■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪CHRIS BOTTI / a thousand kisses deep♪

tkd00.jpg

【千のKISSと花束を】
 
牡丹雪とスギ花粉が舞い踊る、閏29日の当地神奈川。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか、押し掛けミュージック・ブロガ~のヤセガエルです

ハイ。ホワイトデーに贈りましょう。千のKISSと花束を。 お世話になったあの人に、ではなく、あなたの大事なあの人に。勿論、贈るのはそれだけではありません。二人で過ごす優雅な時間。男ならそれを贈りたいもの。
今回は、その『優雅な時間』を演出する極上のスムースジャズ・アルバム、CHRIS BOTTI(クリス・ボッティ"A Thousand Kisses Deepをご紹介いたします。(『高倉健ベスト 男なら/唐獅子牡丹/網走番外地/

で、なんで健さん・・・じゃねえ、クリスさんを選んだかと言うと、まア、私の願望と申しましょうか、「男たるものかくありたいものだ」と いう羨望混じりの理想像を、彼とその作品が見事に実体化させているからなのです。出来ることなら、彼の創り出す音色のごとくスタイリッシュに女性をエスコートしてみたいもんだと。↓百聞は一聴にしかず。目を瞑って聴いてみて。



最後まで聴いた方、その3分11秒はいかがでしたか?聴きホレました?

甘く、優しく、端正。寡黙にして雄弁。柔にして剛。知的に語りかける内側に潜む男の野生がチラリと見えたりしません?イケてるオトコはこうだ!…と私は思うのですが。(『男の嫉妬 武士道の論理と心理 (ちくま新書)

アルバムの7曲目に収録されているこの"My Funny Valentine"、トランペットのナンバーとしては “帝王” マイルス版が鉄板。個人的には彼のミュートを用いたバージョンがその曲のイメージなのですが、コレを聴いてからは認識が少し変化しましたね。クリスさんのミュート無し演奏は、太く、ほの暗く、かつ鮮烈。  抑制の効いたエモーションとでも申しましょうか、クリスさんの男ぶりを象徴する洗練された演奏が魅力です。

このアルバム、冒頭で『極上のスムースジャズ・アルバムです』と書きましたが、スムースジャズというより、“エレクトリックジャズ”と表現した方がより本質に近いかも。それまでクリスさんが活躍していたスムースジャズのフィールドから脱し、スタンダードジャズへと展望を広げた作品です。

tkd01.jpg

来たる3月14日には、このクリスさんの男ぶりにあやかって、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。カーステにインストして 車中の会話を艶やかに色づけするも良し。お部屋の雰囲気作りに使うもまた良し。秘めた劣情…じゃねえ、熱情を示すキッカケ作りにするもまた良し。事の成否はモチロンあなた次第。(『真夜中は別の顔{上}』 シドニィ・シェルダン著


★★★★★★★★★★★★★★★


CHRIS BOTTI
/ a thousand kisses deep(2003)

01.Indian Summer
02.Do It  In Luxuary
03.The Look Of Love
04.A Thousand Kisses Deep
05.Ever Since We Met
06.Back Into My Heart
07.My Funny Valentine
08.The Last Three Minutes
09.If I Could
10.She Comes From Somewhere
11.Love Gets Old



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました! 
真夜中は別の顔。服を脱いだら別の生き物。
そんな不埒なワタクシに、
いつものボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪Myルーツを辿る~YouTube紀行3♪

leertnr.jpg

私がのめり込んだアーティストをご紹介する、『Myルーツを辿る』シリーズも今回で3回目。ハイ、↑↑↑ 画像の方、ジャズ・フュージョンギターリストのLEE RITENOUR(リー・リトナー)さんの登場ですよ!

思えば今から約30年前、AORにドップリ浸かっていた私に、フュージョンというジャンルと、その緻密で美しい音世界を示してくれたのが、このリーさん。本日はそのリーさんの魅力が伝わる動画を合計3本ピックアップ!観ればナットク、聴けばコウコツ(??)のリトナー・ワールドをアナタに♪

★★★★★★★★★★★★★★★    

①"Is It You?" 
’81年発表のアルバム"RIT" からシングルカットされ、大ヒットしたヴォーカルナンバー。私とリーさんのファーストコンタクトはコレです。原曲はエリック・タッグが歌っていますが、モノを知らない私は、その歌っているのがリーさんだと思ってハマりました。勿論ギターも◎!出会いは誤解w



