■BoneyFrog Blog■

 

 

★星空でいこう♪~しし座流星群・2012~★

leo 201211170300600

【コチラもチャンス!しし座流星群!】

はい、チャンスです。条件良好です。しし座流星群

10月りゅう座流星群、オリオン座流星群と、月齢や月の出に恵まれた今秋の観測条件。来る11月17日に極大を迎えるしし座流星群また、月が日没後数時間で地平線下へ沈むため、その光害を受けにくい状況となります。チャンスですね。

本日のBGMは、「2001年のようにキラキラ降って!!」という願いも込めて(乙女かい)、サクソフォニスト・小林香織さんの"Shiny"で。(プレーヤーの再生ボタンをクリック♪)



さて、そのしし座流星群。今年の極大は上記の通り11月17日、時間は午後7時頃です。
その時間、流星の放射点はまだ地平線下ですが、翌18日未明(もしくは17日未明)には地平線から顔を出し、観測のチャンスが訪れます。
トップの画像は17日午前3時、横浜の夜空のシミュレーション画像(クリックで拡大)。東の空にある黄色い光点が流星の放射点です。今年は11年前のような“流星雨”とはなりませんが、運が良ければ、猛スピードで夜空を切り裂く、しし座の流星に出会えることでしょう。

いよいよ晩秋。夜はとっても冷えるので、皆様お風邪を召しませんように!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
晩秋。そして年末。一年が早くなってきたな~と、
焦りを覚えている私・ヤセへの叱咤・激励は下記へ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪GROVER WASHINGTON, JR. / SOULFUL STRUT♪

 ss00_20121023205812.jpg

A Father and Son

イキナリですが、今回は純粋なアルバムレビューではございません。それでも、「まァ、読んでやるか」という寛容な方のみ、以下の駄文を摘まんでいってくださいな。

さて。 『らばQ』というサイトさんに、『父と息子の関係はこんな風に変わっていく』という、なかなか興味をそそられる記事が載っています。(以下抜粋させていただきます)

---------------------

・4歳:パパは何でも知っている。
・6歳:パパは何でも知っているわけじゃない。
・8歳:パパの時代はちょっとやり方が違った。
・14歳:オヤジは古すぎるんだ。
・21歳:ジジイは全く何もわかってねぇ。
・25歳:父さんもちょっとは知ってて、その年齢じゃ普通かな。
・30歳:父さんの意見も聞くべきだな。
・35歳:何かをする時には、真っ先に父さんの意見を聞かないと。
・50歳:父だったらこんな時、どうするだろうか。
・60歳:父は本当に博識だった。今ここにいてくれたら、もっと彼から学べたのに。

--------------------

もし60歳に届いていなくても、『今ここにいてくれたら、もっと彼から学べたのに』・・・・と、おそらく何人ものミュージッシャン達が、この人の事を思い浮かべていることでしょう。

“スムースジャズの父”、グローヴァー・ワシントン・Jr.。
今年、2012年の12月で生誕69周年。没後13年が経とうとしています。



このアルバム、"Soulful Strut"がリリースされてから16年、スムースジャズシーンは大きく変化し、音楽業界もまた変貌を遂げました。
多くの新作・新人が求められ、ネットラジオで24時間休むことなく新曲がエアプレイされていたのも今は昔。現在では、新人はおろか、中堅や大ベテランのアーティストでさえ思うように新作の予算が組めないという非常事態。今、スムースジャズは、生き残れるか否かの「瀬戸際にある」と言っても決して過言ではない状況なのです。『彼が今ここにいてくれたら』という父への思いは、多くの“息子たち”が胸に秘めているのかもしれません。

でも・・・・・きっと大丈夫。

の楽曲のように気張って歩けば、きっと道は開けます。
そう、"Soulful Strut" ですよ!"Soulful Strut"

グローヴァーから名指しで『私の後継者』と期待されたピーセズが。「志を継ぐ」と自任するビーズリー先生が。「彼(グローヴァー)が私のアイドルよ!」と公言しているパメラ嬢が。さらにキム兄ィ、ボニー君、コーズさんといった“息子”たるミュージシャン達、そして、彼らをサポートする私達スムースジャズのファンが、きっと“父”の人生を受け継ぎ、灯された火を次代に引き継いでいけるに違いないと、私は期待を込めて確信しているのです・・・・って、ホントにアルバムのレビューになっちゃいない(いつものコトですが)。

