■BoneyFrog Blog■

 

 

■志を継ぐ者たち■

MJを愛する皆様、ごきげんよう。頼みもしないのにやって来る、押し掛けミュージック・サプライヤ~のヤセガエルです。250

映画"THIS IS IT" もついに終幕してしまい、その寂しさを紛らわそうとYouTubeを徘徊していたら、笑いと悲しみ、そして感動で涙腺ブレイク な動画をいくつか発見いたしました。
本日は、"KING OF POP"マイケル・ジャクソンの、壮大かつ純粋な志を継ぐ彼らの動画をピックアップ!注目はラストのAKON!!合計5本、Let's Cry together !!!!! (TωT)

★★★★★★★★★★★★★★★

【ニッポンには“りょう”がいる!】
MJ のインパーソネーター(なりきり士)マイコーりょうです。出演しているのはお笑い番組ですが、笑うなかれ、侮るなかれ。アメリカでも認められた“なりきり”ぶりは本物です。しかし…Da Hoo! Shuku Chuku てww



【超絶アカペラ隊(重ね撮り?)降臨!】
出典不明のすさまじい動画発見!あまりの素晴らしさに口を開けたまま聴き惚れてしまいました。歌や編曲そのもののクオリティもさる事ながら、溢れ出るマイケルへの愛と敬慕の念はナミダものです。必ず観るべし。



【天使の歌声!】
マイケルのデビュー30周年記念LIVE 、そのゲスト・ミュージシャンとして招かれた少年の歌声は、会場を埋め尽くした大勢の聴衆と、観客席にいたマイケルの心を魅了しました。2001年の奇跡の歌声!ベンのテーマ。



【THIS IS IT Dancers !! 】
ある意味、涙なくしては見られない動画です。ツアーが実現していたら、マイケルと共にステージで踊っていたであろう"THIS IS IT Dancers" 。世界のTOP のダンスを見よ!トラヴィス君の笑顔も見よ!!(TдT)



【喜びのために泣こう】
最後の動画は、R&Bシンガー、AKON のトリビュート・ソングです。…何も…何も言うことはありません…。ただ、ただご覧あれ。日本語訳と画像をエディットしたSawapong さん、スーパー・グッド・ジョブ!(号泣)




スポンサーサイト

テーマ : マイケル・ジャクソン    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪GEORGE BENSON / Songs And Stories♪

songs and stories 00

【ブラコンは死なず!】

"Black Contemporary"。略してブラコン。貴兄がこの音楽ジャンルの呼び名を、その代表的アーティストと共に語る事ができるなら、マストアイテムとなるでしょう。ジャズ・ギターリスト、 GEORGE BENSON(ジョージ・ベンソン)作、"Songs And Stories"

'70年代末の成立から、HIPHOPが市民権を得るまでの10年間、アフリカ系ミュージックの中心だったブラコン。古くはスティービー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ。その後のマイケル・ジャクソン、ジェイムス・イングラムといったクインシー軍団。レイ・パーカーJr. を筆頭とするフュージョン系テクニカル集団。バラッド系の稼ぎ頭フレディ・ジャクソン等々、'80年代の洋楽シーンをリードしたのは、間違いなく彼ら、“ブラコン”というカテゴリーに属していたアーティストたちでした。 (マイコーはどうかな?)

現在アラフォーと呼ばれている当時の洋楽世代なら、少なからず彼らの音楽を聴き、インスパイアされ、あるいはデートのBGMとしてセレクトしてみたり、その歌詞における甘~いシチュエーションを再現しようと試みてみたり、再現できずに失敗したり、失敗して伝説を残したりした事でしょう。(郷 ひろみ著:『若気の至り』

songs and stories 01

そうしたブラコンのアーティストの中で、ある意味“異色”な存在だったのがこの方、ジョージ・ベンソンさん。

ウェス・モンゴメリー直系の技巧派にして、ストレートアヘッドなジャズギターを身上とするギターリストのベンソンさん。ジャズ・ミュージッシャンだったハズのベンソンさん。
トミー・リピューマのプロデュースで、そのブルージィなボーカルを披露して以来、あれよあれよと言う間にPOPSシーンへ駒を進め、ついにはクインシー・ジョーンズとタッグを結成。名曲"Give Me The Night"をリリースする頃には、ブラコン主流派として認知されるに至ったという、今思えば、ワケの解らないへんてこな街道を歩いてきた大変な方です。(上林順一郎著:『人生いつも迷い道』

