■BoneyFrog Blog■

 

 

♪LEE RITENOUR / Smoke 'n' Mirrors♪


    smoke n mirrors 00

     【遊びたいヒト、この指と~まれ♪ 】 

    …と言ったかどうかは別として、このギターリストの呼びかけに集まった
    スゴ腕プレイヤーは総勢23名。名盤"Harlequin" で双頭リーダーの
    一を担ったデイヴ・グルーシンを筆頭に、“低音王”ブライアン・ブロンバ
    ーグ。ジェントル・ソウツのメンバー、パトリース・ラッシェン。パーカッショ
    ニストの第一人者、パウリーニョ・ダ・コスタ。“ジャコの再来”リチャード・
    ボナ。さらに、エイブ・ラボリエル、アレックス・アクーニャ、シーラ・E に、
    ヴィニー・カリウタ、ジョン・パティトゥッチ・・・・・・・・ああ、もう面倒くさい!

    これだけのメンツを「と~まれ♪ 」の一声で集結させられるのは、おそらく
    この方ぐらいのもんでしょう。LEE RITENOUR(リー・リトナー)さん。
    本日のアルバム・レビューは、このリーさんが2006年に発表した、壮大
    な“フュージョン遊戯”的作品"Smoke 'n' Mirrors"。前述した23名
    のプレイヤーが、リーさんのギターと共に、恐ろしくハイレベルに( 時に
    限りなくユル~く)遊びまくっている好作です。(・ω・)b ~★★★

    smoke n mirrors 01 

    この作品、ネット通販サイトや、音楽誌におけるアルバム評では、必ずし
    も『賞賛されている』とは言い難いものがあります。
    概して、「アフリカンって、どうよ?」とか、「メンツのワリに地味」、あるいは
    「グダグダ」といった酷評もあったりしますね。正直な所、私の第一印象も
    それらに近いものがありました。「あらららら?・・・・う~ん・・・・」みたいな。

    ところが、昨年あたりから、個人的に楽器を再開した影響なのか、このア
    ルバムに対する印象が大きく変わって来ているのです。
    一回目よりも二回目、二回目よりも三回目といった具合に、リスニングを
    重ねていくと味が染み出してくるアルバムってありますよね。この作品も
    どうやらソレらしい、と最近思うようになったんですね。

    ↑ 一曲目にかかるのは、リーさん作の"Waters Edge" 。注目して
    いただきたいのは、美しく配置された、ひとつひとつの音の競演。そして
    その中で大胆に“遊ぶ”、各プレイヤーのテクニカルなフレージングです。
    特にベースのリチャード・ボナのパーカッシヴなプレイは必聴。リーさんの
    メロディをクリアに引き出し、ドラム、パーカッションのリズムと緊密に連動
    しています。曲名のムードを見事にイメージ化していますね。(曲が先?)

    二曲目はパトリース・ラッシェン往年のヒット曲"Forget Me Nots"
    原曲はパトリースがリード・ヴォーカルを取っていますが、こちらではザマ
    ジョベという女性がリードを取っています。パトリースはフェンダー・ローズ、
    オルガン、バック・ヴォーカルで活躍していますね。
    このトラックは、アルバムのコンセプト、『真剣に遊ぶ』(?)を象徴してい
    るように感じます。曲中に一瞬だけ挿入されるアフリカン・ヴォーカルや、
    曲のフェイズ毎に異なるカラーを持つリズム・アレンジを施している辺り、
    妥協しない遊び心を強く感じますね。ギターの音色変化も万華鏡のよう。

    smoke n mirrors 02 

    上で挙げた以外にも、シタールの音色が印象的なオープニング・トラック
    "Smoke 'n' Mirrors" 。名曲"Mountain Dance" を彷彿とさせ
    る、デイヴ・グルーシン作 "Southwest Passage" 。アンプラグドな
    テイストが耳に心地よい"Lovely Day"。リーさんとボナのソロ対決が
    炸裂して、残った頭髪に引火しそうな勢いの"4 1/2 Storm" などが
    私・ヤセガエルがヘヴィロテしているナンバーです。

