■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪BRIAN CULBERTSON / Long Night Out♪

lno00.jpg

【ハタチ過ぎてもスゴイ人】

『十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人』ということわざがありますが、例外も勿論あります。スムースジャズ界の“鍵盤王子”ブライアン・カルバートソン。大学在学中にデビューアルバム"Long Night Out"(本作)をドロップし、以来20年に渡りコンテンポラリー・ジャズの最前線をリードしてきた人物です。

8歳でピアノを習い始めたのを皮切りに、9歳でドラム、10歳でトロンボーン、12歳でベースに手を出し、ハイスクール入学時には、それら全ての楽器を用いてプロと対等にセッションが出来るレベルだったというブライアン。まさしく神童のままの15歳。そんな彼が周囲の凡人に埋もれて“ただの人”になるハズもなく、それから5年後に“遅すぎる”デビューを果たしたアルバム作品がコレなんですよね。途中までかなり似たような経歴を持つ(立派な凡人となった)私としては、個人的に親近感と羨望をソソられるアーティストでもあったりします(その辺りのエピソードはコチラから)。

いや、私事はともかく本作。今年2014年は、この"Long Night Out"発表から20年目となるのを記念して、ブライアン自身によるカバー作品"Another Long Night Out"がリリースされ話題となりました。曰く、『巨匠となったブライアンの、40代の色気が味わえる好作』。その比較対象となるオリジナル版の、『新星ブライアン王子の、20代のナイーブさが伝わる』本作。未聴の方はゼヒこちらも聴いていただきたいですね。





★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


BRIAN CULBERTSON
/ Long Night Out(1994)


01.City Lights
02.Fullerton Ave.
03.Beyond The Frontier
04.Heroes Of The Dawn
05.Beautiful Liar
06.Double Exposure
07.Twilight
08.Horizon
09.Alone With You
10.Long Night Out
11.Changing Tides




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「CD高えぞ!」という方は、MP3配信利用で。
最後にいつものアイコンをポチっとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

★星空でいこう♪~オリオン座流星群・2014~★

orion2015 600

【あの素晴らしい輝きをもう一度】

もう一度、ったらもう一度! 

星空をこよなく愛する皆様ごきげんいかがでしょうか。呼ばれなくてもやって来る、押し掛け星空ナビゲータ~のヤセです。

本日は、ギターリスト、クリス・スタンドリング氏の顔芸(笑)をフィーチュアしたナンバーをバックに、“オリオン座流星群”の情報をお届け。再生ボタン押したらスクロールGO♪



数年前まで、秋の流星群の中でも活発な出現を見せていたオリオン座群。その明るく鋭い流星の軌跡は、多くの星空ウォッチャーを魅了してくれたものですが、ここ2・3年は減少の一途。見たいですねえ、もう一度。もう一度、ったらもう一度!

…んで、下調べをしてみたところ、今年2014年の条件が非常に良いということが判明しましたので、その情報を横流し(流星電波観測国際プロジェクトさんのHPより)。「見てえ~!」とお思いでしたらゼヒ参考にしてくださいまし。

------------

ハイ、そのオリオン座流星群。放射点はオリオンの持つ棍棒の手元(トップのシミュレーション画像をチェック!)。今年の極大は10月22日の午前1時頃ですから、空は十分に暗く、月齢との兼ね合いも良いため条件は非常に良好です。
流星の出現予測数は各所でバラつきがあり、市街地では一時間に1~2個程度しか流れないかもしれませんが、あの印象的で鮮やかな流星を狙うには絶好のチャンスになりそうです。

あの素晴らしい輝きをもう一度!防寒用の武装を整えて暗い場所へGO!

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
あとはいつもの“てるてるぼうず”に相談だ。
「見てやる!」というチャレンジャーの方は、
いつものアイコンをポチっとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
 

テーマ : 星・宇宙    ジャンル : 学問・文化・芸術

 

 


 

 

♪LUTHER VANDROSS / POWER OF LOVE♪

tpol00.jpg

【組み合わせの達人??】

複数の異なる素材が組み合わさることによって、それまでには存在しなかった革命的なモノが出来上がることがあります。

音楽好きな私達の身近なところで例を挙げると、木管楽器の構造と金管楽器の素材を組み合わせたサクソフォン。ギターの構造とシンセサイザーのシステムを組み合わせたシンタックス。携帯音楽プレーヤー・携帯電話・インターネット端末をミックスしたiPhone。靴とスプリングを組み合わせたピョンピョンシューズ(ドクター中松氏発明)など、それらの登場や発明が、文化の発展、生活の向上、さらには、人類の幸福に寄与していることは疑いもありません。(東京特許許可局許可局長、今日急遽休暇許可拒否される

ハイ、本論。本日のピックアップ、ルーサー・ヴァンドロスさんのこと。

ご存知の方はご存知の通り。この方もまた組み合わせの達人。
アフリカ系アメリカ人の音楽文化である、R&B、ソウル、ファンク、ジャズ、ゴスペル等を、モダンポップスと融合させた、『ブラックコンテンポラリー』という音楽カテゴリーを成立・完成させた第一人者です。バブル世代には御馴染みの御仁でしょうかね。

tpol01.jpg

'91年にリリースされた本作"Power of Love"は、ヴァンドロスさんの『組み合わせの妙』が大輪の花となり、世界の音楽シーンに、彼の音楽・ブラックコンテンポラリーの価値を周知せしめた傑作アルバム。ビルボードのシングルチャートTOP10へ2曲を送り込み、自身2度目となるグラミー賞受賞をもたらした快作です。

