■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

● It's a Miracle ! ●


         本日はちょっと趣向を変えて、私が思わず号泣(T0T)してしま
         った、ある劇的なストーリーを、動画付きでお届けいたします。
         結構有名な話なんで、リアルタイムで知ってる方も多いかもし
         れませんね。しかし、何度観ても…ううううぅぅ(TдT)

                                   ★★★★★★★★★★

         “努力は決して人を裏切らない”

         この言葉を、大観衆の見守る中で、全国のテレビ視聴者の目
         の前で、奇跡と共に証明した18歳の少年がいました。

         それは1996年、夏の全国高校野球甲子園大会。決勝戦。
         松山商業と熊本工業の二校が、日本一をかけて戦った試合。
         そこでこの奇跡は起こります。

    1202716168.jpg 

         一回表の攻撃で3点を先制した松山商業。そして2回裏、8回
         裏の攻撃でそれぞれ1点を返し、1点差まで詰め寄った熊本工
         業。しかし試合は9回裏。スコアは3-2。ツーアウト走者なし。
         その少年は、優勝まであとアウト一つというところまで漕ぎ着け
         た味方ナインへ、ベンチの中から声援を送っていました。

         松山商業3年生・矢野勝嗣選手。

         本来ならば、このとき彼は、ライトのポジションで優勝の瞬間を
         迎えるはずでした。
         しかしこの時ライトを守っていたのは、エースピッチャーの渡部
         真一郎。先発ピッチャーの2年生新田浩貴のリリーフ要員とし
         て、また打撃の主軸となるべく、矢野の代わりにそのポジション
         を守っていたのです。

         矢野選手は、晴れの決勝の舞台に立てなかった事を恨むよう
         な選手ではありませんでした。甲子園入りして間もなく、渡部投
         手と新田投手のローテーション事情から、自分が弾き出された
         事にも腐ることはありませんでした。
         むしろ、自分よりも力を付けてきた後輩たちの陰に回り、彼らと
         共に優勝をつかむことしか頭に無かったのかもしれません。

    1202716239.jpg 

         実は、彼はそれほど優秀な選手ではなかったのです。

         だいぶ前に何かのテレビで知ったエピソードなんですが、松山
         商業野球部では、当時練習の最後に“バックホームノック(?)”
         なるものがあって、これを矢野選手が大の苦手としていたという
         ことなのです。

         “バックホーム・ノック”の内容はいたって単純。投手・内野手・
         外野手と順番にノックを受け、捕球したらバックホーム。成功し
         た人間はベンチへ下がるというものです。しかし、その過程で誰
         か一人でもミスをしたら最初からやり直しという、厳しいオマケ
         ルールがついていました。これは当時の監督・沢田勝彦氏の発
         案した、言わば精神的なプレッシャーを克服する練習だったの
         かもしれません。

         投手から始まって、全ての内野手がバックホームを成功させ、
         レフト、センターがベンチへ下がり、そしてライトの矢野選手。
         …ところが、決まって最後の矢野選手がミス。当然投手から
         またやり直しです。何度も何度も…。

         「矢野!オマエのせいで練習が終わらん!」

         仲間からは罵声も飛んだといいます。
         監督やコーチも、矢野選手を使うかどうか、信頼に足るのかど
         かで意見が割れていました。

    1202716314.jpg 

         しかし沢田監督は、どうしても矢野選手を切り捨てることができ
         なかったのです。守備力はあるものの、プレッシャーに弱く、下
         級生にも追い越されようとしている矢野選手を。

         その理由はナゼか。

         ・・・・・・・・・・

         それは、矢野選手がひたむきだったから。

         他の誰よりも、真面目で、努力家で、一生懸命だったから。

         仲間に罵声を浴びせられたその後で、毎日ただ一人、真っ暗な
         グラウンドで、バックホーム練習を黙々と続けていたから。

         「アイツはきっと応えてくれる。その時がいつか来る」

         そう思っていたからなのです。

         ・・・・・・・・・・

         そして熊本工業との決勝戦。この日も、ベンチから味方のナイ
         ンを励まし、コーチャーズ・ボックスで声を枯らし、味方を鼓舞し
         続けていた矢野選手。優勝まであとアウトひとつ。最後の夏。
         彼の高校野球はベンチの中で幕を閉じようとしていました。

         熊本工業の最後のバッターは1年生の沢村選手。
         大観衆の見守る中、松山商業の2年生・新田投手の投げた初
         球は緩やかな変化球…そして…。

    1202716592.jpg 

         カキンッ!

         ・・・・・・・・・・

         ウワアアアア!!

         ・・・・・・・・・・

         短い金属音の後に訪れたのは、熊本工業ナインと、その応援
         団の歓喜の雄たけびでした。

         同点ホームラン。

         3-3。土壇場で、試合は振り出しに戻り、そのまま延長戦へと
         突入していくことになったのです。

         ・・・・・・・・・・

         続く10回裏。勢いに乗る熊本工業は、先頭打者の星子選手が
         二塁打を放ち、ノーアウトでサヨナラのランナーを得点圏へ送り
         込みます。
         松山商業は、意気消沈している新田投手を諦め、ライトを守っ
         ていた渡部選手をリリーフへと送り込み、新田投手はそのまま
         ライトのポジションへ。
         さらに、送りバントでランナーを三塁へ進めた熊本工業に対して
         、松山商業は満塁策を選択します。

    1202716653.jpg 

         ワンアウト満塁。

         ヒット、フォアボール、犠打、もちろん失策も許されない場面。
         1点入れば熊本工業の初優勝が決まります。
         松山商業はまさに絶体絶命となりました。

         そして…

         …その奇跡は起きたのです。

         ・・・・・・・・・・

         ココから先は動画で!↓↓↓

   

         試合のダイジェストはコチラから↓↓↓

   

                                   ★★★★★★★★★★

          “努力は決して人を裏切らない”

          そのことを証明してくれた素晴らしい夏のドラマでした。

          ちなみに今、矢野選手は営業マンとして奮闘中とのこと。
          素晴らしいですね!(・∀・)ガンバレ!!

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
             「なんとなくガッツがでてきた!」という方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                      人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!
ヤセガエルさん野球もけっこう詳しそうですね(笑)!(カテゴリに野球ありましたものね)
自分はペナント等は今のところあまり見てないのですがこの高校野球は
「負けられない戦いがそこにはある!」
の連続で感情も移入してみてしまいます!
矢野って聞くと「貴章」って合言葉のように出てしまいますが、この矢野選手の物語は
感動してしまいましたヨ!(単純な者です)

投稿 masuda323 | 2007.10.29 19:52

To masuda323さん
こんばんは!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

私も、最近のプロ野球にはあまり執着が無いのですが、
野球は観るのもするのも大好きです。もしかしたらサッ
カーよりゼンゼン詳しいかもしれません。(^-^;)

masuda323さんも、ブログで高校野球を取り上げていら
っしゃいましたね。仰る通り、正真正銘負けられない戦い
ですから(しかも3年間の成果が問われるわけですから)、
彼らの全力で戦う姿からは、とても貴いものを感じます。

一本目の動画は某国営放送の実況ですが、常に冷静な
はずのN●Kアナウンサーが、もう絶叫してますもんね。
それだけヒトを熱くさせるゲームだったのでしょう。

今年も劇的な決勝戦でしたし、来年の熱戦も楽しみです!

投稿 ヤセガエル | 2007.10.30 00:44


スポンサーサイト

テーマ : 高校野球    ジャンル : スポーツ

 

 


 

 

★星空でいこう♪おうし座流星群・2007★


    1202717547.jpg 
    
                 【星に願いを】

 

         皆様ごきげんいかがですか?
         今宵は、シャカタクの“ Out of This World” に乗せて、
         おうし座流星群のお話をしたいと思います。(・∀・)★
         (↑ プレイヤーのボタンをクリックしてね♪ )

         11月上旬、おうし座南流星群と、おうし座北流星群の二つの
         流星群が極大を迎えます。2007年の南流星群は3日~8日
         頃、北流星群は12日頃がピークになると予測されており、条件
         が良ければ一時間当たり8個程度の流星が見られそうです。
         (噂ではもっと期待できるとか!  ゜∀ ゜)

         上の画像は11月8日、夜11時の東京の夜空(シミュレーション
         画像)です。流星の放射点は、南流星群が画像のおうしの口元
         辺り、北流星群はプレアデス星団の辺り。数は少なくとも、爆発
         しながら落下する大火球が出現することもあるダイナミックな流
         星群です。ココはひとつ、普段とは違う特別な願い事をしてみて
         はいかがでしょうか。爆発のパワーが、その願い事をかなえてく
         れるかもしれませんヨ♪

         ちなみに私は・・・先日拙ブログへ訪問してくださった、天使のよ
         うにピュアでキュートな女性の、夢がかなふようにお願いしてみ
         ようと思っています。(・∀・)b★

         というワケで、先日のオリオン座の流星には“世界征服”
         をお願いしたヤセガエルでございました。(子供かい!)

