■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪今頃になって気付きました(汗)♪

foxie.jpg

今回も、『懐かしのアナログレコード』をDig Upしてみました。

BOB JAMES(ボブ・ジェームス)が '83年にリリースした"Foxie"。懐かしいでしょう??日本ではJAZZファンの間でしか知名度の無かったボブ爺が、サントリーのCM出演で一気に一般層からも認知されるようになった記念すべきアルバムですね。

んで、コレは皆さんご存知の有名な話なのですが、ボブ爺は、それまで作品を発表するごとに、時にはそのまま、あるいはナゾかけのような形で「これは僕の●●番目の作品だよ」というメッセージをジャケ写にインプットして来ていたワケです。
この"Foxie" は通算11作目。それまでの慣例に則って考えるならば、ジャケ写の中に“11”を意味するメッセージが含まれているはず…ですが、う~ん…どこにも無い。表のジャケにも、中のジャケ写にも、裏にも。「無いなぁ~」と思いつつ、なんと28年が過ぎ、時は今、2011年。今頃になってその“11”を発見しました(皆さんは既にお気付きでしょうが)。

すなわち、写真に写っている女性の交差させた足が“Ⅹ”。つまり“10”。そしてそれを支えて(?)いるボブ爺の指が“1”。足して“11”。あった!

『今頃になって気付きました(汗)』。そんなお話でございましたん。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました! 
「遅い!(笑)」という、賢明な皆様方、
憐みの1クリックをいただきたく存じます。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪KIM WATERS / one special moment♪

osm00.jpg

【晩夏に聴きたいソプラノサックス♪】

海の家のカンバンが外され、 少しだけ高くなった空にツクツクボウシの声が吸い込まれる8月の終わり。皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日のピックアップ作品は、去りゆく夏の名残りと訪れる秋の予感が漂うこの時期にマッチする、リリカルでロマンティックなソプラノサックス作品、KIM WATERS(キム・ウォーターズ)の"One Special Moment"。特に、夕暮れ時や、一人で特別な時間を過ごしたい時に聴くと、ココロの中にグイグイ手ェ入れられて、心臓ガタガタ言わされている気分になる佳作です。(『やすきよ漫才傑作選(3)』(CD) : コロムビアミュージック



さて、↑ 聴いていただいてますでしょうか。再生ボタン押しました?
流れているのは、アルバム2曲目の"Secrets Tolds"。キム兄イとはレーベルメイトであるチャック・ローブさんとの共作です。

沁みるでしょう?ドキドキしますでしょう?ガタガタ言わされるでしょう?
ハイ、このドキドキ、ガタガタ感が、キム兄イのソプラノの魅力なんです。ケニー爺さんとか、ウォルター・ビーズリーさん、マリオン・メドウスさんらとも一線を画するナヨ加減。それが120%楽しめる作品なんですね。

osm01.jpg

“君は僕の心だけを奪っていった。
僕の全てを奪ってくれれば良かったのに”


↑ そんなナヨ声が聞こえてきそうなサウンド&ジャケ写じゃありませんか。
そう。オトコという生き物は、表面こそ強がってはいても、中身は案外ナヨナヨしていたりするもの。本当は誰かを心の拠り所にしていたり、支えにしていたり、頼りにしながら日々を生きているのです。我らがキム兄イは、その辺りの機微をよ~く理解しつつ、音楽として表現している方なん(だと思います)です。皆が皆キムタクじゃないし、サンボーンじゃないぞ、と。

で、このアルバムもまた、キム兄イの繊細で叙情的なソプラノサックスが全編に渡って展開されるナヨ作品(断っておきますがホメてますので)。
上の楽曲以外にも、オープニングの"Hudson River Nights" 、デヴィッド・マンさんとの共作で切なさ爆発系のOne Special Moment 、チャック・ローブさんのアーバンスムース・サウンドとキム兄イのアルトサックス(いや、アルトサックスもナヨで良いのです)が絶妙のマッチングを見せるUp All Night なんかがパワープッシュしたい楽曲です。

osm02.jpg

ソプラノでまったりするには、「ちょいまだ早いかな??」という気もいたしますが、夜の虫の音も増えてきたことですし、このあたりでキム兄イの『全てを奪ってくれれば良かったのに』系・ナヨ作品をゲットして、思う存分弱い自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。(向き合うんかい)