②"Moonjogger"
お次はフォープレイの映像から。リーさんの魅力の一つである、アンサンブルにおける絶妙な位置取りが堪能できる動画です。主役としても脇役としてもカンペキな演奏を“サラリ”と笑顔でやってのけるのがリトナー流。ギターソロにおけるハーヴィーさんとのインタープレイも要注目ですね。



③"Remembering J.P."
ラストの動画は、常にその人気と名声を分け合ってきたライバル、ラリー・カールトンとの共演で。ブルージィでトリッキーなラリーさんのギターと好対照な、ジャジーで煌びやかなリーさんのギター。たまりませんねぇ。リーさんはやっぱりL5(ギター)が似合います。335はラリーさんだけど。



★★★★★★★★★★★★★★★

そんなワケで、本日の動画セレクションはいかがだったでしょうか。近年は“世界ギターリスト大全”みたいな理解不能のアルバムを出したり、またぞろプロデュース業に進出したり、ファンとしては「また始まった~」みたいな部分もあるのですが(笑)、それでもリーさんは『世界の』名手。再びL5とサイレントギターを手に取り、爽快で濃密なフュージョンを創出してくれる・・・・んじゃねーかなと思います。括目して待ちましょう!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「そーいえばA●RIさんとはやっぱハキョク?」
という質問には、
|( ゜Д゜)| 「アーアーアー!キコエナーイ!」
最後にお約束のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : お気に入りアーティスト    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BILL CHAMPLIN / THROUGH IT ALL♪

tia00.jpg

【そしてあなたは教えてくれた】

Just to be loved by you
Is like havin' all my sweetest dreams comin' true
You showed me something I'd never seen
You made me something I'd never been
before, never before

君の愛に出会って
夢のように甘い世界が訪れた
今まで見たことのない景色を
今まで感じたことのないときめきを
君は僕にくれたんだ

-------------------------------

前々回のエントリー(バレンタインデー推奨アルバム)とセットです。本日のおすすめ作品は。そんでもって、あくまで 『バレンタインデーで想いが叶った方々』用の作品ですので、そうでない方々はスルーしてくだちい。

ハイ。で、叶った方。特に男性。 定めし気分は冒頭の歌詞のような心地でございましょう。『夢のような甘い世界』を『君は僕にくれたんだ』・・・と。歌いだしたい気分ですよね。わかります。そしてそんなスウィート気分を現実に表現できるのが、AORの歌番長、ビル・チャンプリンさん。他でもない、冒頭のラブソングを作り上げたその御仁です。↓ まずは聴くべし。



↑ ど~ですか。このチカラの入り加減。熱いでしょう。完全燃焼でしょう!

いや、それもそのはず。歌うのが“歌番長”なら、コ・プロデューサーもL.A.の“鍵盤番長(?)”のグレッグ・マティソンさん。番長VS番長ですからね。燃え上がるのも必然です。(『完全燃焼: 大関魁皇1047勝の軌跡』

こんな風にも歌っています。『僕が静穏な日々に耐えられなくなったとき、君が僕に愛を運んで教えてくれたのさ。君の瞳が僕を甘い世界に連れて行く・・・』。・・・・・・静穏な日々に耐えられなくなった時に流れてきた愛は、とかく過剰な甘さを感じるものですが、ココはそんなヤボは言いっこ無し。せっかく燃え上がった感情を押し殺すのも無体というものですから、その日に『愛』をもらった方は、「ホワイトデーに」とか悠長なコト言ってねーで今日にでも明日にでも、その熱い想いを返すがよろしい。 (『愛よ急げ』
 
tia01.jpg

このアルバム作品、収録曲中の約半数がラブソング、残り半数がちょっと難解な主題で書かれているのですが、オススメはやはりラブソングの方。アル・ジャロウの作品、"Heart's Horizon" のために書き下ろされたI Must Have Been A Fool、 ジョージ・ベンソンのヒット曲として有名なTurn Your Love Around、あまりにも浮かれ過ぎた男が失った愛の貴さに改めて気付かされるProud Of Our Blindness、そしてくだんの燃焼ソング、Just To Be Loved が素晴らしいです。

ハイ、そして今週末のお礼はお礼として、やはりやって来るホワイトデー。本命は本命、義理は義理で返せば良いとして、問題はその中間ですね。「どちらとも言えない」ビミョーな贈り物にはどのようなお返しをすれば??…と、今回はガラにも無く悩んでいたりする貧乏人のヤセでござんした。(『勘違いしないでよね義理チョコなんだから』 漢字Tシャツ サイズ:S


★★★★★★★★★★★★★★★


BILL CHAMPLIN

/ THROUGH IT ALL(1994)

