■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪FOURPLAY / Between The Sheets♪


    1199073606.jpg 

      【4人の“本気”を軽~く見せつけた第二弾】

    「これはダメだ!(大笑)」
 
    練習に練習を重ねて、個人個人が「もう完璧だ」という確信をもって臨んだ
    スタジオでの音合わせの時でした。
 
    時は’93年の冬。高校時代のバンド仲間と久しぶりのセッション。
    どこかで聴いたことのある“自称”オリジナル・ナンバー(笑)と、高校時代
    スタンダードだったコピー曲、そして誰からともなく声の上がった、「フォー
    プレイの新作から一曲」ということでピックアップされたFlying East
 
    久しぶりに会う仲間との楽しいひと時。バンドの持ち曲を演奏していくうちに
    蘇る“同期する快感”を味わっていた私たちが、初めてこのナンバーを演奏
    した時、衝撃と共に味わったのがこの感覚でした。

    「これは全然ダメだ!!(大笑)」

    ・・・・・・・・・・

    選曲は間違ってなかったハズです。
    アルバムの中では、最もシンプルでノリがよく、メロディは明確で、抑揚も
    あるナンバーなのですから。

    私の個人練習もほぼ完璧でした。と言うよりも、難しいフレーズや指使い
    なんかどこにもありませんでしたから(ちなみに私はベース担当)。
    当然の事ながら、自宅の練習ではギターのリー・リトナーとキモチ良くユニ
    ゾン(複数の楽器が同時に同じフレーズを演奏する)ができるし、ハーヴィ
    ・メイソンの小気味良いドラミングに乗ってランニングできるし、ボブ爺のソ
    ロを眺めながらステップを踏むくらいの余裕があったんです。

    他の連中も同様でした。
    「意外とカンタンだったよ」と口々に言い合い、合わせる直前の音出しで、
    互いの音を確認し合いながら、「まんまリトナー」とか「ほぼジェームス!」
    とか笑いながら話していたんです。

    1199701431.jpg 

    しかし初合わせから僅か数十秒、イントロからAメロに移った辺りで演奏
    はストップ。何度かトライして、無理矢理サビまで行ってもまたストップ。

    そうなんです。

    全然違うんです。

    全然FOURPLAY みたいにならない”のです。

    ・・・・・・・・・・

    やがてメンバー全員が、他人のプレイを酷評し始めます。

    「オマエ、なんだそりゃ(笑)」
    「なんだと?人のコト言えた義理か?(笑)」
    「ナニが“ほぼジェームス”だ。ホフ・ジェームスと名乗れ(笑)」
    「オマエなんかリトナーじゃなくて、トナーだ、トナー(笑)」
    「そこでネイヨン・イーストが語るな(笑)」
    「ケンカ売ってんのか?バービー・メ~ソン(笑)」

    ・・・・・・・・・・

    …いや・・・・一人一人は(たぶん)カンペキだったんですけどね…。

    ・・・・・・・・・・

    お互いの良し悪しや、技術のレベル、バンドとしての腕前は解りすぎるほど
    解っていましたから、手を出した楽曲が、明らかに分不相応だという事は、
    10分もあれば感覚的に解るんですね。こみあげてくる笑いと共に。
    “レベルが違う”曲ならば、自分たちのレベルを上げることによって、目標に
    近づけることは可能です。しかし“次元の違う”曲は、もうホントにどうしよう
    もありません。練習したってムダなんですもん。そんな時に出るワケです。

    「こりゃ全然ダメだ!!(大笑)」

    過去に何度となく「ダメだ」と思った曲はありましたが、このFlying East
    は最上級の「ダメだ」でしたね。10分で撃沈しました。

    1199701618.jpg 

    で。そのFlying Eastを美しく演奏するフォープレイと、私達のバンド
    の決定的な違い。もちろん挙げたらキリが無いのでしょうが、その最たる
    ファクターは、アンサンブルに対する個々人の成熟度でした。
    音階・音量・リズムを共有し、同期し、同じイメージを描き、共に作り上げて
    いくという作業に対する経験と情報量の差です。これがもう雲泥の差。雲と
    泥ですからその距離は果てしない。“果てしない”ということが理解できるく
    らいの腕前があったことはラッキーでしたね(苦笑)。また、その果てしない
    高みに存在できるからこそ、彼らは FOURPLAY たり得るワケですが。

    このアルバムBetween The Sheets  には、そんな彼らの“至高”
    ともいえるアンサンブルの極致が収録されています。
    枯れたサウンドの中に、雨音のようなボブ・ジェームスのキーボードがム
    ードを形作るChant 。リー・リトナーのポップなメロディと変則リズムが
    特徴的なMonterey 。おそらくこの先、二度とトライする事は無いであ
    ろう、アンサンブル難易度SクラスのFlying East 。ボブ・ジェームス
    のヒット曲Marco Polo を彷彿とさせるGulliver 。この年(’93
    年)、内戦の激化によって国全体が飢餓状態に陥っていたソマリアへの
    鎮魂歌Song for Somalia 。そのアルバム収録曲全11曲(日本版
    12曲)は、いずれもFOURPLAY の4人でしか絶対に辿り着けない、雲の
    上の桃源郷サウンド。今回はくだんのFlying East  へのリンクを
    貼っておきますので、「これをマネできるワケね~だろ!」とかなんとかツ
    ッコミを入れつつ、聴いてみてくださいませ。m(_ _)m

           

                    ★★★★★★ 収録曲はコチラ↓ ★★★★★★

                                           ① Chant
                                         ② Monterey
 
                                 ③ Between The Sheets
                                         ④ Li'l Darlin'
                                       ⑤ Flying East
 
                                    ⑥ Once in The A.M.
                                          ⑦ Gulliver
 
                                         ⑧ Amoroso
                                   ⑨ A Summer Child
                                         ⑩ Anthem
                                  ⑪
Song for Somalia

                                   

                   
                     ★★★★★★★★★★★★★★★★

           
 ご訪問ありがとうございました!
                身の程知らずのネイヨン・イースト(私)を
                      応援してくださるありがたい皆様、
       ランキングへの応援クリックをお願いいたします!m(_ _)m
                      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

                
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。