■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪ヴィンテージ・モデルだなんて言わせない!?♪


    mvm00.jpg

    音楽をこよなく愛する皆様ごきげんよう。(・∀・)
    押し掛けミュ~ジック・サプライヤーのヤセガエルでございます。

    本日のBGM は、記事の内容を鑑みて、私の大好きなアーティストの、私
    の大好きなナンバーでGO!(↓ プレーヤーの再生ボタンを押してね!)

           

    …で、早速ですが皆様。上の画像の物体、何だかお判りになりますか?

    全長1m、重さ約3kg。ステルス戦闘機を連想させる、黒く角張った異様な
    形状。コレを小脇に抱えて銀行にでも押し入ったら、おそらく即座に防犯
    ベルを押されてしまうであろう禍々しいオーラを放つこの物体。

    mvm01.jpg

    ↑ ひっくり返して、物体の先端を撮った画像です。やはり禍々しい。

    mvm02.jpg

    ↑ う~む、禍々し…くは無いですね。てか、もうバレバレですか。(´∀`)

    mvm03.jpg

    ハイ、その正体は楽器でした!

    今から20年以上前にリリースされた、YAMAHA のエレクトリック・ベース
    BX-1。スルーネック・ボディと、パッシヴ・タイプのハムバッキング・ピック
    アップを採用し、軽量・コンパクトでハイパワー。さらに優れたボディ・バラ
    ンスと多彩なサウンド・メイキング機構を実現し、様々なジャンルの音楽に
    対応できるヤマハの隠れた名器です。

    「…ヤセくん、コレ、すごくヘンなカタチだよ」
    「ヘンなものか。こういうのを“カッコイイ”って言うんだ」
    「…そうかなぁ…」
    「これからは、こういうデザインが主流になっていくのさ」
    「…そうかなぁ…」
    「そのうちこういう楽器がスタンダードになる時代が来ると見たね」
    「…そ、そうかなぁ…」
    「そうさ。あ!すいませーん!コレ買いますっ!」

    1987年、友人の反対意見を押し切って購入したヘッドレス・ベース。
    あれから22年。“こういう楽器がスタンダードになる時代”は未だ訪れず。
    当時の“最先端”デザインは、最先端のままヴィンテージ・モデルのカテゴ
    リーに仲間入りしようとしています。(まだヴィンテージだと認めたくない)

    mvm04.jpg

    いや、コレ、ホント名器だと思うんだけどなあ…。(´・ω・`)
    重い音も、表情のある音も出せるし、スラップもズビズバ鳴るし、チュー
    ニングも狂わないし、ボディが軽いから疲れないし。 

    コレを入手する前に所有していたベースも、これ以後に買ったベースも
    殆んど手放したけど、コレだけはナゼか手元に残しておいたんですよね。
    「いつかコレの時代が来るその時まで手放さないぞ!」…って言いつつ、
    気が付いたらもう22年も経ってました。 

    今日久々に弾いてみても、ちょっと音ヌケが悪いくらいで、今でも十分イケ
    るんじゃないか?と思ったのも束の間、コレを抱えた自分の姿を鏡で見て
    みたら、 銀行強盗の迫力とは程遠い、某漫才トリオのようで萎えますた…。

    でも、あと20年経ったらコイツの時代が来るかもしれないから、それまで
    大切に保管&現役を貫きますです。(また、ただの雑記じゃないの。)

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
     
        この楽器を「カッコイイ!」とお思いになった変人の皆々様、   
               私への激励は、コチラのクリックでプリ~ズ!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪MARC ANTOINE / Universal Language♪


    universal language 00

              【困った時のアントワン♪ 】  

    桜が開花しそうな暖かさから一転、指先の感覚も頼りなくなる程の寒さ。
    曇り空からは雨がパラつき、かと思えば、時おり太陽も顔を出すという、
    なんとも支離滅裂な天候だった本日の神奈川。皆様お住まいの地域は
    いかがでしたか?(・ω・)

    こういう気温・天候が目まぐるしく変化する時期は、BGMの選定も思案の
    しどころですよね。凍てつく寒さも、激しい風雨も、さらには全ての場所、
    あらゆる状況に対応するオールラウンダーなアルバムは無いものか?
    …なんて考えていたら浮かんで参りました。その要件を満たす作品が。