★★★★★★★★★★★★★★★


KIM WATERS
/ one special moment(1999)

01.Hudson River Nights
02.Secrets Told
03.In The Groove
04.Fortunate
05.Come to Me
06.One Special Moment
07.Am I the Same Girl(Soulful Strut)
08.Mr.Smooth
09.Up All Night
10.Love's Calling




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
そう言う私も、サンボーンではなくキム兄イ系。
「オレもさ。フッ…」という同志のみなさん、
『ナヨ系の集い』はコチラから。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪夏の終わりのラブソング♪

snkr.jpg

今夜は、思い出のアナログ盤をピックしてみました。

1981年リリースのSNEAKER のデビューアルバム、"Sneaker"
高校一年の時、北欧へ移住することが決まっていた同級生の女のコが、別れ際に私へ残していったカセットに入っていたアルバムです。

「2曲目を聴いてね」

その言葉を最後に去って行った彼女。今はどうしているかな?

以前にも記事にしたトピックですが、アップ後に楽曲のリンク先のサイトが閉鎖されてしまってたんで削除してたんです。今回、屋根裏部屋の掃除中に、大量のアナログ盤が出て来て、その中にコレが。思わずパチリ
本日はその『2曲目』を、去りゆく夏の夕暮れと共に聴いてください。

暑かった夏。同級生だった彼女。さようなら。

いつかどこかで会う日まで。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「何かエエもん思い出した…」
そんなアナタのトキメキが
下のスイッチをポチさせるかもね。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪GREG MATHIESON / West Coast Groove♪

wcg00.jpg

【お盆過ぎてもまだまだサマー♪】

ハイ、まだまだサマーです。昼はセミさんの大合唱。夜でも30℃超えの気温。お盆休みを満喫したヒトにも、働いていたヒトにも、等しく暑い夏!本日は、どちらかと言うと「まだ遊んでねえぇぇぇぇ」なヒトたちへ、骨太なサマーアルバムをご紹介!お盆過ぎてもまだまだサマー♪と、いうコトで。



↑プレーヤーの再生ボタン、クリックしました?お聴きになってますか?もう、思いっきり夏でしょう?ヴァケイショんでございましょう??
青い空!白い雲!どこまでも続く大海原!思わず砂浜の上を手を振りながら走り出したくなりませんか?(『ゆうひが丘の総理大臣』DVD-BOX1) 

流れているのは、GREG MATHIESON(グレッグ・マティソン)が2004年にリリースしたアルバム、"West Coast Groove" の6曲目と7曲目、"Party Time In D.C.""Sippin' On Sunday"。曲のあちこちで、キラリと光るプレイが散見するのは、リードを取るマティソンさん(Key)を始め、マイケル・ランドウ(G)や、エイブラハム・ラボリエル(B)、エイブ・ラボリエルJr.(Ds.)、ルイス・コンテ(Per.)といった、ベイクド・ポテトゆかりの錚々たるミュージシャンが参加しているから。単なるリゾートBGMにならないのも当たり前。冒頭で『骨太』と評したのはその辺りを指しているワケです。

wcg01.jpg

聴きどころは多々ある作品ですが、最もトピックなのは、これがマティソンさんの『スタジオ録音作品』だということでしょうか。

ご存じの方はご存じだと思いますが、このマティソンさん、70年代の前半からプロ・ミュージッシャンとして活躍し始め、ラリー・カールトンの相棒を務めたり、オリヴィア・ニュートンジョンやバーブラ・ストライザンドをサポートしたり、トニー・バジル、ローラ・ブラニガンに曲を提供してビルボードで1・2フィニッシュさせるという離れ技をやってのけた方。そんなグレイトな御仁であるにも関わらず、自己名義のアルバムはどういう訳かライブ・アルバムばかり。どーなってんの?みたいな。どんな主義?みたいな。「スタジオ録音マダ~??」な状態で20年近く待ったファンには、まさしく感涙モノの作品とはなりましたね。もちろんワタクシにも。

wcg02.jpg

それともう一点。上のクレジットをご覧いただいてお判りのように、ヴォーカルに、あのビル・チャンプリンさんが参加してます。フュージョン・ファンだけでなく、AORファンも唸らせる歌モノも収録されてます。良作です。

