■BoneyFrog Blog■

 

 

♪27歳!ついに昇格!?♪


    本日は、“元NBAプレーヤー”という風変わりな肩書きを持つベーシスト、
    WAYMAN TISDALE(ウェイマン・ティスデイル)のナンバーに乗せ
    てお送りしたいと思います。(下のプレーヤーの再生ボタンをクリック♪ )  


     さてさて、とうとう27歳になりました!\(・∀・)/

    ・・・・・・・はい?いえいえ、私じゃぁございません。↓↓↓ コイツが、です。

    ba00.jpg

    友人達とロックバンドを結成し、ベースを担当することになった私が最初
    に購入した入門セットのうちの一つ、ローランドのベース・アンプ。
    2タイプのトーンを選択できるパラメトリック・イコライザーを搭載し、バス・
    ミドル・トレブルのセッティングと組み合わせれば、ウォーミーな中音域と、
    俗に言う“ドンシャリ”サウンドを両立させる事ができるという優れモノです。

    思えば・・・・御茶ノ水から電車で1時間半、さらに徒歩で30分以上かけて
    このクソ重いキャビネットを持ち帰った27年前。私は15歳でした。
    
    毎日の自宅練習における活躍は言わずもがな、学校内でのプチライブや
    イベントにも貢献。時には移送中のリヤカーから転げ落ち、扱い方を知ら
    ないプレーヤーから無茶なセッティングを強いられ、ライブ後の打ち上げ
    では体重99.9kg(ナインティ・ナインと称ばれていた)先輩のイスにされ、
    さらに、そのナイナイ先輩のひっくり返したマウンテン・デューを浴びても、
    文句一つ発することなく働いたアンプです。(私は文句言ったけどね262

    ba01.jpg

    その名も"SPIRIT BASS 30" 。オレンジのロゴカラーが泣かせますね。
    当時、先行でギターの同名シリーズがラインナップされていたような。

    ba02.jpg

    外観の状態は非常に良好です。画像真ん中あたりの部分にキズが一箇
    所あるだけで、退色・変色もほとんどありません。リアカーから転げ落ち
    ていなかったら、画像のキズも付いていなかったはず。新品同様!

    …しかしです。
    外観の状態とは対照的に、肝心の“音”の方がかなり劣化してきており、
    特に低音に近づく程、振動とパワーの低下が顕著になっておりまして…。

    ba03.jpg

   ↑ このくらい極端なセッティングをすれば低音のパワーは確保できますが、
    今度は音の輪郭がボケてしまい、ボケを解消するためには楽器本体のト
    ーンを全開にしなければならず、そんな設定にすると、酔っ払ったアンソ
    ニー・ジャクソンがデパートの地下駐車場でバチを片手にベースを掻き
    鳴らしているような音になっちゃって、非常に耳がしんどいぞと。(´・ω・`)

    さらに、現在の私のメイン・ベースが、6弦のアクティブという事もあって、
    これはもうインテリアに昇格(降格じゃないよ。念のため)する時期が来た
    のかな?と。定額給付金も入る事だし、楽器屋さんのポイントも貯まって
    いるし・・・・ということで、新しいベース・コンボ・アンプを買っちゃいました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ba04.jpg

    ba05.jpg

    Marshall(マーシャル)MBB30!(`・ω・´)b-★
    ネイサン・イーストのような職人系ベーシストを目指しているハズなのに、
    全然志向の違う、ロック系お兄さん御用達のブランドを選んじゃった。

    でも、トーンのコントロール・バリエーションがかなり豊富。音の際が立つ
    "MODERN"と、オーソドックスな雰囲気を持つ"CLASSIC"を選択できる
    他、トーンの性格が大きく変わる"VOICEセレクター" と、コンプレッサーも
    搭載されているので、ノイズを気にしなければエフェクターも不要なくらい
    の高性能ですワ。6弦の、Low-b もイイ音で鳴らせます。( ̄▽ ̄)
    これで、酔っ払ったアンソニー・ジャクソンのデパ地下サウンドも、酔っ払
    ったアンソニーの6畳間サウンドに変わります(いずれにせよ酔っ払い)。
    
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    と、いうワケで、27年間頑張ったベース・アンプは、本年をもって昇格!
    これからは部屋のインテリアとして活躍(?)することになりました。

    ・・・先行で活躍しているトランペットのように。(上手く吹けずに挫折した
    ので、仕方なく飾っております。 ´・ω・`)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    tp00.jpg 

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                       ご訪問ありがとうございました!
              