    寒い朝をポカポカに。雨が降ればエレガントなひとときを。蒸し暑い午後
    には爽やかな涼風を送り、通勤のお供にしても、デートのBGMに使って
    も見事に対応するそのアルバム、MARC ANTOINE(マーク・アント
    ワン)
"Universal Language" がその作品です。

    universal language 01

    『コンテンポラリー・ジャズと世界の音楽を、マーク・アントワンの味わい
    深いギターでブレンドしてお聴かせいたします』

    ↑ コレはアルバムのパッケージに貼付されたPRステッカーの文言。
    このPRとアルバム・タイトルが示す通り、その作品群の中には、北欧の
    冴え冴えとした空気を連想するクラシカルな楽曲から、地中海の太陽や
    南半球のリゾートをイメージさせる情熱的な楽曲、さらには、N.Y.や東京、
    PARIS といった都会の無機質的情景をモチーフにしたと思われる楽曲も
    インクルードされており、その多彩なカラーはまさしく"Universal" 。
    “全ての場所、あらゆる状況に対応する”という要因は、この"Universal"
    なアルバム・コンセプトが影響しているのかもしれませんね。    

    universal language 02

    ちなみに、このアルバムが、多彩なカラーを持ちながらも不統一に陥ら
    ないのは、アントワンさんの洗練されたギターワークと、フィリップ・セス
    の簡潔なアレンジメント、そして、あのトミー・リピューマの名プロデュー
    スが、ガッチリと一本の綱としてより合わさっているせいです。

    「今日のBGM、どうしよう??」と迷ったら、この全天候型オールラウンダ
    ー・アルバム、"Universal Language" をゼヒどうぞ!

              ★★★★ 録曲はコチラ ↓ ★★★                 

           MARC ANTOINE
 / Universal Language (1999)   

                                     
1.Palm Strings       
                                          2.Valerio        
                                            3.Celta      
                                  4.Children at Play                      
                                       5.El Camino
        
                                     
6.N.Y.Strolling         
                                     7.Elikya(Hope) 
              
                                  8.Bossa Nouveau
      
                                     9.Point of View      
                                     10.Crossroads


           

           

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
  
                          ちなみにワタクシ最近、
            『季節感の無い男』と言われショックを受けました…。 
           哀れと思し召しましたら、クリックお願いいたします!

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪乙女たちよ立ち上がれ!♪


    Chocolates.jpg

    今年もあと一ヶ月を切りました。バレンタイン・デー
    皆さん準備は整いましたか?? \(・∀・)/

    普段なかなかキッカケを掴めないでおられる方!
    勇気が出ない…という乙女の皆様!
    このチャンスを逃すまじ。彼はきっと貴女を待っています。

    先ずは一歩を踏み出しましょう!
    『踏み出せばその一歩が道となる』と言うではありませんか。(猪木さんか)
    貴女にチョコをプレゼントされて、嬉しくない男性なんていないんだから。
    アナタが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・男性でないかぎり。

    と、いうワケで本日は、“バレンタイン・デーに聴きたいラブソング”を、
    一挙に7曲ピックアップ!この7曲が、貴女の“一歩”を踏み出すパワーに
    なりますように。迷わず聴けよ。聴けばわかるさ!(`・∀・´)b ★★★   

           

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
    
            「一曲目は別れの歌じゃ…?」とお思いになっても、  
              楽曲の美しさに免じてスルーでお願いします。
         「ゼッタイ、アイツ、押し倒す!」というパワーが湧いた方、
              私へのお礼は、チョコではなく“愛のクリック”で!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FALL OUT BOY / Folie à Deux♪


    folie a deux 00

         【縮こまってる場合じゃねーぞ!】 

    最低気温は連日の氷点下。外に出れば息は真っ白。 青空駐車の愛車の
    ウィンドーはワイパーごと凍りつき、空気はカラカラ、肌はカサカサ。今年
    の冬もなかなかキビシイの~なんて感じているヤセガエルでございます。

    例年ならば、朝は1秒でも長くフトンにくるまっていたい!体にガソリンが
    回るまで2時間は欲しい!ってな感じの私ですが、実は今年は違います。
    ナゼならば、今年は、激寒の早朝でも一発でカラダのエンジンに火が点く
    超強力なアルバムを手に入れましたから。
    コレさえあれば、自分は勿論、周りで「寒~」なんつってる連中へも、「縮こ
    まってる場合じゃねーぞ!」ってなカンジでゲキを飛ばせるだけのパワー
    がもらえる、最高にホットなアルバムをゲットしちゃいましたから。

    それはコレ。エモの新星FALL OUT BOY(フォール・アウト・ボーイ)
   
"Folie à Deux" 。昨年12月にリリースされた、FOB 通算3作目の
    オリジナル・アルバムです。(下のプレーヤーの再生ボタンをクリック!)

