■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪一曲しめし参らせ候♪

YAMAHA SLG100-N 00

音楽を愛する皆々様、ご機嫌いかがでしょうか。頼みもしないのにやって来る、押し掛けミュージック・サプライヤ~のヤセガエルです。

で…早速ですが上の画像。コイツは、最近マイブログの更新を滞らせていた犯人(人?)。その麗しの姿を捉えた画像でございます。

犯人の名はYAMAHAサイレントギター。エレガット・タイプのSLG-100N。夜でもアパートでも安心な静音設計。しかも、ピックアップ搭載のエレキ仕様だから、スタジオでもLIVEでもお手軽に音が出せるという優れモノ。近所のイ●ーヨー●ドーの店内にぶら下がっている姿に一目ボレしてから約(苦節)4年。先日ようやく入手することができました。(TωT)

んで…「こんな音が出ますよ~」と、ココで紹介するべく、イザ録音しようという段になって、『自分はベーシストだから、ギターの曲なんか一曲もマトモに弾けないじゃん?(´・ω・`) 』という事実に気付き(今更か)、既存の楽曲を練習するのもメンドクサイし、いっそオリジナル曲を作ったれというコトで作ってみました。ですので「こんな音が出ますよ~」と。



YAMAHA SLG100-N HEAD

↑ ど~~ですか、この美しいヘッド。この部分だけ見ると通常のクラシックギターと何ら変わりはありませんね。使用されている弦も通常と同じです。

1~3弦はナイロン弦。4~6弦は白銀加工されたスチール弦が張られている・・・・・というのは購入した後で初めて知ったという初心者っぷり。「試奏しますか?」と訊かれた時点で「ハイ」と答えていれば判明したのでしょうが、「イイエ。どうやって弾けばよいか判らないもの」と答えたんだから初めて知ったワケです。そう答えた後の、楽器屋の店員さんのビミョ~なナイス表情は生涯忘れないでしょう。

YAMAHA SLG100-N BRIDGE

↑ 変わってコチラはブリッジ部。この部分にピックアップ(弦の振動を感知して音を拾う装置)が入っています。

共鳴胴を持たないボディですから、買う前は音のニュアンスはどうかな?と思っていましたが、意外にも深くてクリアなトーンを発生させますね。
もっとも、私の超大好きなリー・リトナーさんお墨付きの一品ですし、このギター(リーさんはプロトタイプ)をフィーチュアしたアルバムもお気に入りなんで、満足度は高いだろうとは思ってましたよ。

ちなみに、4弦の結び目だけへなちょこなワケは、その弦だけ私が張り直したから。初心者の仕事なんてこんなもんです。
で、ナゼ張り直す必要があったかというと、演奏中に切ってしまったから。ナゼ切ってしまったかというと、ベースみたいなスラップをしたらどんな音が出るかとムリに引っ張ったから。『ベチッ!ビョ~ン!』ていって切れた。おそらくこの先、このギターで生涯二度とスラップ奏法はしないでしょう。

YAMAHA SLG100-N TONE CONTROLL

↑ ツマミやスイッチが並ぶボディの側面部分です。

基本アクティブのエレキですから、音を電気的に加工できるのが強み。ボリュームツマミ、低音および高音ブーストツマミで様々な音色を作成することが可能で、しかもそれをイヤホンでモニターすることも出来ます。
ナマ音は従来のガットギターと比較して10分の1。音のパワーは100分の1 だとか。イヤホンで演奏すれば、夜でもアパートでも存分に演奏を楽しむことができます(大事なことですから二回言ってみました)。

YAMAHA SLG100-N REVERB SWITCH

↑ 出色なのはこの部分、リバーブ機能。
1 に設定するとライブハウス、2 に設定すると大ホールで演奏しているかのような臨場感のあるステレオリバーブが掛かります。気分はプロです。
が、調子に乗ってリバーブ掛けっぱで長時間弾きまくったり、スイッチを入れっぱなし状態にしていると、あッと言う間にバッテリーが消耗してしまうので要注意。適度に楽しみましょう。