「Gの音をくれないか」というCMの名キャッチで、日本のお茶の間をディスコに変えた名曲、"Turn Your Love Around" は、発表された'81年当時、ジャズ・ファンクに西海岸系のスタジオ・サウンドを融合させた、ブラコンの一つの完成形とも言える楽曲として注目されましたが、この名曲を創り出したのは、あのジェイ・グレイドン、ビル・チャンプリンに、TOTOの構成員だったスティーブ・ルカサー、そしてこのベンソンさん。まさしく融合の妙。爽快にしてメロウ、緻密で濃密。当時中学生だった私・ヤセガエルが、「♪ ターン・ヨア・ラ~ブ…ア~ラウン!♪」と口ずさめば、すかさず誰かが「♪ チャラッ、チャッチャ、チャッチャ、チャラッチャ♪♪」とホーン・セクションのパートで返すくらい、それはインパクトのある印象的な快作であり、個人的にもそれはブラコンの代表的楽曲だったのです。

・・・・・・

しかし時は流れ、2009年も残り僅かの今日現在。かつて一世を風靡したブラコンのアーティスト達が淘汰され、アルバムも楽曲も、ジャンルそのものも消え去って久しい今日現在。あの煌びやかで艶めく大人のサウンドは、ついに絶え果てたであろうと落胆していたら…そのジョージ“迷い道”ベンソンさんがやってくれました!!

songs and stories 02



↑ どーですか。再生ボタン、押しました?どーですか、ってば。

素晴らしいじゃございませんか。こんなピチパツのブラコンを、今この時、この時代に聴くことができようとは!ヽ( ゜∀゜)ノ ~ ♪

シンプルな8ビートに、メロウなコードワーク、キメキメのホーンセクション。今時こんな良質のブラコンをぶっ放した怪しからん連中はダレさん??と思ってクレジットを見たら、なんとまたもやあのTOTOのデヴィッド・ペイチそしてスティーブ・ルカサー!キレキレなアコースティック・ピアノはグレッグ・フィリンゲインズ。ドライヴ感満点のベースはマーカス・ミラーと来たもんだ。そして、そのゴージャスなメンツを従えて堂々の歌唱とギターを聴かせるのは、今年66歳のジョージ・ベンソンさん、その人です。素晴らしす。(小畑 健著:『CYBORGじいちゃんG―21世紀版 (1号) 』

お聴きの楽曲以外にも、アコースティック・ギターの名手、トニーニョ・オルタが参加した、1.Don't Let Me Be Lonely Tonight。レイラ・ハサウェイのボーカルをフィーチュアした、4.A Telephone Call Away。一緒にギターバトルを繰り広げたら、殆んど判別不能のノーマン・ブラウンが躍動する、6.Nuthin' But A Party。ベンソンさんと同じく、ウェス・モンゴメリーに特別な想いを抱くギターリスト、リー・リトナーのギターが歌いまくる、10.One Like Youと、現今のフュージョン・シーンにおけるレジェンダリー・アーティストを惜しげもなく使い切った作品は見事の一言。スムースあり、フュージョンあり、そしてピチパツのブラコンありの超豪華な一枚!未聴ならばぜひ。懐かしさと元気をもらえますよ。(・∀・)b ~ ★

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

0
1.Don't Let Me Be Lonely Tonight
02
.Family Reunion
03.Show Me The Love
04.A Telephone Call Away
05.Someday We'll All Be Free
0
6.Nuthin' But A Party
07.Come in From The Cold
08.Exotica

09.Rainy Night in Georgia
10.One Like You
11.Living in High Definition
12.Sailing