           

    ど~ですか!この元気の良さ!若さ!熱さ!
    「縮こまってる場合じゃねーぞ!!」ってカンジでございましょ??

    この作品、と言うより FOB の楽曲の特徴は、上に挙げたパワフルさと、
    一度聴いたら二度と忘れられなくなるポップなメロディと、歯切れの良い
    ストレートな歌詞。そして「音楽を楽しもう!」という前向きな姿勢です。

    folie a deux 01

    ↑ ヴォーカル、ギター、ピアノ、ソング・ライティングを担当するパトリック・
    スタンプ君。FOB の中心であり、コアとなる人物です。
    魅力的なのは、その真っ直ぐな歌唱と表現力。ヒネた所や、衒った所は
    全くありません。ひたすら直球勝負。気持ちイイじゃございませんか!


    folie a deux 02 

    ↑ ベース兼作詞担当のピート・ウェンツ君。付き合っていた彼女に向けて、
    おち●ち●マルダシのおフザケ写メを送ったら、ナゼかそれがネットに流出
    して「死ぬほど恥ずかしかった」とは何という武勇伝。でもそれを乗り越え
    たから今があるのだウェンツ君。過去のことは忘れて、そのベースのサウ
    ンドのように、ぶっとく生きるのだ。まだ画像はネットに出回ってるけど。

    folie a deux 03

    ↑ キレの良さと的確なストローク、歌メロを際立たせるバッキングのセンス
    も抜群なギターは、このジョー・トローマン君。ヘアスタイルとヒゲの処理が
    しかるべく行われていたら、バンド随一の美形(?)だったかも。いや、今か
    らでも遅くはないぞ。ちなみにジョー君のギター、何気に難易度高いです。

    folie a deux 04

    ↑ どの写真でも必ずネタを爆発させているのは、ドラムス担当のこの
    方、アンディ・ハーレー。ヒッピーライクな黒縁メガネがトレードマーク
    のアンディ君だけど、そのドラミングは非常に丁寧で正統派。バンドの
    オーラが途切れない陰の立役者は、このネタ王のアンディ君ですね。

    ちなみに私のレコメンド・トラックは①③⑦。朝起きるのが辛いという諸
    兄、どーにもパワーが出て来ないという方々。迷わず聴いて下さいな。

              ★★★★ 録曲はコチラ ↓ ★★★★                

                 FALL OUT BOY
 / Folie à Deux (2008)  

                 
1.Disloyal Order of Water Buffaloes      
                                      2.I Don't Care       
                                3.She's My Winona     
                            4.America's Suitehearts                     
        5.Headfirst Slide into Cooperstown on A Bad Bet
       
                       
6.The(Shipped)Gold Standard        
                            7.(Coffee's for Closers) 
             
                            8.What A Catch, Donnie
     
                                              9.27     
                                   10.Tiffany Blews
                                        11.w.a.m.s.
                               12.Dollar Nose Bleed
                             13.West Coast Smoker

                                 

    
              ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
   
             「外へ飛び出したろか!」とお思いになった諸兄、 
                             外出されるその前に 
              下の応援クリックをいただければウレシイです。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : 洋楽CDレビュー    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪WALTER BEASLEY / For Your Pleasure♪


    for your pleasure 00

      【アナタを魅了する魔法の音色】

    昨年末にソプラノサックスを購入し、毎日ヒマを見付けては「ぷひ~」とか
    「ぺひょ~」とか言わせて喜んでいるヤセガエルでございます。(・∀・)

    楽器というのは面白いものですね。思えば幼少の頃よりピアノ、ギター、
    ベース、トランペットと気ままに食い散らかして来て、そして今回のソプラ
    ノサックス。自分で(「ぷひ~」とか)演奏するようになって、ソコで初めて
    解る事があったり、それまでさんざん聴き倒して来た作品に新たな解釈
    が生まれたりするのです。本当に毎日が新鮮です。(田舎の両親宛か)

