■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪ANDY SNITZER / In The Eye of The Storm♪


    in the eye of the storm 00

       【澄み切った秋空に向かって】

    天高く、力強く響き渡るSax の音色が印象的な、ANDY SNITZER
    スムースジャズ作品"In The Eye of The Storm" が本日のおす
    すめアルバムです。(・∀・)b ★★★★★

    まず初めに、このアンディさん。この方のアーティストとしての多様性と
    いうか、フレキシビリティというか、その柔軟性はとにかくスゴイですよ。

    この作品がリリースされた'96年、アンディは、あのローリング・ストーン
    ズのツアー・メンバーとして活躍していました。'98年からはポール・サイ
    モン、さらにスティング、マライア・キャリー、クリスティーナ・アギレラと
    いったアーティストのツアーやレコーディングに参加し、2000年にはマ
    ンハッタン・ジャズ・クインテットに加入。ロック、ポップス、ジャズ、コンテ
    ンポラリー・ジャズと様々なフィールドで高い評価を得ると同時に、プロ
    デューサー、アレンジャーとしても、その才能を発揮しています。

    特に、彼のサウンド・クリエイトのセンスは非凡ですね。
    '96年リリースの本作"In The Eye of The Storm" では、そのプ
    ロデュースに始まり、プログラミング、アレンジ、(ギター以外の)楽器の
    演奏、ミキシング、レコーディングに至るまでほぼ独力で成し遂げてお
    り、しかもその洗練度の高さは特筆に値します。

    in the eye of the storm 01 

           

    ↑ 上のナンバーはオープニング・トラックの"A River's Road"
    これなんかは、アンディのソングライティングにおける非凡さを、雄弁に
    物語る象徴的な楽曲ですね。音数を絞り、アレンジ上の贅肉をそぎ落と
    し、各パートの相互作用が直感できる音場を見事に表現しています。
    30秒ファイルだと判りづらいですかねぇ・・・・・。

           

    ↑ かたや3曲目"My Dream Come True" は、サクソフォニストと
    しての聴かせどころ。力強いブロウと、繊細な響きを持つフレーズを使い
    分けながら、エモーショナルな世界観の中でシッカリ“歌って”います。
    …うん。サクソフォニストは歌えなきゃダメですもんね。その点アンディの
    サックスはガッツリきてますよ。秋空へ響きますね。

           

    ↑ こちらはソプラノが主役のスロウ・チューン"Remembrance"
    …染み渡りますなぁ…。リバーブの深い残響音が絶妙ですね。最近のス
    ムースジャズは、昨今のR&Bでマジョリティとなっているノンリバーブ・サ
    ウンドが主流ですが、こういう奥行きを感じさせる音響が必要なケースも
    ありますよね。…う~ん…上手い!染み渡りますなぁ…。( ̄▽ ̄)

    in the eye of the storm 02 

    さて、本日ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
    これから始まる本格的な秋に向けて、ドライブやリラックス・タイムの
    お供に加えてみては?…というワケで、「欲しくなった!」という方は、
    Amazonで再チェックしてみてくださいね!\(・∀・)/

                 ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★     

                                  
1.A River's Road      
                                         2.Trance 
                             3.My Dream Come True  
                                   4.East Oak Lane      
                                  5.Remembrance
  
                           6.In The Eye of The Storm
 
                                       7.Blue Ruin

                  8.Tell Me (If you still care about me)     
                                 9.The Schoolyard       
                             10.As I Lay You Down
                                     11.Mouming


   

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                       ご訪問ありがとうございました!
         
          「ドライブのお供に加えてもヨイぞ!」と思われた方、     
        下の応援クリックをいただけると、
管理人が幸せになります。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋メタル!in YouTube♪


    HMを愛する皆様ごきげんよう。ヤセガエルでございます。(`・ω・´)

    本日はシーズン毎のお約束、HMの特集でGO! いつものスムースジャズ
    やAOR はさておいて、思わず血液が沸騰する爆撃サウンドをお届けした
    いと思います。今が旬の、ヤバイ奴等が合計5組!It's killing time !

                ★★★★★★★★★★★★★★★★ 

    BULLET FOR MY VALENTINE / Scream Aim Fire 
    オープニングは私の最近のイチオシ"BULLET FOR MY VALENTINE"。
    アイアン・メイデンっぽいツインギターのリフとハモリが二重丸!(・∀・)b

   

    ILL NINO / How Can I Live 
    ラテン・メタルの雄、イル・ニーニョです。クソ重い骨組みと、心を奪われ
    る美しいサビの対比が秀逸。サスペンス調のPVにドキドキ。。。(;゜д゜)

   

    DRAGONFORCE / Heroes of Our Time 
    大仰なアクション、アニメタルなメロディ、体言止めの歌詞。日本の某・
    ナントカJAPANを思い出すのは私だけ?ドラムは他のパートの3倍速!

   

    TRIVIUM / Anthem( We Are The Fire ) 
    先日“将軍”という名のアルバムをリリースしたTRIVIUMです。しかし・・・
    コレはヒドス(笑)。セレブのパーティがぶち壊しだ。色々燃やしてるしww

   

    SLIPKNOT / Wait And Bleed 
    ラストは、キモカワイイSLIPKNOTのPVで締め。生理的にキモイ描写が
    ございますが、メタルだからね。アリかも。虫系がダメな方視聴厳禁!!

   

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                       ご訪問ありがとうございました!
         
             「たまにはメタルもイイか?」と思われた方、    
         下の応援クリックをいただけると、
管理人が木に登ります。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : HR/HM    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋に聴きたいラブソング3♪


    sunsetorng360.jpg

    すっかり秋めいてきましたね。皆様お変わりございませんか?(・∀・)

    本日は、『秋に聴きたいラブソング』の第三弾をお届けしたいと思います。
    人恋しくなる季節。誰かを想う時、誰かを感じる時、心の中に溶け込んで
    くる、美しく切ないメロディを合計8曲!Here We Go ! (・ω・)b

                ★★★★★★★★★★★★

           

             ※ちなみに第一弾はコチラから、第二弾はコチラからドゾ。

    
            ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                       ご訪問ありがとうございました!
         
