■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪KEN NAVARRO / Slow Dance♪

slow dance 00

【秋風→ドライブ→スムースジャズ】

朝晩はかなり涼しくなってきましたね。

今朝、『轟音にビックリして外を見たら、富士山が大噴火を起こしていた』…という、なかなかヘビーな夢で目が覚めたヤセガエルです。250

「夢は脳内の“連想ゲーム”から生まれる」と、何かのテレビ番組で見たのですが、どうやら今朝の私は、『窓開けっ放し』→『かなり寒い』→『オナカ冷えた』→『腹下した』→『我慢の限界』→『噴火寸前』→『富士山大噴火』という、シンプルかつ強引な連想ゲームを辿ったようでした。

自宅のトイレで噴火を迎えつつ、「ああ…秋も深まったんだな~…ッ!」と連想するに、秋はやはりスムースジャズがもっとも似合う季節。例えばナジーさんのソプラノサックス、 ボニー・ジェイムス君のテナーサックス、あるいはグレッグ・カルーカスさんのアコースティック・ピアノなんかは、秋特有の透明感や情緒を彩る美しい調べを聴かせてくれますよね。
じゃあ、ギターは?…と連想して思い浮かんだのが本日のアーティスト、KEN NAVARRO(ケン・ナヴァロ)さん。ピックアップしたのは、'02年にドロップされたアルバム作品、"Slow Dance"です。

slow dance 01

ともあれ聴いていただきましょうか。ナヴァロさんの音を。
メロディアスでキャッチー。耳に心地よくて印象的。R&BのモードとPOPSに用いられる明確な曲展開。テクニカルなフレーズと簡潔なソロ。およそスムースジャズに必要とされるそれらの要素を完璧に備えた楽曲です。
(↓ のプレーヤーが起動したら、再生ボタンを押してくださいね~ ・∀・)



いかがでしょうか。ナヴァロさんのスムースな音!
コレを流しながら紅葉の中をドライブしたいと思いませんか?秋の、澄み切った高い青空が思い浮かびませんか??(質問攻めだ)

同じスムースジャズ界には、ピーター・ホワイトさんや、マーク・アントワンさんといったアコギ使いが活躍していますが、ナヴァロさんのフレージングのスムースさ、シンプルさ、とりわけサックスとのコンビネーションの鮮やかさは、ホワイトさん、アントワンさんとは異なる独自性を発揮しています。楽曲内におけるシンコペーションの取り方にもコダワリが感じられますね。 ・・・う~ん、秋だなぁ~・・・ッ!! (『富士山噴火』:講談社)

slow dance 02

上に挙げた以外には、ファンキーなバッキングとクラシカルなメロディの対比が目映い、1.So Fine。アール・クルーを思わせるポップなフレーズが満載の、6.Hookin' Up。野趣横溢なモジャモジャの腕からナゼこんな美メロがっ(;゜д゜)…と思わず驚愕の、7.Slow Danceなどが私・ヤセガエルのレコメンド・トラックです。

いよいよ秋も本番モード。次の週末は、ナヴァロさんのアルバムと共に、富士山の紅葉見物などされてはいかがでしょう。(『正露丸』:大幸薬品)

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★


0
1.So Fine
02
.Healing Hands
03.Workin' It
04.Lady's Choice
05.Shootin' The Breeze
0
6.Hookin' Up
07.Slow Dance
08.Meet Me at Midnight

09.Things We Never Say
10.28( for Kristin)




★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
ちなみに、夢の中の富士山が噴出させていたのは、
溶岩でも噴煙でもなく、大量のアワビでした。
連想のナゾが解けた方は、
下のリンクをクリック・プリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン


スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■記事が500件になりました!■

500500.jpg

ご来訪の皆様、毎度お越しくださいまして誠にありがとうございます。

2006年8月に本ブログをスタートさせて以来3年余り。今回の記事をもちまして、その記事総数が500件となりましたので、ここに皆様へのご報告と感謝の気持を述べさせていただきます。

人生のあらゆる場面において、“継続”という行為を放棄してきた私にとって、この『500記事投稿達成』は、稀に見る偉業であり奇跡です。また、その投稿へ、最も大きなモチベーションとなったのは、今まさにご来訪いただいている皆様のお力添えがあったればこそ。本当に皆様、

ありがとうございます!

