックス・ジョイです
          が、各楽曲に共通項としてインプットされているのは、リスナー
          に、まるでリゾートへ来ているかのようなリラックス感覚を抱か
          せるポール・ブラウン節。さらにこのUp Front には、子飼い
          のミュージッシャンであるボニー・ジェイムスを始め、リック・ブラ
          ウン、ジェフ・ローバー、チャック・ローブといった“同じ釜のメシ
          を食う”仲間達と、まるでホームパーティーを楽しむかのような
          温かいムードが満ちており、“ブラウン節”のリラックス感覚も、
          その特徴をさらに際立たせているように感じられます。

    1207398427.jpg 

          おすすめトラックを挙げると、G.ベンソンを思わせるオクターブ
          奏法とユニゾン・スキャットが渋いWes' Coast Swing
          ウェス・モンゴメリーのナンバーを現代風アレンジで焼き直した
          ② Angel 、ジェイムス“JT”テイラーのヒット曲をカヴァー
          したDon't Let Me Be Lonely Tonight 、リック・ブラウ
          ンとの共演でラジオ&レコーズ誌2位を獲得した24/7 等。
          さらにチャック・ローブとの共作Moment by Moment
          は、ブラウン節の“リラックス”と、チャック節の“クール”が絶妙
          な化学変化で結合した究極のスムーストラック。晩夏から初秋
          へと移ろうこの時期、貴方にとっても手放せない一曲になるか
          もしれませんヨ♪ (試聴はコチラ↓↓↓ )

   

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                 ① Wes' Coast Swing
                                          ② Angel
                              ③ Moment by Moment
                    ④ Don't Let Me Be Lonely Tonight
                             ⑤ My Funny Valentine
                                       ⑥ Phat City
                               ⑦ Sweet Sweet Love
                                ⑧ Ain't No Sunshine
                                       ⑨ Chill Out
                                          ⑩ 24/7
                                     ⑪ Dear Ndugu
                                     ⑫ Moondance


                               ★★★★★★★★★★★★

    1207398528.jpg 

          このアルバムに関する後日談で思わず吹いてしまったのは、
          ゲスト参加したボニー(ジェイムス)君の「(収録は)猛烈に緊張
          した」というコメントですネ。ムリも無い。ボニー君にとっては、
          師であり恩人でもあるブラウン氏のデビュー・アルバム。参加し
          た他のどのミュージシャンよりもプレッシャーを感じたのも理解
          できるような気がします。できることなら逃げ出したかったんじ
          ゃないでしょうか。「あの…祖母の弟が交通事故に遭ったんで、
          今日は帰ります…」なんつってね。そんで次の日から音信不通
          になるバイトくんみたいなノリで。でも無事に収録が完了して良
          かったネ。ボニー君!(笑)

                     


                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
          このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
        ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                     人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!僕もこのアルバムはダウンロード版を持っていますが、おっしゃるとおりギター演奏はなかなか上手いですよね。最近はJeff LorberやEuge Grooveのアルバムでもギタリストとしてクレジットされてますね。でも何で、この方はこんなにも「仕上り具合」完璧なのでしょうか。なかなかここまでの完成度は出せないけどなあ。

最新作White Sandでは「枯れた」感じの良い演奏になってきましたね。この頃はまだ模索していた感じもありますが。(^o^)

投稿 五郎兵衛 風来坊 | 2007.08.28 22:57


To 五郎兵衛 風来坊さん
こんばんは!(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

『仕上がり完璧』!ホントですよねぇ。
私の中でも、「ブラウン氏のプロデュースなら
安心!」みたいな信頼感があります。これまで
期待を裏切られたことは無いですね。

新作の“White Sand”は、私、未聴なんです。
『枯れた感じ』ですか。良い哉。良い哉。
2ndは JEFF GOLUB っぽいイメージでした
から、どんなカタチにまとまっているか興味が
湧いてきました~。( ̄∀ ̄)

閑話休題…

五郎兵衛 風来坊さんの“晴れ姿”、ブログで
拝見いたしました!!ステージ(舞台)で注目
されるって、なかなかカイカンですよね!無事
のお勤め(?)お疲れ様でした!

投稿 ヤセガエル | 2007.08.29 00:30


お邪魔します。
はじめまして。先ほどは私のブログにコメント頂き有難う御座いました。
このアルバムは一時期ネット・ラジオのスムース・ジャズ・ステーションでヘヴィー・ローテーションでした。何曲かはWAV録音(?)して聴いていましたが,心地よく流れるようなギターだと感心しました。以前から名前だけは知っていましたが、仰る様に是ほどにギター演奏の実力を持っていたとは!。アルバムを購入しようか迷っていましたが、貴兄のレヴューを読んでいたら無性に聴きたくなりました。購入決定ですネ。
これからも宜しくお付き合い下さい。

投稿 FUSION | 2007.09.01 00:31


To FUSIONさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)/

おお!?購入決定ですか!
やはりカシオペアのファンの方はハナシが速い
ですね。(笑)
FUSIONさんは、このテのサウンド・アプ
ローチにも造詣の深い方だとお見受けしており
ますので、ぜひ堪能していただきたいと思って
おります。

今後もお気軽にご訪問・コメントいただけると
ウレシイです!
こちらこそ宜しくお付き合いくださいませ!

投稿 ヤセガエル | 2007.09.01 01:38


このアルバムには驚きましたね。
彼がソロ作をだすなら、「キーボーディストとして」
というイメージがあったもので。
そもそもこれがデビュー作だったということにも驚きましたが。
それにしても、エンジニア~プロデューサー歴の
長さからメンバーも凄いですねぇ。

投稿 でんた | 2007.10.17 14:47


To でんたさん
こんばんは(・∀・)♪
コメントありがとうございますっ!

ホントにすごいメンツですね!スムースジャズのオール
スター戦(ホームラン競争付き)ってカンジです。

キーボードやプログラミングもサラリとやってのける人物
ですから、アルバムデビューの噂が出てきた時には、私
もでんたさんと同じように「へ~……デヴィッド・フォスター
みたいな鍵盤の作品を出すのかな?」と勝手に想像して
ましたね。フタを開けてみたら「ギターかいっ!」みたいな
大サプライズだったワケですが。

最近はギタリストとしてのクレジットも多くなってきてます
し、子供の頃の夢はギタリストだったんじゃないかな~~
なんて想像しちゃいますね( ̄▽ ̄)

投稿 ヤセガエル | 2007.11.19 22:47


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOBBY CALDWELL / Perfect Island Nights♪


    1207401101.jpg 

        【帰ってきた“ミスターAOR”】

          ’93年発表のアルバムWhere is Love を最後に、AOR
          の世界からジャズへと針路変更していたボビー・コールドウェル。
          「ボビーがAORへと戻ってくることはもう無いだろう」・・・誰もが諦
          めていた’05年、このPerfect Island Nights の突然の
          リリースは、往年のAORファン、NACファンを大いに驚かせ、狂
          喜させることとなりました。

          それもそのハズ。もうジャケのデザインからして、「コレ、AORで
          すから!」と主張する(笑)、伝統のボビー・ワールド全開!インタ
          ビューでニコニコしながら「待たせたね」なんて軽~く言っちゃって、
          待たせられた時間は12年だよボビーさん。

          でも、待ってた甲斐はありました。もォ、全曲AORです!
          ボビー本人がボンッ!と太鼓判を押しただけあって、流れ出すナ
          ンバーには、名作“What You Won't Do for Love ” の流れ
          を汲むボビー節が、ピカピカ、キラキラと輝いています。
          中でも「うををを!ボビーーだぁ!」と胸を熱くしたナンバーは、10
          曲目にクレジットされたExtra Mile。これこそボビーの歌!
          12年の空白を埋める素晴らしいナンバーです。(・∀・)b

    

                         ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                    In the Afterlife
                            ② Crazy for Your Love
                                        ③
Donna
                              ④ Where Is the Love
                             ⑤ Perfect Island Night
                              ⑥ Our Day Will Come 
                                ⑦ I Need Your Love
                              ⑧ Can't Get Over You
                                     ⑨ Call Me Up
                                      ⑩ Extra Mile
                                          ⑪ Rain
                              ⑫ Sukiyaki (Forever)


                               ★★★★★★★★★★★★

          そうそう、ジャケットだった!
          このアルバムのジャケ、非常にムードもあって良いのですが、
          大事なものが欠けていると思いませんか?

