■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪EVERETTE HARP / All for You♪


    all for you 00

          【春色サックス for you♪ 】

    桜並木がピンクの蕾を膨らませ、春霞と黄砂が遠景の眺望を覆い隠す
    3月の終わり。当地・神奈川は、本日“寒の戻り”といった風情でしたが、
    皆様お住まいの地域はいかがでしたか?(・∀・)

    え?寒い?ゼンゼン春っぽくなってない?
    コタツもしまってないし、衣替えもまだですって?
    …そうですか。それは宜しくありませんね。(ヤセの妄想独走中)
    「全然“春”ってキブンじゃないなァ」なんて思ってらっしゃるそこの御仁。
    本日のエントリーは他でもない、そんな貴方に「春キタ―( ゜∀゜)―♪♪」と
    実感していただくためのアルバム・ピックアップですよ!

    ご紹介するのは、フュージョン、スムースジャズ界のベテラン・サクソフォ
    ニスト、EVERETTE HARP(エヴァレット・ハープ)が2004年に発表
    した"All for You" 。濁りの無い爽やかな楽曲と、ハープさんのハート
    ウォーミングなサックスが魅力的な“春色”アルバム作品です。

    all for you 01

    「春・春・春って、いったいどんだけ?」とお疑いの方は、上のプレーヤー
    の再生ボタンをクリック・プリ~ズ。1曲目のミドルテンポのナンバーは、
    トラック3の"Hey Yeh" 。DWIGHT SILLS 奏でる甘いトーンのギタ
    ーと、“歌う”ようなフレージングを重ねるハープさんのサックスは、3月の
    風に揺れる桜の蕾と、そこに群れ集うメジロさんのようにフレッシュでエア
    リーな取り合わせではございません?(ヤセ独走中 ゜∀゜)

    2曲目は、ハープさんが、本職のサックスに加えて、リード・ヴォーカルと
    バック・ヴォーカルまでも担当した"Time of Our Lives"
    パンの中心位置にハープさんのサックス、それと入れ替わるのはハープ
    さんのリード・ヴォーカル。左からハープさんのバック・ヴォーカル、右に
    流れてまたハープさんのヴォーカル!ハープさんが咲いた咲いた~♪♪
    これを聴いて、満開になった桜を連想したのはワタシだけ?(独走中!)

    all for you 02

    ちなみにハープさんのサックスの聴きドコロは、音圧少なめ・音数多めの
    『やたらイイ声で鼻歌を歌いまくる』系のフレージング。(どんな表現だw )
    複雑なメロディをサラリと聴かせるテクニックや、緩急自在なソロから想像
    するに、ベーシック部分のテクニックはかなりの領域ですね。
    サウンドのバック・グラウンドは、ジョージ・ベンソンやマーカス・ミラーが、
    いわゆるブラック・コンテンポラリーの花形的ポジションに位置していた頃
    のものでしょうか。『濃ゆいけど洗練されてる』系の音ですね。(どんなや)

    と、いうワケで、そこの「全然“春”ってキブンじゃないな~」なんて思ってら
    っしゃったそこの御仁、少しは「春キタ―――( ゜∀゜)―――♪♪」ってな感じ
    りました?え?ならない?ならないなら、もうCD買っちゃいなよ。(友達か)

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★  

                                 
1.Kisses Don't Lie     
                               
2.Back in Your Arms              
                                       3.Hey Yeh            
                               4.Just Like Ole Times                            
                         5.When Can I See You Again  
                                
6.Time of Our Lives               
                                7.Can Your Hear Me  
                                 
8.Groove Control
            
                 9.It's Just The Way That You Love Me            
                                 10.I Like The Way   
                                11.I Remember Then
                            12.In The Blink of An Eye


    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
           
              「CD買っちゃいそうだ!」という素直なアナタは、
     その素直な感性で下のボタンもクリックして下さるでしょう。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~こと座流星群・2009~★

    vega2009360.jpg

         【今年は好条件♪ こと座流星群

    (※2010年度版はコチラからお越しください!)
    星空を愛する皆様ごきげんよう。頼みもしないのにやって来る、押し掛け
    スター・ウォッチング・ナビゲ~タ~のヤセガエルです。(・∀・)