★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
寒くなってきたら、西海岸サウンドGO!
「それだ!」とお思いになった素直なアナタは、
その素直なおココロで下のボタンを押すことでしょう。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~ふたご座流星群・2009~★

gemini2009360.jpg

ふたご座流星群へ視界良し!】

(2010年度版の情報はコチラでございます!)
星空を愛する皆様、ご機嫌麗しう。呼ばれなくともやって来る、押し掛けスターウォッチング・ナビゲータ~のヤセガエルでございます。250

本日のお題は、記事タイトル通りの“ふたご座流星群”。BGMは、永遠のスーパースター、MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)"Human Nature"でお送りします。(↓ 再生ボタンをクリック!)



さて、今年・2009年の“ふたご座流星群”。サブタイトルで『視界良し』と書いた通り、条件は良好です。

極大は12月14日の午後2時から4時頃ですが、14日の未明は月明かりに邪魔されることもなく観測が可能で、一時間当たり最大50個程度の流星を見ることが出来そうです。

トップの画像は、東京、午前6時頃の西の空の様子。画像中央・ふたごの右側、頭部に輝くカストルのあたりが放射点です。
三大流星群のひとつであり、今年を締めくくる規模の大きな流星群ですので、見逃さないようにしてくださいね!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
しし座群は雨でダメかも…。T-T
「リベンジは“ふたご座群”で!」と決意した皆様、
決意ついでに↓ のボタンをクリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪ART PORTER / Undercover♪

undercover 00

【晩秋の茜色に添えて】

木々の葉が茜色に染まる晩秋、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。押し掛けミュージック・サプライヤ~のヤセガエルでございます。250

本日は、四の五の言わず、この季節にピッタリな艶めくサックスの音色をまずお届けいたしましょう。ART PORTER(アート・ポーター)'94年リリース作品"Undercover"から、2.There's Only You、そして、8.Lost Logic。(下のプレーヤーの再生ボタンを押そう!)





いかがです?ハートに沁みて来ました??

1曲目は、ロニー・フォスターがプロデュースしたソプラノ楽曲。ポーターさんの情感豊かな演奏が切なく響くセンチメンタル・チューンですね。脇を固める、ポール・ジャクソンJr.(G)、ハーヴィ・メイソン(Ds.)のタイトで繊細なバッキングも“巧”です。

2曲目の"Lost Logic" は、聴く人が聴けばスグに判る、(ジェフ)ローバー節が満載のファンク・チューン。こちらは、トリッキーなリズム・アレンジと、その上で自由自在に滑空(という表現が合いそうなんです。滑空!)するポーターさんのサクソフォンがクールですね。 使っているのは1曲目と同じソプラノなのに、受ける印象は全く正反対。この表現力のキャパの広さと申しましょうか、鮮やかなカラーの“使い分け”に思わず脱帽です。

undercover 01 

そう、このアルバム作品のキモは、その“使い分け”。
例えば同じアルバムの中でも、ソプラノ楽曲とアルト楽曲で別々のプロデューサー(例外もありますが、前者はロニー・フォスター。 後者はジェフ・ローバー)と、使い分けており、カラーの異なる両者のシーンメイクを鮮やかに反映させたスタイリッシュな演奏は、ポーターさんのサクソフォニストとしてのプレイ幅の広さを雄弁に物語っています。

また、1曲目"After Hours"では無機質で気だるいブロウを、3曲目の"Undercover"ではメリハリの効いたバンピーなフレージングを展開。スティービー・ワンダーのカヴァー、"Send One Your Love"では、とびきりソウルフル& エモーショナルに。ウィル・ダウニング(Vo)をフィーチュアした"Before We Say Goodbye"では、ウィルのクドイ(笑)ヴォーカルをも凌駕する、存在感確かなアルトを披露・・・・と、いう具合に、楽曲ごとに様々なスタイルを使い分け、リスナーの耳を飽きさせません。

undercover 02

しかしながら、このポーターさん。この作品をドロップした2年後、'96年のツアー中に、不慮の事故で亡くなってしまいました。
アルトサックスは同じ(ジェフ・ローバー)門下のデイヴ・コーズに劣らず、ソプラノサックスはジョージ・ハワード、ナジーの才能に比肩し得る逸材だっただけに、そのあまりにも悲劇的な死が悔やまれてなりません。

