■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪そして挿入…♪

IMG_1768 2

「本体にバッテリーを収める場所が無え!」という前回からの続きです。

この時点まで何のトラブルも無くやってきて、最後の最後に無情の結末。「元に戻すのはどーしてもイヤだ!」でも、「バッテリーがベース本体からブラブラしてるのはもっとイヤだ!」…つーワケで、プロのショップ数軒へ見積もりを頼んでみました。そしたら…

⚫️加工に10,000円以上(平均)
⚫️場所によってはプラスα。
⚫️納期は2週間から1ヶ月以上。
⚫️「普通、こうなる前に考えますよねw」的な指摘
⚫️「上等じゃねーかこんちくしょー(涙)」と私
⚫️「もォ絶対頼まないからー!(泣)」と私

「こうなったら工具買って自分でやる!!」と決意してホームセンターへ。

⚫️ザグリ用のドリル刃1,000円(くらい)
⚫️それに必要なトルクを持つインパクトドライバー10,000円以上
⚫️「お客さん初めてかい?ケガしなきゃいいけどねw」的な指導
⚫️失敗する確率が高い上に、ショップと大差の無い出費
⚫️「上等じゃねーかこんちくしょー(涙)」と私
⚫️「もォ絶対買わないからー!(泣)」と私



・・・・・。



・・・・。



・・・。







だいたいおまいら素人がなんとか助けてくだちいと相談しているところに「素人だな」とか身も蓋もない物言いヒドイじゃねーかと思いますそれからドライバーをドリャイバーと噛んだのがそんなに面白かったかこの野郎誰がおまいらの助けなど借りるもにょかこーなったら自前の彫刻刀でケリをつけ・・・



・・・・・。



・・・・。



・・・。



“彫刻刀”!!



IMG_1797.jpg

そうだよ!彫刻刀があったじゃないか!

IMG_1798.jpg

『善は急げ』だ。ちょっとずつ彫っていけば大失敗にはなるまい。

IMG_1792 2

ゴリゴリゴリ…

ゴリゴリゴリゴリゴリ…

ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ…

IMG_1793 2

おお〜いけるいける。

ゴリゴリゴリゴリ…

ゴリゴリゴリゴリゴリ…

ゴリゴリゴリゴリペキョン。

・・・・・








!!!(;゚Д゚)!!!





IMG_1799.jpg



まだ7往復くらいしか掘ってないのに最も使い勝手の良い丸刀が割れるとか神様は本当に居るのでしょうかそもそも彫刻刀で楽器に手を掛けるとか聞いたことないからきっと私が間違っているのでしょうこのまま中途で彫るのをやめてしまったら周りから「アイツは中途で彫るのをやめてしまったヤツだ」と言われてしまいとても悔しいですどうしたらよいのでし

----------

IMG_1792 2

とにかくひたすら彫ることにした。

-------------


ゴリゴリゴリ…


ゴリゴリゴリゴリ…



ゴリゴリゴリゴリゴリ…



・・・・・・。





-------------



苦闘すること6時間あまり。






IMG_1794.jpg

完成!

IMG_1795.jpg

ブサイクだけど彫り上がりました!(喜)

IMG_1796.jpg

バッテリー挿入!!!!!

IMG_1781.jpg

なんとか収まりました!

IMG_1782.jpg

ついでに、ノブはブラスのドーム型からジャズベ標準のプラへ変更しました。

IMG_1780.jpg

ほぼ完成です!このスクワイヤー“手彫り”ベースのサウンドは次回にて!!

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
音は何とか無事に鳴ってます。
曲ができたらうぷします! 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪終了間際の大誤算!♪

IMG_1749.jpg

前回に引き続き楽器ネタです。こんばんは。

電気の知識、工具やスキルが無くても、「安心してください。換えられますよ」のEMGピックアップ。手元に届いて早速開封・取り付けを敢行いたしました。

IMG_1750.jpg

今回購入したのは5弦ベース用の"J5 SET"。弦間のサイズを問わないバータイプのアクティブ・ピックアップで、左がネック側用、右のやや長い方がブリッジ側用となっています。

IMG_1753.jpg

ひっくり返してみたの図。

他社のピックアップだとナマのリード線がびよ〜んと出ているのですが、EMGは端子のみ(白いカバーの付いている部分)。そうなんです。このピックアップは、接続の全てがプラグ・ソケット状になっていてハンダを使わなくても済むように設計されているのです。

IMG_1755.jpg

セット内容は、ピックアップ本体×2に加えて、ボリューム・コントロール用ポッド×2、トーン・コントロール用ポッド×1、シールドジャック×1、バッテリーソケット×1、そしてそれらを接続するための配線一式。これだけ揃って実売18,000円を切るとは恐るべしEMG。恐るべし音屋さん。円安が反映してなくて良かった〜。

IMG_1754.jpg

懇切丁寧な接続ガイドも付いています。不親切なメーカーだと回路図一枚で終わりですからね。こういうキメ細やかさは30年以上の歴史を誇るリプレイスメント・ピックアップメーカーならでは。ホントにありがたい、ありがたい、ありが…た…???

