■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪FOURPLAY / LET'S TOUCH THE SKY♪

ltts00.jpg

【きっと手は届く】

ええ、届きますとも。と、申しましょうか、もう届きましたよ。空の天辺に。 
"LET'S TOUCH THE SKY"という夢見心地なアルバム・タイトルは、やはり伊達でも洒落でもなく、新生フォープレイの目指した新たな境地を見事に体現していると断言します。だって、私、このアルバムを一聴したその瞬間から、ず~っと空の天辺でフワフワしてますから。  

いえいえ、別に病気とかではありません。そのフワフワの元は、新加入のCHUCK LOEB(チャック・ローブ)さん。現在までのスムースジャズ・シーンにおいて、その独特のスタイリッシュな音楽世界で、ジャンルそのものを牽引してきた敏腕プロデューサーであり、ギターリストとしては屈指のテクニシャン。4小節で人の心を奪うことのできる、言わば魔法使いのような方ですから、「浮かれちゃいけません」と言われてもフワフワですわ。『夢遊病』 : (著)田面義高 : (出版)ブイツーソリューション )

ltts01.jpg

『ラリー・カールトン脱退』というセンセーショナルなニュースと、時を同じくして発表された新メンバー加入の公式発表。各種のメディアにおける反応を見回してみると、『ちゃっく・ろーぶ?そりゃ一体ダレさん??』というのと、『おー!マジですか!大歓迎!』のほぼ二通りのみ。『それは無いわ』という懐疑的な意見はほとんど見当たらないところが面白いです。

こんなことを言っちゃうとアレですが、リー(リトナー)さんが参加していた頃のフォープレイに未練・郷愁を感じる(私のような)方々は、まず間違いなくお気に入りになるでしょう。すなわち、リーさんがメンバーだった時の、フォープレイというバンドに対していたギターリストとしての距離感・比重・スタイル・音色と、チャックさんのそれに多くの共通項があるのです。リーさんの絶妙なバランス感覚・浮遊感覚がフェイバリットだった方なら、今回のチャックさんにそれを求めても何ら問題は無いですね。



↑ コチラはアルバム2曲目のナンバー"3RD DEGREE"。前述のリーさんとの“共通項”を体感できる、チャックさんの楽曲です。チャックさんのファンなら思わずニンマリしてしまう“チャック節”も随所に散りばめられていますね。そこはフォープレイの“新ギターリスト”であるチャック・ローブさんの美味しいところですよ。召しませ。飛びませ。(だから夢遊病か)

ltts02.jpg

今作のトピックは勿論チャックさんだけではありません。
ボブ爺のくるりんピアノも、ネイザン兄さんのユニゾン・スキャットも、ハーヴィ先生のタカスカドラムも、結構どうでもいいゲストヴォーカル・トラックなんかもシッカリ収録されていて、「ああ、まただ♪」という心地よい安心感を伴うマンネ・・・一貫性が伝わってくる所などは、すでに伝説的な存在となりつつある偉大なフォーピース・バンドの面目躍如ぶりと、大空のごとき遥かな高みへとつながるスムースジャズの未来図を示しています。

ですから、さあ、参りましょう。あなたもその大いなる青い空へ(夢遊病か)


★★★★ 収録曲はコチラ↓  ★★★★

FOURPLAY / LET'S TOUCH THE SKY (2010)

1.  LET'S TOUCH THE SKY
2.  3RD DEGREE
3.  MORE THAN A DREAM
4.  PINEAPPLE GETAWAY
5.  I'LL STILL BE LOVIN' YOU
6.  GENTLE GIANT(FOR HANK)
7.  A NIGHT IN RIO
8.  LOVE TKO
9.  ABOVE AND BEYOND
10.GOLDEN FADERS
11.YOU'RE MY THRILL



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
度重なるメンバー卒業もなんのその!
いっそ、モー娘やAKB化してほしいと思う不埒な方は、
最後に下をポチッとしていただけると管理人がハッピ~♪
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~おうし座流星群・2010~★

taurus2010small.jpg

【狙え大火球!おうし座流星群】

(※2011年度版はコチラです!)
星空を愛する紳士・淑女の皆様ごきげんよう。呼ばれもしないのにやって来る、押し掛けスターウォッチング・ナビゲータ~のヤセガエルです。

秋も本番。夜空もいよいよ冴えてまいりましたね!本日は、地味ながらも時おり鮮烈な火球を見せてくれるおうし座流星群』の情報を、GREGG KARUKAS さんのピアノに乗せてお届けいたします。



さて、その『おうし座流星群』。今年・2010年の条件は大変良好ですよ!

