■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪AL JARREAU / TOMORROW TODAY♪

tt00_2015012722391416f.jpg

【史上もっともスムースじゃろウ】

バレンタインデーまであと2週間あまりですね。

意中の男性を押し倒す準備に余念の無い女子の皆様、そして、意中の女子に押し倒される妄想を逞しゅうする男性たちへ、今宵はとっておきのマウンティング・アルバムをご紹介します。
ジャズ界きっての歌番長、AL JARREAU(アル・ジャロウ)"Tomorrow Today"。あのモチをついたようなエモーショナルなヴォーカルと、敏腕プロデューサー、ポール・ブラウンの極上のスムースジャズが融合した奇跡のアルバムです。

論より証拠。百読は一聴に如かず。聴くべし



いかがですか?激しくスムースでしょう?たまらんでしょう?

お聴きいただいているのは、アルバムのトラック②"Let Me Love You"。くだんのポール・ブラウンと、フィラデルフィアのスムースガイ、ジョン・スタッダート(Keys,Back Vo)が共作したメロウ・チューンです。
ジャロウさんの抑制の効いたテンダリーヴォイスと、ボニー・ジェイムスのソプラノサックスの絡みとか最高でございましょ?コレをバックにチョコをプレゼントしましょうよ。プレゼントされましょうよ。マウント移行は確定ですから。(無敗の法則

tt01_20150127224110c7d.jpg

に上げた楽曲以外にも、グレッグ・マティソンとビル・チャンプリンが共作したAORの名曲をカヴァーした、Just to Be Loved、ジャロウさんのバラディアーとしての実力を実感できるThrough It All、ジャロウさんのヴォーカルの美味しいトコロを網羅したFlame、スティーヴン・デュバンお得意のポップンスムースなLast Nightなどが私・ヤセのパワープッシュでございます。

バレンタインデーまであと2週間あまり。その時・その瞬間のBGMに「決め手を欠いている」とお嘆きの紳士・淑女の皆々様、ココはジャロウさん史上もっともスムースなアルバム作品、"Tomorrow Today"で決めてみてはいかがでしょうか。


★★★★収録曲コチラ↓★★★★


AL JARREAU
/ TOMORROW TODAY(1999)


01.Just to Be Loved
02.Let Me Love You
03.In My Music
04.Through It All
05.Tomorrow Today
06.Flame
07.Something That You Said
08.Last Night
09.God's Gift to the World
10.It's How You Say It
11.Puddit (Put It Where You Want It)




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
しかしワシにはあんまりカンケー無えジャロウ!
バレンタインとか!まいったか!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪『頭でっかち』で録ってみた!♪

bh00.jpg

楽器屋さんから届きました!『頭でっかち』!

…は?いえいえ。カエル君のことではありません。
カエル君の持っているブツの方です。

PHILL JONES BASS(フィル・ジョーンズ・ベース)社のヘッドホンアンプ、その名も"BIGHEAD(頭でっかち)"!
充電してポケットに入れて持ち運び、楽器とヘッドホンステレオを接続すれば、いつでもどこでも好きな音楽で、好きな音量で練習できてしまうという優れ物。さらにパソコンへUSB接続すればオーディオ・インターフェイスとしても使用可能で、スタジオではプリアンプとしても機能するという、演奏者にとってはまさに至れり尽くせりな逸品です。

昨年から恋い焦がれていたブツですから、届いた時には子供のように胸が高鳴りましたです。たとえ包装に“やっつけ感”が漂っていたとしても。

bh01.jpg

オレンジ色の包装をひっぺがすと、さらに頑丈な包装が。
「配送で凹まないようにしよう!」という強い意志を窺わせる部分と、「まァ、こんなもんでイイか」という中途半端な部分が共存するダンボールの一枚巻き。そういうノリはワタクシもキライではありません。(【強化段ボール箱】 1枚 内寸:L420xW340xH270

bh02.jpg

ダンボールをひっぺがすと、いよいよ製品のパッケージが出現。
遊びゴコロなど全く感じさせない無骨なデザインといい、「読めりゃぁ何でもイイ」くらいのシンプルなフォントといい、「品物で勝負!」という姿勢を強く感じます。

bh03.jpg  

パケの裏面には接続のイメージ図が記載されています。

楽器はモノラルIN。AUX-inはステレオIN(これは結構ありそうで無い)。USBはステレオINのステレオOUTで、ヘッドホンはもちろんステレオOUTです。
つまり、ヘッドホンステレオで聴ける音楽ファイルや、パソコンの音楽ファイルをステレオで流しながら、自分の楽器の音をミックスしてヘッドホンで聴けるワケです。住宅の事情などでコンポやアンプの音出しができない方には強い味方になりますね。

…さア、コレを開けると、ついにその銀色に輝くボディが…

bh04.jpg

出てくるかと思ったら中箱が出てきました。むむ。

それっ!と、ブラウスを脱がしたらブラの上にキャミ、みたいな。
まァ、それはそれで脱がす楽しみが増えますが。
アウト?セーフ?法律医療のうすい本!