01.I Must Have Been A Fool
02.Turn Your Love Around
03.Just To Be Loved
04.Proud Of Our Blindness
05.Come On In
06.Sound Of The Rain
07.Through It All
08.In The Heat Of The Night
09.Little Sister
10.Light Up The Candles  

 

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「ちなみにヤセくんの、ほとんどが義理なのでは?」
というお声は、
|( ゜Д゜)| 「アーアーアー!キコエナーイ!」
最後にお約束のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ベースをプチ・リニューアルしてみた♪

ymh love 03

↑ ネタ元のヤマハ・エレクトリックベース、BX-1です 。

1986年製のジャパニーズ・ヴィンテージ。同時期、一世を風靡した、かのスタインバーガーを彷彿とさせるデザインに、ヤマハのアイデンティティーと逞しい商魂(だと思うw)が注がれた、まさに天下の名器(?)。なかなか刺激的なシェイプでございましょう?時代を感じる部分もありますけど。

実は最近、ブロ友のまるさんからセッションのお誘いがありまして、久々にコイツを引っ張り出す機会を得たのですが、改めて見てみると、あちこちにキズやらくすみやらが散在していて、大変見栄えがよろしくない。せっかくの先鋭的(だと今でも思える)デザインが台無しになっているじゃないかと。せっかく四半世紀ぶりに表舞台に出すのに、これはイカンな~と。

ハイ。というワケで、この際ですから、どーせキレイにするなら、前々から気になっていた部分を全部変えてしまおう!やってしまおう!というコトになりまして・・・プチ(ホントに少し)リニューアルを施してみました。

んで、まず用意したのがコレです。コレ。↓

rnal00.jpg

黒い丸いシールです。事務用品の。
「・・・いったい何に使うんだ?」と言われそうですね。いや、ごもっとも。

実はですね。ワタクシ、このBX-1の直線的デザインに大っ変惚れ込んでおるワケですが、どーしても許せなかった部分があったのです。
そう、それは指板のドット形のインレイ。銀色に輝く丸ポチです(上の画像をご参照ください)。要は、ボディの直線美を損なう丸ポチて何じゃい!と。そこはどう考えてもブロック形インレイか、最悪インレイ無しだろう!?と。

と、いうワケで、黒い丸いシール。もう必然的に用途はお判りでしょう。↓

rnal01.jpg

ハイ!上からシールを直貼りしてインレイ隠しちゃいました!強引スかね。
でも、よほど明るい場所で見ない限り、指板のエボニー材に紛れてパッと見は真っ黒に見えます。これでボディの直線が強調されてイイかんじィ♪

mvm02.jpg

↑ お次はコレ。3個のコントロールノブ。

これは操作の便宜上、直線的な形状はNG。円形のノブでOKです。
・・・んが、気になっていたのはその色!ブラック!黒のボディに黒のノブ。アリと言えばまァ、アリなんだけど、これだと『まんま』スタインバーガー。ココはやはりオリジナリティーとゴージャスさを加味したいというコトで。

rnal02.jpg

↑ 同じYAMAHA のネイザン・イースト・モデル(BB-NE2)に倣って、ゴールドのノブにチェンジ!これでゴージャス度3割増し!になったはず。

ハイ、どんどん行きますよ。次は工作のお時間。取り出したるお道具は…

rnal03.jpg

↑ カーボン柄のダイノックシートと、それをカッティングする為のデザイン・カッターです。ボディの凹みや傷みは簡単には修正できないというコトで、傷んだ部分に直接ペタペタと貼り付けることにいたしました。

何故カーボン調にしたかというと・・・・・・いや、単なるノリでw

mvm01.jpg

まずは~・・・ネック先端の、通称“ツノ”部分へ・・・・・・ 

rnal04.jpg

ペタッ★と貼って、軽くゴシゴシして空気を抜いたら、カッターで整形~♪

mvm03.jpg

↑ くすみやキズの目立っていたボディの上下にも・・・・・・・・

rnal06.jpg

ペタッ!と貼ってみたんだけど、上部はシートサイズの関係で接合部が出来ちゃった。しかし見栄えはまあまあかなぁ。ステイタスベースっぽい。

そして最後の仕上げはストラップを掛けるエンドピン(元はやっぱり黒)を、ノブと同色のゴールドに付け替えてお尻をゴージャスに。

rnal07.jpg

・・・お尻・・・ゴージャスになったかな?細かすぎて伝わらないっすかね。

---------------------------------------

ハイ!と、いうワケで、プチ・リニューアルは終了!以下が完成画像です。

rnal08.jpg

どーでしょう??ちょっとモダンになったカンジがしません??
ちなみにサウンドは・・・・・・一切変化してません(笑)。ワタクシ、腕前より見た目で勝負する系ですから変化してなくても良いのですw