    もう一度申し上げますが、最初に一回聴いただけでは、この作品の真価
    は堪能できません。何回も、それこそ「これでもか!」と聴いてみてくださ
    い。彼らがどれだけ真剣に遊んでいるか、どれだけ凄まじい才能を有して
    いるか、ハッキリと体感できるアルバムですよ!(`・ω・´)b ★★★

    smoke n mirrors 03

                  ★★★★ 曲はコチラ ↓ ★★★★      

                                
1.Smoke 'n' Mirrors          
                                      2
.Capetown                   
                               3.Southwest Passage              
                                    4.Waters Edge   
                            5.Blue Days(Dias Azuis)       
                                    
6.Spellbinder                    
                                       7.Memeza       
                                         
8.Povo
                 
                                      9.Lovely Day                 
                                      10.Township
                                 11.Forget Me Nots
                                     12.Stone Cool
                                    13.Motherland
                                   14.4 1/2 Storms

    


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

◆検索ワードの怪◆


    accs.jpg

    ネット上にブログやホームページなどをお持ちの方なら、多くの方がアク
    セス解析を導入されておられるだろうと思います。
    これってなかなか便利ですよね。読者の方が何を求めて自分のサイトへ
    訪れたのか、どの部分に共感されたのかが良く解りますから。

    上の画像は、今年4月22日、拙ブログに御訪問下さった方の検索ワード
    一覧。この日は、こと座流星群の極大ということで、約2000件のアクセス
    の内、1800件が『こと座流星群』という検索ワードで占められており、音楽
    記事に繋がる検索ワードは90件程度。『音楽ブログ』を標榜する拙ブログ
    管理人・ヤセガエルとしては、多くのアクセスをいただいて、とても嬉しい 
    反面、微妙に不満…といった結果になっております。( ̄▽ ̄;)

    「じゃあ、残り100件の検索ワードは?」

    …と、いうのが実は本日の話題。いや、これが面白いんですってば。
    この日に限らず、「???なんでこの検索ワードで?( ゜д゜)?」っていう
    面白ワードがありますから。絶対ココへは辿り着かないはずだろ!って。

    と、いうワケで本日は、THE RIPPINGTONS(リッピントンズ)'90年
    リリース作品、"Welcome to The St.James' Club" のタイトル・
    トラックを聴きながら、『こんな検索ワードありました!』なネタをご披露。
    しばしの時間お楽しみ下さいませ。(・∀・) 


    fj.jpg

    『新年あけまして 不況』

    2009年・元日に飛び込んできた検索ワードです。
    まさしく今年のキーワードですが…元旦早々めでてぇなァ、もう。(´・ω・`)
    せっかくのお正月に、かような検索ワードでネットへアクセスしておられた
    方の今が心配です。お元気でおられるでしょうか。(ひとごとじゃねーぞ)

    ss01.jpg

    『ソプラノサックス 難しい??』

    「難しい??」って、イキナリ訊かれても。(´・ω・`)
    難しいですよ。とても。始めて半年経つけどキレイな音は出せないもの。
    (相変わらず、出荷されるブタの悲鳴みたいな音です) 

    journey.jpg 

    『ジャーニーチケット ほしい』 

    「ほしい」って言われても。(´・ω・`)
    ジャーニーのファンなら、年齢的には私と同じくらい(アラフォー)だと思う
    のですが、このストレートな物言い。『ジャーニー チケット 予約』とか、
    『ジャーニー 来日公演 チケット販売』ではなく、ズバリ!!「ほしい」て。
    よほど欲しかったんでしょう。無事チケットを入手されたか気掛かりです。 

    arnel03.jpg 

    『ジャーニーのコンサート行ってきました。』

    どうやらこの方、チケットが手に入ったようです!!良かったですね。
    チケット入手前の切実な検索ワードから一転、冷静な文体になっている
    …かと思いきや、“ジャーニー”は全角なのに“コンサート”は半角です。
    興奮いまだ冷めやらずな状態。いや…でも良かったですね。(⌒-⌒) 

    zrsg.jpg 

    『ずり下げ動画』

    いったい何を見たいんでしょう。どうして拙ブログがヒットしたのかも不明。
    解らない事だらけだ。世の中は。ズボンの事スかね・・・・・う~ん(´・ω・`) 

