■BoneyFrog Blog■

 

 

♪ERIC MARIENTHAL / WALK TALL♪

wktll00.jpg

【暑さ対策いたしましょう】

はい。耳から涼です。耳から涼。

汚染水の循環装置がロクに動かなかったり、ラジコンヘリを墜落させたり、“停電注意報”なる新注意報が検討されたりと、およそ技術大国らしからぬネガティブな電力系ニュースが駆け巡る6月の下旬。お暑うございますね。

『心頭滅却すれば火も自ずから涼し』とは、かの快川紹喜の辞世ですが、そのような無我無想の境地に達することが出来るのは、徳を積みまくった偉いお坊さんか、自分の立ち位置も痛覚もマヒしている某国の首相くらいなもの。フツーの感覚・感受性を持っている私たち庶民は、気温が30℃を超えれば「暑い!」と感じるし、ラジコンヘリの『墜落』の表現が『不時着』に差し替えられても、心の不快指数は上昇するばかりで下がるものではありません。そんなワケで、暑さ対策いたしましょう。耳から涼!

wktll01.jpg



取り上げましたるは、ERIC MARIENTHAL(エリック・マリエンサル)"WALK TALL" 。エリックさんのアイドル、キャノンボール・アダレイに捧げられたファンキー・スムースなサックスが最高にクールなトリビュートアルバムです。(↑ のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてね!)

聴き所は、非常にヴァリエーションに富んだ楽曲のスタイルでしょうか。
試聴ファイルに挙げたカヴァー楽曲を始め、往年のフュージョン・スタイルあり、’90年代初期のコンテンポラリー・ジャズ形式あり、オールド・ファッションなジャズ調ありで、リスナーを飽きさせません。

一貫しているのは、品の良いクールなサックス・プレイ。アダレイさんへの熱い想いは想いのままに、端正かつテクニカルなメロディーを送すエリックさんのサックスは、エレガントで清涼感に溢れています。

wktll02.jpg

おすすめトラックは、ジョー・ザビヌル作"Mercy, Mercy, Mercy"。センシティブなソプラノサックスが香る"Imagine That"。リー・リトナーとの競演が優雅な"The Way You Look Tonight"。ロブ・マリンズのペンによるスムース・チューン"Here in My Heart" あたり。

電気は使えず忍耐を強いられる2011年の夏。「暑い!」とか「イラッ!」とか来たら耳から涼!聴けば涼しくなるエリックさんのクールなサックスで、暑さ対策いたしましょう。(あ。⑧⑨⑫もパワープッシュね)


★★★
★★★★★★★★★★★★


ERIC MARIENTHAL
/ WALK TALL(1998)

01.Mercy, Mercy, Mercy
02.Work Song
03.Walk Tall
04.Skylark
05.Imagine That
06.The Way You Look Tonight
07.Here in My Heart
08.Sunstone
09.If You Need Me To
10.Country Preacher
11.Unit 7
12.Groove Runner
13.Nashville




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「耐え抜くぞ!暑い夏!」というガッツな皆様、
早くも夏バテの症状が出ている管理人へ
叱咤激励の1クリックをよろしくプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪目覚めたエレキギター♪

vntggtr.jpg

25年前、縁あって拙宅へやって来たエレキギターです。

やって来て早々に音が出なくなり、四半世紀の間、長~い眠りについておりましたが、この度(素人な)修理を完了し、見事復活を遂げました。

只今、このジャパニーズ・ヴィンテージを主役にした楽曲を鋭意制作中。晒し上げは7月上旬になりそうです。乞うご期待!?

