■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

◆必見動画!ピアノを弾く猫♪◆


          以前ご紹介した、ピアノを弾くネコ“NORA”ちゃんの続編です。
          新着動画を観ると・・・ものすごく上達してます!
          伴奏者と連弾(ちゃんとやってます)しちゃったり、なんか音階
          まで理解し始めたような(驚)。エライ!ブラボー♪\(・∀・)/

   
                   
                           ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
               「和んじゃった~( ̄ω ̄)」っという方、
              
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんにちは。

完全に連弾していますねえ。
猫ふんじゃったくらいなら、頑張ればいけそうです。
コール&レスポンスもよかった。
猫動画ばかり反応してすみません

 ^ ^
(・∀・)

投稿 猫ケーキ | 2007.09.26 05:56


こんばんは!
すごいです~。キースジャレットも真っ青じゃあないですかね。すばらしいインプロヴィゼーションです。

投稿 pooh | 2007.09.26 19:45


To 猫ケーキさん
こんばんは(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

ププププ…(≧m≦)♪
ネコが“猫ふんじゃった”を弾くって…!
ネコの尊厳をかなぐり捨ててでもマスターして
ほしいですね。(⌒∀⌒)

猫ケーキさんご指摘の“コール&レスポンス”。
終わりのほうのカットですよね?アレはNORA
ちゃんが、ピアノという楽器と、教える側・教わ
る側の立場を、ちゃんと理解しているように見え
る素晴らしいカットだと思います。

新作がアップされたら、またご紹介しますね!

投稿 ヤセガエル | 2007.09.27 00:43


To poohさん
こんばんは♪(^0^)/
ようこそおいでくださいました!

ホントホント!キースさんも真っ青ですよね~!
NORAちゃんの飼い主さんは、映像でも解る通り
ピアノの先生なんです。レッスンを見ているうち
に勝手に弾きだしたそうなんですね。

メロディや音階にも、ちゃ~んと好き嫌いがあっ
て、たまに気分次第で変わった音も出すんだとか。
まさしくpoohさんが仰るインプロですヨ!(驚)

新作が出たら速攻でリンクしますね(^0^)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.27 00:58


スポンサーサイト

テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪DAVE KOZ / Dave Koz♪


    1205059789.jpg 

         【デイヴ・コーズ見参!】

          スムースジャズにおいて、サクソフォニストは間違いなく花形。
          楽曲の中では主旋律を担当し、ステージではフロントに陣取り、
          多くのオーディエンスから喝采を浴びる主役的な存在です。
          またサックスは、主役であるがゆえに、非常に多くのプレイヤー
          が競合し、互いにしのぎを削り、生き残りを賭けて火花を散らし
          合う熾烈なパートでもあります。

          プレイヤーが生き残っていく為に必要な要素の中で、とりわけ
          重要なのはパーソナリティ、つまり“個性”ですね。
          どれほど優れたテクニックを持っていたとしても、また、どれほ
          どきらびやかな才能に恵まれていたとしても、そこにオンリーワ
          ンと言えるだけの“個性”を持ち得なければ、凡百のプレイヤー
          の中に埋没してしまうことでしょう。

    1205059905.jpg 

          通常、サックスは生音と単音で演奏する楽器ですから、その特
          性から言っても“個性”を発揮させる事は容易ではありません。
          ケニーG以降、雨後の筍のように一斉に湧いて出たサクソフォ
          ニストの中でも、明確な個性を保持しているプレイヤーは現在
          でもごく少数。このジャンルに相当お強い方でも、名前を伏せ
          られたまま(サックスがメインの)新曲を聴かされたら、誰の演
          奏か聞き分けるのに、少なからず苦労されるでしょう。(……と
          いうか…私はフツーに苦労しますです……orz)

          しかしながら、私ごとき鈍感耳でも、ハッキリと“聞き分け”可能
          なサクソフォニストが何人か存在しています。中でも最も判別し
          やすいプレイヤーがこの人、DAVE KOZ(デイヴ・コーズ)。
          本日レビューするアルバムを製作したプレイヤーです。

    1205059988.jpg 

          同じ売れっ子サクソフォニストのボニー・ジェイムスが、アルバ
          ム製作ごとに、時間をかけて自らの個性を築き上げていった
          のに対して、かたやデイヴは、デビュー時から明確で華やかな
          個性を保持していました。
          すなわち、表情豊かで力強いブロウ、抑揚の効いたダイナミッ
          クなフレージング、高音部でコブシを回す独特のメロディメイク。
          これらの、言うなれば“デイヴ節”とも言うべき“個性”は、デビュ
          ー・アルバムDave Koz にも大いに発揮されています。

   

          ↑ アルバムのオープニング・トラックとして収録されているナンバ
          ーSo Far From Home は、デイヴが本作のライナーノーツ
          の中で、「あなたとの出会いが人生の転換点となった」と語って
          いるプロデューサー、ジェフ・ローバーによるドラマティックな作
          品です。前述した“デイヴ節”が曲全編で展開される、スケール
          の大きな傑作トラックですね。

    1205060072.jpg 

          他にも、デイヴをメジャーへと導いたボビー・コールドウェルの
          作品Emiliy 、デイヴが「夢に見る」ほど待望していたトム・
          スコットとの共演が実現したナンバーCastle of Dream
          コール・バスケのVo.をフィーチュアしたLove of My Life
          If Love Is All We Have などがオススメです。

          発売から17年という月日が流れてもその輝きを失わない、デイ
          ヴのデビュー作Dave Koz 。後にスムースジャズ界をリード
          する、際立つ個性が目覚しい楽曲の数々をどうぞ!

                         ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                  ① So Far From Home
                                             ② Emily
                                         ③ Give It Up
                            ④ Nothing But The Radio on
                                   ⑤ Castle of Dreams
                              ⑥ Endless Summer Nights
                                     ⑦ Love of My Life
                                    ⑧ Art of Key Noise
                                    ⑨ Perfect Stranger
                              ⑩ If Love Is All We Have
                                    ⑪Yesterday's Rai
n

                                    


                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
              「クドイSaxが最高!」と、思った方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

この方の音楽ってハズレが無いですよね。
ま、人によっては好き嫌いもかなりあるみたいですけど(笑)。
でも映画音楽をカバーした新作も含めて、個人的には大好きなSAXプレイヤーです。

投稿 Musicman | 2007.09.25 23:58


To Musicmanさん
こんばんは!(・ω・)/
ご訪問+コメントありがとうございます♪

やっぱりデイヴ君くらいクドイ…じゃなかった、
伊達っぷりのヨイ演奏だと、好き嫌いが分かれる
のも仕方がないですね。
サンボーン派からはサム・アップ!(・∀・)b
グローヴァー派からはサムダウン!(・д・)p
…ていうカンジでしょうか。デイヴ君の評価は。

Musicmanさんは最新作購入されたんですね!
私はまだなんですぅ…。(財力が追い付かない)
もっと働かないと~。(T-T)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.26 00:29


このアルバム凄いですね、デビューアルバムで抜群の仕上がり。僕自身「演技派」と呼ぶDaveの演奏は個性的ですね。「Dave節」確かにそうですね。

そうそう、実は10月に東京のBlue NoteにDaveがくるのです。僕は運良く予約できました。ちょっと今からわくわくしてます。
(ChrisBottiのItalia聴きまくりの五郎兵衛より)

投稿 五郎兵衛・風来坊 | 2007.09.26 22:37


To 五郎兵衛 風来坊さん
こんばんは!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

本作は、五郎兵衛 風来坊さんが先行でレビュー
されてたんで、ちょっとプレッシャーだったんですが、
なんたってデイヴ君のデビュー作ですからね。ここ
をシッカリ語っておかないとイカンだろうというコトで。
(語れてはいませんが… ;^-^)

ブルーノートのチケット、取れたんですか!
おめでとうございます!!\(・∀・)/
LIVEのレビューを楽しみにしてますよ~!