    私は基本的にベーシストですが、今回新たな楽器を手にした事によって、
    それまでのプレイスタイルに変化が生じたり、音楽的に厚みが加わった
    (みたいな)感触も得ています。今出しているSax の貧相な「ぷひ~」が、
    ゴージャスな「ぷひ~♪♪♪」に変わった時、私はベーシストとしても劇的な
    進化を遂げている事でしょう。(ノリしんどい?)

    for your pleasure 01  

    それにつけてもこのソプラノサックス。始めて間もないとはいえ、美しい音
    を出そうと思っても、なかなか出せるものじゃないんですね。一定の音程
    を確保することも容易ではありません。

    唇の形やそのチカラ加減、舌の位置やノドの広さ、また楽器を持つ角度が
    微妙に変化しただけで、その音は大きく変わってしまいます。
    美しい音を出そうと、形だけケニー・Gを真似ても、出てくる音は放牧中の
    乳牛の放屁に限りなく近い、「ぶひー」とか「ぽひゅ~」とかいう音。あるい
    は私の持つサックスを作った職人さんも、よもやそんな面妖な音が鳴らさ
    れるとは想定外だったかもしれません。

    しかしながら、前述の様々な条件がピタッ!とハマッた時、出るんですよ!
    ケニー・Gのような音が。ヒバリの歌声のような美しい音色が。(一瞬だけ)
    それこそ自分で自分の出した音にホレましたから。328328( ゜∀゜)328328
    そして、この音を自ら体感した時、私は思いましたね。

    「…コレは…完全な“モテ系楽器”じゃないですか!!」

    for your pleasure 02

    本日ご紹介する、WALTER BEASLEY(ウォルター・ビーズリー)
    作品"For Your Pleasure" のジャケなんか見て下さいよ。
    傍らに置いてあるのがソプラノサックスだから、こんなムチャクチャなジャ
    ケ写真が許されるんです。バラ捧げちゃってるもの。シャンペン飲む前に。
    おそらく彼女は、ステージのウォルターさんのサックスにKOされたに違い
    ないのです。上から二番目のジャケ写真でもウットリ聴き入っているし。

    聴いた曲はこんな↓ スムース&セクスィーなナンバーだったかも。

           

    …つーか、イカン。オイラがメロメロになってきたじょ…。(´・ω・`)

    for your pleasure 03

    (;゜д゜)あ~あ~あ~…ついにはハグハグですか。そうですか。
    ウォルターさん、頑張ってバークリー(音楽院)を卒業して良かったね。
    お金も、名誉も、さらには美女まで手に入れられちゃうなんて。
    …えッ?卒業しただけじゃなくて?翌年は教壇に立ったんですって??
    バークリーの?…それはおみそれいたしやした。(ただのスケベかと…)

    いや、それにつけてもウォルターさんのソプラノの、哀愁漂う旋律の魅力
    的なことよ。どことなく、亡くなったジョージ・ハワードを彷彿とさせるモノが
    あるなぁ…と思っていたら、ジャケにしっかり記されてありました。 

      "This album is dedicated to the memory of  
                                George Howard and Randon Freeman"

    (´;ω;`)…ウォルターさん…あんた、イイ人だねぇ…(スケベだけど…)

           

    ↑ コレなんか、ソプラノサックスのエモーショナルな音色と、繊細な表現力
    が見事に合致したファンタスティックなナンバーじゃございませんか。
    ユニゾンで加わるエレクトリックギターは、これまた私のツボ・アーティスト、
    チャック・ローブだし。…イカン。またメロメロになってきたじょ…。

    for your pleasure 04

    ちなみにラストの裏ジャケ写真はコレです↑ 。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    美女、食われたな、と。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

    オイラも頑張れば、5年後、いや、7・8年後にはこんな美味しい思いが出
    来るようになるやもしれん。(そん時ゃエイジ・フィフティーだ。ムリだ…) 

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★               

          WALTER BEASLEY
 / For Your Pleasure (1998) 

                                      
1.I Feel You     
                                   2.Nice And Easy      
                               3.For Your Pleasure    
                                     4.If You Knew                    
                            5.Do You Wanna Dance
      
                                   
6.It Might Be You       
                            7.From This Moment On
             
                        8.Everything I Miss at Home
    
                                       9.Her Touch    
                                         10.Smoke 

    

                ★★★★★★★★★★★★★
★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

                     自室でサックスを吹いていたら、 
                 「ハライタで苦しんでいるヤギみたいな音」
                           と酷評されたワタクシへ、
            激励の応援クリックをいただければ幸いです。んメ~。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪あなたの“音楽力”をチェック!♪


    tnmtrc.jpg

    ごきげんよう♪ 押し掛けミュ~ジック・サプライヤーのヤセガエルです。

    早速ですが皆様方、ご自分の耳に自信はおありですか?
    音感、リズム感は「人並み以上だ!」という確信はお持ちでしょうか??

