■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪EARL KLUGH / Sudden Burst of Energy♪

sboe00.jpg

【リゾートへ行けないヒトへ】

「卒業旅行で行ってきました~♪♪来週からはパート2の台湾です~♥」と、職場のバイトさんからマカダミアナッツチョコレートを頂戴しました。

時を同じくして、隣のお店の方から草津のブランニュー温泉まんじゅう、さらに別の方からは『白い恋人』………と和解が成立したよしもとのゴーフレット『面白い恋人』をいただき、ここ数年お土産を一方的に頂いている(お金もヒマも無い)自分が何だか不憫に思えてくる今日この頃。…イイなァ…ハワイ~

………そんなワケで本日のピックアップ作品は、私と同じく『一方的に頂いている』方々へ贈るリゾート体感系(?)アルバム。コンテンポラリージャズ界のギター・ジャイアント、EARL KLUGH(アール・クルー)が'96年にドロップした"Sudden Burst of Energy"。クルーさんの穏やかなアコースティックギターとスムースなアレンジが、リゾートのラグジュアリーな空気を運んでくる好作です。早速聴いてみてみて。



…イイなァ~…ハワイ…

いや、こりゃ逆効果か?っつーくらいにリゾートでしょう、コレ。
お聴きいただいているのは、アルバムのオープニングナンバー、"Happy Song"。このリラクシングなグルーヴ、たまりませんでしょう?目を瞑ればソコはワイハ~ってなもんですよ。

ハイ、このリラクシングの素。探ってみると、このアルバムに参加したメンバー達に起因する所が大のようです。すなわち、クルーさんとは『以心伝心の仲』とも言えるクルー・バンドのツアーメンバーがコアとなっており、クルーさん始めメンバーの一人一人が、実にのびのびとリラックスしてプレイしてるんですよね。レコーディングも一発に近かったんじゃないかと。

sboe01.jpg

ちなみにコチラの作品、以前ご紹介したジョー・サンプル氏の"Spelbound"と同じく、ワーナーの"FUSION BEST COLLECTION 1000"シリーズにラインナップされています。24bitデジタルリマスタリングの高音質、お値段は1,000円(+税)!私と同じく貧乏暇なしの境遇でも1,000円くらいなら…







hyssnsi.jpg

「あるでしょ」





★★★★収録曲コチラ↓★★★★



EARL KLUGH
/ Sudden Burst of Energy(1996)


01.Happy Song
02.Maybe Tonight
03.Sunset Island
04.I'll Be Waiting
05.The Wiggle
06.By The Sea
07.Only You
08.Slow Boat to Rio
09.I'll Be Waiting(Reprise)
10.Till The End Of Time
11.Open Road




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
そして本作の邦題は“そよ風のオアシス”。
…10点満点!!マイナス10!!
「同感だ!」と思った方は下をクリック!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪決して数えてはならない…♪

mi13.jpg

そう、その投資額を数えちゃならんのです。我々アマチュアプレイヤーは。
経済的には一文の得にもなってないワケですから。

楽器道という終わりなき道へ迷い込んでしまって早や幾年、大掃除をしてみたら、押入れの中から出て来るわ出て来るわ、ムダな投資の数々が。「その間違いを記憶から消したい」…けど捨てるのは悔しい(お金払っちゃったから)。そんな愛し………くもなんともない品物の数々を本日は晒し上げ。BGMは春っぽくスティーヴ・コールさんで。再生してスクロールGO♪



----------

mi03.jpg

さて、一発目はコレ。20年以上のブランクを経て、再びエレキベースをいじくりだした頃に購入した、ZOOM社のマルチエフェクター、B1

「コンプにEQ、歪み系やモジュレーション系、おまけにチューナーまで付いてる!スゲェ!」

と喜んで買ったまでは良かったけど、コンプはアタックの調節が効かず、EQは3バンドのみ、歪み・モジュレーション系は良く考えたら使わないし、チューナーの精度はかなり大雑把で「違った…」感全開。押入れ行き第一号になった名機です。当然のことながら、コンプ、EQ、チューナーは全て単体で買い直しです。数えちゃいけない…金額は。

mi06.jpg

本格的にベース弾きを復活させよう!と決意し、その後ロクなリサーチもせずに衝動買いした6弦ベースに使われていた弦、のセット、の残骸。

…そもそも4弦ベースでさえキチンとミュートできないへっぽこな腕前なのに、6弦ベースなど弾きこなせるハズも無く、悪戦苦闘の挙句、購入後わずか半年足らずで、買ったショップに買い取ってもらった、その残骸でございますことよ。

「ええッ!?もう手放すんですか!?全然使ってないじゃないですか!」と言って驚いていた店員さんの、その驚きは買取値に全く反映されず、返って来た金額は購入金額の2割以下。…数えちゃいけない…。

mi09.jpg

4弦のベースに回帰してからの試行錯誤も、押入れの中にありました。

左、ダダリオのニッケル製スーパーライトゲージ。
ややブーミーな当時の愛器のトーンを考慮し、細めの弦を買い求めてはみたものの、どうやら細すぎたらしく1弦が2時間もしないうちに切れるという現象が頻発。3回切った時点で

#(ノ゜皿゜)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵ ドンガラガッシャーン!!