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                    ご訪問ありがとうございました!
           「大火球に願い事するぞ!」と決意された方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


トラックバック(転載)

» すごい!喋りまくる謎の女性・・・orz.. [天使が舞い降りる†FLOWER ROAD]
みなさま こんにちは^^ 先日、前のお家を片付けていましたら、あるCDが出て来ました。 音楽CDではなく、あるラジオ番組の放送を収録したCDです。 リオン・ウェア氏(marieの前プロデューサー)が、出演したインタビュー番組です。 ・・・が、 リオン氏は、殆ど喋っていません。^^? 聴いていると、ある女性が、リオン氏の代わりに大変熱っぽくリオン氏の音楽について語っています。 「リオン・ウェアは...
[続きを読む]

受信: 2007.11.10 12:55

» SHAKATAKのライブに『Invitation』して頂きました♪ [天使が舞い降りる†FLOWER ROAD]
みなさまこんにちは!今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。 少し前のものですが、東京ビルボードで行われたshakatak(シャカタク)のライブに行ってきました!(先月の16日です。) MTNYさんが連れて行って下さったんです。(上の写真も全部載せていいよ…と言って頂いたのですが…。実はこの中にも写っていますよ^^) このブログの10月1日の記事天使(ティエンシ)のささやき…♪のコメント欄で、 若山教授のサイトを見たMTNYさんが東...
[続きを読む]

受信: 2007.12.10 18:23


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in YouTube / MICHEL CAMILO♪


           ジャズを愛する皆様、今宵はいかがお過ごしですか?
           本日は“グレイテスト・アーティスト in YouTube”の第4弾!
           ラテン・ジャズの名ピアニスト、ミシェル・カミロを特集します。

           超絶パーカッシブ・プレイに、腱鞘炎必至の高速ソロ、そして美
           しく扇情的なメロディ。全部で4曲!Here We Go~♪

                               ★★★★★★★★★★★★

           まずは、美しく艶やかに“ Thinking of You” 。カミロ氏の意外
           と(?)繊細なタッチが全編に渡って楽しめる佳作。聴かせます。

   

         二曲目は以前にもご紹介した“ Blue Bossa” を再びピックアップ
         します。コンガとのパーフェクトなシンクロが神!よいぞよいぞ。

   

         お次は懐かしい映像。’90年、斑尾で行われたニューポート・ジャ
         ズ祭から“ Suite Sundrive Part1”。若い!…ハゲてるけど。

   

         ラストはフラメンコ・ギターの名手、トマティートとのデュオです。
         またか!と言われるかな?また“ Spain” です。好きなもんで。

   

                               ★★★★★★★★★★★★

          さて、今回の特集はいかがでしたか?
          カミロさんのスーパー・エクセレント・プレイをご堪能いただけま
          したでしょうか。テクニックも歌心もアリアリの、素晴らしいアー
          ティストですよね。無いのは毛髪だけ!グ~~レイテスト!!

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
       カミロさんの「ナチュラルなモヒカン刈りに萌え~」な方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PETER WHITE / Confidential♪


    1202731249.jpg 

       【木綿藤吉、米五郎左、かかれ柴田に退き佐久間】

         ↑ コレ、なんのコトだかわかります?

         ニヤリ…としたアナタはおそらく戦国時代通。そう、コレは戦国
         時代末期、かの織田信長家中で活躍した四人の重臣を評した
         戯れ歌の一節です。

         すなわち、藤吉(木下秀吉)は木綿のように便利な男。五郎左
         (丹羽長秀)は米のように欠くべからざる男。柴田勝家の先陣
         における勇猛ぶりは家中に並ぶ者がなく、佐久間信盛の冷静
         沈着さは退却戦にうってつけ…という具合です。

         「で、このアルバムと、どんなカンケイがあんのさ?」

         ハイハイそうですね。実は作品の前に、ピーター・ホワイトその
         ヒトのことを語りたいと思いまして。(^-^)

    1202731368.jpg 

         ↑ ホワイトさん。イギリス・ロンドン生まれ。御年53歳。
         ’90年にソロ・デビューを果たし。現在までに11枚のリーダー・
         アルバムを発表しているスムースジャズ・ギタリストです。

         ホワイトさんの演奏は、聴いた瞬間に衝撃を受けるような個性
         や、アッ!と驚く超絶技巧を発することはほとんどありません。
         朴訥・誠実・謙譲・温厚(これでもか!)なプレイ・スタイル。共演
         者を盛り立て、引き立てていくような地味なスタイルですね。
         しかしその真摯な演奏は、数多くのミュージッシャンから必要と
         され、参加したアルバム作品は実に100作以上!スムースジ
         ャズの黎明期である’80年代後半から現在に至るまで、その
         ジャンル確立への貢献度はトップクラスだと誰もが認める存在
         であり、 アメリカ “The National Smooth Jazz Awards”
         でも、3年連続(’01年~’03年)でベスト・ギタリスト賞を授与
         されるという輝かしい実績も残しているアーティストなのです。

                  1202731638.jpg 

         ↑ “米五郎左”こと丹羽長秀さん。

         信長が餓鬼大将の頃から付き従い、木下秀吉のようなきらび
         やかな機略や、明智光秀のような学識は無くとも、忠実一途に
         職務を遂行し、織田信長の覇道に多大な貢献をした偉大な一
         般人・丹羽長秀さん。ものすご~く遠いんだけど(強引だけど)
         なんとなく…キャラが共通しているなぁ…と思ったワケでして。

    1202731700.jpg 

         さてさて、本日ご紹介するのは、そんなホワイトさんの’04年発
         表作品“ Confidential” です。

         このアルバムはホワイトさんのリーダー作ですから、当然主役
         たるべきギターにスポットライトが投射されている・・・・・・・・・・・
         ・・・と思ったら、コレが大間違いで(笑)、バックが盛り立てよう
         盛り立てようとすればするほど周りと同化していく、ある意味名
         人芸的なポジショニングが聴きどころとなっています。

         ブレンダ・ラッセルのヒット曲を、クリストファー・クロスのヴォー
         カルで焼き直した She's in Loveミンディ・エイバー
         のソプラノ・サックスと、ホワイトさんのギターが爽やかに絡む
         Are You Mine 。デイヴィッド・スパークマンのヴォーカル
         をフィーチュアしたナンバーLost Witout Your Love
        
“鍵盤王子”ことブライアン・カルバートソン君が大大大活躍の
         Confidential コンガとシェイカー以外の全トラックを
         ホワイトさんが担当した(驚)Jump on It では、自らの手
         による情熱的なピアノソロを披露しています・・・・ってギターは
         あまり頑張ってないけど(笑)オススメです。

    1202731748.jpg  

         そんなこんなでトラック数は全11曲。上に挙げた楽曲はいずれ
         もホワイトさんの“お米っぷり”が堪能できる佳作です。今回は
         その中から試聴ファイルへのリンクを二つほど貼っておきます
         ので、よろしかったら五郎左…じゃなかった“ホワイトさんワー
         ルド”を体験してみてくださいね!(・∀・)b~♪

                   ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                ① Coast Road Drive
                               ② Talkin' Bout Love
                               ③ How Does It Feel
                                  ④ She's in Love
                                  ⑤ Are You Mine
                         ⑥ Lost Without Your Love
                                   ⑦ Confidential
                                  ⑧ Swept Away
                                   ⑨ Jump on It
                                   ⑩ Stormfront
                              ⑪ Endless Journey

      

   

                                 


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
         「相変わらず強引なレビューだのう」と思った方、
      
ランキング投票に憐れみの清き1クリックをお願いします!
                ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

暫く、コメントを自粛していましたが、このアルバムを紹介されては、私は黙っていられません!

ピーター・ホワイトは、強い個性を持っている方ではありませんが、
これほどまでか!というほどに「優しい」スムーズ・ジャズをプレイしているギタリストは、そうそういないかと。
典型的とも捕らえられますが、それが個性であって、有線でさらりとながれていても、「あれ、彼じゃないか?」とハッとなることが。
このアルバムのお気に入りはクリスが参加の#4。
彼の柔らかい声色がお気に入りで、後にブレンダ・ラッセルがオリジナルだと知った曲。
ラッセルのヴァージョンもお気に入りです。カーク・ウェイラムのアウトロのソロとかも。


・・・というか、いつも引けに出される人物が面白いなぁ

投稿 でんた | 2007.10.26 00:19


To でんたさん
こんばんは♪(・∀・)
コメントありがとうございます!