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「聴いてやってもよい」という物好きな皆様、
ついでに熱き1クリックをよろしくプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PAMELA WILLIAMS / Sweet Saxsations♪

ss00_20110614205118.jpg

【そんな彼女にギャップ萌え】

『男性が女性に「ギャップ萌え」する瞬間ランキング』・・・という名のネット記事によりますと、以下のような例が列挙されています。(転載)

・パンツスタイルが多い人のスカート姿
・普段コンタクトの人のメガネ姿
・クールで硬派な人のふとした笑顔
・遊んでいそうな人の一途な恋愛談
・クールな印象の人の涙
・クールな人からのメールの絵文字
・まじめな人の一発ギャグ
・普段はタフな人の弱音
・頼りない人の即決
・細い人の大食い

言わずもがなですが、その女性の“普段の姿”に対する好感度が高ければ高いほど、その“ギャップ萌え”の振幅もより激しくなるワケで、女性によってはそれを勝負時に意識的に発動させたりするもんだから、私たち男性は堪ったモンではありません。
だから、お昼の休憩の時に、「ヤセさ~~ん♪♪ 今日はフードコートぉ?」と言いながら、結んでいた髪を下ろすのはやめてください。あやなさん。『見つめられたらノーと言えない【Single】』:大本友子

ss01_20110614205204.jpg

んで…その、あやなさん、じゃねぇパメラさんの件。

この方の『ギャップ萌え』の要点は、すなわち、画像のダイナマイツかつセクスィーな容姿と、それに全く相反するスウィートかつスムースなサクソフォンの音色。その大いなる落差。ギャップです。

デビュー時から、『キャンディー・ダルファーに続くセクシー路線の女性サクソフォニスト』として売り出されたパメラさん。煽情的なコンセプトと、ほとんどNUDEに近い写真がウリとなった1stアルバムも、実際に蓋を開けてみれば、そこには、イロモノめいたセールス手法とは対極に位置する上質なスムースジャズ、とりわけ、かのグローバー・ワシントン・Jr. を彷彿とさせるパメラさんのサクソフォンの音色が、私たちリスナーへのギャップ萌えを喚起させたものでした。

本日ピックアップしたアルバム、"Sweet Saxsations"もまた、1stアルバムの流れを汲む『ギャップ萌え』作品。目にも眩しい真紅のジャケに浮かぶ褐色の双丘とその谷間。それに対する、両耳へ優しく入り込む甘く優美なサックスの響きを、交互に楽しめる快作となっております。

ss02_20110614205249.jpg

おすすめ楽曲は、緩急自在のアルトサックスが夜のハイウェーにマッチしそうなEmerald Eyes。同じ(Shanachie)レーベルのキム兄が裏方で活躍しているFly Away With Me。そのキム兄のソプラノサックスにも負けないジェントル・トーンで攻める Amber Skies 。「こんな美女がそんな太っとい・・・・・・・」アルトで攻めるUptown。彼女のアイドルであるグローヴァーさんへの想いがフレーズの端々に息づくSweet Saxsations あたり。いやもイイな。もコピーしたくなるスムース楽曲。…と、申しましょうか。穴が無いっす。この作品は。

とりあえず、↓ にオープニング曲"Fly Away With Me"を貼っておきます。もしお気に入ったら、もうアルバムごと購入して萌え萌えするべし。




★★★
★★★★★★★★★★★★

PAMELA WILLIAMS
/ Sweet Saxations(2005)

01.Emerald Eyes
02.Fly Away With Me
03.Amber Skies
04.You Don't Know My Name
05.Temperature's Rising
06.Uptown
07.I'm Playing For Keeps
08.Sweet Saxations
09.Tequila Nights
10.A Kiss To Remember
11.
The Seduction



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「タマには谷間も大切だ!」という同志の皆様方、
熱き1クリックをよろしくプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪苦節25年!探し物が見つかりました♪

hwiansnst.jpg

それは、こんな↑風景に似合うギターインストです。

(たぶん)1986年。学生時代に、ウェイターのアルバイトから帰って来る時間帯に、いつもテレビから流れていた曲がそれ。
「イイなぁコレ…誰さんだろ?」と思いつつ、アーティスト名も曲名も不明のまま時を経ること25年。もうほとんど諦めかけていた今この時!!!偶然にも昨晩(昨晩ですよ)辿り着くことができましたっ!