おうし座群は、南群と北群の二群に分かれているのですが、双方の活動がピークを迎える11月上旬は月明かりの影響が少なく、特に南群の極大となる5日は新月の一日前。お天気に恵まれれば、観測条件は絶好と言っても差し支えないでしょう(北群の極大は12日です)。

上の画像は11月6日午前0時の東京の夜空。南北両群ともに活動期間の長い、ピークの緩やかな流星群なので、あえて極大にこだわらず、お天気の良い空気の澄んだ日を狙ってウォッチングすることをオススメします。(画像の白い光点は両群の放射点です。クリックで拡大します)

予想される流星の数は、一時間当たり3~5個程度と多くはありませんが、対地速度がやや遅く、さらに、大きな輝きを伴って落下する火球を発生させることもある流星群ですので、印象度は高いと言えるでしょう。

秋の夜長。おうし座の大火球に願い事を託せば、きっと即効成就間違いナシ!…かもしんない。( ̄ω ̄)~♪

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「大火球狙うぞ!」と決意された方は、
お風邪など召されませんように防寒はカンペキにしましょう!
最後に下をポチッとしていただけると管理人がハッピ~♪
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪JAY SOTO / Stay A While♪

sa00.jpg

【迷ったら迷ったままに】

“紆余曲折”という言葉があります。

意味は、『ある状態に辿り着くまで、複雑に曲がりくねった道程を経る事』。いかなる偉人・巨匠であっても、また一般人であっても、敷かれたレールの上を誰かに押してもらうような人生を歩んではおらず、後になって振り返ってみれば、『あっ!!』と驚く摩訶不思議な道程を経ているもの。

後に“ソロイストとしてのジャズギター”というポジションを開拓し、ジプシー・スイングというジャズの形態を創出したジャンゴ・ラインハルトも、初めは旅芸人一家の跡取りとなるべく、バンジョーやバイオリンを弾いていたし、後に日本人として最も成功した作曲家の一人である、“世界の”坂本龍一氏は、『出来ればゴミ箱にピアノを捨ててしまいたかった』程の練習嫌いの少年期に始まり、テクノカット、軍人、アカデミー賞獲得、アホアホマン(兄)を経て現在の姿へ。
あのアントニオ猪木氏の幼少時代のあだ名は『運痴の寛』。ブラジル移住、コーヒー農場で半強制労働、力道山の前でヌード披露、プロのレスラーへ、タバスコを日本の食卓へ広めるという道程を経て現在へと至ります。(『運動神経再構築 タイツ先生のゴルフで250ヤード以上の飛距離を手にいれる方法』(DVDと股関節回旋台とハンマー2本のセット)

そう。ヒトは迷い、悩み、紆余曲折を繰り返しながら生きているのです。

sa01.jpg

今回ピックアップしたJAY SOTO(ジェイ・ソト)さんのアルバム作品、"Stay A While" は、そんな“紆余曲折”が随所に垣間見える好作。
ジャケの支離滅裂さに象徴されるように、正統派のスムースジャズ路線を進むのか、テクニック志向を採用するのか、セールスを意識するのか、都会派かリゾート派か、「一体どこへどう進めば?」というオダギリジョー状態から、「ああああ!!もういっそ全部選択します!!」という結論に至った(かもしれない)バリエーション豊富な楽曲が収録されています。



軽快なグルーヴでラジオフォーマットにフィットするStay A While 。(ジェフ)ローバーさんのプログラミングと微妙にマッチしきれないギターがイイ味を出しているMake It Happen 。ヴォーカリストとしては相当濃い部類に入るジェフリー・オズボーンを起用し、洗練されたギターとのコントラストを強調しようとしたら、ギターも一緒に濃くなってしまったLove Has Found A Way。おそらく「これがボクのスタイル??」と感じた(かもしれない)Midnight Drive およびHolding on 。おそらく「コレは全然違う!」と感じた(であろう)ポール・ブラウン組が参加したラストナンバーのJaywalking まで、もう迷ったら迷ったままにそのまま送り出してしまえ!!的な勢いとパワー、そのアンバランスさが魅力となっている作品です。(優柔不断癒し系キャラ かものはしかも。

sa02.jpg

終始一貫しているのは、ジェイさんのメロウでグルーヴィなギタープレイ。ピッキングは美しく、ソロの構成もサウンドも端正です。

演奏スタイルとしては、ウェス・モンゴメリー、ギョ…ジョージ・ベンソン系ですが、弾きまくりのノーマン・ブラウンタイプではなく、よりメロディラインを強調するリー(リトナー)さんに近いスタイルですかね。

最新作の"Mesmelized" は極上のサマー・アルバムですが、本作のマッチするのは今この時期でしょうか。紅葉狩のお供にオススメします。


★★★★ 収録曲はコチラ ↓ ★★★★

JAY SOTO / Stay A While (2007)

1.  Stay A While
2.  Just Like That
3.  Make It Happen
4.  Love Has Found Away
5.  Slammin'
6.  Grooveland
7.  Midnight Drive
8.  Daydreamin'
9.  Holding on
10.Send One Your Love
11.City Slicker
12.Jaywalking



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「相変わらずレビューになってない!」という苦言はご容赦を。
継続を希望される方のみ下記ボタンをクリック・プリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪いとしのフルアコースティック・ギター♪

jpe2 01

(※10月16日、修正版音源ファイルに差し替えました!)
(※10月18日、完成版ファイルに差し替えました!)
音楽と楽器を愛する皆様ごきげんよう。呼ばれなくてもやって来る、へっぽこベ~シストのヤセガエルでございます(おひさしぶりですね!)