でんたさんから久々のコメントを頂いたとあっ
ては、私も黙ってはいられません!(^-^)

でんたさんのお気に入り“She's~”は、ホワ
イトさん本人も大変なお気に入りだそうです。
製作前に、この曲のヴォーカル候補にクリスト
ファー・クロスが挙がった時も相当な興奮っぷ
りだったようで、

「本当に彼(クリス)が参加できるのかい?
それは素晴らしい!絶対実現したいね!!」

…てなカンジだったとか。(ご存じでした?)
もちろん私も“お気に入り”です!

でんたさんご指摘の“優しい”、“典型的”な曲
作りという部分は、ホワイトさんの核心部分です
よね。でもコレ(スムースさ)って、限られたアー
ティストしか持ち得ない特殊なセンスであって、
誰にでも持てるものではないと。そういう意味で
も、ホワイトさんの“お米っぷり”はスゴイなと
つくづく思ってしまいますね。

投稿 ヤセガエル | 2007.10.26 01:12


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋に聴きたいラブソング2♪


    1202733563.jpg 

         本日は、私のお気に入り夜景スポット、湘南平の画像をバック
         に、“秋に聴きたいラブソング”の第二弾をお届けします。

         全世界を感動の渦に巻き込んだ傑作バラードから、ひっそりと
         可憐な花を咲かせた佳曲まで合計10曲!あなたの最も大切な
         人と一緒に、その人のコトを想いながら聴いてくださいね・・・・・
         ・・・って前にも書いたかなぁ。

     

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
              「なかなかグッド・チョイスだった!」と思った方、
             
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                    ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさん、こんにちは!
リトナーの「Is It You?」って懐かしい。
当時話題だった『RIT』に入ってた曲ですよね。
レコード持ってます。このアルバムも大好きでした。
AORは高校生の頃よく聴きました。
たまにはこーんなラブソングいいですね。
でも、一緒に聴く人いないなぁ。

投稿 pooh | 2007.10.21 13:34


To poohさん
こんばんは(・∀・)/
ようこそおいでくださいました~♪

“Is It You? ”、名曲ですよねえ。
今回ご紹介したのはエリック・タッグじゃないバージョン
ですが、なかなか洗練されていてヨイと思いません?

私も“Rit”は穴が開くほど聴き込みましたよ!このアル
バムのナンバーは、歌、ギター、ベース、シンセ、なんで
もコピーしましたね。…マトモに弾けたのはベースだけだ
ったスけど…(・ω・;)

それにしてもpoohさん、「相手がいない」だなんて本当か
しらぁ…?(疑)  (б・∀・)б
もしそうだとしたら“愛しい人”を想いつつ聴いてくださいね。
別に相手は非現実的な方でもOK。木村拓哉クンでも、ス
ティーブン・タイラー氏でも。

…おおっと…失礼いたしました m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.10.21 20:11


無題

嗚呼~Jeffさんのtune、ナイスですねー♪
ぅーん、潮風に合いますなー。懐かしいぃ!!
lee様のis it you?あー、こういう曲もありましたねー。でも、30秒で消えちゃって、くやちぃ。。こうやって聴くとホイットニーの曲も、違和感なくAORのように、聴けてしまえますねー。不思議~*

JJ 2008/05/25(Sun)21:43


To JJさん
ドモドモ。(・∀・)
コメントありがとうございます♪

コチラのコンピはだいぶブラコンしてましたね。
キャリン・ホワイト&マイケル・ジェフリーズの
歌う(ジェフ・ローバーの)ナンバーは、実はリ
アルタイムではなく最近知った曲なんです。7曲
目のジェイ・グラスカのナンバーと並んで、本コ
ンピの目玉でございます。

"Is It You?"は、いつの間にかフルレングスじゃ
なくなってた…。残念ですが前後のバランス取り
が悪くなっちゃったのでコンピからサヨウナラ~。

コチラは初夏にはイマイチ似合いませんかね。
秋になったらまた聴いてくださいませ~。

ヤセガエル
2008/05/26(Mon)22:27

テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋に聴きたいラブソング♪


    1203327716.jpg 

         ↑先日、外で食事をした際に撮影した、地元のブルーモーメン
         トです。ちょっといいムードじゃございません?
         (※画像が消えてしまったので、フリー素材サイトから代わりの
         ブルーモーメント画像を貼りますね!2008.2.18)

         本日は、深まる秋の(↑こんな)黄昏時に似合うラブソングを、
         コンピレーション形式でお送りしたいと思います。

         総トラック数は9!できれば、もっとも愛を注いでいる方と、もし
         くは、その方を思い出しながら聴いてくださいませ♪

     

                       ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
        「なかなかグッド・チョイスだった!」と思った方、
          
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

どうも初めまして、でんたといいます。
時折このブログにはうかがうことはあったのですが、
この度初コメントします。

いつもいい選曲していて、ヤセガエルさんよりいいミュージシャンを見つけることも少なくありません。
興味のある記事にコメントしようとすると膨大な数になりそうなので、それは自粛します(^^;

今回もポーリンの"stay"を発見できたりと。
調べてみるとアルバムIntuitionに収録されているみたいですが、
廃盤なんでしょうかね?
私はネットでは買わない主義なので・・・
ま、今度レコード屋に行ったときに探してみます。
今度からなるべくコメントするようにしますね。
それでは。

投稿 でんた | 2007.10.15 23:39


To でんたさん
はじめまして!(・∀・)/
ご訪問&コメントありがとうございます♪

でんたさんの、「ポーリンの…」というコメントを拝読して
有頂天でございます(喜)。というのも、今回の目玉が
この“Stay”なワケでございますので。(^-^)

ご指摘の通り、この曲はアルバム“Intuition”に収録
されています。廃盤にはなってないようですが、ショップ
で見かけた事は無いですね。ただ、ウチの近くにあるブッ
●オフ5軒中2軒に置いてありましたから、あるいはそう
いうルートの方が確率高いかもしれません。(邪道?)

“Stay”以外もイイ曲ありますよ♪6曲目にトラッキング
されている“One Chance”もナイスです。(・∀・)b★

ちなみに膨大コメントも大歓迎ですヨ~♪
お気軽にコメントつけていってくださいね!

投稿 ヤセガエル | 2007.10.16 02:47

うーん、気持ちがよい選曲です~
秋のテーマのせいか?秋風を感じてしまいましたが、十分、この季節の初夏の夜に、バッチグー
(えどはるみゲスト)笑

JJ
2008/05/25(Sun)21:37


To JJさん
こんばんは~♪(・ω・)

お楽しみいただけたようで何よりです。
エドはるみ女史にも。( ̄▽ ̄)

個人的な大プッシュは、一曲目のボビー・コール
ドウェル、さーん!(`д´)曲目のポーリン・
ウィルソン、ろくー(`д´)曲目のシカゴ等々で
ございます。

なるほど…初夏にもイイかも。このコンピ。
(自画自さーん! `д´)

ヤセガエル
2008/05/26(Mon)22:12

テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in YouTube / GINO VANNELLI♪


         AORを愛する皆様、ご機嫌いかがですか?
         本日は“グレイテスト・アーティスト in YouTube”の第3弾、ジノ・
         ヴァネリ編
をお届けいたします。
         号泣モノの感動ライブから、「見るんじゃなかった…」と、思わず
         後悔する笑撃の秘蔵映像まで、合計4本!Here We Go~!

                    ★★
★★★★★★★★★★

         トップを飾るのはライブのスタンダード“ People Gotta Move”
         映像は最近のものですね。年取らないナ~、ジノさんは。(羨)

   

         お次は、不滅のバラード“ I Just Wanna Stop”。オーケストラを
         従えての熱唱に、オーディエンスも合唱で応えます。感涙モン。

   

         近年、一緒にツアーを行っているピアニスト、ミケル・ボルストラ
         ップがシブイ演奏で魅せる“ Don't Give Up on Me”。新境地!

   

         ラストは笑撃映像!悪名高いジノ・ダンスが炸裂しまくりの4分
         58秒。きっとアナタは思うはず。「見なきゃよかった…orz」と。

   

                               ★★★★★★★★★★★★

         さて、今回の特集はいかがでしたか?
         個人的には4本目の“ Appaloosa” に尽きる(結局好きな)ワケ
         ですが、皆様のおクチに合うかどうか…。(笑)

         サイケに走ったり、極上のバラードを書いてみたり、JAZZやっ
         たり、クラシックに首突っ込んだり、趣味の良し悪しはともあれ、
         異能の才人、“グレイテスト”なアーティストではないでしょうか。

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
          「すごいモノを見た!」とツボに入ってしまった方、
              
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんにちは。
Appaloosaの映像、私もちょうど
先日見ていたところでした。
こゆいですね!