YAMAHA SLG100-N BACK VIEW

↑↑ ボディバックです。向かって左の四角いフタの中に9Vのバッテリーが入ります。バッテリーの消耗にハラハラドキドキするのがイヤな御方は、ステッカーの(画像で)下部分にある端子にACアダプター・ジャックを差し込んで家庭用電源から電力を供給させてくだちい。これで安心です。

ちなみにそのACアダプターは本体付属。ヤマハさん太っ腹~。( ̄ω ̄)

YAMAHA SLG100-N AUX IN

↑ 最後にボディ・バック部の拡大。コレもまた秀逸です。外部入力端子。

画像にある“AUX IN”に、ポータブル音楽プレーヤーなどのジャックを差し込めば、好きな音楽を聴きながらの擬似セッションが可能になります。気分はリー・リトナー!またはジェイソン・ムラーズ!(あくまで気分)

言わずもがなですが、左側にある“LINE OUT”へシールドを接続すればエレガットの本領を発揮。スタジオでもLIVEでも即応可能(大事なことですから二回言いました)。宅録の即戦力としても使える優れモノです。気分はギタ~リスト。I play ヤ~マハ。皆さんもいかが??

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!

「頑張ればできるじゃないか!」と、
叱咤激励してくださる皆様。
下記リンクボタンをポチポチしていただけると、
管理人が調子に乗って新曲を作るかもしれません。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪WORKSHY / The Golden Mile♪

tgm00.jpg

【遥かなるあの夏。】

『あの歌が運ぶ遠い記憶。真っ赤な太陽。青い海。そして白い砂浜』

音楽を愛する全ての皆様、ようこそおいでくださいました。呼ばれなくてもやって来る、押し掛けミュージック・プレゼンタ~のヤセガエルです。



↑↑ プレーヤーの再生ボタンをクリックされた方。特に私と同じアラフォー世代の皆様。懐かしいでしょう?リゾートでございましょう??

お聴きのナンバーは、今を遡ること21年前、1989年に日本で大ブレイクしたWORKSHY(ワークシャイ)"Love Is The Place to Be"。後に到来するUKポップス・ブームの先駆けとなった名曲です。

透明度の高い洗練されたアレンジ、ダンサブルなリズム、印象的なサビ。真っ赤な太陽、青い海、そして白い砂浜!リゾート大好きな私の友人は、ワークシャイを聴くと伊豆白浜のロングビーチと、ブルーハワイを連想するのだそうです。ナンパ空振り&撃沈連発のホロ苦い記憶とともに。(『三振をした日に読む本』 : 児童文学研究会著 

tgm01.jpg

一方・・・私・ヤセガエルは、この曲を聴くと、リゾートと共に様々な記憶が蘇ってまいります。かなり鮮烈な感覚とともに。

それもそのはず。このアルバムのリリースされた1989年という年は、今思えば、日本が、世界が大きく変わった年だったんですよね。

年明け早々の昭和天皇崩御。続く“平成”の元号スタート。消費税導入。天安門事件。手塚治虫さん、美空ひばりさん、松下幸之助氏が死去。ベルリンの壁崩壊。東欧革命の連鎖。そして冷戦の終結。

世界史という大きな括りでは、この年1989年は、『近代の終わりと現代の始まり』という歴史的な転換点だったワケで、日本だけでなく、世界中が、新時代の到来を実感しながら気忙しく動いていたのです。色んな事がドバッ!!と思い出されてもおかしくない劇的な年だったんですね。

tgm02.jpg

まぁ…個人的には(むしろこっちの方が印象的かな~?)、就職先が内定→その後、想定外の留年確定→内定取り消し!→カノジョに呆れられて捨てられる→ま、待ってくれ!→待たないわ!→ゼミの後輩が先に卒業→ま、待ってくれ!→待てるわけないし!→ひとりぼっちの通学→寂しい→バブル崩壊!という、転換点に乗り損ねたマイ・メモリ~が蘇ってまいります。( 『俺は待ってるぜ』 : 主演・石原裕次郎 : 監督・蔵原惟繕

