■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪CHUCK LOEB / The Love Song Collection♪

tlsc00.jpg

【もしもギターが弾けたなら】

…弾けたなら…おそらく彼のようなギターリストを目指して、私は努力したことでしょう。

ジャジーでモダン。クールでエモーショナル。ジェントルでハード。
高度なインテリジェンスと鋭敏なインスピレーションを駆使して紡ぎ出されるそのメロディは芳醇かつ鮮烈。そうです。スムースジャズ界の重鎮、チャック・ローブ氏のような。

まぁ…もっとも、向上心が乏しい上に諦めも早い私。バイエルの上下をマスターして天狗になっていた小学生時代は、『ラ・カンパネラ』を弾く同級生が出現した途端私のピアノへの情熱は失われたし、リトルリーグでは初めて投げたカーブを股間に打ち返された時点でユニホームを脱ぎ、心機一転とばかりに入部した水泳部で「ストップウォッチが速く進みすぎる(実際は自分が遅いだけ)」と顧問に指摘されてからは女子部員との親睦に余念が無くなったワケで、その後アコースティックギターを入手しても、"F"と"Fm7"を押さえるたびに発生する著しい濁音と激しい出血に、演奏も所有も2ヶ月で断念した私が、ローブ氏のようなギターリストには当然なれやせんのです。(もうあきらめた

でもね。思いますよ。
「もしもギターが弾けたなら」、と。



どーですか。この楽曲、このトーン。
ジャジーでモダン、クールでエモーショナルでしょう?
こんなギターが弾けたなら…と思っちゃいますよね。

上の楽曲以外にも、BOYZ Ⅱ MENのヒット曲のカヴァー、Water Runs Dryに始まり、ジェイムス・テイラーの名曲Don't Let Me Be Lonely Tonight、自身のヒット・アルバム"eBop"から抽出したランディ・ブレッカーとのコラボナンバーStained Glass、アンディ・スニッツァー(Sax.)との掛け合いがエレガントなShine On、ローブ氏のクラシカルな側面が美しく表現されたBells、濁音とも出血とも無縁な清々しいメロディーが鼓膜に心地よいGolden Heartなど合計10曲、捨て曲ゼロのデラックスなベスト盤となっています。

この先、また暑さが戻って来るようですが、涼やかなローブ氏のギターを体内に流し込めば、やって来る8月を軽快に乗り切れるコト間違い無し。この機会にゼヒどうぞ♪

tlsc01.jpg

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

CHUCK LOEB
/ The Love Song Collection(2007)


01.Water Runs Dry
02.Breathe Again
03.New Life
04.Don't Let Me Be Lonely Tonight
05.Blue Kiss
06.Stained Glass
07.Spanish Nights
08.Shine On
09.Bells
10.Golden Heart




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「流し込むぞ!」という素直な貴方は、
素直にポチッとするかもしれない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪作った曲をプレイリストにまとめてみた(2012年~2013年編)♪

MTD KZ5

『戻り梅雨』でございますね。ジメジメ・蒸し蒸しと体に負担のかかる毎日ですが、ご来訪の皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。へっぽこアマチュアベ~シストのヤセです。

本日のエントリーは、お題の通り『作った曲をプレイリストにまとめてみた』。
昨年からチマチマとレコーディングしたカヴァー曲とオリジナル曲、計5曲を、SoundCloudのプレーヤーで再生できるようにしてみました。

ハッキリ言って…広告出現阻止のためにムリヤリ上げた記事です(要はネタ切れw)。
次回の更新は週末。スムースジャズのアルバムレビューを上げる予定ですのでよろしうに。



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「聴いてやった」という奇特な貴方は、
おそらくポチッとするかもしれない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪LEE RITENOUR / RIT/2♪

rt200.jpg

【ナツにはナツのAOR】

ハイ、夏のAORアルバムのご紹介です。

発売当時(1982年)は、傑作アルバム"RIT"の『二番煎じだ』とか、ジャズ・ギタリストのリトナーさんが『POPSに魂を売った作品』だとか、『エリック・タッグ(Vo.)のソロ作品』だとか、それはもう散々ブッ叩かれた作品ですが、その本質は、『リーさんが西海岸の精鋭を集めて本気でリラクシング・サウンドを追求した』正しくAORの金字塔です。"RIT/2"