そんなワケで、マニアックなネタに最後までお目を通していただきまして誠にありがとうございました!まるさん、あっちゃんさん、マッスー丸さん、当日はよろすく。バンドもライブも一期一会。堂々とミスしましょう!(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「元の方が良いのでは?」というお声は、
|( ゜Д゜)| 「アーアーアー!キコエナーイ!」
最後にお約束のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪PEABO BRYSON / Unconditional Love♪

uncndtnllv00.jpg

【愛の光で照らしたい】

To shine ... here in the light of the day ...
And we'll say to the world ... let us fly ...
Let the wings of love takes us away
Then forever and ever, we'll go on together
And never again will be hide
All of the feelings we're feeling inside
We'll let the light of our love
Light the world

輝きたい この眩しい光の中で
私たちを 愛の翼で連れ去っておくれ
いつまでも永遠に ふたり離れはしない
二度と隠したりしないよ
二人の感じるすべての想いを
私たちの愛の光で照らしたい

・・・・・・・・・・

↑こんな爆発な歌詞が踊る歌を、この日だけは大音量で聴きましょう。
そう、2月14日、乙女の熱い想いが飛び交うバレンタインデーだけは。



↑↑↑ ハイ、その歌です。ミスター・デュエットソングのピーボ・ブライソンと、デビー・ギブソンの歌う"Light The World" 。'99年にドロップされたピーボさんのアルバム"Unconditional Love" のシングル曲です。

激しいでしょう??『愛の光で照らしたい』ですから。常時、常人が言えるセリフではないし、ノンアルコール状態で歌える歌でもありません。

でもイイじゃないですか。乙女の熱い想いが飛び交うその日だけは。そして、もし、あなた(あ。男性ね)がその時その想いに応えたいと思ったのなら、ノンビリと一ヶ月も待ってねーでコレを聴かせてあげなさい。 『いつまでも永遠に ふたり離れはしない』・・・・・と。そして、食わせるなり飲ませるなり拉致るなりして仲良く過ごすが宜しい。

・・・・・しかし、です。

もしそのもらった“想い” が3000円未満だったら…聴かせちゃいけません。今年の“義理”と“非義理”のボーダー予想額は、その3000円だそうです。下手に歌うと、その次の年は無いでしょう。おかしな伝説作らないよーに!

uncndtnllv02.jpg


PEABO BRYSON
/ Unconditional Love(1999)

01.Eye on You
02.My Heart Belongs to You
03.Light The World
04.Unconditional Love
05.Did You Ever Know
06.Ain't Nobody
07.On and On
08.We've Come Too Far
09.The Gift
10.I Wish I Could
11.Somebody In Your Life
12.A Song for You




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ボーダー割れでも3倍返し!!
そんな私を憐れと思召す皆様、
激励のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JAVA JAZZ行こうぜ!♪

jjf2012.jpg

外は冷蔵庫さながらの冷えっぷり。真に怪しからん寒さでございますね。皆さんお変わりございませんか?押し掛け音楽ブロガ~のヤセです。

本日は、この寒波で縮こまったカラダをホットにしてくれる、暑~い場所で行われる、熱~いライブ映像をアナタに!そう、アジア最大のジャズフェスとして知られる"JAVA JAZZ FESTIVAL" をピックアップいたします。

「寒いよ~」とお嘆きの貴兄、観るべし・聴くべし・語るべし!合計5本!!

★★★★★★★★★★★★★★★

①GINO VANNELLI / People Gotta Move
かーっちょええー!!もォ、それしか出てきません!2007年のジノさんの映像!JAVA JAZZ の良い所はジャズ以外のアーティストも多数参加しているところ。こんなんオープニングに持ってこられたら私ゃ即死です。



②FOURPLAY / Westchester Lady
新生フォープレイの遊び放題やり放題!もォスゴすぎます!見どころは多々ありますが、4人のアドリブ合戦からドミノ倒しに移るまでの熱~い展開にヒー!サスガはコンテンポラリー・ジャズのトップグループ!!!



③IVAN LINS /  A Gente Merece Ser Feliz
ああ・・・素晴らしや・・・。いつ、どこで聴いても南国に連れて行ってくれるイヴァン・リンスさんです。曲のアタマとお尻に他の曲がくっついてますが、そんなのどーでもイイです。ギターとソプラノサックスのユニゾンも◎!



④BRIAN SIMPSON / It's All Good
スムースジャズ組から一曲♪ コーズさん率いるランデヴーの面々による陽気でオシャレなピアノ曲です。主役は、『最も脇役の似合う紳士(?)』・ブライアン・シンプソンさん(笑)。コーズさんもカーくんも、どいてどいて!

