■BoneyFrog Blog■

 

 

♪LEE RITENOUR / FESTIVAL♪

fstvl00.jpg

【エキゾチックなアコギの名作!】

2012年も残り一か月あまり。寒さも厳しくなってまいりましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。『朝起きた時に寒くないように』と、エアコンのおはようタイマーをセットして寝たはずが、間違って“冷房”で設定したために極寒の朝を迎えたヤセですご機嫌よう。
酒屋うっかり八兵衛

いや、ホント、もう冬が始まりますね。
街中には冴え冴えとしたイルミネーションやツリーが飾られ、ショッピングモールではクリスマスソングがエンドレスで流される時季です。キラキラです。そして冷え冷えです。
そんなワケで本日は、この時期にピッタリのキラキラ冷え冷えのアルバム・・・・ではなく、あえて真逆の、ホットでエキゾチックな作品をご紹介(だってさー、寒いの苦手っすから)。
ギターリスト、LEE RITENOUR(リー・リトナー)さんが、N.Y.とL.A.、さらにブラジルのミュージッシャンを招集して創り上げたアコースティックギターの名作、"Festival"です。



いかがですか?このカロリー豊富なサウンド!熱くなるでしょう?

お聴きいただいているのは、トラック②の"Latin Lovers"。ブラジルのシンガー、ジョアン・ボスコの情熱的なヴォーカルと、リーさんのガットギターが紡ぎ出す端正なトーンが交錯する佳曲です。男と男の激しくも熱いテクニックの応酬です。それは美しい絡み合いです。(バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)

お気づきの方はお気づきだとは思いますが、この曲、無駄な部分が何一つありません。
楽器の構成、フレーズ、アレンジ、エフェクトも含めた全てのファクターをストイックなまでに単純化し、ジョアンさんのヴォーカルとリーさんのギターへ集約させています。必要なものを全て揃え、無駄なものを全て削ぎ落とした見事な楽曲です。『洗練されたサウンド』とは、まさにこのようなサウンドを指すのではないでしょうか。

また、この『洗練されたサウンド』は、上の楽曲に限らずアルバム全ての楽曲に共通しており、リーさんのサウンドプロデュース能力の非凡さを物語ると共に、同氏がアルバム"RIO"以来追求してきたJAZZとLATINの親和的融合を達成した完成形を示したと言えるでしょう。

fstvl01.jpg 

マーカス・ミラーの筋肉質なスラップ・ベースがメロディ・パートの美しさを強調するNight Rhythms、イヴァン・リンスのペンによるHumana、ヤマハのガットギターとタカミネのアコギ・シンセサイザーを駆使して語られるWaiting For You、ジョアンと同じブラジルのスターであるカエターノ・ヴェローソが奇跡の美声でリスナーを魅了するLindaなどが、私・ヤセのレコメンド・トラックです。

時は今、冬の入口・・・ではありますが、「すでにクリスマスソングは聞き飽きた」という方は、一気に季節を反転できる極上のエキゾチック・アルバム、"Festival"をゼヒどうぞ。

★★★★★★★★★★★★★★★

LEE RITENOUR
/ FESTIVAL(1988)

01.NIGHT RHYTHMS
02.LATIN LOVERS
03.HUMANA
04.RIO SOL
05.WAITING FOR YOU
06.ODILE, ODILA
07.LINDA
08.NEW YORK / BRAZIL
09.THE INNER LOOK




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「ナゼに今ラテン??」とか言わないで訊かないで。
最後にクリックしてくれるとブログ主が一方的にウレシイです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪それでも愛しいソプラノサックスを吹いてみた♪

Soprano Saxophone 00

3万円の入門用ソプラノサックス、Mavis MSS。別名『チャルメラサックス』
本日は、この楽器が主役です。

Soprano Saxophone 01

買ってスグに、オクターブキイが“ちょこっ”としか動かなくなってしまったネック。(仕方ないから付属のカーブドネックを使用中)

Soprano Saxophone 02

バリだらけで、リードに対して均等に圧力のかからないリガチャー。

Soprano Saxophone 03

ボア内に“貼り合わせた”痕跡のある、左右非対称のマウスピース(材質不明)。

Soprano Saxophone 04

バネが脱落してイイ感じでぶらぶらしているサイドキー(一本固定中)。

Soprano Saxophone 05

何枚剥がれ落ちたのか、もう数えるのもメンドーな、管体保護用のコルク。

-------------------------------------

・・・それでも。

ああ、それでも。

それでも愛しいのです。このチャルメラサックスが。



傑作フリープラグイン・『4Front E-Piano』の調べに乗せて、吹いてみましたラブソング!
愛しい貴方に贈ります(おおっと)。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「聴いてあげた」という優しいアナタは、
きっと最後にクリックしてくれるんじゃないかな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪今度の主役♪