投稿 ヤセガエル | 2007.09.27 01:09


そして再びデイヴ。
ライヴではこのアルバムからは#3を演奏しました。
このアルバムはまだ聞き込みが少ないので、
中々思い出せなかったのですが・・・

投稿 でんた | 2007.10.17 13:33


To でんたさん
コンバンハ(・∀・)♪
コメントありがとうございますっ!

おおっ!“Give It Up”を演奏しましたか。
コレってまさにLIVEのためのナンバーですもんね。ガニ股で
足をカクカクさせるデイヴが見えるようです。(羨ましい…)
でもベースはどうなっていたのでしょう??原曲ではシンセ・
ベースが16ビートでビコビコとランニングしてますが。

ああ…それにしても羨ましいィ~( ̄‐ ̄;)
私も、来年こそは生デイヴ観にいくぞう!

投稿 ヤセガエル | 2007.11.02 00:53


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆ねこ鍋ブラボー♪◆


           ねこ好き、ペット好きの皆様ごきげんよう(・∀・)/
           本日のYouTube ピックアップ動画は、ちょっと前からネット・
           テレビで話題になっている“ねこ鍋”です。
           解説不要の癒し系まったり動画♪ Here We Go~♪

   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           「ああぁ…癒された( ̄ω ̄)」と、思った方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                     人気blogランキング


コメント(転載)

これ、知りませんでした。
初めてみましたが、ナゴみましたよ。
ありがとうございます。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.23 06:54


To 猫ケーキさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(^0^)/

気にいっていただけたようでウレシイです。
話によると、猫にとっては、土鍋の丸いカーブが
背骨にフィットして気持ちイイんだとか。見た目は
ものスゴく窮屈そうですケド。(・∀・;)

今度撮り下ろしDVDも製作されるようです。
…撮り下ろし…って、このシンプルな題材をどの
ように膨らますんでしょう…?興味津々ですネ。

これから猫ケーキさんのブログへ参りますヨ♪
(б・ω・)б

投稿 ヤセガエル | 2007.09.23 19:07


子供の頃、身近にいつも猫がいました。
子猫達、入ってましたよ。植木鉢とか、浅い蛸壺?とかに・・・
2、3匹重なり合ってたりしていたのを懐かしく
思い出しました。

投稿 aki | 2007.09.24 23:01


To akiさん
コンバンワ♪(^0^)/
コメントありがとうございます!

おお!?…子猫と一緒に人生を歩まれたと。
(なんかオーバーすね)…いや、素晴らしい♪
私は動物とか大好きなんですけど、猫は飼った
ことがないんです。ですから羨ましいですね。

浅い蛸壺というのも面白そう~(≧∀≦)♪
そのお話を伺うと、やっぱり動画はムリヤリ
押し込んだわけではなかったんだと納得。
(疑ぐり深い性格?)

拙ブログの“ペット”カテゴリに、他にもいく
つか猫ネタがございますので、よろしかったら
覗いてくださいねっ(・∀・)b

またお気軽に遊びにいらしてください!

投稿 ヤセガエル | 2007.09.25 00:14


テレビに取り上げられる前からぬこ鍋は知っていますが、
その性で無茶しようとするバカがいないか、
ドキマギしたりでして。
まあ、もうこの時期になると猫は冷を求めるところよりも、
暖を求めるところに居ついていますが。

しかしながら、食べ物を入れるものの中に生き物を入れる
とうのは、ちょいと気が引けますね。

投稿 でんた | 2007.10.17 13:38


To でんたさん
こんばんは(・∀・)
ご訪問+コメントありがとうございます♪

実は私、最初にこの動画を観たとき、ねこが本当に食べ物に
されたのかとビックリしました…。命名するなら“ねこ鍋”では
なく“鍋ねこ”が正しい言い回しなんじゃないかと思ったりして。

最近、知人からも、ねこが鍋に入った画像をいただきました。
やっぱりまんまるなカンジが好きみたいですねぇ。(^-^)

投稿 ヤセガエル | 2007.11.02 18:15


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪BRAXTON BROTHERS / Rollin'♪


    1205585470.jpg 

         【小粋でジェントルなスムース兄弟♪】

          本日は、サンフランシスコを中心に活躍するブラクストン・ブラ
          ザースの4thアルバム、Rollin' をピックアップいたします。

          ご存じですか?ブラクストン・ブラザース。
          サックス&キーボードを担当するウェイン君と、ベース&ギター
          を担当するネルソン君の、双子の兄弟によるユニットです。
          メジャー・デビューが’96年ですから、昨年10年選手の仲間入
          りを果たした中堅アーティストですね。日本での知名度はCクラ
          ス…でしょうか(^-^;)。米ラジオ・フォーマットでは(ほとんどS
          に近い)Aクラスなんだけれども。

    1205585587.jpg 

          ’04年にリリースされた本作Rollin' は、楽器の生音を重視し
          たシンプルなサウンドとメロディ、シェイプ・アップされたアレンジ
          が心地よいR&Bベースのスムースジャズ・アルバムです。

          特徴的なのは、クソ真面目で控え目な二人のパフォ(笑)。
          「二人とも主役なんだから、もっとガッツリいかんかいっ!!」
          とか言われても、恐縮しながら演奏しちゃうような(あくまでイメ
          ージっす)カンジなのです。
          二人のメイン楽器である、アルト・サックスとエレクトリック・ベー
          スも、たとえ主旋律を取っていても、特別テクニカルなフレーズ
          や激しい見せ場があるワケではありません。エポック・メイキン
          グな音作りをしているワケでも、衆目を一気に奪える程キャラ
          が立っているワケでもありません。キャラ立ち度で比較するなら
          同じ双子のザ・たっちに遠く及ばないでしょう。
          では、彼らの聴かせ所はどこなのか?

          …ハイハイ、説明します!
          聴かせ所は、その二人のメイン楽器の“歌心”なんです。
          歌ってますよ~。とっても控え目に(笑)。重要ですよ~歌心!
          シンプルな音作りも、ゼイ肉の無いアレンジも、全ては彼らの
          「歌」のために計算された手法なのかもしれません。
          7曲目のトラックTonight などは、その特徴的部分が強調
          された秀作です。“歌って”ますネ♪

   

                               ★★★★★★★★★★★★

          シンプルなフレーズ、メロディを“歌わせる”には非常に特別な
          センスが必要です。技術ではありません。センスですね。二人
          はこのセンスを持っている気がします。
          アメリカのスムースジャズ・ラジオ局でエアプレイされる楽曲は、
          大抵この“歌心”がリスナーに訴える部分が大きければ大きい
          ほど、よりヘヴィなローテーションを獲得します。その点、彼らの
          ナンバーが多くのステーションでローテーションされている事実
          は、彼らの“歌心”が多くのリスナーから評価されていることの
          間接的証左と言えるでしょう。

    1205585728.jpg 

          個人的に気になっているのは、この4thアルバムがリリースさ
          れてから3年、いまだに次回作の情報が無い事です。もしかし
          てトーンダウンしてるのかな~と。
          次回作はメイン楽器以外(キーボードとかギターとか)も上達し
          ているだろうし(お世辞にも…達者ではない…かな)、年齢的に
          最もアブラの乗ってくる時期なんで楽しみにしているんです。
          なんとか早期に5thアルバムを作っていただきたいですネ。

                  ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★★★
 
                                        Don't Stop
                            ② I Want You for Myself
                                        ③ It's You
                                     ④ Blue Sands
                                  ⑤ Find Your Way
                             ⑥ When You Touch Me
                                        ⑦
Tonight
                                         ⑧
Rollin'
                                ⑨ Anything for You
                                  ⑩ Love is Crazy
                                      ⑪ Best Days


                                  


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
                   「ザ・たっちに負けるな!」
                  ブラクストンズを応援してくださる方、
           
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

結構前から彼等の存在は知っていますが、
アルバムはいまだ以って持っておらず。
ウィンダム・ヒルの頃が人気は高いみたいですけどね。

投稿 でんた | 2007.10.17 13:41


To でんたさん
ども!いらっしゃいませ♪(・∀・)
コメントありがとうございます!

