■BoneyFrog Blog■

 

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 


 

 

♪FOURPLAY / Elixir♪


    1203330773.jpg 

          【奥底から放たれるオーラ】

         ’95年。発売された当時、こういう大作を論評しなきゃならない
         音楽ライター、批評家の皆さんはさぞ大変だったことでしょう。

         この作品の内容と、その意義をまとめるには、おそらく用意さ
         れた時間も文字数もまったく足りなかっただろうし、ある意味、
         論評する側の識見やセンスを問われるほど完成度の高い作品
         だったのですから。FOURPLAYの3作目、“ Elixir” は。

         たとえば、AmazonにあるCDジャーナルの商品説明の抜粋文
         などは、ライターさんの悪戦苦闘の跡が垣間見える好例です。

         ・・・・・・・・・・

         “水の入ったグラスの中へ、色の付いた液体がゆっくりと溶け
         込んでいく。こういう音楽は、やろうとしてやれるもんじゃない。
         フォープレイの第3作は熟成を深めた。4はF.コリンズ,8のパティ
         &ピーボのヴォーカル曲。まろやかな心休まる時間が過ぎる。”


         ・・・・・・・・・・

         …いかがですか?

         これは要するに、頭にあるイメージを表現しようとして、様々な
         具体的単語、比喩を並べてみるものの、なかなかそのイメージ
         に辿り着けずに、遂には締切りが来てしまって力尽きた(笑)と
         いう按配じゃなかろうかと推測します。可哀相ですね。

         でも仕方ない。相手は当代最高のプレイヤーが4人も集まった
         言わば“生ける伝説”のようなスーパーグループ。彼ら自身が
         ライナーノーツでも書かない限り、作品の意図や意義なんか、
         絶対にわかりっこありません。本当にさぞ大変だったでしょう。

    1203330912.jpg 

         さて、プロの方々が的確に批評できない程の作品を、素人の、
         しかも“お気楽ブロガ~”である私が定義するのは当然不可能
         です。一言レビューもムリ。小学生の絵日記レベルの感想文に
         なるのがオチですね。(じゃ、書くなよ~)

         ただ、私が最初にこのアルバムを聴いた時の“感覚”なら説明
         できるかな??

         ・・・・・・・・・・

         オープニング・トラックの“ Elixir” が終わった時にですね。
         私、自分の周りから拍手が起こりそうな気配を感じたんです。
         最近流行の江原さん系スピリチュアル・トークじゃないですよ。
         自分が“ライブ会場に居るような感覚になった”ということです。
         2曲目以降も同じ。CDを聴いているという感覚ではなく、ライブ
         で聴いているような臨場感に襲われたんですね。

         “水の入ったグラスの中へ~…” という表現は言い得て妙だと
         思います。聴覚から脳の中枢へゆっくりと浸透していくような、
         肌理の細かいサウンドですね。これは彼らの得意とする部分。
         しかし私が最も感じたのは、4人が発する、FOURPLAY
        
という集団の激しいパッション。高温のオーラでした。

    1203330977.jpg 

         ボブ・ジェームスのブリリアント・タッチを、様々な角度から堪能
         できるWhisper in My Ear は、ボブの息遣いやフット・
         ペダルを踏み込む音さえも聞こえてきそうなほどの出来。
         曲中に4ビートを織り交ぜながら、流麗かつドラマティックに展開
         していくMagic Carpet Ride は、主役と脇役を巧みに
         演じ分けるリー・リトナーの機智に富んだ演奏が、映像となって
         目の前に現れそうなライブ感で満たされています。
         East 2 West におけるネイサン・イーストの、スキャット
         &ソロを含む多彩なパフォーマンスは、フィンガリング時のアタッ
         ク音までが収録されており、Funny Mae では、ハーヴィ・
         メイソンの繊細なロールの一音一音まで余さず捉えています。

         全てのトラックで共通しているのは、4人の演奏内容を曇らせ
         たり、遮るようなオーバー・アレンジを排除している点。楽器の
         音色、インパクトの強弱、イントネーション、アンサンブルのタメ
         や爆発がそのまま伝わるような、極めて直情的でソリッドなプロ
         デュースが施されています。
         肌理の細かい、まろやかな演奏の奥底に渦巻く4人の情熱、見
         え隠れするオーラ、熱いミュージシャン・シップをハダで感じるこ
         とが出来る傑作。それがこの“ Elixir” なのです。