4Front E-Piano

今度の自作曲、主役①はコレです。
これまでずっと使いどころを探していたエレピのプラグイン、4Front E-Piano。

フリーのプラグインにも関わらず、きらびやかで存在感抜群。とりわけラブソングにマッチするクリスタルな音色は、秋から冬へと移ろう今の季節にジャストミートふくざわです。


そして主役②はコレ。 

見た目はソプラノサックス、中身はチャルメラの3万円サックス・MADE IN CH●NA。
きらびやかで存在感抜群の外見にも関わらず、次々と部材が脱落していく衝撃の仕様(笑)。とりわけオンチを助長する狂った音階と貧相なトーンは、DAWソフトに付属しているサウンド補正機能を習得するのに大いに役立ったという優れモノでございます。

mss.jpg

現在、楽曲の完成度は約80%程度。この二つの楽器が織りなす笑撃の珍サウンドは、今月末に公開…するかもしれません。期待しないで待っててね。

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
そして私の腕前は楽器に負けないお粗末さ。 
「聴いてやる」という殊勝な方々は、
ぜひとも応援クリックよろしうに。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪DARYL HALL / Can't Stop Dreaming♪

 csd00.jpg

【求ム!歌詞を美しく翻訳してくれるソフトかサイト】

木々の赤や橙色が山頂から山麓へと移ろう11月。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。呼ばれなくてもやって来る、押し掛けミュージック・ブロガ~のヤセガエルです。

さて、この時期。訳も無く人恋しくなったりする晩秋の候。馴染みのジャズやスムースジャズの楽曲が、いつもにもまして耳に染み入っくる季節ではありますが、やはりこの季節に似合うのはAORのラブソングやバラード。山々を真っ赤に燃え上がらせる紅葉よろしく、熱い思いを歌い上げるヴォーカルこそがこの季節の主役だと思ったりするワケです。

で、今回。その“熱いヴォーカル”で思い浮かんだのがこのヒト・このアルバム。米POPS界では既に伝説となっているDARYL HALL(ダリル・ホール)"Can't Stop Dreaming"。切なさ募る美メロと、激情ほとばしる熱唱が、女ゴコロを鷲掴みにし、男の急所をも直撃する傑作アルバムです。(なんか、もォ最高です。聴いてみて)



沁みるでしょう。泣けるでしょう。この歌声、このメロディ。アルバムの8曲目に収録された"What's In Your World"です。どこのどなたか存じませぬが、ワザワザ歌詞付きで動画を上げてくれるなんて殊勝なコトで。歌詞付きですよ。…歌詞…歌詞??

…歌詞とは…??

…ハイ。ここでワタクシ、ふと疑念が湧いたワケです。
ラブソングやバラードは歌詞が命。それを私はちゃんと楽しんでいるのか?と。
特に英詞に関しては、そもそも楽しむ以前にキチンと理解できてんのか?と。

で、気付くワケです。
たぶんあまり理解できていない(エーゴは得意でない)。楽しむレベルに達していない、と。
「これはイカン!せめてちゃんと歌詞を翻訳してから歌の世界に没入しよう」、と。

で、早速の歌詞のサビ部分を、某翻訳サイトに入力して翻訳してみました。すると・・・。

csd01.jpg 

What's in your world
(あなたの世界には何ですか?)
What'cha trying to hide from me
(What'cha は私から隠そうとしている)
I can't fight what I can't see
(私は見えないものと戦うことはできません)
I need to know what's going on
(私は何が起こっているのかを知る必要があります)

What's in your world
(あなたの世界には何ですか?)
Standing here with a broken heart
(失恋と一緒にここに立っている)
Trying to stop before I start
(私は全ての繰り返し落下を開始する前に)
Falling all over again
(停止しようとしています)

Ooh baby
(Ooh の赤ん坊)
Baby, I need to know
(赤ちゃんは私が知っている必要があります)
I need for you to show
(あなたが表示するために私は必要があります)
What's in your world
(あなたの世界には何ですか?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

もう支離滅裂です。『繰り返し落下』?『Oohの赤ん坊』て。
楽曲とはかけ離れた世界になってるんじゃ・・・。




…と、いうワケでサブタイトルに戻りますよ。

『求ム!歌詞を美しく翻訳してくれるソフトかサイト』!!