    1205586140.jpg 

    『女の人に噛まれた後のリアクション』

    ですから何を知りたいんですか?何かお困りなのでしょうか? ・・・・てか、
    心配は要りません。そんなもの大人になれば自然と身につきます。  

    clsh.jpg 

    『世界一むづかしい楽器』

    ひらがなが『ず』から『づ』に変わっただけで、こうも印象が変わるとは。
    コレはかなり難易度の高い楽器のようです。きっとコレを検索された方は、 
    上の画像のような大変危険な状態に陥っているやもしれません。
    「オレのやっている楽器が、きっと世界一難しい楽器に違いない!」って。
    でも楽器って、みんなそれぞれ難しいと思いますよ。楽しめば良いかと。 

    32 shogunsama to watashi 

    『ワ~^るどカップ予選』

    キミさ、ホントはワールドカップとか興味ないでしょ。“ワ~^るどカップ”て。
    確かに日本代表のグダグダサッカーは“ワ~^るど”なカンジですよ。でも
    彼らもそれなりに頑張ってるんだから、検索ワードはしっかり入力しよう。

    sk.jpg

    『酒が飲めるぞー』

    そうですか。良かったですね。 

    mhmgrdn013160.jpg 

    『ムーラン乙女 復活』

    これが最後のピックアップ検索ワードです。お笑い系ではございません。
    一週間に一回くらいのペースで、この検索ワードからご訪問くださる方、
    いつもありがとうございます。m(_ _)m
    そろそろ・・・・お気に入り登録していただけると嬉しいです。m(_ _)m
    今後とも宜しくお願い申し上げます!

 


テーマ : ブログ    ジャンル : ブログ

 

 


 

 

♪WAYMAN TISDALE / Way Up !♪


    way up 00

     【パワーフォワードに花ふらせ!】

    -WAYMAN LAWRENCE TISDALE(ウェイマン・ティスデイル)-
    ロス五輪・バスケットボール全米代表、金メダリスト。NBA の3チームを
    渡り歩いたスター・プレイヤー。『オクラホマの誇り』。

    1964年6月9日テキサス州フォートワース生まれ。'95年にベース・プレ
    イヤーとしてデビュー。アルバム"Power Forward"をリリース。以後、
    '08年までに8枚のアルバムを製作、アスリートらしいパワフルなプレイ
    と独特のトーンで人気を博す。レジーナ・ティスデイルの夫。四児の父。

    そして今年、5月15日。オクラホマ・Tulsa にて永眠。享年44歳。

    -------------------------------------

    …ウェイマンさん。

    あなたが何故旅立たねばならなかったのか、私には理解できません。
    理解したくもないし、納得も承服もできないよ。
    あなたは、私の知っているベーシストの中で、一等Cool で、最高に愉快
    なヤツだったからね。急に「亡くなりました」とか言われてもね。

    Wymn.jpg

    去年は初来日のチャンスだったんだ。ココに写っている陽気な連中とね。
    …でも叶わなかった。この頃、あなたは大手術があったんだ。 

    でも手術の後は楽器と向き合う機会が増えて、大きな希望もあったとか。
    今年はツアーも再開されて、いよいよ本格復帰!って思ってたんだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・

    でも、あなたは突然天国へと旅立ってしまった。

    way up 01

    その日から一週間。

    納得も承服もできないけれど、今日こそ私、あなたを送ることにします。

    ・・・・・うん。もう、送らねば。悲しみも、痛みも捨て去って。 

    超ファンキー野郎だったあなたの事だから、ジメジメ送られるのはイヤ
    でしょう。陽気に、盛大に、花をふらせながら天国へ送ろうと思います。

    『ありがとう』の言葉と共に。 

    way up 02 

       WAYMAN TISDALE / Way Up ! (2006) 

                                
1.Let's Do It Again           
                                  2
.Get Down on It                    
                              3.Shape of Your Heart               
                               4.Conversation Piece    
                              5.If You Want Me Stay        
                                  
6.Sweet Dreams                     
                                  7.It's a Good Day        
                                 
8.Tell It Like It TIS
                  
                         9.My Son (A Song for Bubba)                  
                                       10.Way Up 
                                  11.Sunday's Best