おおっと、でんたさん。まだブラクストン兄弟の作品を
お持ちでないと。そうですか。…う~ん、やっぱり地味
なのかなぁ…。“ウィンダム・ヒルの頃”より勢いも無く
なっているような気もするし…。

この作品は Peak Records からのリリースで、リッ
ピントンズのラス社長もプロデュースに関わってるのに、
チョイと華やかさが足りない気もしますしね。でも丁寧に
作り込んでいて好感持てますよ。次回作は、ドカン!と
弾けてくれるんじゃないでしょうか。(ブランクあるけど)

投稿 ヤセガエル | 2007.11.04 21:25


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪おしりかじり虫♪


    1205586140.jpg 

          ’06年の、私的『脳内リフレイン・ソング』大賞はなんといっても
          “たらこたらこたらこ”。今年はコレですね。も~止まりません!
          一度頭をよぎったが最後、延々と脳内リフレイン!( ゜∀゜)♪

          NHK『みんなのうた』でおなじみ“おしりかじり虫”!

          ボイス・チェンジャーによるエフェクトといい、グダグダ系の歌詞
          といい、NHK『みんなのうた』のコンセプトと、まったく合致しない
          超シュールなナンバーです。でも…………ソコがヨイ!!(笑)

          さぁ!皆さん!ご一緒に♪

   

                                   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
                 「もォ、どーにも止まらない!」
               と、いうくらい、この歌がお好きになった方、

             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


トラックバック(転載)

» 人気!!おしりかじり虫 [おしりかじり虫ファンサイト おしりかじり虫のCD欲しい♪]
こんにちは。突然のトラックバック失礼します。よろしければおしりかじり虫の情報交換をしませんか?
[続きを読む]

受信: 2007.09.20 17:50


»
おしりかじり虫【暮らし生活 エンタメscoop@暮らしに役立つニュース生活】 [暮らし生活 エンタメ scoop【暮らしに役立つニュース生活】]
度は、トラックバックをお受けいただき誠にありがとうございます 私のブログでは、暮らし生活に役立つ情報を配信しています エンタメ,芸能,スポーツ,インターネットなどのエンタメニュースや国内や海外の社会,経済,政治のような日本経済新聞的な情報までscoopしてます おしりかじり虫が、多くの人の関心をかじりまくってる様です「おしりかじり虫」トップ10入り…オリコンチャート今年6月にNHK「みんなのうた」で放送されて以来、人気急上昇中の「おしりかじり虫」が、24日付オリコン週間シングル......
[続きを読む]

受信: 2007.09.23 01:06


»
おしりかじり虫 ダウンロード(着うた 着うたフル 着メロ)人気そのまま [ニュース・ニュース・ニュース]
おしりかじり虫 ダウンロード(着うた 着うたフル 着メロ)のダウンロード(DL)件数が、一向に下がりません。<人気blogランキングでもっとニュースを読む>ところで、おしりかじり虫ってご存知ですか?NHKの「みんなのうた」でブレイクした癒し系の新し......
[続きを読む]

受信: 2007.10.02 21:03


テーマ : j-pop    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JEFF LORBER / Worth Waiting for♪


    1205586289.jpg 

      【“待つだけの価値はある!”】

          ’77年のデビュー・アルバム発表以来、プレイヤー、アレンジャ
          ー、コンポーザー、プロデューサー、プロモーター…もう何をして
          いるヒトなのか説明に困るくらい、タクサンの肩書きを持つアー
          ティスト、JEFF LORBER(ジェフ・ローバー)。

          手がけたジャンルも、クロスオーバー・フュージョンに始まり、ラ
          イト・フュージョン、ジャズ・ファンク、テクノポップ、スムースジャ
          ズにブラック・コンテンポラリー…あぁ…もう、舌を噛みそう。
          …とにかく、新しいコトが大好きで、新しい音が大好きで、ヒトの
          世話が大好きなローバーさんの作品が本日のレコメンです。

    1205586338.jpg 

          ’86年発表のアルバムPrivate Passion を最後に、7年
          もの長期間、自己名義のアルバムを製作しなかったローバーさん。
          その期間、ポインター・シスターズ、マンハッタン・トランスファー、シ
          ーナ・イーストン、デイヴ・コーズ君にアート・ポータタタタ~………
          舌噛んじゃった。つまり他人のプロデュース活動のみで、自分のコト
          は放置していたローバーさん。
          「もしかしてPrivate Passionでリーダー作は完結!?」
          というウワサまで出始めていた’93年、満を持してリリースされた
          作品が、このWorth Waiting for でした。

          リリースの前段階で、そのアルバムにWorth Waiting for
         
(待つだけの価値がある)”
という題名が付けられているのを発見し
          た時、私の期待は否が応にも高まりましたね。
          待たされること苦節7年。タイトルは自信満々。前情報でクレジット
          されている参加メンバーは、ローバーさんの仕事を知り尽くした生え
          抜き・選り抜きのミュージッシャン。ゲイリー・ミーク、ポール・ジャク
          ソン・Jr.、アレック・ミルスタイン、デイヴ・コーズ、リー・リトナー、
          ポウリーニョ・ダ・コスタにアート・ポータタタッ……あいたたた!!
          そんなゴールデンな面々でしたからね。

    1205586408.jpg 

          内容は、やはり凄まじいモノでした。

          元々定評のあった流麗なメロディ・メイクは、直近にブラコンの
          楽曲を多く手がけた事で、よりソウルフルになり、そのアレンジ
          の緻密さ・濃密さにおいても、まるで失った7年間を一気に取り
          戻そうとしているかのような気合の入り方です。

          絵画に例えるなら、“おそろしく精密なモザイク画”ですかね。
          楽器の数、音の数、音色の種類、リズムの刻み方、そうした楽
          曲を形成している一つ一つの要素が、モザイク画のように明確
          な意図を持って美しく配置されているのです。
          さらに、それら多くの要素がいささかも渋滞することなく整然とメ
          ロディを構築している点も見逃せないポイント。おそらくトラック
          数もハンパない数だろうと思うのですが、耳に残るのは“音符
          の洪水”ではなく、“川のせせらぎ”のような爽やかさです。

   

          上↑ 以外にも、オープニング・トラックRain Song 、シン
          セ・ベースとPer.がせめぎあう②“ The Underground
          ローバーさんが「大ファンだ!」と公言するブルース・ホーンズビ
          ーをフィーチュアした③“ Yellowstone 、愛弟子デイヴ・
          コーズが大活躍する⑥“ Worth Waiting for など、良作・
          佳作がズラ~っと揃っています。

          ジェフ・ローバーの復活作、Worth Waiting for
          ローバーさんのファンも、そうでないヒトも、この機会に再度チェ
          ックしていただきたい快作です。ゼヒゼヒ!(・∀・)b♪

                   ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★★★

                                       Rain Song
                                ② The Underground
                                     ③ Yellowstone
                                   ④ Punta del Este
                                  ⑤ Lost with You
                               ⑥ Worth Waiting for
                                       ⑦ High Wire
                                     ⑧ Wavelength
                                 ⑨ Columbus Ave.
                                ⑩ Do What It Takes
                                         ⑪ Jazzery

                                    


                               ★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
     「ローバーさんって、ただの鍵盤ヲタじゃなかったのか!」

                            とご理解いただけたら、
       ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                            人気blogランキング


コメント(転載)

「Jeff Lober」は最近はスムース・ジャズ系のサウンドになって、昔からのファンは「ちょっと・・・」という意見が多いみたいですけど、私はこのアルバム以降のサウンドが好きですよ!
最新作もオススメですね。
ただ、プロデューサーとしての彼の方がいい仕事するんですよね(笑)。

投稿 Musicman | 2007.09.20 21:18


To Musicmanさん
こんばんは!いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます!