    「モチロン!言われるまでもないぞ!」…と、お答えになった方々。
    上の画像のサイトへ是非お出かけくださいませ。あなたの真の“音楽力”
    が判明します。(もしかしたら結構ショックを受けるかもです。 ;^-^)

    tnmtrc00.jpg

    コチラでは音楽に関するテスト(ミュージカル・テスト)が合計4つ用意され
    ています。
    ↑ 上画像の赤い文字の部分、一番左から順に、【音階聴き分けテスト】、
    【リズム照合テスト】、【フレーズ照合テスト】、そして一番右は・・・・・・・・・・
    すんません・・・・コレは何をテストされてるんだか解らんかったッス(笑)。

    とりあえず【音階聴き分けテスト】は、下の画像にある通り、

    tnmtrc01.jpg

    連続して流れる二つの音階のうち、二番目の音が一番目の音より低ければ
    『lower』ボタン、高ければ『higher』ボタンを押してください。
    問題は全部で約二十問程度。最初の方の問題はカンタンですが、だんだん
    微妙な違いになるので、聴き取れなかった時は『replay』ボタンを押してみ
    ましょう。再度同じ問題が流れます。

    ちなみに私・ヤセガエルは・・・・・・・・・・。

    tnmtrc02.jpg

    アベレージ1.2Hzで、ギリ“Very good” 。(・∀・;) 
    ブログ上で好き勝手に音楽の話をする資格は無いようで・・・・・・・・・・・・。

    皆さんもトライしてみてはいかがでしょうか。(いや、マジ難しいんだって)

          ※音楽テストの tonometric.com はコチラからドゾ。

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
 
                   ちなみにワタクシ、音階テスト以外は
                    全部“Normal”でござんした。。。。
           哀れと思し召しましたら、クリックお願いいたします!

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング


テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / Color Rit♪


    color rit 00

          【貴女のために書きました】

    「私、大ファンなの。ヤセくんもきっと気に入るから、ゼッタイ聴いてね415

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    オトコとはまことに悲しい生き物です。
    いかに鋼鉄の意志を持っていようとも、どれほど激しいコダワリを持ってい
    たとしても、それを泣く泣く捨て去らなければならない事があるのです。
    たとえば、ホレてしまった女性を振り向かせようとする時に。

    高校時代、逆立てたロン毛に、鬼をもひしぎそうな凶暴な瞳。“●●●高校の
    狂犬ベーシスト”の異名を取ったメタルフリークの私も、ホレた同級生から
    冒頭のセリフを頂戴したら、やはり聴かねばならなかったのです。いや必
    死で聴いたものです。…ユーミンやオフコースを。(ついには好きになった) 

    本当は"Get f●ck up!" のプリントが踊るT シャツをステージ衣装に用意
    していたのに、「コレ、カワイイよ!」の一言で"天晴れ!" 印のランニングに
    差し替え(同じく高校時代)。デーハーなダメージ加工の施されたデニムを、
    「履いたら?」の一言で履き(40歳過ぎてからの話)、チーズ・フォンデュの
    美味しい店を3時間以上かけて検索(チーズ食べられない)。観覧車に乗る
    (高所恐怖症)。それはすなわちホレているからこその努力であり、男という
    生き物の、悲しい習性の縮図な訳です。

    “オトコのコダワリ”とか、“オレ流スタイル”とか言っても、そこに行き着くま
    でには、多かれ少なかれ外側、特に女性から投射されたポリシーの影響
    が存在するワケで、また、それを否定してしまうと、オトコはオトコでなくな
    ってしまいますよね。「ゼッタイ気に入るから」と女性に言われて、ユーミン
    のファンになった男性は私だけではないハズ。

