■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪NORMAN BROWN / Just Between Us♪


    1202460835.jpg 

       【“ゴリゴリ系”ギタリスト、衝撃のデビュー作!】

         FM局の音楽番組を発信源としてリスナーに浸透したスムース
         ジャズが、ジャズ・シーンの新たな主役としてマーケットを席捲し
         始めた’92年。“聴かせる”ことよりも“馴染ませる”ことを、圧倒
         的な個性よりも柔和な協調性を優先させた、より“スムースな”
         アーティストが主役だったこの年、ひとりのギタリストが衝撃的な
         アルバム・デビューを飾りました。

         ・・・・・・・・・・

         ノーマン・ブラウン。

         アメリカ、ルイジアナ州・カンザスシティー出身。ギター専門学校
         の講師として教鞭を取りながら、セミプロのスゴ腕ミュージッシャ
         ンとして注目を集めていた人物です。

    1202460895.jpg 

         ジャズのインプロヴィゼーション、コンテンポラリー・ジャズ・ギタ
         ーの真髄を講義するノーマンの得意技は、講義のまんま(?)
         のゴリゴリ・ジャズギター。

         「尊敬するのはジョージ・ベンソンですっ!」

         って、語らなくても語るに落ちている、アイバニーズのGB-10
         (そのまんま“ジョージ・ベンソン・モデル”)を得物に、高速のオ
         クターブ奏法や緩急自在のソロワークでゴリゴリ。

         「アース(ウインド&ファイアー)とか、かなり好きですっ!」

         って、語らなくても語るに落ちている、ホンマもん(ヴァーディン・
         ホワイトとかアル・マッケイとか!)のメンツをパーソネルに連ね
         て、ソウル・フリーク丸出しのカッティングギターでまたゴリゴリ。
         オープニング・トラックの“ Stormin'” から、およそスムース・
         サウンド全盛の時代に逆らうかのごとく“弾きまくるギター”で、リ
         スナーをグイグイ圧倒してきます。

    1202460931.jpg 

         今回の作品、拙ブログでは便宜上スムースジャズにカテゴライ
         ズしていますが、スムースジャズと言える楽曲よりも、ジャズの
         要素、あるいは純粋な意味でのソウル、ファンクのエッセンスが
         薫るナンバーが多数派のアルバムです。

         「ギターから火ィ吹いてんじゃねーか!?」と思うくらい、激しく、
         グルーヴィなナンバーStormin' 。ブライアン・シンプソンの
         スペイシー(スムース)なキーボードをバックに、スピーディ(ゴ
         リゴリ)なソロがハジけるJust Between Us 。アースのナ
         ンバーをアースのメンバーでカバーしたLove's Holiday
         では、前述のメンツ以外にアースのホーンセクションがまるごと
         参加。リード・ヴォーカルにステーヴィー・ワンダーが参加した
         Too High 。どこからどう聴いても完全にブラコンのオケ
         なのに、ナゼかGB-10がハマっているHere to Stay
         いずれも、ジョージ・ベンソンの後継者を自認するノーマンの
         JAZZY でFUNKYなギターが凝縮された“非スムース”な楽曲
         が満載(笑)です。

         ジョージ・ベンソン系(あくまで“系”)が好きな方、本格派のテク
         ニシャンに魅かれる方、アースなどのソウル系に目がない方、
         ジャズ・ギタリストを目指す方!必携・必聴のアルバムですよ!

    1202460966.jpg  

                   ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                      ① Stormin'
 
                             ② Just Between Us
 
                            ③ East Meets West
 
                               ④ Love's Holiday
 
                                ⑤ It's a Feelin'
 
                                  ⑥ Too High
 
                       ⑦ Something Just for You
 
                               ⑧ Here to Stay
 
                           ⑨ Moonlight Tonight
 
                                ⑩ Sweet Taste
 
                                      ⑪ Inside

     

     

                                 


                       ★★★★★★★★★★★★★★★★
             
                       ご訪問ありがとうございました!
           「んじゃ、聴いてみっか?」と思われた方、
         
ランキング投票に清き1クリックをお願いいたします!
                 ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                         人気blogランキング

                        ★★★★★★★★★★★★★★★★

               【この記事へのコメント(転載)】

  以前も書きましたが、ノーマン君はこのモータウン期の頃がベスト
  に思います。ブラックなフィーリングもよく出ているし、ベンソンのフ
  ォロアーと言われながらも、彼の音はしっかりとしているし、初期に
  してサウンドは安定していると思いますネ。
  
  ところでモージャズって、彼以外はグローヴァーくらいしか思いつか
  ないのだけれど、他だれか著名人はいましたっけ?