せめて彼の遺した美しいメロディを、木々が美しく色付く季節に取り出して、天国のポーターさんに感謝の気持を伝えようではありませんか。

★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

0
1.After Hours
02
.There's Only You
03.Undercover
04.Forever Yours
05.Phases of The Heart
0
6.Send One Your Love
07.October Rain
08.Lost Logic

09.Before We Say Goodbye
10.Almost There
11.Last Call




★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
だいぶ寒くなってきましたね!
冬支度の整った皆様、
整ったついでに↓のボタンをクリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■THIS IS IT■

this is it 00

【わたしたちはひとつ。】

エンディング、クレジットタイトルが終了し、会場内のライトが再び灯された時、あちこちから温かい拍手が湧き起こりました。

"MICHAEL JACKSON'S THIS IS IT"

マイケルの最後の歌。最後のダンス。最後のメッセージ。
おそらく、見届けた誰もが、同じ想いを抱いたのではないかと思います。
    
『わたしたちはひとつ。愛を持とう。子供たちの未来を、地球を守ろう』

そのマイケルの志を、私たちが、自分自身が継ぐべきなのだと。

tii000.jpg

私は当初、このドキュメンタリー映画は劇場では観ないつもりでした。なぜなら、ヘタをすると、ほとんどオープニングに近い位置に配置されるであろう"Human Nature"、または中盤の"Smooth Criminal"、死ぬほど頑張っても、"Billie Jean"のイントロが始まったら、もう号泣確定だろうと思っていましたから(苦笑)。40過ぎのイイ大人が、映画館でグズグズになってる姿もかなりイタイし、あとでDVDで観ればいいかと。自分は世間の熱狂から離れた所で、マイケルを送ろう…と、思っていたら、

「ヤセさん、何日に行きます?劇場用のポスター買えますかね??」
「ヤセさん、絶対行きますよね?オレ迷ってるんで、レポ頼んます」
「ヤセくん、オープニングの曲、何が来るか賭けようか」
「明日から前売り券発売だな。はいコレ。オレの分もよろしくね」

「観に行く」とは、誰にも、一言も言っていないのにも関わらず、ここ数ヶ月で、“職場一のマイケル信者”と認識されていたらしい私は、『絶対行く』 という前提でハナシが進んでおり、結局、前売チケットの発売初日に、↓

this is it 02

↑ 当然のごとくゲットさせられるハメに。orz
まぁ、今では、劇場で観る機会をくれたみんなに感謝してますけどね。

・・・・・・・

"MICHAEL JACKSON'S THIS IS IT"
鑑賞当日。

とりあえずの目標は、"Billie Jean"までは泣かないように頑張ろう。
"Man in The Mirror"が流れたら、もう抵抗するだけムダだから、ハンカチとティッシュの世話になろう。

そんな風に思っていたら、映画のオープニングの、バックダンサーのインタビュー・シーンで、あるダンサーが「人生はつらいもの。何か信じられるものが欲しかった。それがこれなんだ(THIS IS IT)。」と涙ながらに語った時点で最初のダウン。開始僅か3分。弱えぇぇぇ!カッコわりィィィィィ!

さらに、オープニング・ナンバーとともに、スクリーンに"THIS IS IT"の文字がドガーン!と躍った時点で二度目のダウン。だから言ったのに。「君らが思っているよりはるかに、オイラはマイケルを愛しているのだ」と。
開始早々、これだけハンカチの世話になってるヤツもいないだろう、と思いつつ周囲を見回したら、お隣はタオルで顔を覆ってました(火災現場か)



とにかく上の動画の通り、歌もダンスも、"KING OF POP"の称号を獲得した頃のそれと殆んど変わっていないのです。それもリハの段階なのに。リップシンク(口パク)も一部のみで、全編を通して、マイケルの天使の歌を堪能することができます。完全復活・・・してたんだなぁ・・・。