あああ…Musicmanさん、言っちゃいましたね(^-^;)
「プロデューサーの方が…」(б・∀・)б
そうかもしれません(爆)!ローバーさんて、自分のことは
あまり頓着しないタイプですもんねぇ。自分の手がけたアー
ティスト以上に、自分をプロデュースしてほしいです。

“He had a Hat”も好きですが、もうちょいピリッ!としてても
良かったかな?とかも思ったりしますね。ジェフ・ローバー・
フュージョンみたいに。

投稿 ヤセガエル | 2007.09.21 00:05


ヴァーヴ以降の彼の洗練された都会的な雰囲気があり、
彼の曲を聞きながら、六本木ヒルズをぶらついていたりすると、
雰囲気があり、気持ちがいいものでした。
ナラダ以降だと逆に垢抜けすぎてしまい、
ちょいと淡白な感じもするのですけどねぇ。

投稿 でんた | 2007.10.17 13:49


To でんたさん
こんばんは(・∀・)/★
コメントありがとうございます♪

本作を含めたヴァーヴの3部作は、でんたさんが指摘され
ているように、泥臭い部分が無く、ソフィスティケイトされた
サウンドが特徴ですよね。最近のローバーさんには少ない、
黒い(ソウルフルな)楽曲も洗練されてます。

ここのところは、音がチョイと落ち着きすぎ(?)のような気
もするので、また「ドカン!」と弾けてほしいですね。

投稿 ヤセガエル | 2007.11.08 00:47


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★お月見でいこう♪中秋の名月2007★


    1205586523.jpg 

   

          みなさん今晩は(・∀・)/♪
          本日はフランク・シナトラが歌うMoonlight Serenade
         
に乗せて、月(Moon)の話題をお送りいたします。

          さて、今年の中秋の名月は9月25日です。
          上の画像は、25日、午後8時の東京から見た月のシミュレー
          ション画像。よ~く見ると左の方が欠けていますね。中秋の名
          月は“旧暦8月15日(中秋)”の月のことですから、必ず満月に
          なるとは限らないんですね(知ってました?)。
          ちなみに今年は満月の2日前です。惜しい!

          今回、月の話題を投稿するに当たって、様々な資料を調べて
          いたら、「へ~」とか「ほ~」な雑学がたくさん見つかりました。
          いくつか例を挙げると…



        ・月の重力は太陽とともに潮の満ち引きを起こしており、その
           潮汐作用は地球の自転にブレーキを掛けている。現在、10
           万年に1秒の割合で自転が遅くなっている。

        ・月の重力は地球上の生物にも影響を与えていると言われて
           いるが、その重力は蚊一匹分にしか相当しない。

        ・↑ にもかかわらず、その重力の角運動によって、月は年間
           約3.8cmずつ地球から遠ざかっている。

        ・満月・新月には交通事故が増加する。そのため“満月注意
           報”を出してドライバーに注意を促しているバス会社がある。

        ・月の大きさ(見かけの大きさ)は、腕を伸ばした先に持った5
           円玉の穴にピッタリ収まる大きさ。地平線近くの月と、天空
           高く上がっている月は大きさが違って見えるが、どちらも5円
           玉の穴に収まってしまう。




          等等…。上記は主にウィキの抜粋ですが、最も身近にある天体
          ながら、意外と知らなかったことも多かったですね。(私だけ?)
          皆さんも、今年の中秋の名月を観賞しながら、星の神秘に思い
          を馳せてみてはいかがでしょうか。

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
      この記事を読んで、「お月見したくなった!」
と思われた方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング

テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in YouTube / PAT METHENY♪


           ジャズ・フュージョンを愛する皆様ご機嫌よう(・∀・)♪
           本日は“グレイテスト・アーティスト in YouTube ”の第二弾、
           PAT METHENY(パット・メセニー)編をお届けいたします。

           メセニーさんは著作権とかにキビシイ方なんで、たぶんしばらく
           すると動画も削除されると思われます。早めに視聴すべし!
           そして気に入ったらDVDを購入しよう!(笑)

                                ★★★★★★★★★★★★

           Finding and Believing  Part.1
           ’92年に発表されたパットの個人アルバムSecret Story 
           に収録されている大作。10分を超える壮大な楽曲です。しかし
           …コレをLIVE でやるなんてトンデモねー!前・後編二分割で!

        

           Finding and Believing  Part.2
           後編は、劇的に展開・集約される、重厚かつ繊細なメロディの
           大嵐。パットはシンクラビアからセミアコへ持ち替えて、超絶ソ
           ロへ突入!初めて聴いた時は全身に鳥肌立ちました。圧巻!

        

           First Circle
           こちらは、DVDMore Travels から。84年にリリースされ
           た名盤First Circle のタイトル曲です。メセニー本人は
           どちらかというと脇役かな?ライル・メイズのピアノ・ソロが神!

        

      “PAT METHENY in 『タモリの音楽は世界だ』”
           ラストは番外編。コレはスゴイ!!パットが日本のテレビ番組に
           出演した時の貴重な映像です。サスガのタモリも緊張気味に見
           えますネ。同じジャズメンとして“位負け”ってトコロでしょうか。

       

                       
★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
         「なかなかいい
チョイスだった!」と思われた方、
             ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

  はじめまして。ヤセガエルさんこんにちは。
3週間ほど前にある曲を検索していて、こちらにたどり着きました。
ストライクゾーンの選曲があまりにも多くて、過去ログを読むたびにヒックリカエルになりそうです(^^♪

 スムースジャズ.コムは私も愛聴しています。メセニーのネットラジオがあるのはご存知ですか?ヤセガエルさんならお好み局になることうけあいです。

 次の選曲も楽しみにしています。
※ランキング、来るたびにプチッとしてますよ^^ 願 上位進出!

投稿 ばるく | 2007.09.17 19:48


To ばるくさん
はじめまして!(・∀・)/
コメント&応援クリックありがとうございます♪

拙ブログの選曲を気に入っていただいて、大変嬉しく
存じます。今後も「コレはっ♪」と思うアーティストや、
おすすめアルバムをご紹介してまいりますので、存分
に“ヒックリカエ”って(笑)くださいませ。

“PAT METHENY.com” のネトラジもイイですよね!
自身のホームページで丸ごとアルバムを流しちゃうの
も豪快ですし、音質がまたCDなみでゴージャスです
もんね~♪(・∀・)b

おそらく、ばるくさんも熱烈なジャズ・フュージョン系、
スムースジャズ系のリスナーさんだと思いますので、
これからもどんどん情報交換してまいりましょう!

またお気軽にお越しください~(・ω・)/

投稿 ヤセガエル | 2007.09.17 21:42


早々とレスをいただき感謝です。
やっぱりメセニー.コムはご存知でしたか^^

>ばるくさんも熱烈なジャズ・フュージョン系、スムースジャズ系のリスナーさんだと思います
 ご想像の通りです。でもヒックリカエってしまったのはむしろ80'sのヒッツ。More Than Just The Two Of Usが来たときには、「ギャ!」ってつぶやいちゃいました(事実です)。

 大好きなシンガーがまだ出てきていないので、楽しみに待っています。
ではでは。

投稿 ばるく | 2007.09.17 23:33


To ばるくさん
こんばんは!(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

おおっと!?
ヒックリカエッたのは80’sでございましたか!
ばるくさんのお好きなシンガー…うーん、シンガー…。
スニーカーで“ギャッ”なら、アレッシー・Brosか、はた
またルー・パーディニあたりか…。いずれにしても直球
ではないような気が…(笑)。

80’sの作品は、メジャー以外の音源がなかなか入手
困難になってきているので、ばるくさんのツボにズバッ!
…といくかどうか…。もしガツン!ときたら、またポチッと
応援クリックお願いいたします(笑)(б・∀・)б♪

投稿 ヤセガエル | 2007.09.18 00:28


ヤセガエルさんこんにちは。

シークレットストーリーは、日本公演がなかったのがつくづく惜しまれますね。それと、シークレットストーリーライブの時に着ているのがボーダーのシャツではないのがちょっと気になりました(笑)

タモリとの映像は貴重ですねー

投稿 猫ケーキ | 2007.09.18 21:32


To 猫ケーキさん
こんばんは(⌒∀⌒)/♪
いらっしゃいませ!コメントありがとうございます♪

私、「ミュージッシャンはライブありき!」っていう観念みたいな
モノがあって、その点においては、パット・メセニーのクオリティ
は他を圧倒していると思うんですよね。
…にもかかわらず、まだ生パットを観たことがないんですぅ…。