          ……ハイハイ、ボビーのファンなら、とうにお気づきですよネ。
          そーなんですよ。ボビーのジャケには“ボビーのシルエット”が
          つきものじゃ~ございませんか?なんで無いの??
          こういう画竜点睛を欠く仕事は、ワタクシ納得できませんです。

          …っつうワケで、ちょっとジャケのイラストをイジってみました。
          Perfect Island Nights ~ヤセガエル・バージョン”。↓↓↓

    1207401305.jpg 

            デザイナーさん!次からはこんなカンジで作ってね!↑↑↑

                                   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

すごーい!!このジャケット☆
やっぱりシルエットが無いといまいちピンと来ないですよね~。
このジャケットは輸入盤のジャケット。
どうせ変えるなら日本盤はこんなシルエット付きにして欲しかったですね。
夏の終わりにピッタリな1枚ですね♪

投稿 Musicman | 2007.08.25 09:13


To Musicmanさん
こんばんは!(・∀・)/
ご訪問+コメントありがとうございます♪

同意いただき恐縮です!(笑)。
やっぱり、コンセプト的にAOR路線を復活させるなら
ジャケットも同じ路線で復活させてほしいですよね。
『帽子・スーツ・シルエット』は三種の神器みたいな
もんですから!(ですかね??)

私の即席ジャケは、“What You Won't Do for Love”
のパクリですけど、次のボビー作品には、ゼヒとも
トレードマークの“シルエット”をあしらっていただき
たいものです。もちろんMusicmanさんや私が大好き
なAOR作品で!(ですよね??)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.25 19:27


ミュージシャンが一つの路線で人気を集めてしまうと、
自分は違う音楽をやりたくても、
回りがやらせてくれないことがありますよね。
この曲を聴くと「いつものボビーだ」と
往年のファンは喜びますが、
彼自身は昔の音に戻ったことをどう思っているんでしょうかね?

投稿 でんた | 2007.10.17 14:52


To でんたさん
こんばんはっ!(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

そーですねぇ…。このアルバム、本当~に久しぶりのAOR
作品なんですよね。私たちファンは“原点回帰”というコトで
大歓迎でしたが、ボビーの製作意図というか、それを思い立
ったキッカケについてはあまり注意してなかったかも…。

ジャズ・シンガーとしての仕事は、ボビーにとっては自分の為
のもの。長年自分のやりたかった仕事ということらしいですね。
かたやAORは、ファンのための仕事という側面もありますから、
単純にボビーは、私たちファンの元へ帰りたくなったのかな?…
…なんて、思ったりします。

もうどこにも行かないでほしい!とも(笑)。

投稿 ヤセガエル | 2007.11.29 18:23


テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪山下達郎 / Sparkle♪


    1207395950.jpg 

          先日、ぶら~っと江ノ島へ出かけた時、なぜか頭の中でグルグ
          ルとエンドレスで流れていた曲が、山下達郎のSparkle
          ’82年にリリースされた傑作アルバムFor You のオープ
          ニング・ナンバーです。

          画像は七里ガ浜から見た江ノ島の様子。ココから見る風景は、
          (江ノ島の灯台以外)25年前と少しも変わっていませんね。
          この曲が突然頭の中に浮かんできたのは、25年前の夏の思
          い出が頭をよぎったせいかな・・・??( ̄ー ̄)

   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
         このアルバムを聴いて、海へ行きたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング

テーマ : j-pop    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAUL JACKSON JR. / Never Alone-Duets♪


    1207454325.jpg 

         【完全無欠の“セッション”アルバム】

          本日のおすすめアルバムは、世界で最も多忙なセッション・ギ
          タリスト、ポール・ジャクソン・ジュニアが ’95年にリリースした
          リーダー作、Never Alone-Duets です。

          このアルバムは、タイトルにもある通り“Duets”がコンセプト。
          収録された10曲全てにおいて、ポールと誰かがデュエットする
          という形式で製作されています。

          …で、“誰か”ってダレ?

          ハイハイ、よくぞ訊いてくださいました。
          もうスゴイですよ。超一流の方々でございますよ。

           ・ハーヴィ・メイソン(現フォープレイ。DsではなくVibeで参加)
           ・アール・クルー(Acoustic Guitar)
           ・ジェラルド・アルブライト(Tenor Sax)
           ・ナジー(Soprano Sax)
           ・トム・スコット(Alto Sax)
           ・レイ・パーカー・ジュニア(Guitar)
           ・カーク・ウェイラム(Tenor Sax)
           ・ウィルトン・フェルダー(元クルセイダーズ。Tenor Sax)
           ・ジョー・サンプル(Piano)
           ・ジョージ・デューク(Clavinet)
           ・ジェフ・ローバー(Mini Moog)

          …って書き連ねていっても、これで全部というワケじゃありませ
          ん。さながら“スムースジャズ祭り”の様相ですネ。
          しかもコンセプトは“デュエット”ですから、彼らはいわゆるバッ
          ク・ミュージッシャンとしてではなく、一人一人が主役としてこの
          アルバムに参加しています。並みのプレイヤーだったら、彼ら
          に埋もれてしまって、個人のリーダー・アルバムとして成立させ
          ることなど不可能でしょう。

          しかしそれを可能にしてしまうところがポール・ジャクソンJr.。
          共演者を際立たせる絶妙なバッキングと、さり気なくパーソナリ
          ティを主張する独特のサウンドを駆使しながら、紛れもなくポー
          ルの仕事だと思わせる、完璧なハーモナイズを体現させたの
          が、本作Never Alone-Duetsなのです。

    1207454419.jpg 

              ★★★★ おすすめトラックと試聴はコチラ↓  ★★★★

          ① Da Boardwalk
          ポールの、ハリとコシとツヤのある独特のギター、そしてデュエ
          ットのお相手・ハーヴィ・メイソンのヴァイブが主役のオープニン
          グ・トラックです。打ち込み主体のリズムの上で、二人の有機的
          なソロ・ワークが冴え渡る佳作。ミキシングの音の振り方も◎!

          ② Reunited
          ピーシズ・アンド・ハーブが ’79年にヒットさせた同名ナンバー
          をカヴァーしています。デュエットのパートナーは、アコースティ
          ック・ギターの名手、アール・クルー。あのですネ。もうピッタシで
          ござんすヨ。二人のギターが語り合ってます。愛を。(おいおい)

   

          ⑦ Where is The Love
          軽快なテンポでスムージィに展開するこのトラックでは、ハワー
          ド・ヒューイットとジャスミンのヴォーカルがフィーチュアリングさ
          れています。バックでムードを盛り上げる陰の主役は、キーボ
          ーディストのグレッグ・フィリンゲインズ。あれ?ポールどこ??