    …って、なんのハナシだったっけ?(脱線キング)

    color rit 01

    そうそう、音楽のハナシです。
    『貴女のために書きました』の件。

    本日ご紹介する、LEE RITENOUR (リー・リトナー)"Color Rit" 
    は、リーさんが、“ホレた女性から大いに影響を受けて”製作したであろう
    ことを想像させる、微笑ましいコンセプトが詰め込まれた佳作です。

    そのコンセプトとは、すなわち“ブラジル”。
    「リーさんて、昔からブラジル・ファンじゃなかった?」と仰るなかれ。
    デイヴ・グルーシンとの共同作品"Harlequin" 以前のブラジル志向
    と、"Portrait" 以降のそれは似て非なるもの。いわば、リーの“本気”
    が窺えるのは後者の方で、この"Color Rit" はその“ブラジル度”が
    ピークに達したと思われる作品なのです。

    ブラジルの地名がそのままタイトルとなった"Bahia Funk" を始め、
    ブラジルの社会派シンガー、ゴンザギーニャの作品をカバーした"É"
    イヴァン・リンスの代表曲を焼き直した"All The Same Tonight"
    アルバムの顔となるジャケットには、ブラジル人アーティストのアントニオ・
    ペティコフを起用するという念の入れよう。どう考えても本気度100%!

    ナゼそこまでブラジルにこだわるの?どうして?
    ハイ、その答えは、ジャケットの隅の方にひっそりと記されてありましたよ。

    "A special thanks to Carmen Elisa, my love."

    パパとママ、くだんのゴンザギーニャ、そのゴンザ君を推薦したホセ・サン
    トスさんを差し置いて、一等最初に女性の名を"my love" 付きで。
    これは正しく『貴女(ブラジル人)のために書きました』というワケだったと。

    ただ、この女性のLove に溺れることなく、自らのポリシーを保持し続けた
    ところはさすがリーさん。ジャジーなギターワークと、ラテン・フレーバーを 
    程よいパーセンテージでブレンドし、煌びやかな“New リトナー・サウンド”
    へと昇華させた所はお見事です。 
    半泣きでコスモワールドの観覧車に乗った誰かさんとは大違いだ。

    新春とは言いつつ、これからが冬本番。心身がフリーズしそうになったら、
    "Love" で満たされた、こんなあったか~い作品を召し上がっては如何?

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★              

                      LEE RITENOUR / Color Rit (1989) 

                                      
1.Bahia Funk    
                                           2.É     
                             3.All The Same Tonight   
                                   4.Mister Reggae                   
                                    5.
 I Can't Let Go     
                                        6.Color Rit      
                                        7.The Kiss
            
                                          8.Malibu
   
                                   9.Tropical Storm   
                                         10.Etude
                                    

           

           

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

     今度は観覧車のシースルー・ゴンドラに乗せられそうなんです。
                乗れない言い訳を考えてコメントくださるか、
        下の応援クリックをいただければ勇気が涌くかもしれません。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NILS / Ready to Play♪


    ready to play 00

         【西海岸の“ギャップ大王”】

    ↑ ジャケ写真の人物をご覧になって、ご存じない方は、「あら。またヘヴィ
    メタのアルバム紹介?」なんて思われるかもしれません。

    この風貌、この衣装、胸元にキラリと輝くフライングV のネックレス。
    おッ立てた中指一本で支えるストラトキャスターは、リアにEMG のハム
    バッキング・ピックアップを搭載したパワフル仕様。
    どの角度から見ても、どのように解釈しても、そのスタイルはハードロック
    系ミュージッシャンのそれ。「ヘヴィメタですか?」と思われたとしても、ま
    ったくもって不思議ではございません。

    まぁ、百聞は一見(一聴)に如かず。このデーハー・ハードロック系のギタ
    リストがどんな音を出すかは、下の試聴ファイルへのリンクでお試しあれ。
    画像をご覧になりながら聴くと、さらに味わいが濃く深くなります。

           

    ready to play 01

    お聴きのナンバーは、本日ご紹介する作品"Ready to Play" のオー
    プニング&アルバム・タイトルチューンの"Ready to Play" です。
    選ぶべきファッション・スタイルを誤ったのか、選ぶべき音楽を取り違えた
    のか。このむさ苦しい…ではない、ワイルドな外見にして、このスムース
    なギター。なんというギャップでございましょう。