    

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪CASIOPEA 1983♪

    アナログ盤のコレクションを整理してたら、こんなん出てきました。↓

    csopa cncrt 84

    1983年12月24日、NHKホールで行われたカシオペアLIVE のコンサ
    ート・パンフレットです。
    当時、コレを買った記憶も、中を読んだ記憶も、しまった記憶も無いんで、
    出てきた時には相当ビックリしましたね。なんせ26年も前のブツですから。

    表紙にはメンバーの写真、その背景には、83年11月にリリースされたア
    ルバム、"Jive Jive" が録音された地・イギリスの国旗がプリントされて
    います。所々散見するモノクロ写真は、メンバーの少年期の貴重フォト。
    どの子が誰になったか一目瞭然で面白いです。野呂サンは昔から野呂
    サン、哲夫師も昔から哲夫師だったんだな~と。(^-^)

    csopa cncrt 841

    csopa cncrt 842 

    パンフの中には、ロンドン、ドミニオン・シアターで行われたLIVE で撮影
    されたと思しき写真が、多数掲載されています。
    ↑ は、カシオペアのギタリスト兼リーダーの野呂一生サン。持っているギ
    ターは、野呂さんオリジナルのYAMAHA SG3000ですね。懐かしす~。

    csopa cncrt 843

    csopa cncrt 844

    ↑ キーボーディスト兼MC担当の向谷“司会屋”実サン。若いッ!!(笑)
    カシオペアは『生演奏ありき』の超硬派なバンドでしたが、その生演奏を
    陰に日向に支えたのは司会屋さんの軽妙奢侈なトークでした。彼のユー
    モアが無かったら、カシオペアのLIVE はカシオペアのLIVE たり得なか
    ったかもしれませんね。もちろんLIVE だけでなく、グループとしても。

    csopa cncrt 845

    csopa cncrt 846 

    ↑ 私の少年時代のアイドル、桜井哲夫師。この12月24日のLIVE で最も
    凝視したのは、おそらく哲夫師のプレイだったでしょう。彼に憧れて、同じ
    YAMAHA の白いBB(…と言っても、5万円のBB-V )を買い、同じ色と同
    じ材質のストラップを買い、どのくらい師に近付けたのかを確認しつつ、
    彼のプレイを目の当たりにして、圧倒されたり、興奮したりしてましたね。

    csopa cncrt 847

    csopa cncrt 848

    ↑ まるっきりコドモのような外見からは想像もつかない、驚異的なドラミン
    グを披露していたのは神保彰氏。ロンドンのリスナーを最も興奮させたの
    は彼のドラムだったそうです。私の観たNHKホールの大きな会場でも、
    一音一音がハッキリ聴こえるシュアでタイトな演奏が感動モンでした。

    ----------------------------------

    写真以外にも、ロンドンでのこぼれ話や、これまで知らなかったトピック
    が掲載されていて思わず読みふけってしまいましたよ。

    例えば、野呂サンの誕生日が1月1日だったとか、滞在していたロンドン
    の宿舎のおフロが電力不足(?)でお湯が出なかった話。

    "Jive Jive" に収録されている曲(たぶん"SE" )の効果音は、床や
    窓を叩いた音だとか、インドの楽器“タブラー”奏者が変人だったとか。

    「ロンドンのお客は、2時間通しのライブじゃないと満足しない」と言われ
    て、その通りブッ通しで演奏したら、後になって「前座を含めて2時間な
    んだよ!」と言われた話とか。

    ドミニオン・シアターでのLIVE において、初の英語MCを行った向谷サン
    が四苦八苦している時に、ベースの弦が切れて場が保てなくなり、咄嗟
    に出た、「I have なっthing to sぴeaク」が会場で大ウケだった話とか。

    ・・・・・そんなハナシ、楽しいでしょう?・・・・・って、

    活動再開マダ~??

    もう、ズ~っと待ってるんですけどぉ。(´・ω・`)
    っつーワケで、パンフを読んでいたらあまりにフラストレ~ションが溜まっ
    てしまったので、時期は前後しますが、当時の楽曲のスーパーメドレー
    を探してみました。以下はYouTube より。よろしければ皆さんもド~ゾ!