          
「ベーアンはともかく、トランペットは“降格”では?」
                           というシビアなご指摘は、
                  下のクリックにて承りますです。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ

 

 


スポンサーサイト

テーマ : 音楽機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAUL BROWN + MARC ANTOINE / Foreign Xchange♪


    foreign change 00

         【貴女と過ごす休日だから】 

    イライラしたくないものです。 

    いよいよ突入するゴールデンウィーク。空前の超大型連休。
    その日の為に準備した数々のプラン。その日のために入手したETC。
    もし貴兄が、「行くぜ!!キミとどこまでも!(高速料金1000円で!)」
    なんてプランをお持ちなら、私・ヤセガエル、ゴールデンウィーク出勤
    地獄の身空といえども、応援を惜しむものではございません。

    しかしです。
    同様のプランを立案しているのは、おそらく貴兄だけではないでしょう。
    私の周囲だけ見ても、今回初めて車で四国の実家へ帰省するという人、
    ドライバー4人で京都・生八ツ橋食い倒れツアー(?)を企画している人、
    カノジョの実家・青森へ行って同棲のお伺いを立てにいく幸せモノ・・・・・
    といった具合に、多くの友人・知人が車での移動を計画しているのです。
    休日はタダでさえ渋滞でごった返す高速が、この連休の間、一体どんな
    状態になるのか、想像するだに恐怖ってもんじゃございませんか??
    (通勤で、インターの至近を避けて通れない私としても恐怖でござんす) 

    …で、です。準備は万端ですかね?イザという時の用意、出来てます?
    特に心の余裕、渋滞しても平常心でいられる空間演出はOKですか?

    foreign change 02 

    「そこまでの準備は・・・・まだかな?」と、お答えになった貴兄。たとえば、
    こんな↓ ナンバーが収録されたアルバムを用意してはいかがでしょう。

    流れているのは、スムースジャズ界のスーパー・プロデューサー&ギタ
    リストのPAUL BROWN(ポール・ブラウン)と、洗練されたラテン・フ
    レーバーが魅力のギタリスト、MARC ANTOINE(マーク・アントワン)
    の共作"Foreign Exchange" 。今月発売されたコラボレーション・ア
    ルバム"Foreign Xchange" の4曲目にトラッキングされた楽曲です。

    どうですか?この上質で心地よい耳触り。高揚感と爽快感を感受させる
    キャッチーなメロディ。たとえ渋滞が果てしなく続いていても、目の前の
    車のレスポンスが悪くても、あるいは天候が崩れてしまっていたとしても、
    「ボクの気持ちは上天気!キミが隣りに居るからね♪ 」な~んて余裕綽々
    な精神状態になれそうじゃぁございません?( ̄ω ̄)

    foreign change 01 

    このアルバム、↑ に挙げたトラック以外にも、「上天気♪ 」になれる楽曲が
    数多く含まれています。

    朝の太陽を連想させるオープニング・トラック"Feel The Love" 。ボッ
    サのエッセンスが香り立つ"Flight of The Chonchords" 。ブルー
    ジーなポールのギターをフォーカスした"Brother Earl" 。光沢の鮮や
    かなマークのギターが印象的な"French Connection" など、曲調
    やコンセプトは異なるものの、それぞれが明確なメロディーを備え、シン
    プルなアレンジと簡潔なソロ、コンパクトな起承転結を完成させることに
    よって、リスナーの「上天気♪ 」を喚起させることに成功しています。

    まぁ…早いハナシが、ポールのスムース・サウンドとマークの華麗なギタ
    ーワークが、「そりゃぁもォ、スムースジャズなんです」ということですね。

    foreign change 03 

    「オレたち、スムース・ブラザース!」とでも言いたげなジャケ写ですが、
    この連休、イライラせずに愛しい誰かとまったり過ごそうと計画している
    のなら、 この怪しげな“ブラザース”に力を借りる事を、私、推奨します。

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★     

                                  
1.Feel The Love         
                                     2
.Wine Night                  
                          3.Flight of The Conchords             
                               4.Foreign Exchange  
                                    5.Brother Earl      
                               
6.On The Down Low                   
                               7.French Connection      
                                 
8.What About Bob
                
                                      9.Sweetness                
                                10.Bridges of Paris

                                 


                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                       ご訪問ありがとうございました!
              