サポートメンバーには、個人的に馴染み深い面々が何人もいました。
アレックス・アル(Bass)、ジョナサン・モフェット(Ds.)、バシリ・ジョンソン(Per.)、モーリス・プレジャー(Key,Tp)などなど、スタジオ系の中でも、とりわけグルーヴィなミュージッシャンたちが一同に会しています。その中で、実際に音出しをしながら、マイケルと共にステージングのディスカッションを行っていく様子は非常に臨場感があり、また、マイケルのプロ意識や、謙虚で紳士的な物腰、茶目っ気溢れる人間臭さが、スクリーンを通してとても好ましく伝わってきます。



…なんというカッコ良さ!もう、ココから先は「劇場で観てください!!」としか言えませんが、とにかく、もう何が何でも観てください!!当初、2週間限定だった公開期間も、延長されて4週間になっています。

「もし、マイケルが生きていたら…」とか、「ロンドン公演が実現していたら」という気持は湧くでしょう。おそらく古今未曾有のエンターテインメントになっていたであろうことも想像に難くありません。しかし、このドキュメンタリー映画に遺されたマイケルの姿、志は、フィルムでしか伝えられない多くの示唆に富んだメッセージを伝えてくれます。その目撃者たる資格を得られたことだけでも、私は感謝したいと心から思っているのです。

マイケルの、エンターテイナーとしての最後の姿を見逃さないでください。
マイケルと共に音楽を作り上げたミュージッシャンたちの、充実感溢れるパフォーマンスを。共に踊ったダンサーたちの誇りに満ちた表情を。共に舞台を創作したスタッフたちの笑顔を。絶対に見逃さないでほしいです。

そして、マイケルから託されるメッセージを、必ずや受け取ってください。

『わたしたちはひとつ。愛を持とう。子供たちの未来を、地球を守ろう』

その魂を受け継いだ時こそ、私達とマイケルは、彼の望んだ通り、永遠にひとつとなれるのだから。

michael jackson

★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
結局ワタクシ、2回観ました!
「私も観るぞ!」と決意された方、
下のアイコンへの応援クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : マイケル・ジャクソン    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JAY GRAYDON / Airplay for The Planet ~The Alubum~♪

airplay for the planet 00

【カッコ悪くてなにが悪い!?】

男と女。別れの情景。そこにはたくさんのドラマが存在します。

恋愛の、いわば最後の瞬間ですから、そこに出現するのは“真実の姿”、あるいは“真実の声”。涙を流す者、こらえる者。絶叫する者、押し黙る者。強がったり、放心したり、殴られたり蹴られたり、思いもしなかった暴言を吐かれたり(“られる”ばっかだな)、とにかく、その最後の情景にこそ、多くの真実、多くのドラマが存在しているのです。

歌の世界においても、別れの情景は、古今東西、ジャンルを問わず題材とされてきており、多くの名作が生まれているのは皆様ご承知の通り。我が日本では、ジュリーこと沢田研二さんが、“勝手にしやがれ”の中で、『せめて少しは格好つけさせてくれ。寝たふりしてる間に出て行ってくれ』と、男の悲しい心情をハードボイルド調に歌い上げ、さらに寺尾聰さんは、“ルビーの指環”で、『孤独が好きな俺さ。気にしないで行っていいよ』 と、煙草の煙をくゆらせながら歌い、別れ際の男のダンディズムを見事に表現しています。(田口式健康パンツ スーパーダンディー LL 3枚組 

・・・・・

話を転換して本日のピックアップ・アルバム、JAY GRAYDON(ジェイ・グレイドン)'93年発表のアルバム、"Airplay for The Planet"
その7曲目に配置された"Roxann"もまた、上記と同じく別れの歌。そしてそこで歌われる“真実の声”はと言えば・・・・・ 