こんなリゾート・ミュ~ジックを聴いて、「待ってくれ!」が蘇るのも非常に情けない気もいたしますが、今となっては懐かしい思い出ですね(呑気)。
でも今年の夏は、おいらもコレを聴きながら行こうかな。伊豆白浜へ。

★★★★★★ 収録曲はコチラ ↓  ★★★★★★ 

1.  You're The Summer
2.  I Saw The Light
3.  Limbo Years
4.  Love Is The Place to Be
5.  In This Neighbourhood
6.  Bewitched
7.  Giving up The Ghost
8.  Lately
9.  Yours for The Taking
10.Somewhere
11.Haven't The Heart
12.You're Not Alone
13.Sleepwalking




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
なにげに記事がキリ番です(555件目)。
「これからも続ければ?」…という優しい貴方は、
下記リンクボタンをポチポチしてくれるんじゃないかな。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン


テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪グレイテスト・アーティスト in YouTube ~TOTO~♪

ロックファンの皆様、ゴールデンウイークは満喫されてますでしょうか?押し掛け動画サプライヤ~のヤセガエルでございます。

Uターンラッシュも始まり、「あ~…連休も終わりかぁ…」なんてカンジでお祭りモードが解除されつつある貴兄。まだまだ早し!今回の特集は、オレ達(アラフォー)のロック・レジェンド、TOTO のLIVEですよ!!
観ればたちまちアツくなる、'03年のアムステルダム公演を一気に6本ガツンとお届け!祭りは続く!Here We Go Go !(音量に注意ね)

★★★★★★★★★★★★★★★

①TOTO Medley
オープニングは初期の名作の併せ技一本!ゾクゾク来ますね~(TωT) TOTOというと、“テクニック偏向”みたいな評価をする方もおられますが、このフレージングの印象的なことよ。TOTOは“メロディ命”が正解です!



②Gift With a Golden Gun
たまらんっ!相変わらず、この安定しきらない(笑)ボビー・キンボールのボーカル!ハラハラします。この曲、高校時代にバンドでコピーしました。キンボール役は「キーが高すぎてノドから声帯出そう」と泣いてましたね。



③Rosanna 
TOTO を“世界のTOTO” たらしめた大傑作。原曲では、故ジェフ・ポーカロのドラムスが伝説的なグルーヴを作っていましたが、後任のサイモン・フィリップスも負けてはいません。タイト&パワフル!よいぞよいぞ!!



④Hold The Line
記念すべき1st アルバムからの、(たぶん)1st シングル。TOTO のバンド名の由来である“TOTAL 的な音楽”観を詰め込んだ佳作です。全く…ヒットしませんでしたが。でも、ここでは大合唱だ!オランダぶらぼー!!



⑤Africa
もう、なんと申しましょうか、感無量です。(T-T)…イントロのシンセといい、デヴィッド・ペイチのヴォーカルといい、サビのコーラスといい完璧です!TOTO をグラミー・ウィナーに押し上げた、ロック史に輝く名曲をドゾ!!



⑥White Sister
LIVE のエンディングを飾るのは、この"White Sister"。2回目のアンコールでこんなん演られたら、よけい帰れなくなっちゃうでしょう!!(笑)君も叫べ!キン●マと共に!「♪ Do you love me? White Sister~♪」



さて、今回のTOTO の特集いかがでしたか?
ちなみにこのLIVE、現在GYAOの『昭和TV』というチャンネルでノーカット配信されています。再度お祭りモードに切り替わった方は、ぜひドーゾ!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「なんだかヤル気がモリモしてきた!」…な方、
下記リンクボタンをツンツンするべし。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : YouTube Music Video    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 05 2010 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。