仕事が忙しくて「まだどこも遊びに行ってねえぇぇ」な皆さん。まだまだ夏は去らず。次のお休みは、こんな骨太リゾート音楽をバックに、クラゲの舞い踊るビーチへハダカで繰り出してみてはいかがでしょうか。


★★★★★★★★★★★★★★★

GREG MATHIESON
/ West Coast Groove(2004)

01.QT Π
02.Groove Buster
03.Take Your Time
04.Foreign Fire
05.Love Will Take You
06.Party Time In D.C.
07.Sippin' On Sunday
08.Put Your Mind On Vacation
09.Thinking About Bill-E
10.Barbarella




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
そういうオイラも休みはまだだ!
クラゲダイバーになりたい管理人への応援クリックは、
こちらでございます。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■みなさんのおかげです!■

frgs.jpg

ご来訪の皆様、本日もお越しいただきまして誠にありがとうございます。

拙ブログ、■BoneyFrog Blog■ は、旧名■ヤセガエルの独唱■の開設以来、皆様のおかげをもちまして、5周年を迎えることができました。
また、先日、ユニークアクセスが20万件を超え、開設当初は『無人島でひとり日記帳をつけている』状態だったのが、現在では、『ローカル線の駅の掲示板に落書きをしている』程度にまで成長したように感じます。誠にありがたく、この場をお借りして皆様へ御礼申し上げる次第です。

★★★★★★★★

【相互リンクさせていただいている皆様へ】

『Lime と Lemon のささやかなBLOG』の、我が友・ライムさん。
 “無人島の日記帳”を、「拾って読んでいる人が居た!」と認識させてくださったのが我が友・ライムさんです。あれから5年という月日が流れましたが、友情は永遠に不滅ですライムさんとレモンさんの愛のように

『JAZZと家とサッカー』のmasuda323さん。
最近はちょっと疎遠になってしまいましたが、お元気でしょうか。今年はなでしこ達がワールドカップ制覇という大偉業を達成し、さぞ狂喜乱舞されたことと想像いたします。いや、私もです(笑)。次は男子ですね!

『Into the Smooth』の五郎兵衛・風来坊さん。
スムースジャズだけでなく、映像、デジモノ、食、和文化に鋭い感性をお持ちの五郎兵衛さん。いつもコメントをいただき有難うございます!私も五郎兵衛さんに負けないようスムースジャズを追及して参ります!

『Soft & Mellow』のMusicmanさん。
音楽においてもブログにおいても、大先輩であるMu師匠。Mu師のブログの更新が止まってからついに1年。どうなっているのか、どう過ごされているのか訊けない状態のまま1年…。心配しております。

『FUSION(フュージョン)MUSIC研究所』
のFUSIONさん。
フュージョンへの深い考察・熱い愛をお持ちのFUSIONさん。私もまた、往年のフュージョンへの想いを胸に、日々楽器を爪弾いております。でも今はカシオペアは弾けません。いや・・・元々弾けてなかったかな。

『じゃずりんぐ』のpoohさん。
白衣の天使・poohさん。精神科という非常に忍耐の必要なお仕事に加えて、日々の母親業に、趣味にブログに…。その太陽のごときバイタリティに敬服しております。お疲れ様です。またコメントしに参りますね!

