■BoneyFrog Blog■

 

 

♪ALEX BUGNON / Free♪


    free 00

              【もうすぐ春ですね。】

    吹きすさぶ寒風。乱舞する雪。グレーの空。
    ここ数日、傘が手放せない天気が続いていた当地・神奈川。
    「いったい、いつになったら晴れるんだぁぁぁ!?(`д´ )」と思っていたら、
    晴れましたね。今日は久々に。

    気温は15℃まで上がり、職場の屋外ベンチでは、日なたぼっこと食事に
    やって来るいつものスズメ達に混じって、抹茶グリーンのメジロが今季初
    登場。春はそこまで来ているのかもしれません。

    本日は、冬から春へと向かうこの時期にピッタリな、厳しさと穏やかさを兼
    ね備えた、ALEX BUGNON(アレックス・バニョン)2005年の作品、
    "Free" をご紹介したいと思います。(・∀・)b ~♪

    free 01


    ↑ 聴いていただいてます?(再生ボタンを押してね♪  ・∀・ )
    1曲目に流れるのは、この作品のタイトル・チューン"Free" 。冬の厳しさ
    と、春の穏やかさを感じません??

    この独特の風景画的表現は、バニョンさんのアイデンティティーというか
    ナチュラル・アティテュードですかね。
    私見を述べさせていただくと、この“風景画”的味わいは、バニョンさんや
    フィリップ・セスといったヨーロッパ出身のアーティストに多く備わっている
    気がします。(バニョンさんはスイス、ザルツブルグの出身です)
    このトラックのピアノ・ソロで聴くことのできる、品の良さとクラシカルな余
    韻を残すコード使いは、例えばアメリカのカツカツなR&Bスムースジャズ
    では生まれてこないものではないでしょうか。

    2曲目は、1曲目とは全く趣の異なるカラーを持つ"Carrera"
    「春がキタ―――( ゜∀゜)―――!」みたいなカンジじゃございません?
    この、単音をたどたどしく奏でるところ(バニョンさんゴメン)が味です。
    バッキングのワウ・ギターやローズの柔らかな響きが、バニョンさんの
    クリアなピアノを引き立てていますね。こういうメロディの立った楽曲も
    サラッと作っちゃうところが、バニョンさんのスゴさなんです。(・∀・)b

    free 02 

    さらにレコメンド・トラックを挙げると、エッジの利いたファンキー・サウンド
    が特徴的な2."Fingertips" や、バニョンさんの上質なピアノをタップリ
    堪能できる4."In Your Eyes" 、無機質なコンクリート・ジャングルに
    マッチングしそうな6."Downtime" 等々。とにかく、人気・実力のワリ
    に、日本ではゼンゼン知名度の無い方なんで、このレビューをお読みに
    なって、さらに聴いていただいて、さらに「良かった!」と思われたなら、
    周囲の音楽好きの方へプッシュしてくださいね!\(・∀・)/

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

                                         
1.Free 
                                     
2.Fingertips          
                                       3.Carrera        
                                    4.In Your Eyes                        
                                    5.Sierra Leone
          
                                     
6.Downtime           
                                      7.Tomorrow
                             (Better You,Better Me) 
                
                                     8.Pillow Talk
        
                                       9.Don't Go        
                                     10.Out There 
 

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
      
           「春がキターなカンジだ!」とお感じになられた方、
                 いつもの叱咤激励クリックは、    
                     コチラから宜しくプリ~ズ!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆腹筋鍛錬! by YouTube◆


    冷え込みは厳しく、スギ花粉の飛散も本格的になってきて、ワタクシは
    もう、風邪だか花粉症だか判らない悲惨な体調の今日この頃。ご来訪
    の皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか?押し掛け動画プレゼンタ~
    のヤセガエルでございます。(・ω・)

    さて、今回はいつもと趣向を変えて参りますよ。
    本日は、私のように風邪や花粉症でブル~になっちゃってる皆様でも、
    思わず腹筋をブレイクさせて爆笑するであろう、エクセレントなお笑い
    動画を4本ピック・アップしてみました。

    お食事中の方、パック中の方は視聴厳禁!それ以外の方 Let's Go!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

    ①【さまぁ~ず・『キノコの話』】
    たかがキノコ狩りのハナシをここまで膨らませるとは…wwww(T▽T)!
    「プラ…え??」「食うから!」「オレとオマエのキノコの話!!」傑作!!