        
この記事で「GWモードに切り替わった!」という皆様、
                GWも仕事モードの私・ヤセガエルに
              哀れみの応援クリックくださいな。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ

 


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ゴールデン・ウィークのお供に♪


    hnmz2009.jpg

    スムースジャズを愛する皆様、ご機嫌いかがでしょうか?どこからともな
    くやって来る、押し掛けミュージック・プレゼンタ~のヤセガエルです。

    ↑ の画像は、先日ドライブに出かけた時に立ち寄った湘南海岸。今年の
    ゴールデン・ウィークも働きまくりが確定した記念に、「一足先に」という
    コトで遊んで参りましたよ。(ノ・∀・)ノ~♪

    …いや、別に文句は無いッす。このご時世、働ける職場があるだけでも
    幸せですからね。文句なんかあろうはずはありません。全然平気ッす。
    
    つーワケで本日は、ゴールデン・ウィーク向けのスムースジャズ・コンピ
    をお届け。海に行く方、山で過ごす方、自宅でくつろぐ方、その全ての方
    にオススメしますよ♪ (・∀・)♪ それでは合計7曲!Here We Go!!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、別に文句は無いッす。

           

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                      ご訪問ありがとうございました!
              
          ですから、文句は無いと申しておりましょうが~。
           少しでも「不憫なヤツだ…」とお思いになりましたら、
            このボタンでもクリックしてくださいよ~。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CHRIS BOTTI / Night Sessions♪


    night sessions 00

              【ああ…人生って…】

    映画『ハリー・ポッター』の中で、厳しい魔法の訓練に不満タラタラのハリ
    ーに向かって、教師のセブルス・スネイプが吐いた名言があります。

    「お前はいつも文句ばかり。知らんのか?人生とは不当なものだ!!」

    スネイプ先生に言われるまでもなく、人間を何年かやっていれば、誰でも
    「人生とは不当なものだ」と悟る瞬間に出会います。

       ・『お隣りのタローくんはいつも新しいオモチャを持っている』
       ・『同級生のタクヤは、身長が同じにも関わらず腰の位置が全然違う』
       ・『自分の子供の頃の写真は、姉のそれに比べて枚数が10%以下』
       ・『好きになったコは親友のカノジョ』
       ・『初めての上司の通称は“キング”』

    悲しいときーーーーー!
    なんて懐かしのフレーズはともかく、やはり人生とは不当なものですね。
    本人の才能や努力とは関係なく、絶対に越えられない壁や、既成事実を
    無慈悲に突きつけられるんですから。悔しいものですよ。タクヤくん! !

    night sessions 01 

    いや、タクヤくんの話はどうでも良いのです。今日のお題はこっち ↑↑↑ 。
    そう、トランペット奏者、CHRIS BOTTI(クリス・ボッティ)の話です。

    ワタクシ、白状すると、この方の作品にはあまり近づかないようにしていた
    んですね。意図的に。ネットラジオで何度も耳にはしていたんですけど。
    理由はカンタン。冒頭のソレです。「人生とは不当なものだ…」と実感して
    しまいそうな匂いがしていたから。クリス・ボッティという人物のカリスマに、
    嫉妬と羨望を覚えそうな気がしていたからなのです。

    しかしながら、かく申すワタクシも早や四十路。今さら他人の人生と自分
    のそれを比較して、ブル~になることも無かろうと、つい一週間ほど前に
    ショップで購入してみましたよ。この"Night Sessions" を。
    そして家路へと向かう車の中、カーコンポへCDをインサートし、気分良く
    ドライビングしながら帰る・・・・・・・・・・はずだったんだけど・・・・・・・・・・。
                

    ↑  ・・・・再生ボタン押していただきました?聴いておられます?一曲目。
    ワタクシ、コレ聴いて静かなる思いが駆け巡りましたですよ。(´・ω・`)


    ・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・

    ・・・・・



「サファイア・ブルーの瞳にグレイ・ゴールドの髪ってだけでもハラが立つのにその上イケメンでオイラが吹けたらカッコイイなと思いつつ8ヶ月でザセツしたトランペットを華麗に操り女性をメロメロにさせているだけでなく男のオイラが泣きそうになるほどカッコイイ曲が書けるクリス・ボッティなんて男を人生の比較対象として意識させること自体かなり不当な扱いなんじゃねーでしょうか、神様」