          ⑨ End to a Perfect Day
          ズバリ!似合うシチュエーションは海沿いのカフェ。午後3時。
          気の置けない仲間と過ごすひとときに。ちなみにデュエットの
          お相手はナジー。得意のフルートを披露していますネ。要所を
          締めるのはローバーさんの鍵盤です。ポール、ソロ弾きまくり!

   

                        ★★★★★★★★★★★★

          上に挙げた以外では、なんかも捨て難いですネ。という
          か、捨て曲ナシ。全曲素晴らしいです。
          全体的に爽快感重視(?)のスムースなトラックが多いので、夏
          の終わりのリゾートでもフィットしますよ!

          晩夏のひととき、リラックス・タイムを過ごすなら、ポールのデュ
          エット・アルバムNever Alone-Duets をお手元にどうぞ!

                     ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                     ① Da Boardwalk
                                        ② Reunited
                         ③ Wind Beneath My Strings
                                     ④ Soulful Strut
                                ⑤ People Get Ready
                                      ⑥ Knighttime
                               ⑦ Where is The Love
                                 ⑧ Let's Start Again
                              ⑨ End to a Perfect Day
                                   ⑩ Short And Suite

                                   


                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

私もこのアルバム好きですね~。
デビュー・アルバムからずっと追いかけています。
デビュー作はきっと廃盤なんでしょうけど、これは色んなところでちょくちょく見かけますね。
当時はまだ“Smooth Jazz”じゃなくて“ブラコン・フュージョン”なんて呼ばれてましたっけ。
イマこの面子を集めると・・・そうとうお金がかかりそうですね(笑)。

投稿 Musicman | 2007.08.22 21:51


To Musicmanさん
こんばんは★(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます♪

ポールのデビュー・アルバムは’88年発表の
“I Came to Play”でしたね。今となっては激レア
級の作品。私はカセットの音源があるのみです。
(カセット…ってどうなんでしょ~)

このアルバム、Musicmanさんが言及されている
ように、とってもお金のかかる(ハズの)メンバー
が揃ってますよね。当時のコンテンポラリー・ジャズ
界の“We are The World”みたいな風情で。

ちなみに私の周りでは、この頃のスムースジャズは
“黒フュージョン”とよばれていました。(神奈川県の
非常に狭い地域限定!)(´・ω・`)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.22 23:11


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆爆笑動画 in YouTube◆


          皆様御機嫌よう!ヤセガエルでございます♪ (・ω・)/
          本日は、YouTube から選りすぐりの爆笑動画をお届け!
          腹筋痛めてる方視聴厳禁!笑いすぎ注意!Here We Go♪

                     ★★★★★★★★★★★★

      『新米運転手(?)の悲劇』
          ブルドーザーがダンプへ砂を運ぼうとしています。ところが…
          ヘタだな~オイ!あ~あ~危ないって!…レバー操作が逆!
          もう少し上手になってから仕事しようね!プププ~~(≧m≦)

   

       
『前の車!止まりなさい!』
          お次はドッキリ系。仕掛け人は警官に扮した男性2人です。昔
          “太陽にほえろ!”には“ジーパン”刑事ってのがいましたが…
          どわははははは!!!こんな警官いるわけない~~!(T▽T)

   

      『刑務所は規律が第一!?』
          ラストはコレ!!フィリピンの刑務所での“笑撃”映像!服役中
          の囚人達が、精神鍛錬のために行っている体操とはっ…!!
          …ってか、どんだけユルイ精神鍛錬なんだwwwww(´・ω・`)

   

                     ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪MATT DUSK / Back in Town♪


    1207577388.jpg 

       【“いなせ”なジャジー・ガイ!マット・ダスク!】

          ’04年、カナダのトロントから彗星のように現れたクルーナー、
          MATT DUSK(マット・ダスク)。今回のご紹介は、昨年6月
          に発売された、彼の2ndアルバムBack in Town です。

          豊かな低音と輪郭の整った中音が魅力のヴォーカル。ビッグ・
          バンドの中にあっても際立つ存在感。そして27歳という若さ。
          加えてイイ男ときているから本来なら男性の敵ですが・・・・・・・
          ・・・許す(笑)!マジメに音楽やってるから。(・∀・)b♪

          アルバムの楽曲はオリジナルとスタンダードのミックスで、デキ
          はいずれも重厚です。私なんかは、オープニング・トラック兼タ
          イトル・チューンのBack in Town でKOされてしまいまし
          たネ。スウィンギー+ロカビリーなんです。ブライアン・セッツァ
          ー・オーケストラとかの系統です。・・・・あれ?・・・ご存じない?
          ブライアン・セッツァー。・・・じゃあ~、コレなら分かりますかね。
          “ぜんまいざむらい”のオープニング・テーマ!

    1207577641.jpg 

          ・・・ああ・・・また脱線してしまった・・・。

          よく考えたら、YouTube にLIVE 動画がアップされてました。
          よろしければご覧くださいませ。(б・∀・б)

                    ♪Back in Town♪

   

                  ♪As Time Goes by♪

 


         “ Back in Town もヤバイけど、As Time Goes By
         渋さも素晴らしいじゃ~ございませんか。27歳とは思えない艶々
         のヴォーカルですネ。イイ男です。やっぱ敵ですかネ(笑)。

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                    ① Back In Town
                                    ② All About Me
                           ③ The Best Is Yet To Come
                        ④ The Way You Look Tonight 
                                           ⑤ More
                                ⑥ As Time Goes By
                               ⑦ Learning The Blues
                            ⑧ Get Me To The Church
                             ⑨ Whos Got The Action
                     ⑩ On The Street Where You Live 
                                    ⑪ Million Kisses
                           ⑫ Where Were You When

                                  


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


トラックバック(転載)

» ぜんまいざむらい [いっぽ、にほ、散歩。]
ほんと癒されるなぁ...。先日、偶然ぜんまいざむらいイベントに遭遇して、BABYとぜんまいさむらいの撮影会参加しちゃいましたからね。おれも、パパになったと実感しましたな☆お団子だんだん、だだんのだ���ん♪
[続きを読む]

受信: 2007.08.18 16:04


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★一年間ありがとうございました!★


    1207396099.jpg 

   

          本日8月17日、おかげ様で当ブログ■ヤセガエルの独唱■
          満一歳を迎えることができました。

          “継続は不可能ナリ”が座右の銘である、スペシャル三日坊主
          の私が、一年もの間、なんとかブログを続けていくことができた
          のは、ひとえに読者の皆様から頂いた温かいご支援のおかげ
          です。本当にありがとうございました。

                               ★★★★★★★★★★★★

          一番最初にコメントを下さったウサママさん
          ブログの継続自体「やっぱ無理だ~」と思い始めていた時期に
          コメントをいただきましたので大変嬉しかったです。ありがとうご
          ざいました。

          初期の頃からご訪問いただいているライムさん
          ライムさんの温かいコメントとブログの存在が、当ブログ継続の
          最大のモチベーションになりました。ライムさんがいなかったら
          冒頭の“座右の銘”が日々私を苛んだことでしょう(笑)。ご支援
          ありがとうございました。

          サッカー日本代表を応援する同志、masuda323
          masuda323さんの前向きコメントが無かったら、サッカー関連記
          事の多くはグチになっていたかもしれません(笑)。当ブログの
          ポリシー(悪口は言わないゾ!)が維持できたのはmasuda323
          さんのおかげです。ありがとうございました。

          スムースジャズを愛する同志、五郎兵衛 風来坊
          五郎兵衛 風来坊さんの(私には真似できない)簡潔な記事と
          アルバム評は、私の知らなかった新しいアーティストとの出会い
          をもたらしてくれました。ありがとうございました。

          星空を愛する“どさんこ”ブロガー蓬堂さん
          蓬堂さんのアクティブさとバイタリティーを羨ましく思いつつ(笑)
          、どの記事で蓬堂さんが「釣れるのか!?」と楽しみつつ投稿
          してまいりました。ありがとうございました。

          おそらく同年代のpoohさん
          私の若かりし頃のアイドル、カシオペアの記事にご訪問とコメン
          トをくださいましてありがとうございました。poohさんのブログは
          私の知らない“新しい世界”です。いつも楽しみにしています。

          ヒデチェイサー&ケンゴチェイサー(?)のakiさん
          サッカー記事への温かいコメントありがとうございました。余談
          ですが、最近、ケンゴと私が同じ誕生日だったということを知り
          ました。これからもヒデとケンゴを追っかけましょう!