『ジャズ/フュージョンCDガイド~入門編~』の猫ケーキさん。
猫ケーキ師の好物である“面白映像シリーズ”は、いまだケイゾク中!あまりに不定期すぎて師も呆れられているのでは(笑)??これからは音楽ネタを中心に展開していこうと思いますので、今後ともご贔屓に。

『FROWER LOAD♪』のmarieさん。
今年は環境も変わってお忙しいとは存じますが、その後お元気でしょうか。marie師のことですから、歌と創作は続けておられることでしょう。いずれグラミー賞の会場でお会いしましょう!私は拍手を送る側です。

『+*+Coffee and Sugar Soul+*』のJJさん。
R&B、そしてスウィートなバラードと言えばJJさん。遅まきながら先日、ワタクシもエルさんの最新作を入手いたしました。クリスマスに聴き倒そうと思います。最近はKEMさんに注目してます。

『みかんのReading Dialy♪』のみかんさん。
あまり本を読まないワタクシへ、間接的にツボなBooksを提供したくださったみかんさん。ありがとうございます!実は私も(隠れ)角松ファンだったりします(別に隠れる必要も無いですね)。今後とも宜しくです。

『SOLEIL PHOTO LOG』の蓬堂さん。
いつもアクティブ+パワフル全開な蓬堂さん、お元気でしょうか?王子も王女さまもさぞ大きくなられたことでしょう。もうすぐペルセウス座流星群がやってきますね。条件はイマイチですが頑張りましょう!

『Music Style:Luxury』のひさしさん。
JAZZ、スムースジャズ、ロック、POPSと、あらゆる音楽に感度良好なアンテナをお持ちのひさしさん。ひさしさんが来てくださらないと、私のロック系エントリーが無人島になってしまいます(笑)。今後とも宜しく。

『ジャッキーブラウンのように・・・◆◇◆◇』のぼらさん。
SHADEの呪縛から逃れられて以来、いかがお過ごしでしょうか。私も、普段あまり聴かないジャンルに突然ハマって抜けられなくなる事があります。今ちょうどその状態です。まゆゆ最強。CD買いそう。

『I will try another 1,000 times』のEspoirさん。
Espoirさんには、私が普段なじみの無い国や、なじみの無いジャンルの音楽を数多くいただきました。誠にありがとうございます。お蔭様で私の雑食ぶりにも拍車がかかったような。今はインド音楽に夢中です。

『ジョギングしながら聴く smooth jazz』のkickさん。
同じくスムースジャズの愛好者であり、ギターリストのkickさん。親しくお付き合いをさせていただき誠にありがとうございます。今年はDAWデビューですね。操作に慣れたら楽曲を共作しましょう!共作♪ 

『おしゃれ音楽名盤ブログ(エレピ)』の70sgrooveさん。
クロスオーバー期のインスト・ミュージックに深い造詣と愛をお持ちの70sgrooveさん。察するところ、私が好むところのエレピのツボと音楽のツボと共通性がありそうですね。いつも楽しく記事を拝見してます。

『"楽音楽"の日々』のApolloさん。
音楽はもとより、映画、ドラマといった多くのエンターテインメントを評論されているApolloさん。その本質を鋭く捉える鋭敏さに、ワタクシ毎回感嘆しながら記事を楽しませていただいてます。今後とも宜しくどうぞ。

『音楽三昧』のkazu39rockさん。
80sミュージック、ロック、POPSにおいて、多くの共通認識を持たれているであろうkazu39rockさん。私も時間があればJourneyやTOTO、ゲイリーなどのアルバムをレビューしようと思っています。お楽しみに。

『コードブックと風の音』のアヒルの歌さん。
私の拙い演奏へ、いつも温かいコメントをいただき有難うございます。私もいつの日か、あひる師匠のごとくJazzyなギターを弾けるよう、または、“弾いているように聴こえる”ように、練習していこうと思っています。

『8分の7拍子天国』の8分の7拍子天国さん。
最近親しくお付き合いさせて頂いている7拍子さん。7拍子さんが若かりし頃から辿ってこられた音楽の大部分は、私も同じ時代・同じタイミングで共有してきました。ほじくると大変な事になりそうです。楽しみです!