さて、早速ですが上の画像!いかがですか?
素晴らしい曲線でしょう?美しいでございましょう?

いつかは手に入れてやろう!と画策すること苦節2年(苦節でもないか)、縁あって出会ったフルアコースティック・ギターがコレ。

Epiphone(エピフォン)のJoe Pass EmperorⅡ!

本日は、このギターをメインに製作した、アニタ・ベイカーのヒットナンバー、"Caught up in The Rapture"のヤセガエル・カバーVer.をバックに、独断と偏見満載の楽器レポートをお楽しみくださいませ。(↓ 下のプレーヤーの再生ボタンを押すと曲が流れます♪ )



ハイ、このJoe Pass EmperorⅡ。ビ・バップ・ギターの神様、ジョー・パスさんからお名前を頂戴したという、エピフォン社のフラッグシップ・モデル・・・とか、そういう高級器でもなんでもなく、いわゆるフルアコ初心者さん向けのエントリー・モデルです。

しかしながら、実は「ジョー・パスさんのシグネチャー・モデルです!」と言われたら、「おお~ナルホド!」と納得してしまうくらい、奢った装備品が目白押しなんですよね(でもジョーさんが弾いていたという話は無い)。

jpe2 03

鼈甲調のピックガードに記された"Joe Pass"の文字。私はジョー・パスさんの作品はたった一枚しか所持しておらず、お世辞にもファンとは言い難い身空であるものの、このサインを拝んでいると、なんだかジョー・パスさんのジャズ・スピリットが降りてくる気がします。

間近で見ると鼈甲じゃないし、サインも印刷(たぶん来年の今頃は削れて“ショ~・ハス”とかになってる)なんだけど、それでも構わないんです。

jpe2 02

ハードウェアはゴールド。ヘッドにあしらわれたアサガオ(?)模様のインレイや、通常はハイエンド・モデルにしか施されないバインディング加工が高級感を演出。そしてココにも"Joe Pass"の文字(来年はショ~・ハス)。

良く見ると加工に微妙なズレがあったり、精度の怪しい部分もありますが、そういう些細なディテールなんか、どーでも良かったりします。へっぽこベ~シスト私にとっては、ギターは、ほとんど『見て楽しむ』ものなんですから。音は「出りゃイイ」くらいのレベルなんです(ひでえな)。

jpe2 04

ツマミは四つ。フロント・ピックアップのボリュームとトーン、そして、リア・ピックアップのボリュームとトーン。ジョー・パスさんのギターを愛するヒトも、ジャズギターを愛するヒトも、おそらくリア・ピックアップの存在価値にはギモンをお持ちでしょう。ワタシはギモン。使いませんよね??普通。

…あ。インコグニートのブルーノさんは使うかなぁ。

jpe2 05

いや~本当に美しい。素晴らしい曲線です。芸術です。

実はこのテイルピースとサドルは、弦の張力によって安定を得ています。モノを知らない私は、それを知らずに一度に6本の弦を外し、ものの見事に脱落。買って三日もたたないうちにキズを付けてしまいました。(T-T) 

ちなみに、このテイルピースの恩恵はデザイン上の美しさだけではありません。ギター・サウンドの余韻を作り出すのに欠かせない、サスティンの伸びが、この機構によって強調されるのです。機能美ですね。

jpe2 07

ボディ・バックもご覧あれ。この艶。この木目。見返り美人じゃ~ございませんか。とても(中古で)4万円には見えません。

そーなんです。ハッキリ言って、楽器としては限りなくオモチャに近いブツなんです。ギブソンのリトナー・モデルは100万円ですから。

エピフォンのカタログにも、「これ!」といったウリ文句も無く、『大変弾き心地が良いギターです』とかテキトーな説明文があったりして、でも実際弾いてみたら、「なんて弾き心地が良いギターなんだ!」とかそのまんま思ったりしちゃったもんだから買っちゃいました。

音の方はアレです。聴いていただいている通り。おそらくちゃんとしたギターリストの方が弾けば、もっとイイ音になるハズですから、これはかなり素晴らしいデキなんじゃないかと思いますね。

これから毎日弾くことはないとは思いますが、『エンペ郎』と名付けつつ、お掃除・手入れはシッカリやろうと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★

訪ありがとうございました!
「原曲は素晴らしいのに…」 という苦言はご容赦を。
新曲を期待される方のみ下記ボタンをクリック・プリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2010 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。