    

    ②【ブラックマヨネーズ・『ペットを飼いたい』】
    黄金・鉄板のパターンに拍手!すさまじい展開ぶりに腹筋ブレイクです!
    「コロ」「距離、全然縮まってないやん!」最後はオーナーのプライドww!

     

    ③【サンドウィッチマン・『結婚式のスピーチ』】
    実力派漫才コンビの得意ネタ。この二人、本当に上手い!面白いっ!!
    「結婚という字は」「それ辞書だな」「最初に言えよ」M-1チャンプはガチ!

     

    ④【アンタッチャブル・『息子が万引き』】
    コレは昔からあったネタですが、何度見ても腹筋ブレイクです(T▽T)!
    「イポッ…イポッド…!?…??」ってwww。「博士かお前は」でドカン!!

   

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
      
               「爆笑した!」「腹筋鍛えられた!」という方、    
                    ついでにクリックお願いします。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : お笑い    ジャンル : お笑い

 

 


 

 

♪GREGG KARUKAS / Heatwave♪


    heatwave 00

        【雨の日だって気分は上々。】

    「どーしても見たいものがあるから貸してくれ!!」
    …と知人に懇願し、半ば強制的に貸し出してもらった双眼鏡。
    「ヤツは覗き魔なんじゃ…」とか、「犯罪に使うのは推奨しないぞ」などと、
    まことに失礼千万な雑音はシャットダウンして臨んだ本日2月24日。

    …見事な雨だっての。
    ルーリン彗星が地球に最接近しているというのに。
    ズッシリと黒光りする双眼鏡のレンズには、彗星の尾どころか、一つの星
    さえも映し出すことができず痛恨の極みでございますよ。
    数万年に一度のお客さんが来た時くらいは晴れるだろうと思ったのに…。 

    まあ、そんな不完全燃焼感でイッパイの私・ヤセガエルでございますが、
    皆様お変わりなくお過ごしでございましょうか。

    再々申し上げますが本日は雨天。雨ってイヤですよね。面倒で。
    雨が降ればクツも防水仕様のものへとチェンジしなければなりませんし、
    クツが変われば服もそれなりに合わせなければいけないし、髪型も気を付
    けなければスグにペシャンコになり、 それを見た人間から、「あれ?お前、
    だいぶヤバくね?」などと、“覗き魔”とウワサされるより、より現実味を伴う
    深刻なダメージを受けるであろう言葉の暴力を誘発してしまいます。
    雨ってイヤですよね。ホントに。(抜け毛はさらにイヤですが)

    heatwave 01

    しかしです。そんな雨の日にも、いや、雨の日にこそ魅力を発揮する美し
    い音楽もありますよね。

    ジーン・ケリーが歌う"Singin' in The Rain"
    ボビー・コールドウェルの歌う"Jamaica"
    スーパートランプの"It's Raining Again" なんてのも。

    そして本日ご紹介する、GREGG KARUKAS(グレッグ・カルーカス)
    2002年発表のアルバム"Heatwave" もまた、雨粒を宝石に変える
    魔力と魅力を持つ作品です。
    試聴ファイルを3曲リンクしていますので、下のプレーヤーの再生ボタンを
    クリックして、まずは聴いてみてくださいね♪ (・∀・)/
        

    1曲目は"Your Sweet Smile" 。どーですか、カルーカスさんのキ
    ラキラなピアノの音色!落ちてくる雨滴がダイヤに見えてきません??
    傘をさしながらスキップしてしまいそうでしょ?バッキング・ギターのポー
    ル・ジャクソン・Jr. がまた、得意のカッティングでカルーカスさんと共に
    流麗なグルーヴとウェーブを作り出しています。

    2曲目は"Riverside Drive" 。あのですね。こういう楽曲は本当に難
    しいんですよ。演奏が。ワタクシはお粗末ながらベースを弾きますが、こ
    ういうキレキレのドライヴ感を出すことが最も難しいんですよね。勿論主
    役たるピアノのドライヴ感も凄まじいです。コレ聴きながら雨の日にドライ
    ブしてみて下さい。雨滴が後方へすッ飛んでいく感覚を体感できます。