“Secret Story”が発売された時期は、ヒマも金も(ほんの少し)
余裕がありましたから、伝説のボーダーシャツ(笑)を拝むことも
可能だったのにィ…といった所です。

ブラッド・メルドーのバンドの面々と来日するような機会があれば、
ぜひライブに行ってみたいですね。ちょっとジャズっ気が強い気
もしますが。

猫ケーキさん的にはいかがでしょう?
メセニー&メルドーのアルバム、猫ケーキさんのブログでCD評を
読んでみたいな~?とさりげなくリクエストしたりして(笑)。(^-^)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.19 00:36


テーマ : YouTube Music Video    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FOURPLAY / X


    1205587742.jpg 

       【ベテランのソコヂカラ!】

          来年、メンバーの平均年齢が60歳へ到達するフォープレイ。
          コンテンポラリー・ジャズ、スムースジャズ界の頂点に君臨し、
          悠然と活動を続けてきた彼らが、’06年に発表したアルバム
          X は、リリースされる前から囁かれていた通り、非常にヴィ
          ヴィッドで、フレッシュな仕上がりとなりました。

          本作X の私的な感想を述べると、「もう完全に遊んどる(笑)」
          といったカンジですね。やりたい事をやっているな~と。
          セールス的制約や、音楽的な縛りなんかとも完全に無縁の音で
          す。発想も表現もサラリと自由奔放。今までやってきた“フォー
          プレイ・サウンド”への重厚な自信と、音楽を楽しむ余裕が生み
          出す“遊び心”が、作品全体に好ましく満ちています。

    1205587831.jpg 

          アンサンブルは相変わらず神の領域。コレ、大袈裟でもなんで
          もありません。ホントに神の領域です。

          アンサンブルのキモは、音の数、強弱、タイミング等を、いかに
          バランス良くメンバー間で共有できるかという部分です。これを
          確固たるものにするには、メンバー個人の技量と相互理解が
          必要不可欠ですね。フォープレイの面々はこの点、非常に深い
          深度での相互理解を獲得しているように感じます。
          それを再確認したのは3曲目のEastern Sky 。ちょっと
          メセニーっぽくて、フォープレイとしては変化球的楽曲ですが、
          そのスペイシーなアンサンブルを聴くにつけ、4人のメンバーを
          結ぶ固い絆と、神懸り的な意思の疎通を実感させられますね。

     

    1205587898.jpg 

          ボブ・ジェームスの作品Turnabout は、アルバムの
          オープニングにもってこいの“フォープレイ的”作品。展開の豊
          富なメロディとジャジーなピアノ、バンピーなリズム隊が印象的。

          ラリー・カールトン作Cinnamon Sugar 。コレもアン
          サンブルの権化みたいな作品です。決してハデではないのに、
          フレーズの一音一音が残る残る。ギターめっちゃ唄ってます。

          ハーヴィ・メイソンのポップなメロディ感覚が心地よいナンバー
          Kid Zero 。コレ思わず一緒に口ずさんでしまいます。
          主役はベースのネイサンかな。ユニゾンスキャットがマル!!

    1205588005.jpg 

          ’80年代、ブルーアイド・ソウルを牽引したマイケル・マクドナル
          ドをフィーチュアしたトラックMy Love's Leavin'
          変わらないなぁ、しわがれたエモーショナル・ヴォイス!よい!

          Screenplay は、ボブ爺の崇高な世界に、ラリーが酔っ
          払いのごとく唄う(笑)ジャジーなトラックです。曲の途中、3分位
          のところで誰か叫んでます。「WAOH~♪」って。ダレ?爺や?

          Twilight Touch は、題名そのままの黄昏時を思わせる
          スムージィなナンバー。コレ素晴らしいです!メンバー全員の
          持ち味が十二分に発揮された佳曲。因みにハーヴィの作ね。

    1205588082.jpg 

          Be My Lover です。直訳すると「オレの恋人になれ」。
          作曲はネイサン。年齢的に言うと“オレ”ではなく“ワシ”でしょう
          か。50歳過ぎてこんなタイトルの曲が書けるなんてスゴイのう。

          Sunday Morning です。直訳すると「日曜の朝」。作曲
          はまたネイサン。アメリカ的に言うと、コレは教会の礼拝に向か
          う時の心境でしょうか。でもラリーのギターは酔っ払いだ!(笑)

                                ★★★★★★★★★★★★

          そんなこんなで全9曲。「マンネリ」とか「道楽」とか言われること
          も少なくないフォープレイですが、どうしてどうして、やっぱりトッ
          プ・アーティストの座は易々と譲ってくれそうにはないですね。
          彼らにとっては「もう60歳」どころか、「まだ60歳」っていう感覚
          なのかもしれません。

          カメラ向けると、こんなコトしちゃうお茶目なヒトたちだし。↓












          ↓ こんなコト

      1198484136.jpg

          現状は2年に一枚のペースで新作を出しているので、次回作は
          来年ですね。待ち遠しいなァ……( ̄∀ ̄)と楽しみにしている
          ヤセガエルでございました。

                                   

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                        ご訪問ありがとうございました!
            でも、
そろそろLIVEは(体が)心配だ!と思う方、
           ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                           人気blogランキング


コメント(転載)

フォープレイは大好きなグループ!!
ベスト・アルバムも含めて全部持ってますけど、このアルバムは本当に心地良いの一言に尽きますね。
このマンネリ感がまたいいんですよねー!!
「Eastan Sky」はおっしゃる通りこれまでの彼らのサウンドには見られなかったタイプ。
マジ「メセニー?」って思いました。
そろそろ思い切ったサウンドも期待したいところですけど、変わらないで欲しいという気持ちも・・・(笑)。
ファンならではの葛藤ですね!

投稿 Musicman | 2007.09.12 22:50


To Musicmanさん
こんばんは♪(・∀・)/
ようこそおいでくださいました!
ご訪問&コメントありがとうございます!

……ぷぷぷぷ♪(≧m≦)
“マンネリ”って言っちゃいましたね。
ホント、たまには違うコトやってほしいような、やって
ほしくないような、複雑な気分ですよね。
Musicmanさんのおっしゃる“葛藤”は、まさに言い得
て妙なファン心理だと思います。

個人的に来年のアルバムは、“継続7割、新規3割”
くらいの比率で製作してほしいです。継続10割でも
どうせ買ってしまうとは思いますが。(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.12 23:48


ヤセガエルさんこんにちは。

私、初期ボブジェームスは大好きなんですが、フォープレイはあまり追っかけていなかったので(カールトンに替わってからのは一つも聞いてません、、避けていた訳ではないのですが)、これから段々聞いて行こうと思います。まあ顔触れを見るだけで良い音楽であることが容易に想像できる、そんなメンバー構成ですしね。皆、ダテにオデコが広い訳ではない!(メンバーの方すみません)

ところで、遅ればせながら貴ブログにリンク張らせて頂きました。ヤセガエルさんのユーモラスな文章楽しみにしているので、今後もよろしくおつきあい頂ければ嬉しいです。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.13 09:19


To 猫ケーキさん
こんばんは!(・∀・)/
ようこそおいでくださいました。
コメントありがとうございます♪

初期のボブですか。私も“フォクシー”とか聴きまくりました♪
確かウィスキーのCM(?)で“マルコ・ポーロ”がテーマ曲に
なっていて、それがキッカケでボブを知ったんだと思います。

フォープレイも、なんだかんだで今年デビュー16年目ですね。
猫ケーキさんもそろそろ手を出してみてはいかがかと。(笑)

実は、彼らのアルバムを“なんとなく敬遠している”人には傾
向があるみたいです。
それはまさしく猫ケーキさんのように、ジャズ・フュージョンに
造詣の深い方。音が想像できちゃう方です。

でもゼヒ聴いていただきたいですね。
たぶん想像の通りですから(笑)。

あ…それと!リンクの件、了解いたしました!
猫ケーキさんにリンクを貼っていただけるなんて光栄です♪
…で、拙ブログからもリンクを貼らせていただきますので、
今後とも宜しくお願いいたします。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.09.14 00:22