    本日は、TOMMY EMMANUEL(トミー・エマニュエル)のギターに
    乗せて、来る4月22日に極大を迎えること座流星群の話題をお届けい
    たします。(下のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてね♪  ・ω・)

           

    さて、そのこと座流星群。今年は期待大ですよっ!(>∀<)
    昨年はほとんど満月だったお月様が今年は細~い三日月。また、その
    極大時間も20時頃でドンピシャリ。お天気さえ良ければ、一時間あたり
    5~15個程度、もしくはそれ以上の流星を捉えることができそうです。

    上のシミュレーション画像は、4月22日、23時の東京上空の様子。中央
    にある、こと座のヴェガの辺りが流星の放射点です。ヴェガは非常に明
    るい天体なので、夜空が明るい都市部でもスグに見つけることができる
    でしょう。この日は、このヴェガを中心に、空の広範囲を観られるような
    場所を確保して、流星の出現をワクワクしながら待ちましょう!(⌒∀⌒)

    ちなみに、この時期は、別の流星群(乙女座流星群)も活動しています。
    同時に観られればスーパーラッキ~♪ ( ゜∀゜) てるてる坊主Let's Go!

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
          
               願掛けシーズン到来!願い事は多めにGo!   
           「観測するぞ!」という流星ハンターの皆様、
       ウズウズするキモチはコチラにぶつけてくださいまし。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪THE RIPPINGTONS / Modern Art♪


    modern art 00

          【華麗なる“不変”の定理】

    世の移ろいとは無常、かつ激しいものです。

    思えばRIPPSのデビューアルバム"Moonlighting" がリリースされ
    たのが1986年。この年大事故を起こしたチェルノブイリ原発を稼働して
    いたソ連も今は無く、この年プロ野球選手としてデビューしたスーパー・
    ルーキー、桑田・清原のKKコンビもユニフォームを脱ぎました。

    当時、朝のセットに30分は必要だった髪の毛も、ものの3分で片が付く
    ほど密度が低下。頭に浮かんだ有名女優の名前が出て来ない状態で、
    「ほら!あのCMに出てたアノ人だよ!」「そうそう、アノ人な!うんうん」
    という“こそあど言葉”を乱発し、挙句その女優さんの名前を、4日後の
    出勤前のトイレで突然思い出すという劣化した脳に驚愕・・・というのは
    私事(きみまろサンか)。要するに、変わっていくんだなぁ、人もモノも…
    という事なんですね。時は残酷なほど“変化”を突き付けてくると。

    ・・・・・・・・・・

    しかし、です。 
    ごく稀に、その“時”をもってしても変えられない、いや、自らの強い意志
    で、その“変化”を拒み続けている存在もあるのです。 

    たとえばサクソフォンのリードは、昔からケーンという天然素材からしか
    作りませんし、浄瑠璃人形の仕掛けに用いられるのはセミクジラのヒゲ
    だけ。ケン●ッキーのスパイスの調合比は、創業のメガネおじさんの頃
    から変わってないし、昭和13年生まれのサザエさんちのご長男は、今
    もって かもめ第三小学校の5年生のままです。
    限りあるもの、命あるもの、移ろいゆくものを、不断の努力と強固な意志
    で守り続ける。なんと尊い営みではありませんか。カツオくん。

    modern art 01

    いや、カツオくんの話はどうでも良いのです。今日のお題はこっち↑ 。
    そう。スムースジャズ・グループ、THE RIPPINGTONS のコトです。

    2006年に結成20周年のメモリアル作品をリリースし、その後、再結集
    した歴代のメンバーと共に大規模な“ケジメ”ツアーを敢行したRIPPS 。
    何かの記事で、リーダーのラス・フリーマンが、「新作はサプライズがあ
    るよ」と語っていた所から考えても、「ああ・・・・ついにRIPPS も新章突入
    かあ・・・・。ダンサーが入ったりしてメンバーの人数が倍になるのかなぁ。
    嫌だなぁ・・・・。変わって欲しくないなぁ・・・・( ̄- ̄)」なんて思ったりして、
    今月リリースの新作、"Modern Art" を聴くまでは非常に不安でした。