             「なんだかムネがキュキュッとした!」という方、   
       パートナーに突撃する前に、下の応援クリックをいただけると
                       
管理人の励みになりますです。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~ジャコビニ流星群・2008~★


    gcbn200810082100 360  

    (※2010年度版はコチラからお越しくださいませ!)
    星空を愛する皆様ごきげんよう。ヤセガエルでございます。(・∀・)

    本日は、NAJEE(ナジー)"Romance The Night" に乗せて、
    秋・冬に見られる流星群の一番手、ジャコビニ流星群の話題をお届け
    いたします。(↓ のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてね♪ ♪ ・∀・)

           

    さて、今年・2008年のジャコビニ流星群の極大は、10月8日の午後8
    時から9時頃と予想されています。
    上の画像は同日午後9時、東京の夜空のシミュレーション画像。北西(画
    像中央)の方向に描かれている、りゅう座の頭部あたりが流星の放射点
    ですね。この日は細い月が出ているものの、日付が9日に変わる頃には
    地平線下へ沈んでいくので、観測条件は良好といえるでしょう。

    ただ、このジャコビニ流星群、流星群としては非常に地味な部類で、今
    年の流星出現数予測は一時間当たり1~3個程度。尋常ならざる気合と
    忍耐、全天を広く見渡せるロケーション、そして雲ひとつ無い快晴という
    条件が揃わないと、なかなか観測はキビシイかも…。ダメ元のつもりで、
    お酒でも飲みながら眺める方がイイかもしれませんね。

    秋の夜長。皆様に流星の奇跡と、麗しい"Romance The Night" が訪
    れますように。なんちって。(ノ・∀・)ノ ~★★★★★

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                       ご訪問ありがとうございました!
         
             この季節、流星ウォッチングに出掛ける時は、  
               防寒着と、パートナーへの気配りをお忘れなく!
       
最後にポチッと押していただけると、管理人が喜びますです。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング 

      ※ちなみに、オリオン座流星群の記事はコチラからドゾ \(・ω・)/


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪ALEX BUGNON / 107° in The Shade♪


    107 in the shade 00 

             【愛しきひとを想う秋】 

                奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の
                声聞く時ぞ 秋は悲しき”

    ↑ 小倉百人一首、三十六歌仙の一人、猿丸大夫による歌です。

    歌意は、“山の深きにあって、紅葉の葉を踏み分けながら愛しい妻を呼ぶ
    鹿の鳴き声を聞くと、秋を物悲しく感じることよ” ・・・・・・・となるでしょうか。
    いや、さすがは“歌仙”の一人に数えられるだけのことはありますね。歌の
    情景にある色・音・空気・感情が鮮やかに伝わってきます。(…っていうの
    はタテマエで、実は最初の印象は「花札じゃん。猪鹿蝶!」だった)

    …で。時はその秋。鹿さんですらパートナーを恋しく想う季節。当然の事
    ながら、万物の霊長たる我々人間であれば尚、誰かを恋焦がれてしまう
    のも自然の理というもの。“食欲の秋”、“読書の秋”、“スポーツの秋”。
    なるほどいずれも“秋”ですが、私はあえて言いましょう。“性欲の秋”と!
    …間違えました。言い直します。“恋心の秋”と!!

    というワケで、まずは30秒サンプルをドゾ。↓ (再生ボタンを押してね♪ )

           

    こちらは、本日ご紹介する ALEX BUGNON(アレックス・バニョン)
    
のアルバム、"107° in The Shade"(1991) に収録されたヴォー
    カル・チューン"So in Love" 。短い中にも、“恋心の秋”みたいな風情
    が感じられませんか?

    107 in the shade 01 

    「てか、アレックス・バニョンて誰??」と仰る方が多数派でしょうか。日本
    での知名度はかなり低い方です。一回憶えてしまえば忘れられない名前
    ではあるんですけど。(バニョン!ってなかなかインパクトあるでしょ?)

    んで、そのバニョンさん。生まれはスイス、ザルツブルグ。スムースジャズ
    ・キーボーディストとしては相当なキャリアを持つベテランです。
    サウンドのルーツは、バド・パウエル、チャールズ・ミンガスといったビバッ
    プ、ハードバップ系ジャズと、ジョージ・デューク、ハービー・ハンコックら
    のフュージョン系サウンド。さらに、ラムゼイ・ルイス、EW&F などのソウル
    系グループからも多大なインスピレーションを得ているとの事。本日ピック
    アップした"107° in The Shade" も、それらのルーツが随所に見え
    隠れする、ジャジーでファンキーなスムースジャズが楽しめる作品です。

    いかにもバークリー卒319といった上品な雰囲気の中にも、隠しきれない
    ファンク・スピリットが滲み出る1.Paris in May 。秋の鹿さんよろしく、
    こらえきれない劣情……ではなかった慕情が溢れ出るエモーショナルな
    ナンバー3.Somewhere 。ジョージ・デュークを意識したであろうピッ
    チ・ベンドを駆使したシンセがトリッキーな 5.Heart of New York
    ジャニス・デンプシーのセクシーなヴォーカルをフィーチュアしたナンバー
    8.So in Love 。あのジョー・サンプルが聴いたら思わずニンマリしそう
    な“跳ね回るピアノ”が耳に心地よい9.The Lone Crusader などが
    推奨トラックです。(↓ の試聴ファイルもよろしかったらドゾ ・ω・)

           

    107 in the shade 02

    このアルバムがリリースされた時期のバニョンさんは、色んな意味で試
    行錯誤の段階で、「コレだ!」というオリジナリティは希薄ですが、そのフ
    ァンク志向のプレイ・スタイルと、かなりのキレっぷりを見せるテクニック
    は非常に魅力的。特に楽曲内での抑揚や構成力といった部分に、オンリ
    ーワンな才能を感じます。また、人の心の奥にある感情(恋心とか)を引
    っ張り出す、“歌のある”メロディを作り出せる人物じゃないでしょうか。

    裏ジャケ↑ にあるような夕暮れ時に聴くと、愛しいあのヒトを押し倒したく
    なる………また間違えた。逢いに行きたくなるアルバムですね。

                 ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★    

                                    1.Paris in May     
                                2.107° in The Shade 
                                     3.Somewhere 
                                    4.Fly, Spirit, Fly     
                               5.Heart of New York
 
                                   6.Back O' Town

                         7.When I Think about Home
 
                                      8.So in Love    
                               9.The Lone Crusader      
                          10.Conversation Piece #1


    

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                       ご訪問ありがとうございました!
         