         このアルバムを聴くのなら、一枚まるごと一気に。上等のコンポ
         をお持ちなら、ヘッドフォンではなくスピーカーで、許される限り
         の大音量で聴いていただきたいですね。もしこの条件が満たさ
         れたのなら、作品演奏時間の1時間3分57秒の間、目を閉じ
         れば、そこはFOURPLAYのライブ会場へと変わるでしょう。

    1203331078.jpg 

                    ★★★★ 収録曲と試聴はコチラ↓ ★★★★

                                          Elixir
                               ② Dream Come True
                                  ③ Play Lady Play
                   ④ Why Can't It Wait 'Til Morning?
                              ⑤ Magic Carpet Ride
                              ⑥ Whisper in My Ear
                                    ⑦ Fannie Mae  
                              ⑧ Closer I Get to You
                                   ⑨ East 2 West
                                       ⑩ Licorice
                                   ⑪ In My Corner

  

                                 


                        ★★★★★★★★★★★★★
             
                      ご訪問ありがとうございました!
         「オマエも語れてないゾ!」とツッコミを入れたい諸兄、
          
ランキング投票に清き同情クリックをお願いします!
                  ↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓ m(__ __)m

                       人気blogランキング


コメント(転載)

こんばんは!ヤセガエルさん。
わかりました~。
すごーく素敵なんですね。是非聴いてみますね。

投稿 pooh | 2007.10.13 22:03


To poohさん
こんばんは(・∀・)/
ようこそおいでくださいました♪

…要点が伝わりましたようで(?)ホッとしております(笑)。
フリージャズ&リトナー好きのpoohさんなら、きっとお気に
召されるんじゃないかと確信してますヨ~。

でも…。
聴き終わった後で、「アナタ、語れてないわネ」なんていう
ダメ出しはご勘弁くださいまし。m(__)m

またお気軽にお越しくださ~い♪(・∀・)

投稿 ヤセガエル | 2007.10.13 22:32


では、膨大にコメントしていきましょうか(笑)

このアルバムでは「魔法の絨毯」が好きです。
パティとの#8もオリジナルに勝るほどの出来栄えですし♪
フィルの#4はフュージョンとしてなら、
このオリジナルヴァージョンが素敵ですが、
ベスト盤のショートエディションもすっきりとまとまっている感じでいいですよ。

投稿 でんた | 2007.10.17 12:59


To でんたさん
こんばんは!(・∀・)
ご訪問&コメントありがとうございます♪

やっぱり「魔法の絨毯」ですか!名曲ですよね。
私もこのアルバムの白眉だと思います。

ヴォーカル・ナンバーも良いですね。
発売当時は賛否両論あったようですが、私は“賛”
の側です。ピーボ・ブライソン好きだし♪
フィル・コリンズのナンバーにショート・ヴァージョン
があるというのは知りませんでした(ベスト持ってな
いんです)。今度借りてみようかな?

え~っと…あとですね、でんたさん。
今回いただいたコメント、お返事するのにお時間が
かかってしまうことをご諒承いただきたいです。
(一度に30件以上のコメントをいただくとは想定し
ていなかったんで…)…申し訳ないです。
時間の許す限り、一日で可能な数ご返事差し上げ
ますので、気長にお待ちいただきたく存じます。

それと(いや、ホントすみません)、こちら側の事情
なんですが、コメント覧のストックが限界を超えてし
まったようで、テンプレ・その他に不具合が起きて
しまっているようなのです。
このようなことになるとは予測できず、誠に恐縮なの
ですが、今回の分のご返事が完了するまで、暫時
新規コメントはご容赦くださいますようお願い申し上
げる次第です。すみません。m(__)m

投稿 ヤセガエル | 2007.10.17 21:11

スポンサーサイト

テーマ : SMOOTH JAZZ    ジャンル : 音楽

 

 



Comments


 

 

Leave a comment

 

 


 
« 12 2016 »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Archive  RSS

 
 
COUNTER
 
 
 
 
 
 
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
Boney's Selection
 
 
PROFILE

ヤセガエル

Author:ヤセガエル
神奈川県在住の一般市民(♂)。このブログで、音楽記事、音楽機材、星空や夜景の話題をお届けいたします。

音楽は、主にスムースジャズを中心にオススメCDのレビューを。音楽機材は、趣味のDTM・DAW、ベース、ギター、サックス等を取り上げています。
流星群情報も定期的にUPしていますので参考にしてくださいね!

 
 
Thanx for your support
 
 
QR CODE
QR
 
This blog best viewed with Google Chrome/Firefox6/Opera11 or later.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。