    ・・・・・・・・

    しかし、です。
    そんな不安は単なる杞憂でしたね。

    てか、ジャケの表紙には、相変わらずビミョ~なジャズキャット。さらに、
    その裏面写真には、RIPPS生え抜きの(ジェフ)カシワくんが写ってるじゃ
    ~ございませんか。「えッ!?カシワくんがメンバー復帰!?(゜∀゜)」
    そう。サプライズとはその事。ダンサーが加入して人数が倍になったので
    はなく(当たり前だ)、これはまさしく原点回帰、いや現状維持への強い意
    志表明であり、キープ・コンセプトを宣言しているようなもの。何もかもが
    私達の知っている"THE RIPPINGTONS" のままじゃないですか!

    そしてこのサウンド!↑ (プレーヤーの再生ボタンをクリックプリ~ズ♪ )
    ど~ですか!リッピントンズという名のグループを知っている方なら、
    一聴して「それだ!」と判る、紛うことなきRIPPSサウンド。(・∀・)b ★
    この疾走感。この爽快感。クリアで緻密、Up Liftin' で Groovy!
    以前、フォープレイのことを『偉大なるワンパターン』みたいな書き方で
    表現しましたが、かたやRIPPS は『華麗なるワンパターン』。自らの強
    い意志で、同じ道を同じ歩測で歩む姿の美しさを見よ!!カツオくん!

    modern art 02

    大きくフィーチュアされているのは、リーダー&ギタリスト、ラス・フリーマ
    ンのアコースティック・ギター。上に挙げた1.Modern Art を始め、それ
    に続く 2.Paris Groove4.Pastels on Canvas 、さらに後半の
    ヤマ場8.Age of Reason など、収録11曲(国内盤12曲)中、約半数
    を占める楽曲に、ナイロン・ストリングスのアコースティック・ギターが使用
    されており、ただ爽快なだけではない、味わい深いプレイが堪能できます。

    昔『吹きまくっていた』カシワくんは、ソロになって身に着けた(?)インテリ
    ジェンス溢れる大人のフレージングを連発。新人ベーシストのリコ・ベレド
    は、細かいニュアンスを表情のあるベースラインに乗せて、さながら十年
    選手のようにバンドとマッチング。ゲストにリック・ブラウン(tp)も参入しち
    ゃったりなんかして、楽しいナ~おい!(´∀`)“買い”ですよ“買い”!!

              ★★★★ 録曲はコチラ ★★★★ 

                                    
1.Modern Art    
                                   
2.Paris Groove             
                                     3.Black Book           
                               4.Pastels on Canvas                           
                                 5.One Step Closer 
                                   
6.I Still Believe              
                                       7.Body Art 
                                  
8.Age of Reason
           
                                   9.Sweet Lullaby           
                                        10.Jet Set  
                                     11.Love Story
 

    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
         
              余談ですが、カツオくんは、中学に上がったら、  
     波平パパからグローブを買ってもらう約束をしているそうです。
    ・・・永遠にムリだと気付いた方は、下のボタンを押しましょう。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆厚く御礼申し上げます!◆


    froggs01.jpg

    ご来訪の皆様、本日も■BoneyFrog Blog■ へお越しくださいまして誠
    にありがとうございます。

    2006年8月、ココログで■ヤセガエルの独唱■を開設して以来約2年半、
    忍者ブログ、FC2ブログへと移転しながら、日々雑多な話題を垂れ流して
    参りましたが、去る3月14日、お蔭様をもちまして、拙ブログのアクセスの
    総合計が10万件を越えました。
    本日はご訪問いただいた全ての皆様へ、私・ヤセガエルより謹んで御礼
    申し上げたいと存じます。m(_ _)m
    (↓ のプレーヤーをクリックしてくださいませ。本日のBGMでござんす) 


        相互リンクさせていただいている皆様へ

    【LimeとLemonのささやかなBLOG】の、ライムさんレモンさん
    開設当初から親しくさせていただき、また多くのコメントをいただきまして
    本当にありがとうございました。拙ブログの1割は、我が友・ライムさんで
    できています(笑)。ブログの更新再開も楽しみにしていますよ!(・∀・)

    【JAZZと家とサッカー】のmasuda323さん
    音楽、楽器演奏、スポーツと、多くの話題を共有させていただき、誠にあ
    りがとうございました。愛すべきサッカー日本代表は相変わらず勝ち切れ
    ないヘナチョコですが、お互い懲りずに(笑)応援してまいりましょう!