まァ、とりあえず、"Soulful Strut" の精神でこれから先も歩いてまいりますので、天国から見守っていてください、父上。

ss01_20121024201002.jpg 


★★★★★★★★★★★★★★★


GROVER WASHINGTON, JR.
/ SOULFUL STRUT(1996)


01.Soulful Strut
02.Can You Stop The Rain
03.Play The Groove For Me
04.Bordertown
05.I Can Count The Times
06.Village Groove
07.Headman's Haunt
08.Poacher Man
09.Mystical Force
10.Uptown




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
今年の新作ラッシュが最後の花火だったら…と、
要らぬ恐怖に怯えているワタクシへ、 
ガッツ注入のクリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~おうし座流星群・2012~★

 taurus 201211132100 600

【新月を狙え!おうし座流星群!】

星空を愛する皆様ごきげんよう。呼ばれなくてもやって来る、押し掛けスターウォッチング・ナビゲータ~のヤセガエルです。

そうそう、オリオン座流星群はご覧になりましたか?全国的に好天に恵まれ、美しい流星がいくつも観られましたね。期待以上の出現に気を良くされておられる方も多くいらっしゃることでしょう。ワタクシも、一個だけ(笑)明るく美しい流星を観ることができました。

で、オリオン座群の次はコレ。おうし座流星群!
毎年11月中旬あたりをピークに、その前後一ヶ月以上の長期に渡って活動する、秋の代表的な流星群のひとつ(正確に言うと南群・北群の二つ)です。
今回のBGMは、テナーサックスを“歌わせ”たらこのヒトの右に出るものは居ない(かもしれない)サクソフォニスト、リチャード・エリオットさんによる涙モンのバラッドでGO!
のプレーヤーの再生ボタンをクリックしてね!)



ハイ、そのおうし座流星群。狙い目はズバリ!11月13日の夜から翌未明にかけてです。
ナゼかと言うと、上のサブタイトルにある通り、その日は新月に当たっており、流星ウォッチングの最大の障壁となる月明かりが無いからなのです。
流星群自体が長期間に渡って活動しているので、もしその日の天候がアウトでも、その近辺の晴天の日に照準を合わせればOK。運が良ければ、一時間当たり3~5個程度、さらに運が良ければ、おうし座群の特徴である爆発を伴う大火球を観ることができるかもしれませんよ!

ちなみに流星の放射点は、トップの画像(クリックで拡大します)の中央部分、おうしの頭の部分。この辺りを中心に全方位を観測できるスポットを探しましょう。

あ。ただし防寒具は必須です。カゼを引かないように気を付けてね!


★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「気を付けてね!」とクドく申し上げるのは、
言った本人がオリオン座でカゼをひいたからです。
と、いうワケで最後にお見舞いクリックぜひともプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪MARC ANTOINE / MODERN TIMES♪

mt00.jpg 

【ハイブリッド・スムース♪】

冴え渡る空。清々しい空気。秋も深まってまいりましたね。

秋と言えば『芸術の秋』。『スポーツの秋』。『食欲の秋』。そして『行楽の秋』!!気心の知れたパートナーと一緒に、紅葉を愛でながらまったりと過ごす。いや、過ごそうよと言いながら一緒に計画するだけでも盛り上がろうというもの。

「車で行く?遠出しようか?温泉入っちゃう?いっそ泊っちゃう?お泊りパックとかどう?…それほど時間は無いか。準備?…まぁ大変っちゃあ大変だね。…そこは前にも行ったね。…そこは思い出がイッパイで行きづらいって?…なにソレ。…そんな近場ならいつでも行けません?何だって?いや、そこは個人的に苦手なエリアですから。いつも道とか間違えるし。学習能力が無いって?悪うござんしたね。おかしな所で盛り上がってまいりましたね旅行のハナシはどこ行った?

・・・・・って、ワタクシ、ボニー・ジェイムスのネットリ系アルバムを聴きながら相談していたら相方とバトルになってしまったので、サラサラ系のこっちにしとけば良かった・・・と、しみじみ思った作品を皆様にはご紹介。

ギターリスト、MARC ANTOINE(マーク・アントワン)さんが、2005年にリリースしたアルバム作品"MODERN TIMES"。秋の彩りに鮮やかさを与え、パートナーとのおしゃべりに心地よいフレーバーを加えてくれる、まさにこの季節にピッタリの逸品です。



アルバムのトラック②"BELLA VIA"。いかがですか?爽やかでしょう?