          AORとメロウ・ミュージックのサプライヤー、Musicmanさん
          Musicmanさんのアーティストや楽曲への造詣の深さに、私は全
          く及びませんが、Musicmanさんのブログは一読者として楽しま
          せていただいております。ありがとうございました。

          そのほか、コメントをくださったnokiさん自由時間さん、■温泉
          旅館の経営者が教える旅館えらび■の松田さん
apriori
          sfさんこいちゃん39RUUさんdaikubo335さんアクセス
          さん
素町人さんMiopapaさんballyさん、この場を借りてお礼
          申し上げます。ありがとうございました。

          またブックマークしていただいている読者の方々、現在ご覧い
          ただいている皆様、本当にありがとうございます。今後とも出来
          る限り継続更新してまいりたいと考えておりますので、よろしく
          お願い申し上げます。m(_ _)m
 
          ちなみに本記事の画像は箱根・芦ノ湖の風景写真、試聴ファイ
          ルへはカーク・ウェイラムのPeaceful Hideaway
          私ヤセガエルからのお礼も兼ねた残暑お見舞いでございます。
          それでは、また!(・∀・)/

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
            今後も当ブログを応援していただける皆様、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

一周年おめでとうございます!!
ブログを始めた当初はなかなかコメントも来なくて「辞めちゃおうか・・・」とも思ったんですが、初めてコメントが来ると「この人の為だけでも!」と頑張れますよね。
私のブログを見ていただいて下さるだけでも光栄なのにこうして紹介までして頂けるなんて恐れ多いです(恥)。
こちらのブログは音楽好きにはたまらない内容ですよー。
視点が面白いし、毎回楽しみにしています。
これからも5年、10年と音楽ファンを唸らせる日記で楽しませてくださいね。
こちらこそ今後とも末永くお付き合いを!!

※「Matt Dusk」は私も注目しているアーティスト。
来月東京にライブを見に行きますよー☆

投稿 Musicman | 2007.08.17 23:27


To Musicmanさん
こんばんは!いらっしゃいませ♪(・∀・)/
コメントありがとうございます!

Musicmanさんから「光栄」と言われること自体
大変光栄です。(^-^;)
もともと好きで始めた音楽ブログ(のつもり)だ
ったんですが、始めてスグに自分の文章力と
センスの無さにガク然とし、「コレはとんでもない
コトを始めてしまった!」と後悔したり、コメントを
いただいて「ああ、伝わってる!」と感動したりで、
非常に有意義な一年でした。
Musicmanさんのおっしゃるように、5年、10年と
続けられたらイイな~と、今では思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみにMATTくんのレビューは、え~っと・・・
10分後に!それではまた(・∀・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.08.17 23:54


ヤセガエルさん
1周年おめでとうございます!

知識が豊富で、わかりやすく、そして面白い、
このブログが、僕は大好きです。

これからも、よろしくお願いしますね♪

投稿 ライム | 2007.08.18 16:35


To ライムさん

ライムさんには、初期の頃から本当にお世話に
なっております。m(__)m
冗談抜きで、ライムさんの存在が無かったら、
私のブログは成立していなかったでしょう。
本当に感謝の気持ちでイッパイです。

今後も、(出来るかどうかは別として)わかりやすく、
面白いブログを目指して、楽しんで継続していこう
と考えております。(・ω・)

また“コラボ記事”もやりましょーね!(^0^)
今後ともよろしくお願いします!それでは♪

ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.18 18:55


こんばんはー!
1周年おめでとです!!
自分もサッカーだけでなく、
ヤセガエルさんの「スムースジャズ」は実はとても楽しみにしてます!(個人的にあまりよく判ってない状況でして・・・)
ヤセガエルさんの「男と女」のミュージック?
はいつも実はウケながら聴いてます!(笑)
今後とも良きブログ生活一緒にさせて
くださいませ~!!

投稿 masuda323 | 2007.08.18 22:44


To masuda323さん
いらっしゃいませ!こんばんは♪(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

この一年、たくさんのコメントをいただきまして
本当にありがとうございました!m(__)m
同じ神奈川県人、同じサッカーファン、同じ音楽
ファンとして交流させていただいたことは、私に
とって貴重な財産となっています。

特にサッカー関連では、代表のゲーム日程は
ほとんど『JAZZと家とサッカー』でチェックして
いましたので、今後もお世話になると思います(笑)。

これからも末永くよろしくお願いいたします!
え~…ちなみに…。私も『スムースジャズって
なんですか?』と訊かれたら答えられませんです。
(・ω・;)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.18 23:27


どーもー、北海道の蓬堂です。
\(^o^)≪★祝☆CONGRATULATIONS☆祝★≫(^o^)/ヤセガエルさんのブログが1周年だったなんて知りませんでした。アクセス数を見て、勝手に2~3周年位だろうと決めつけていました。
個人的には、星空の話が好きで、ちょくちょくお邪魔させてもらっていますが、なんか年齢的にも近い気がしていて、音楽的にもいろいろと勉強させてもらっています。
のんびり、スーパースローで人生をまったり楽しみたいです。また、これからもよろしくお願いします。蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.08.21 20:13


To 蓬堂さん
ようこそお越しくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

この一年、ブログ上でお付き合いさせていただき
ありがとうございました!m(__)m
そっちの方にいたら、モノポリー大会にも参加し
たかったんですケド…いかんせん北海道は遠いッ
す。ザンネン…。(ビンボー暇無し)(・ω・;)
でも機会があったら行ってみたいですね。北海道
の星空も見てみたいです。

でも蓬堂さんがもしコチラにお寄りの際は、ランドマ
ークの“シリウス”で歓待しまっせ(・∀・)b♪
あ…ワタクシはオレンジ・ジュースで!

今後ともヨロシクお願いいたします!ではでは!