    【Into the Smooth】の五郎兵衛さん
    相変わらず簡潔で涼やかな文体と、飽くなきスムースジャズへの探究心
    に、私、敬意と羨望を惜しみません。多くの新しいアーティストをご紹介
    いただく度に、私のモチベーションは上昇します。ありがとうございます!

    【Soft & Mellow】のMusicmanさん
    Mu師の膨大な音楽ライブラリー、良いモノをサラリと見つけ出すセンス、
    危険を顧みず(運転しながら)生み出される写真は、私の憧れであり目標
    です。これからもよろしくご指導・ご鞭撻くださいませ。(事故にご注意!)
 
    【FUSION(フュージョン)MUSIC研究所】のFUSIONさん
    熱いレビューと詳細な分析、そして何より溢れ出るFUSIONへの深い愛。
    特に、私が若かりし頃、必死でコピーしたプリズムへの愛の深さにおいて
    は、FUSIONさんがNo.1でしょう。今後とも宜しくお願い申し上げます!

    【じゃずりんぐ★】のpoohさん。
    おそらく同じ時代、同じ音楽、同じ体験を多く共有されてきたpoohさん。
    ブログを休止された時はビックリしましたが、リニューアル・オープンされ
    て安心いたしました。また、ちょくちょくコメントさせていただきますね!

    【ジャズ/フュージョンCDガイド~入門編~】の猫ケーキさん
    拙ブログの隠しメイン・コンテンツ(?)、『面白映像』シリーズへ、多数の
    コメントをお寄せくださいまして誠にありがとうございます!m(_ _)m
    これからも猫ケーキ師の琴線に触れる映像を探してまいります!

    【FLOWER ROAD♪ 】のmarieさん
    私の、演奏者としての情熱を呼び起こし、その喜びを再確認させてくださ
    ったのは、marieさん、貴女です。おそらく私は、死ぬまで楽器を続けて
    いく事でしょう。本当にありがとうございます。(死ぬほど下手クソですが)

    【+*+Coffee and Sugar Soul+*+】のJJさん
    JJさんのソウル・R&BへのLOVE、軽快なコメントは、私のブログへも華
    を運んできてくれました。また、JJさんの新規アーティスト情報によって、
    素晴らしい作品とも出会えました。どうもありがとうございます!(・∀・)

    【みかんのReading Diary♪ 】のみかんさん
    みかんさんはご存じないかもしれませんが、これまで、みかんさんのブ
    ログから、多数の訪問者様が拙ブログへいらっしゃいました。この場を
    借りて御礼申し上げます。誠にありがとうございました!m(_ _)m

    【SOLEIL PHOTO LOG】の蓬堂さん
    北海道の大地のごとく、ビッグ・スケールで前向きなミスター蓬堂。蓬堂
    さんがコメントされた記事は、何故かいつもアクセスがアップするという
    謎のジンクスがありますので、今後とも宜しくお願いします!(⌒∀⌒)

    【Style:Luxury~シングルモルトと心地よい音楽のある日常~】のひさし
    さん
。ここのところ、ジャンルを超越して、多くの作品やアーティスト情報
    をいただき、またツール系の情報も参考にさせていただき、拙ブログの
    記事も充実して(?)まいりました。いつもありがとうございます♪ (・∀・)

    【ジャッキーブラウンのように・・・◆◇◆◇】のぼらさん
    海と、海に合うミュージックに鋭い感度をお持ちのぼらさん。重なりそうで
    微妙に重ならないという音楽性に密かに注目しております(笑)。SADE
    の次の記事も楽しみにしてますよ!今後ともよろしくお願いします!

             -----------------------------------------

          コメントをお寄せいただいた皆様へ

    サッカー日本代表をサポートする同志、akiさん。最近、代表戦をリアル
    タイムで観ることができず、レビューも出来なくてスミマセン。m(__)m
    ケンゴをもっと使って欲しいですね!今後ともヨロシクお願いします!