    ・・・・・・・・そんな風に、やはり嫉妬と羨望に襲われたのです。タクヤくん。

    night sessions 02 

    もう少し、あとほんの少し抜けていたら素直に楽しめたかもしれません。
    試聴ファイルその①は、アルバムのオープニング・トラック"Lisa"
    プロデューサーとキーボーディストを兼ねる、 KIPPER のストイックな
    世界観の中で、水中にたゆとう月光を思わせるようなドミニク・ミラーの
    ギター、刻々と時を刻み続けるエイブ・ラボリエルJr.、ヴィニー・カリウタ
    のドラムス、押し殺した中にも生々しい脈動を伝えるジミー・ジョンソンの
    ベース、そして、クリスの・・・・ああ・・・・不当だ。なにもかも。

    その②はクリスのペンによるup liftin' なトラック"Streets Ahead"
    上のメンツに、隠し味として(ジェフ)ローバーさんのkey、ビル・レイチェ
    ンバッハのトロンボーンが楽曲に彩りを加えています。クリスのトランペ
    ットは、主旋律・間奏・ソロのどの時点においても、「ああ…もう、そこしか
    無いでしょうよ」というくらい見事なフレージング捌きでリスナーを圧倒。
    『クリスといえばミュート』という定評もあるようですが、私はこのトラック
    のようなノン・ミュートの演奏の方が「クリスらしい」と思ったりします。

    上に挙げた二曲以外にも、あのスティングが書き下ろしたヴォーカル・
    ナンバー"All Would Envy" 、カズ・マツイの尺八をフィーチュアし
    た"Through An Open Window" なんかも、人生の不当さを実
    感できる佳曲。もし貴兄が、たったひとつでも「クリスに勝てる!」という
    何かをお持ちであれば、このアルバムを素直に楽しめることでしょう。

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★    

                                           
1.Lisa        
                                 2
.Miami Overnight                 
                                   3.Streets Ahead            
                                       4.Interlude 
                                  5.All Would Envy     
                                     
6.Best Time                  
                                  7.When I See You     
                                   
8.You Move Me
               
                                     9.Blue Horizon               
                                  10.Light The Stars
                         11.Through An Open Window
                                   12.Easter Parade
      


    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                      ご訪問ありがとうございました!
              
        「ひとつも勝てる部分を見出せねぇ…」と落ち込む私を
                    励ましてくださる優しいあなたは、
          きっとこのボタンをクリックしてくださるでしょう。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~みずがめ座η流星群・2009★

    aqua360.jpg 

         【みずがめの“雫”を狙え!】 

    (2010年度版の情報はコチラからどうぞ! ・ω・)/
    (2009年7月極大のデルタ群の情報はコチラからどうぞ! ・∀・)
    星空を愛する皆様ごきげんよう。頼みもしないのにやって来る、押し掛け
    スターウォッチング・ナビゲータ~のヤセガエルです。

    本日は、BRIAN SIMPSON のピアノをバックに、5月6日に極大を迎
    える“みずがめ座η(エータ)流星群”の話題をお届けします。(・∀・)
              (下のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてくださいね♪ )

           

    さて、今年・2009年の“みずがめ座η(エータ)流星群”。条件としては
    “中の下”といったところでしょうか。
    極大の予想日時は6日9時頃。流星の放射点(画像の水瓶のあたり)が
    東の空から上ってくるのが午前1時頃ですから、観測可能な時間帯は
    2時から4時くらいと非常に短時間な上、西の空には半月近いお月様が
    残っています。流星の予想数は一時間当たり5個程度。厳しいですね。

    ただ、この“みずがめ座η(エータ)流星群”は、活動期間が長くピー
    クも緩やかな流星群なので、あまり極大にこだわらず、4月下旬からの
    一ヶ月間のうち、月の影響の少ない快晴の日を選んで観測を試みた方
    が良いかもしれませんね。運が良ければ、流星痕を残す美しい流れ星
    を観られるかもしれませんよ!( ゜∀゜)

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
          
                ゴールデンウィークのお楽しみのひとつ!    
            「観測するぞ!」という流星ハンターの皆様、
       ウズウズするキモチはコチラにぶつけてくださいまし。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : その他    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪CHIELI MINUCCI / Got It Goin' on !♪


    got it goin on 00

    【“スムースジャズ”と呼ばないで!】 

    人にはコダワリというモノが存在します。

    10人居れば10のコダワリ。100人居れば100のコダワリ。それぞれが、
    「コレはこういうモノだ!」という確たる信念の下、あえて他人の価値観を
    度外視して保持し続ける、その人の生き方を表す“スタイル”ですね。

