■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

◆楽器博物館に行ってきた◆

gkk00.jpg

『楽器の街』浜松です。皆様ごきげんよう。

最近では、浜松といえば餃子の街。2011年から2年連続で年間餃子消費量(一世帯当たり)でトップの座に君臨し、『不動の餃子王国』と言われた宇都宮市の餃子ファンを、絶望の坩堝へ送り込んだ街として有名ですね(2013年は宇都宮が首位に返り咲きました)。

他にも、うなぎの養殖や、三ヶ日みかん、スッポン、オートバイ(ヤマハ、スズキ)といった産業面での名物もあり、浜名湖や浜松城といった、浜松の代名詞ともなり得るスポットも多く存在します。

でも…やはり私にとっては、浜松は『楽器の街』、そして『音楽の街』なんですよね。
つーワケで、行ってまいりました。楽器博物館!

gkk01.jpg

ハイ、入館してスグに出迎えてくれたのはコレ

「楽器博物館に来たハズなのに?!」…と、思わず入場券を確認したくなるような大迫力のカノン砲………みたいな形の太鼓。その名もクローン・エー。タイの寺院で使われているというモンスターサイズの太鼓です。

gkk02.jpg

我が日本の楽器たちも展示されています。

「見たことあるある!」とか、「馴染み深いよね」とか言ってみたものの、意外に名前が思い浮かびません。学校の音楽の授業で習ったよーな。タイーコ?ツヅーミ?ヒチリーキ???
…ハイ、勿論ちゃんと名札付き、音声付きで教えてもらえます。ありがたや。

gkk04.jpg

不肖ワタクシが奏でる楽器の原型、ここに在り。そう、琵琶です。

琵琶は“琵琶”しかないのかと思っていたら、さにあらず。4弦のもの、5弦のもの、フレットのあるもの、無いもの、ヘッドが直角に曲がっているもの、ストレートのもの、中国系、インド系とイッパイあったんですねぇ。画像は日本のもので、薩摩琵琶と筑前琵琶。注意して見ると撥(ギターでいうピック)の形状も様々です。一番左のヤツ、本体傷むだろーなァ…

gkk05.jpg

インドネシアの民族楽器、ガムランです。
子守唄で伴奏してほしくない楽器第1位だと思います。

それにしても、これだけ巨大なガムラン・システム(システム??)を組んでしまうとは恐るべし楽器博物館。一斉に演奏したら…やっぱり寝た子も踊りだすだろーなァ。

gkk06.jpg

グランドピアノの琴の部分をそのまま上へ持って行ったのがコレ。ジラフ・ピアノ。
形状がキリンさんの首のように見えることから付いた名前だそうです。

賢明な皆様にはお判りでしょう、これは現代のアップライト・ピアノの原型ですね。琴の部分が露出しているタイプは珍しいかもしれません。
私はあまり詳しくはないのですが、この博物館のピアノの展示は非常に充実しているとのコトです。量も種類もハンパないですね。ピアノ好きなら一日居ても飽きないでしょう。

gkk07.jpg

さて、ココから先は、おそらく拙ブログに集う方々の琴線に触れるであろう楽器たち。
一発目はモーグ・シンセサイザー・システムですよ。

「シンセといえばモーグ」という方は、1970年代から音楽にドップリの方でしょう。このメカメカしさ、仰々しさ。出てくる音は楽器の音というよりほぼ信号音(しかも単音のみ)なワケですが、『意図をもって電気的に音色を変化させることが可能になった』画期的なシステムだった…らしいです。すいませんリアルタイムではなかったもんで。

…でも、コレ、持ち歩きはインポッシボーだろーなァ。

gkk08.jpg

そのインポッシボーをインポッシボーでなくしたのがコチラ、同じくモーグのシステム35。
「コンパクトになった!」といってもズッシリ重い非携帯サイズ。
ちなみに、出てくる音はまだ単音のみで、“みょえ~♪”とか、“ち~♪”とかです。

gkk09.jpg

その“みょえ~♪”とか、“ち~♪”を、安価に、小さく、国内で制作しようとしたのがKORG社。そして、その血と汗と涙の結晶とも言えるのが1973年発表のコレ、mini KORG700。
日本全国のキーボーディストが、「これでオレも“みょえ~♪”出来る!」と、狂喜乱舞したとかしないとか。…すんません、リアルタイムではないもんで。