    異国の地から日本代表を応援するtomoさん。お元気ですか?(・∀・)
    南アフリカ・ワールドカップへの道は、やはり遠く険しいようです。遥かア
    メリカの大地から声援送ってくださいね!拙ブログの応援もヨロシク。

    私の敬愛するジェフ・ローバーさんの記事へ、熱いコメントをお寄せくだ
    さったルーシーさん。ローバーさんがグラミーの栄冠を掴むその日まで
    (掴んでからも)、共にローバーさんを応援してまいりましょう!(・∀・)

    JOURNEY の記事でコメントをくださった、mikeyさんななっちさ
    リントさんramuchanさんヨッシーさんぴん栗さんアーネル君の
    加入したジャーニーの新しい伝説を、これからも共有してまいりましょう!

    流星群関連の記事にコメントを下さった、まおさんりかさんkokoさん
    今年の春・夏流星群の情報は、近々お届けいたしますので、またぜひ
    ご訪問くださいませ。今年は特に大注目の流星群がありますよ!(秋)

    音楽関連のエントリーにコメントくださった、BibelotさんEspoirさん
    Lamosさんkickさん。拙い記事にコメントをいただき、誠にありがとうご
    ざいました。これからもよろしくお付き合いくださいませ!m(_ _)m

             -----------------------------------------

    その他、現在ご訪問いただいている全ての方、過去ご訪問いただいた全
    ての方に、厚く御礼申し上げます。
    不定期更新・不統一・不束な、“不”だらけのブログではございますが、
    今後ともよろしくお願い申し上げます!m(_ _)m

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
        
              「これからも訪問してやろう」という有難い皆様、 
            最後に応援クリックしていただけると、
              いよいよもって有難いです。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : ごあいさつ    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪WARREN HILL / Devotion♪


    devotion 00

           【眼差しクール。吐息はファイア!】 

    スギ花粉の飛散がピークを迎え、早咲きの河津桜が見頃だというのに、
    なかなか暖かくなりませんねぇ。皆様お変わりございませんか?(・ω・)

    ワタクシ、こう寒いとテンションも意気も上がらず、「さあ!働くぞ!」という
    気分にもなかなかなれません。また、そんな盛り下がった気分で仕事を
    していると、雇用主側から悪夢の宣告(「ヤセ君、明日から永久に休む?」
    とか)が下されても、何ら不思議ではない昨今ですから、縮こまった背筋
    は、気合で「うりゃッ」と伸ばさなければなりません。

    実は先日、CDの整理をしていた時に、「あれ?こんなん持ってたか??」
    というような作品をいくつか発見しまして、その中に、「うりゃッ!」と気合が
    注入されるアルバムがあったのです。
    本日は、このアルバムの美味しい所を、気合と共に皆様へもおすそ分け。
    ピック・アップするのは、WARREN HILL(ウォーレン・ヒル)'93年の
    作品、"Devotion" !見た目の優男ぶりとは正反対の、炎のように熱く
    激しいサックスが全編にほとばしる、スムースジャズの快作です。
    さあ、皆さん!一緒に「うりゃッ!」いきましょうか!(変な宗教だな) 

    devotion 01 

    何はともあれ、上↑ のプレーヤーの再生ボタンを押してみてください。

    1曲目はアルバムのオープニング・トラック"Another Goodbye"
    もう、何と言いましょうか、凄まじい熱唱(熱吹?)、そして強烈なインパク
    トを発生するフレージング。この時代のスムースジャズ・サクソフォニスト
    は、多かれ少なかれサンボーンの“熱血サックス”の影響を受けています
    が、これは「影響を受けました」なんてカワイイものでは決してありません。
    「オレのサックスの方が熱いゼ!」と言わんばかりの凄まじさですね。

