■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪ベーシスト向けキャリブレーション楽曲まとめ♪

basses.jpg

5月もいよいよ終わり。夏がやって来ますね。ベーシストの皆さん、調子はいかがですか?
ブインブイン演ってますかね??

「…いや、最近どうも…」とか、「調子出ねえなぁ」とかおっしゃる方。解ります。
特に、私と同じアマチュアのプレイヤーの場合は、日によって、また時と場所によって大きな好不調の波があるもの。皆さんも経験がおありでしょう。すなわち…

(いつもは出来るのに)
「曲のグルーヴに乗れない、グルーヴを作れない」
「曲のリズム、スピードがいつもと違う感じがする」
「左手と右手が上手く呼応しない」
「自分の愛器が劣化したと感じる」
「自分がド下手だと感じる」
「ヘンな汗が出て来る」
「5月病にかかっているのでは」
「自分はダメ人間なのでは」
「明日、医者にいこう」
「みなさんお世話になりました」

ハイ、待って待って。本日は、アナタがこんな大変なコトにならないために、『ベーシスト向けキャリブレーション楽曲』をご用意いたしましたのでご注目ッ!!聴けば明快、コピれば爽快。調子の上がらない時でも、合わせて弾けば自分の感覚をキャリブレート(修正)してくれる全4曲。コンセプトは、“楽しく弾いて自分のプレイを取り戻す”!詳細は

★★★★★★★★★★

THE KNACK / My Sharona
「イキナリそれを出すか?」と言うなかれ。出しますよ。カンタンだもの。ロック好きなベーシスト、リッケンバッカー使いならマストソングですからね。あ、今回の裏コンセプト。楽譜なんか無くても読めなくてもコピーできる楽曲のまとめです。演ってみてね。



DAVE GRUSIN & LEE  RITENOUR / Beyond The Storm
イヴァン・リンスのヴォーカルが熱く切ない名曲です。ベースもシンプルながら非常に歌心のあるメロディーで、弾いていると楽曲の世界に没入していけますね。4分10秒を過ぎたあたりのギターソロのバッキングなど、弾いてる自分に酔えますよ。オェ~。



EARTH, WIND & FIRE / After The Love Has Gone
デヴィッド・フォスターのペンによるアースの代表的バラード・チューンですね。上に挙げたのと同じく“没入系”。この曲を弾いていると、音を『出す』、『止める』、『歌わせる』の感覚が蘇ります。他のアーティストのヴァージョンでも同様の効果アリ。



HUEY LEWIS & THE NEWS / If This Is It
最後のオススメはコレ。意外でしょ?ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースですよ。おそらくベースを始めて1年経たない方でも“楽しく弾ける”ナンバーだと思います。弾きながら歌える方は、バックコーラスに合わせて歌ってみてください(歌詞付)。チョー気持ち良くなれますよ。



★★★★★★★★★★

そんなワケで本日のセレクト曲、いかがだったでしょうか。

「いや、もっとイイ曲がある!」という方、紹介プリーズ。


★★★★★★★★★★★★★★


ご来訪ありがとうございました!
5月病に、負けるな新人!負けるなベテラン!
寝て覚めたら次の日だ!
本日もアナタの清き1クリックをポチっちとなー。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪BONEY JAMES / futuresoul♪

ftsl00.jpg

【This is B.J】

「これぞボニー・ジェイムス!」という完璧な一作がドロップされました!

ボニーさんの通算15作目となるアルバム作品、"futuresoul"。モダンでクール、スムースでセクシー。「今夜は勝つ!!(絶対食う!!)」という状況下において威力を発揮する、男子必携の男前度400%UP作品となっています。まぢで。
つーか、もォ、とっとと聴いてみてみて。





ドーデスカ。この抑制の効いたテナー。饒舌でありながら決して語り過ぎないところがまたニクイ。無機的なオケの中で妖しくキラめくフレーズの数々に男も濡れてしまいそう。
【大人用おむつ】【パンツタイプ】・サルバDパンツ しっかりガード長時間

いや、それはともかく、今作の"futuresoul"。他でもないボニーさんのサックスのトーンに変化が感じられます。
アルバム全体のイメージこそ、前々作"Contact"以降のアーバン・ソウル路線を継続・踏襲していますが、その中で主役となるボニーさんのサックスの音色が、よりラウンドでウォームになり、さらに、これまでよりもフォーカスされ、音が“抜けてくる”イメージなのです。
それによって、ボニーさん“らしさ”とも言える抑えの効いたフレーズが、より明確に伝達されるのと同時に、彼のもう一つの特徴であるパワフルなブロウと、その一歩手前のギリギリの所で現れる緊迫感がビリビリ伝わって来るんですね。非常に鮮烈な印象です。