・・・・・

♪ ロクサーヌ、行かないで
もう一度やり直せないか
愛ってこんなものだったのかい
ロクサーヌ、
君に捨てられたら
僕はボロボロだよ
ベイビー、どうか行かないで ♪


・・・・・・

どーですか、この情けなさ(英詞対訳:永田由美子さん)。

大の男が、今まさに去っていこうとする女性に対してこの泣き言三昧。「ベイビー、どうか行かないで」ですから。

airplay for the planet 01

一見すると、このジェイさんの描く男は、前述のジュリーや寺尾氏の歌う主人公に比べて、非常にみっともなく、ダメダメな感があります。

『行ったきりなら幸せになるがいい』(ジュリー)
『気が変わらぬうちに早く消えてくれ』(寺尾氏)

『君に捨てられたら、僕はボロボロだよ・・』(ジェイさん)

もう、一目瞭然。どのように考えても『ボロボロ』の方がカッコ悪いですね。
最後の最後に来て、愛し合った女性を前に、こんな無様な姿を晒すのはまっぴらごめんですわァ・・・と私も常々思っておりました。若いウチは。(スカーレット・ヨハンソン主演:『そんな彼なら捨てちゃえば? 』

・・・・・・・

しかしながら、私、隆慶一郎氏の著作『一夢庵風流記』を読んで以来、考え方が変わりました。すなわち、「ジェイさんの描く男こそが本物だ」と。

その物語の主人公、前田慶二が、ある女性との恋に破れたシーンです。もう、大変な落ち込み方をするわけです。いい大人が、この世の終わりと言わんばかりに人目を憚らずメソメソ泣くのです。

前田慶二といえば、時の権力者・豊臣秀吉から“傾奇者天下一”、あるいは“日本全国傾き御免”を許されたほどの豪傑。戦国の快男子です。
「前田の旦那ともあろう者が、なんという情けない体たらくですか」と咎められると、憤然こう答えます。「情けなくて何が悪い!あんないい女が他にいると思うのか!別れて惜しくない女なら初めから恋などするなッ!」

「するなッ!」と返された方はさぞビックリしたでしょうが、いや、その通り。別れ際まで来て自分の格好を気にしたり、気取っていられる余裕があるなら、それは本物ではなくて、相手を愛しきれていない未熟な恋。未熟な恋なら、その喜びもまた最大値に届いていないということなのでしょう。その意味においては、ジェイさんの描く男は、相手の女性に愛を注ぎ尽くし、“本物の恋”を獲得した幸せ者。同じ恋愛をするのなら、続くにせよ終わるにせよ、最後の最後はゼヒその境地までたどり着きたいもんです。(『たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を教えなかった船』 : F.ザッパ

airplay for the planet 02

上に挙げた"Roxann"以外にも、心移りの激しい女性に戸惑う男性を描いた"She Just Can't Make up Her Mind"AIRPLAYの盟友、デイヴィッド・フォスターの傑作"After The Love is Gone" 、「もう恋なんてこりごり」と思っていたのに、ある瞬間から新しい恋の予感が湧き起こり、期待に揺れる"When You Look in My Eyes"と、もう、全編が熱~いラブストーリーに満たされた、“愛の宝石箱”のようなアルバムとなっています。

秋もいよいよ終盤。クリスマスももうすぐ。ココはひとつジェイさんのラブソングを聴きながら、自らの愛の深さをご確認されてはいかがでしょう。何か大切なものが見つかるかもしれませんよ!(まとまってないぞ)

★★
★★ 収録曲はコチラ ★★
★★


01.Walk The Wire
02
.She Just Can't Make up Her Mind
03.History
04.After The Love is Gone
05.Holdin' on to Love
0
6.One Way or Another
07.Roxann
08.Show Me The Magic

09.You're Not Alone
10.When You Look in My Eyes
11.Ever After Love
12.After The Love is Gone - instrumental -





★★★★★★★★★★★★★★★

ご訪問ありがとうございました!
そういうオイラも、彼女にフられたら、
かなりカッコ悪くなる自信があります。
「自分もそうだ!」という貴方の清き一票をコチラにも。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 11 2009 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.