  投稿 でんた | 2007.12.13 00:23


  To でんたさん

  こんばんは(・∀・)★
  著名人かどうかビミョーなセンですが、レフティーのベーシスト、
  ウェイマン・ティスデイルが複数のアルバムをリリースしている
  ようです。
  モージャズ自体、僅か6年の短命レーベルでしたから、ノーマン
  君が最初にして最後の“稼ぎ頭”だったのかもしれませんね。

  でんたさんの仰るように、移籍後のノーマン君はスムースになり
  過ぎちゃって、この頃のゴリゴリ感は薄れてしまいました。私も
  この頃のノーマン君がフェイバリットです。

  投稿 ヤセガエル | 2007.12.13 16:57


  このアルバム、いいですよね!ほんと衝撃的なアルバムでした。
  彼の初期3枚はどれも大好きでよく聴いていました。
  最近の彼は確かにスムース過ぎかもしれないですね。あとWest 
  Coast~の歌モノは流行を意識したのか、最初聴いたときはびっ
  くりしました。ウィル・ダウニングのアルバムではゲストでジョージ・
  ベンソンそっくりのギターとスキャットをやっちゃって、「人のアルバ
  ムでそこまでやらなくても…」と思いました。(笑)

  投稿 Yuh | 2007.12.14 00:06


  To Yuhさん

  こんにちは!(・∀・)
  いらっしゃいませ♪

  “人のアルバムで・・・”って、…ぷぷぷぷ…♪♪♪(≧m≦)
  そんなコトやっちゃってたんですか?それは知りませんでした。
  もしかしてノーマン君、いわゆる“ KY ”??

  まあ、もともと彼は、自分がベンソン・マニアであることを隠さな
  いヒトでしたから、ウィルさんにとってはそれも想定内だったかも
  しれませんね(^-^)

  それにしても、Yuhさんもモージャズ期の支持派なんですね。
  私も同じでございます。(・∀・)b★
  あの頃の“ゴリゴリ感”、復活しませんかねぇ…。

  投稿 ヤセガエル | 2007.12.14 13:00


  ウェイマンがこのレーベルにいましたか。
  彼はアトランティック以後からしかサウンドは知りませんが、
  モージャズの頃はやっぱブラックの色が強いんでしょうねぇ・・・

  投稿 でんた | 2007.12.14 21:44


  To でんたさん

  どもども。(・ω・)こんばんは。

  ウェイマン君のアルバムは残念ながら廃盤のようですね。
  私も中身については知識がありませんです。

  ただ、面白いなぁ……と思うのは、JAZZ系のレーベルが、
  こぞって軟弱(?)スムース系の作品をリリースし始めたこ
  の時期に、畑の違うモータウンから、まるで挑戦状のように
  「おまいらジャズ・ギタリストってぇのはこうだろが!」って
  カンジで、ノーマン君を送り込んできたことですね。

  彼の作品もわずか3作しかリリースされなかったけれども、
  ノーマン君のその後の活躍を見るにつけ、彼を発掘したモ
  ージャズというレーベルの仕事は、ジャズ界にとって決して
  小さくはなかったと言えるんじゃないでしょうか。

  投稿 ヤセガエル | 2007.12.14 22:15


  まあ、ノーマン君のお手本のジョージ君も、
  リピューマやクインシーによって骨を抜かれてしまっていますか
  らねぇ。ギタリストなのに、ギターは肩に下げているだけで、弾き
  もせず、歌うだけの頃もありますし・・・
  ベンソンの20/20とか、結構好きだったりすますけど、ノーマン君
  はそうはなって欲しくないです。「ギタリスト」であり続けてくださ
  い(><)

  投稿 でんた | 2007.12.15 23:47


  To でんたさん

  …ををっと。なかなか手厳しいベンソン評で… ^-^;;
  きっとベンソンさんは、一ギタリストでは収まらないセンスの
  持ち主だったんでしょうね。’80年代の後半からは原点回帰
  してますが。

  ノーマン君も、スキャットやヴォーカルやってますけど、でんた
  さんの仰るように、あまり色気を出さずに“一ギタリスト”を貫い
  て欲しいですね。ギタリストは層が薄いですから… ^-^;;

  投稿 ヤセガエル | 2007.12.16 01:04

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。