                「恋は純真、性は崇高!どっちも大事!」 
       秋の暴走機関車・ヤセガエルの記事を「楽しめた!」という方、  
       
最後にポチッと押していただけると、管理人が幸せになります。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

    inskch.jpg


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋の夜長はJ-FUSIONでGO♪


    台風一過。フュージョンを愛する皆様、お元気ですかー!?

    本日は、『秋の夜長はJ-FUSIONでGO』 と題しまして、2005年に行われ
    たCASIOPEA & Synchronized DNA のライブの模様を、YouTube
    からお届けいたします。(・ω・)b ~★★★★★

    野呂一生(G)、向谷実(Key)、鳴瀬喜博(B)に、神保彰、則竹裕之という
    日本ジャズ・フュージョン界を代表するドラマー二人を加えたスペシャル・
    ユニットの奇跡のライブ!あの名曲もやってます♪ You must check it !

                               ★★★★★★★★★★★★

    "Mid Manhattan"
    アルバム"4×4" に収録された神保彰の傑作です。のっけからトリッキー
    なフィルインをしっかり”シンクロナイズド”させてきます。キーボードソロ
    直前のドラムのフレーズは20年前と全く同じ。感涙ですわ~。(T▽T)

   

    "Freak Jack"
    うわぁぁぁ~(;゜□゜)…こんなんツインドラムでやりますか。つーかバンド
    メンバー全員が、体内に高性能クオーツ持ってるんじゃないでしょうか? 
    しかも笑いながら演奏してるところがバケモノです。うわぁぁぁ~(;゜□゜)

   

    "Gypsy Wind"
    だーーーーーー!!この曲、めちゃくちゃ好きなんですワ♪ ヽ(T▽T)ノ♪
    カシオペアは今すぐ、今すぐにこのスムース路線で復活すべきだと思い
    ますね。ラテン・フレーバー溢れる、初期の隠れ傑作ナンバー!必見!

   

    "Halle"
    カシオペアの代表曲の一つですね。懐かしい…。バンドでコピーしました
    よ。嫌がるギターのヤツを無理矢理説得して。「他のカシオペアの曲より
    簡単だから!」とか言ってね。ホントは全然カンタンじゃないんスけどね。

   

    "Galactic Funk"
    ラストは「これぞカシオペア!」というナンバーでGO!ウーム、たまらん!
    どーーしてもサビの部分で「HEY!」って言っちゃいますよ、「HEY!」って。
    ナルチョの暴走も許すぞ!この曲の時だけは。ああ…復活宣言マダ~?

   

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                       ご訪問ありがとうございました!
         
                 「カシオペア復活(哲ちゃん付き)希望!」
                        という、カシオペア教信者の皆様、 
       
最後にポチッと押していただけると、管理人が幸せになります。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : YouTube動画    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FOURPLAY / Energy♪


    energy.jpg

          【徹頭徹尾、フォープレイ!】

          

    先日、電車の中で、大学生らしき若い男性二人が、ある女性のウワサ話
    を30分に渡り繰り広げていました。
   
    「こないだ●●●が卒論のガイダンスでさ」
    「お~見た見た!あのオーバーニー、ヤバくね?」
    「だよな~。オレああいう趣味無かったけど、かなりキタ~」
    「なんだよ。お前アキバ(系)かよ」
    「いや、ニワカ。ニワカ(アキバ系)?」

    通常私は、車中、自分の間近でベラベラやられると、思わず静かな方へ
    移動するのですが、その時は、二人の会話に興味をそそられて、結局
    自分の降りる駅までず~っとその女性のウワサ話を聞いていたんですね。
    別にオーバーニーに興味をそそられたワケではありませんよ。そそられた
    のは、その男性二人の“会話そのもの”。二人のコミュニケーションの鮮や
    かさです。(あの、念のために言っときますが、ホモと違いますから)

    結論から述べるとこの二人、ものすご~く仲が良いか、ものすご~く頭が
    良いか、あるいはその両方だったのでしょう。
    とにかく会話のキレが良い。テンポが良く、引っ掛かりが無い。一つのキー
    ワード(たとえばオーバーニー。いや…別にコダワリはありませんが)に対
    するレスポンスも早い。二人の会話を聞いていると、お互いが何を言いた
    いのか、話題になっている女性がどんなキャラで、どんな部分が魅力的
    なのかが鮮明に浮かんでくるわけです。

    これ、逆に、ものすご~く大して仲が良くない、または、ものすご~く頭が
    よろしくない二人の会話だと非常にイラッときますでしょ。
    「え?」とか「なに?」とか「意味わかんね」とか連発されると、ケータイ通
    話のマナー違反が二人並んでるみたいで、精神衛生上においても甚だ
    悪影響。『電波の届いてない会話も禁止!』とか言いたくなります。

    まぁ、クダンの二人は、そういうマナー違反(?)とは対極のイケメン二人
    でしたね。(大事な事だから二回言っときますが、ホモと違います)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え~っと、なんの話でしたっけ。

    frply.jpg

    そうそう、FOURPLAY (フォープレイ)"Energy" でした。

    このアルバムは、言うなれば、前述の“コミュニケーション能力の極まっ
    た”プレイヤー同士の究極完成形とも言える作品です。

    ボブ・ジェームス(Key)。ラリー・カールトン(G)。ネイサン・イースト(B)。
    ハーヴィ・メイソン(Ds.)。そしてゲストのエスペランサ(Vo)。

    会話の言語はすなわち“音”。

    ボブが語り、ラリーが相槌を打つ。ネイサンが笑い、ハーヴィが答える。
    時間が経って最初の勢いが無くなっても、エスペランサが新しいトピックを
    提供すると、おっちゃん達も疲れを忘れてまた盛り返す( 高田純次か )。
    そばでコレを聴いていると、そのストレスフリーなサウンド(会話)が大変
    耳に心地よく流れ込んでくるんですね。