投稿 猫ケーキ | 2007.10.15 19:13


こんばんは。
「ジノ・ヴァネリ」良かったです!
覚えておきたいアーティストでした。

投稿 masuda323 | 2007.10.15 20:35


To 猫ケーキさん
こんばんは(・∀・)♪
ようこそおいでくださいました!

ご覧になったのですね。この“こゆい”ヤツを(笑)。
日本でジノのPVがメジャーになったのは、あのサイケな
ファッションをやめた後(アルバム“Nightwalker”以後)
だったせいもあり、あの頃のジノ・ワールドを知らずに今
に至っている方も多いようですね。

私の友人は、’90年代に入って初めてジノのLIVEを観て、
(というか、初めて動くジノを見て)回復不能のダメージを
受けてました。

今では大学教授みたいになっちゃって、面影は全く無い
ですね。一番最初のLIVEではちょっと踊ってますが(^-^)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.15 23:20


To masuda323さん
お久しぶりです!(・∀・)/
ご訪問&コメントありがとうございます♪

えーっと、ようこそ“変態ジノ・ワールド”へ!(笑)
というか、最近はオランダのジャズ・ピアニスト、ミケル・
ボルストラップ君とジョイントしてますから、全然変態じゃ
ないんですけどね。

masuda323さんのようなJAZZ好きな方であれば、昔の
AOR系のジノよりも、最近のJAZZ系ジノの方がとっつき
易いかもしれません。YouTubeにも、二人の動画が、か
なりUPされてるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

投稿 ヤセガエル | 2007.10.15 23:33


ヤセガエルさん初めまして!
うわ〜〜〜!!!もう何と言っていいのか・・・素晴らしいです!!!(涙)
ジノ・ダンスは初めてみました。むむむむむ、、、

私はシンガーソングライターなのですが、彼氏がジノのファンで、彼からジノの音楽を教えてもらったんです♡
昨夜も”秋はジノの音楽がぴったりだね”って、『Crazy Life』とか『Powerful People』をずっと聴いていたんですよ♪

youtubeが見たくなって検索したらここに辿り着き、余りのシンクロにびっくりしました!!!

明日彼と二人でこのヤセガエルさんのブログを読みたいと思います^^
同じ神奈川県なんですね!
(彼も音楽のHPを持っているのですが、その中にもGino Vanelliの部屋があるんですよ^^)

これからもどうぞよろしくお願い致します^^^^

 


投稿 marie | 2007.10.18 05:49


To marieさん
はじめまして!(・∀・)/
ご訪問+コメントありがとうございます♪

『Crazy Life』、『Powerful People』!
素晴らしい(・ω・)b♪ どちらも名曲・名アルバムですね!

YouTubeでのオススメは、ノース・シー・ジャズ・フェスティ
バルで、メトロポール・オーケストラと共演した各曲。
それと、TV番組においてミケル君とジョイントした(ピアノと
ヴォーカルのみ)映像ですかね。
拙ブログでもご紹介してますが、是非ご覧いただきたいです。
きっとmarieさんの琴線に触れるんじゃないかと思いますよ♪

また、明日、彼氏さんと拙ブログへご訪問いただけるとの事
で、大変楽しみにしております。ご覧いただけたら、また感想
いただけるとウレシイですね。…本職シンガーさんの視点から
見られるとなると若干不安ではございますが…(・∀・;)

こちらこそ、今後とも宜しくお願い申し上げます♪m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.10.18 19:34


テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪FOURPLAY / Elixir♪


    1203330773.jpg 

          【奥底から放たれるオーラ】

         ’95年。発売された当時、こういう大作を論評しなきゃならない
         音楽ライター、批評家の皆さんはさぞ大変だったことでしょう。

         この作品の内容と、その意義をまとめるには、おそらく用意さ
         れた時間も文字数もまったく足りなかっただろうし、ある意味、
         論評する側の識見やセンスを問われるほど完成度の高い作品
         だったのですから。FOURPLAYの3作目、“ Elixir” は。

         たとえば、AmazonにあるCDジャーナルの商品説明の抜粋文
         などは、ライターさんの悪戦苦闘の跡が垣間見える好例です。

         ・・・・・・・・・・

         “水の入ったグラスの中へ、色の付いた液体がゆっくりと溶け
         込んでいく。こういう音楽は、やろうとしてやれるもんじゃない。
         フォープレイの第3作は熟成を深めた。4はF.コリンズ,8のパティ
         &ピーボのヴォーカル曲。まろやかな心休まる時間が過ぎる。”


         ・・・・・・・・・・

         …いかがですか?

         これは要するに、頭にあるイメージを表現しようとして、様々な
         具体的単語、比喩を並べてみるものの、なかなかそのイメージ
         に辿り着けずに、遂には締切りが来てしまって力尽きた(笑)と
         いう按配じゃなかろうかと推測します。可哀相ですね。

         でも仕方ない。相手は当代最高のプレイヤーが4人も集まった
         言わば“生ける伝説”のようなスーパーグループ。彼ら自身が
         ライナーノーツでも書かない限り、作品の意図や意義なんか、
         絶対にわかりっこありません。本当にさぞ大変だったでしょう。

    1203330912.jpg 

         さて、プロの方々が的確に批評できない程の作品を、素人の、
         しかも“お気楽ブロガ~”である私が定義するのは当然不可能
         です。一言レビューもムリ。小学生の絵日記レベルの感想文に
         なるのがオチですね。(じゃ、書くなよ~)

         ただ、私が最初にこのアルバムを聴いた時の“感覚”なら説明
         できるかな??

         ・・・・・・・・・・

         オープニング・トラックの“ Elixir” が終わった時にですね。
         私、自分の周りから拍手が起こりそうな気配を感じたんです。
         最近流行の江原さん系スピリチュアル・トークじゃないですよ。
         自分が“ライブ会場に居るような感覚になった”ということです。
         2曲目以降も同じ。CDを聴いているという感覚ではなく、ライブ
         で聴いているような臨場感に襲われたんですね。

         “水の入ったグラスの中へ~…” という表現は言い得て妙だと
         思います。聴覚から脳の中枢へゆっくりと浸透していくような、
         肌理の細かいサウンドですね。これは彼らの得意とする部分。
         しかし私が最も感じたのは、4人が発する、FOURPLAY
        
という集団の激しいパッション。高温のオーラでした。

    1203330977.jpg 

         ボブ・ジェームスのブリリアント・タッチを、様々な角度から堪能
         できるWhisper in My Ear は、ボブの息遣いやフット・
         ペダルを踏み込む音さえも聞こえてきそうなほどの出来。
         曲中に4ビートを織り交ぜながら、流麗かつドラマティックに展開
         していくMagic Carpet Ride は、主役と脇役を巧みに
         演じ分けるリー・リトナーの機智に富んだ演奏が、映像となって
         目の前に現れそうなライブ感で満たされています。
         East 2 West におけるネイサン・イーストの、スキャット
         &ソロを含む多彩なパフォーマンスは、フィンガリング時のアタッ
         ク音までが収録されており、Funny Mae では、ハーヴィ・
         メイソンの繊細なロールの一音一音まで余さず捉えています。

         全てのトラックで共通しているのは、4人の演奏内容を曇らせ
         たり、遮るようなオーバー・アレンジを排除している点。楽器の
         音色、インパクトの強弱、イントネーション、アンサンブルのタメ
         や爆発がそのまま伝わるような、極めて直情的でソリッドなプロ
         デュースが施されています。
         肌理の細かい、まろやかな演奏の奥底に渦巻く4人の情熱、見
         え隠れするオーラ、熱いミュージシャン・シップをハダで感じるこ
         とが出来る傑作。それがこの“ Elixir” なのです。

         このアルバムを聴くのなら、一枚まるごと一気に。上等のコンポ
         をお持ちなら、ヘッドフォンではなくスピーカーで、許される限り
         の大音量で聴いていただきたいですね。もしこの条件が満たさ
         れたのなら、作品演奏時間の1時間3分57秒の間、目を閉じ
         れば、そこはFOURPLAYのライブ会場へと変わるでしょう。