    3曲目、"Home to You" 。コレは、カルーカスさんのソング・ライティ
    ング能力、ことに音源セレクトのセンスの高さが表れた佳曲です。アレン
    ジも、鬼のように無計算な計算(?)で、本当に“編みこまれている”という
    様子が判ります。特に、リズムを刻む楽器群と、空気感を形成する楽器
    群の、対比と組み合わせが秀逸ですね。雲間から光が差してきそう。

    heatwave 02  

    上に挙げた3曲以外にも、 カルーカスさんのバンピーなローズが踊りまく
    るアルバムのタイトル・チューン"Heatwave" 。アンプラグド楽器でシ
    ックに迫る"Penthouse View" 。エモーショナルなアルトを吹かせた
    ら「このヒトしかいない!」というサックス奏者のデイヴ・コーズをフィーチュ
    アした"Remember When" などがオススメ。目が覚めてカーテンを
    開けた時、もし雨がシトシト降っていたなら、この作品"Heatwave"
    思い出してくださいな。そのシトシトがウキウキに変わりますよ。(・∀・)b

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

                             
1.Uptown Rendezvous
                                
2.Your Sweet Smile         
                                  3.Riverside Drive       
                              4.Too Cool(To Be Hot)                       
                                    5.Healing Song
         
                                      
6.Heatwave          
                                 7.Penthouse View 
               
                                  8.Brooklyn Night
       
                                    9.Home to You       
                                      10.Last Train
                               11.Remember When
                             12.I Meant What I Said
 
                  

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
      
         「彗星はドコに?」と言いつつ、3軒先の美人奥様宅へ
            双眼鏡を向けたくなる私へのお叱りクリックは、    
                     コチラから宜しくプリ~ズ!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~ルーリン彗星~★


    cmt360.jpg

       【人類を、見守りたまへ、ルーリン彗星!】

    ご来訪の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。押し掛けスターウォッチング・
    コーディネータ~のヤセガエルでございます。(・∀・)/ ~ ★★★★★

    本日は、イケメン・サクソフォニスト、WARREN HILL(ウォーレン・ヒル)
    のナンバーに乗せて、ルーリン彗星の話題をお届けいたします。
    (↓ プレーヤーの再生ボタンをクリック・プリ~ズ♪ )

           

    さて、そのルーリン彗星。いよいよ地球に近づいて来ましたね。
    19日のニュースでは、淡い“尾”を伸ばし始めた姿も紹介され、明るさも
    順調に増してきているようです。

    最も地球に接近するのは2月24日頃。その距離およそ6000万km。
    ルーリン彗星は、ハレー彗星のように太陽の周りを周回する周期彗星で
    すが、次にお目にかかれるのはナント数万年後。この機会を逃したら……
    と言いましょうか、ヘタをすると人類がこの彗星を拝めるのは、この数日間
    が最後のチャンスとなるかもしれません(不吉な予言…ジュセリーノか)。
    …で。少なくとも私達にとっては最後のチャンスであろう今回。ゼヒ観てお
    きたいじゃございませんか。いや、観ようじゃございませんか。

    上に載せた画像(クリックすると拡大します)をご注目。コレは、2月24日、
    午前1時の東京の夜空のシミュレーション画像です。
    南の空高く、しし座の足元に土星が輝いていますね。その、さらに左下の
    淡く光っている辺りがルーリン彗星の出現ポイントです。
    明るさは4~6等級。双眼鏡が使えればベストですが、空が十分に暗い場
    所なら肉眼でも観測可能とのこと。運が良ければ、彗星本体から東西に
    2本(イオンテイルとダストテイル)の尾を伸ばす珍しい姿が拝めるかもし
    れませんよ!いや、拝みましょう!(・∀・)

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                       ご訪問ありがとうございました!
         