IMG_1754 2

・・・・・。





マニュアルは英語だった件。





・・・・・。





『ハンダは要らないけど語学力は必要』ですか。そうですか。

まあ、絵を頼りにやるしかニャイ🐈

・・・・・。

いや、その前にオリジナルのピックアップ、コントロール部を外さなくては、だ。


IMG_1757.jpg

まずはコントロール部から…。

IMG_1758.jpg

弦を外し〜の。

IMG_1759.jpg

ピックガード取って、コントロールプレート外し〜の。

IMG_1760.jpg

ついにピックアップも外されました。人間で言うとほぼ全裸のポーズあります。

IMG_1762.jpg

絵図に従って接続。差し込むだけ。英語苦手でも無問題。EMGスゲエ。

IMG_1764.jpg

絵に従って繋げるだけ。複雑そうに見えても全部繋げるまで僅か15分程度しかかかっていません。これが全てハンダ付けだったら終日コースです。私なら。

IMG_1765.jpg


ベース本体にインストールする前に、念のため動作確認を行います。…というか、絵図の通りに接続してますから音が出るに決まっています。なんてカンタンなんでしょう。自分の能力を省みて、(珍しく)事前のチェックを綿密に行っただけのことはあります。

IMG_1767.jpg

いよいよ両ピックアップのマウントです。

(珍しく)あらかじめ寸法チェックを行い、ピッタリそのままのサイズで換装できることを作業前から確認済み。外形寸法もネジ穴の位置も同一であることも(珍しく)調査済み。従ってこの作業も速攻で完了です。と、申しましょうか、これだけ用意周到にやってるのですからトラブルなんて起こりようがありません。

IMG_1768.jpg

あとはもうバッテリーを収めてコントロールプレートをはめ込むだけ。カンタンすぎて張り合いが無いくらいの簡易作業ですわ♪まァ、前もってシッカリ準備してますから当然ですがね。

さて、それではバッテリーを収め・・・。

バッテリ・・・。



・・・・・。







・・・・。









!!!!!(;゜Д゜)!!!!!








バッテリーを収める場所が無え!!!



IMG_1768 2


忘れてたああああああああああ!!


★★★
★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
最後の最後にこの体たらく。
このままだと電池ブラブラの狸の置物!
これからどうなる!?次回へ続く!! 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪調子に乗って突き進む!♪

IMG_1756.jpg

前回、チューナーの換装をサクッと成功させ、ヘッドの軽量化を実現した私。今度は調子に乗って電装系の換装を決意いたしました。

画像はデフォルト状態のピックアップ、"Fender-Designed Single-Coil Jazz Bass Pickup"、および、2ボリューム・1トーンのコントロール部。
クラシカルなジャズベース・サウンドを彷彿とさせる、“らしい”音が魅力の一品…ではあるものの、周りの電化製品のノイズを拾いまくるパッシブ回路と、かなりの修正を掛けないと『抜けてこない』ローファイな出音が気になっていたのも事実。ですので、「この際電装系も交換してしまえ!」となったワケで。

…とはいえ、です。

実を言うとワタクシ、電装系の改造に必須である、電気の知識・道具を何一つ持っていないだけでなく、お金も無い。ヒマもそんなに無い。根気も全く無い。とりわけハンダのスキルに至っては、中学時代、技術家庭科の授業・“ラジオの製作”で、完成時に自分だけ音が出なかったのみならず、再製作でも、如何なるスイッチを切っても電池を抜くまで音が鳴り続ける悪夢のようなラジオを完成させてしまったトラウマ付き。「おいそれ」とは取り掛かれないのです。

必然、改造への道のりは困難を極めました。(ココから先はBGMをドゾ)



さて、多くのベーシストが語っています。「バルトリーニのピックアップが鉄板だ」と。別のある人は「アギュラーのプリアンプが出すミッドの存在感は抜群」と太鼓判を押し、ノードストランド・ピックアップの出力するクリアなトーン、ノル・エレクトロニックのナチュラルなアクティブサーキットも絶賛されています。

ところがオイラと来たら、

⚫️予算は2万円に届かない
⚫️アクティブじゃないとイヤ
⚫️ボディの加工はできない
⚫️ハンダ付けはしたくない
⚫️人の手を借りたくない
⚫️ノイズレスじゃなきゃダメ
⚫️ハイファイじゃなきゃダメ

…と、条件だけは妥協できない。

前述したピックアップ、アクティブサーキットは、単体でも15,000円から30,000円。セットで買えば、改造しようとしているベースがもう1本買えてしまう額に到達します。しかもハンダ付けは必須。取り付けを職人さんに頼もうものなら更に20,000円プラス。ボディの加工が発生すればまたプラス…。

「もう絶対ムリだべ…」

と、諦めかけていたその時でした。

ヤホーのオススメ商品コーナーで、その『無理難題言いたい放題』の条件を完璧に満たすブツを偶然発見してしまったのです。(ほう)『いーえむじー』って知ってますか?(今更ですかハナワさん)

IMG_1748.jpg

"EMG J5 SET"!