    とにかく、4人が4人、『誰が何を言いたいのか』、『次に何をしたいのか』を
    把握しきっていますから、その音の応酬はシンクロの美の極致。前作"X"
   
同様、つまりそれはアンサンブルの極致と言えるでしょう。
    オープニング・トラック"Fortune Teller" におけるボブ→ラリー→再び
    ボブと受け渡されるソロのリレーは、まさしく北京五輪・男子400m リレー
    における日本代表の華麗なバトンワークのそれ。3.Ultralight および、
    5.Yes Club で見られるリズムの密度が異なるメロディを流れるように聴
    かせるワザ、6.Prelude for Lovers8.Argentina で発揮される
    表現力の豊かさ、とりわけ7.Look Both Ways におけるドラマティック
    な場面転換の大仕掛けは、全て4人の神懸り的アンサンブルあっての賜
    物。そして、それらの“極致”を演出できるのは唯一フォープレイのみであ
    り、その愉悦を享受できるのはそのリスナーだけ。もしこの作品に触れて
    いない読者の方がいらっしゃいましたら、悪いことは言いません。とっとと
    入手してお聴きになっていただきたいです。

    …と、いうワケで。

             ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ ↓ ★★★★    

                                   1.Fortune Teller    
                                        2.Whistler 
                                       3.Ultralight
                                      4.Cape Town    
                                        5.
Yes Club
                               6.
Prelude for Lovers
                                 7.
Look Both Ways
                                      8.Argentina   
                                   9.Comfort Zone     
                                     10.Sebastian

           

    

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
         
            「アラフォーでオーバーニー好きってどんだけ…」
                        と、呆れてしまったいう皆様、
           
最後に叱咤激励の応援クリックお願いいたします!
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪Mid-Summer Blossoms♪


    mid summer blossoms 00

       【ひとりの時も。ふたりの時も。】

    先日お送りしたオリジナル・コンピ"@The End of Summer" と、
    "@The End of Summer 2" の中で、ビル・チャンプリンによる
    サザンオールスターズのカヴァー曲があったのをお気づきでしょうか?
    投稿後、何人かの方にお問い合わせをいただき、探している方もいらっ
    しゃるようなので、本日はこれらの出典元のアルバムをご紹介しようと
    思います。(・∀・)/ ★★★★★

    そのアルバムは"Mid-Summer Blossoms" 。 '91年、日本の
    Sony Records からリリースされたコンピレーション・アルバムです。

    内容はサザンオールスターズ(桑田)作品のカヴァー集なのですが、こ
    れがかなりの変化球作品でして、桑田とは全く畑の違うアーティスト達が、
    同じコンセプトの下、サザンの名曲を、極上のAOR作品として仕上げたと
    いう逸品。 フィリップ・ベイリー、 ビル・チャンプリン、 マイケル・センベロ、
    レニー・ウィリアムスといった海外の一流アーティスト達が集合し、あの
    桑田サウンドを見事にカヴァーしています。

    mid summer blossoms 01

    1.Mid-Summer Blossoms -Manatsu no Kajitu-
    アルバムのタイトル・チューンは、EW&Fのフィリップ・ベイリーが主役。
    英詞をつけたヒトGJ!『四六時中も“好き”と言って…』を、よくぞ訳した
    『Keep me just wanting and needing your one word 』と。
    コレを、あのフィリップが、あのファルセット・ヴォイスで歌うなんて反則。

           

    4.September Winds -Never Fall in Love Again-
    お次はレニー・ウィリアムスが主役。おそらく歌だけでなく、キーボードの
    アレンジにも関与していることでしょう。原曲のムードはモチロン大好き
    ですが、このソフィスティケイトされたアレンジも素晴らしいですね。もの
    すごくL.A.っぽい録音ですよコレ。「どこが?」と訊かれると困りますが。

           

    5.Lovers on The Shore -Umi-
    コレも、レニー・ウィリアムスのジェントルなヴォーカルが染み渡ります。
    掛け合うように歌うアルトサックスはRONNIE LAWS 。これも染みます。
    紛れも無い桑田作品であり、紛れも無いAOR です。そしてこの曲をプロ
    デュースしたのは、あのアースのラリー・ダン!ツボ×3で私は昇天だす。

           

    mid summer blossoms 02

    さて、本日ご紹介したアルバムはいかがでしたか?
    アルバム・タイトルこそ"Mid-Summer" ですが、ワタクシ個人的には、
    今頃(初秋)にフィットするアルバムではないかと思っています。
    一人で夏の思い出に浸りたい時。二人で恋の行方を見つめたい時。
    "Mid-Summer Blossoms" をお手元にどうぞ♪ 

                 ★★★★ 収録曲コチラ ↓ ★★★★    

                           1.Mid-Summer Blossoms    
                                 2.Memories of Her    
                                   3.Just A Little Bit     
                                4.September Winds    
                             5.Lover's on The Shore     
                                      6.Sha La La   
                               7.No More Sayonara     
                                     8.Oh,Claudia     
                                   9.Ellie My Love    
                                      10.Melodies
 

    あ。それと、このアルバム、続編が2枚出ています。3枚いっぺんに楽し
    める総集編ともいうべきコンプリート盤も出てますので、下にリンクを貼っ
    ておきます。 興味の湧いた方はAmazon へGOGO ~♪ (6 ・ω・)

                                  

    
            ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
         
                …いや、一人で聴くと泣きたくなるかも…。
                   「二人で聴くよ!」というハッピーな皆様、
           
最後に応援クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪夏の名残りのラブソング2♪


    enoshima360.jpg

    ↑ 湘南の空もだんだんと高くなってきましたね。皆様お元気ですか?