    たとえば、“ビートたけし”時代の北野たけしが、たけし軍団の面々に向か
    って、「オレを師匠と呼ぶな!!殿と呼べ!!」と強制したのは有名な話。
    某映画の主人公、マーティ・マクフライは、「僕を“チキン”と呼ぶな!!!
    (クリント・イーストウッドと呼べ!)」と言っていたし、かく申す私・ヤセガエ
    ルも、「オレの必殺技を、スラップ・ベースだなんて小洒落た呼び方をす
    るな!“ズビズバ・チョッパー”と呼べ!」と他人に強制したものでした。

    他人の感覚では、「そんなコトにこだわらなくても」という些細な事柄であ
    っても、当人には、それが絶対に譲れない“コダワリ”だったりするのです。

    got it goin on 01 

    そしてこの方↑ 、ギタリスト・CHIELI MINUCCI(キエリ・ミヌッチ)
   
さんのコダワリ。キエリさんのソレは、本日ご紹介する作品の楽曲群と、
    そのライナーノーツに滲み出ています。
    結論から言ってしまうとキエリさん、どうやら自分の音楽を“スムースジャ
    ズ”にカテゴライズして欲しくないようなのです。すなわち、
   
    「スムースジャズと呼ぶな!“フュージョン”と呼べ!!」

    …というニュアンスが伝わってくるんですね。

    彼が世に出た時代、スムースジャズという音楽ジャンルは、ほとんど形を
    成していなかったし、また自分達の音楽が、インターネットやラジオ局で
    BGM としてエアプレイされることも想定していなかったようなのです。
    もちろん、自分達がスムースジャズとしてカテゴライズされることも。
   
    キエリさんが目指してきたのは、ストレート・アヘッドなジャズ、ブルース、
    フラメンコ、フォーク、プログレッシヴ・ロック等をコンバインし、融合させた
    ドラマティックでセンセーショナルな音楽。すなわちフュージョン。それが、
    こともあろうにBGMとして扱われる。ナゼだ??納得いかねぇ。一生懸命
    作ったのに262 みたいな。ちゃんと聴いてもらいたいのにッ!みたいな。

    ライナーノーツには、『フュージョン・ミュージックは、貴方へリッチな音楽
    体験をもたらすことでしょう』とズバリ記載しているし、アルバムに収録され
    ている、トラック5."Chic" や、7."Destiny" 、9."Denial"  などは、
    「ネットラジオで掛けられるもんなら掛けてみろ!」くらいな、非スムースな
    アプローチですからね。もちろん聴き応えもタップリですし、「ああ、そういう
    コダワリなのね」と納得できる“濃い”作品となっています。

    でもキエリさん。ごめんなさいね。
    私も、キエリさんの主張を容れて、フュージョン作品として聴いてあげたい
    ところなんですけど、私が最も「キエリっぽい」と感じ、最も「お気に入り」に
    なったツボ・ナンバーは、↓の"Good Times Ahead" だったんですワ。
    “コダワリ”って、他人にはなかなか理解されないとゆーコトで。

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★   

                                
1.Stars in Your Eyes       
                                   
2.Got It Goin' on                
                               3.Good Times Ahead           
                             4.Love Is Always Young
                                           5.Chic    
                               
6.Deeper Than Deep                 
                                        7.Destiny    
                                      
8.The Juice
              
                                         9.Denial              
                                    10.Still Waiting     

    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                      ご訪問ありがとうございました!
              
       「世間では、こういう音楽をスムースジャズと呼ぶのでは?」
                 という、私と同様のツッコミを入れたい方は、
               下のボタンをクリックするべし。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪魅惑のサックス召し上がれ♪


    Sxphn.jpg

    気温19℃。快晴。スギ花粉の飛散は少々。

    3月の一ヶ月間で、花粉症ではない方の、おそらく一生分のクシャミを経験
    した私・ヤセガエル。ようやく人間らしく日々を過ごせる気候になってまいり
    ました。ご来訪の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

    さて、本日のコンピは、記事タイトルと画像にある通り、サクソフォンが主役
    のナンバーを大特集!!どちらかというと“夜”のイメージが似合うサックス
    ですが、ココはあえて、昼っぽいナンバーばかりを7曲ピックアップしました。

    ・・・いや、③と⑦はサンセットのイメージかな(^^;)。聴いてみて下さいね!