…というワケで本日は、“500”にちなんだ諸々の話題を、モリスエさんのゴールデン・スマイルとともにお届けいたします。BGMは、サクソフォニスト、JEFF KASHIWA(ジェフ・カシワ)"3 Day Weekend"だ、ごひゃ~く・ごひゃく♪ ♪ (・ω・)



で。その“500”。

コレをキーワードに指定してヤホーで検索をかけてみたら、なかなか面白いモノ・興味深いモノが多数見つかりました。

500JPY.jpg

↑まずはそのまんま。500円硬貨です。

面白くも珍しくもないかな?と思って、試しにWikipediaを覗いてみたら、意外な事実が判明してビックリ。
例えば、記念硬貨を除く流通硬貨としては世界有数の高額硬貨である事。登場時('82年)、裏面の表記は“500”。マイナーチェンジ後は“5●●”とか、側面のギザギザの彫り込みは縦ではなく右上がりにナナメっているとか、こういう小ネタ、ご存知でした?気付いてました??

500.jpg

↑コレはマイナー系。知る人ぞ知るマツダの名車・ユーノス500です。

日本の自動車史上最大の愚挙と言われた、マツダの販売チャネル分割戦略の中で生まれた『バブルの申し子』。販売台数はヒサンな数字ではあったものの、私は個人的にこのクルマ、日本車デザイン史上の白眉だと認識しております(…と、元オーナーのヤセは語っております)。

同じく“500”を冠した車で有名なのは、フィアット社のフィアット500。ルパン三世・カリオストロの…城で、ルパンの愛車として登場する車です。

ちなみに、MYユーノス500は、7年前に交差点でオカマを掘られて大破。でもムチウチになったのは私ではなく、ぶつけた方のドライバーでした。

500clrs.jpg

『並べてみると壮観!美しいグラデーションにうっとり』

…と、レビューされているのは、“500色入り色鉛筆”。
あの…500色入りて。500色て。(´・ω・`)

美しいグラデーションを製品化した後で、きっと気付いた事でしょう。
「・・・・・色のネーミングはどうしよう・・・・・・」と。

青だけでもこの量です。“青色”。“めちゃ青色”。“大変に青色”などとネーミングしても、やっつけ感が漂ってしまい、せっかくの美しいグラデーションが台無し。そして考えに考え抜かれたネーミングが、

“天女の羽衣色”。
“朝食のスクランブルエッグ色”。
“お昼寝するチャウチャウ犬色”。

・・・・・。

全く常人の想像を超越したネーミングに落ち着いています。
あるいは、“頑固親父のふんどし色”とか、“夕食のガンモドキ色”とか、“冬眠するナマケモノ色”とかもあるかもしれません。(無いって)

crry.jpg

『女性500人に聞いた、男に作ってほしい料理No.1』は、↑ コレだそうです(日刊アメーバニュースより)。ちょっと意外??いや、順当なところか?

しかしながら、ただのカレーじゃダメらしいです。その条件(?)となる箇所をそのまま抜粋しますよ。

『男の手料理No.1はカレー。それも豪快なやつがいいらしいです。味付けは基本目分量。ニンジンは引きちぎり、ジャガイモは殴って砕く。超強火で沸騰させたスープは、鍋に直接口を付けてすすり味見する…カレーは家庭的でありながらも男の料理を象徴しやすいメニューです。男子諸君はジャガイモを一発で粉砕できるように、日ごろから拳を磨いておきましょう』

・・・・・。

・・・。

なんで、そんなにハードル高く設定するのさ。(´・ω・`)


命がけじゃねーか。

innie.jpg

↑最後はコレ。“500頭”をキーワードにしたら、こちらのペットショップさんがピックアップされました。その名も『犬の家』

…って、そのまんまじゃん?(´・ω・`)

左側のメニューバーを見ても、“犬の検索”とか、“犬の写真館”といった、訪問者をさりげなく突き放すストレートさが魅力的です。

『犬の家はハーフ犬を大プッシュ!!チワックスちゃんを筆頭に、いつでもミックス犬が大集合です♪』

“犬”とか“大”とか、似たような字がいっぱいで読みにくいのですが、特記されている“ハーフ犬”てナニ?と思って画像を追っていったら…。

hlfdg.jpg

ぎょえええー!めちゃくちゃカワエエし!(゜∀゜)

---------

…というワケで、拝借した画像で癒された、500回目のエントリーでした。(オチはございませんが、今後とも宜しく御願い申し上げます!)