    そして2曲目の"Your Place or Mine" 。コレ、ソプラノサックスです
    よね。音域からして。そんでもってバラードですよね。曲調からして。
    聴いたことありませんて。こんな爆発的な演奏!(;゜д゜)
    圧倒的な音圧。そして音量。サビの部分はほとんど竜巻です。フジタスケ
    ール・レベル5です。しかもそのフレーズの饒舌さ、熱量の高さは、サンボ
    ーンも裸足で逃げ出す(かもしれない)凄まじさ。「うりゃあッ!」ですわ。

    devotion 02 

    ココに挙げた2曲以外では、ASWADをフィーチュアしたヴォーカル・トラ
    ック"Can't Get You Out of My Mind" 、歌心が溢れて止まらな
    いハート・ウォーミングな"When Words Gone" 、Tスクエアのファ
    ンが狂喜しそうなフュージョン系ナンバー"Uncontrollable Urge"
    タイトな打ち込みと、決めフレーズがデリシャスな"Reed My Lips"
    などが私・ヤセガエルのレコメンド・トラックです。

    「なんか寒いな~」とか、「肩叩かれそうだな~」と思ったら、ウォーレン
    の「気合だー!」サックスで「うりゃッ!」と気合を入れるべし。(`・∀・´)

              ★★★★ 収録曲はコチ ★★★★ 

                               
1.Another Goodbye   
                                 
2.Our First Dance            
                                  3.Tears in Heaven          
                               4.The Passion Theme                          
                      5.Can't Get You Out of My Mind
                                  (featuring ASWAD)
            
                              
6.Your Place or Mine?             
                               7.I Still Believe in You
                           (featuring MITCH MALLOY)  
                  
                             8.When Words Are Gone
          
                                9.Uncontrollable Urge          
                                    10.Read My Lips 
                                11.Way Past Midnight
 

   

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
       
              試聴ファイルで「うりゃッ!」と気合が入った方、
          出勤前にこちらをクリックしておくんなまし。
 
                           ↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪春に聴きたいスムースジャズ・2009 Ver.GTR♪


    gtrs.jpg

    ご来訪の皆様、ご機嫌うるわしう。誰も頼んでないのにやって来る、押し
    掛けミュ~ジック・コンピレーターのヤセガエルです。(・∀・)

    今回のコンピは、前回の『春に聴きたいスムースジャズ・2009』の続編!
    その名も『Ver.GTR(ギター・バージョン)』!
    テーマは、『春』・『海』そして『ギター』。一曲目は午前10時スタート、だん
    だん時間が経過していくイメージで、珠玉の8曲お楽しみください♪ (・ω・)

        ★下のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてね~ ・∀・)★

             

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
       
              「でも、外は最高気温10℃以下じゃん?」  
                  と、ツッコミを入れたい方、 
              ぜひ、このアイコンを乱打しておくんなまし。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪OLE BORUD / Shakin' The Ground♪

shakin the ground 00

【(ただ一言)聴くべしッ!】

聴くべしッ!マスト・リッスンですよ!皆々様。

いつもご来訪下さっている貴兄。あるいは、このノルウェー人アーティスト、OLE BORUD(オーレ・ブールード)という名を、ほんの少しでも気に掛けておられる音楽ファンの方。そして、このジャケを「チラ見しただけ」という方。ようこそいらっしゃいました。おそらくアナタは、この拙い記事を読み終わる頃には、湧き上がる購買意欲を抑えきれなくなることでしょう。

『 さわやかな AOR革命!!』

そんなキャッチコピーに目が止まり、手に取ってみたCDアルバム。CDの帯の中に、" AOR " という単語が踊っているのを見るのは、「一体いつ以来だったかな?」そんな感傷的な思いと、臆面も無く"AOR" を標榜するキャッチコピーに非常ないかがわしさを感じつつ押しました。ショップの試聴機の再生ボタンを。
オープニング・トラックが流れ出すまで、「ふふん。軽々しくAOR なんて言っちゃって。オイラの耳は厳しいぞ?誤魔化されたりしないぞ??」…なんてオヤジ・ブラボーな態度だった私・ヤセガエルでしたが・・・・・。

1曲目が終わり、2曲目が始まった時点で、もう、こんな→ (T▽T)顔になっちゃいましたよ。そんでもって、こんな→ ヽ(T▽T)ノ 状態ですわよ。「春になると出てくるんだよね~。ああいうヒト…」みたいな状態でしたよ。(まっ昼間のタワレコで、中年男性が一人踊っているという危険な状態)

shakin the ground 01

なぜ私がそんなタイヘンな状態になったか、説明するよりも聴いていただきましょうか。聴いていただければ、スグにご理解いただけると思いますし。(下のプレイヤーの再生ボタンをクリックして下さいね♪ 試聴できます♪♪

(※リンクが死んでしまいました・・・orz)

どうです?聴いてらっしゃいます?
ヽ(T▽T)ノ ← こ~んなカンジになっちゃいません?