投稿 ヤセガエル | 2007.08.21 22:58


シッシッシリウスですか…あわわ。
生演奏聞きながら、お酒と夜景をまた楽しみたいです。\(◎∠◎)/その前に、僕もお金ためなきゃ~!蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.08.22 18:23


To 蓬堂さん
どもども!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

…よく考えたら…シリウスって男同士で行く
スポットではないような?下はホテルだし、
怪しげなカンケイに見られるかも…( ̄О ̄;)
ギャー!再考せねばっ。

投稿 ヤセガエル | 2007.08.22 19:48


ふふふっ…ところが、意外と「男2人シリウス」ってかっこいんだなぁ、これが。ちょっとおされなスーツ着て、安い酒をちびちびやるのも、結構乙なんですよ。ちとおしゃれ~な蓬堂でした。

投稿 蓬堂 | 2007.08.24 22:57


To 蓬堂さん
おされスーツ!( ゜∀゜)♪
そうですか。そういうコトでしたら、ワタクシは
秘蔵の“マルマーニ”(アルマーニではない)
のスーツでキメてみせましょう。ビシッ!と。
…で、オレンジジュース…と。

・・・・・。 (・∀・;)

楽しみにしております~♪(・∀・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.08.24 23:50


遅まきながら・・・m(__)m
一周年おめでとうございます。
PC界に入る時は必ずお邪魔させて頂いてます。
多趣味さに感動しています。
これからも楽しみにさせて頂きますので宜しく♪

え、ケンゴくんと同じ!?「年」は違いますよね?
ワォ~(意味不明・・・)
今日もU17の試合があるし、広く応援したいと思っています。
(昔は的が絞られすぎてました笑)
ケンゴくんはじめ、サッカー部門も宜しくお願いします(笑)

投稿 aki | 2007.08.25 14:00


To akiさん
こんばんは!いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

え~っと、誕生日はケンゴと同じですが、年は…
…………………キング・カズと同じです!(爆)
まァ…性格がオッパッピーなもんで、周りからは
そういう年だとは思われてないようですが…。

ここのところ、ようやくアジア杯の“4位ショック”
から脱出できそうなので、サッカー記事も気合を
入れて投稿しようと思っております。
とりあえず今日の(U-17)フランス戦も応援し
ませんとネ!

…というワケでakiさん。今後ともヨロシクお願い
申し上げます。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.08.25 19:45


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪KIM WATERS / From The Heart♪


    1207578474.jpg 

               【ほのぼのスウィート時々クール!】

          現今のスムースジャズ・シーンにおいて、おそらく最もスウィート
          なサックスを聴かせるアーティスト、キム・ウォーターズ
          儚げで繊細なプレイ・スタイル。デートのBGMにチョイスしたく
          なるロマンティックな楽曲。ちょいとナルシー入ってるキャラクタ
          ーも含めて、私のパワープッシュしたいアーティストの一人でご
          ざいます。(・∀・)b~☆

          今回ご紹介するアルバムは、キム兄ィが ’01年にリリースした
          “ From The Heart 。以前ピックしたLove's Melody
          と同様、“愛が主役”の軟弱系スウィート路線の快作です(いや、
          褒めてるんです。念のため)。
          でもこの作品の特徴は“スウィート”だけじゃございません。
          サブタイトルにもある通り、“スウィート+クール”というのがミソ。
          その大きな役割を担っているのは、渋めのアーバン・スタイル
          を得意とするチャック・ローブ、その人です。
          楽曲の提供こそ2曲だけですが、その洗練されたクールさと存
          在感はバツグンで、イキで都会的なサウンド・ディレクションは、
          キム兄ィ名義の作品へも大きな影響を与えています。

    1207578546.jpg 

          おすすめトラックは、オープニング曲のUntil Dawn
          始め、キム兄ィの真骨頂である激甘ソプラノ・サックスがムード
          満点のA Love Like This 、クールなチャック節がほと
          ばしるIn The House 、キム兄ィの優男っぷりが120%
          発揮された(ホメてます)Peace of Mind 、カップルで聴
          くとスウィートな気分になるのに、ひとりで聴くとナゼかブルーに
          なるRoyal Groove などなど。グローヴァー・ワシントン
          Jr.や、ケニーG系のサクソフォニストにシンパシーを感じる方
          には、特にオススメいたします。この機会にゼヒ(・∀・)b♪

    1207578594.jpg 

                     ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                     ① Until Dawn
                              ② A Love Like This
                                    ③ Slow Role
                                 ④ In The House
                       ⑤ Love Don't Love Nobody
                               ⑥ From The Heart
                                ⑦ After Midnight
                                ⑧ Peace of Mind
                                 ⑨ Royal Groove
                                 ⑩ Sweet Desire


                             ♪試聴はコチラ↓

   

   

                          


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
           このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆夏の“ゾ~”っとする動画!◆


           本日のYouTube 動画セレクションは、(ちょっとだけ)“ゾ~”
           (;゜д゜)!!な動画を集めてみました。
           心の準備が出来たらHere we go!

                      ★★★★★★★★★★★★

           私は、この映像の撮られたハイチという国については全く予備
           知識が無いんですが・・・・・・、こんなワケのわからん“乗物”が
           空を行き交っているとはオドロキです。っつーかコレなんなの?
           一般的にコレって“UFO”なんじゃ・・・・・・・?動画はコチラ!↓

   

           こちらは昨年話題になったアメリカの動画です。蛇行運転を繰り
           返す車両と、それを追いかけるパトカー。カーチェイスの後に待
           っていたのは、どうにも判然としない不可解な結末でした・・・・。
           一般的にコレって“ユーレイ”なんじゃ・・・・・・・?動画はコチラ↓

   

           最後は・・・・・・・・・・・・・・お笑い系“ゾ~”で締めでございます。
           「♪ぐりま~~~っ!ぐり・まっ・まっ・まっ!」って歌ってます。
           ・・・っつーかヒロインの「キャーーー!!」が遅いしwwwwww
           一般的にコレって“パクリ”なんじゃ・・・・・・?動画はコチラ!↓

   

                    ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                      清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪DAVE KOZ / Off The Beaten Path♪


      1207986426.jpg 

                        【オイラの故郷は世界一!】

          「ナニそれ??」ってカンジのサブタイトルでお送りする今回の
          オススメCDは、スムースジャズ界の伊達男・デイヴ・コーズの
          “ Off The Beaten Path 。’96年にリリースされたデイヴ
          君の3rdアルバムです。

          デイヴ君の作品を紹介するのは今回が初めてなので、本来で
          あれば、2ndアルバムのLucky Man とか、4thアルバム
          のThe Dance といった“らしい”作品を紹介すべきなのか
          もしれませんが、最近のこの気候のせいかなんなのか、この
          Off The Beaten Path” の“心地よさ”に参っておりまして、
          コレはオススメせねばなるまい(ダレにさ?)と、かように思い立
          った次第なんでございます。

                                     ★ ★ ★ ★ ★

          このアルバム、ハッキリ言ってスムースジャズじゃありません。
          R&Bライクなスムースジャズだと思って手を出すと肩透かしを
          喰らうことになります。
          じゃあ何?はいはい、その答えが“オイラの故郷は世界一!”
          つまり“カントリー”なんですね(デイヴはアメリカ人だからネ)。

          人間には、“故郷を脱出したい”ヒトと、“故郷に帰りたい”ヒトの
          二種類のタイプがあるらしいけど、デイヴ君は間違いなく後者
          ですネ。このアルバムを聴けば、彼がどれだけ故郷のカリフォ
          ルニア、そしてアメリカを愛しているかが伝わってきます。

          活躍する楽器は、デイヴ君のサックスを筆頭に、アコースティッ
          ク・ギター、スチール・ギター、マンドリンにアコーディオン、ハモ
          ンド・オルガンにハーモニカ。とっても“カントリー”です。
          楽曲は西海岸っぽくカラッと爽快。ジメジメした所がまったくあり
          ません。私が某“車窓系”TV 番組のプロデューサーだったら、
          迷うことなくこのアルバムをチョイスしてるでしょう。カリフォルニ
          アの青い空が似合うトラックばかりなんですね。