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪TOTO / TOTOⅣ♪


    1205588263.jpg 

        【TOTOはニッポンの誇り!】

          「我が意を得たり」

          日本のファンの多くがそう思ったに違いありません。
          1982年のグラミー賞。TOTOが、4thアルバムTOTOⅣ
         
でレコード・オブ・ザ・イヤーを含む6部門を制覇し、名実(表裏)
          共に米音楽界のトップ・グループとして認められた時の話です。

          ’78年TOTO(邦題:宇宙の騎士)” でデビューを飾り、
          以降’79年HYDRA、’81年Turn Back と、発表
          した全てのアルバムが、思ったほど全米で評価されなかった
          TOTO が、「これで売れなきゃ解散!!」という意気込みで
          製作したアルバムTOTOⅣ(邦題:聖なる剣)”

          「コレはスゴイ!傑作だ!…でもアメリカでは…」

          リリース直後、そんな感想を漏らしていたのは、他ならぬ私たち
          日本のファンでした。
          デビュー早々にそのサウンドを支持し、賛辞を送り、リーダー的
          存在であるジェフ・ポーカロをして、「この国のファンは特別」と
          言わしめた、TOTO最大の理解者である日本のファン。その日
          本のファンが漏らした感想は、概ね「これまでと同様、アメリカ
          でのセールスはキビシイだろう」というものだったのです。

          前作までのTOTOへの評価も、日米で相反するものでした。


           ・研ぎ澄まされたスーパー・テクニック(日本)
                →スタジオ・ミュージッシャンが上手いのは当然(米)

           ・ジャンルを超越した自由なサウンド(日)
                →背骨を持たない場当たり的なサウンド(米)

           ・情感に訴えるキャッチーな楽曲(日)
                →リスナーに迎合した商業的楽曲(米)

           ・技術の粋を集約した超一流のスタジオ録音(日)
                →反面、ライブ演奏は三流以下のクオリティ(米)



          ライブ演奏がガタガタだったのは事実ですが(笑)、それまで日
          本のリスナーが認めていたTOTO の魅力は、アメリカでは
          ことごとく曲解されており、このTOTOⅣにおいても同様
          の評価が下されてしまうのだろうと私達は考えていたのです。

                              ★★★★★★★★★★★★

          ところが、発売後間もなく、このアルバムは全米チャートをグン
          グンと上昇し始め、シングル・カットされたRosanna
          シングル・チャートで2位、同じくAfrica は堂々1位を
          獲得。アルバム・チャートにおいても最高位4位という大ヒットを
          記録する事となり、「もう(メジャーは)半分諦めている」と言って
          いたメンバーを驚倒させる好結果を叩き出したのでした。
          当初から“最高傑作”と評価していた日本のファンは、アメリカ
          における反応に驚きつつも、自分達の先見の明を思い知る事
          となり、まさしく得意満面。「我が意を得たり!」


           ・ようやく評価された実力派集団(米)
              →オレらは初めから評価してた(日)

           ・全米ロック・シーンは以後彼らの影響を受けるだろう(米)
              →3年以上前からルカサーはギター小僧の神様だ(日)

           ・TOTOを定義する新たなジャンルが必要だ(米)
              →デビュー作が発売された時点で、全国のレコード屋の
              オヤジが“ロック・フュージョン”の棚を作っている(日)

           ・現在、アメリカにおいて最も重要視されるべきグループ(米)
              →それに気付くのがあまりにも遅い(日)

           ・ライブ・アクトに課題が残る(米)
              →何年も前から、ファンの間ではその事に
                            触れないことで合意している(日)



          ’80年の日本公演(東京)を観た友人(当時はその友人も私も
          中学生でした)が言うには、「ハウリングがヒドくて演奏になって
          なかった」というくらいスゴイ出来だったらしいのですが、要は、
          日本では五分刈りの中学生がライブへ足を運ぶほど、TOTO
          はメジャーなバンドだったのです。

          “ TOTOⅣ
  がアメリカでブレイクした背景については、
          評論家の方々が様々語っています。曰く、時代が彼らに追いつ
          いた。AOR的アプローチが功を奏した。TOTOをリスペクトする
          L.A.のアーティスト達がムーヴメントを起こした結果だ、等々…。
          でも、そんなコトは私達日本のファンにとってはどうでも良い事
          でしたね。99 に聞き惚れ、All Us Boys をバンドで
          コピーし、Gift with The Golden Gun で絶叫し、ボビ
          ー・キンボールを“キン●マ”の愛称でよんでいた私達にはどうで
          も良い事だったのです。

          「オレたちが誇るバンドに、アメリカも夢中になった」

          それだけのことですから。

          そもそも、TOTO がなぜ日本で受け入れられたのかは、
          追々(1stアルバムのレビュー時にでも)語るといたしましょうか。
          今回は全米2位を記録したRosanna をご紹介いたします
          ので、その素晴らしい“TOTOワールド”を堪能していただきたい
          と思います。

          それではまた次回!(・∀・)/♪

                  ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★★★ 

                                        ① Rossana
                                  ② Make believe 
                           ③ I won't hold you back
                                  ④ Good for you
                                   ⑤ It's a feeling
                                 ⑥ Afraid of love
                            ⑦ Lovers in the night
                                   ⑧ We made it
                           ⑨ Waiting for your love
                                        ⑩ Africa

     

                                  


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
         「キン●マの居ないTOTOなんて!」と思う方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんにちは。

ロザーナの方がアフリカよりも好きだったんですが、アフリカの方がヒットしたんですよね。。。このアルバムの日本ツアーは当時録画したはずなのですが、テープもベータだし、そもそもどこかに行ってしまって残念です。

99も大好きでした。真っ白な服を着た真っ白な画面のプロモビデオが印象に残っています。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.08 19:14


To 猫ケーキさん
こんばんは!いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます(・∀・)/

猫ケーキさん!あのライブの映像をお持ち(かも?)とは
恐れ入りました!
見つかれば、間違いなくメガトン級のお宝ですね!ライブ
に行きそびれた私にとっても、まさしく垂涎の映像です。

“99”のPVも覚えてますよ!衣装も楽器も背景も真っ白
なプロモですよね(何年か前にそんな集団がいたような)。
あのPV を初めて観たのは小学生の頃でした。TOTO と
平行してハマっていたアース(EW&F)のギンギラPV と
あまりにも対照的だったんで、鮮烈に記憶に残っています。

またお気軽にコメントくださいませ(⌒∀⌒)/

投稿 ヤセガエル | 2007.09.08 21:16


ヤセガエルさん、こんばんは~♪

「TOTO Ⅳ」のレビュー、大変勉強になりました。
TOTOは"日本でバカ受け、本国では・・・・"
ということは話では聞いてましたが、その理由がよくわかりました♪

ヤセガエルさんのブログを読んでいると、80sミュージックをリアルタイムで聞きたかったなぁ・・・とつくづく思います。

投稿 ライム | 2007.09.09 21:02


To ライムさん
麗しの’80年代へようこそ!(part.Ⅱ)
コメントありがとうございます♪(・∀・)

’80年代は、音楽の形態や媒体が大きく様変わ
りしていた時期ですね。PVがアーティスティック
な“作品のひとつ”として扱われるようになったり、
CDが急速に普及し始めたのもこの年代です。
ある意味、非常にスピーディで刺激的でしたね。

ただライムさん!
この時代、Amazonも楽天市場も無いですよ!
お目当ての洋楽作品を入手するには、トコトコ電車
に乗って、遠く離れたタワレコまで行かなきゃなら
ないし、(アナログ盤なんか)購入した後ウチに帰っ
て封を切ったら、もうあり得ないくらい盤が波打って
たりするコトもしばしば(何言ってるか解らないだろ
うナ~…)。試聴機なんかありませんから、ジャケ
買いは命賭けですよ!(そんな、たいそうな)

まあ…そんなでも、そんななりに楽しかったかも。

私は逆に、今自分が20歳だったらどう過ごしてい
るだろう?と思ったりしますね。
ライムさんと一緒にバンド組んでたかも?(^ω^)♪

投稿 ヤセガエル | 2007.09.10 00:11


テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in YouTube / LEE RITENOUR♪


           皆様ごきげんよう♪ ヤセガエルでございます。(・∀・)/
           本日は『グレイテスト・アーティスト in YouTube』と題しまして、
           トップ・アーティストの名演を YouTube からセレクトしました!