                   できれば次のルーリン接近の時にも、
                        人類が繁栄していますように。
                     この記事でエコの意欲が湧いた方、   
                         以下のアイコンを乱打すると、
                     管理人の更新意欲が高まるでしょう。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪ピッチを変えたらそのまま○○!♪


    音楽を愛する皆様、ご機嫌いかがですか?
    押し掛けミュ~ジック・コンセルジュのヤセガエルでございます。(・∀・)

    本日は記事タイトルの通り、“ピッチを変えたらそのまま○○!”
    あのヒトのあの歌が、ピッチを変えるだけで、別の有名人が歌っている
    ように聴こえるという面白映像を特集しました。

    製作者のセンスが光る合計4本!皆さん一緒にHere We Go!

               ★★★★★★★★★★★★★★★

    1発目は、テレビ番組でも取り上げられたネタを含む4パターンを編集し
    た映像。注目は、3発目の大塚愛ちゃん。愛ちゃんのピッチを落とすと…

    

    またもや綾戸さんネタですが…プッ!ぶはははは~~~~!!(T∀T)
    コレはスゴイ!どこからどう聴いても綾戸さんじゃないの。10点満点!!

   

    次も秀逸です。ハ・・・・ハラ坊が・・・・ハラ坊がっっっっっ!!!(T▽T)
    『裸の夏が過ぎてゆく~』って、歌詞まで詠一っぁんだっつーのwwwww

   
 
    次は私、号泣モードでやんす。これはまさしく美空ひばりさんじゃござい
    ませんか。千の風になって、吹き渡っているに違いなし・・・・。(T△T)

   

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                       ご訪問ありがとうございました!
        
                この記事で「腹筋が鍛えられた!」という方、  
               以下のアイコン乱打で指の筋力も鍛えよう!

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : 気になる音楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BONEY JAMES / Send One Your Love♪


    send one your love 00

          【二人を結ぶ“音”の言霊】

    やって参りました。バレンタインデー。

    今年は、お菓子業界の策略か、景気対策の一環なのか、“逆チョコ”なる
    新語が飛び出し、男性から女性に対しても「チョコをプレゼントしよう!」
    という流れがあったようですね。

    あなたはプレゼントされました?それともプレゼントしました?
    え?どっちでもない?カンケーない?そんなイベント必要ない系?

    はいオッケー。「必要ない」 とお答えになった方。本日ご紹介する作品を、
    四の五の言わずにとくとお聴きあれ。
    ココに収められた10曲を聴けば、今年そのイベントに参加しなかった自分
    に足りないもの、すなわち"Love" の尊さに(たぶん)気付くことでしょう。

    ちなみに、「チョコあげた」、「もらった」、「成就した!」というおめでた~い
    カップルには、さらにオススメのアルバムですよ コンチクショーめ。

    send one your love 01

    さて、そのアルバムは、今月リリースされたBONEY JAMES(ボニー・
    ジェイムス)
の新作"Send One Your Love" 。ボニー君の音楽史
    における出発点となったスタンダード・ラブソング5曲に、スタイリッシュな
    ソング・ライティングが冴えるオリジナル・ナンバー5曲を加えた、スムース
    ジャズ作品です。 

    内容が、とにかく“愛”満載なんですよ。
    アルバムのタイトル・チューンとなる、スティービー・ワンダーの代表曲、
    "Send One Your Love"  を始め、ジェームス・テイラーの名曲、
    "Dont' Let Me Be Lonely Tonight"。さらにバリー・ホワイトの
    "I'm Gonna Love You Just A Little More" と来たもんだ。
    演奏のアプローチは艶冶でSexy、そしてファンキー。歌詞にも勝る雄弁
    さで愛のメロディを奏でるテナー・サックスは、ボニー君のテクニカルな
    側面だけでなく、彼のパッションやソウルを見事に反映しています。
 
    そして今回のボニー君、プレイヤーとして勝負に出ていますね。
    前作"Shine" を愛聴された方は、そのアレンジのシンプルさや古めかし
    さに「なんだこりゃ!?」と思うかもしれませんが、サクソフォンのソリスト
    としては、今作のプレイの方が、濃く、味わい深く、奥行きを持ち、キレが
    増していると感じます。上等なオーディオで聴きたくなるサウンドですよ。

    send one your love 02 

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★ 

                           
1.Wanna Show U Sumthin' 
                              
2.Send One Your Love          
                    3.Stop,Look,Listen(To Your Heart)        
                                         4.Touch                        
                    5.Don't Let Me Be Lonely Tonight
          
                                   
6.Hold on Tight           
               7.I'm Gonna Love You Just A Little More
           
                                    8.City of Light
        
                                         9.Butter        
                               10.I'll Be Good to You

           
          
           

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                       ご訪問ありがとうございました!
      