どの辺が“本気”なのかと言うと、とにかく招集したそのメンツ。
キーボード、シンセサイザーにドン・グルーシン、グレッグ・フィリンゲインズ。
ベースにネイザン・イースト、エイブラハム・ラボリエル。
ドラムスにハーヴィ・メイソン、ジェフ・ポーカロ。
さらには、バック・ヴォーカルにビル・チャンプリン、リチャード・ペイジら。
パーカッションにはパウリーニョ・ダ・コスタ、ホーン・セクションにはジェリー・ヘイ。
他にもトム・スコット(Sax)、グレッグ・マティソン(Rhodes)。アレックス・アクーニャ(Ds.)、デヴィッド・フォスター(GSI)と豪華にも程がある(笑)。

その超豪華なメンツを惜しげもなく“ピース”として使い、自分(リーさん)と、リードヴォーカルのエリック・タッグを主役として際立たせ、ジャンルの枠組みにも、自分が掲げてきた看板にも囚われる事なく、『今やるべき音楽』として、リーさんが目指したリラクシング・ミュージックがコレなのです。…と、いうワケで能書きよりを聴いてみて。



ど~ですか。この清涼感溢れるサウンド。
ステキでしょう?リラクシンでしょう?夏向きでしょう?

お聴きいただいているのは、リーさん、エリック君、ハーヴィさんの共作"Keep It Alive"。エリック君のエモーショナルなヴォーカルと、リーさんのスムースなギターが好対照ですね。
使われている楽器のほとんどがナマ楽器であるせいか、80年代に流行したやや深めの残響の中でも存在感があってとてもヴィヴィッド。今ではこういうアナログな涼感は貴重かな。

他にも、アースのアレを連想するイントロが物議を醸したCross My Heart、上に挙げた楽曲と甲乙付け難い涼感ソングDreamwalkin'、アルバム発表当時のリーさんの愛器・アイバニーズLR-10の、甘く艶のあるオーバードライブ・サウンドが切ないA Fantasy、3分46秒という短い時間の中で様々な表情を見せる万華鏡的な佳曲Road Runner、後のアルバムで『拡大版』ともいうべきカヴァーが作られた名曲Malibu。全10曲、捨て曲ナシです。

ハイ、オススメのリスニング・シーズンは今。夏です!熱中症対策にどうぞ♪

rt201.jpg

★★★★ 収録曲はコチラ ★★★★

LEE RITENOUR
/ RIT/2(1982)


01.CROSS MY HEART
02.PROMISES, PROMISES
03.DREAMWALKIN'
04.KEEP IT ALIVE
05.A FANTASY
06.TIED UP
07.VOICES
08.ON THE BOARDWALK
09.ROAD RUNNER
10.MALIBU




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「体感温度が下がった~」という素直な貴方は、
おそらく素直にポチッとするかもしれないな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪Back To 1981♪

lrbte.jpg

音楽をこよなく愛する皆様コンバンハ。呼ばれなくてもやって来る、押し掛けミュージック・サプライヤ~のヤセガエルです。

本日は、懐かしいLPレコードから一曲だけご紹介。
'81年当時、中学3年の、目まぐるしくも慌ただしい日々に自分を見失いかけた時に、まさしく私を光へと導いてくれた、優しく美しいナンバーです。

LITTLE RIVER BAND"Guiding Lights"

CD化されている事を知り、買う気マンマンでamazonをチェックしてみたら、廃盤・再発無しのプレミア価格で、なんと5,000円オーバー。御願いだから再リリースぷり~ず!



★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「聴きてえ~」という願いを叶えてくれた
動画のUP主さん、ありがとう!!
「イイ曲だ~」と思った方は、
最後に激励クリックお願いプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 80年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 07 2013 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。