    本日は、夏の名残りと秋の訪れが重なる9月に聴きたくなる、デュエット・
    ソングをドドッと8曲ピックアップしてみましたよ!\(・∀・)/♪
    ちょっと…似たような楽曲が固まってしまいましたが、楽しんでください!
    Here We Go Again ! (下のプレーヤーの再生ボタンを押してね!)

            

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
         
                 でも、日中の気温はまた30℃オーバー!  
          ご来訪の皆様も、気温差でおカゼなど召されませぬよう。

        最後に応援クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BRIAN CULBERTSON / Somethin' Bout Love♪

somethin bout love 00

【それは別れの『ヘ短調』】

『3歳、音楽に大きな興味を示す。4歳、オモチャのタイコがお気に入り。5歳、ラッパを片時も離さず、6歳の時、父親の影響でクラシックに開眼。7歳、チャイコフスキーの“ピアノ協奏曲第一番”に衝撃を受けて両親にピアノをねだる。そして8歳、クラシック・ピアノの教室へ通い始める。』

「あれ?ブライアンの経歴ってそんなんだった?」…とお思いになったファンの皆様ゴメンナサイ。コレ、ブライアンではなく、私・ヤセガエルの経歴なんでございます。(スイマセンねぇ、紛らわしくて)

実は、この記事を投稿するにあたって、ブライアンのバイオグラフィーを改めてちゃんと調べてみたら、あまりにも自分と共通項が 多かったんで、ちょっとビックリしているのです。 冒頭↑ のマイ・バイオも、チャイコフスキーの部分を、ファーガソンとかサンボーンへ置き換えれば、そのままブライアンの経歴として転用できるくらいにウリ二つ。そして、このバイオを読み進めていくうちに、私自身忘れていた“苦い記憶”が鮮明に蘇ってきて、懐かしさと後悔がぐるぐる~…。(笑)

 『8歳でピアノを始め、ピアノとイヤー・トレーニング(聴音)をはじめる。幼少の頃からメイナード・ファーガソン、バディ・リッチ、ブレッカー・ブラザース、デヴィッド・サンボーン等のスムース・ジャズや、スウェット&ティアーズ、タワー・オブ・パワー、E.W.&F等70年代R&Bサウンドを聴きあさり育つ…』っていうのはブライアンの経歴。いや、もう他人とは思えないくらいルーツがソックリ。全く因果関係の無い所に生じる偶然の一致を、“シンクロニシティ作用”と定義付けたのは心理学者のユングですが、そのユングが同時代人だったら、私とブライアンの相似関係も研究対象になっていたことでしょう。(あ。決め付けた。今日はノリしんどいスか?)

ブライアンが現今のスムースジャズ・シーンで、“若手ナンバーワン”とか“次世代のリーダー”などと評されているのは周知の通り。キーボーディストとしてだけでなく、トロンボーンやフリューゲルホルンを持たせても一流。サウンド・クリエイター、あるいはシンセ・プログラマーとしてもセンス抜群。最近はプロデューサー業にもその才能を発揮し、今後のコンテンポラリージャズ・シーンのハートランドで、最も強力なダイナモとなるであろうことは疑う余地がありません。

一方、私・ヤセガエルは、サイドバーの左側のプロフィールにある通り、ありふれた一般シヴィリアン。“鍵盤王子”ブライアンのごとく、エキサイティングな演奏で聴衆を沸かせたり、魔法の旋律で女性のハートを蕩けさせたりすることは不可能。たとえピアノに触れることがあったとしても、「もう!そんなメチャクチャに鍵盤たたかないでよ!!」などと言われてヘコむだけ。(叩いてるんじゃなくて、弾いてるつもりなんだけど)

ブライアンと私。スタートはウリ二つでも、全く違う人生を歩んでいる二人。その二人の相違と、彼我の分岐点は果たしてどこにあったのか?

いや、『どこにあったのか?』も何も、思い出しちゃったもんね。
あの忌まわしい“事故”を・・・・。

somethin bout love 01

鍵盤の上では、自由自在に指が動いたものです。
スコアの情報を正確に把握し、それを表現し、よどみなく美しく演奏する。
小学3年生。その“事故”が起きる直前までの私は、おそらく“鍵盤王子”ブライアンとイイ勝負だったでしょう(ノリしんどい?)。また、私自身、寝ている時と食べている時以外はピアノに向かっているというくらい、練習に明け暮れていたのです。

それもそのはず。当時、“国民総中流階級”などと言われていた時代、その典型中の典型のようなサラリーマン家庭が、息子の狂気じみたダダに押し切られてピアノを購入するハメになり、さらに、街でナンバーワンと認められている(お月謝もナンバーワンの)先生に指導を仰ぐことになったのです。その出費の打撃は、それこそ一家存亡の危機に直結しかねないレベル。父親は、息子にうっかりチャイコフスキーなんぞを聴かせた自分を心底恨んだに違いありません。

「ピアニストになれ!お前の将来はピアニストだ!」

三日坊主で終了されてはたまらない!とばかりに、父親の叱咤激励もすさまじく、私・ヤセガエルも、その期待を裏切らない上達ぶりを示したものでした。

『バイエル上・下』、『ツェルニー』、『ハノン』…。
常人の二倍のスピードでレッスンをこなしていき、コンクールでの入賞、コンテストへの出場依頼まで舞い込むようになった頃、いつしか私は、本気でピアニストを目指す“鍵盤王子”として認知されるようになっていったのです。(いや、マジで。)

しかし…。

周囲の期待と、私のピアノへのモチベーションは、実は全く交わらない所に存在していました。

私が一生懸命ピアノのレッスンに励んだのは、単にピアノが好きだとか、才能が有るとか、小遣いを値下げされた父親のプレッシャーなどが影響したという訳ではなく、もっとシンプルで、もっと不純な動機があったからなのです。

somethin bout love 02

「まぁ…ヤセくん。今日も頑張って練習してきたのね。偉いワ」

…白く透き通った指。美しい黒髪。
長い睫毛を蓄えた、ブラウンがかった瞳を持つ目…。

街でナンバーワンと評されたそのピアノの先生は、その美貌もまた噂のタネになる程、素晴らしい容姿を誇る女性でした。
そしてその女性は、おそらく少年・ヤセガエルが、初めて“女性”という存在を間近に感じた、つまり“初恋”の女性だったのです。