★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
オカマを掘った相手には頭突きでGo !
「けしからん!」とお思いになった皆様、
お叱りは下記リンクにて承ります。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : 雑記    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪PAT METHENY GROUP / We Live Here♪

we live here 00

【芸術の秋!鳥肌の秋? 】

不思議ですよねぇ。この『●●の秋』という表現。
『読書の秋』。『スポーツの秋』。『食欲の秋』。秋という季節に限って、こういう標語みたいなものが存在するんですから。

例えば、『出会いの春』とか、『海水浴の夏』とか、『スノボの冬』みたいな表現があってもよさそうなのに、そういった標語は聞きませんからね。一般化しているのは、唯一『金鳥の夏』くらいなものでしょうか。(違う?)

ちなみに、今回のサブタイトル、『芸術の秋 』の由来は、絵画の展覧会・日展、院展、二科展が秋に催されるところから来ているという説があり、“美術の秋”が、転じて“芸術の秋”と称ばれるようになったのかもしれない…とのことです(雑学のすゝめ・The Toastsand III さんより)。

私や皆様がこよなく愛する“音楽”もまた芸術。現在は時と場所を選ばず楽しめる音楽ですから、「芸術鑑賞しているぞ!」という意識は希薄になりがちですが、中には、思わず聴き入ってしまって、目頭が熱くなったり、歩行中でも足が止まったり、運転中にブレーキ踏むの忘れたり、ショップの試聴で同伴者の存在を忘れたり、忘れたことで文句を言われても気が付かなかったり、気が付かなかったことに激怒して帰られてしまったことにも気付かずに、「コレ、超カンドーだ。聴いてみ!」と後ろを振り返ったら見知らぬオッサンがしょっぱい顔で笑っていたりして間の悪い思いをしたりするのです。(全部実話。おかげで赤信号を爆進して罰金7000円)

…いや、そうじゃなくて。「コレは芸術だ!」とキョーレツに思わせる音楽が存在するんですよ!というハナシでございます。(何がなんだか)

we live here 01

↑ これがソレです。PAT METHENY GROUP(パット・メセニー・グループ)、'95年リリース作品"We Live Here"

とにかく、もう、これは全曲トンデモナイです。
「人間って、こういうモノを創り出せる生き物だったんだ」と、素直に感動してしまいますから。魂の中心を直撃されるような感動です。

メロディの美しさにゾゾ~とトリハダが立ち、超絶的な技巧にゾワワ~とトリハダが立ち、予想を遥かに超える劇的な展開にドワワワ~~と鳥肌が立ち、ほとんど鳥になってしまいそうです。(試しに聴くべし ↓ ↓ ↓ )



↑コチラはPMG としてはライトなナンバー、"And Then I Knew"。メセニーお得意の、静と動が行ったり来たりの空気感溢れる世界観や、各パート、フレーズが韻を踏むように交じり合う、緻密に計算された編曲が聴き所です。5分55秒~6分13秒が鳥肌ポイントですよ。ゾゾワ~。



お次はライブ版。名曲との呼び声も高い"Stranger in Town"。間奏を抜かせば曲の構成はたった二つ。その2パターンの中で展開される演奏の凄まじさは、ほとんど筆舌に尽くしがたいものがあります。そして3分55秒~4分37秒が必殺の鳥肌ポイントです。ドワワワ~~。

we live here 02

さて、今回ご紹介した作品はいかがでしたか?ゾワワ~来ました??
最近は、どちらかというとオーソドックスな編成で、Jazz 色の強い楽曲にプライオリティを置いているメセニーさんですが、個人的には、この頃の多人数編成+フュージョン系楽曲が主体、というスタイルが好きなんで、次作はコッチ系でアルバム作って欲しいなぁと思っています。

というか、自分の貼り付けた試聴ファイルを聴いてたら、またゾワ~来てしまった。鳥になりそうです。(『僕は鳥になりたい』 - 小学館文庫 - )

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

01.Here to Stay
02.And Then I Knew
03.The Girls Next Door
04.To The End of The World
05.We Live Here
06.Episode d'Azur
07.Something to Remind You
08.Red Sky