一発目に流れるのは、アルバムのトラック2 、"City Lights"。もし貴兄が70年代から始まったAORのムーヴメントにドップリだった方なら、思い出すでしょう。思い浮かべるでしょう。あのスティーリー・ダンを。また、ソウル・フリークの方ならリオン・ウェア、シーウィンドを。そしてアシッド・ジャズを愛する方なら、インコグニート、ジャミロクワイを。
POPでFUNKY、そしてJAZZY。悩みも問題も、不景気さえもぶっ飛ばしそうな、底抜けに明るくパワフルなサウンドじゃ~ございませんか。



その次に流れる"One More Try" は、もう・・・なんと言いましょうか・・・(TдT)← ウエ~ン ですよ。ウエ~ンて。感涙ですよ。
コレはエアプレイ、ペイジス、ジノ・ヴァネリですよ。ギターソロは、もう改めて書く必要が無いくらいに、『あの方』の音でございますよ。ウエ~ン。

(次もリンク切れちゃいました・・・orz orz)

ラストはアルバムのタイトル・チューン、"Shakin' The Ground" 。このソフィスティケイトされたアレンジ、アーバン・ソウルの艶やかさと、アグレッシヴさを備えた表情豊かなヴォーカル。「アンタ一体何者??」と、イスに座らせて小一時間は詰問したくなるような、完璧なトラックです。

shakin the ground 02

そしてそしてこのアルバム。コレはなんと、オーレ君のデビュー・アルバム(しかも自主制作)なんだそうです。参加しているプレイヤーも、ビッグネームは一人もナシ。言わば無名のメンツで作り上げたというから驚きですね。いやはや、ノルウェー恐るべし!( ゜д゜)← (今度はこんなカオ。忙しいな)

ちなみにオーレ君。自身では自分の音楽をソウルにカテゴライズしており、実際アルバムも、ソウルやファンク寄りですが、"AOR" が死語になりつつある昨今、個人的にはボズ、ジノ、ボビコー、あるいはドナルド・フェイゲンが切り拓いたシーンの正統な後継者たるべく歩んで欲しいですね。また、その力量を備えた“超”逸材だと思います。(T▽T)←( また元に戻るww)

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

1.Spreading The News
2.City Lights
3.One More Try
4.Shakin' The Ground
5.Backyard Party

6.King of The Road
7.All Because of You

8.The Vow

9.This Blood
10.Under Control
11.Sanctified by Love
12.Your Love
13.Stick Together
 



★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
ご訪問ありがとうございました!
 
“不景気は、ダンスしながら、乗り切るぞ!”
「賛成だ!」と、お感じになった皆様、
指のステップはこのアイコンの上でプリ~ズ♪

↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪WALTER BEASLEY / Free Your Mind♪


    free your mind 00 

      【一にグルーヴ。二にグルーヴ!】

    「お前ら!まずはオレを気持良くさせろ!ハナシはそれからだ!」

    ↑ …なんという傲岸不遜。また、オレ様ブラボーな発言でございましょう。
    今日び、こんな台詞を堂々と吐けるのは、ロシアあたりの新興石油王か、 
    フー●ク店の悪徳オーナーくらいなもの。少くともカタギの方が連発する
    ような上品な台詞では決してありません。

    ところがこのセリフを、こともあろうに教壇から学生に向かって、ほぼ毎日 
    のように発し続けた講師が存在していたというからオドロキです。
   
    「もっとだ!もっと気持良くさせろ!」

    そうです。この発言の主こそは本日の主役。元バークリー音楽院の音楽
    講師、WALTER BEASLEY(ウォルター・ビーズリー)氏。群雄割拠
    のスムースジャズ・シーンにおいて、そのR&B色豊かなサックスで存在感
    を誇示し続けているサクソフォニストです。

    free your mind 01

    まぁ、ウォルター氏の名誉の為にあえて言いますと、この“オレ様発言”、
    何も、座らせた女子学生の前に仁王立ちして言い放ったセリフではない
    のです。(当たり前だ。弓削道鏡か)
    日本のスムースジャズ・アーティスト、かわ島崇文氏が、バークリー在学
    中にウォルター氏の講義(スムースジャズ論)を受けた時、その実技講習
    で飛び出したのが、実はこれだったんですね。(『THE SAX 』33号より)