          オススメしたいトラックもいっぱいあります。
          まんま“車窓系”のオープニング曲Don't Look Back
          ブラス隊とハモンド・オルガンがイカスWake Up Call
          ゲスト・ヴォーカルにスティーヴィー・ニックスを迎えたナンバー
          ④ Let Me Count The Ways 。ウェスタンなノリがワイルド
          なFlat Feet 。昼下がりのリラックス・タイムに身を委ねた
          くなるLullaby for a Rainy Night などなど。試聴ファ
          イルへのリンクもご用意いたしますので、デイヴ君の大らかな
          “愛”を体験してみてくだいませ♪(・∀・)b

                     ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                 ① Don't Look Back
                                    ② I'm Ready
                                 ③ Wake Up Call
                        ④ Let Me Count The Ways
                              ⑤ Follow Me Home
                                  ⑥ Awakenings
                                     ⑦ Flat Feet
                         ⑧ Lullaby For a Rainy Night
                  ⑨ That's The Way I Feel About You
                             ⑩ Leave The Light on
                     ⑪ Under The Spell of The Moon
                                ⑫ My Back Porch
                                ⑬ Remembrance


                        ♪試聴はコチラ↓

   



                          

                      ★★★★★★★★★★★★★★★★

             
                     ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                      人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!僕も感じましたけど、この作品Daveの中では異色作ですよね。(何でこれだけカントリーやウエスタンベースなのかなあ)デビューアルバム以来コテコテR&BタッチのスムースジャズできたDaveが何故なんでしょう?うーん謎だ。(僕の日記にも同じことを書いてあります)

ハモンドB3オルガンが結構心地良いんです。

投稿 五郎兵衛 風来坊 | 2007.08.13 22:11


To 五郎兵衛 風来坊さん
こんばんは!いらっしゃいませ♪(・∀・)
コメントありがとうございます!

さきほど五郎兵衛 風来坊さんのブログ記事を
拝読いたしました!(・∀・)
本当に異色作ですよねぇ。デイヴ君のライナー
ノーツを読むと、「愛する家族に捧げます」みた
いな記述があるので、ある意味特殊な心情が
反映されているのかもしれませんネ。

ゼンゼン話は変わりますが、五郎兵衛 風来坊
さんの最新ブログ記事“ブラックホーク・ダウン”
のレビューも読ませていただきました!
“エイリアン”以来のリドリー・ファンの私も(テー
マが重いゆえに)敬遠していた同作品ですが、
観たくなりました~(・ω・)♪
休みが取れたらレンタルしてみようと思います!

ではでは(・∀・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.08.14 00:03


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■リベリオン(Equilibrium)■


      1207988126.jpg

                   【ガン=カタ炸裂!リベリオン】

          全国的に暑~いお盆休み。地方によっては、38℃まで気温が
          上がったところがあるそうで。
          こんな日には、もう外出はあきらめて、エアコンの効いた部屋に
          引きこもって(笑)スカッとする映画でも観たいもんですね。

          そんなワケで本日のオススメ映画は、スカッ!とするアクション
          映画。タイトルは“リベリオン-反逆者-”です。
          製作ヤン・デ・ボン、監督カート・ウィマー、主演クリスチャン・ベ
          ールという微妙なメンツながら、一部の映画ファンにカルト的な
          人気を持つ近未来アクション巨編(?)“リベリオン”。

       『俺が世界を覆す!』

          というキャッチ・コピーにある“世界”が、一体どんな世界なのか
          とか、“俺”がどんな存在なのか、物語がどうだとかは、この際
          ハッキリ言ってどーでも良かったりします。

          観ていただきたいのは、主人公プレストンの“GUN=KATA”
          アクション。日本の時代劇の“殺陣”、香港映画の“カンフー”、
          そして西部劇の“ガン・アクション”が一体となった“ガン=カタ”
          が最大のウリなワケです。…というワケで…。

    1207988139.jpg 

       「ボクノあくしょんデ、スッキリシテネ!」

           ■“リベリオン”の“ガン=カタ”炸裂シーン!ダイジェストへ■

                                  

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★

               ご訪問ありがとうございました!
           この映画を観てみたい!と思った方、
        ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


テーマ : B級映画    ジャンル : 映画

 

 


 

 

♪佐野元春 / Someday♪


    1207988718.jpg 

         【真心がつかめるその時まで】

          ’80年代にティーン・エイジャーだった“永遠の19歳”に捧げる
          テーマ・ソングSomeday

       
                          ♪いつかは誰でも 愛の謎が解けて

                    一人きりじゃいられなくなる

             Oh, Darling こんな気持ちに揺れてしまうのは

                 キミのせいかもしれないんだぜ

          あの頃に聴いた元春のラブ・ソングは、熱く切ない記憶の海の
          中で、今でも光を失うことなく輝いています。

          でも、この歌の“本当の真実”がつかめるのは、今、このとき。
          胸に刻み付けられたメロディのひとつひとつ、歌詞の一語一語
          を、もう一度だけ思い出してください。
          失ってしまった“素敵なもの”を取り戻すチャンスを、再び手に
          することができるかもしれません。   

   

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
        この歌を聴いて、何かを取り戻せそうだ!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                    人気blogランキング


テーマ : j-pop    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪RICHARD ELLIOT / Take to The Skies♪


    1207988893.jpg 

          【私をお空へ連れてって♪】

          パワー、テクニック、エモーションの3要素を備えた、実力派サ
          クソフォニスト、リチャード・エリオット。
          ファンク・バンドの古豪、タワー・オブ・パワーで活躍し、その後
          本格的なソロ活動を開始した’89年にリリースしたリーダー作・
          Take to The Skies が、今回のオススメ作品です。

          トータルな印象を最初に述べると、元気!荒削り!パワフル!
          といったところでしょうか。
          「オレはあれもこれもこやりたかったんだーー!」っていう(笑)、
          非常に前向きなオーラが伝わってきます。

          楽曲のバリエーションは豊富で、ロック調、ファンク調、AOR系
          ヴォーカル・ナンバー、スムース系にラテン系といった具合。
          通常これだけ楽曲がバラついていると、アルバム作品としての
          一貫性が損なわれてしまうものですが、そこは実力派プレイヤ
          ーのリチャエリ君。独特のストレートで直感的なメロディーライン
          を駆使して、どの楽曲をピックアップしても、思わず「…きたァ!
          リチャエリ節ッ( ̄∀ ̄)」ってカンジで、しっかり統一感をもたせ
          ています。

    1207988960.jpg 

          おすすめトラックは、ソウルフルなメロディーとフレーズで迫る
          I'm Loving You 。突き抜けるようなリリコンの調べが
          美しい Take to The Skies 。“ミスターAOR”ことボビ
          ー・コールドウェルが参加したIn The Name of Love
          ドラマティックでスケールの大きい“リチャエリ節”が満載の
          In Your Arms 。今のシーズン(真夏!!)にピッタリの
          Down to The Keys などなど。これらのトラックは、荒
          削りながらも、リチャエリ君の非凡なセンスと実力を示したもの
          です。
          バック・ミュージシャン(特にリズム隊)の力不足が気になります
          が、細かいチェックは置いといて、リチャエリ君の“前向き”サッ
          クスを楽しみたいアルバムです。

          ちなみにジャケ写真の戦闘機は、アメリカ海軍(だっけ??)の
          アクロバット飛行部隊、ブルー・エンジェルスのF/A-18ホーネ
          ット。タイトル名がTake to The Skies ですもんね。
          トリビアっぽいコトを言うと、リチャエリ君、飛行機のライセンス
          を持ってるんです。「タイトルは雰囲気だけじゃありませんヨ!」
          といったところでしょうか。16歳の時からプロ・ミュージッシャン
          として多忙を極めていたハズなのに、いつの間にそんなライセ
          ンス取ったんでしょうね?