     

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                       ご訪問ありがとうございました!
              
             私と同じ「マダ~??」という同志の方々、 
              カシオペア復活希望の熱き一票はコチラへ。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ


テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JOYCE COOLING / This Girl's Got to Play♪


    this girls got to play 00

           【私はギターになりたい】 

    ゴールデンウィーク明けの忙しい日々。積み上げられたデスクの書類や、
    再び圧し掛かる予算・ノルマとの戦い。さらに追い討ち!とばかりに上昇
    する気温。5月もまだ中旬だってのに30℃オーバーって、どーよ。(´ω`)
    「なんか、これって五月病??」ってカンジになってやしませんか?皆様。

    あら。やっぱり??気が重いと。そうですか。(いつも誰に言ってるんだ)

    それならご紹介いたしましょう。アノ方を。
    クール・ビューティー&二の腕セクスィーのスムースジャズ・ギタリスト。
    ベイ・エリアの涼風のような爽やかなフレージングと、おすまし系ボーカル
    で聴衆を魅了するJOYCE COOLING(ジョイス・クーリング)さんを。

    this girls got to play 01 

    ハイ、ジョイスさんです。↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
    
    二の腕だけでなく、フトモモ、ふくらはぎも魅力的ですね。
    そして…この、"X"型の刺繍の入った黒いストッキング。さらに、"X"型に
    交差させた美脚…。右手の三本の指をテレキャスターのネックにフワリ
    と添えて、なんとも悩ましい御姿じゃ~ございませんか。てか…

    オイラ、テレキャスターになりてえぇぇ!(ノωノ)
    
    ・・・てなカンジの、この"X"が悩ましい作品こそが、本日ピックアップする
    アルバム"This Girl's Got to Play"(2004年リリース)です。 

    ↑ この曲もまた"X" 絡み(?)のナンバー、その名も"Expression"
    ど~ですか。この、あくまで軽快なサウンド・アプローチ。シンプルかつ芯
    のあるメロディ。ソリッドなギター。コレを聴けば、心身の疲れも、滞った
    良からぬモノも、サラリサラリと流れて行くようじゃ~ございません??
    五月病も、「気のせいだわ」ってカンジになっちゃったりしませんか??

    しかも感心するのは、ジョイスさん。この作品の前も後も、アンチ五月病
    な音楽的志向が全くブレていないところ。例えばレーベルも、Heads Up
    在籍時、GRPに移った時、さらにはNarada Jazz に移籍しても、そのサ
    ウンドのコアとなる洗練されたベイ・エリア的作風を堅持しており、ギター
    プレイも、独特の指弾きスタイルから繰り出される甘いトーンは変わるこ
    はありません。『美人っていうのは、頑固なものなんですよ』…と、語った
    ●田純●さんの認識は正しいのかもしれません。(・・・・あ。●田純●さんは
    高田純次さんのことではありませんから。念のため)
    

    this girls got to play 02 

    それで高田さん、じゃねえ、私・ヤセガエルのパワープッシュは、↑ に上げ
    た"Expression" 。ジョイスお得意のアンニュイなトーンが男性の劣情
    を刺激する"Take Me There" 。動きの激しいバック・グラウンドの
    中を優雅に遊泳する、これぞジョイス節!という"The Wizard" 等。
    いずれの楽曲も、現今のスムースジャズ・シーンにおいて、ジョイス・クー
    リングというアーティストがいかに重要なポジションを占めているのかが
    判然とする佳曲、そして素晴らしい輝きを持つアルバムとなっています。

    それにしても、今度は↑ ヒップにギターをぶら下げちゃって、んも~…。

    オイラ、テレキャスターになりてえぇぇ!(ノωノ)

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★     

                                     
1.Expression         
                                  2
.Take Me There                  
                                      3.Camelback             
                                  4.No More Blues  
                                   5.Green Impala      
                            
6.This Girl's Got to Play                   
                                     7.Toast & Jam      
                                    
8.Natural Fact
                
                                     9.The Wizard                
                                          10.Talk


    

                  ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                      ご訪問ありがとうございました!
              