それともう一点。このアルバムの中で使用されている、テナー、アルト、ソプラノサックスのトーンのまとまりについて。
コレ、なんと表現したら良いんだろ。とにかく、まるで一本のサックスで、テナーの下の音からソプラノの上の音までカバーしてるんじゃないかと思うくらい(もちろんそれはあり得ないけど)3種のサックスの音のイメージが同一なのです。
今まではテナー以外のサックスをボニーさんが吹いても「ボニさん??みたいな?」だったのが、このアルバムのアルトやソプラノは「ボニさんで間違いないべ」と思えるくらいその効果は絶大。アルバム全体での楽曲の均一感へも大きな影響を及ぼしています。

ftsl01.jpg

オススメのトラックは、でピックアップしたdrumlineの他に、マルキス・ヒルのトランペットをフィーチュアしたvinyl、ファンなら最初のワンフレーズで「それ」と判るボニー節満載のa little attitude、ボニーさんのアルトとニキータ・クリクロウのヴォーカルが切なく交錯するwatchu gon' do about it?、同じくアルトサックスを緩急自在に操ったthe moment、ボニーさんの真骨頂とも言える“歌いまくる”テナーサックスが特徴的なアルバムタイトル・トラックfuturesoulなどなど。ボニーさんのファンも、そうでないヒトも、「2年も待った甲斐があった!」と口を揃えるであろう快作です。

真夏の夜の夢。勝負の時。迷わず聴けよ。聴けばわか(ry


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


BONEY JAMES
/ futuresoul(2015)


01.drumline
02.vinyl
03.a little attitude
04.watchu gon' do about it?
05.either way feat. stokley
06.hand in hand
07.fortuneteller
08.the moment
09.futuresoul
10.far from home feat. marquis hill




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
2年待って、発売日にスグ聴きたいと予約したのに、
1週間以上待たせた尼損に全米(オイラ)が泣いた。
本日もアナタの清き1クリックをプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪THE SAX PACK / Power Of 3♪

po300.jpg

【パーティー継続中♪】

引き続き開催中でした!世界一スムースなサックス・パーティー♪

昨年の10月、拙ブログの記事における、『2009年の2ndアルバムで終了?そんなぁ…』という悲観的な声を受け取ってくれたかどうかは別として、今年、2015年の4月、ついに待望の3rdアルバム"Power Of 3"がドロップされました!『パーティー継続中♪』というコトで。

はい、ナニはともあれ、シャナキーの公式PVを観て、聴いてくだされ。世界で最もスムースなサクソフォニスト3人衆の、キープ・コンセプトな快演が楽しめます。



ドーデスカ。この、「日本ノ皆サンノ、GWノ、タメニ、用意シマシター」的なパーティー・チューン。ロマンティックなキム兄ィ(アルト)、テクニカルなカシワさん(テナー)、歌心が止まらないコールさん(テナー)。6年経っても変わらないスムースさ。3人で仲良くハンドクラップしちゃったりして(皆OVER40)楽しいんだからあ♪(幸せなら手をたたこう

本アルバムも1st、2nd同様、王道のスムースジャズを爽やかに突き進む好作。“第4のサックスマン”デヴィッド・マン氏も引き続き手腕も発揮し、3人の緊急時の代役としてステージを任された、“躍るサックスマン”マーカス・アンダーソンもフィーチュアリングされ、そのパーティにファンキーな存在感を誇示しています。

po301.jpg

でピックアップした以外にも、往年のダンスフロアを想起させるDisco Here、ジェリー・ジョンソンのリズムギターがグルーヴをリードするShine On、カシワさん大活躍のLike Old Times、超絶ファンキーなアルバムタイトル・チューンのPower Of 3、3人+マーカス・アンダーソンのヒートアップしたソロ合戦が聴きモノのWhat's The Time、「逆リックロールかw」と思っていたらホントにリック・アストリーのカヴァーだったNever Gonna Give You Up等々、捨て曲ナシの充実したアルバムとなっています。

急げば間に合う(?)ゴールデンウィークのBGMにもゼヒ。


★★★★収録曲はコチラ↓★★★★


THE SAX PACK
/ Power Of 3(2015)


01.Sooner Or Later
02.Back In Style
03.Disco Here
04.Shine On
05.Like Old Times
06.In To You
07.Power Of 3
08.When Morning Comes
09.What's The Time?
10.Never Gonna Give You Up




★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
リックも好きだ!(いっぱい釣られた)管理人へ
アナタの清き1クリックをプリ~ズ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : SmoothJazz    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 05 2015 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。