・・・・・と、いうことで、今回は個人的かつ一方的に『判明記念あげ』。もしかしたら、「あぁ、アレね!」という方もいらっしゃるかもしれません。キーワードは『箱根彫刻の森美術館』。よろしければ皆さんも一緒に♪ (UP主さん本当にありがと~!TωT!堪能させていただいております)




★★★
★★★★★★★★★★★★ 

ご来訪ありがとうございました!
「おわー!ナツカシー!!」という皆様方、
熱き1クリックをよろしくプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : エレキギター    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪EUGE GROOVE / born 2 groove♪

btg00.jpg

【夏には夏のサクソフォン】

『キレがある』というのは『デキる』証です。

今年プロ野球選手としてデビューした斎藤佑樹投手は、高校時代にキレのある高速スライダーを駆使して早稲田実業を日本一に導きました。
また、Asahi のスーパードライは、キレのある辛口でビール業界に革命を起こし、Perfume のキレのあるダンスは世の中年男性をメロメロにし、たかた社長のキレのある長崎弁は消費者の購買意欲を沸騰させます。

オシ●コのキレが良いのは若さの証。
ウ●●のキレが良いのは美人と健康の証。
そして答弁にキレがあるのは名政治家の証。

最後の一行はアンダーラインだ。 昨今の某国営放送のナントカ中継は視聴に耐えぬ。お前ら全員避難所で会議やんなさい。被災者の前で。

・・・・・・・・・・・・・・

…失礼…つい熱くなっちゃった。

きっと夏のせいだ。そうに違いない。

本題に戻ると、その『キレ』。今回ピックアップしたユージさんは、おそらく現今のスムースジャズ・シーンの中でも有数の、『キレのある』サックスを聴かせる御仁。明瞭な発音・鮮明な音像・小気味良いスタッカートを駆使したフレージングは、同じ人気サクソフォニストのデイヴ・コーズさんや、ボニー・ジェイムスさんらとはまた違ったクールネスを体現しています。

btg01.jpg



↑再生ボタン、押しました?

流れているのは、ユージさんが2007年にリリースした通算5枚目の作品"born 2 groove" の一曲目、"a summer night's dream"
どーですか!!この明瞭な発音・鮮明な音像・小気味良いスタッカートを駆使したフレージング(・・あれ?さっき言った?)。そして、メタリックでありながらエモーショナルなトーン。素敵でしょう?夏でしょう?

プロデュースは、ユージさん自身とあのポール・ブラウン。バックを固めるミュージッシャン連は、リッキー・ピーターソン(P)とレニー・カストロ(Per.)以外はかなりフレッシュな顔ぶれが揃っており、ある意味、『ブラウン印』を感じさせない、透明感のあるビビッドな音空間が構築されています。

おすすめトラックは、上に挙げた"a summer night's dream"他、クラシカルなアレンジの中でジェントルなアルトサックスが夏の昼下がりを演出する"slow jam"。品の良いブラウン節の中で炸裂するユージさん独特の荒技『グロウ+ぶるぶるビブラート』がホットな"religify"。キレキレなソプラノサックスが心地よい"movin' on"。ジェフリー・オズボーンのクドいヴォーカルがまたとっても心地よい、アルバムの最終トラック "baby if you only knew (what could do)" 等々。いずれも、ユージさんの『キレのある』サックスを堪能できる佳曲です。

今夏はいよいよエコの夏。アホみたいに上昇する気温や、アホみたいなセンセエたちへの怒りが沸点に到達したら、ユージさんのクールでキレのあるサックスをご賞味あれ。体感温度が-5℃になるかもしれません。

btg02.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★


EUGE GROOVE
/ born 2 groove(2007)

01.
a summer night's dream
02.mr.groove
03.café del soul
04.slow jam
05.born 2 groove
06.religify
07.geez spot
08.i love you more than you'll ever know
09.movin' on
10.baby if you only knew (what  could do)



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「夏~♪ なカンジになってきた!」という方、
熱き1クリックをよろしくプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 06 2011 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.