★★★★★★★★

【コメントをお寄せくださった皆様へ】


スムースジャズや音楽関連の記事でおいでいただいている ょんさんnoteさんkumacさんしばさん240さんnaruさんNAGISAさんネイザンさんGLEEKOさんジャニーズマンレディーさん坂本由希星人さん村石太仮面さんのぶのぶさんBibelotさんmarsさんCat's-pawさんboneyfanさんNorman Brown Fanさん3gatsudoさん。今後もメインとなるであろう音楽記事へのコメント投稿、誠にありがとうございます!不定期かつ薄学・浅学ではございますが、今後も、「好きだ!」と感じた音楽を、皆さんにご紹介してまいりたいと考えております。今後とも宜しく御願い申し上げます。

楽器関連の記事でコメントをいただいております みんちさんrinaさんはっちゃんさんチバジイさん美佳子さんやろやっさんさんケイユーさん JちくりんさんMIKUさんサトリーズさん。素人の手遊び程度の楽曲と、楽器晒しというマニアックなネタにお付き合いいただきまして誠にありがとうございます。今後も不定期ですが、完成しました楽曲を順次アップしてまいります。よろしくお付き合いくださいませ。

流星群の記事でコメントを頂戴いたしましたYuさんkobaさん星見初心者さんピー乃介さん。拙ブログの『隠れメインコンテンツ(笑)』である流星群の記事へコメントいただきまして誠にありがとうございます。これからも多くの流星群の情報を、その流星群に相応しい(?)BGMと共にお送りしたいと考えております。今後とも宜しく御願い申し上げます。(以上は2010年1月1日以降にコメントくださった皆さんです

★★★★★★★★

そんなワケで、節目を迎えました本日。「あ~もォ、ブログやめちゃおっかなぁ」などと思いつつも、皆様に支えられて歩んだ5年間でした。皆様の暖かいご支援・ご指導・ご鞭撻あっての拙ブログなのだと実感しながら、これからも投稿してまいる所存です。

これからも、皆様宜しくお願い申し上げます!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「ブログ続けたら~?」というご慈悲溢れる皆様、
いつものように下のボタンをクリックしてケロ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 管理人より    ジャンル : その他

 

 


 

 

♪BOB BALDWIN / NewUrbanJazz.com 2 Re-Vibe♪

rvb00.jpg

【今夏イチオシ!】
  
「今年も暑いな~」とボヤいていたら、まさかの梅雨空カムバック。大雨・洪水、さらには台風。地下のナマズもまた起きだして連日の地震。地震と大雨でまた土砂災害。ジメジメでユルユルの8月でございます

ハイ、そして困ったことに、湿りがちなのはお天気だけではないのです。それは私が愛して止まないスムースジャズ・シーン!これがまた・・・・。

というのも、今年のスムースジャズ界。年明け早々からビッグネームのアーティストたちが活発に新作をリリースしているのですが、どういう話の流れからか、みなさんスタンダード作品に走ってしまっているんです。
新春から春先にかけて「スムースジャズだなぁ♪ 」と納得できたのは、ボニー・ジェイムス君とリッピントンズくらい。あとはもう、何というか・・・。

そんで、「夏こそは」と期待をこめていたチャック・ローブさん(ギター)とリック・ブラウンさん(トランペット)のニューアルバムも、これまた見事なまでの非スムースジャズ作品。つーか、スタンダード・ジャズの作品!
「なんでじゃーい!?」と。これじゃぁ、仕事の後に隣のお店のオネーチャンを誘ってチ…間違えた、語り合う為の新しいBGMが用意できん!と。 湿らせたくない所が湿っちゃって、湿ってほしい所が湿らないぞ、と。濡れると色が変わる変色プリント 16本骨傘  バラ柄  マゼンダ

そんなワケで久々に新作を試聴しまくりました。米アマゾンのサイトで。日がな一日、あるいは夜な夜な。スムースジャズの新作を。

rvb01.jpg

で!見つけましたよ!ありましたよ~!スーパースムースな新作!