gkk10.jpg

どーですか?懐かしいですか?
このあたりが私ら世代のリアルタイム期ですかね。

Roland社のJUPITER-4、そしてKORGのPolysix。年代的には1980年代初頭だったかな?
今となっては当たり前、というか装備と称することすら恥ずかしい、音色のメモリーとポリフォニック(和音)発音が可能になった革命的なモデルです。そうなんです。その程度のコトがエポックメイキングだった麗しの'80年代。しかしそれを手にするには、当時の価格で25万円から35万円ほどが必要でした。これらを持っているだけでそいつはヒーローでしたね。

gkk11.jpg

そして、現在のデジタル・ミュージック・ワールドを成立させるに至る名器が登場しました。
YAMAHAのDX7!

1983年の登場以来'90年代初期に至るまで、洋楽・邦楽を問わず、街中でかかっている楽曲のほとんどに、このDX7の音源のどれかが使用されていたと言われる程の伝説のシンセですね。
とりわけエレピとシンセベースの音色が心地良く、そのピアノメーカーらしい鍵盤性能の良さも手伝って、多くの名演・名曲を生み出しました。欲しかったなー(買えなかった)。

gkk13.jpg

木管楽器・金管楽器も充実の品揃え。画像はオールドのサクソフォンです。
こうして見ると、現代のサクソフォンに比べて機構がシンプルですね。

gkk15.jpg

変わり種でしょうか。真ん中のチューバはベルが二つあります。
同じ音階が二方向に出るのか、別々の音階が出るのか不明。どなたかご存じ?

gkk16.jpg

これはチューバが登場する以前にその役割を担っていた楽器、オフィクレイド。
私はココに足を運ぶまで“オフィクレイド”なんていう楽器があったことさえ知らなんだ。一番右のヤツなんて、たいそう愛嬌があるじゃございませんか。「がおー♪」とか言いそう。

gkk17.jpg

そのオフィクレイドが登場する前にその役割を担っていたのはコレ。セルパン。
非常に原始的な作りですね。古楽器に分類されると同時に、絶滅危惧種なのだそうな。

gkk18.jpg

そのセルパンの源流を辿るとコレに行き着く(?)らしいです。すげえ。
楽器というか、“アフリカ土産”みたいです。本当に音が出るんだべか??

………なんつって、異常に盛り上がった展示コーナー。紹介したのはほんの一部。他にも実際に楽器を体験できるコーナーがあったり、作曲できるレファレンスコーナーがあったりで、少しでも楽器を嗜んだことのある方なら一日楽しめる博物館でした。

---------------------------

そんなワケで、最後は隣接するアクトタワーの展望フロアへ。

gkk19.jpg


ぎょえええええ!!高ええええええ!!


★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
高所恐怖症で情けない私への
叱咤激励はコチラから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : 楽器    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪3RD FORCE / vital force♪

vtlfrc00.jpg

【"Chill Out"】

そう。その音楽世界はまさしく"Chill Out"です。
3RD FORCE"vital force"

どんな風に"Chill Out"なのかというと、たとえば、春の海辺で一時間、ぼえ~っと座ったまま過ごすような感覚でしょうか。

カラダに陽射しがポカポカと降りそそぎ、見上げれば白いちぎれ雲。
潮の香りが鼻先をくすぐり、ワンコがお散歩する砂浜には小鳥の足跡。
子供たちの歓声。木々のざわめき。足元をくすぐる波。
マフラーから飛び出す爆音。若者たちの喧噪。
真紅の回転灯にメガホンの叱責(湘南か)。

つまりはアレです。
ひとつひとつに大きく心を動かされることは無いけれど、自分の身の周りに起きる小さな出来事が、心を落ち着かせ、くつろぎを与えてくれる…そんな音楽世界なのです。この作品は。

ハイ、論より証拠。聴いてみてみて。



どーですか、この爽やかなグルーヴ。心地よさ。
“海辺の一時間”でしょう?"Chill Out"でしょう?