何と申しましょうか、この、ラテンでヨーロピアンな地中海グルーヴ。サスガはパリ生まれのアントワンさんですね。バックのアコピとローズは同じくフランス生まれのフィリップ・セスさんですから息もピッタリ。間違っても明後日の方向へ盛り上がることは無いのです。

本作の特徴を一言で表すなら、上のサブタイトルに書いた通り『ハイブリッド・スムース』。ラテン調あり、ボッサ調あり、ヨーロピアン・テイスト、アジアン・テイストと様々なエッセンスが含まれていて、それが驚くほどスタイリッシュに、混然一体となって楽曲が構成されています。フランス語のラップなんか最高にお洒落です。トゲトゲしさとか暑苦しさなんか全くナシ。…あ~…なんでこっちをBGMにしなかったんだべか…。

上に挙げた楽曲以外にも、アントワンさんがギター、歌、ベース、鍵盤にラップ!(くだんのお洒落ラップ)と大車輪の活躍を見せる"LA BELLE DAME SANS REGRETS"、拍子が3・4・3・6と複雑に変化する不思議系ちゃんナンバー"CAN YOU FEEL IT"、クルーズ感溢れる打ち込み8ビート上でジョージ・ベンソンばりの(アントワンさんの)エレキギターが踊る"CAMDEN TOWN"、地中海を渡ってアフリカに行っちゃったかのような"UMBELE"、地中海からさらにカリブ海へ渡ったかのような"SAMBA HOOD" などが私・ヤセのレコメンド・トラックでございます。

天高く馬肥ゆる秋。行楽の秋!アントワンさんのギターで過ごしましょう♪

mt01.jpg 


★★★★★★★★★★★★★★★

MARC ANTOINE
/ MODERN TIMES(2005)

01.MODERN TIMES
02.BELLA VIA
03.LA BELLE DAME SANS REGRETS
04.CAN YOU FEEL IT
05.CAMDEN TOWN
06.CANTAR AL AMOR
07.UMBELE
08.SAMBA HOOD
09.SHAKE IT OUT
10.IF YOU BELIEVE




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ブログのテンプレが変わってもケンカをしても、
気持ちは変わらないんだぜ~マイディア~!
最後に応援クリックぜひともプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ヴィンテージ・ペダルでギターをかき鳴らしてみた♪

guitarpedalMJ.jpg 

音楽を愛する皆様ごきげんよう。へっぽこアマチュア・ベ~シストのヤセでございます。 
本日のトピックは、記事タイトルと上の画像にある通り、『ヴィンテージ・ペダルでギターをかき鳴らしてみた』。ヤマハのエレキギター、PACIFICA112VMXを、先頃購入したヤマハのヴィンテージ・ペダル、CO-10MⅡ(コンプレッサー)に繋いで、思いっきりガシャガシャと弾いたものを音源ファイルでUPいたします。 

当初は「ベースに」と思って購入したのですが、ギターの方が相性が良かったんでギターに注目してもらえると幸甚。真ん中やや左の位置でスチャラカ鳴っているのがソレでございます。 

楽曲は、MICHAEL JACKSON(つーか、クインシー・ジョーンズさん)のPOPチューン。ギターはジックリと、他のパートはサラッとお聴きいただけると作者がたいそう喜びます。(下のプレーヤーの再生ボタンを押してね)  



・・・と、いうワケで、次のコンプ買うかな。 


★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
マイケルのBAD TOUR のDVDゲットで
テンション上がりまくりのワタクシへ、
応援クリックぜひともプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪MICHAEL JACKSON LIVE AT WEMBLEY JULY 16,1988♪

law01.jpg  

【“人間”マイケル・ジャクソン】
   

「なぜ?どうして?」・・・人は訊くだろうね。
そして僕は答えるのさ。
「それは僕が“人間”だからさ」・・・ってね。

(“Human Nature”より意訳)

----------------------------

アルバム"Thriller"の中の名曲、"Human Nature"に描かれた詞の世界が、これ程リアルに迫って来る映像は過去にありませんでした。

"MICHAEL JACKSON LIVE AT WEMBLEY JULY 16, 1988" 


本来であれば、マイケルの個人的な記録として公開される事なく保存されていたかもしれないライブ映像が、先月、正式にリリースされました。
「故人の私的所有物を商売のネタにするなんて…」とか、「完璧主義者のマイケルならこれは出さなかっただろう」とか、様々な批判・異論があるという前提で敢えて言うならば、私は、「胸がスッとした」という立場です。「こういうモノこそ観たかった」という気持ちですね。

―なぜか。

それは、マイケルの真実に近い姿がそこに収められているから。

―真実とは何か?