「先生に褒められたい!」

私のモチベーションは、実にこの一点へと集約されていました。

必死に練習し、褒めてもらう。期待をされて、また頑張る。ピアニストになりたいとか、チャイコフスキーが弾けるようになりたいとか、そんな野望などありはしません。むしろどうでもよろしい。 先生に褒められたい、喜ぶ顔が見たい。それこそが最も重要だったのです。

-------

ところが…その“事故”は起きてしまいました。

・・・・・

コンクールを翌週末に控えたある日のこと。

私はいつものように、レッスンを受ける為に先生の家を訪れました。

いつものように門をくぐり、いつものように呼び鈴を鳴らし、先生が扉を開けて私を迎え入れる。何度も繰り返された、いつもの光景。しかしこの日、いつもとは大きく違ったことが一つだけあったのです。

それは先生の着ている服。

胸元の大きく開いた(たぶん)ブラウス。さらに、激しく短い(たぶん)タイトスカート。“たぶん”を連発したのは、その服をまとった先生を、殆んど直視することができなかったため、記憶が曖昧になっているという事。そのまぶしさに圧倒されてしまったから、という事なのです。

その日は、レッスンになりませんでした。

まさしく絵に描いたような絶不調。気が散って仕方がない。腕も指も他人のもののよう。片やコンクールは間近に迫っている…。四苦八苦。
そんな私を隣で見ていた先生の顔からは笑顔が消え、次第に険しく変化していく端正な横顔を確認した私は、さらに緊張の度合いを高めていき、そして、たまりかねた先生が私の手を取り、その美しい手を直接重ねて指導をし始めた時、私の緊張は頂点に達しました。

「いい?ヤセくん。コンクールも近いし頑張らなきゃ」
「・・・ハイ・・・」
「肩の力を抜いて」
「・・・ハイ・・・」
「背中を真っ直ぐにして」
「・・・ハイ・・・」
「腰に力を入れる!」
「・・・ハ、ハイ・・・」
「ここからは本番のつもりで演奏してね」
「・・・ハ、ハイ・・・」
「じゃ、いくわよ。1、2、3、ハイ!」

その瞬間でした。

・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

    

ぷぅ。282



・・・・・・

私の下腹部の、さらに下の開口部から、妙なる音が発せられたのです。

・・・・・




ぷぅ。282



「・・・・」

一瞬の沈黙の後、私の耳へ飛び込んできたのは、先生の大爆笑。












「アハハハハハハハッ!!」

・・・・・

「いやだぁ、ヤセくんてば!アハハハハ!!!」


・・・・・・

私は、恥ずかしさで死にそうになりました。

・・・・・

そして…涙を流しながら笑う先生の麗しい唇から、その一言が発せられた時。まさにその時が、私の“分岐点”となったのです。

・・・・・・





「ヤセくん、今日は『ヘ短調』なのね」





--------

その日を境に、私は二度とピアノとは向き合わなくなりました。

頑なにレッスンを拒み、教室へ通うことをしなくなった理由を両親が知ったのは、その“事故”から二週間ほど経った日。先生が謝罪に訪れた時のことでした。

「せっかく続けてきたのに勿体無いわ。別の先生に習ったら?」

『あの先生はイヤだけど、あの先生じゃなきゃイヤだ』という究極のジレンマに陥っているんだ。それが理解できないなら放っといてくれ母上。

「オナラくらいなんだ!先生も気にしてないと言ってるぞ!」

初恋が破れた少年のナイーブな心に、粗塩を塗りつけるような慰めは、慰めとは言わないんだ父上。

・・・・・・

8歳の秋。

私のピアニストとしての人生は終わり、新たな人生が始まったのです。
一家の生活を脅かし、少年の無垢なココロに小さくないキズを残したピアノも、それから程なくして売られていきました。

一方ブライアンの方は、その後、ハイスクールで電子楽器(MIDI)を学び、カレッジ在学中にアルバム・デビューを果たしました。そして今では米スムースジャズ・シーンの中核。スタートは同じでも、人生の転変は奇怪至極といったところ。(まとまってないぞ)

…というワケで、ブライアンのナンバー、ゼヒ聴いてあげてください。彼は私の分身ですから。(んなこたない)
取り上げた作品は、'99年発表の"Somethin' Bout Love"。流麗なピアノと、ファンキーなアレンジ。隅々まで行き届いた丁寧なサウンド・クリエイト。天才の閃きと、計算された職人技のような技術が冴える佳作となっています。
特にアコースティック・ピアノの美しい響きは特筆もの。間違っても演奏中に『ぷぅ』とかしてませんから、安心してお聴きください。(・∀・)




★★★★ 収録曲と試聴はコチラ ↓ ★★★★

01.Somethin' Bout Love
02.Do You Really Love Me ?
03.Get'n Over You
04.The Secret Garden (Instrumental)
05.Sittin' Back
06.Back in The Day
07.It's Only You
 08.The Rise And Fall ( of Loving You )
 09.Escape
 10.The Secret Garden
 11.I'm Gonna Miss You




★★★★★★★★★★★★★★★★
 

ご来訪ありがとうございました!
「ブライアンとは才能が違うんじゃね?」とか、
「アルバム・レビューはどうした!?」
っていうツッコミはノーサンクスで!
最後に応援の1クリックお願いいたします!
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~太陽の沈黙~★


    sun20011001.jpg 

    星空を愛する皆様ごきげんよう。お変わりございませんか?(・∀・)
    本日は DIANA KRALL"East of The Sun" に乗せて、
    太陽の話題をお届けしようと思います。(↓ 再生ボタンをクリックしてね♪ )

           