    1203331078.jpg 

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                          Elixir
                               ② Dream Come True
                                  ③ Play Lady Play
                   ④ Why Can't It Wait 'Til Morning?
                              ⑤ Magic Carpet Ride
                              ⑥ Whisper in My Ear
                                    ⑦ Fannie Mae  
                              ⑧ Closer I Get to You
                                   ⑨ East 2 West
                                       ⑩ Licorice
                                   ⑪ In My Corner

  

                                 


                        ★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
         「オマエも語れてないゾ!」とツッコミを入れたい諸兄、
          
ランキング投票に清き同情クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!ヤセガエルさん。
わかりました~。
すごーく素敵なんですね。是非聴いてみますね。

投稿 pooh | 2007.10.13 22:03


To poohさん
こんばんは(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

…要点が伝わりましたようで(?)ホッとしております(笑)。
フリージャズ&リトナー好きのpoohさんなら、きっとお気に
召されるんじゃないかと確信してますヨ~。

でも…。
聴き終わった後で、「アナタ、語れてないわネ」なんていう
ダメ出しはご勘弁くださいまし。m(__)m

またお気軽にお越しくださ~い♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.13 22:32


では、膨大にコメントしていきましょうか(笑)

このアルバムでは「魔法の絨毯」が好きです。
パティとの#8もオリジナルに勝るほどの出来栄えですし♪
フィルの#4はフュージョンとしてなら、
このオリジナルヴァージョンが素敵ですが、
ベスト盤のショートエディションもすっきりとまとまっている感じでいいですよ。

投稿 でんた | 2007.10.17 12:59


To でんたさん
こんばんは!(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます♪

やっぱり「魔法の絨毯」ですか!名曲ですよね。
私もこのアルバムの白眉だと思います。

ヴォーカル・ナンバーも良いですね。
発売当時は賛否両論あったようですが、私は“賛”
の側です。ピーボ・ブライソン好きだし♪
フィル・コリンズのナンバーにショート・ヴァージョン
があるというのは知りませんでした(ベスト持ってな
いんです)。今度借りてみようかな?

え~っと…あとですね、でんたさん。
今回いただいたコメント、お返事するのにお時間が
かかってしまうことをご諒承いただきたいです。
(一度に30件以上のコメントをいただくとは想定し
ていなかったんで…)…申し訳ないです。
時間の許す限り、一日で可能な数ご返事差し上げ
ますので、気長にお待ちいただきたく存じます。

それと(いや、ホントすみません)、こちら側の事情
なんですが、コメント覧のストックが限界を超えてし
まったようで、テンプレ・その他に不具合が起きて
しまっているようなのです。
このようなことになるとは予測できず、誠に恐縮なの
ですが、今回の分のご返事が完了するまで、暫時
新規コメントはご容赦くださいますようお願い申し上
げる次第です。すみません。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.10.17 21:11


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪オリオン座流星群・2007★


    1203332105.jpg 

                      【星屑を生むオリオンの棍棒】
   

         本日は、Oscar Peterson & Itzach Perlman“ Misty”
       
 をバックに、オリオン座流星群の話題をお届けいたします。
         (↑ プレイヤーの再生ボタンをクリックしてください♪)

         さてさて、2007年のオリオン座流星群。極大予想日時は10月
         21日午後10時頃~翌22日未明
となっています。
         月齢は9.9と明るいものの、日付が変わる頃には地平線に沈
         むため、その後の観測条件は良好でしょう。

         放射点はオリオンの持つ棍棒付近(上の画像参照)。予測され
         ている流星の数は、一時間当たり10~15個程度とのこと。夏
         のペルセウス座流星群ほどの豪華さはありませんが、毎年コン
         スタントに出現している流星群です。ジャコビニで空振りしてしま
         った方は特に、リベンジ観測にチャレンジしてみましょう!

         …って、そのジャコビニ。「晴れればイイや」なんて程度の期待
         も裏切られましたからね(雨天)。皆さん観られました?(・ω・)

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
          「リベンジするゾ!」という星空ファンの皆様、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


トラックバック(転載)

» オリオン座流星群とオーロラの競演 動画中継に成功! [オーロラ中継 Live!オーロラ]
24時間生放送中(オーロラ中継)携帯サイト: http://malive.jp PC版: http://aulive.net ------- Live!オーロラニュース Vol.16 10月21日に極大を迎えた今年のオリオン座流星群。アラスカ中緯度に設置されたLive!オーロラ観測所上空にも、予想を上回る数の流星が表れました。この日も動画中継を行っており、活動度はあまり高くなかったものの、オーロラを横切る流星の動画中継にも成功しました。流星群とオーロラの競演をカラー映像の...
[続きを読む]

受信: 2007.10.22 18:36


コメント(転載)

おはようございます。唯一10月6日の夜9時頃ですが、ジャコビニ??らしき大きめの星屑がシュワァ~っと南天(真逆)に消えていくのが見えました。今回はこれが一回きりでした。あとは、雨~雨~雨~┌(。Д。)┐無念。
あれから1年経つのですね。なんか、流れ星とおんなじであっという間という気がします。またこれからも、よろしくお付き合いください。
21日のオリオン座の前に、病院に行って風邪を治そうと思います。のどが…蓬堂より。

投稿 蓬堂 | 2007.10.20 08:00


To 蓬堂さん
こんにちは!(・∀・)/
いらっしゃいませ♪

ジャコビニはやっぱり厳しかったですねぇ。
こっちもですね、雨~雨~雨~でした…(TωT)
でも明日の予報は今のところ晴れ!( ゜∀゜)
星空のナビサイトでは、『今年のオリオン座流星群も期待大』
みたいな情報もあるし、たくさんの流れ星が見られそうです。

それにしても、超アクティブ系のミスター蓬堂が風邪とはっ!
のどの風邪には、ネギ巻いて水ガブ飲み!あるいは睡眠!
ムリせず休養してください~。(・ω・)/

それと、こちらこそ宜しくお願いいたします!m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.10.20 17:05


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪PATRICE RUSHEN / Signature♪


       1203332420.jpg 

             【爽やかな秋の昼下がりに】

         PATRICE RUSHEN
(パトリース・ラッシェン)。
         ある時はジャズ・キーボーディスト、またある時はポップス・ヴォ
         ーカリスト、さらにセッション・プレイヤー、アレンジャーと様々な
         ポジションで才能を発揮し、’80年代のジャズ、フュージョン界
         に華麗な足跡を残したマルチ・アーティストです。

         日本のフュージョン・ファンにとっては、(かなり売れていた)ソロ
         のパトリースよりも、リー・リトナーの“ Gentle Thoughts”
         のメンバー、あるいは、野呂一生(CASIOPEA)の1stソロ・アル
         バム“ Sweet Sphere” のキーボーディストとしての彼女の
         方が馴染み深いかもしれませんね。

         本日ピック・アップするアルバムは、 ’97年にリリースされた
         “ Signature” 。パトリース本来の、ジャズ・キーボーディスト
         としての魅力がキラリと光る好作です。

         脇を固めるミュージッシャンに、盟友フレディ・ワシントン(B)、
         ポール・ジャクソン・Jr.(G)、ポウリーニョ・ダ・コスタ(Per)、
         ジェラルド・アルブライト(A.Sax)、カーク・ウェイラム(T.Sax)
         らを配し、その中で歌うようにピアノを奏でるパトリースは軽や
         かでスムース。爽やかな秋の昼下がりにフィットするでしょう。

             ★★ おすすめトラックのレビュー&試聴はコチラ↓ ★★

       ? Almost Home 。パトリースの優美なピアノが主役のトラック
       です。ピアノ・ソロは流麗。ムード満点。MUNYUNGO  JACKSON
       (なんて読む?)のパーカッションのスペース作りも秀逸です。

       ? Days Gone By 。目を閉じて聴けば、そこは夕暮れの海岸。
       そんなムーディーなナンバーです。ピアノの主旋律とユニゾンを
       取っているフレットレス・ベース風シンセがキモ。いと麗しけり。

  

       ? L'Esprit De Joie ( The Spirit of Joy ) 。なんつーか、こうい
       うラテン・ジャズもサラリとやってしまう所がパトリースのスゴさ。
       アルト・サックスのジェラルド・アルブライトもハッスルしてます。

       ? Arrival はカリプソ風の佳曲ですね。季節的には初夏に似合
       いそうなナンバー。私的にイチオシですコレ。ポジションだけで
       なく、ジャンルもマルチなパトリースに脱帽です。サムアップ♪

  

         さて、本日ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
         実は彼女、ソロ・アルバムは、この“ Signature” が最新アル
         バムなんですね。最新といっても10年前の作品ですから、事実上
         の最終作なのかもしれません。