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                  I'm Loving You
                                ② Boardwalk Walk
                               ③ Take to The Skies
                            ④ In The Name of Love
                    ⑤ When a Man Loves a Woman
                                      ⑥ The Grip
                                  ⑦ In Your Arms
                          ⑧ Moonlight in Your Eyes
                              ⑨ Down to The Keys
                                      ⑩ 4:00 A.M.

                      ♪試聴はコチラ↓
   

                                  


                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
          このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~ペルセウス座流星群・2007~★


    1198758311.jpg 

        【夏の流星群のメイン・イベンター登場!】

          (2008年度の記事へはコチラから!)
          年間三大流星群のひとつ、ペルセウス座流星群の出現が近づ
          いてまいりました。(・∀・)/♪

          今年の極大予測日時は、①13日の昼頃、②13日の16時頃、
          ③14日の午前0時頃などが言われていますが、観測チャンス
          は13日の午前0時頃から14日の午前0時頃まで、ほぼ丸々
          一日あると見てよいでしょう。
          ウレシイことに今年の8月13日は新月!天気さえ良好なら、月
          明かりに邪魔されることもなく、最高の状態で流星ウォッチング
          を楽しむことができそうです。

          上の画像は、13日午前0時の東京の空(北東方向)です。画像
          中央部の、大きく丸く輝いている辺りが放射点。時間が経過す
          るにつれて放射点も上がっていくので、明け方までほぼ一晩中
          観測チャンス!多ければ、一時間に30個以上の流星が観測
          できるかもしれません。

          花火見物もイイけれど、この13・14日は、タクサンの願い事を
          用意して、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか?

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

                      ご訪問ありがとうございました!
           この記事を読んで、流れ星を見た~い!と思った方、
              ランキングへの1クリック投票をお願いします

                        ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                                        人気blogランキング


トラックバック(転載)

» ペルセウス座流星群 [乳頭温泉郷 妙乃湯・・ブログ版]
乳頭温泉郷妙乃湯の佐藤です。 今夜は新月で月明かりがありません。ペルセウス座流星群を観察してきました。20分間でしたが、10個の流れ星を観ることができました。雲ひとつなく、満天星とは今日のような天空を表していると思いました。ペルセウス座流星群は北の空を中心に流れていたようですが他の方角でも観測できました。出来る限り視界がひらけた場所がお勧めです。 今日の観察場所は休暇村田沢湖高原駐車場です。ご滞在中の晴れた夜は天体観測をお勧めします。銀河や星座がはっきりと肉眼で観測できます。涼しい...
[続きを読む]

受信: 2007.08.13 18:14


»
ペルセウス座流星群 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
昨日の夜(正確にはすでに今日になっていたのですが)、外で上を見上げていました。
[続きを読む]

受信: 2007.08.14 18:49


»
ペルセウス座流星群の観測に挑戦 [サイノメ]
ペルセウス座流星群が極大をむかえるということで流星観測にトライしました。にわか仕込みの天文知識でペルセウス座流星群は見られたのか?ミーハー天文ファンがつづるペルセウス座流星群の観測レポートをご覧下さい。
[続きを読む]

受信: 2007.08.15 16:08


コメント(転載)

いつもどうも…蓬堂です。明日から、道北方面に星空散策に出かけます。今度こそは…晴れてくれー!!と、流れ星を見る前から、空に向かって祈っています。

投稿 蓬堂 | 2007.08.11 10:40


To 蓬堂さん
こんばんは!ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます(・∀・)♪

道北ですか。イイですねぇ。
空気も澄んでいるんでしょうね。( ̄ω ̄)

色んな意味で条件は整っているので、あとは
お天気次第。コチラ(神奈川)の13日の予報
は晴れ。北海道は微妙に曇りマークが出ていま
すが、なんとかいけそうじゃないですか?
またファミリーで“同時目撃”できたらイイ
ですね!

てるてる坊主作らなきゃ(`・ω・´)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.11 20:23


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪KIM WATERS / Love's Melody♪


    1207989293.jpg 

         【それがあなたのイイところ♪】

          本日のおすすめCDは、スムースジャズ界のスター・サクソフォ
          ニストの一人、キム・ウォーターズが’98年に発表したアルバム
          Love's Melody です。

          アルバム・タイトルに思いッきり謳ってある通り、この作品のメイ
          ン・テーマは“愛”。収録されている楽曲群はひたすらスウィート
          かつスムースで、キム兄ィのサックスはフレーズもブロウも激甘
          です。
          面白いのは、そのサックスの特徴的な音色とプレイ・スタイルで
          すね。この作品以外にも言えることなんですが、キム兄ィの奏で
          るソプラノ・サックスの音はフルートのように繊細で、アルト・サッ
          クスの音はクラリネットのように丸い響きを持っているんです。
          さらに(’98年当時)10年間の輝かしいキャリアを持つプレイヤ
          ーとはとても思えない、過剰なほど控え目で謙虚なプレイ・スタ
          イルも聴きモノです。

          同じサクソフォニストでも全くスタイルの違う、例えばファンク命
          のキャンディー(ダルファー)姐さんがこのアルバムを聴いたら、
          あるいは彼にこんなコトを言うかもしれません。

    1207989594.jpg 

   「もっと気合いを入れなさいよッ!」





          ・・・・・・・・・・

          ソウルとインパクトで勝負!のデイヴィッド・サンボーン師匠なら
          おそらく・・・。

                      1207990082.jpg 

          「朝メシ抜いてレコーディングしたな?」




          ・・・なんていう、キツイご指摘があるかもしれません。

          ・・・・・・・・・・

          確かに、師匠に説教されても仕方ないくらいの軟弱ぶり。
          正に“虫も殺さないような”か弱いサウンドなのです。

          ・・・・・・・・・・

          でも、唯一。

          かのケニー・ゴーレリック(G)様ならこう言うかも。









               1207990316.jpg

        「メアド交換しない?」






          ・・・・・・・・・・

          そう。実を言うと、キム兄ィのサックスは、その軟弱さこそが命。
          かのケニーG様と共通する、甘い“愛”のエッセンスこそが魅力
          なんです。

          キャンディー姐さんやサンボーン師匠には無い、繊細なブロウ
          が奏でるフレーズの数々は、耳からハートへと流れ込み、その
          中心で柔らかく火を灯していきながら、ある時には爽やかに、
          ある時には哀しく、秋のそよ風のように吹き抜けていくのです。

          キム兄ィの魅力はそれだけではありません。よ~く聴いてみる
          と、彼の創作する楽曲の洗練度はかなりのレベルです。ソロに
          おけるフレージングの的確なまとめ方や、都会的なサウンド・
          プロデュースからは、良い意味でしっかりと計算された“意図”
          を感じます。
          アルバムのオープニング・トラックとNightfall などはその
          最たるもので、ただ甘いだけではない、隅々まで計算されつくし
          たシェイプ・アップ度の高い一曲ですね。

   

          このナンバー以外にも、爽やかな高原ドライブのお供にピッタリな
          Sunny 。これぞアーバン・スタイル・スムースジャズ!といっ
          た感じのブルージィなWater's Edge 。キム兄ィの双子の
          愛娘へ送ったTwo Hearts of Mine も激甘でオススメ(笑)。
          プロデューサーのチャック・ローブも大活躍の一枚、もう少し季節
          が秋へ近づいたら、ドライブ・デートのBGMにどうぞ♪