    さて、その太陽。上の画像は、太陽の表面を遮光フィルター越しに撮影し
    た画像です。(NASA・太陽監視衛星SOHO のウェブサイトより)
    表面上の黒い点は、その名の通り“黒点”。太陽の活動が活発な時には
    この黒点が多く現れ、同時にフレア爆発などの現象も多く観測されます。
    上の画像が撮影されたのは2001年10月1日。11年周期で変化する活
    動の極大期(最も活発な時期)の太陽を捉えたものです。

    太陽が活発になると、多くの磁力線や太陽風が地球に降り注ぎ、その気
    象にも大きく影響すると言われています。
    最も解りやすいところでは、活発になる→熱量が増える→気温が上がる、
    というものから、活発になる→太陽風が吹きまくる→磁力線が嵐のように
    地球に届く→メキシコでオーロラ観測!( ゜о゜)…なんてのがあったり。
    概して言われているところでは、『地球が暖まります』との事らしいです。

    …で。んじゃぁ、今の太陽はどうなってんの?というと。 
    
                                          ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

    sun20080908.jpg

    真っ白けっけっけ。黒点ナッシング。

    そう、実は現在、太陽は活動の極小期なんですね。
    なるほど。だから本日の太陽には黒点が無いのね、とか思いつつ過去の
    画像をチェックしていったら…。

    ・・・・・・・・・・。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。









    なんと1ヶ月以上も黒点が現れてない。(;゜Д゜)

    ・・・・・・・・・・。

    この現象。1913年6月以来の大変な珍事だそうです。

    そして、この年は、世界中が非常な低温に見舞われたそうな。

    ・・・・・・・・・・。

    でも、今年は…。

    ・・・・・・・・・・。

    地球温暖化がサミットの議題だったしなぁ。

    ・・・・・・・・・・。

    次の極大期は2011年。
    とんでもないコトにならなきゃイイけど。

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
           
               「たった今から始めよう!温暖化ストップ!」
         「私は今後、
偶数日にはクルマに乗りません!(北京か)」
                            と本気で決意した私へ、

           応援の1クリックお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪土曜の夜は80sでGO!♪


    smpn.jpg

    80sミュージックをこよなく愛する皆様ごきげんよう。ヤセガエルです。

    8月のカレンダーがめくれたと思ったら、某国のトップが“あなたとは違う”
    発言でバックレ。お隣りでは射程3000kmのロケット花火の発射準備。
    北関東ではまたゲリラ雷雨。過去、我が日本では、亡国の兆しが見える
    と“バカ踊り”が流行したそうですが、今夜の私もそんなバカ踊り気分。

    私は政争も戦争も反対でござるよ。ゲロゲ~ロ!250

    というワケで今夜のエントリーは、懐かしさに思わずシビレル'80年代の 
    名曲たちをピックアップ!特に後半は“バカ踊りモード”必至の選曲!
    カラダ動かせ、足踏み鳴らせ!合計9曲!Let's GO ~! (6・∀・)6

           

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
          
       「もうキムタク(またはガクちゃん)が総理でええじゃないか!」
                          と本気で思い始めている私へ、

           応援の1クリックお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : '70年から'80年の洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~中秋の名月・2008~★


    moon360.jpg 

        【あの場所は、たった今からキミのもの】

    ひさびさの五・七・五で始まる本日のエントリーは、拙ブログで相互リンク
    をさせていただいている、"Soft & Mellow" のMusicman さんによる
    ポスト、"Tsuki" に乗せてお送りいたします。

           

    さて、今年・2008年の中秋の名月は9月14日(日)。上の画像は同日午後
    7時、東京から見た月のシミュレーション画像です。
    画像を見てお分かりのように、左側がほんの少し欠けていますね。今年は
    満月の一日前(中秋の名月は満月とは限らないんです)。ちょっと残念!
    昨今流行のゲリラ雷雨(今日もドッカンドッカン言ってますワ)が無ければ、
    晴天の確率の高い時期ですので、明るく澄んだ光を放つ、美しい"Tsuki"
   
を観望することが出来るでしょう。

    …で。冒頭の五・七・五。【あの場所は、たった今からキミのもの】の件。

    実は今回、月の情報を調べようとあちこち検索していたら、「な、なにィ!?」
    と、思わず声を出してしまったページを発見してしまったのです。

    --------------- 

    LUNAR EMBASSY JAPAN 

    “月の土地を販売している、米ルナエンバシー社の日本代理店公式サイト
    です。地球外不動産はルナエンバシーへ”

    『月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。同氏は、
    「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、
    世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、宇宙条約しかないことが
    わかりました。同氏は月の権利宣言書を作成し、国連、アメリカ合衆国政府、
    旧ソビエト連邦にこれを提出し、「地球外不動産業」を始めました。』

   
(宇宙条約-------- 『月は特定の国家・政府に帰属しない』という旨の法律。
    個人の所有については特段の記述は無い)


    ---------------

    …『始めました』って、おっさん。
    ラーメン屋さんが冷やし中華始めたみたいな軽~いノリだわ。(;゜д゜)

    で。読み進めていくと、このデニスおじさんの“権利宣言書”に対して、どの
    政府からも異議申し立てが無かった(今も無い)らしく、現在、堂々とこの 
    不動産業を営んでいるとの事なんですね。
    当然のことながら、この月の土地も売買されているワケで、「下さい!!」と
    いう意志表示をして、その代金を支払えばちゃんと買えるみたいです。

    買えば(月の)その土地の所有権を獲得し、権利書も発行されます。
    ちなみに、現在分譲されている区画は以下。↓

    moon byebye

    ・・・・・・・・・・。

    ・・・大雑把すぎてわからないじょ・・・(´・ω・`)

    ・・・・・・・・・・。

    でも、お値段はネット価格で2700円。格安物件かなぁ・・・。

    恋人にプレゼントしてみます?

    ---------------


    LUNAR EMBASSY JAPAN へはコチラから。
    注:リンク先での行動は自己責任で!当方では責任を負いかねます!