ゴスペルのコーラス隊を従えたダイナミックなPower of Love / Love Power、ささやくような歌唱とテーマ部分の熱唱がドラマティックなI'm Gonna Start Today、個人的に鬼推しDon't Want to be a Fool、ヴァンドロスさんのバラディアーとしての魅力が横溢しまくり~のSometimes It's Only Love、ハードなアレンジが聴覚を刺激しまくり~のEmotional Love。発表後20余年が経過しても色褪せることのない、宝石のような楽曲群が詰まったアルバムです。

…あ。

ちなみに、その『組み合わせの達人??』の件をもうひとつ。

そのヴァンドロス氏。音楽だけでなく、他にもその『組み合わせ』の才を発揮しています。
すなわち、ハンバーガーとドーナツが大好きだった彼が、その二つを組み合わせて発明した(らしい)、その名もルーサー・バーガー。

・・・・・。

…オイラはムリだ。ごめん、ルーサー。











lthrbrgr.jpg


鬼推しナンバーはコチラ(バーガーはムリ)。





★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


LUTHER VANDROSS
/ POWER OF LOVE(1991)


01.She Doesn't Mind
02.Power Of Love / Love Power
03.I'm Gonna Start Today
04.The Rush
05.I Want The Night To Stay
06.Don't  Want To Be A Fool
07.I Can Tell You That
08.Sometimes It's Only Love
09.Emotional Love
10.I Who Have Nothing



★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
歌もバーガーもカロリーON!
「食べてやる!」というチャレンジャーの方は、
いつものアイコンをポチっとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 90年代洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪秋の夜長はライブ動画でGO!♪

mzfrt.jpg

虫の音が合唱となる秋の夜長。涼しさにも冬の気配が漂い始める今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。呼ばれなくてもやって来る、押し掛けミュージック・サプライヤ~のヤセです。

さて、本日のオススメ動画は、『秋の夜長にじっくりと楽しみたい』珠玉のライブ。アイスランドの国民的フュージョン・バンド、MEZZOFORTE(メゾフォルテ)2007年の映像です。

「“めぞふぉるて”??知らないな~」というアナタ。いえいえ、たぶん知ってます。
この30年の間、CMやテレビ番組、あるいは商店街とかデパートとかショッピングモールなんかでず~っと流れてますから。聴けば、「あ!それかー!!」と、なると思われます。

聴きどころは、テクニカルでスムースな楽曲群と、メンバー同士の強固な結束がもたらすアンサンブルの妙。そして本当~に楽しそうに演奏する姿。酔いしれましょう1時間57分!




MEZZOFORTE
/ Live in Reykjavik(2007)


01.Drive
02.Expressway
03.Action man
04.Hard wired
05.Icebreaker
06.Nightfall
07.Prime time
08.High season
09.Evolution
10.Beyond the horizon
11.Later on
12.Cobra
13.EG blues
14.Joyride
15.Early autumn
16.Happy hour
17.Four corners
18.Surprise-Garden party
19.Medley/Midnight sun-Spring fever-Rockall


★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
「つーか台風来ててそれどころじゃない!」
という方は、無事に台風が通過したら観てね。
ライブを堪能されたら下のアイコンをポチっとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : YouTube Music Video    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE SAX PACK / the pack is back♪

tsp00_20141001204826e01.jpg

【進撃のトリオ・ザ・スムース!】

10月になりました。秋たけなわですね。

柔らかい陽射し。高く青い空。澄み渡った空気。
さァ、梨狩りだ!ぶどう狩りだ!!紅葉狩りへドライブGO!!…という、シチュエーションで猛プッシュしたいのがコレ、THE SAX PACKの2ndアルバム、“The Pack is Back”

キム・ウォーターズ、ジェフ・カシワ、スティーブ・コールという、スムースジャズ・シーンでもとりわけスムースな3人が、タッグを組んで爽やかに攻め込んでくる好作です。

とりあえずコレ聴いてみてみて。



ドーデスカ。この押し売りしないスムースさ。王道でしょう?

ピックアップしたナンバーはオープニングを飾る"Wanna Get Closer"。ロマンティックなキム兄ィ。テクニカルなカシワさん。そして歌心の溢れるコールさん。短い曲中にあっても、三者三様のキャラが際立っていて、相互にスポイルされることなくブレンドされていますね。このあたりのサジ加減はさすがシャナキー・レーベルといったところでしょうか。

アルバム全体の印象としては、1st作品の持っていた“パーティーっぽさ”を若干控えめにして、の楽曲に象徴される“スムースさ”をより重視しているようです。
キム兄ィのロマンティシズムがグルーヴィに展開するCan't Help Myself、3人のソロ回しがエキサイティングなAre You Ready?、センチメンタルなテーマと、萌えなブリッジが交互に展開されてクセになるHere to Stayなどは必聴です。

tsp01_20141001210650b48.jpg

この3人のユニット、1st→2ndと順調にリリースされたからすぐに3rdが来るかと思っていたのに、2009年の本作を最後にその後の集結はナシ。継続してほしいんだけどな~。
ヴィンセント君とか引き込んで、『THE SAX PACK +1』とかドーデスカ?


★★★★収録曲コチラ↓★★★★


THE SAX PACK
/ the pack is back(2009)


01.Wanna Get Closer
02.Can't Help Myself
03.This Time Around
04.Smooth as Silk
05.Are You Ready
06.The Pack is Back
07.All That I Am
08.Here to Stay
09.All at Once
10.Fallin' For You




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
セクスィーなJESSYちゃんでもおK!
同意の方は応援クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2014 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。