右。ならばいっそ、と、太めで強いギラギラのスティール弦を購入したら、今度は弾いている指が1時間もしないうちに削れ始め、やがては痛みと出血に襲われるハメに。「ベースを弾くのってこんな大変なコトか?」と悩んだ果てに行き着いたのは

mi11.jpg

御大のシグネチャー・モデルの弦。

あ、コレは「買ってよかった」の方ですから。音も弾き心地も、耐久性も◎です。ココに行き着くまでの出費ときたら、それはもォ… …いや、数えはせん!!数えはせんぞー!!エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO ドズル・ザビ

mi07.jpg

ちなみに、その後に手を出した(また出したのか)5弦ベースの替弦はコレです。可もなく不可もない、そしてハズレがそこそこ混ざっているビミョーなブツだったりするので、コレに替わる35インチセット無いスかねぇ…。

mi01_20150214153901535.jpg

あまりに安いと、それがどんなに素晴らしいものであっても、有難味に欠けてかえって重宝されない、の典型。ベリンガー社のベースドライバー、BDI21

…重宝されないどころか、パッケージから出されてさえいない状態です。

数年前に某楽器店で、『ベリンガー感謝祭!サンキュー価格でご提供!』なんつー催しがありまして、そこで値段もそのまんま¥999(サンキュー)で入手した物なのです。つーか、コレ、普段はいくらで売ってるものなんですかね?ホントにお得だったんか??

mi02_201502141540061f2.jpg

ペダルが増えてくると発生してくる電池代の悩み。それを、手持ちのAC電源一個と、電池5個程度の価格のコレ(画像のブツ)があれば、将来ずっと気にしなくて良い…と、店員さんに言われて買ったマルチ電源コードです。




言ったよね。


言ったよね?





「ペダル5個までいけますよ」って。





…とんでもないハナシです。
繋げられるのはせいぜい2個。

5個も繋いだら、アンプから排水パイプの故障したトイレの洗浄音が出ます。全然電力不足。「ぷぎゃー!びろびろ~ぶぶぶ~!」みたいな。(ニューラバーカップ 大(Φ15.4cm)

そして、一度夢見た電池レスの甘い生活は、そのマルチ便器…じゃねえ、マルチ電源コードの何倍もお高いパワーサプライがやって来るまでお預け。…ああ、そうさ。数えはせんさ。

mi10.jpg

平成20年購入のソプラノサックスの保証書、および、そのお手入れキットです。

それまでサックスを吹くコトはおろか触ったことすら無かった私が、3万円という破格の安値と、美人販売員の絶妙なセールストークに後押しされ購入に踏み切ったソプラノサックス。…そうですか。あれから7年近くになるのですか。

うん。吹いてない。

吹いた時間の総計は、7年間で7時間くらいだと思う。

曲はいくつか残した。元データは去年フッ飛んだけど。

…3万円ね…3万円…。(カシオ カラフル電卓 ミニジャストタイプ 10桁  シトラスグリーン

mi00_20150214154227c64.jpg

ある楽曲の、ギターのパートのためだけに購入したVOXのワウペダル、V845

オート・ワウではどーしても出せないニュアンスを、足元で自由にコントロールしようと思い購入…したものの、本来ギター弾きではない(手元すら自由でない)自分が、弾きながら足を自由に操れるハズもなく、アッサリ押入れへと直行した逸品。稼働時間の合計はおよそ70分。耳をすますと、この商品の設計者や制作者の嘆きが聞こえてきます。

mi04.jpg

ギターの弦も、ベースのそれに負けず劣らずやっちまってます。

ブルース、ジャズ、ロックをやらないのにも関わらず、ブルース、ジャズ、ロック用の弦を、ご丁寧に3セットパックで買っちゃってます。

実際にギターへ張ってみたら、コレがキョーレツに太い!硬い!痛い!ビブラートは罰ゲームのごとく、チョーキングに至ってはほとんど拷問です。

「ギター弾くのってそんな大変なコトか?」と悩みました。(【HUGE MAN】ヒュージマン増大ボクサーパンツ

mi12.jpg

最後はコレです。ヤマハのリズムマシン、RX17

20年以上の休止期間に入る直前に購入したブツですね。当時、バンドで作ったオリジナル曲のドラムパターンがそのままメモリーされてましたよ。その一曲でバンドは解散したけどねぇ。それを作るために買ったものだし役には立ったかな。それ以来一度も電源入れてない。

要するに…その一曲分しか使っていない。

…投資額は数えませんから!