    すなわち、この実技講習を開始するにあたって、ウォルターさんはまず、
    オケの役割をするベースとドラムを先に演奏させるわけです。そしてこの
    二つのパートが連動し合い、呼吸を合わせ、心地良いウェーブを作り出
    す(グルーヴを形成する)まで延々と演奏させるらしんですね。

    実はこの“グルーヴ”。口で言うほどシンプルでもイージーでもなく、なか
    なかもって奥深く玄妙な神域なのです。たとえバークリーで演奏するよう
    なプレイヤー同士であっても、おいそれと作り出せるモノではありません。 
    必然的に時間もかかるし、時間がかかれば授業にも入れませんから、く
    だんのセリフがウォルター先生の口から飛び出すワケです。

    「お前ら!もっとグルーヴを出せ!オレを気持良くさせろ!

    ウォルターさんが、『スムースジャズにおける必須条件』として何を求めて
    いるのかが判然とするエピソードではありませんか?

    ↑ 今年リリースされたアルバム、"Free Your Mind" から、象徴的
    な2曲をピックアップしてみました。(再生ボタンをクリックしてみてね♪ )

    いかがですか?“グルーヴィ”でしょ?“気持良い”でござんしょ?(・ω・)
    この“グルーヴ”を形成する上で大きな要素となる、いわゆるシンコペー
    ションに掛かっていく拍子の採り方や、各パートのリズムのコンビネーシ
    ョンが巧みですよね。また、付加的要素となる音そのものの作り方も絶妙
    です。「気持良くさせろ!」と、のたまうだけの資格はあるようで。

    さらにこのアルバム、楽曲のバリエーションが非常に多彩なんです。
    リン・フィドモントと自身のボーカルをフィーチュアした2."Love Calls"
    や、デレク・キャノンのトランペットとウォルターさんのアルトがシルキーに
    絡み合う3."Message to Mark"、夏気分なスキャットが耳に心地よい
    サンバ調トラック7."DukeZillia" などは、ウォルターさんの引き出しの
    多さを実感できる佳曲。そしてその中心にある“グルーヴ”もまた実感でき
    る作品となっています。

    free your mind 02 

    ちなみにコレは余談ですが、ウォルターさん。
    授業で、例のリズム体がグルーヴを形成し始めると、学生そっちのけで
    まず自分がサックスを吹きまくり、グルーヴィな気分をさんざん堪能した
    後でないと、学生達に楽器を持たせなかったそうです。…ひ…ひどス。

              ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★ 

                               
1.Steady as She Goes  
                                     
2.Love Calls           
                                       3.Oh Yeah         
                                 4.Message to Mark                         
                                        5.Shirlitta
           
                                 
6.Free Your Mind            
                                      7.DukeZillia  
                 
                                    8.Just Breathe
         
                                 9.Barack's Groove         
                                10.She Can't Help It
                                    11.Miss Minnie

    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
       
          「ウォルター氏と似たようなセリフを吐いたコトがある!」
                   という強者な方々、 
                   説教部屋はコチラです。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪春に聴きたいスムースジャズ・2009♪


    rstrnt by the sea 360

    ご来訪の皆様、ご機嫌麗しう。頼みもしないのにやって来る、押し掛けミュ
    ~ジック・コンピレータ~のヤセガエルでございます。(・∀・)

    本日は久々にオリジナル・コンピをお届けいたしますよ!
    お題は、“春に聴きたいスムースジャズ”
    キーワードは、『春』 『海』 『サクソフォン』。
    上の画像のような朝の時間から、だんだん時が流れていく様子を感じて
    いただければ大成功(大成功??)。合計8曲!Here We Go ~♪♪♪


   foots and the sea

    afternoon beach

    bch prsl

    purple bay 

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
      
            「でも雪とか降ってるじゃん!」というツッコミは、 
                 コチラのボタンでお受けいたします。
 
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 03 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。