           第一回目は、ジャズ、フュージョン、スムースジャズ界のトップ・
           ギタリスト、LEE RITENOUR(リー・リトナー)を Pick up!
           懐かし映像も含めた計4本!Here we go ~♪

                           ★★★★★★★★★★★★★★★★

           Early Morning Attitude
           ’85年、L.A.で行われた“ライヴ・フロム・レコード・プラント”
           からの映像。GRPのミュージッシャン達が揃いぶみした珠玉の
           ライヴ・アクトです。アルバム“ハーレクイン”の傑作をどうぞ!


   
   
           Monterey

           こちらはAn Evening of Fouplay の映像。フォープレイ
           在籍時のリトナーのプレイは、非常にスムースかつ洗練されて
           いましたね。も一回復帰しないかな。…あ。ラリーはそのままで。

       

           Beyond The Storm

           年を重ねるごとに、衰えるどころか艶ややかさが増すギター・
           プレイ。最後のナンバーは、イヴァン・リンスをフィーチュアした
           ヴォーカル・ナンバーです。「やっぱりソロが一番さ(リー談)」。

   

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
          「なかなかいいチョイスだった!」と思った方、
        ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんばんは♪

「グレイテスト・アーティスト in YouTube」第一回Lee Ritenour編、堪能いたしました(^^)

どれも素晴しい演奏(そしてイイ笑顔!)で、
リトナーの人気の秘密が解った気がしました。

そうそう。リトナーと言えば90年のライブで、
「Bali Run」を弾いている映像がYoutubeにありましたね♪

「Etude」の前奏に、ちょこっと弾いているだけですが、なかなかレアなのではないかと思います。

URLを貼っておきますので、まだ御覧になられていなかったらどうゾ♪

http://jp.youtube.com/watch?v=SXydCw29VYc

投稿 ライム | 2007.09.07 01:47


To ライムさん
いらっしゃいませ~♪(・∀・)/
コメント&情報ありがとうございます!

さきほどYouTubeでライムさんオススメ動画をチェック
してみたところ、あまりにもツボだったんで、記事に追加
しちゃいました(笑)。

今回のリトナー特集は、比較的映像が集め易かったし、
動画の品質も良かったので、なかなか楽しめましたね
(自分が楽しんでるゾと)。

さて、次回のアーティストはどうしましょう…。
“グレイテスト”ってタイトル付けちゃったから、あまりヘン
なアーティストは紹介できないし。(^-^;)

なにはともあれ、今回もありがとうございました!

投稿 ヤセガエル | 2007.09.07 02:38


おはようございます。
おひさしぶりです。ブログへのご訪問ありがとうございます。
リー・リトナー大好きです。かっこいーですねー。もう最近はあまり聴かないんですが、また聴いてみたくなりました。

投稿 pooh | 2007.09.09 08:35


To poohさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)/

気に入っていただけたようで何よりです。
リトナー、カールトン、メセニーは、私達の世代
のアイドル・ギタリストですよね。日本のアーティ
ストだと、野呂一生、安藤まさひろ、少し上の世代
で高中正義さんあたりかな??poohさんもおそらく
「キャ~♪」とか声援を送ってらしたことでしょう。(笑)

poohさんはどちらかと言うと、より本格派のジャズへ
シフトしてらっしゃいますが、私のような軟弱系(!?)
スムースジャズもゼヒ聴いていただきたいでネ。
リトナー師匠も待ってますよ。

さあ…おいでおいで~♪(コワイわ!)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.09 22:44


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BOB JAMES+KIRK WHALUM / Joined at The Hip♪


    1205589528.jpg 

       【ボブ爺の実験的秀作 for FOURPLAY】

          本日のピックアップ作品は、’96年、ボブ・ジェームスとカーク・
          ウェイラムが共同製作したJoined at The Hip です。

          サブタイトルにある“実験的”というキーワードは、このアルバム
          の持っているテイストと、“96年”というリリース年から連想した
          私的見解です。もし、ボブ爺やカーくんが、ライナー・ノーツか何
          かで全然違うことを述べていたならゴメンナサイ。「そういう感じ
          方もあるのか」という程度に読んでいただければ幸いです。

                                 ★★★★★★★★★★

          さて、その ’96年です。
          ’96年といえば、ボブ爺率いる大御所バンド、FOURPLAY が、
          リー・リトナー脱退後のギタリスト探しに奔走していた時期と重
          なります。結論から言ってしまうと、この時期すでに、「後釜は
          ラリー・カールトンで」という構想があったのではないかと思うん
          ですね。リーと同じだけのキャリア、実力、知名度を持っている
          ギタリストは当時ラリー・カールトンただ一人。彼に白羽の矢が
          立ったのは当然といえば当然の帰結だったでしょう。

          ただ悩みどころだったのは、ラリーのプレイ・スタイルです。
          リーの洗練されたジャジーなギターと比較すると、ラリーのギタ
          ーはエモーショナルでブルージー。’95年に先行リリースされて
          いた作品Larry&Lee で、ギタリスト同士抜群のフィッティ
          ングを見せていたとはいえ、 FOURPLAY とフィットするかどうか
          は別問題。さらにバンドのコンセプト、アルバム・セールス、スケ
          ジューリングの確保等々……。数々の悩みにボブ爺の頭髪の
          後退も加速していたことでしょう。

    1205589624.jpg 

          さあ、そこで登場したのがこのJoined at The Hip
          カーくんには悪いけど、彼のソウルフル&ブルージーなサックス
          は、どーにも“仮想ラリー”のような気がしてならないのです。
          例えばボブ爺作の2曲目Kickin' Back なんかは、カー
          くん以外のオケはまるっきり FOUPLAY です。ベースのクリス・
          ウォーカーのプレイはネイサン・イーストのそれだし、ドラムスの
          ビリー・キルソンの淡々としたリズム・メイクはハーヴィ・メイソン
          の特徴的なプレイをコピーしたかのようです。

   

          で。結果はどうだったか。

          言うまでもなくこれは大成功でした。
          ボブ爺の品の良いバンド・サウンドと、カーくんのエモーション溢
          れるメロディが見事に融合しています。ボブ爺もかなりの手応え
          を感じたんじゃないでしょうか。
          またソレとは別に、ギタリストとして参加しているジェフ・ゴーラブ
          のプレイも、ある意味“仮想ラリー”ですね。彼の得意としている
          ブルージーなギターは、後のFOURPLAYサウンドの雛形を見
          るような気がします。

                                 ★★★★★★★★★★

          かくして翌年の ’97年、ラリー・カールトンをギタリストに迎えた
          新生FOURPLAYが結成され、さらに翌’98年、4thアルバム
          のリリースへと繋がっていきます。
          カーくんにはホント申し訳ナイけど、このアルバムは、ボブ爺が
          “FOURPLAYの存続”という主題を意識して行われた“実験”
          の意味合いが強いように思われます。もちろん、カーくんの側
          にとっても非常な刺激になったことは間違いないのですが。
          (カーくんの作風、このアルバムの前後で大きく違いますもん)

          他にも、全体的に“遊び”のファクターも顕著だったり、楽曲の
          演奏時間を長めに取ってソロを楽しんだり、聴き所はかなり多
          いアルバムなので、未聴の方はぜひチェックしていただきたい
          ですね。季節的にも今がベスト・マッチ。秋の夜長のお供に♪

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                         ① Soweto
                                    ② Kickin' Back
                                 ③ Out of The Cold
                                      ④ Deja Blue
                             ⑤ Midnight at The Oasis
                          ⑥ Tell Me Something Nice
                                 ⑦ Tour de Fourths
                                     ⑧ The Ghetto
                                     ⑨ The Prayer

                                  


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
      「それはなかなか的を射た意見かもしれん!」と思った方、
         ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

お邪魔します。
成るほど!実に興味深いお話ですね。
このアルバムは聴いた事が有りませんが、レヴューを読むと何となく音が想像出来そうですネ。
フォープレイ好きな私としても実に気になるアルバムです。

投稿 FUSION | 2007.09.03 21:30


To FUSIONさん
こんばんは!(⌒∀⌒)/
ご訪問&コメントありがとうございます♪

このアルバムは、便宜上スムースジャズにカテゴライズ
しましたが、根っこはフュージョンです。FUSIONさんも
きっとお気に召されると思います~!