09.Stranger in Town



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
「キミ、なんで止められたかわかる?」
と、警察官に質問されて、
「いいえ。全く」と答えたら7000円!
哀れと思し召したらクリック・プリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■MICHAEL JACKSON'S - THIS IS IT■

michael jackson this is it

【"THIS IS IT"】

MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)最後の勇姿を収めたドキュメンタリー映画、"THIS IS IT"の公開が、2009年10月28日に決定し、それに先立ってムービートレーラーの配信が開始されました。

リハーサル風景から伝わるマイケルの情熱、サポートスタッフの喜び、さらに、この幻となったLIVEを、何とか後世に残したいと願う全ての人々の思いが凝縮された映画となることでしょう。

私は…この映画は、劇場では観られないかな。
この、僅か2分30秒の映像だけで、涙が止まりませんから。

パッケージ化された後に購入して、一人で泣きながら観ようと思います。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
マイケルを愛する全ての皆様、
私が劇場に足を運ぶ勇気を、
下記アイコンに注入してくださいまし。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : マイケル・ジャクソン    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DEAD BY APRIL / Dead by April♪

dead by april 00

【ベルトの穴は緩めるな!】

男ヤセガエル・42歳250。成人後、健康診断というモノを受け始めて以来、ほとんど変化の無かったデータが、今、初めて大きく変化しております。

血圧上昇。血糖値上昇。体重は人生初の55kg超え。細かい文字を見る事が辛くなり、夜は10時を回れば睡魔に襲われ、20代の頃、松田聖子のヒット・ナンバー“瞳はダイアモンド”に引っ掛けて、“ムスコはダイアモンド”などと下ネタをブッ放していたMY黄金バットも、ウルトラマンがウルトラマンでいられる時間を超過すると、アッサリと虎屋のようかんへと硬度変化。

職場(お店です)に買い物に来たおチビちゃんに「ねぇ、おじちゃん」と呼ばれても何の違和感も感じなくなり、その代わりに若いオネエ~ちゃんから、「ねぇ…おじさま266」とか甘えられるとまた黄金バット(→虎屋のようかん)。

朝起きて枕元を見ると著しい脱毛。テレビのニュースに一人ツッコミ。おそらく会話中、無意識の内に5個か6個は死語をブッ放したかもしれないことを窺わせる後輩からの「ヤセさん、たまに言ってること解らねっす」。

コレは総じて、老いが始まっているというコトなのでしょう。

dead by april 02

でも、ワタクシ、認めたくありません。そんなこたぁ。

『病は気から』というように、『若さは気から』が私の持論であり、信条。ベルトの穴をひとつぶん緩めてグッタリくつろぐより、オードリーの春日君のごとく、ぐぐぐいっと胸を張り、気合を入れたいものですパパンパーン。

そんなワケで今回は、老いも病も、内臓脂肪もブッ飛ぶ作品をピック。スウェーデン発のメタルコア・グループ、DEAD BY APRIL(デッド・バイ・エイプリル)のデビュー作、"Dead by April"がそれです。

コレ、素晴らしいですよ!(`・ω・´)b
エクストラ・ヘビーなギターのリフ。キャッチーでポップなメロディ。迫力のスクリームを織り交ぜた甘いヴォーカル。身震いする程美しい鍵盤楽器。「メタルやハードロックはちょっとなァ…」という方でも、おそらくその魅力が伝播する作品だと思います。騙されたと思って、下の試聴ファイルを再生してみてくださいな。 私と同じく黄金バットの頃に戻れますから。


dead by april 03


ちなみにこの作品、現在タワレコで売り出し中で、かなり売れているとのことです。世間には虎屋組が多いということでしょうか。(まだ言うか)

 収録曲はコチラ ↓ 


01.Trapped                  
02
.Angels of Clarity
03.Losing You
04.What Can I Say
05.Erased
0
6.Promise Me
07.Falling Behind
08.Sorry for Everything

09.In My Arms
10.Stronger
11.Carry Me
12.A Promise
13.I Made It
 



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
ムリに締め付けて、ベルト一本破壊した
カワイソウな私のために、
ハゲましクリック是非ともプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : HR/HM    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DARREN RAHN / Talk of The Town♪

talk of the town 00

【Genuine Smooth !】

「こんなハズでは…」という期待外れ感。人生にはありますよね。

コレだ!と思ったから買ったのに!とか、こういう話だったから乗ったのに!とか、前段階での期待が大きければ大きいほど、その期待を裏切られた時の精神的ダメージは甚大です。

私事ではありますが、私も学生時代、「今度の合コン相手はスッチー!」という情報を得て、意気揚々参加したものの、現場に行って唖然呆然としたことがありました。(そのスッチーは、JALでもANAでもなく、某私鉄の特急車両でお仕事をする女性達で、全員、「ど、どこの団体ですか?」と質問したくなるようなレスラー系のお体で、しかも飲み始めたら凄まじい暴飲暴食。酔っ払ったら酔っ払ったで、「おい!お前!お前、タイプだ!」と言うが早いか、ムリヤリ唇を奪われ、思わず生涯唯一の女性殴打事件を起こしてしまったというくらい強烈な方達でした)って、なんの話だっけ?