彼は、神でも天使でもなく、今地球上に生きている私達、70億の人間の大多数と、同じ時代・同じ瞬間を生きていた“人間”であるということ。
多大な努力と研鑽を積み重ねて、プロフェッショナルのエンターテイナーとして、時代を創り上げていった唯一無二の“人間”であるということ。
その真実に迫るナチュラルな映像が収められているからです。

アルバム"Dangerous" 発表以降は、『近寄り難いスーパースター』、『変人』、『疑惑の人』、『神』といった多くのファンが実際に目撃した筈のマイケルとは全く異なったイメージで語られることが多かったですからね。今回の映像は、そんなイメージを覆す貴重な記録だと思います。



くだんの"Human Nature"です。

このシーンに限らないのですが、ご覧の通り過剰な演出などは一切無し。不必要な観客の絶叫シーンも、時系列のおかしな加工編集も、歓声の割増しも修正も一切無し。ただひたすらに、マイケルの生の歌と、心・技・体が最も充実していたであろう絶頂期のダンスを楽しめます。

中には歌詞を間違えたり、演奏と合わなかったりといった部分もありますが、そこでは、素の(本当にチャーミングな)表情が見えたりもします。当然なんです。マイケルは“人間”なのだから。その“人間”マイケル・ジャクソンが、私たちが夢中になったマイケルの、『あの頃』の姿が、全編に渡って躍動しているのです。神でも天使でもない、一人の偉大な人間として。

改めてもう一度。

この映像は、マイケルの、おそらく最も真実に近い姿を記録したであろう貴重な資料です。
現在観ることのできる"Dangerous Tour"のDVDや、"History Tour" の映像、映画の"THIS IS IT" と比較しても、彼の実像に最も迫った作品である事は間違い無いでしょう。
画像のクオリティーはお世辞にも良いとは言えません。しかし、いったんライブが始まってしまえば、そんな些末な事象はスグに吹っ飛びます。音は素晴らしいです。マイケルの歌に関しては・・・・・・・・もう最高です。

ファンの方はもちろん、そうでない方も是非ご覧になってください。彼の真実の姿を、貴方はきっと目撃するはずです。

law00.jpg
  


★★★★★★★★★★★★★★★ 


MICHAEL JACKSON
/ LIVE AT WEMBLEY JULY 16,1988(2012)

01.Wanna Be Startin' Somethin'
02.This Place Hotel
03.Another Part Of Me
04.I Just Can't Stop Loving You
05.She's Out Of My Life
06.I Want You Back
  The Love You Save
  I'll Be There
07.Rock With You
08.Human Nature
09.Smooth Criminal
10.Dirty Diana
11.Thriller
12.Bad Groove(Band Jam)
13.Working Day And Night
14.Beat It
15.Billie Jean
16.Bad
17.Man In The Mirror
 



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「そんなに推すなら観ちゃおうかな??」
という素直なあなたは、
きっと押しちゃう応援クリック!
↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

テーマ : マイケル・ジャクソン    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~オリオン座流星群・2012~★

orion 2012 360 

【条件良好!オリオン座流星群】
  

ハイ、早速の結論。今年の観測条件は良好ですよ! 

近年活発な活動を見せていたオリオン座流星群。ピークは過ぎたものの、比較的活動の期間が長く、速く明るい印象的な流星を見せてくれる流星群ですから、やはり毎年チェックしたくなりますよね。

今回は、スムースジャズの重鎮、デヴィッド・ベノワさんとラス・フリーマンさんのコラボレーション作品からBGMをチョイス。ヴォーカルに『天使の声を持つ男』ケニー・ロギンス氏をフィーチュアした ナンバーでお楽しみ下さい。



さて、そのオリオン座流星群。2012年の極大は10月21日13時頃です。トップの画像は、同日午前1時の横浜の夜空(シミュレーション画像。クリックで拡大します)。画像上部の黄色い点が流星の放射点です。

今年、2012年は、夜半過ぎに月が沈むため観測条件は良好。明かりの少ない場所であれば、(一晩で数個程度になりそうですが)オリオン座群の特徴である速さと明るさが印象的な流星を観ることができそうです。

あとは・・・・・そう、お天気ですよね。
昨年の当地・神奈川、秋・冬の流星群は雨と曇りででしたからねぇ…。 今年はてるてる君のサイズを倍にしようかな。
      

★★★
★★★★★★★★★★★★ 

ご来訪ありがとうございました!
朝・晩はめっきり涼しくなりましたね。
防寒にはステテコ・ハラマキがオススメです。
「同感だ!」という皆様は下記ボタンをクリックぷり~ず。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 
« 10 2012 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.