いや、ハッキリ言ってしまうとこのアルバム、気合を入れて「聴くぞ!」なノリだと肩透かしを食います。制作した3RD FORCEの御三方はジックリと聴いてほしいのかもしれませんが、そうやって聴くとかなりイラッときます。そのくらい起伏がありません。

しかしながらこの作品、ぼえ~っと流すと効果テキメン。
そう、海辺の一時間を、自宅で、車の中で、通勤の電車の中でも体感できるのです。
"Chill Out"。それを感じさせてくれるんですよね。

キモの部分はというと、無機質な打ち込みのリズム体と、随所に挿入されるナマ楽器の小粋なフレージングの比率。双方のブレンド率は実はかなり計算されているらしく、作品全体の調和を乱したり、均衡を崩すようなあざとい部分はありません。職人さんたちの仕事ですかね。

『日常に追われてハアハアしてる』とか、逆に、『もォ、なんにもするコトが無い』アナタに聴いていただきたい、そんなアルバムです。

vtlfrc01.jpg


★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★

3RD FORCE
/ vital force(1997)


01.IN THE FULL MOON LIGHT
02.NO DOUBT
03.YOU GOTTA BE REAL
04.GIVE IT UP
05.LET ME HIGHER
06.ECHOES OF A DREAM
07.SET YOURSELF FREE
08.SHE WHISPERED TO ME
09.I'VE GOT TO KNOW
10.SMILES ALL AROUND
11.THRU THE SHADOWS




★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
外はヒドイ吹雪ですが皆様お元気??
冷え性のワタクシへの叱咤激励はコチラから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪逃げずにベースを弾いてみた♪

fender jazz bass dr strings 00

前回のエントリーで宣言したように、アマチュアへっぽこベ~シストのワタクシが、巨匠・マーカス・ミラーの楽曲に挑戦してみました。

16歳の時、初めてエレキベースに触って以来30余年。多くの友人や先輩たちから、「ベースのプレイヤーならマストだぞ!」と言われ続けながら、避けて避けて避けまくってきた巨匠への挑戦です。(避けたくなるほどカッケーしムズカシイからさ~)

…んで、挑戦するに当たって揃えたのは、やはりキチンとしたお道具。
いつも使用している、張って弾いて放置して、錆びちゃっても惜しくないチープなベース弦は取り外し、代わりに、巨匠が使用しているDR Stringsのシグネチャー・セットを、(ごきゅっぱーwの)愛器に装着しました。

dr strings 00

巨匠が使用しているベースの弦を、巨匠が使用しているフェンダーのジャズベースに張れば、理論上は巨匠と同じ音が出てくる…という程コトは単純ではないものの、やっぱり気分が大事だからね。気分が。(テクは大事ではないのだよ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

しかし、よくよく見てみるとこのベース弦、材質がいつも使用している弦のニッケルではなくスチールで出来ているようです。見た目も違うし、触った感触もザラザラでかなりの違和感。

dr strings 01

しかしながら、装着後三日でそのザラザラ感はサラサラに変わり、弦の響きがキラキラになってきました。「録るなら今でしょ!」と、ばかりに弾き始めたものの…。

いや、戦いはそれからでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

そーなんです。

全然カンタンじゃなかった。"Detroit"

・・・・・・・・・・・・・・・・。

とにかく、このマーカス・ミラーという御仁。
強くて速くて正確。そして緩急が美しく、安定感も凄まじい。
力任せにぶっ叩いているように見えても、右手のやっている作業のさじ加減は非常に繊細で、左手の握力・持久力もハンパない。同じ音を出そうとすると限界以上のパワーが要求されて、しまいには冬枯れと老化によって劣化した手指が流血する事態に。液体絆創膏が大活躍です。

そんなこんなで『弾けるけど弾けてない』状態で数日間格闘し、それでも「ココが限界だ」という所までガンバリましたですよ。ハイ。

…つーワケで晒し上げ。



ちなみに、上記の、『強くて速くて…ハンパない』のくだりが、前記事のアルバムレビューに該当するところです。手抜きぢゃないです念のため!

★★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
血だらけで弾いたぞ"Detroit"
しばらくマーカスさんからは離れたい
ワタクシへの叱咤激励はコチラから!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 02 2014 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。