…そうそう、『期待を裏切られたくない』という話です。

音楽にも当然それは当てはまりますね。
たとえば、CDの帯のキャッチや、ショップの紹介文を信じて買ってみたら思ってたのと全く違う音だったとか、その日の気分に合致しない作品だったなんて事はよくある話。さらに、好みの音を、明快に、ストレートに表現している作品を見つけるのは、試聴機や試聴ファイルが行き渡った現在でもなかなか困難を伴うものです。

talk of the town 01

聴いた“瞬間”に、「ああ、これこれ!これなんだよ!」と納得させる演奏となると、これはさらに貴重で、私の愛聴しているスムースジャズというジャンルにおいても、聴いた“瞬間”に「これこそスムースジャズ!」という感じで迫ってくるアーティストは、そうそう転がっているものではありません。

スムースジャズの定義、例えばコード進行や、モード、インストゥルメンツの構成、演奏スタイルといったものは、グローヴァー・ワシントン・Jr.が確立したと言われているのですが、そのグローヴァーを祖とするオーソドックス・スタイル(定義)からは、現在のスムースジャズは遠ざかりつつあって、特に最大の激戦区であるサクソフォニストの市場では、最も重要な要素であるはずの演奏そのものが、「それってスムース?」というくらい突飛なスタイルも登場しており、グローヴァーのような、R&Bを基調とした、「語り過ぎない」メロウな演奏スタイルは主流ではなくなっています。

このまま百花繚乱、市場自体が立ち枯れるのはイヤだなぁ…と思っていたら居ましたよ。オーソドックスな若手が。居る所には居るのねぇ。


もう、発売から半年も経過しちゃいましたが、本日ご紹介するアルバム、"Talk of The Town"におけるDARREN RAHN(ダレン・ラン)のテナーサックスは、その流麗なメロディ回しや、滑らかなアーティキュレーション、少しだけハスキーな音色も、多弁になり過ぎないフレージングも、まさしく「これぞスムースジャズ!」。さらに、ダレン自らプロデュースした楽曲の音作りの緻密さは、聴いた瞬間に「これこれ!」と思わせる明確なスムースジャズの魅力と存在感を固持しています。

ダレンの歌心あるサックスが聴きどころの、1.Tale of Two Cities、今は亡きウェイマン・ティスデイルのエレクトリック・ベースをフィーチュアした、2.What Cha' Gonna Do for Me、ファンキーなアレンジとキレのあるフレージングが迫力満点!な、3.Talk of The Town。ボブ爺のまったりピアノの上で、モアまったりなサックスをトッピングした、9.Easy Does It 。JASON RAHNのトランペット、フリューゲル・ホーンとの“兄弟対決”がエキサイティングな、10.Duplicityなど、ドン!と音が飛び出した瞬間から「これだろ!」と判る、正統派のスムースジャズが満載の秀作です。(・∀・)b ~ ★★★★★

talk of the town 02

ちなみに、上の“殴打事件”に眉をひそめておられる方々へおことわりを。

別にグーとかパーで顔をブン殴ったわけではなく、張り付いた相手の唇をひっぺがそうとしとしたら、勢い余って頭突きをお見舞いしてしまっただけです。…出血したのは私の方でしたが。(余計ひどい。プロレスラーか)

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

0
1.Tale of Two Cities
02
.What Cha' Gonna Do for Me
03.Talk of The Town
04.Secret Crush
05.Free to Be Me
0
6.With You by My Side
07.Forget Me Nots
08.Tell Me What You Want

09.Easy Does It
10.Duplicity
11.I Can't Go for That
12.Our Love




★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
それと、ダレンを教えてくださった
五郎兵衛さん、Mu師匠へも御礼申し上げます。
最後に応援クリック宜しうに。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 09 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。