bh05.jpg

キャミの下はとても高級なブラだった、みたいな。

本体を包んでいるのは、厚さも手触りも申し分ない上品なキンタ…きんちゃく袋です。
かつてAppleのジョブズさんは、展示会場入口のドアノブの品質にまでこだわったということですが、フィル・ジョーンズ氏も同質の感性を持っておられるかも。(福々狸オス6号

bh07.jpg

本体ご開帳の前に付属品をチェックしなきゃですね。

こちらはヘッドホンステレオとBIGHEADを繋ぐケーブル(短い方)。3.5Φの出力端子を持つオーディオならなんでも接続可能です。iPhoneやスマホもモチロンOK。

bh08.jpg

同、長い方バージョンです。
短い方と同じ使い方も出来るし、本体のヘッドホンOUTからAUX-inを持つアンプ等へ接続する場合には、コチラの長い方が使い勝手が良いでしょう。

bh09.jpg

本体の充電、もしくはオーディオ・インターフェイスとして接続する際に使用するUSBケーブルです。

カタログのスペックでは、初回は満充電まで3時間、フル充電で8時間の使用が可能とのこと。ただし使用者のレビューを読むと、条件によって時間の幅はあるようですね。

ちなみに、Windows PC上でオーディオ・インターフェイスとして使用するにはASIOドライバのインストールが必要になります。Macは差し込むだけでOK(らしいです)。

bh10.jpg

BIGHEADをプリアンプとして使用する際に使うケーブルですね。
パッシブの楽器を、てっとり早く音作りをした上でアンプに繋ぎたい…なんて場合にはコレ。痒い所に手が届くご配慮ありがたし。(携帯用スクラッチャー MA・GO・NO・TE

bh11.jpg

さァ、ついに本体のご開帳です!

実はこのBIGHEAD、名前のワリにコンパクトだったりして。
厚さはCDケース3枚分、タテ・ヨコの長さは、iPhone5・5Sや一般的なスマホと同じくらい。シャツやデニムのポケットにも入る大きさですよ。全然ビッグじゃないですね。

bh15.jpg

正面の図。充電中につきグリーンのLEDが点灯中。

向かって左手前のノブで全体のボリュームを、左奥で楽器の入力ゲインを調整できます。
iPhoneの音量をフルチ…フルテンに設定して繋いだ場合、ボリュームノブは9時くらいで爆音です。スゴイ増幅パワーで、オラなんだかワクワクすっぞ。(龍球 7cm (七星球)

向かって右手前のノブはトレブル、右奥はベースのブースト&カットが可能。効きは±18dbと可変幅が大きく、回すと楽器のトーンが劇的に変わります(AUX-inで入力された音は変わりません。念の為)。『プリアンプとして使える』というのがまさにこの部分ですね。

あ。一番右の端子がヘッドホン出力端子となっています。

bh14.jpg

背面の図。左から電源スイッチ、microUSB入出力端子、AUX INPUT端子、楽器入力端子。作りはカッチリしています。

全体的に観てもボディは堅牢で高級感がありますね。基本、『持ち運んでヘビーに使うモノ』という視点で作られていますから、多少の衝撃ならビクともしないかも。

bh16.jpg

ヘッドホンとiPhoneを接続するとこんなカンジ。

雑誌やWebのレビューには、『BIGHEADに繋ぐとポータブル・プレーヤーの音も劇的に向上する』…といった評価が数多く見受けられますが、少なくとも私の機材・耳においては特段の相違は感じられませんでした。安いからね。機材も耳もw

bh17.jpg

そして、ついにその瞬間。楽器のプラグの接続です。挿入の時です。
そして、実際に録ってみました。画像のベースで。

カタチとしては、パソコンのDAW上で原曲を録音し、そこへBIGHEADからエレキベースの音を重ねました。
…んが、とにかく、悲しいくらいハッキリとキレイに演奏のアラが録られてしまってますw(パソコン無しのダイレクトだともっとキレイに聞こえます)。モタっていたり、走っていたり、キレてなかったり、繋がっていなかったり、音の強弱のバランスの悪さや、ニュアンスの不適切部分、さらにフレーズの間違いといった部分が、冷酷かつ明確に突きつけられる…その様子をありのまま公開しますので、いかに練習に有効な機材となり得るかをご想像ください。

…つーワケで、お題はCASIOPEA"Looking Up"。ミスやコピー間違いなど、聞き苦しい部分もそのまま録った一発録音。↓のプレーヤーをクリックするか、そのまた下のプレーヤーの再生ボタンを押してくだされ。





さて、今回の機材レポはいかがだったでしょうか?

このBIGHEAD、エレキベースだけでなくエレキギターやエレアコなんかでもOK。音も非常に素直ですので、楽器本来の音をスポイルすることもありません。個人練習や夜間練習、さらに宅録でもチカラを発揮する超強力なパートナー、PHIL JONES BASS社のヘッドホンアンプ、"BIGHEAD"!私、ヤセが自信をもってオススメします!