           

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                       ご訪問ありがとうございました!
             
             「アンタ、カエルじゃなかったの?」というツッコミは、
            下のボタンのクリックでお受けします。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DAVE KOZ / The Dance♪


    the dance 00

         【スムース、ポップス、時々ロマンス!】 
              
       (本日は、↑ のナンバーを聴きながらお楽しみください。・ω・)

               ★★★★★★★★★★★★★★★

    さて、4月。新年度が始まり、新しい場所で、新しい仲間達と共に、大きな
    期待と溢れる希望を抱いておられる方!新年度おめでとうございます!

    また、慣れない土地で、見知らぬ人たちとの生活に、不安と苦悩を抱えて
    おられる方!!ご心配なく。成るように成りますし、きっと上手くいきます。
    貴方を迎えた周りの方々も、きっと貴方と上手くやりたいと思ってますよ。

    本日ピックアップしたアルバム作品は、スムースジャズ・サクソフォニスト、
    DAVE KOZ(デイヴ・コーズ)が '99年に発表した"The Dance"
    桜が満開になるこの時期、こみ上げる新しい自分への高揚感と、過去へ
    の懐かしさが増幅するような、叙情的なサウンドが特徴的な快作です。    

    the dance 01 

    『叙情的なサウンドが特徴的な快作です』と、サラリと申し上げましたが、
    この作品におけるデイヴ・コーズというプレイヤーの表現力の豊かさ、
    これはある意味超人的と言っても過言ではないレベルですよ。

    ただでさえアーティキュレーションの滑らかさや、抑揚・音量のコントロー
    ル技術に定評のあるデイヴさん。そのデイヴさんが、明確なヴォーカル・
    ラインを持つポップス的楽曲(ポップスのカバーもアリ)をビッチリ集めちゃ
    いましたからね。彼のサックスが“歌いまくる”のは必然。お聴きいただい
    ているサンプルでもお判りの通り、デイヴさんの“意志”や“感情”までも
    が非常なリアリティを伴って、波動となって押し寄せてくるようです。

    the dance 02 

    試聴サンプルその①は、艶やかな美メロと、感情豊かなフレージングが
    聴きモノのバラッド"I'm Waiting for You" 。その②は、軽快なリズ
    ムに、故ルーサー・ヴァンドロスのスキャットと、デイヴのサックスが交互
    に歌う"Can't Let You Go(The Sha La Song)" 。私・ヤセガエ
    ルの二大レコメンド・トラックです。

    ここでもういっぺん。
    新年度、新しいステージで頑張ろうとしている貴方。反対に、後ろ髪引か
    れる思いの貴方。どちらの方にもパワープッシュできるアルバムですよ。
    デイヴさんの“歌いまくり”サックスで、ガッツリ感情を鷲掴みされちゃって
    くださいな。( ̄▽ ̄)b ~ ★★★★★ 五つ星ナリ。

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★  

                                 
1.Together Again      
                               
2.I'm Waiting for You               
                 3.Can't Let You Go (The Sha La Song)          
                                 4.Careless Whisper                             
                               5.Love Is on The Way   
                               
6.Know You by Heart                
                                       7.Surrender   
                            
8.You Are Me, I Am You
             
                                      9.The Dance             
                                10.Cuban Hideaway    
                                 11.The Bright Side 
                                   12.Don't Give up
                               13.Right by Your Side
                                    14.I'll Be There


    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
            
               デイヴのサックスで「サクラサク!」になった方、
        下のボタンをクリックすると、管理人にも春が来ます。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪春に聴きたいデュエットソング♪


    chryblssms360.jpg

    音楽を愛する皆々様、ご機嫌うるわしう。誰も頼まないのにやって来る、
    押し掛けミュージック・コンピレータ~のヤセガエルです。(・∀・)

    4月になりましたね!4月は新しい出会いの月!!卒業や異動で悲しい
    別れを経験した貴方にも、その素敵な思い出に負けない、素晴らしい未来
    を携えた新しい出会いが待っているに違いありません。(`・ω・´)b

    と、いうワケで本日は、春真っ盛りの4月1日、新しい出会いを運んできて
    くれそうな麗しのコンピをお届け。合計7曲!Here We Go Together!

           

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
  
                      ご訪問ありがとうございました!
           
                「かえって しんみりしちまった…」という方は、
              下のボタンをクリックしてくれなくても可。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ 
                               人気ブログランキングへ

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 04 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.