ちなみに私、このアルバムは、フォープレイの“4”ならぬ、
“3.5”と解釈しておりますです。

では、これからFUSIONさんのブログへ参りますね!(・ω・)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.03 23:00


こんにちは。猫ケーキです。遊びにまいりました。

私、カークウエイラムってほとんど(意識的には)聞いた事なかったのですが、一年ほど前にボブジェームスのライブDVD(1985)で彼の姿を見てぶっ飛びました。すごく熱いヒトですねえ! 感動的でした。(ウェザーリポートの再結成映像でも、そういえばカークの吹く姿を見ました、もう10年以上前でしたか。)

もっとウェイラムの演奏を聞いてみたいです。もちろんこのアルバムも。

また寄らせて頂きますね。

投稿 猫ケーキ | 2007.09.05 21:43


To 猫ケーキさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪

さすが猫ケーキさん。かなり昔の映像もチェック
されてますね。
カーくんはボブ爺の“愛弟子”的存在ですから、
昔から結構同じステージで演奏しているらしいで
す。今ではコラボレーションのパートナー!出世
しましたねー(笑)(・∀・)b♪

20年前は“熱かった”カーくんも、現在は叙情派
サクソフォニストの代表選手ですね。個人的にイチ
オシなのは、’97年発表の“Colors”という作品。
夕暮れ時に聴くと「じ~ん」とする楽曲がイッパイ
収録されています。ゼヒ聴いてみてください!

またお気軽に遊びにいらしてくださいませ♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.05 23:04


ええと、このコメントは幾つ目だろう?

「実験的」というのは面白い見聞ですね。
しかしながら、ボブもカークも好きですけど、
なんかこのアルバムは印象が薄め。
気になっていたMidnight at The Oasisも
ちょいと線が薄い気がするし・・・
まあ、師弟感が深まったアルバムと解釈しておきましょうか。

投稿 でんた | 2007.10.17 14:40


To でんたさん
こんばんは!(・∀・)/
コメントありがとうございます♪

でんたさんの仰る“印象が薄い”という感想は、このアルバムを
聴いたリスナーの多数派意見でしょうね。
イイ意味でも悪い意味でもサウンドにアクが無いし、ボブ爺も、
アール・クルーと共演した時のような音楽的化学反応を起こし
てませんね。
どちらかというと、楽しみつつ実験しつつ、“自然体で作り上げた
”共同アルバムという印象でしょうか。
ただLIVEで共演すると、二人とも“熱く”なっちゃうトコロが面白
かったりします。
観たいなあ・・・ボブ爺のLIVE・・・。ハゲ切らないウチに(笑)。

投稿 ヤセガエル | 2007.11.14 23:20


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪SNEAKER / More Than Just The Two of Us♪


    1207394456.jpg 

          音楽と景色が“結びつく”ことってありますよね。
          ある曲を聴くと特定の風景が浮かんだり、逆に、ある風景に出
          会うと連鎖的にメロディが浮かんだり…そんな“結びつき”。

          画像は、最近自宅の近くで撮った夕焼けです。
          太陽が沈んだ直後の光と影のコントラストが見事だったんで、
          思わずケータイで撮影してみました。光と影を作っているのは
          左側の雲と、右側の富士山です。扇形に広がった夕陽の線が
          ちょっと神秘的じゃないですか?

          …で。“結びつき”でしたね。
          ワタクシ個人的に、こういう見事な夕焼けを見ると、本日ピック・
          アップした曲、More Than Just The Two of Us
          メロディが浮かんでくることがあるのです。

          高校の時、ある女性のクラスメイトから突然プレゼントされたア
          ルバムSneaker 。殆んど言葉を交わしたことの無い彼女
          の、どんな想いが込められていたのかも解らない、本当に突然
          のプレゼント。

          「2曲目を聴いてネ」

          “想い出のスニーカー” という邦題のつけられたその2曲目の
          ナンバーを初めて聴いた時、きっとこんな夕焼けが広がってい
          たのかもしれません(古い話なんでよく憶えてないんです)。
          そして、この曲を聴くと、太陽が沈んでいったあとの寂しげな夕
          焼けを思い描くようになったんですね。

   

          プレゼントをもらった日から約10日後。
          彼女はクラスメイトではなくなりました。

          「退学したってさ」

          友人たちの、いかにも他人事といった風情と、理由も消息も明
          らかにしないしないまま去っていった彼女に、割り切れない感情
          と喪失感を味わったことを思い出します。

          それから数年が経過したある日、彼女は家の都合でノルウェー
          に転居したことを知りました。

          ノルウェーにも、こんな夕焼けがあるのかな。

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
          この記事に「思うところがあった!」と感じた方、
          ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

いやー・・・今回はなかなかロマンティックなストーリーですねー。
私も普段から景色と音楽を結びつけてしまいますが、
こんなロマンティックな思い出なんてぜーんぜんナシ!!
「スニーカー」は私も大好きで、「ジェフ・バクスター」のプロデュースもイイカンジですよね。

ちなみにその後彼女と連絡は取れたんでしょうか?
行方が気になりますね☆
それとアルバムを渡した時の意味も・・・ムフフ♪

投稿 Musicman | 2007.09.03 12:07


To Musicmanさん
ようこそいらっしゃいました!
コメントありがとうございます♪(・∀・)

自分はかなりモテモテなんじゃないかとカン違い
していた時期が、私にもありました…(笑)

その後、彼女とは連絡も取れていないんですが、
後日談(?)は少々あります。
実は彼女、当時私が入れ込んでいたコと大変
不仲だったらしく、何かというと張り合っていた
らしいんですね。要するに“あてつけ”というか
“対抗心”なんじゃないかと。
ああ…ロマンティックでも何でもなくなっちゃった。

ちなみにスニーカー。スティーリー・ダンのフォロワ
ーだったんですよね。プロデューサーのジェフ・バク
スターが、ドゥービーズのジェフ・バクスターと同一
人物だと知ったのは最近のことだったりします。
スティーリー・ダン恐るべし。(笑)

また遊びに来てくださいませ~♪ (⌒∀⌒)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.03 14:36


ヤセガエルさん、こんばんは♪

「More Than Just The Two of Us」
夕焼けに映える素敵な曲ですね。
上の写真を見ながらしばし聞き入ってしまいました。

沈みかけた太陽と、まもなく転校する彼女。
ヤセガエルさんがその時見た夕焼けは、
彼女の心を映し出していたのかもしれませんね・・・・

投稿 ライム | 2007.09.04 21:05


To ライムさん
麗しき’80年代へようこそ♪(笑)
コメントありがとうございます!(・∀・)

そうですねぇ…彼女のココロも“黄昏”だったんで
しょうかねぇ…。

「○○クン、私のコト忘れないでね」

な~んて気持ちでプレゼントされたのなら、コレは
男として光栄ですね。まぁ……あんまりキレイなコ
じゃなかっ…ゴホゴホゴホ!間違えました。好みの
タイプではなかったんで、深くは考えず、追っかけ
もしなかったんですが。(・ω・;)

それにしてもライムさん。
’80年代ソング好きですよね~(・∀・)b♪
ライムさんが20年前にタイムスリップしたとしても、
全然フツーに楽しめるかもしれません。音楽に関し
ては。
ただ女性に関してはどうだろう??
今は(正味のハナシ)キレイなコがいっぱい居るけど、
20年前はキレイなコなんてごく一部でしたからね。
勿論イイ男も同様の比率だったし。

おそらく、あまりのヒドさに、三日でネを上げる
かもしれません(爆)( ̄∀ ̄)

投稿 ヤセガエル | 2007.09.04 23:48


テーマ : 思い出の音楽    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 09 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。