★★★
★★★★★★★★★★★


ご来訪ありがとうございました!
今年はコレでもっと練習だ!!たぶん!
「オレも買う!」というガッツさんは↓をポチっとすれ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪めでよ人々♪

hnmy.jpg

“超低空発進”がトピックとなっている大河ドラマ『花燃ゆ』です。

昨年の『軍師官兵衛』は、検索ワードでググれば、“ぐん”と入力した時点でランキング1位。しかし今回の『花燃ゆ』は、“はな”と入力しても、1位には『花子とアン』、以下『花澤香菜』、『はなまるうどん』、『はなの舞』と続き、『花燃ゆ』は圏外。その注目度の低さはネットにおいても顕著なようです。

しかしながら、私は注目しておりますですよ。
昨年の『官兵衛』だって、出だしは『こんな黒田官兵衛はイヤだ by 鉄拳』みたいなノリでしたから。『花燃ゆ』の初回・第二話のテイストが『萩の青春物語♥』だったとしても、時代の荒波はすぐそこまで迫っていますからね。松陰さんが密航の罪に問われる頃には、物語もダイナミックになっていくことでしょう。

んで、本題。

個人的にですが、『花燃ゆ』のテーマ曲。私、かなりお気に入りなのです。

吉田松陰が死の直前に遺した短歌、『愚かなる 吾をも友と めづ人は わがとも友と めでよ人々』が題材となった歌詞といい、ベタでストレートな美メロといい、ツボに入りまくり。タイトルムービーも示唆に富んでいて素晴らしいです。
制作陣や視聴者は、“視聴率”なんつー過去のバロメーターなどは意に介さずドラマに向き合うべきだと思いますね。



★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
今年も観るぞ!大河ドラマ!(たぶん)
最後にいつものアイコンをポチっとプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪JOE SAMPLE / SPELLBOUND♪

sp00.jpg

【出会い、そして別れ】

『出会い』は唐突に、何の前触れもなくやって来るものです。

ジャズ・フュージョン界の最前線において、40年もの長きに渡って活躍していたピアニスト、ジョー・サンプル氏。その透明感のあるリリカルなメロディと、躍動的でファンキーなタッチは、'70年代以降のジャズファン、音楽ファンの心を正しく虜にしてきました。

私と、彼の作品との『出会い』は30年前。それはいつも聴いていたFM番組…ではなく、いつも様々なジャンルのアーティストを紹介してくれる音楽通の友人の推薦…でもなく、入り浸っていたレコード屋のBGMとして店内で流れていた…ワケでもなく、その…アレです。・・・・・ジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリ、当時、一般台とか一発台とかセブン台などと言われていた機械が大量に置かれていた、渋谷の某遊技場においてでした(唐突でしょ)。

要するにその時、ジャンジャンバリバリ、ジャンジャンバリバリ出まくっていたなら、私は、正体の判らんボールペンだか万年筆だかの替え芯の束を抱えて両替所でコトを済ませて帰宅の途についていたことでしょう。しかしながらその日は、いつもは大盤振る舞いのカーチスも、ド派手な大当たり演出が熱いレッドライオンも、ロボQもエアプレーンも沈黙。軍資金も底を尽き、手元に残った僅か200発程度を「…もう景品と換えるしかない…(額が少なすぎて換金は恥ずかしい)」という失意の中、景品交換所の膨大なアイテムの中で出会ったのが彼の作品('85年発表作"ROLES")だったのです。唐突でしょ。

sp01.jpg

遊技場で彼の作品と出会って以来30年、"The Hunter""Carmel"、と、サンプルさんの足跡を遡ったり、その後の作品"Invitation""Sample This"等、リアルタイムに近い形で彼の作品を楽しんできたワケですが、出会いが唐突なら別れもまた突然。昨年の9月12日、ジョーさんは天に召されてしまいました。

2014年6月25日より、ワーナーから、『FUSION BEST COLLECTION 1000』シリーズとして、多くのアーティストたちの名作が限定生産のリマスター復刻版で多数ドロップされています。彼の作品も24bitデジタル・リマスタリングされ、高音質化された盤を1080円で楽しむことができます。今回のプッシュはその中のコレ、"SPELLBOUND"。ジョーさんの美味しいところが、名プロデューサー、トミー・リピューマのタクトによって見事に引き出された傑作です。現世にジョーさんは居ないけど、ジョーさんのピアノは永遠。景品交換所で手に入れた"ROLES"のカセットテープ版も宝物です。ありがとう、ジョーさん。感謝。




ラ↓

JOE SAMPLE
/ SPELLBOUND(1989)


01.SEVEN YEARS OF GOOD LUCK
02.SPELLBOUND
03.SOMEHOW OUR LOVE SURVIVES
04.ALL GOD'S CHILDREN
05.LEADING ME BACK TO YOU
06.U TURN
07.BONES JIVE
08.LUNA EN NEW YORK
09.SERMONIZED
10.LOOKING GLASS




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
本年もよろしくお願い申し上げます!
最後にいつものアイコンをポチっとプリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

■謹賀新年2015!■

2015.jpg

HAPPY NEW YEAR

2015

お願す!


テーマ : ごあいさつ    ジャンル : その他

 

 


 
« 01 2015 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。