         厳しいコトを言ってしまうと、上に挙げたおすすめトラック以外には、
         「んん??」となってしまう楽曲もありますし、メンツのパフォーマンス
         も100%とは言いがたい部分があります。
         「パトリースなら、もっと出来たはず!」というのが私の偽らざる感想
         ですね。(ファンゆえの厳しい評価ということで)

         この作品のセールス不振が致命傷になったとは思いたくないので、
         21世紀初作品を華麗にリリースして、多くのファンに、その健在ぶり
         をアピールしてほしいです。

                           ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                     ? Almost Home
                                    ? Days Gone By
                                  ? Sweetest Taboo
                                     ? Sneaky Pete
                                          ? Softly
                          ? Hurry Up This Way Again
                 ? L'Esprit De Joie ( The Spirit of Joy )
                                    ? Wise Ol'Souls
                                        ? Oneness
                                          ? Arrival

                                   


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
          「パトリース復活希望!」のファンの皆様、
           
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)


ヤセガエルさんこんにちは。
パトリース大好きです。

おっしゃる通りこのアルバム、往年の彼女を知る者には「もっと出来たんじゃないか」、と感じさせる部分もあるものの、その健在ぶりをアピールした作品でした。が、もうリリースから10年たっちゃったんですねえ…。早いものです。

個人的には昔のようなポップな新作も期待しているんですが、まあ今更ありえないでしょうね、さすがに。

投稿 猫ケーキ | 2007.10.11 19:01


To 猫ケーキさん
いらっしゃいませ!こんばんは(^0^)/
コメントありがとうございます♪

やはり猫ケーキさんには通じましたね、パトリース!
個人的には、キーボーディストとしての彼女と同じ
くらい、ヴォーカリストとしてのパトリースがスキなん
で、また昔のようなブラコン(?)みたいなファンキー
なアルバムも製作してほしいです。(・∀・)

同時期に活躍したチャカ(カーン)だって新作出して
ますし、パトリースも負けずに頑張って欲しいなぁ~。
(チャカとは関係ナイっすか…)(・∀・;)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.11 22:20


10/7に丁度このアルバムを買った所でした。
国内盤の帯にインストアルバムってあったものだから、興味心身丸で。
それにディスカバリーからというレーベルの期待からも。
カークやジェラルド等の面々もいいプレイですよね。
調べてみると、MUNYUNGOはムニャンゴまたはマニャンゴと読むみたいですよ。

投稿 でんた | 2007.10.17 13:07


To でんたさん
こんばんは(・∀・)/
コメントありがとうございますっ♪

なるほど!“ムニャンゴ”もしくは“マニャンゴ”ですか。
あとで気付いたんですが、このマニャンゴさん、拙ブロ
グでピック・アップしたケニー・ロギンスのアルバム、
“Leap of Faith”にも参加していて、非常にムーディー
なプレイをしていました。

“Signature”でもスペイシーなプレイが光ってますね。
マニャンゴさん(なんかドラクエのモンスターみたい)の
パーカッションが無かったら、未加工の打ち込みが目立
っちゃって、かなり厳しいトラックもあったかもしれません。
このアルバムの陰の功労者ですね。

投稿 ヤセガエル | 2007.10.19 00:09


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DAVE KOZ / Lucky Man♪


    1203853350.jpg 

        【デイヴの“伊達キャラ”を決定付けた快作!】

         スムースジャズ界一の伊達男、DAVE KOZ( デイヴ・コーズ )。
         感情豊かなメロディを奏でるサックス、キャッチーな楽曲を生み
         出す優れた作曲能力、共演者のパーソナリティをも引き出す高
         いプロデュース能力、これらの特技を惜しみなく放出し、デイヴ
         の“伊達者”的キャラを確定的にした傑作が、’93年にリリース
         されたデイヴの2ndアルバム“ Lucky Man” です。

         デビュー作“ Dave Koz” と比較すると、音楽的志向はデビュ
         ー作のコンセプトをキープしながら、スケールとヴァリエーション
         を拡大したというカンジでしょうか。より楽曲のメリハリを際立たせ
         つつ、洗練度を深化させたという印象も受けますね。
         ラジオ・フォーマットよりもLIVE演奏を意識したラインナップとい
         うのは、前作と軌を一にする部分ではないでしょうか。

    1203853438.jpg 

         捨て曲ゼロの傑作ですが、あえてプッシュ曲を挙げていくと、
         ロベン・フォードのギターと、デイヴのサックスの掛け合いが楽
         しいShakin' The Shack 。こもった音色がユニークな、
         カーブド・ソプラノを使用したYou Make Me Smile
         フィル・ペリーをフィーチュアしたTender Is The Night
         LIVEでお馴染みのダンサブルなトラックSilverlining
         夕景に映えるC.リオスとの共作Wait a Little While
         いったところ。…でも、ホントに捨て曲は無いですヨ。(・∀・)b

   

   

    1203853523.jpg 

         先日のクリスマス・アルバムのリリースや、日本公演(ブルー
         ノート東京・五郎兵衛 風来坊さんのブログに詳細レポあり)も
         大盛況だったようで、いよいよ意気盛んなデイヴ・コーズ。スム
         ースジャズの(たぶん)後進国・日本のためにも頑張ってほしい
         次第です。(・∀・)

                          ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                ① Shakin' The Shack
                              ② You Make Me Smile
                              ③ Faces of The Heart
                  ④ Don't Look Any Further( Prelude )
                          ⑤ Don't Look Any Further
                             ⑥ Tender Is The Night
                                       ⑦ Saxman
                                     ⑧ After Dark
                                     ⑨ Lucky Man
                                     ⑩ Silverlining
                               ⑪ Wait a Little While
                              ⑫ Show Me The Way
                                        ⑬ Misty

                                  


                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       訪問ありがとうございました!
            やっぱりクドイSaxが最高!」と思う方、
            
ンキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!このアルバムはThis is Dave Koz!という感じがします。本当に若くしてProducerとしてもComposerとしても凄い人だと証明した作品であると思います。Blue Noteでも見事なエンターテイナーぶりは凄かったです。でも、その中でブロウの音圧が全く衰えないのは驚きです。ライブでのYou Make Me SmileとSilverliningはとても良かったです。

それと、ヤセガエルさんDaveの使っているソプラノ・サックスはカーブド・ソプラノというのですね。有り難うございます。

投稿 五郎兵衛 風来坊 | 2007.10.10 21:33


To 五郎兵衛 風来坊さん
こんばんは!(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

五郎兵衛 風来坊さんの仰る通り、この作品はまさに
“This is Dave Koz!”ですね。
デイヴ節も全開!出るトコ、抑えるトコが絶妙・至妙。
ブルーノートでは、このアルバムからも2曲演奏された
とのことで、間近でご覧になった五郎兵衛 風来坊さん
が羨ましいです~。( ̄∀ ̄)

カーブド・ソプラノの件、貴ブログへのコメントでお知らせ
したかったのですが、(楽天じゃなかったので)やっぱり
コメント弾かれちゃいました。(・∀・;)でも、お伝えでき
て良かったです。

それと、本記事から、五郎兵衛 風来坊さんのライヴ・
レポートへのリンクを貼らさせていただきました(事後報
告で恐縮です)。もしご都合が悪ければご連絡ください
ませ。では。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.10.10 23:54


先週10/6に彼のライヴに行ってきました。
このアルバムからは#2,7,10をやってくれました。
#2はホント聴いていてハッピーですし、
#10もライヴに似合う曲で、#7は一段とファンキーでした。
いやぁ、よかった。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚

投稿 でんた | 2007.10.17 13:14


To でんたさん
こんにちは!(・∀・)/
ご訪問+コメントありがとうございます♪

2曲ではなく3曲でしたか!
でんたさんもDAVE祭り(?)に参加されたんですね!
イイなぁ…マジ羨ましいッす。( ̄∀ ̄)

#10の“Silverlining”は、私の敬愛する(ジェフ)ローバー
さんの楽曲ですね。DAVEの持ち曲の中でもベスト3に
入るクールな楽曲だと思います。ホント羨ましい…。

投稿 ヤセガエル | 2007.10.20 17:24


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DAVID FOSTER / River of Love♪


       1203853944.jpg 

            【ディス・イズ・AOR!】

         今回も“秋に聴きたいアルバム”をピック・アップしてみました♪

         ご紹介するのは、’90年に発表されたデヴィッド・フォスターの
         作品River of Love 。「これぞAOR!」ってカンジの、
         美しくて切ないヴォーカル・ナンバーが満載された秀作です。
         ドライブのお供に大活躍。デートのBGMにジャスト・フィット!!
         曲によってはクリスマスまで引っ張れる、秋・冬シーズンにピッタ
         リのアルバムですヨ★(・∀・)b★