             今年のオイラはトラック5だコンチクショーめ!
                     「哀れな…」とお思いになった方は、 
                     以下のアイコン乱打でプリ~ズ!

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆Back to 1978◆


                  00 jolf

    ↑ コレをご覧になって、「うをををを~!コ、コレは!」と叫んだ方は、
    間違いなくオーバー40の、しかも限定された層の方々でしょう。

    先日、探し物をしようと屋根裏部屋を捜索していたら、奥の方から、
    色んな種類のこの“カード”が大量に出てきて、思わず捜索を打ち
    切って見入ってしまったのです。

    ご存じの方はご存じですね。そう、コレは、いわゆる“ベリカード
    (QSL、またはQSLカードとも。Verification Card のこと )。取得
    年は1978年。カード下部の印字にある通り、ニッポン放送が現在
    の周波数ではなく、1240kHz で放送していた頃のカードです。
    
    「…へぇ~、だからナニ?」という方。こんなコトを言うのもアレですが、
    そういう方は、早々に画面右上の×ボタンをクリックして、もっと有益な
    サイトへいらっしゃった方が良いかも。アナタにとってはこの記事…

    面白くもなんともない と思いますので。

    …と、いうワケで本日は、“探し物をしていたら思わぬモノを発見した”
    シリーズ!(そんなシリーズ無いぞ)
    「読んでやってもイイぞ」という奇特な方は、画像のブツと同様、1978
    年に社会現象を巻き起こした、あの大ヒット映画のテーマをバックに、
    しばしのお時間、雑記にお付き合いくださいまし。( ̄∀ ̄)/

           

                              -----------------------------

    さて、画像の“ベリカード”の件。
    コレが何か?と申しますと、放送局から視聴者に送られる“確認証”の
    ことなんですね。

    たとえば視聴者が、

    『○月○日○時、○○の周波数、場所は○○。こんな内容の放送を、こんな
    受信状態で視聴しました。これはそちらの放送局ですよね?』

    という内容のレポートを郵送すると、

    『それは間違いなくウチの局です。レポートどうもありがとう!』

    ってカンジで返信されてくるのがコレなんです。
    1978年当時は、インターネットはおろか、ファックスでさえ普及していな
    い時代ですから、放送局にとっては、こういった不特定エリアから寄せ
    られる受信レポートが、自局の電波コンディションを知る上で最も有効
    な資料となっていたんですね。

    また、視聴者にとっては、確認後に送られてくる、その放送局の特色や
    お国柄を反映したベリカードを得ることによって、様々な風俗や風景を
    知り、また未知の世界への知識欲をかき立てられたりしたワケです。
    (ネットの無かった時代だからね。お隣の県ですら別世界でしたから)

                   01 johr

    ↑ 雪祭りの雪像と、時計台の写真を交互に配置したこのカードは、
    北海道は札幌にある北海道放送から送られてきたものです。
    お隣りの県ですら別世界だった当時の私(神奈川在住)にとっては、
    北海道はほとんど外国でしたね(笑)。憧れたモンです。

    02 joir

    ↑ コールサインの部分に、日本三景の一つ、松島の写真を使用した、仙台
    ・東北放送のベリカード。美しいでしょう!当時小学生だった私は、このカ
    ードで“松島”という場所を知り、また日本三景というものを知りました。

    03 jomr

    ↑ 『金沢・浅野川~天神橋から卯辰山を望む』と、右下に書かれています。
    そしてこの水彩画の風景を、このカードの送られてきた8年後に、現地で見
    てきましたよ。そのまんまだった。感動しちゃったよ。!(((T∀T)))!
    ………あ。ちなみにコレ、石川県金沢市にある北陸放送のベリカードです。

                   04 jouf

    ↑ “イタセンパラ”という名の淡水魚が主役のベリカードは、ラジオ大阪の
    もの。裏面には、『絶滅したと思われていたが、(淀川)本流を離れた水
    たまりに生存していることが確認された』とあります。しかしながら、現在
    このイタセン君は絶滅危惧種に指定済み。明日のエコでは間に合わん!