             「なりてえぇぇぇ!!」という同志の方々、 
             ヤセガエルが会長を務める『二の腕会』への
             入会希望・ご苦情はコチラから。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪レコーディングしました!♪


    レコーディングしました!ギタリスト、キエリさんと!
    …と言ったら驚かれるでしょうね。(´∀`)

    曲名は"Stars in Your Eyes" 。↓ の曲の、中央やや左よりに録音
    されているエレクトリック・ベース(リード)が、不肖ヤセガエルの演奏
    です。 …というワケで、再生ボタンをクリック・プリ~ズ♪ (´∀`)b

    どーでしょう。スムースジャズ・ギタリスト、キエリ・ミヌッチさんと、一般
    シヴィリアン、ヤセガエルの夢の共演!
    ……って、賢明な読者ならお判りですか。モチロンこれは共演ではなく、
    “擬似共演”。実は私、最近、オーディオ・インターフェイスなるものを購入
    いたしまして、ちょっと遊んでみたのがコチラの音源なのです。

    s2t00.jpg

    ↑↑↑ コレがそれです。ZOOM社のオーディオ・インターフェイス・パック、
    ZFX STACK PACKAGE (ユニット+ソフトウェア)。約15,000円ナリ。

    いや~もォ本当に、時代の進み方の急なコトといったら。( ゜д゜)
    私が約20年間、音楽的に冬眠している間に、こんなカンタンに、しかも美
    しい音質で楽曲が作れるようになっていたとは。

    s2t01.jpg

    ↑ 本体はアンプリファイアを意識したデザインですね。器材フェチのハート
    をガッチリ掴むブラックボディがイケてます。ちなみに右側はIKEAで買っ
    た目覚まし時計です…って誰も聞いてないですか。そうですか。(´・ω・`)

    s2t02.jpg

    PCとはUSBで接続されており、電源が供給されると中の真空管(らしき)
    物体がオレンジ色に発光します。ちなみに右側の目覚まし時計は、コン
    パクトな外観からは想像できないほど大きな目覚まし音が発生する為、
    朝には鳴らさないようにしています。(ビックリして目が覚めた瞬間に心臓
    発作で永眠しそうだもの)…って聞いてないですか。そうですか。(´・ω・`)

    s2t03.jpg

    MTRの役割を果たすDAWソフトは、右側のCUBASE LE4 。PC上での
    レコーディング、トラッキング、ミキシングに加え、ソフトシンセを音源とす
    るシーケンサーの役割をも果たします。その昔、カセットテープ媒体の
    TASCAM PORTA ONE とかで、雑音バリバリ言わして録音してた時代
    は、今や石器時代並み。しかもソフト代は実質0円ですよ、0円。むむ…。

    左側はプラグイン・ソフト。ギターやベースのアンプ・シミュレーターとか、
    エフェクターの類がワンサカ入ってます。
    今回のベース・トラックの録音は、ノイズ・リダクション、コンプレッサー、
    イコライザーに、ステレオのリバーブを掛けて行いました。デジタル化され
    たエフェクターだから音質がおそろしくクリアですね。その分演奏のアラも
    ハッキリと表れてしまいますが…。リズムのズレとか、ミスなんかも。

    ---------------------------------

    現在はココで上げたようなお遊び程度ですが、そのうちオリジナルの楽曲
    なんかも製作していこうかなぁ、と思っております。乞うご期待!?(・∀・)

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                       ご訪問ありがとうございました!
              
               「15,000エンなんて激安じゃん?」
               とか思って買った直後に、
         自動車税の請求書が届いて青くなった
私へ、
             哀れみの応援クリックくださいな。

                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ


テーマ : 音楽機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪MARION MEADOWS / Secrets♪


    secrets00.jpg 

            【ゾッとするほど美しい】 

    同じカテゴリーにタクサンのお気に入りアーティストがいたとしても、何故
    か“ツボに入ってこないアーティスト”っていますよね。

    「楽曲が気に入らない」。「スタイルがマッチしない」。「志向が合わない」。
    さらには、「カオが気に入らない」なんていう、音楽とはまったく関連性の
    無い部分で敬遠しちゃったりと、理由は様々あろうかと思います。