                   ★★★★ おすすめトラックはコチラ↓ ★★★★

         River Of Love
         デヴィッド本人を除けば、このアルバムの主役と言ってもいい
         ウォーレン・ウィーブの、力強いリード・ヴォーカルが魅力的な
         オープニング・トラック。ゴスペル風アレンジが特徴的です。バ
         ックのハスキーなボーカルは、あのブライアン・アダムスです。

         This Must Be Love
         数多いデヴィッドのバラードの中でも、おそらく最強クラスでしょ
         う。コレは。前述のウォーレン・ウィーブとジェフ・ペッソットの、
         (ある意味気色ワルイ)男同士のデュエットです。オトコとオトコ
         のぶつかり合いです。愛のぶつかり合いです。たまりませぬ。

   

         Grown-Up Christmas List
         ナタリー・コールをフィーチュアしたクリスマス・ソングの傑作。
         “カラー・パープル~愛のテーマ~” の系統ですね。コレもまた
         最強クラスです。クリスマスを二人っきりで過ごすなら、こういう
         ナンバーをセレクトしましょう。たとえそれが男同士であっても。

   

         All I Ever Needed
         デヴィッドと同じカナダ出身の、マイク・レノが絶叫する勇ましい
         ナンバー。男女デュエットのヒット曲Almost Paradise
         のノリも良いのですが、こういうラヴァーボーイ系の若々しいの
         もイイかも。マイクは一人で歌ってますね。残念。(何を期待?)

                            ★★★★★★★★★★★★★★★

         このアルバムは、リリース直前まで力を注いでいた、インストの
         映画音楽から離れて、意図的にヴォーカル曲をプッシュしてい
         ます。AIRPLAY とかでデヴィッドのファンになった方なら、
         「お~コレだよ、コレ!」ってカンジだったんではないでしょうか。

         また、この後デヴィッドが、映画『アラジン』のテーマや、『美女と
         野獣』のテーマ(共にデュエット・ナンバーの名作)を生み出した
         ということも興味深いですね。ある意味このRiver of Love
         の延長線上に咲いた花なのかもしれません。ウォーレンとジェ
         フの愛のぶつかり合いもムダではなかったと。(まだ言うか、と)

         これから深まる秋。ちょっと人恋しくなる季節。大切な人と過ご
         すひとときを、デヴィッドのバラードに託してみてはいかがでしょ
         うか?きっと二人の時間を美しくデコレートしてくれると思います
         ヨ。・・・・・・・・・・・・オトコ同士であっても。(最後まで言うか、と)

                          ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                    River of Love
                                      ②
Walkaway
                                ③ This Must Be Love
                                ④ Is There a Chance
                                        ⑤ Freedom
                         ⑥
Grown-up Christmas List
                                ⑦ You're The Voice
                            ⑧
Living for The Moment
                               ⑨ All I Ever Needed
                                 ⑩ One Step Closer
                                      ⑪ Inside You

                                   


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
             「男同士で何が悪い!」という硬派な方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

何故かブックオフに行くと彼のアルバムは
ジャズのコーナーにおいてあることがあるんですよね。
ブックオフの基準がなんとも微妙に思うこともあるのですが、
おかげで棚ボタ的なこともありますよね。
オトコ同士のぶつかり合いはヤだなぁ・・・

投稿 でんた | 2007.10.17 13:20


To でんたさん
こんばんは(^0^)/
コメントありがとうございます♪

そうなんですよね。
ブック●フのジャンル分けって、結構“思い込み”で分けられ
てたりしますよね。たまに、「うわあ!なんで?」というような
摩訶不思議な分類のされかたがあったりして。

スムースジャズ系は、たいていジャズじゃなくて洋楽コーナー
に混ざってますが、スッゴイ新しいアルバムが、すっごいロー
プライスで並んでたりして、「コレはアーティストに失礼だろ~」
と思いつつも買ってしまう自分が悲しかったりします… orz

投稿 ヤセガエル | 2007.10.21 20:28


テーマ : アルバムレヴュー    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NAJEE / My Point of View♪


    1204979393.jpg 

       【秋には秋のスムースジャズ♪】

          空の色、風の香り、虫の音が秋の深まりを感じさせる今日この
          頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。(なんだなんだ!?今日は
          まともなブログみたいだぞ)(・ω・)…というか、夜おフロ上がり
          に横になっていたらそのまま寝てしまい、いつの間にか取り込
          んであった大量の洗濯物の中に朝まで潜り込んでいた(よほど
          寒かったらしい。秋ですね)そんなヤセガエルでございます。

          さて、本日はサブタイトルの通り、この季節にピッタリの作品を
          ご紹介。’05年にリリースされ、ビルボードのコンテンポラリー・
          ジャズ・チャートで堂々1位を獲得したNAJEE(ナジー)通算11
          作目のアルバムMy Point of View です。

    1204979461.jpg 

          この作品の聴き所は、ナジーの品の良いソプラノ・サックスと、
          それを鮮やかに引き立てるメロディアスな楽曲群です。

          甘すぎず媚びないオトナのサウンド、音数やエフェクトを最小限
          に抑えた簡潔なアレンジ、そしてエレガントなナジーのサックス・
          プレイは、爽やかな秋の景色にニクイいほどマッチしますね。
          高く広がった青空がよく似合います。燃えるような紅葉にもフィ
          ットします。都会の夜、愛を語り合う男女にもうってつけです。
          フられたロンリー・ガイにはとりわけオススメしちゃいます。

          美しい景色に、美しい心にスッと入り込んでくる、そんなナンバ
          ーで満たされた作品、それがMy Point of View です。

    1204979531.jpg 

                        ★★★★ おすすめトラック ★★★★

          「全トラックおすすめです!」と言うと手抜きみたいに思われて
          しまうので、あえてオススメ曲を挙げてみましょうか。

          ② 3 AM 。ウィル・ダウニングの、ホロ苦くセクシーなボーカル
          がフィーチュアされたナンバーです。ソング・ライティングに始ま
          り、プロデュースとキーボードも兼ねるクリス・デイビスが大活躍
          のスムーストラック。午前3時。語るべし。重ねるべし。(何を?)

   

          ③ Fallin' in Love With You 。美しい!切ないメロディが
          心に響きます。“Lomon”なるヴォーカリストと、ナジーのソプラ
          ノ・サックスが、転調しながら呼応する様は、まさに“恋に落ちた”
          コントロール不能の胸の高鳴りを象徴して…るんじゃないかと。

          ⑥ My Point of View は非常に“ナジーっぽい”ナンバー。
          似合う時間は黄昏時。マッチするのは展望の好い高台。都会
          よりも自然の多いところがハマります。デートのBGMに最適。
          ナジーさんの力を借りて語るべし。重ねるべし。(だから何を?)

          ⑦ 2nd 2 None 。個人的にこの曲がベスト・トラックです。
          自信をもってオススメします。アルバム中で唯一アルトサックス
          を使用したナンバーですね。パワフルでスリリング、そしてスムー
          ス!ネトラジでもかかりまくり。私も仕事中かけまくり。( ゜∀゜)

   

          ⑨ How Lovely You Are 。「なんて可愛いんだ君は」です、
          直訳すると。このセリフを良いタイミングで、良い状況で女性に
          スッと言えるなら恋愛上級者。デートの初っぱなにぶつけるの
          が効果的です。帰り際に言うと下心を見透かされます。(爆!)

    

                          ★★★★★★★★★★★★★★★★

          さて、今回のレビューはいかがでしたか?…って全然レビュー
          になってない…… orz ……いつものコトだけれどもぉ…。

          とりあえず、現時点で12枚のアルバムを発表しているナジー。
          私、ソプラノ使いとしてはトップ・プレイヤーだと思っております。
          テクニカルでインテリジェンス溢れるフレージングや、低音から
          高音へ、一気に舞い上がってまた降下する独特の指使いも、
          このアルバムで堪能することができますね。上品なサックス、
          シルキーなサックスを聴きたくなったら、ぜひ、このナジーのア
          ルバムMy Point of View をご賞味くださいませ♪

    1204979596.jpg 

                        ★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

                                       ① Sidewayz
                                         ② 3 AM
                         ③ Fallin' in Love With You
                                 ④ Back inThe Day
                                        ⑤ Charm
                                ⑥ My Point of View
                                     ⑦ 2nd 2 None
                                      ⑧ Emotional
                             ⑨ How Lovely You Are
                                         ⑩ Miyuki

                                 


                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
           「最初に褒めろ!」「その通り!」と思った方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング


コメント(転載)

ヤセガエルさんこんにちは。

3amのイントロ、めちゃくちゃカッコ良くておしゃれ!。ナジーの音楽、多分初期の奴でジョージデュークがプロデュースしたアルバムを聞いて以来久々耳にしました。良いですね!