★★★★★★★★★★★★★★★

DARYL HALL
/ Can't Stop Dreaming(1996)

01.Can't Stop Dreaming
02.Let Me Be The One
03.Something About You
04.Cab Driver
05.Never Let Me Go
06.Holding Out for Love
07.Justify
08.What's In Your World
09.Hold On To Me
10.She's Gone
11.All By Myself
12.Fools Rush In




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「自分の英語力を鍛えれば?」というご提案は、
しないで。見逃して。
最後にいつもの応援クリックよろしうに。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪U-NAM&FRIENDS / WEEKEND IN L.A [A TRIBUTE TO GEORGE BENSON]♪

 wila00.jpg

【拝啓 U-NAM様】

『拝啓 菊の香り漂う霜月を迎えましたが、U-NAM様におかれましては益々ご多祥の事とお喜び申し上げます。

まずは昨年から手掛けておられた新譜のご制作の件、「作っている途中でお金が無くなっちゃったから発売延期になっちった」という知らせを受け、大変ご心配申し上げましたが、この度無事ご発売の由、真に目出度く、発車のベルがリンリンと鳴り響く快さを覚え、心よりお祝い申し上げる次第です。

漏れ承ったところによりますと、中途で枯渇した製作費は、“お助けサイト”上で、ご自身のオフィシャルグッズや既発売の作品等を販売する事によって再度工面されたとのこと。その本末転…ではない、奇想天外な着想には改めて遺憾…ではない、敬服の意を表したく存じます。

遅ればせながら、私も、先日U-NAM様の新譜を無事購入させていただくことができました。願わくば、今回の作品の売上金が、次作の純全たる原資となり、U-NAM様の益々のご発展に繋がりますことをご命令…じゃねえ、ご期待・ご希望申し上げますし、改めて申すまでもない事柄ではございますが、次回作は「途中でお金が無くなっちゃった」などという事態に立ち至ることのなき様、計画的な運用を心掛けていただかないと、借金とかするしかなくなっちゃって、せっかくCDが売れてもその売上金を返済に充てることになって、また借金…とかしてたらベルがリンリンからチリンチリンになっちゃうからね。(それでも、自転車に乗りますか?



然しながら購入させていただいた貴作品におきましては、その質・量共に全くもって漫然たる所がなく、フィーチュアされているジョージ・デューク、マーカス・ミラーの両御大や、フィル・ペリー、パトリース・ラッシェン、ポール・ジャクソン・Jr.らの超ヴェテラン勢を相手に堂々のパフォーマンス、真に感服・感激の至りにて、衷心よりお喜び申し上げます。

芳醇かつ軽快なトーンを持つアイバニーズのホロウボディが疾駆するWEEKEND IN L.A、原曲のファンクネスを強力モダナイズ加工したGIVE ME THE NIGHT、センベロ節とベンソン節にU-NAM節が奇跡的な調和を醸し出すI JUST WANNA HANG AROUND YOU、あえてボーカル・パートを“弾きまくった”TURN YOUR LOVE AROUND、いずれの楽曲もロングレンジ(6分・7分当たり前)で“語り過ぎ”のキライはあるものの、全てが愛と情熱に満ちた快演ばかりにて、遠からず明日の食い扶持…じゃねえ、次回作の製作費に困らないほどの資金がお手元に転がり込むであろうとご推察申し上げます。

聞くならく、米国アマゾンのスムースジャズ・チャートでトップ3、日本の(iTunes)スムースジャズ・チャートでは見事1位を獲得された由、まことにおめでとう存じ上げます。今後とも、より一層のご発展をお祈り申し上げつつ、さらなるご活躍をご期待申し上げる次第です。お体ご自愛くださいませ。 
                                                                                                                      敬具』

wila01.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★

U-NAM&FRIENDS / WEEKEND IN L.A
[A TRIBUTE TO GEORGE BENSON](2012)


01.WEEKEND IN L.A
02.GIVE ME THE NIGHT
03.SHIVER
04.LOVE × LOVE
05.NATURE BOY
06.THIS MASQUERADE
07.HIP SKIP
08.I JUST WANNA HANG AROUND YOU
09.TURN YOUR LOVE AROUND
10.BEFORE YOU GO / BREEZIN'
11.ON BROADWAY




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
何はともあれ新作リリースおめでとう!
U-NAMさんと私・ヤセへの叱咤・激励は下記へ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 11 2012 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.