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
         
             「ゼッタイ現地へ行けないけど買ってみたい!」
                          と思っている奇特な私へ、

          応援の1クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪PAUL BROWN / The City♪


    the city 00 

             【こんな男に生まれたかった】

    男3×女3。または4×4。そこは戦場。お酒の飲めない私でも、学生時代
    その“戦場”へは幾度となく足を運びました。相当な気負いとともに。
    
    そう、合コンという名の“戦場”へ。(@'80年代中頃)

    戦闘服は3ヶ月分のバイト代をつぎ込んで買ったアルマーニ(みたいな)
    スーツ(笑)。右手には表・本皮、裏・合皮のセカンドバッグ(大笑)。襟元
    には期間限定で発売された4℃のメンズ用アクセ(特笑)。今思えば噴飯
    モノのいでたちですが、当時はそれが気合の証。バブルでしたねぇ(笑)。

    もちろん準備は外見だけではありません。特上のジョークとトーク、時事
    ネタを巧みに取り入れたトピックに、女のコが抵抗無く笑えるギリのライン
    で放つ際どいエロトークを用意して、“これで一抜け間違いナシ!”という
    態勢で臨むワケです。そして実際、本番で私が一度クチを開けば、4対4
    はたちまち1対4となり、その4つの視線は等しく私に集まったものでした。
    (いや、コレ、マジなハナシでして。 ^・ω・^)

    ところが・・・・・・・・・・。

    ところが、です。最後に一番美味しいトコロを持っていくのは、たいてい私
    ではなかったのです。
    最も多くの話題を提供し、最も多くの視線を独占し、同時にそれぞれが主
    役になれるように気を使い、場の空気を読み、サッカーで言えば、支配率
    80%に近い状況だった私なのに、いつも何故?どうして?

    どうして、寡黙なアイツが、いつも一等イイ女を持って帰るか?( `д´)

    the city 01 

    その男、ほとんど会話に参加してくることはありません。
    自分から話題を提供することはおろか、彼に対して質問が及んだ時でさ
    え、その答えは至極簡素。基本的に寡黙なのです。
    そんな彼が、なぜ、いつも一番美味しいトコロを持っていくのか。私はとて
    も羨ましくて不思議で仕方ありませんでした。

    「ナゼだ?アイツのどの部分に女のコが魅き付けられるんだろう?」

    その答えは、六本木のとある戦場で明らかになりました。

    その日の相手は某有名女子大の学生4人。容姿もさることながら、その
    インテリジェンスも非常なハイレベル。ダメ元で合コンを申し入れて、見事
    それを成就させた張本人の私でさえ気後れする相手でした。
    そしてこの日も、場の空気を読み、動かしていくのは私。その中で例によ
    って寡黙なその男。いつもと変わらない構図。いつもの流れです。
    しかし、ある場面で、私は思わず「ウーム」と唸ってしまったのです。

    その場面とは、私が、ある高度なジョークを飛ばした時のこと。
    このジョークは、合コン相手の女子大生でなければまず通じない、彼女
    達の学校の常識と、その場で起きている事態と、そのときに流行していた
    事柄を引っ掛けた二重三重のボケで、通じるのは女のコたちだけのハズ
    でした。
    ところが、湧き上がる女のコたちの爆笑と同時にアイツが笑ったのです。
    それも、とびっきり上品な笑顔で。

    それはもちろん偶然ではありませんでした。その後も、ここぞ!というレ
    ベルの高いポイントで見せる笑顔と、要所要所で、的確かつシンプルに
    応酬される発言。期待されている事を、ほんの少し外してみせる計算され
    た意外性。「コイツはキレる!」と思わず舌を巻いてしまいましたね。
    このキレの良さが女のコを魅きつけているのか!と納得してしまった…
    …と、いうよりも。なんのことは無い。私(と他の男共)が、アイツのため
    に格好のステージを用意してあげていたようなモンだったのです。

    the city 02

    そして本日ご紹介するPAUL BROWN(ポール・ブラウン)氏
    この方のギターは、まさにその男のスタンスそのもの。上につらつら書き
    連ねた文章は、私的なメモリアル・エピソードでも、多弁に過ぎる自らに
    対する自虐でも諧謔でもなく、このブラウン氏のギターの事なんです。

    上に挙げた“発言”とか“笑顔”を、“フレーズ”という単語に置き換えてみ
    てください。それがブラウン氏のスタンスであり、スタイルです。
    多くを語らず、ここぞ!というレベルの高いポイントで見せるインテリジェ
    ンス溢れるフレージング。要所要所で、的確かつシンプルに応酬される
    機知に富んだギタープレイ。期待されている事を、ほんの少し外してみ
    せる余裕と、計算された意外性を感じさせるイキなプロデュース。思わず
    「コイツはキレる!」と唸ってしまう憎いアーティスト、それがポール・ブラ
    ウン氏なんですね。

    このアルバム"The City" は、'05年にリリースされた2ndアルバム
    ですが、1st"Up Front" と比較すると、上に挙げた“持ち味”が、より
    顕著になっているように感じます。1st がナチュラルで引っ掛かりの少な
    いサウンドなのに対して、2nd はやや斜に構えた、イイ意味でクセのある
    サウンドを表しています。聴き応えはコチラが上でしょう。

    …それにしても、アイツ。あん時も一等イイ女をテイクアウトしやがった。
    まぁ仕方ない。ヤツ、顔がトム・クルーズに激似だったし…(´・ω・`) 

            ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ ↓ ★★★★  

                                  1.Cosmic Monkey  
                                      2.Hello Again   
                                     3.Side Steppin'   
                                         4.The City   
                                      5.Las Vegas   
                                     6.Old Friends 
                                       7.Winelight   
                                 8.Jumpin' Uptown   
                              9.Food for The Moon   
                             10.Real Mutha For Ya 
                        11.The City ( Instrumental ) 
 

           

           

           

                                  

                ★★★★★★★★★★★★★★★★
             

                      ご訪問ありがとうございました!
         
           「負けたのは顔のせいじゃない!」と思いたい私へ、

      最後に憐れみの1クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 09 2008 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。