⚫️お値段17,496円!
⚫️5弦ベース用アクティブ・ピックアップ!
⚫️既存のピックアップと同サイズ&ビス穴位置も同じ!
⚫️ハンダ付けの要らないプラグ接続のみ!
⚫️セールスポイントはノイズレスでハイファイ!

「キター!!」というワケで、改造の顛末は次回!!(引っ張るよ)

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
なにげに本記事が更新888回目!
お付き合いいただき感謝御礼申し上げます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪ケツの一撃!♪

6.png

前回のエントリー、『君の重さに耐えられない』の続きです。

ハイ、別れた後のブランニュ〜・パートナーはドS。
その名も、上の画像の通りの“ケツの一撃”。すなわち"HIPSHOT"

IMG_1769 2

私の所有する5弦ベース、Squier Vintage Modified Jazz Bass V 。“ヴィンテージ”と銘打たれたモデルに相応しい、'70年代のジャズベを範とした仕様がウリなワケですが、とにかくヘッドがクソ重い所が難点でございました。

その重量増の主要因となっているのがコレ↓。クラシカルなオープンギア・チューナー×5。

重いペグ00

大ざっぱに重量を計測したところ、ペグ1セットで100グラム超の重さがあり、それが5個だから500グラムを超える物体がアタマに装着されているんですよね。演奏しているともォ、落ちるわ下がるわでバランスの悪いことといったら

そしてついに、「こんな重い君なんかとはお別れだ!」と相成りまして、“キラキラの君”から“色黒の君”へ乗り換えちゃいました。

IMG_1770 2

右:キラキラの重い純正チューナー
左:色黒のHIPSHOT製HB6C-1/2" Ultralite Tuner

ペグのクローヴァーの大きさはほぼ同等。しかしHIPSHOTの方は、ギアの大きさ・薄さ、台座部分の面積が大幅に縮小されています。
その重量は、公式サイトによると、なんと驚異の57グラム!純正と比較すると、5個分の重さで約215グラムの軽量化となり、例えるなら、ヘッドに付いていた満杯のペットボトルが缶コーヒーに変わったくらいの感覚です。“激変”ですね。

IMG_1744 2

“キラキラの君”。さよおなら。

IMG_1773 2

“色黒の君”。こんにちは。

IMG_1742.jpg

さよーなら。

IMG_1772.jpg

こんにちは!(キラキラちゃんのビス穴とビスはそのまんま)

IMG_1741.jpg

本当に君は重かった!さいなら!

IMG_1779.jpg

これから末長くヨロシク!!

----------------

ちなみに、注文をした音屋さんのウェブページには、

楽器の音色の中域に変化を及ぼし、タイトで引き締まった、アンサンブルにおいてヌケの良いキャラクターに変化することも大きな特徴』

…と、ありますが、オイラには全然実感が無いです。本当にありがとうございました。

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
次の改造は管理人初の『ピックアップ交換』!
「やれー!」という方は下のボタンをクリックすれ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 

 

♪君の重さに耐えられない♪

5.png

…うん。もう無理だ。

僕には耐えられない。

君と出会って1年ガマンした。でも、もう限界だよ。

キラキラな君。大好きだった。

でも、僕には君の存在は重すぎる。

だから…。


君とはお別れだ!





重いペグ00

“君”、つまり、オープンギアのペグ!

4個でも十分に重いこのペグが、オイラのスクワイヤーには5個(ヘッドもデカイし)。

重いペグ01

ドーデスカこのメカメカしさ。

いや、見た目はキライではないのです。このトラディショナルな造作が、ヴィンテージ感とジャズベの重厚感を醸し出していることに間違いはない。キラキラの、いかにも金属!という風体も魅力のひとつなんですよね。

…しかし、それにしても、ですよ。

とにかくクソ重いのです。

重いペグ02

ハイ、そんなワケでワタクシ、初のペグ交換に踏み切りまする。

小学生時代の図画工作は“がんばりましょう”。中学の技術家庭科の評点は5段階の
それでも…やればできるさ。たぶん。
出来上がりは近日中に公開。たぶん。

★★★★★★★★★★★★★★

ご来訪ありがとうございました!
ついでに下のボタンをクリックしていただくと、
管理人が一方的に幸せになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへblogram投票ボタン

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材    ジャンル : 音楽

 

 


 
« 10 2015 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
MONTHLY ARCHIVES
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。