    彼の名はNILS(ニルス)。ノーマン・ブラウンやジョイス・クーリングらと
    共に、スムースジャズ・シーンの次代を担うギタリストです。

    ニルスの作品の聴き所は、彼の持つストラトの繊細で甘いトーン。そして
    その音色を生かした軽快なフレージングでしょう。
    リズムと正確にシンクロさせたチョーキングを多用し、カッティングで放つ
    オクターブ奏法をバンプさせるスタイルは、ストラトの音の特性にマッチ
    したキレのあるサウンドを生み出しており、それが彼の個性となり、魅力
    となっていますね。顔は…その…むさ苦…ワイルドではございますが。

    ready to play 02 

           

    ↑ 4曲目にトラッキングされた"Midnight Breeze" です。
    なんともSmoothでCool じゃございませんか。このフロント(ピックアッ
    プ)よりの、艶のある音色がなんとも。( ̄∀ ̄)b ~★★★
    リアをパワーアップした効果が感じられないセッティングではありますが、
    中音域の色っぽいサウンドに私はメロメロでござんす。

    このアルバム"Ready to Play" の似合うシチュエーションは、空の広
    さを実感できるハイウェイや、ネオンの灯る都会でのクルージング。季節
    は問いません、って感じですかね。ちょっと男前度を上げておきたいお相
    手が一緒なら、このNILSサウンドがその一助となるでしょう。

    あ。でも、そのお相手にジャケは見せない方がヨイと思いますです。ハイ。

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★             

                           NILS / Ready to Play(2007)

                                   
1.Ready to Play   
                                       2.Just Smile    
                                          3.Catnup  
                                  4.Midnight Breeze                  
                               5.
 Sunrise on Sunset    
                                     6.You Gotta Be     
                                        7.Dreamin'
           
                                          8.My Girl
  
                                          9.Hi Five  
                                       10.Only You
  
                                 11.Hurry up & Wait
                                      12.Last Night
 

                                 


                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

                    “ギャップ萌え”バンザイ!!
             なんちゃってハードロッカー、NILS を応援している
           私を応援してくださる皆様。そのクリックが私の励み!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪前進あるのみ!2009!♪


    sunrise360.jpg

             ♪ 本日のBGMはコチラ!↓ 再生ボタンをクリック・プリ~ズ♪

           

    ご来訪の皆様、新年明けましておめでとうございます!\(・∀・)/

    皆さんは良いお年を迎えられましたか?お元気でしょうか??
    世の中は、一世紀に一度あるか無いかの大変な経済危機。しかしながら、
    昨年、一生に一度あるか無いかの大不振(後厄)を見事乗り切った私・ヤ
    セガエルにとっては、そんなモンは屁のつっぱり程度。不況がなんだ!!
    前進あるのみ!…てな年明けでございます。(・∀・)b

    元旦は一年の目標を華々しく披露しよう!ということで、昨年は「トランペッ
    トを復活するぞ!」と、ワタクシ高らかに宣言いたしました。
    …んが。そんな宣言も束の間、後厄の始まりなのか何なのか、始めて一
    ヶ月もしないうちにマイ・トランペットの主管抜差管が抜けなくなってしまい、
    チューニングも手入れも出来ず挫折いたしました(内緒にしてました)。

    そこで今年は、「本職のベースを復活するぞ!」というカンジで、年末にエ
    フェクターを買い替え、先日、Newベース購入のため再度楽器屋さんに
    足を運んでまいりました所…あの…その…やっちまいました。

    ・・・・・・・・・・。

    ・・・・・・・。

    ・・・・・。








    ss00.jpg

    『これ見せてください』って言うつもりだったのに、

    「これ、ください」って言っちゃった。病気かな。

    (´・ω・`)

    ss01.jpg

    一度たりとも、触ったことさえ無い楽器を入手する事になるとは。

    あまりも(店員のおねいさんが)キレイだったもんで、つい…。

    ・・・・・・・・・・

    というワケで、今年は、ベース復活&ソプラノサックス元年といたします。
    来年の今日までに、ボニー・ジェイムスの"Kyoto" (ソロ以外)を吹ける
    ようにするぞ!(とりあえずちゃんと音程取れるから実現可能??)

    皆様も、世の苦難にめげず、アゲアゲ前進モードで頑張ってくださいね!

         A Happy New Year 2009

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!

                一ヵ月後、「サックスの調子はどう?」
                  なんて決して質問しない優しいアナタは、 
             コチラにも哀れみのクリックをしてくださるでしょう。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓
                            人気blogランキング

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 01 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。