                  05 rcc

    当時はあまり感じませんでしたが、失われつつありますね。こういった
    “ふるさとの風景”。この郷愁漂う絵画を前面に配したベリカードは、広
    島・中国放送のもの。描かれているのは、やはりというか尾道です。

    06 rkb

    ↑ “木うそ”という大宰府に伝わる郷土玩具らしいです。凧みたいなもの
    ですかね?それともコマみたいなもの??福岡のRKB毎日放送です。

                               -----------------------------

    ちなみに、上にあるベリカードは、全て1978年11月23日直前、つまり
    国内中波局の周波数が揃って大移動する直前のカードなんですね。
    そういった意味では、かつて国内の中波局が使用していた周波数が
    記載された、歴史的証拠とも言える有難~いモノかもしれません。

    そうそう。周波数ではなく、局名が変わったものもありますね。

                   07 tokyo fm

    ↑ コチラは現・TOKYO FM のベリカード。いかにもFMらしい、音楽をモチ
    ーフにしたPOPなデザインですね。今考えると、当時、関東のFM局は、
    NHK-FMと、このFM東京しか無かったような。局名変わったのはいつ?

                   08 jjy

    ↑ 一体どーやってレポートを書いたのか、全く思い出せないのがコレ。
    JJY 。なんたって番組内容が“時報”のみですから。プッとか、ポーン♪
    とか。しかも同じ周波数に別の時報局が複数あったりして、良くゲット
    できたな~とか感心します(感心してどうする)。あ。コレは短波局ね。

    09 tokyo volmet

    ↑ コレも一般の放送局ではありません。TOKYO VOLMET BROADCAST。
    空港や航空機(?)にお天気情報を発信している放送局です。コレも上と
    同じで、どこへどんなレポートを出したか覚えてません。鳥居がジャパニ
    ーズなカンジ。ボールペンで“N”が加筆されている所がポイントですね。

    10 kgei

    ↑ パッと見で「アメリカじゃん」と判断できるこのカードは、カリフォルニア州
    サンフランシスコから送られてきたKGEI のもの。全米チャートのヒット曲を
    バンバン流している…かと思いきや、宗教局だった事もあり、内容はかなり
    退屈…ではない、マジメ系だったような。日本語放送もありましたね。

                   11 hcjb

    ↑ 地球上では、日本へ最も遠くから届いていたかもしれない日本語
    放送。それはこのHCJB・アンデスの声でしょうか。
    南米はエクアドルの首都・キトから、ラテン色豊かなご当地音楽を
    バンバン流している…ワケではなく、ナゼか賛美歌がメイン……。
    キリスト教系の放送局でしたからねぇ。

    ちなみに同じ南米・アルゼンチンの放送局・RAEは、日本語放送を
    行っていながら、某局が某局に向けてノンストップで発射していた
    妨害電波のために、 「全く」と言っていいほど受信することができま
    せんでしたね。懐かし い伝説です。今、どうなっているのやら…。

    12 bbc

    ↑ ビッグ・ベンの鐘の音で始まる放送が印象的だった、英国ロンドンの
    BBC放送のベリカード。モチーフになっているのはロンドン市街にある
    “エロスの像”です。なんたらとかいう伯爵さんが、産業革命期に酷使
    されていた若者のために造ったという有難い像だそうです。
    
    13 abc

    ↑ 当時、海外の日本語放送で最も人気の高かった放送局はココでしょう。
    ラジオ・オーストラリア。番組のオープニングで流れるワルチング・マチル
    ダと、笑いカワセミの鳴き声を、ワクワクしながら聴いた方も多いはず。
    札幌雪祭りの中継を、オーストラリア経由で放送していましたね。

    14 rva

    ↑ フィリピン・マニラから放送していたラジオ・ベリタスのカードです。
    「絵葉書の使い回しじゃん!」とフンガイしつつも、その美しい風景に心を
    奪われた一枚。画像の山は何という山ですかね?“マニラ富士”??