 

⑤TOM SCOTT / ???
最後はしっとりと参りましょう。ジャズ、フュージョン界に「その人在り」と言われた名サクソフォニスト、トム・スコットさんの名演です。・・・・ああ、なんて素敵なアルトサックス。泣きそうですわい。曲名は・・・・何???



★★★★★★★★★★★★★★★

というワケで本日の動画セレクション、いかがでしたか?熱くなりました?
ちなみにこのJAVA JAZZ FESTIVAL 。次回の開催は来月の2,3,4日。例年と同様、100組近いアーティスト達が熱~いライブを繰り広げます。開催場所はインドネシアの首都ジャカルタ。個人で弾丸ツアーを組むも良し。オフィシャルツアーに参加するも良し。ツアーのお値段は・・・・
・・・お値段は・・・・・・にじゅうよんマンはっセン・・・。
・・・あら。締め切りは2月3日とな。ああ・・・ツアー行けないじゃ~ん。

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
…行けない本当の理由はお金が無いからさ。
そんな私を憐れと思召す皆様、
激励のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪NICK COLIONNE / just come on in♪

jcoi00.jpg

【Dressyでいこう♪】

『Dressy(ドレッシー)[形動] :華やかで改まった感じのするさま』。
例えば服装、メイク、小物などの持ち物。さらには、場所、時間といった無形のものにおいても『ドレッシーなもの』が多く存在します。

スムースジャズという音楽形態は、そのドレッシーな時間を演出する上で非常に有効なジャンルだと感じるワケですが、本日ご紹介するギタリスト、NICK COLIONNE(ニック・コリオーネ)さんは、そのドレッシーなスムースジャズにおいてもとりわけドレッシーなアーティスト。 自身が作る楽曲は無論のこと、その音色の選択、召集するプレイヤー、アルバムのジャケット・デザイン、そして、(どのような規模が分からないけど)ベスト・ドレッサー賞を受賞する程のスムースジャズ界のファッション・リーダー。つまり全てがドレッシー。  ハイ、そして大事なことは最後に言いますよ。中でも、最も『ドレッシー』なのは、他ならぬ彼のギタープレイ。その両手に握られたエピフォン、ブロードウェイから放たれるメロディーは、私たちリスナーに、『華やかで改まった』甘美な世界を提供してくれるのです。

jcoi01.jpg

本日ご紹介するのは、2003年にドロップされた"just come on in"。コリオーネさんが、メイン楽器のギタープレイに止まらず、ベース、キーボード、プラグラミングと、四角八面に大活躍するヒット作です。

注目していただきたいのはやはりギターなのですが、なんと言ってもその『音』!あえて↑で触れたエピフォン・ブロードウェイの音!コレがヤバイ。スムースジャズ界に数多く登場しているフルアコ・サウンドの中でも、なかなか聴く事のできない独特の艶やかさを、彼のギターは備えているのです。



↑ど~ですか。お解かりいただけたでしょう。『ドレッシー』の意味が。

フルアコの持つ温かさと艶やかさを引き出しつつ、言葉少なに表現するコリオーネさんのメロディ回し。ドレッシーでございましょう??この3弦・4弦の中音域(甘い音が出るゾーン)を巧みに使っているところがミソでしょうかね。あえて単音中心で出音を整えている辺りも洒落ています。

jcoi02.jpg

上で挙げた楽曲以外にも、ポール・ジャクソン・Jr.が奏でるドライなギターがメイン・メロディーを引き立てるHigh Flyin'、シンシア・ハーディのハスキーなヴォーカルがドレッシーなIs It A Dream、「これぞスムースジャズ・ギター!」といった風情の、アップテンポなオクターブ奏法が際立つDowntown、同My Favorite Thingsなどがオススメ。2週間後のドレッシーなひと時(バレンタインデーですよ)を、ドレッシーに過ごしたい貴方。コリオーネさんのギターに盛り上げてもらっては如何?


★★★★★★★★★★★★★★★


NICK COLIONNE
/ just come on in(2003)

01.
High Flyin'
02.It's Been Too Long
03.Just Come On In
04.The Scuffle
05.From The Wes Side
06.Is It A Dream
07.Because You Love Me
08.Downtown
09.Did You Know
10.Drumbalaya
11.2 B D
12.My Favorite Things
13.Hurry Up This Way Again




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「バレンタイン?関係無え!」
という、私と似たような境遇の皆様、
ストレス解消のボタン連打プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 02 2012 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。