    私にとっては今日ご紹介するこの方、スムースジャズ・サクソフォニスト、
    MARION MEADOWS(マリオン・メドゥース)さんがソレでした。

    マリオンさんのメイン楽器はソプラノサックス。スムースジャズ界には、同
    じソプラノ使いに、ケニーG、ジョージ・ハワード、ナジー、ウォルター・ビー
    ズリーといった錚々たるメンバーが名を連ねており、さらに、アルト使いの
    デイヴ・コーズ、テナー使いのボニー・ジェイムスらも、アルバムやライブ
    の強力なアクセントとして、数々のソプラノ楽曲をドロップしています。
    モチロン私は彼らの大ファンですし、over 40 で衝動買いをしてしまう程、
    ソプラノサックスという楽器そのものも大好きなワケでございます。

    ところがこの方、マリオンさんだけは、ナゼかず~っとツボに入ってこな
    かったんです(別にカオが嫌いとか、そーいう理由ではありませんよ)。

    secrets01.jpg 

    なんと申しましょうかマリオンさんの音。例えばケニーGのような透明感は
    ありません。ナジーのように畳み掛けるような饒舌さがあるワケでもなく、
    ウォルター・ビーズリーのようなグルーヴ感も、デイヴ・コーズのような演
    技力も、ボニー・ジェイムスのような艶っぽさもありません。
    少なくとも私が聴いてきたマリオンさんの演奏は、どこか陰のようなものが
    あったり、トゲのようなものがあったりして、表現者としてはひどく後ろ向き
    な、孤独な印象があって、どーにもツボに入ってこなかったんですね。

    ところが、つい最近、マリオンさんの新作"Secrets" を聴く機会を得て、
    私、タイヘン強烈なショックを受けてしまいました。

    おそらく、マリオンさんの楽曲・演奏スタイルは変わっていないでしょう。
    変わったのはマリオンさんではなく私。自分がソプラノサックスを(相変わ
    らずヤギの断末魔のような音だけど)演奏するようになった事が大きいの
    か、その陰のある孤独な音に、激しい魅力を感じてしまったのです。

    ↑↑↑ いかがです?この何とも形容しがたいソプラノサックスの音色。
    淡々とメロディを発している中で、断片的に光を放つフレージング、一瞬
    の激しさ、その奥ゆかしさ。なんで気付かなかったかなぁ…。

    上手いプレイヤー、華のあるプレイヤーは数多く存在しますが、こういう
    ソウルに“ひたひたと”迫ってくるプレイヤーは、実はそう多くはないので
    はないかと気付きましたね。もしかしたらマリオンさんは、今は亡き、あの
    ジョージ・ハワードの魂を受け継ぐ、最も重要なプレーヤーなのかもしれ
    ないと、今更ながら認識してしまいました。(…あ~遅いっすね。。。。)

    secrets02.jpg 

    上に挙げた楽曲以外にも、トランペットとホーン・セクションを従えてスタイ
    リッシュに迫る"Let The Top Down"、さり気ないメロディ回しの中に、
    超絶技巧とエモーションが炸裂する"The Child in Me" 、おそらくコレ
    が“マリオン節”と言えるであろう、奥ゆかしさと刹那の“美”が随所に発動
    する"Urban Angels" など、聴けば聴くほど美メロ・美プレイが発見で
    きる佳曲が揃っている新作"Secrets" 。おそらくスムースジャズ・ファン
    の方々からすると、「気付くの遅っ!」と言われそうですが、ココで改めて
    パワープッシュさせていただきます。ゼヒゼヒ。(・∀・)b ~★★★★★

               ★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★      

                                       
1.Secrets          
                               2
.Let The Top Down                   
                                3.You Lift My Heart              
                                     4.Soul Sugar   
                                 5.The Child in Me       
                                  
6.Sand Dancers                    
                                       7.Playtime       
                                          
8.Flirt
                 
                                        9.Friends                 
                                   10.Urban Angels
                                 11.The Shade Tree
                                    12.Here to Stay 


    

                   ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
   
                       ご訪問ありがとうございました!
              
            
「マリオンがグレイトだなんて当たり前じゃん?」
                 という聡明な皆様、 
          不明な私に哀れみの応援クリックくださいな。
                           ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

                               人気ブログランキングへ

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 05 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.