    15 voi

    ↑ エスニック全開で、個人的に超お気に入りだった『インドネシアの声』の
    ベリカードです。日本では絶対にあり得ない文化が感じられる一枚。その
    後、バリ島に旅行するキッカケにもなりました。こんな人形、ありましたよ。

    16 r thailand

    ↑ あまり受信状況の良くなかった局から届いたベリカードは、やはり宝物
    でしたね。ラジオ・タイランドは難局でも珍局でもありませんでしたが、コ
    レが届くまでに2ヶ月くらいは待たされたんじゃないでしょうか。

    17 dw

    昔は周波数が違っていた、あるいは局名が違っていた、そしてそれよりも
    強烈に『国が違っていた』という例がコレ。ドイチェ・ヴェレ。今はドイツ。
    このカードが発行されていた当時は“西ドイツ”でした。冷戦でしたねぇ。

    18 r moscow

    ↑ 世界遺産・サマルカンド寺院の写真を題材にしたベリカードは、モスクワ
    放送のもの。この当時、ロシアは“ソヴィエト連邦”でした。写真のサマル
    カンドはソ連のものでしたが、今はロシアのものではありません。ロシア
    ではなくウズベキスタンの領土です。歴史を感じません??

                               -----------------------------

    そんなこんなで、大変マニアックなトピック満載でお送りした今回の記事
    はいかがでしたでしょうか。

    ・・・・・・・・・・。

    はぁ…そうですか。ドン引きですか。
    ありがとうございます。

    だから、「×ボタンを押してください」言ったのに。

    「まぁ、ヒマつぶしにはなったか?」という寛容な方は、最後に下をクリック
    してくださいませ。管理人が一方的に幸せになります。

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                       ご訪問ありがとうございました!
      
                    熱き“BCL道”を共に歩んだ皆様、  
                あなたの応援クリックが管理人を救います。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : コレクション    ジャンル : 趣味・実用

 

 


 

 

♪PAT METHENY GROUP / We Live Here - Live in Japan 1995♪


    ご来訪の皆様、ご機嫌うるわしう。(・∀・)
    押し掛けミュ~ジック・サプライヤーのヤセガエルでございます。

    本日は、昨年末に再リリースされた、パット・メセニーのライブDVD、
    "We Live Here - Live in Japan 1995" から、感涙必至の
    6曲をピックアップしてお届けいたします!

    私はこれまで、何度となくこの映像を観ましたが、このヒトたち…本当に
    スゴイ!演奏とか芸術性云々ではなく、ただただスゴイ!
    レベル的には、「人間ってスバラシイ!地球に生まれて良かっター!」
    っつーくらいのスゴさです。(山本高広くんか)

    百聞は一見に如かず。観るべし。語り継ぐべし!( ̄ω ̄)b ~★★★

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
      
          「なにげにネタ切れなんじゃ?」とお思いになった方、 
      あなたの応援クリックが管理人の励みになるかもしれません。 

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪FOURPLAY / An Evening of Fourplay♪


    スムースジャズを愛する皆様ごきげんよう!(・∀・)/
    押し掛けミュ~ジック・コンピレーターのヤセガエルです。

    2月に入り世間は何かと物騒がしいニュースでいっぱいですが、なんでも
    かんでも“景気悪化”という冠ワードが付くテレビやネットは打っちゃって、
    私の“ゆるブログ”でリラックスしていってくださいな。

    本日ご紹介するのは、FOURPLAY(フォープレイ)の1st ライブDVD、
    "An Evening of Fourplay" 。タメ息が出る程シルキー。そして思わ
    ずステップを刻んでしまう程グルーヴィ。全8曲のプレイリストになってま
    すので、アタマからどっぷりガッツリ漬かるべし!それでは早速レッツ5 ♪

 

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
      
         「何度か同じ映像を紹介してない?」という突っ込みは、
       “大ファンだから”という突っ込み返しでご勘弁くださいまし。    
             堪能された方は、ぜひコチラのクリックをプリ~ズ!
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 02 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.