それはキーボーディスト、BOB BALDWIN(ボブ・ボールドウィン)が7月5日にドロップした"NewUrbanJazz.com 2 Re-Vibe"

タイトルの由来は未確認なんですけど、これがもォ、スムースなのスムースじゃないのって(いや、スムースです)。キャッチーでメロウなメロディー、簡潔なソロ、ソフィスティケイトされたアレンジ、どこをどう摘まんでみても1000%スムースジャズ!ちょっと↓のリンクで聴いてみてみて。



どーですか!このCool な ピア~ノ& ロ~ズ!タイトルの"NewUrbanJazz" はダテじゃないし酔狂でもない。年明けから始まった“非スムース運動”を失神KOさせる、まさにS.T.O な一撃!これなら会話が湿る心配も無いし、肝心な所が湿らない懸念も一掃されるというものです。(濡れない手袋  くりん くりん 1639j トレードワン

rvb02.jpg

おすすめトラックは、上に挙げたGet Over It の他、グレン・ジョーンズのヴォーカルをフィーチュアしたAll Over You 、ローズの響きが男前度をアップさせる(かもしれない)Re-Vibe など。「たった3曲?」と仰るなかれ。『どれも素晴らしい楽曲で甲乙付け難い』中のピックアップですので、上の試聴曲でとなった方は、もう迷わずゲットしてください。極上のアーバン・スムース!絶対後悔はしないと思いますよ。

…と、いうワケで、私は早速マイへインストールして“口説きモード”だ。

★★★★★★★★★★★★★★★

BOB BALDWIN
/ NewUrbanJazz.com 2 Re-Vibe(2011)

01.Thanks for Stopping By
02.Uptown Situation
03.Get Over It
04.For Grover and George
05.Unthinkable
06.All Over You
07.Get A Little(Jazz In Yo' Ear)
08.Cosmic Tology
09.Arabian Sweets
10.Burnin'(In My Brain)
11.Are You Ready ?
12.Re - Vibe
13.Every Breath is a Gift
14.Morning




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「なるほど口説けそうだ!」という不謹慎なメンズの皆様、
最後に下のボタンをクリックしてケロ。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~ペルセウス座流星群・2011~★

perseus 2011 360

【それでも観たい!ペルセウス!】

…見たいですよねぇ…ペルセウス座流星群。 夏の一大イベントですもん。三大流星群の随一ですからねぇ…見たいですよねぇ…。
と、いきなり低いテンションですみません。おなじみ『押し掛けスターウォッチング・ナビゲータ~』のヤセガエルでございます

え~、テンションが低い原因は後ほど。本日のBGM は、スムースジャズ・シーンで活躍するギターリスト、NICK COLIONNE "No Limits"。下のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてくださいね。



さて、そのペルセウス座流星群。今年の極大は8月13日。例年であればお盆の夜空を華麗に彩る天体ショーとなるワケですが、今年の極大はとても残念な要素が二つあって、観測にはかなり厳しい状況なんですね。

まず、一つ目の残念要素。それは極大時刻。今年の極大時刻は日本時間の午後3時頃。つまり日中です。もともとピークの鋭くない(活動期間が長い)流星群ですので、多少極大時刻を外れてもイイっちゃあイイんですけど、問題はその日の夜。これは二つ目の残念要素なんですが、その日の夜は、ほとんど満月に近いお月様が、見事に夜空に輝いてくれちゃってるのです。ご存じのごとく、流星群ウォッチングに大事なのは、その日の天気と月齢。その意味では、『ほとんど最悪』の観測条件となってしまうんですよねぇ。

唯一の慰めは、月の光源が、放射点(画像の白い光点。クリックで拡大)を背にしていることくらい。なるべく月の光を見ないようにして、放射点側に視線を固定すれば、あるいは少量の流星を観測できるかもしれません。せっかくのペルセウス座群ですからねぇ…。見たいですよねぇ…

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「なんとしても見るぞ!」というスーパーガッツさんは、
そのパワーを管理人に注入してケロ。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 
« 08 2011 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。