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
数えませんから!クリックおながい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪OLE BØRUD / STEPPING UP♪

su00.jpg

【北欧発ハートフルAOR!】

オーレ君がまたやってくれました!

世のAORファンを狂喜させたデビューアルバム"Shakin' The Ground"から3年、通算4作目となる本作は、そのデビューアルバムの流れを汲むピュアでストレートなAOR作品ですよ!

「ボズがたまらなく好き」
「ペイジスなんかも大好物」
「スティーリー・ダンにゾッコンだ」
「ドナルド・フェイゲンの新作マダー?」
「ジャミロやインコを聴くと下半身が疼く」

…みたいなの項目に、一つでも共感する方であれば、の楽曲を聴いてスグに涙ボロボロ。聴き終わる頃には、その下の尼のリンクをクリックして、その翌々日にはオーレ君のアルバムを入手しているに違いありません、Maybe。



どーですか、この美メロ。ハートフルで懐かしいでしょ?
ナミダ目になってきましたでしょう??

本場米国では絶えて久しい正統派のAORが、ノルウェーの、しかも今のこの時代に引き継がれていることの奇跡を、私達は感謝すべきだと思うワケです。彼、オーレ・ブールード君へ。

でピックアップした楽曲Maybe以外にも、EW&Fを彷彿とさせるファンク・チューンThink Twice、ドナルド・フェイゲンの遺伝子を伝えるUptown Citizen、ボズの"Middle Man"あたりのソフィスティケイトされたアレンジが好印象なDriving、オーレ君の非凡なソングライティング能力が惜しみなく発揮されたEverywhere I Go、日本盤に収録されているボーナストラックTouch The Skyなどが私・ヤセのパワープッシュです。

'70年代から'80年代に、AOR、AC、NACにドップリだったご同輩の方々、迷うことなかれ。聴けばトリコとなること間違いなし!今年のオーレ君の活動にも要注目ですよ!

su01.jpg


収録曲コチラ↓


OLE BØRUD
/ STEPPING UP(2014)


01.Think Twice
02.Maybe
03.Uptown Citizen
04.Giving Myself A Break
05.Stepping Up
06.Keep This World Alive
07.Turn Me Around
08.Driving
09.On And On
10.Everywhere I Go
11.Touch The Sky(Bonus track)




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
自称オーレ君応援団団長の私へ、
愛と激励のクリック・プリ~ズ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : 洋楽    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪Back to 19XX♪

YAMAHA SPX90 00

西暦19XX年。地球は核の炎に包まれる…ことはなかったけれど、その年がスタートして早々にアメリカのスペースシャトルが炎に包まれ、伊豆大島の三原山が大噴火。
ソ連のチェルノブイリ原発がドカーン!メキシコ・ワールドカップでマラドーナがドカーン!ドラクエ(第一作目)の発売でRPGブームがドガーン!たけチャンがフライデー編集部を(ry

スケベーなスキップ・ビートに胸躍らせて、CHA-CHA-CHAな仮面舞踏会でバレンタインデーキッス。時の流れに身をまかせることもやぶさかでなく、蝋人形の館を冬のオペラグラスで覗けばそこにはモーニングムーン(ダメダメ!!それはダメだよ)。すなわち1986年です。

の画像は、その1986年に我が家へやって来た、当時の最新鋭機材。この画像を見ただけで「うををを~!」とコーフンした方は、おそらく同年代の方、あるいはホテイさんのファン、もしくはコアな機材フェチの方でございましょう。

YAMAHA SPX90 01

ど~ですか、この美しいLED。ノスタルジックというよりも、何かこう、風格のようなものを感じますね。30年も前の機材とは思えない洗練された姿です。そう、コレこそが、現代まで連綿と続いているマルチエフェクターの元祖、ヤマハSPX90。空間系、ダイナミクス系、モジュレーション系などの様々なエフェクトを内蔵し、その操作性の高さとクリーンなサウンドで一世を風靡した名機です。

YAMAHA SPX90 02

YAMAHA SPX90 03 

…押入れの中で放置刑を食らわせていた(存在を忘れ去られていた)のにも関わらず、通電されれば即現役機として復活。驚いた事に、5年でタイムリミットとなるハズのパッチメモリーも、30年前の設定をそのまま記憶しておりました。

現在、コレを使って新曲を制作中。乞うご期待!?
……というワケで、本日のピックアップ・ナンバーは、その'86年にリリースされたリーさんのアルバム、"Earth Run"から"Soaring"。同じ時代を共有された方、お懐かしみあれ。



★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ホテイさんのアレにスタンダップな方、
下のアイコンをクリックすれ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 02 2015 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。