    1207990676.jpg 

                         ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                        Nightfall
                                        ②
Sunny
                                    ③ Possession
                                    ④ Easy Going
                                   ⑤ Water's Edge
                                  ⑥
Love's Melody
                           ⑦ Midnight at The Oasis
                                       ⑧ 95 North
             ⑨ Two Hearts of Mine(Song for My Twins)
                                    ⑩
Wonderama
                                     ⑪ Let's Do This


                                             

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                           人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋川雅史 / 千の風になって♪


    1207991998.jpg

                        本日のピックアップ・ナンバーはこの曲。
                            秋川雅史氏の“千の風になって”

                              心優しく、スケールの大きな詩。
                                   美しく清らかなメロディ。
                      「大切な人は、いつも私たちのそばにいる」
                           そんな気持ちにさせてくれる曲です。

   

                    ★★★★★★★★★★★★

                       ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                      ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                   人気blogランキング


トラックバック(転載)

» ついにミリオン突破!千の風になって [さぼてんの私生活]
昨年の発売からじわりじわりと売上を伸ばしている『千の風になって』ついに売上が100万枚を突破したようです!おめでとうございます! 先日の記事でも少し触れましたが先週、『はだしのゲン』が千の風になってドラマスペシャルとして放送されました。個人的に原作が怖くてドラマを観るのが少し嫌だったんですが汗いやーゲンとシンジの兄弟っぷり(?)がよかったですね笑原作のグロさは、かなり抑えられていましたが個人的に良いドラマだと思いました^^学校とかでも見せるといいかも。 ...
[続きを読む]

受信: 2007.08.16 02:27


»
千の風になって 秋川雅史 [千の風になって 秋川雅史]
千の風になって 秋川雅史
[続きを読む]

受信: 2007.08.16 11:45


テーマ : j-pop    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE RIPPINGTONS featuring RUSS FREEMAN / Life in the Tropics♪


    1207992318.jpg

                    【夏・夏・夏・夏!リッピントンズ!】

          スムースジャズを愛する皆様、ご機嫌麗しゅう♪
          夏真っ盛りの8月。今月最初のおすすめCDレビューは、リッピ
          ントンズのLife in the Tropics 。2000年に発表された、
          通算13作目に当たるCDアルバムです。

          “熱帯”がテーマとなっている本作。元々リゾート指数(?)の高
          いRIPが、熱帯をテーマにしたらどうなるか??
          …どうなるかって、それはもう夏ですよ。リゾート指数120%で
          ございますよ。この季節にベスト・マッチングの“熱帯”アルバム
          となっております。(・∀・)b~♪

          そんなワケで、おすすめトラックのレビュー&試聴へGO!

                     ★★★★★★★★★★★★

          ① Club Paradiso
          オープニングは、ラス・フリーマンのアコースティック・ギターと、
          エリック・マリエンサルのサックスが主役の、軽快打ち込み系
          トラック。ラスとエリックは、音もフレージングも相性バツグン。
          この時点でエリックはゲストですが、今は正式メンバーですネ。

          ③ Cruisin' Down Ocean Drive
          このアルバムのイチオシはこの曲!非常にシンプルなアレンジ
          だというのに、この溢れ出るトロピカル・フレーバーは一体何な
          んだ(笑)!ラス君の生音エレクトリック・ギターのマジックなん
          でしょうね。ちなみに美メロ満載のキーボードもラス君。多芸!

   

          ④ Be Cool
          タイトルから想像するに、この辺りでクールダウンしてね♪って
          コトなんでしょう。主役は、“踊るSax奏者”デイヴ・コーズ。高音
          でのコブシ(?)の効かせ方がまんまデイヴくんだ(笑)。よいぞ
          よいぞ♪ ちなみにこのトラック、ラス君は徹頭徹尾脇役です。

   

          ⑦ Avenida del Mar
          アルバム中でもっともアツイのがこのトラック。アップテンポで
          グイグイ来ます。パーカッションもパカパカ来ます。ブラス隊は
          ジェリー・ヘイ率いる強力ホーン・セクション。そこへオーバー
          ドライブかけっぱなしのラス君のギターが出まくり弾きまくりッ!

          ⑩ Life in The Tropics
          アルバムのタイトル・チューンには、大御所ボブ・ジェームスが
          参加しています。エレピをピロピロ弾いているだけ(失礼!)な
          のにスゲー存在感。楽曲は正に“フリーマン節”全開ですが、
          ボブのフレーズが入ると空気が変わります。でも違和感ナシ♪

    1207992395.jpg 

          さて、このLife in The Tropics 。上にピックアップした
          以外にも、黄昏時にマッチしそうな、ハワード・ヒューイットの
          ヴォーカルをフィーチュアしたもオススメ!海辺をドライヴす
          るなら、この一枚を必ずストックすべし!(・∀・)

                   ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★★★

                                     ① Club Paradiso
                                ② Caribbean Bleeze 
                        ③ Cruisin' Down Ocean Drive
                                         ④ Be Cool
                             ⑤ Rhythm of Your Life
                                     ⑥ Love Child
                                 ⑦ Avenida del Mar
                                 ⑧ I Found Heaven
                             ⑨ South Beach Mambo
                               ⑩ Life in The Tropics
                               ⑪ Island Aphrodisiac

                                  


                     ★★★★★★★★★★★★★★★
             

                        ご訪問ありがとうございました!
            このアルバムを聴いてみたい!と思った方、
            ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんばんは(^^)
お久しぶりです!

この作品、「サハラ」以降のアルバムの中では、
一番好きです。透明感に溢れており、この季節のBGMに最適ですね♪

投稿 ライム | 2007.08.05 02:35


To ライムさん
こんばんは!(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

私は最近の暑さですっかり干からびておりますが、ライムさんの
調子はいかがでしょうか?バカンスしました?
このアルバムは、正にバカンスのマスト・アイテムですよね。
初期のRIPに見られた爽快感・透明感が、このアルバムからも
伝わってきます。ホントにこの季節にピッタリだと思います♪
(・∀・)b~♪♪

ライムさんのこの夏のオススメも、プリーズ教えてくださいね。
ブログ上で!…と、何気に更新催促?(笑)

投稿 ヤセガエル | 2007.08.05 18:52


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★SKY.fmで音楽浴♪★


          音楽を愛する皆様、ご機嫌いかがですか?
          本日は、私・ヤセガエルのお気に入りネット・ラジオ局をご紹介
          いたします。

          局名はSKY.fm。音質では、以前当ブログでピックアップし
          た“Pandora”・Smoothjazz.comに(フリー版では)
          一歩及びませんが、ジャンルが細分化されているため、よりシ
          チュエーションに即したBGMが選べるという利点があります。

    1207992719.jpg 

          ジャンルごとに設定されているチャンネルは、こんなカンジ↓

             skyfm.jpg

         個人的には、スムースジャズ系のチャンネルが二つあるのと、
         80'sのチャンネルがポイント高いですネ。他にもロック系や、
         最新のヒット曲を流すチャンネルもアリ。新しいアーティストを
         開拓したい!24時間好きな音楽に浸りたい!そんな気分の時
         にはSKY.fmがオススメですヨ!

                                 SKY.fmへはコチラから♪

                     ★★★★★★★★★★★★

                        ご訪問ありがとうございました!
                  記事がお気に召しましたら、ランキングへ、
                     清き1クリック投票をお願いします!
                         ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m
                                     人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 08 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。