投稿 猫ケーキ | 2007.10.05 11:48


To 猫ケーキさん
ようこそおいでくださいました!
コメントありがとうございます♪(^0^)/

いかがですか?(最近の)ナジーさん。
デビュー時からムーディー系といいましょうか、
クワイエット・ストームの正統を継いでいると
いいましょうか、非常に“スムースジャズらし
い”素晴らしいアーティストですよね。
猫ケーキさんのようなヘヴィ・リスナーからす
ると、ちょっと物足りないサウンドに聴こえる
かもしれませんが。(^-^;)

このアルバムの次にリリースされた最新作は、
私、まだ聴いていないので、購入したらまたレ
ビューしたいと思っております。

また遊びにきてくださいね~♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.05 23:10


ナジーにネルソン・ランジェル、マリオン・メドゥースあたりは、
スムーズ・ジャズのファンでもない限りは、
ホントに知られなく、知名度もそうですが、
過小評価されがちですよねぇ。
同じボビー・コールドウェル組のデイヴ・コズは
去年の東京ジャズを切欠に日本で知名度が飛躍していますが、
やっぱ、そういった機会が必要なのでしょうかねぇ。

投稿 でんた | 2007.10.17 13:24


To でんたさん
こんにちは!(・∀・)
コメントありがとうございます♪

そうですねぇ…。
こんな素晴らしいアーティストが過小評価されてる
なんて悔しいです…。やっぱり日本では、スムース
ジャズ自体が受け入れられてないんでしょうかね。
マーケットの無い所にはアーティストも来ないし、ア
ーティストの来ない所にはマーケットは出来ません。
ニワトリとタマゴみたい…orz

それにしても、ボビコーってやっぱりすごいスね。
デイヴにナジーにボニー・ジェイムス、彼らがヒヨッ子
だった時から目を付けてたんですから。

みんなで大挙して来日して、お祭りやってくれないで
すかねぇ…( ̄- ̄;)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.27 12:05


ボニーもボビー組でしたね。
そういえば、彼の芸名もボビーのツアーの時についたみたいですし。

気付けばナジーはヘッズ・アップに移っていたんでしたね。
最近このレーベルは強いですね。
一定以上の質はあるし、失敗の無いレーベルという印象が・・・

老舗のスパイロ・ジャイラやピーセス・オブ・ア・ドリームや、
最近じゃキャンディ・ダルファーもここに移っていますし。

投稿 でんた | 2007.10.29 22:24


To でんたさん
こんばんは♪(・∀・)
コメントありがとうございます!

そうそうそう。
最近のヘッズ・アップは、急にアーティストも作品も充実
しちゃって、非常に重厚なレーベルになってますよね。
黄金期のGRPに迫る勢いです。

まだWindowsが95とか98だった時代からエンハンスド
CDとか作ったり、面白い会社だな~とか思ってたら、今
ではスムースジャズのリーディング・カンパニー然として
ますもんね。
ジャンル発展のためにも、レーベルごと日本に進出して
くれないスかねぇ…って、前にも似たようなコトを書いた
かなぁ…。(^-^;)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.30 01:02


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪ジャコビニ流星群・2007★


    1204982115.jpg 

          【気まぐれ流星群の筆頭格!今年は??】

                  (2008年度版はコチラへお越しくださいませ!)

   

          本日は、トニー・オマリーのStardust に乗せて、星空の
          話題をお送りいたします。(↑ プレーヤーのボタンをクリック♪ )

          さて、お題の“ジャコビニ流星群”。今年の極大予想は10月9日
          となっています。
          上の画像は午後5時30分の東京上空。中央部のりゅう座、竜
          のアタマの辺りが流星の放射点ですね。
          予想されている流星の数は、一時間当り5個程度との事です。

          …んが。このジャコビニ流星群、大出現の予想(’72年)を裏切
          ったり、半世紀前のダスト・トレイル(母天体の彗星が残した塵)
          が影響して大出現したりと、華麗に出現予測を裏切ってくれる
          流星群なんですよね。
          今年は、11日が新月ということで、月明かりを気にすることも
          無いし、母天体であるジャコビニ・ツィナー彗星が2年前に近日
          点を通過したこともあり、条件は揃っていると言えるでしょう。
          一時間に5個程度とか言ってないで、ドカンと500個くらい降ら
          せてほしいものですね。

          …って期待すると裏切られそうだから(笑)、「晴れれば良し!」
          くらいにハードル下げておこうかな。(・∀・)

                         ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
        「それでもやっぱり期待する!」という星空ファンの方、
             
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
                   ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                          人気blogランキング

テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪NORMAN BROWN / Better Days Ahead♪


    1204982396.jpg 

          【ジャズ・ギタリストの矜持(プライド)!】

          ’96年に発表されたノーマン君の3rdアルバムは、彼のギター
          の本質を世界に認めさせた傑作となりました。

          ダイナミックなオクターブ奏法、正確無比な速弾きがもたらす
          切れ味鋭いソロ、そしてパッション漲るエモーショナルなフレー
          ジング。って、その魅力を列挙しておいて言うのもナンですが、
          そんな賛辞も陳腐に聞こえてしまうくらい、ひたすらスゴイです。
          このBetter Days Ahead

          それまで、「オリジナリティーが希薄」だとか、「ベンソンもどき」
          などという不当な評価も少なくなかったノーマン君。しかしこの
          作品におけるギター・プレイの濃密さ、生真面目な演奏は、そ
          れらの否定的意見を覆して余りある、ジャズ・ギタリストとしての
          ブレない姿勢を感じさせます。

    1204982459.jpg 

          オープニング曲This Time Around では、風のように軽
          快なメインメロディと、火のように激しいソロを。アース・ウインド
          &ファイアーの大ヒット曲 ③“ After The Love Is Gone
          では、圧巻の速弾きとユニゾン・スキャットを。カリプソ風のナン
          バー⑤“ Third World では、手首の限界(?)に挑戦する
          オクターブ奏法の嵐を。また、R&B的アプローチが特徴的な、
          ⑨“ Your Body's Callin' 、続くFacts of Love では、
          スムースジャズ・ギタリストとしてのフレキシビリティを如何なく
          発揮しながら、ウェスからベンソンへと受け継がれたジャズ・ギ
          ターの真髄を、自らのアイデンティティーとして披露しています。

    1204982514.jpg 

          そのギター・プレイをヘッドフォンでじっくり堪能するのも良いの
          ですが、この季節(秋)に限って言うならば、ドライブのBGMと
          してもうってつけですね。紅葉の始まりそうな高原ドライブや、
          湖畔巡りといったシチュエーションにマッチするでしょう。

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                  ① This Time Around
                               ② Better Days Ahead
                            ③ After The Love Is Gone
                               ④ Places in The Heart
                                    ⑤
Third World
                               ⑥ Come Closer to Me
                                      ⑦
N-Control
                                      ⑧ Serenade
                               ⑨
Your Body's Callin'
                                    ⑩ Facts of Love

     

   
1204982577.jpg 

    
                              

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                     ご訪問ありがとうございました!
             「ドライブに持っていこう!」と思った方、
            
ランキング投票に清き1クリックをお願いします!
               ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                        人気blogランキング


コメント(転載)

ワーナーに移ってポール・ブラウンが手がけたアルバムや、
今年リリースしたピークからのアルバムも好きですが、
ノーマンはやっぱモータウン(モージャズ)の頃がベストですな。
そのモージャズの創始者スティーヴ・マックキーヴァーが
新たに興したヒデン・ビーチ・レコーディングスに移って、
ブラコン色に回帰したアルバムを出さないかなぁ・・・
と妄想してみたりで。

投稿 でんた | 2007.10.17 13:30


To でんたさん
コンバンハ!(・∀・)/
ご訪問+コメントありがとうございます♪

でんたさんに同意。(・∀・)b★
ノーマン君はモージャズ時代の方がキャラが立ってた
気がします。(もちろん今もブイブイやってますが)

なにげにノーマン君は、モージャズの第一号アーティ
ストだったんですよね。いかに期待されていたかわか
ります。また、その期待によく応えたと。
「ベンソンだ。ベンソンだ」言われながらも頑張ったと(笑)。

このアルバムで見せた骨っぽい部分を、また見せて欲しい
な~などと、私は期待しております。

投稿 ヤセガエル | 2007.10.30 01:17


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2007 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。